Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記(番外編)

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

今回は何時ものビッグバスハンティングではなく、マッタリ系のファミリーフィッシング!!
子供と釣り・・・・・僕自身の夢でもあるんですけど、ホノボノとしてて良いですね~♪

そして、今回は息子さんが見事に自己記録更新されたそうで大喜びだったそうです!!(祝)

それでは琵琶湖TEST釣行記番外編です!!

---------------------------------------------
『 琵琶湖TEST釣行記(番外編)』

こんにちは。

待望のオチアユWP125Fやデカビーツァ、KB105DRの新色プロトが届いたので、琵琶湖へTESTに行ってきましたが、激荒れ&ターンの影響などにより超~厳しい状況でした。

でも、KB105DR(仮称イナヨシタイガー改)で49cmを何とかキャッチできました。
d0145899_1414249.jpg

KB105DRですが最近TESTを行っているって言うより、
『釣れるから投げる』もっとも信頼のおけるクランクになっています。(製品化されるときには、すばらしい物になっていると思いますので、もうしばしお待ちを)

オチアユWP125Fですが、各地のテスター&モニターさんたちが既にいい魚を釣られていますが、確かに動かしてみると結構、ヤバイ感じ!(琵琶湖では激荒れでTESTできなかったので、近所の野池でチェックしました)
天候等、タイミングが合えば琵琶湖でも炸裂すると思います、詳しくはその時にお話しますね。

ネタがないので、少し前の話をしますね。(番外編ですけど)

家族4人で琵琶湖(南湖)に行ってきました。
以前から、琵琶湖(北湖)の陸っぱりには、家族で毎年数回行っていますが、息子も小学2年生になり、
『 ボートに乗って釣りがしたい』 って」言うので、今回の釣行となりました。

私自身も『何時かは子供とボートで釣りをしたい』って思っていましたし。(笑)

この釣行での目標は、
①息子に自己記録サイズを釣らせること。
②生の50UPを見せてあげること。(いつもは写メだけなんで)

まずは、最近好調なストレートワームのワッキーからスタート。
幸先よく、私にGOODサイズがバイト。

ウイードに巻かれないところまで、寄せてきたところで息子にバトンタッチ。
引きの強さにビックリしていましたが、必死に格闘していました。(笑)

d0145899_1432751.jpg

アシストしながら、ネットに収まったのは51cm。(目標1つクリア)


すぐ、また私にGOODサイズがバイト。

d0145899_1442498.jpg

先ほどと同様にしてネットに収まったのは、目標に1cm足りない49cm。


その後、特大サイズもきましたが、ウイードに潜られラインブレイク。(泣)

息子も『 自分で釣る!』ってはりきっていましたが、陸っぱりと比べ水深が深いため、
苦戦していたので、底を取りやすい、DSに変更。

すると、息子が自己記録更新となる39cmをキャッチ。
d0145899_1452185.jpg

本人も大喜び!(目標クリア!)


この日は、ワームにしか反応がほとんどない状況だったのですが、
『パパがルアーで釣るところが見たい』 、『自分もルアーで釣りたい』と息子から無茶なリクエストが。

しばらく2人で色々なルアーを投げるも、やっぱり反応なし。
マリーナで待つ妻と娘にバスを見せるため、帰港し、記念撮影。

妻も娘も、今までに見たことがない大きなバスにビックリ!

娘(6歳)は、陸っぱりでは気が向くと、たまに釣りをする程度ですが、
ボートには興味を持ったようで『乗りたい!』って言うので、しばしクルージング。

止まると、『走って!』 って言われるので、釣りはできません。(笑)
まあ、娘にも楽しんでもらえたのでOKかな!

その後、息子と再チャレンジへ出発。

妻と娘はショッピングモールへお買い物に。

DSの要領を得た息子も、15cm~36cm位までをコンスタントにキャッチ。

たまに私が投げていたKB105DR(仮称イナヨシタイガー改)で、46cm、40cmをキャッチでき息子のリクエストにも応えることができました。

d0145899_147615.jpg


DSを続けていた息子のロッドがかなりしなり、格闘モードへ。

必死に息子が寄せてくるとGOODサイズ!

d0145899_148124.jpg

計測すると45.5cm!!、自己記録をまた更新!(これには息子も私も大満足!)

その後も、20cm~40cm位を2人で数釣りでき、楽しいファミリーフィッシングとすることができました。
子供達にもいい思い出になったことでしょう。

今後も、BIGバスハンティング?(最近はあまりいいいサイズが釣れていませんが)とファミリーフィッシングの両方を楽しんで行きたいと思っています。

以上、琵琶湖TEST釣行記(番外編)でした。

何時かは、子供達とNLWルアーで釣りまくりたいですね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!
息子さんの自己記録更新おめでとうございます!!(祝!!)
最高の笑顔で、僕までハッピーです!!(笑)

こりゃあ、バス釣りの素質が大アリですかね~?(笑)
いやっ、稲吉さんの息子さんですから、将来は凄いアングラーにご成長される事間違いなしでしょうっ!!
将来凄いアングラーに成長された暁にはぜひNLWでスポンサードさせてください。(下心丸出し。笑)


と、冗談はさておき、親子で釣りってホントに素晴らしいですね。
僕自身も、物心が付く前からじいちゃんに連れられて釣りを始めたのですが、
子供の頃に体験した事って、未だに鮮明に思い出しますし、ホント自分にとっては貴重な想い出になっています。

たぶん、今回釣られた45.5センチのバスも息子さんにとっては一生の思い出の魚になったのではないでしょうか。

そんな想い出を親子で共有できるって、本当に素晴らしい事ですよね!!


親から子へ、子から孫へ・・・・そうやって何代も受け継がれていく事によって初めて、ルアーフィッシングは日本の文化に根付いて行くのではないかと思うんです。

一過性のブームではなく、本当に意味でルアーフィッシングが文化として根付くには、それぐらいの膨大な時間を必要とするのではないでしょうか。

今、バス釣りを楽しんでいる年代層の多くは、ちょうど僕と同じぐらいの年代の方々。
家庭を持ち、子供を持ち、仕事での責任も増え、若い頃のようなペースで釣りなんて殆ど無理ですよね。

だからこそ、貴重な釣り時間を思いっきり楽しんでもらいたいと願いますし、
稲吉さんのように子供と一緒にステキな時間を過ごして頂ければと心の底から思います。

そして願わくば、子供たちが大きくなった時、思いっきりルアーフィッシングを楽しめる環境であって欲しいですねっ!
僕も自分にできる事が何か無いか、もう一回考えてみたいと思います。

稲吉さん、ステキなお話を本当にありがとうございました!!!!


稲吉さんからは、もう一件琵琶湖TEST釣行記頂いておりますので、それはまた後日ご紹介させて頂きますね~。
by nishinelureworks | 2009-10-08 02:49 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/10314274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30