Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 『オチアユミノー&デンプシーテール大爆釣!』

昨日に引き続き、稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記をご紹介させて頂きます!!

今回も凄まじい釣果ですっ!

d0145899_054983.jpg
オチアユミノーTypeJでまたもや50UP!!

そして、稲吉さんの元では不発続きだったデンプシーテールが遂に炸裂したそうです!!
稲吉さん的なデンプシーテールの使い分けも書いて下さっているので、ぜひご覧下さい!!

-------------------------------------------
『 オチアユミノー&デンプシーテール大爆釣!』

こんにちは。

前回、オチアユミノーで55~60cm位のをバラシてしまっているので、リベンジに行ってきました。

南湖では、コアユが少なくなってきているようですが、まだ前回のパターンが通用するのでは?
また、台風18号の接近により、低気圧の影響を受け、バスの活性が上がっているのでは?
と思い有給取って行ってきました。

朝一、前回良かったエリアに直行します。

予想通り、アユの数は少ないものの、いたるところでボイルが発生しています。

オチアユTypeJを投入し、マル秘アクションで探っていると数投後にバイト!

キャッチしたのは、ジャスト50cm!(細身ですが)
d0145899_0583358.jpg

写真は夜のようになってしまっていますが、朝6時位です。(本当はもう少し明るいんですけどね)

期待しながら、オチアユWP125F(TypeD)、オチアユミノー(TypeJ)でボイルを狙い撃ちしてみるがバイトなし。(泣)

アユの数も少ないためか、ボイルもあっという間に終了。

しかたなく、他のエリアを探ってみます。

しかし、オチアユWP125F(TypeD)、オチアユミノー(TypeJ)共に反応がありません。

それでも『 今日はTOPをやりきる!』って心に決めていたので、ひたすら投げまくります。

するとようやく、オチアユミノー(TypeJ)で42cmをキャッチ。
d0145899_102418.jpg


たまに投げていた、シャッドテールワームのノーシンカーでもGOODサイズをキャッチ。
d0145899_111754.jpg


今日は、デンプシーテールの方が合っているかも?と私の訳の分からん直感により、ルアーチェンジ。
答えはすぐに返ってきました。

小さいながらも、デンプシー(ケタバス)ブレードレス使用で初バスをキャッチ。(嬉しい!)
d0145899_121571.jpg

実は、各地のテスター&モニターさんがデンプシーでガンガン釣られているのに、私は釣ったことがなかったんです。

一応、言い訳をさせてもらうと、私の使うタックルは全てヘビー級な物なので、今までデンプシー飛ばなかったんですよね。で、投げれるタックルを準備しました。


N君(稲吉組野池調査隊長)も、『デンプシー、ヤバすぎです!』って言っていましたが、私には???だったんですよ、今日という日を迎えるまでは・・・。

その後は、デンプシーテール(ケタバス)のブレード有&レス使用で大爆釣!

50cmクラスのバイトもあったのですが、フックアップできず、(残念)

この日は、バイトがあっても乗らない(どんなルアーにおいても)バスが多く、苦戦しましたが、デンプシーテールでは20本以上(大半は35cm~40cm位)のバスをキャッチすることができました。

また、オチアユミノー(TypeJ)も、それなりにバスが反応してくれ、15本以上(こちらも大半は35cm~40cm)のバスをキャッチすることができました。

写真はオチアユ(TypeJ)&デンプシーでキャッチした一部(42cm~45cm)です。
d0145899_144655.jpg

d0145899_152949.jpg

d0145899_16991.jpg

d0145899_164995.jpg

d0145899_173086.jpg

オチアユミノー(TypeJ)は、やはりストレートリトリーブも効果的でMAX45cmまでをキャッチすることができました。

BIGサイズはキャッチできなかったものの、デンプシーテール&オチアユミノー(TypeJ)の凄まじさを改めて実感できたし、何より楽しい1日を過ごすことができました。

西根さん曰く、デンプシーテールのブレードレスはデッドスティッキングに向くとのことでしたが、私の今回の使い分け方は、

ノーマル(ブレード有)・・・水面直下5cm以下を引けるエリアで使用。

ブレードレス・・・水面~直下5cm未満を引けるエリアで使用。(要するにウイードの背が高い所)


その理由は、(ノーマルは通常の使用なので省略)ブレードを外すことによりフローティング化し、ウイードに潜り込むのを防ぐと共に、ウイードに接触しても、巻くのを止めればある程度ウイードをかわすことができる為でした。

ちなみに、オチアユWP125F(TypeD)、デンプシーテールのブレードレス仕様のデッドスティッキングには当日、反応はありませんでした。

理由は、横方向に動いている物への反応が良かったためだと思います。

同船した後輩も国産有名メーカーのTOP系ルアーやミノー、シャロークランクで攻めていましたが、私ほどは釣れませんでした。(彼が下手なわけではありませんよ)

もちろん近くにいた他船も、見ている限りあまり釣れているようではありませんでしたし。

目の前でデンプシーの威力を見てしまった後輩も、デンプシーの購入を決めたようです。(笑)

それから、業務連絡を。
西根さん、デンプシー追加発注しますので、よろしくお願いします!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

デンプシーテールが稲吉さんの元で不発続きだったのは、NLW的七不思議の一つだったのですが、遂に扉が開いたと思ったら、この怒涛の結果。。

完全に釣りの次元が違いますね~!!(凄すぎる)

稲吉さん曰く、この日のデンプシーには、エサかっ?て思えるほどバイトが多発したそうです。
サブサーフェスが炸裂し始めると、ホントにヤバイですよね!!
デンプシーテールの追加発注分、もちろん送らせて頂きます!!(今年のシーズンには間に合わないかもしれませんけど)

デンプシーテールの使い分けについて少しだけ補足説明させて頂くと、ブレードレスのデッドスティッキングはアフター時期に良いような気がしています。(虫パターンに近い考え方)

これからの時期ですが、水温が落ちてくるに従って、一時的に水質が悪くなる時がありますが、そんな時にデンプシーテールが力を発揮する場面があると思います。
水温が下がったとしても、水が生きているシャローにはビッグバスが入っている可能性があると思いますので、もしそんな場面に出くわしたらデンプシーテールを試してみてくださいね。


稲吉さん、本当にありがとうございました!


追記
第二次出荷分のデンプシーテールが昨日無事に日本に届いたようです。
早いお店には今週中に並び始めると思いますので宜しくお願い致します!!
by nishinelureworks | 2009-10-13 01:29 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/10333169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30