Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

重要なお知らせ ~ デカビーツァのリップ強度を上げる方法

昨日のブログで予告させて頂きました『デカビーツァのリップ強度を上げる方法』をご紹介させて頂きます。

この方法は熱を加え、プラスチックの性質を変質させる方法です。
下記に、手順をご紹介させて頂きますので、ご参照頂ければ幸いです。


1. 鍋に湯を沸かす

d0145899_875775.jpg

鍋に湯を沸かして下さい。

温度は80℃(写真のデジタル表示は79.8℃)

理由は後述しますが80℃というのが非常に重要になりますので、温度計等を利用して、可能な限り正確に水温を80℃に近づけて下さい。(75℃~80℃の範囲内であれば大丈夫と思いますが、80℃を大きく超えるのはNGです)

d0145899_8104762.jpg

余談になりますが、僕はエー・アンド・ディー社の赤外線放射温度計(モデル詳細)を使っているのですが、一瞬で対象物の温度を測ることが出来るので、釣りの時とか水温チェックに非常に便利なアイテムですよー。

写真のモデルは防水型なので、釣りにも向いていると思います。(僕は釣具屋さんでこの温度計を購入しました)

他の赤外線放射温度計の事は分かりませんが、この写真のモデルで温度計測する場合、1回目の計測では正しい温度が表示されない事がありますので、必ず2回チェックして下さい。(2度目の計測で正しい温度が表示されます)


2.タイマーを15秒にセット
d0145899_8245651.jpg

必ずしもタイマーは必要ではありませんが、15秒と言うのが非常に重要になりますので、秒数が分かるものをご準備ください。


3.ルアーを湯に浸ける

d0145899_8265222.jpg

タイマースタートと同時にルアーを湯に浸けます。

この際に気をつけて頂きたい事は、リップ部のみ湯に浸けるようにしてください。
ルアー全部をドボーンと漬けると、最悪の場合、発泡ウレタンが2次発泡を起こして気泡等を発生させる可能性があります。

写真ぐらいの浸け具合がベストです。(リップ全部が浸かるぐらい)

80℃の熱を15秒間加える事によって、プラスチックが粘りを持つ特性に変質します。

くれぐれもヤケドにはご注意下さいね!!


4.ルアー冷却
d0145899_9252819.jpg


15秒浸け終わったら即座に湯から引き上げて、自然冷却してください。(3~5分ぐらいで熱が抜けます)

その際に気をつけて頂きたい事は、湯から抜き出した瞬間はリップがフニャフニャになっていますので、変なクセが付かないように気をつけてください。(フニャフニャながらも元の形は保持していますので、変な力を加えさえしなければOKです)

また、冷水等による急速冷却も特に必要ありません。

応用技として、もしデカビーツァのシャロー版が欲しい場合は、この冷却時にリップを曲げてやると綺麗な湾曲リップを作る事が可能です。(熱で曲げたリップは数ヶ月したら、元の形に復元している可能性がありますので、もしご必要な場合は、再度曲げ直して下さい)


以上です。



このチューニングの重要点は、温度管理と、浸け込む時間です。

湯温が高すぎたり、浸け込む時間が長すぎるとプラスチックに焼きが入りすぎて、かえって脆くなりますのでご注意下さい。

d0145899_8412717.jpg

写真のようにブクブクと沸騰している状態ですと表水温は大体95℃ぐらいなのですが、この状態に30秒以上浸け込むと、リップに焼きが入りすぎて、非常に脆くなります。

何度もしつこくて申し訳ありませんが(汗)、『80℃+15秒』で宜しくお願い致しま~す。(サンプルを30~40個破壊して出たベストな数値です)


d0145899_845439.jpg

上の写真は、熱処理を加え、1日経った状態のデカビーツァのリップをペンチで無理やり曲げたモノです。(強度テストの目的で無理やり力を加えたモノですので、マネしないで下さいね)

これだけの力を加えれば、通常であればポキッと折れてしまうところですが、
熱を加えることで、プラスチック素材が粘りを持った特性に変化しています。

デカビーツァはルアー重量が重たい関係上、通常サイズのルアーの何倍ものストレスがリップに掛かっています。

湯温調節が少しめんどくさいかもしれませんが、この15秒の熱処理をして頂くだけで、かなりリップ強度が増しますので是非試してみて頂ければ幸いです!!


■ 追記1
現在までに、ユーザー様よりデカビーツァのリップが不可解な折れ方をしたというレポートを4件頂いております。(現状0.2%の発生率)

上記の熱処理を施して頂く事で、かなり強度アップできるかと思いますが、
もしご使用中に、投げただけで折れた、ボトムタップしただけで折れた、落としただけで折れた等、不可解な折れ方をした場合は、是非ご一報頂ければ幸いです。(新品交換等にてご対応させて頂きます)

ご迷惑をお掛けした皆様に心よりお詫び申し上げると共に、より一層、品質の改善に勤めて参りたいと思いますので何卒宜しくお願い致します。

連絡先 info@nishinelureworks.com


■ 追記2
今回ご紹介させて頂いた熱処理チューンですが、現在のところデカビーツァのみ実験が完了している状態で、その他のモデル(ビーツァ各種、ブレードクランク、SD85F等)につきましては有効な数値かどうか現時点では不明です。
その他のモデルにつきましては、また機会を改めて実験し、当ブログにてご報告させて頂きたいと思います。
by nishinelureworks | 2011-04-01 09:48 | ルアーメンテナンス&チューン | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/13287447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30