Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

千葉の某リザーバーより!!(デカビーツァのリップ曲げチューンの動画付き)

2011年一発目の釣果報告は、なんと!痴虫こと松本さんより頂いた釣果報告です!!

昨年末、千葉の某リザーバーにてデカビーツァでナイスフィッシュを釣って下さったそうです!!

d0145899_452253.jpg

いえーーーい!(喜)

痴虫さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

12/22水曜日 水温10~11度 北風やや強
千葉のダムにて

ほとんどトップをメインの釣りでしたが、ここぞと言う所でトップで出なかった場合に、
去り際にフォローでデカビーツァ(リップ曲げ)を投げて魚の反応を見る、という感じで半日回りました。
(本当は1日釣りする予定が、寝坊して半日ちょいに(涙))

結果、トップでは出せなかったけど、デカビーツァで2バイト、1キャッチ(41センチ)でした。
フォローを入れない釣りだったらなんの反応もない坊主の日になる所でした。

僕はやっぱりトップで釣るのが大好きですが、まだまだ釣りの勉強が足りない。
そんな悩みで最近少しだけ他のも投げる様にしていますが、色々本当に勉強になります。

特にデカビーツァは普段の釣りのキャストのフィーリングや、ルアーパワーと遜色無く釣りが出来るので、フォローのルアーとして完璧!!(西根さんのルアーをフォローだけで使うなんて勿体ないんですが…)

これからも、水面を割らないバスが、水面下では反応するのかの実験をデカビーをメインにやってみようと思います。

あ、そういえばこのデカビー、西根さんのブログを見てリップをお湯で曲げました。
潜らせると言っても、出来る限り水面に近い方が嬉しい物で。

d0145899_483227.jpg

浮力が低いので完全に水面では使え無いですが、ノーマルよりはレンジが上がりました。

ゆっくり引くと水面を引けるのですが、やっぱりデカビーはゴツゴツゴツっと骨に響くようなビートがかっこいいので、その良い手応えが出る速度で巻くと15センチ位潜る感じです。

この感じでいくと、冬の間にまた、デカビー君が火を噴きそうなので、その時にはまた写真送ります。

ではでは

ロッド:FD1610MF
リール:スコーピオン1500-7
ライン:パワープロ4号



痴虫さん、ありがとうございました!!

水温が10~11℃ぐらいでも水面系で出されてしまうのが流石ですね~~~!!(驚)

つか、タックルがFDにスコ1500にパワープロって、まるっきりシマノさんの回し者みたいじゃないですか。(僕も人の事言えませんが。爆笑)

痴虫さんといえば『海馬』が有名ですよね!!

d0145899_4154746.jpg

塊で痴虫さんから海馬を頂いたのですが、このルアー、凄い可能性を感じています。

何たってブレードが沢山付いている!!(笑)

お腹の巨大なブレードの他にも、ムナビレに見立てた小さなコロラドブレードが左右に1枚ずつ。
そして、フロントにはプロップまで装着されています。

プロペラもブレードの一枚として考えると4枚ものブレードが装着されている事になります!!
NLWの最多ブレード搭載モデルはデンプシーテールの3枚ですから、負けてます!!(爆)

痴虫さんとNLWは、共にブレードジャンキーであると言う事は間違いないですね。(笑)

もうね、塊ブースしながら、痴虫さんとその話で盛り上がりまくりで、何枚のブレードをルアーに搭載できるかって話を延々としちゃいましたもん。(アホ)


っと、そんなブレードの話はどうでもいいとして、自分的にこのルアーに凄い可能性を感じるのは、その絶大なアピール力と存在感です。

超スローなただ巻きでも各パーツがしっかりと動き、スピードがあがっていくにつれて、ガチャガチャと派手な金属ノイズを立ててくれます。

そして、更にスピードを上げてお腹の巨大なウィローリーフが水面を割るようになると、凄いイレギュラーな動きが発生します。

んで思ったのは、この動きと音って、もしかして威嚇系バイトを獲れるんじゃなかろうか?って感じています。

全くフィーディングする気が無いような時でも、威嚇で口を使わせられる時ってあると思うんですけど、そんな時にこの海馬君が凄い力を発揮してくれそうな気がしてしょうがないんです。

イメージ的には、スポーンちょい前とか、秋の水温下降期とか、ノイジー系やバズベイトが効きそうなシチュエーションで炸裂しないかな?って妄想しています。

あと、夏場のクリアーウォーターフィールドで、トリパクで浮かせて釣っているような少し深めのレンジに居る魚を浮かせられそうな気もしてしょうがないです。(そうなるとトリプルフック仕様も欲しいですねー)

何せ、今年のH湖で使いたい場面が幾つも思い浮かびますし、凄く期待しています。


あっ、そうそう、今回の釣行で痴虫さんがしてくださったデカビーツァのリップ曲げチューンなんですけど、僕も先日岡山に行った時に全く同じ事をしてたので、ホント笑っちゃいました。(笑)


                      (撮影者:ひでさん)

このチューンをする事によって、痴虫さんが仰る通り、デカビーツァのレンジを上げる事が出来ますよー。

ちなみに、このチューンをされる場合ですが、リップに使っているプラスチックに妙な復元力があって数ヶ月したらまた元の形に復元していると思いますので、数ヶ月に一回曲げ直して頂ければ完璧と思います。

痴虫さん、ありがとうございましたーー!!

■ 痴虫さんのHP&ブログ  痴虫.com
by nishinelureworks | 2011-01-06 04:45 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/12643059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31