Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

なべちゃんレポート 『困窮、悩み、そして素敵な秋』

渡辺さんから、なべちゃんレポートを頂きましたー!!

日頃の超ハイプレッシャーに秋の水の悪化が加わり、殆どデスポンドと化した朝練池でナベさん大奮闘中です!!

それではなべちゃんレポートです!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『困窮、悩み、そして素敵な秋』

お久しぶりでーす。 良い釣りしてますかあ。 ナベちゃんです。

前回レポートより間が空いてる事実が示す通り、かなり苦しんでる秋でございます。

というわけでいきなり嫌な画像から

d0145899_4121575.jpg

d0145899_4125434.jpg


釣れないときの言い訳ベスト1といっていいでしょう水質悪化・フォールターンでございますが、
私のフィールドも見ての通りの典型的な状態。。。。

が、釣り時間も限られすぎている中、どう言い訳しようがしまいが、
そんな中でも釣りたいものは釣りたいわけでしてねえ。

というわけで今私が頼り切っているのが、NLWスモラバ君なんです。

いきなりですが昨日の朝練のラストキャストにきた45cm君

d0145899_4143122.jpg

昨日の朝は朝練時間も約55分と寂しい実釣時間でありました。(日々夜明けが遅くなりどんどん実釣時間が減っていきます)

朝の気温も14度とかなり冷え込んできており水質も当然ながら良いわけもなく、プラグ&スピナベ巻物無反応、ライトリグ無反応。

スモラバスロースイミングも無反応ということで、最後の最後にスイミング系トレーラーから大きめのクロー系トレーラーに変更。

ただ巻きでも無く、ボトムじっくり攻略でもなく、
リアクション狙いでザリガニ逆走逃走をイメージしてキューンキューンキューンとロッドを連続シャクリを入れながら、ボトムすぐ上を引いてくると、帰宅タイムアップ用にセットしていた携帯アラームが鳴ると同時に投げたラストキャストにガツーンと持って行く超明白なアタリ!!

一瞬送り込んで後 太軸フックをじっくり突き刺すイメージでロングストロークトルクフルスイープフッキング?!(長過ぎな呼び名?)

にて、がっちりフッキングの後上がってきたのがブリブリの久々超健康体の45cm君。

最高に素敵なラストキャストでした。


その他、苦しんでる秋とは言いながら、この秋のNLWスモラバ君での釣果の一部です。

d0145899_4184461.jpg

d0145899_4191736.jpg

d0145899_4194640.jpg

激濁りの中でここには着いてるでしょう、けど突起物が多くてタイトに攻めるん怖いなあってな縦ストラクチャーでの超タイトフォールや、
工事の際に適当にばら撒かれた?かのようなカバーの横に沈んでいる、ボコボコデコボコな速攻ネガカリエリアでの超デッドスロースイミングや、シャッドテールワームをトレーラーにした早巻きスイミング等々・・・・色んな釣り方で40upも交えながら堅実な釣果が残せております。

とまあ、こんな感じでして、現地で会う人の話を聞いてみると殆どデスポンドと化しているフィールドにおいても、ハードルアーやライトリグが手も足も出ない中での切り札、お助けマンとして着実な釣果を与えてくれているNLWスモラバ君です。

過去にも何度も言ってきてるんですが、なんせこのNLWスモラバ君 異常にネガカリません(嬉!)

リズムが崩れないし、ただでさえ限られた実釣時間の中でのロスを最低限に食い止めてくれます。

トレーラーをあれこれセレクトすることにより、巻いてもOK、置いてもOK、落としてもOK それらのOK項目がネガカリ多発で今までは避けていたスポットでも可能となったので、水質の悪化により恐ろしく活性が下がったと思われる状態でも手を変え品を変え、色々なアプローチで攻めていき、限られた時間、限られたスポットで着実に結果を残すことが出来るこのスモラバ君。

溺愛中の今日この頃であります。



渡辺さん、ありがとうございました!!

それにしてもホントにドロドロブクブクのデス状態の水の色ですね。(汗)
こんな状態で良く魚をキャッチされているものだとビックリしています!!

渡辺さんのお話によると、
昨日朝も出会った釣り人も夏場以降全くノーフィッシュ、この1ヶ月会話した釣り人で9月以降魚触った人ゼロ!

と、恐ろしい状態だそうです。(好転を祈ります!)


究極にタフな状態で釣りされている渡辺さんですが、そんな状況の打開策の一つが、どうやら普通のリグやスモラバでは根掛りして投げ込めないようなややこしい場所を果敢に攻める事にあるようです。

まさにベイトフィネスの真骨頂!って言うか、NLWスモラバの特徴を最大限に生かせるシチュエーションなのかもしれませんね!

渡辺さんは、この春からたった4個のスモラバで頑張ってくださっているのですが、未だロストゼロだそうです。(喜!)
僕もバスに丸呑みされて切られたというのが一回ありましたが(反省)、根掛りによるロストは未だゼロです。


懸案事項だったジグモデルの違い&トレーラーの違いによるフッキング率の低下ですが、タックルバランス&フッキング方法を見直すことで劇的に改善されたそうです!!

だんだんいい感じになってきたっぽいNLWスモラバですが、更なる試作モデルも控えておりますので、超タフ池でのテストをお願いしますねー♪(業務連絡)

渡辺さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2010-10-20 04:40 | なべちゃんレポート | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/12107380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31