Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

Voice From The Water  『夢』

最近、良く思う事があるんです。

雑誌とか見開くと、毎月のように新しいルアーが生まれ、新しいテクニックが生まれ、
誌面を華々しく飾るビッグフィッシュ。

これスゲェんちゃうん!?って思いますよね。(笑)

新しいルアー。
今まで耳にした事の無いテクニック名。

なんか凄そうに感じますよね?(笑)

凄いインパクトあるし、人によっては、それを追いかけられる人もいるでしょう。
誌面を穴の開くほど読んで、そこに隠されている何かを解き明かそうとしたり、それ用のルアーを買い漁ったり。
そして、それで釣れたり釣れなかったりと一喜一憂。
僕もそんな時期がありました。(笑)

それはそれで楽しいし、僕はそれを否定するつもりは全くありません。

多くの人が通る道のりだと思うし、ルールやマナーの範囲内であれば、休日を楽しい釣りで過ごせれればそれでいいじゃん!!と思うんです。(笑)

釣りの楽しみ方は百人十色。
釣りは楽しいのが一番ですからねっ!!


でもね、長いこと釣りを続けてると、疑問に思う事もあるんですよね。

新しいルアーが最高なのか?
新しいテクニックこそが至上なのか?


今、次々と誕生している新しいルアーやテクニックが、果たして一年後も残っているだろうか・・・・?
そう考えると、正直、凄く疑問に思う事もあるんですわ~。(汗)

もちろん、新しく生まれてくる数々のテクニックやルアーの中には凄いものもあると思います。(たぶん)

が、新しいモノを追いかける事に熱中するあまり、基本がおろそかになってしまうのはどうかとも思うんです。

新しいものを咀嚼し、理解し、本当の意味で自分のモノにするにはそれなりの時間や労力が必要なはずで、一つの事が理解できないまま新しい事に挑戦しても、理解度が低いままになってしまうと言うか、結局は何も身についていなかったって事も十分ありえると思うんですよね。


やりきる事、使い倒す事・・・・・

そこからしか見えてこない事もあるんじゃないかと思うんですわ~。(ジジィ発言でスイマセン。笑)


さて、ここから本題。

NLWルアーを作る時に、何時も思い描く夢があります。

10年経っても第一線で投げ続けられているルアー。

それがNLWの目標。

願わくば、10年と言わず、20年、30年経った未来でも、今と変わらず働いてくれている事。

20年後、30年後に誕生しているであろう最新鋭のルアーに釣り勝てたら最高でしょうねぇ。(笑)

そう考えると、Rapalaって会社はホントに偉大ですよね!!
モノ作りを仕事にする人間のハシクレとして、心底尊敬しています。

もちろん僕もNLWも、ラパラさんの足元というか、靴底にすら及びませんが(笑)、
将来、自分達の子供や孫が育ち、「ジイちゃん釣りに連れて行ってー」ってなった時に、古いタックルボックスの中にボロボロになったビーツァとかが入ってたら最高だろうな~って思うんですよ。

んで、「じいちゃんはなー、昔このルアーで沢山釣ったんだぞ!」と、孫の最新鋭タックルを尻目に釣りまくったら、なんかカッコいいと思いませんか?(笑)

殆ど妄想大魔王と化しておりますが、NLWルアーは、その時も変わらず釣れ続けているものであって欲しいと願って作っています。

凄く難しい夢だけど、もしホントにそうなれたら最高でしょうね~。


正直な話、僕自身に会社を大きくするとか、お金を儲けるとか、残念ながらそんな才能は全く無いし、きっと10年後も今と同じ事をしていると思いますが、この気持ちだけは忘れないようにしたいと思います。

そして、そんな将来、自分の子供や孫達が釣りを楽しめる素晴らしい環境が残っていてくれたらと願うばかりです。


と、10年後の自分に向けて、この文章書いてみましたー!!

未来は明るいと信じて、頑張るぞーーー!!!
by nishinelureworks | 2009-11-06 04:35 | Voice From The Water | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/10423552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31