Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 『福岡にて50㎝!』 オチアユミノー125FR

福岡県のメンタイさんより頂きました釣果報告をご紹介させて頂きますね!

オチアユミノーで50㎝のバス君が釣れたそうですよーー!(喜)

d0145899_2244197.jpg

先日の釣行でオチアユミノーで良い魚が獲れたのでご報告させて頂きます!

朝イチはビッグバドで表層をチェック!反応なかったのでレンジ落としてオチアユミノー投入!

水中に杭が等間隔で打たれてるのを減水時にチェックしていたので、その横をミディアムリトリーブ!

1投目で出ちゃいました♬

ササッと計測させてもらってジャスト50cm!(画像ブレてて申し訳ありません。汗)

■ タックルデータ 
ロッド:ファイナルディメンションTS168M
リール:メタニュウムMg
ライン:ナイロン14lb
ルアー:オチアユミノー(ピンクバッククローム)

まだオチアユミノーでの釣果は少ないのですが、オチアユミノーへのバイトって大小問わずこの掛かり方が多い気かします!
後ろから追尾してのバイトではなく、横 もしくは下から喰い上げてる感じ!?

他の方の釣果報告を拝見させてもらってもテールフックのみってケースは少ない感じがします。

ルアーのサイズ的に"捕食"より"威嚇"のバイトが多いからでしょうか?

そして西根さんの推測では何センチのバスならオチアユを丸呑みしそうですか?

何にせよこの素晴らしい魚と出会わせて下さってありがとうございます♬



メンタイさん、ありがとうございました!

オチアユミノー125FRでビッグフィッシュキャッチ、自分も超嬉しいです!!(喜)

オチアユミノーへのバスの食い方の件ですが、自分がキャッチしているバス君の殆どもやはりがっつりと横咥えしている事が多いですね~。

自分もテールフックへのフッキングでキャッチした事はあまりなくて、2枚のブレードがジャラジャラしているあたりをがっつり食ってきていることが多いような気がします。

あくまで個人的な勝手な意見という事でお聞き頂ければと思いますが、バスって襲い掛かる対象物によって攻撃パワーを使い分けているような気がします。
たぶん無駄な体力を消費しない為ではないかと思うんですけど、そのベイトを仕留めるのに必要十分な力しか使わないというか、そんな気がするんですよね。

デンプシーとか、コロラドブレードのサイズを変えて泳ぎを変えてやるだけで、反転バイトしてきたり、後ろからの吸い込みバイトに変わったり、ルアーの動きの違いでバイトの仕方が変わったりするんですよ~♪(市販品は反転バイトが出やすいセッティングにしています)

んで、オチアユミノーですが、これだけ力のあるベイトを仕留めるにはバスも渾身の力でアタックしてこないとならないのか、激しいバイトが多いですよね~。(笑)
トリプルインパクトとかも、そう言う激しいバイトが多いルアーですが、激しいアクションのルアーに激しいバイトが出やすいのは、そう言う事も関係しているような気がしてしょうがないです。

あっ、オチアユミノーへのバイトですが、ホントの事はバス君に聞いてみないとわかりませんが、普通に捕食バイトしてきている事も多いと思いますよ~!!
ルアーとしては大きめサイズかもしれませんが、ベイトフィッシュとして見たら全然普通サイズですしね♪

威嚇バイトについては自分もよくわからないのですが、自分が感じている事は、プリの一時期と、アフターの子育て中のオスバス君に威嚇バイトが多いような気がします。
特にアフター時期のオスバス君とか、完全に口を閉じて体当たりしてくる事とかありますもんね。(笑)

と、自分はそんな感じでシンプルに考えております。

メンタイさん、ありがとうございました!
(バス君の水中持ち写真もありがとうございます!)

詳しい釣行記はメンタイさんのブログをご覧くださいませ~。

■ http://mentai.naturum.ne.jp/e1482394.html
by nishinelureworks | 2012-09-05 23:10 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/16757747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31