Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 『SC-SMELTで40UPx2本!!』

バス依存2さんより、釣果報告を頂きました!!

いよいよ日本各地のテストフィールドにオンステージとなり始めたSC-SMELTにて、初釣果報告です!

d0145899_4255323.jpg

日付:2月2日(土)
天候:晴れ
釣行時間:7:30~11:50
フィールドタイプ:埼玉県郊外野池
気温:5℃~11℃
水温:8℃
風:北北東 風速1m
水色:ステイン

今回の釣行では、バーチカルな使用ではなく、フィールドに合わせたキャスティングでの釣りを試してみました。

先ずは、過去の実績ポイントは、一切無視してベイトの動きに注視してみました。
この季節の餌となり得るクチボソ、小鮒の群れにバスが付いていると感じたからです。
表層を泳ぐベイトフィッシュの動きを意識し、ルアーが表層を飛び出さない程度の高速巻きにて、狙ってみたところ、結果は、直ぐに帰ってきました。

冬場でも朝一のフィーディングを意識した魚は、やる気がある為、早い釣りでも釣れてしまいました。


その後は、フィーディングタイムを過ぎ、ベイト反応も消えたため、少し広範囲にエリアを広げてみます。
それに伴い狙いも表層から中低層を意識してみました。

ルアー操作は、基本的にリフト&フォールですが、リフトの時は、竿の位置を10時、2時の方向とその都度、意識してイレギュラーに、ルアーを跳ばすイメージで使用してみました。

又、バイトは、常々フォールの加速時に集中する事が多い為、極力フリーになる様に心がけてみましたら、本日2匹目となる40アップのバイト誘発に繋げる事が出来ました。

d0145899_4311988.jpg

その後は、同様の釣り方で、バイト誘発に成功しましたが、手前まで魚を寄せて来たところでフックオフ(←下手くそっ!!)

3ヒット2キャッチ1バラシで終了となりました。


又、良いサカナが釣れましたら、ご報告させて頂きます。



バス依存2さん、ありがとうございました!!

いやぁ、釣れちゃいましたね!!メッチャx100嬉しいです!!(喜)

しかもこの一番厳しい季節に40UPx2本ってビックリです!(驚)


思えばこのルアーの原形となる10センチモデルの1stサンプルが完成したのが2011年のクリスマスイブの事。
その後、度重なるトライ&エラーを重ねた末にようやくたどり着いた答えがソリッドバイブという形でした。

そして、10センチモデルではどうしても克服できなかった壁を越える為に作ったのが、このSC-SMELT君。(通称ワカサギ君)

昨年1年間ミノーバイブを使い倒し、自分なりに掴んだ釣れるための要素をすべて詰め込んで作ったのがこのルアーでした。(記事

もうね、この感動をどう表現すればいいんでしょう?

自分にとって、昨年1年間は釣れても釣れなくてもミノーバイブを投げ続けた暗中模索の1年間だった事もあり、言葉にならないぐらい感動しています。(涙)

この釣果はもちろん、バス依存2さんの腕によるところが大きいかと思いますが、本当に嬉しいです!!

ちなみに、バス依存2さんからは下記の追伸も頂いておりますので、捕捉でご紹介させて頂きますね。

PS.魚の掛かり方を見ると、追いつけていないのか?やはり冬を感じますねー。
1匹目は、皮1枚。
2匹目は、外掛かり(恐らく、バスが頭を押さえに行きましたが、フロントフックはつけていない為、リアフックだけ、たまたま掛かった)でした。

又、他のバサーは、鯉のスレで2尾づつくらいあげてましたが、わかさぎ君を使った私だけバスからの反応ダケを得る事が出来たことも伝えておきます。


バス依存さん、本当にありがとうございました!!
(バス君の手持ち写真もありがとうございます!)

詳しくはバス依存2さんの釣行記をご覧下さいませ~。

■ http://ameblo.jp/bassizon/entry-11462408384.html
by nishinelureworks | 2013-02-06 05:06 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/17774132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31