Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 『目標達成!!』

昨日の井上特攻隊長さんのご報告に引き続き、稲吉さんからも強烈なご報告を頂きましたー!!

d0145899_1273320.jpg

!!!!!!!!!!!??????????

この半切れ写真の正体は!!??(笑)

僕からはあえて何も言いますまい・・・・。

この2年間、稲吉さんと共に追い求めていた魚が遂に姿を見せてくれました!!(涙)

本日の稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記、ぜひ読んでみて下さい!!

--------------------------------------------
『 目標達成!!』

こんにちは。
今回は、KB105DRのTEST報告です。

KB105DRの開発コンセプトは、『琵琶湖のモンスタークラスを獲る為のクランク』ってことで約2年に渡り、西根さんと開発&TESTを行っています。

まずは、KB105DRの誕生秘話をお話したいと思います。

2年数ヶ月前、名古屋の『ルアーショップおおの』さんに行ったとき、西根さんとお会いしました。

この偶然が、西根さんと私との出会いであり、全ての始まりでした。

その場で、琵琶湖ではどんなルアーが釣れているのか?どんなルアーがあったらいい?なんて話をさせて頂きました。

数日後、西根さんから2タイプのプロトクランクを送って頂きました。

しかし、私の求める『デカバスを獲る為のクランク』 ではなかったため、ダメだしの連発!

ちなみに、その時のプロトクランクの1つは、西根さんの天才(奇才?)的センスにより、ブレードクランクへと変貌を遂げています。

そんなやりとりの中、ある日、西根さんから頂いたメールには、一枚の写真と、そのルアーのコンセプトについて書かれていました。

写真は国産有名クランクとプロトクランク(後のKB105DR)が並べられていました。

プロトクランクは国産有名クランクと比較すると二回りほど大きい。

で、西根さんからは、大きすぎない?重すぎない?って聞かれましたが、
私は写真を見て『 これは絶対イケる!』 って思い『 何も問題ありません!』 と即答。

その後、詳細な打ち合わせを経て、生まれたのがKB105DRになります。

それから、幾度となく改良を行い、些細なことでもアジャストを行い現状に至っています。

そんなKB105DR、相変わらず厳しい琵琶湖(南湖)で、遂にやったりました!

d0145899_1405285.jpg

d0145899_1415894.jpg

ジャスト60cm!(3900g)

今までKB105DRでは、数回ロクマルクラスを掛けていますが、ジャンプでバレたり、フックを伸ばされて逃げられたりと、キャッチには至っていなかったので、超~嬉しい1匹。

コンセプトである、モンスタークラスを獲れるクランクと言うことを実証できました!

また、通算7本目となるロクマルをNLWルアー、それもKB105DR(仮称イナヨシタイガー改)で記録更新できたなんて最高です!!

ロクマルをキャッチしたエリアは、ハードボトム+ウイードがまばらにある所。

KB105DRをボトムにコンタクトさせ、止めた時、何かに引っ掛かったような違和感。

頭の中では、一瞬、ウイードにでも引っ掛かった?と思いましたが、その違和感に体は順応して合わせています。(笑)

でも動きません!

やっぱり根掛り?と思った瞬間、突然、物凄いトルクでロッドが締めあげられます。

2、3度の強烈な突っ込みをねじ伏せると、意外に簡単に浮いてきます。(思ったほどデカくない?)

姿を現したその魚体は、ロクマルクラス!

よ~く見ると、リヤフック1本しか、掛かっていません。(汗)

慎重に寄せ、後輩K君のナイスアシストでネットイン。(K君、ありがとう!)


当日は、このロクマルの他にも、KB105DR(仮称イナヨシタイガー改&ケタバス)で、
47cmをはじめ、20~40cm位までを5、6本キャッチ。

d0145899_143428.jpg


マル秘ディープクランク(マル秘ギルカラー)でも41cmをキャッチ。

しかし、まだまだ厳しい琵琶湖では、バイトがあってもノラない状況が続いており、この日はバイトの半分位しかキャッチできませんでした。(先週と比べたら、多少、良くなってきていますけどね)

ミドルレンジでもビーツァM5&ブレクラにバイトがありましたが、ノリませんでした。

オチアユミノー改も試しにいきましたが、TOP系は終わっているようでした。(残念)

クランク&オチアユミノー投げまくり&巻きまくりで腕はパンパン、背筋も痛い、
でも嬉しい1日でした。

前回の釣行でお薦めしたビーツァやブレクラ、SD85F、デンプシーなどでBIGサイズから数釣りまで楽しめる時期だと思いますので、琵琶湖に限らず、皆さんのフィールドで是非、お試しを。

それでは!

それから業務連絡をひとつ。
西根さん、私のプロフィールのMy Dream欄の更新をお願いします。
『NLWルアーで、65cmUP!=自己記録の更新』として下さいな!



稲吉さん、ありがとうございました!!

遂に出ましたねっ!!(祝!!)

2年前の春、名古屋のおおのさんに伺わせて頂いた時に、たまたま稲吉さんとお会いしたのは、偶然だったのか、それとも運命だったのか・・・・・。

この出会いが無ければKB105DRは間違いなく生まれて来なかったルアーだと思います。

ディープグラスのモンスターを狙えるディープクランク。

稲吉さんから教えて頂いたお話に大いに感銘を受け、開発に着手したのが2年前の夏。

そして、現在のKB105DRの原型が出来上がったのが、ちょうど2年前の今頃。

祈るような気持ちで、ドキドキしながら稲吉さんのテスト結果を待った事。

フィードバックを頂いたら、即改良して、日本へルアーを送った事。

昨年~今年のフルシーズンテスト。

そして、そこで見つかった新たな可能性の模索。

一歩ずつ一歩ずつ、地道な改良を重ねてきました。


そして、今回のロクマル捕獲。

僕にとっても本当に意味のある一匹です。

昨日ご紹介させて頂いた井上特攻隊長さんがデンプシーテールでキャッチされた53センチもそうですが、自分にとっては、ワールドレコードに匹敵するか、それ以上に重たい魚。

何よりも、ひたすらKB105DRを投げ続けて下さった(下さっている)、稲吉さんに大感謝です。(感涙)

本当に何時もありがとうございます!!

次は、NLWルアーで65アップですか!!
稲吉さんの自己記録を更新出来るようなルアーを作りたいと思いますので、宜しくお願いしますね!

そして今つくづく思います。

優れた釣り人との出会いは、何よりも強い原動力になると・・・・。

ピュアな釣り人の熱い気持ちに触れた瞬間、ルアーは生まれてきます。

NLWはそんなメーカーでありたいと思います。


KB105DRの開発はいよいよ最終局面に入ってきたようですね。
まだもう少し時間は掛かると思いますが、ご期待下さい!!

いやぁ、ホントに良かったぁ~~~~!!(喜)
by nishinelureworks | 2009-11-05 03:12 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/10419882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31