Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 『4月の釣りダイジェスト』

稲吉さんより頂きました、琵琶湖TEST釣行記をご紹介させて頂きます!!

バタバタしててご紹介させて頂くのが遅くなってしまいましたが(スミマセン!汗)、相変わらず凄い勢いで釣られまくっておりますよー!!

d0145899_2502197.jpg


4月の釣果(3回分)

なかなか、釣果報告できる内容がなくて、ゴメンナサイ!
3回分の釣行をまとめて報告しますね!


まずは、4月初旬。
この日は、雹も降り、体感的には過去3回の釣行より寒い日でした。
d0145899_2523094.jpg

TEST中のビーツァ ブラッディータイガーVer.3で40UP(サイズは忘れました~)
と30cm台後半をキャッチ。
寒いし、荒れてお話にならないので、半日で終了。



4月中旬は、修行の為一人での釣行。
TEST中のビーツァ ブラッディータイガーVer.2でチビバスをキャッチ。
ソフトベイトでは、写真の50cmや38cm~45cm位を20本以上キャッチ。
色々なクランクを投げていますが、厳しい状況下でも、TEST中のブラッディータイガーへの反応はいい感じですので、引き続き、TESTは続行です。



4月下旬も、修行&バス探しの旅として一人で釣行。
最近、シャローでクランクへの反応が良くないので、ちょっと深いレンジをソフトベイトで探ってみました。

すると、50cm(2300g)、51cm(2170g)、52cm(2600g)、53cm(3050g)、56cm(4040g)をキャッチ。

d0145899_241427.jpg
53cm(3050g)

d0145899_244104.jpg
56cm(4040g)

セルフタイマーでのバス持ち写真、なかなかうまく撮れず、苦戦しました。(笑)

水温が上がり始めたタイミングでシャローをビーツァでチェック。
かなり時間を掛け、シャローをビーツァM5、M7、ブレクラでチェックしましたが、
結果は、2バイトワンフィッシュでキャッチできたのはチビのみ。(残念)

カラーはTEST中のビーツァ ブラッディータイガーVer.2でした。
仕方ないので、また深いレンジをソフトベイトでチェック。

45cmをキャッチ。

その後は、ミドルレンジなどもチェックしますが、ノーバイト。

夕方、いいの獲るなら深いレンジしかない!って思い最後の勝負に。

d0145899_2404647.jpg

予想通り、52cm(3010g)のGOODサイズをキャッチ。
三脚&セルフターマーの撮影も最後には、だいぶ慣れました。(笑)

50UP6本で、17170gと春の琵琶湖らしい結果を出すことができましたが、NLWのプロスタッフとしては失格ですね、私は・・・。

でも、あえてこの釣果を紹介したのには理由があります。
水温もかなり上昇してきて、シャローにもバスは入ってきていますが、まだディープにもたくさんのGOODサイズが居ます。

このバス達がシャローへ上がってくるタイミングで、ビーツァ各種やブレクラ、ファットブル各種などが活躍してくれると思うんですよね!

まだまだ、これからだと思うので、皆さんもNLWルアーを持ってシャローをガンガン打ってみて下さいね!
勿論、私もNLWルアー各種でシャローのGOODサイズ、狙っていきますよ!

それから、名古屋のルアーショップおおのさんで、ブレクラのVivid Tiger (ビビッドタイガー)が数量限定で販売開始(詳しくは、http://www.ls-ohno.com/のニュースBlogをご覧下さい)されていますので、興味のある方はお早めにどうぞ!
ブレクラVivid Tigerのおよびお問い合わせは、下記メールアドレスまたはTELになります。(通販も可能です)
・e-mail:shop@ls-ohno.com
・TEL:052-961-0850 渡辺店長まで

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

もうね、凄すぎ!の一言しか出てきません!(尊敬)

凄いなぁ、稲吉さん!

凄いなぁ、琵琶湖!!

毎年この時期になると、琵琶湖の事が気になってしょうがないのですが、ホント今すぐにでも飛行機のチケットを取って琵琶湖に飛んで行きたいよぉ~。(マジ)


ホント、心の底から思うのですが、大阪、京都、名古屋などの大都市から日帰り釣行できる大都市圏にあって、毎日凄まじい数の釣り人が訪れ続けているにも関わらずビッグフィッシュが釣れ続けている琵琶湖って、ホント奇跡としか言いようのないフィールドだと思うんです。

しかも北米の湖のようにバスが保護されている訳ではなく(現実は全く逆。涙)、完全にバスの自然繁殖力に頼りきりにも関わらず、これだけの魚が釣れ続けているって、本当に凄い事だと思うんですよね~。


誤解を受けるのを恐れず言わせて頂くとしたら、

特にこれからの時期は、スポーニング最盛期でもありますし、もしバスが釣れたらライブウェルに入れたりせず、その場でリリースして頂けると嬉しいです。


こんな事、自分なんかが偉そうに言える事ではないですが(汗)、しがないアホルアービルダーの切なる願いとして聞いてやって頂ければ幸いです。


稲吉さん、素晴らしい釣果報告を頂き、本当にありがとうございました!!


■ 追記
稲吉さんも記事中に書いて下さっておりますが、先日、ルアーショップおおのさんに、ブレードクランクのVivid Tiger(旧稲吉タイガー)を納品させて頂きましたので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらルアーショップおおの様までお問い合わせ頂ければ幸いです。
by nishinelureworks | 2012-05-05 03:42 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/15819729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31