Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 『ビーツァ炸裂シーズン到来!!』

稲吉さんより釣果報告を頂きました!!

今年もいよいよ始まりましたね!!

稲吉さんのビッグバスハンティング!!

d0145899_4284198.jpg

ビーツァ炸裂シーズン到来!

皆さん、お久しぶりです!

実は、今回の釣行で今シーズン3回目です。
ようやく、初バスをキャッチできました!(デコレン2でなんとか脱出です~)

3月の週末は、なぜか冷たい雨や強風、気温低下など条件の悪い日に毎回当たってしまい、
まともに釣りができませんでした。(言い訳になってしまいますが・・・。)

特に、前回の釣行では、同船した友人にはクランクベイトで2本、BIGサイズがHIT。
1本はバラしてしまいましたが、友人は自己記録更新となる56cmをキャッチしたのに、私はショートバイト2回のみ。(泣)
釣れてくるのは、ビニール袋などのゴミばかり。(かなり、ヘコみました~)


釣行日の前日は、大雨&強風の激荒れ状態。

ただでさえ、水温低下&濁りが発生し、厳しい状況と想像がつきますが、釣行日も風が強い予報でダブルパンチ状態。

行こうかどうしようかと悩みましたが、最悪ボートを出さずに帰ってくる覚悟で出発。

予想外に、朝は風も微風でいい感じ!(ドライブだけにならなくて良かった~)

まずは、雨による濁りの影響が少ないと思われるエリアの4~5mレンジをチェック。

d0145899_431516.jpg

そこで、この時期、私の定番ソフトベイト&リグで44cm(1600g)をキャッチ。

しばらく粘ってみましたが、後が続かないのでエリアチェンジ。


次は、比較的水温が高いシャローエリアをチェック。

昨年、西根さんに『琵琶湖春SP』として塗って頂いた、ビーツァM7のブラッディータイガーVer.2とビビッドタイガーをチョイス。(水深の関係でM7をチョイスしています)

d0145899_4343158.jpg

今年は、西根さんからの宿題であるブラッディータイガーのVer.1、2、3をしっかりTESTし、どのVer.が一番いいのか答えを見つける予定です。

先行者も数艇いる中、昨年この時期に炸裂したパターンをイメージし、ビーツァM7を打っていきます。

リップラップを舐めるように、ゆっくり丁寧にリトリーブ。

d0145899_4353867.jpg

コッ、コッとリップラップにリップが当たるのを感じながらリトリーブしていると、50cm(2250g)をキャッチ。

その後、天気予報通り、風が吹き始めだんだん荒れてきます。

d0145899_4364153.jpg

何とか、もう1本!と友人と話した直後、51cm(2000g)をキャッチ。

ちなみに今回、活躍してくれたのは、西根さん一押しのブラッディータイガーVer.2(上写真中央のビーツァ)でした。

琵琶湖では、ビーツァ各種・ブレクラ・ファットブル各種などへの反応が今後、どんどん良くなってくると思いますよ!

いつも言っており、くどいようですが、この時期は『超~スローリトリーブが効果的ですよ!』

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

今年一発目の琵琶湖TEST釣行記は、やっぱり何時もの如くビッグフィッシュで始まりましたねー♪

ナイスフィッシュをキャッチして頂き、本当に嬉しいです!!(喜)

記事中にあるブラッディータイガーですが、現在3パターンを稲吉さんに試してみて頂いています。

このカラーの狙いは、ズバリ!ザリガニ君!!

稲吉さんから頂いたリクエストを元に塗ってみたのですが、春先のザリ食いバス君達に有効ではないかと考えています。

是非、製品化したいカラーでもありますので、稲吉さん、テストをお願いしますね!


いやぁ、それにしても、今年もいよいよ琵琶湖がシーズンインですね!!

今年の稲吉さんは、どんだけビッグフィッシュを釣られるんでしょう?(笑)

もの凄く楽しみです!!
by nishinelureworks | 2012-04-04 04:43 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/15670453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31