Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

クランクベイトのストップ&ゴーリトリーブ

先日頂きました、青森県のりっぷさん&岡山県のMさんの釣果報告ですが、どちらもFB1のストップ&ゴーがキーだったというお話でしたね!

■ りっぷさんから頂いた釣果報告 → http://beatour.exblog.jp/16963354/
■ Mさんから頂いた釣果報告 → http://beatour.exblog.jp/16970509/

と言う訳で、今日はその事について僕なりの考えを書かせて頂きたいと思います!!

っても、インチキルアービルダーの言うことですので全くアテにはならないと思いますが(笑)、もしお暇な方がいらっしゃいましたら読んでみてください♪

d0145899_0442450.jpg

クランクベイトのストップ&ゴー。

実は僕自身も非常に多くの場面で多用するテクニックです。

っても、ただ単にリールでストップ&ゴーをかますだけなので、テクニックと呼べるほどのものではありませんが、その出番は実に多いです。

おそらくですが、自分がクランクベイトを使っている時の6~7割はリトリーブ中のストップモーションを重要視したクランキングをしており、むしろ、ただ巻きクランキングしていることの方が珍しいぐらい。

具体的にいうと、リールを2~3回グリグリって回す→止める→また2~3回グリグリって回すの繰り返しみたいなリーリングパターンです。

リーリングの回数や、ポーズの時間等はその日によって異なったりもしますが、ポーズ時間がコンマ数秒と殆ど止めないこともあれば、数秒と長いポーズを取ることもあります。

コンマ数秒なんて意味あるん?ってぐらい短い時間ですが、これでもしっかりバイトトリガーになったりする事が多いので、あるかないかわからないようなコンマ数秒のストップモーションと言えども、時に重要な意味を持つ事もあると考えています。


じゃあ、なぜ、そのストップモーションがバイトトリガーになるのか?

リアクション!って答えが真っ先に帰ってくると思いますが、まさにその通りだと自分も考えています。(ホントの事は魚に聞いてみないとわかりませんが)

では、じゃあバスは何故リアクションバイトしてきているのだろうか?という疑問にぶち当たります。

リアクションはリアクションでしかないだろって答えが返ってきそうですが(笑)、自然界に生きているものが意味なくリアクションバイトしてくるだろうか?と自分は思うのです。


これはあくまで自分が勝手に感じている事でしかないのですが、バスが様々なケースやシチュエーションで見せてくれるリアクションバイトって多種多様にありますが、

その時、その場でバスが捕食しているものや攻撃している対象物等、その対象物が持つ要素(シルエットや動きなど)に密接に関係しているのでは?

って自分は考えています。(あくまで勝手な思い込みです)


要するに、バスが沢山隠し持っているリアクショントリガーの中から、その時その場に最もマッチしたリアクショントリガーが発動しやすいのではないか?と考えています。(なんて乱暴な言い方なんでしょう。笑)


んで、話をクランクベイトのストップ&ゴーリトリーブに戻しますが、

じゃあ、このアクションパターンは何なのか?何故効果を発揮するのか?

という疑問がわきあがってきます。


ここから先は本当に想像(というか妄想。笑)でしかない話ですが、自分の経験上、このパターンのリトリーブが特に効果を発揮する場面があります。

それは、バスがブルーギルやクラッピーなど、あまり遊泳力の強くないベイトを食べている時。


ギルやクラッピーって基本遊泳力がそれほど強くない魚というか、泳ぎの持久力が無い魚だと自分は考えているのですが、その反面、一瞬の瞬発力は非常に強い魚だと自分は考えています。

オイカワやハスとかみたいに、圧倒的な遊泳力を武器に追撃を振り切るということができない代わりに、
ビュン・ビュンと断続的な猛ダッシュを繰り返してブルーギルが逃げていく姿を目撃された方は多いのではないかと思うんです。

んで、僕が思うに、クランクベイトのストップ&ゴーはこの動きに近いのではないか?と考えています。

考えてみれば、リール2~3回転分の糸巻量って、ちょうどギルのワンダッシュと同じぐらいの距離ですし、無関係ではないと思うんですが如何なものでしょうか?(笑)


と言う訳で、きわめて主観的で一方的な思い込みではありますが、バスがギル食いしている時にストップ&ゴーがはまったら、ものすごい爆発力を発揮する時がありますので、ぜひ試してみてください!


シチュエーション、バスの活性、ルアーセレクト等が完璧にマッチすると、ルアーがストップした瞬間、バスが何処かから吹っ飛んできて、まるで磁石にくっつくがごとくルアーを吸い込むシーンが見られると思いますよー♪

基本、ギルもバスもカバー周りにいる魚なので、カバーの中から飛び出てきてドンッ!ってバイトしてくるパターンが多いです。

もし、そういうバイトに出くわしたら、迷わず巻き大アワセをくれてセットフックしてくださいね!!(笑)


そうそう、捕捉になりますが、このストップ&ゴークランキングですが、僕の場合、ルアーによってはロッドワークも入れて、更なるリアクションバイトを狙うことがあります。
この手の釣り(ロッドワークを入れた釣り)に対応してくれやすいのは、ビーツァM5やデカビーツァなど、水を受け流すことが得意なタイプのクランクがハマりやすいので試してみてください。


と言う訳で、皆さんも秋のクランキングシーズンを満喫してくださいませ~~!!
by nishinelureworks | 2012-10-13 01:19 | テクニック | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/16982874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31