Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 『オチアユ125WP 本領発揮!』

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました。

オチアユWPでロクマルをキャッチされたそうですよー!

やったーー!!(喜)

稲吉さん的オチアユWPの投入条件もご紹介下さっておりますので、是非参考にして頂ければ幸いです!!

d0145899_2247857.jpg

オチアユ125WP 本領発揮!!

お久しぶりです!
オチアユ125WPが炸裂しているようですね!
初期プロトから、このルアーはヤバイよっ!て実感していたので、各地での釣果は私も嬉しい限りです!
そんなオチアユWPですが、忙しい西根さんに無理を言って、琵琶湖で欲しい2色を塗って頂きました。

d0145899_22485555.jpg

写真の一番上は、最終プロトのアユカラー(クロームアユ?)
真ん中は、琵琶湖のメインベイト、ブルーギルカラー(オスギル)
一番下は、琵琶湖のデカバスが大好きなケタバスカラー(クロームハス)
この2色が届いたのは5月末。

即、次の釣行で試すと、オスギルカラーで30cm台をキャッチ。
その後の釣行でも、キャッチはしますが報告できるようなサイズが出ずに苦戦。

d0145899_22494960.jpg

写真は少し前のものですが、オスギルでキャッチした45cm。

と前置きはこのくらいで、8月4日(日)の息子との釣行記を。
いつもなら、いくつか釣れるスポットを押さえてから息子を連れて行くのですが、ここ最近、あまり琵琶湖に行けていないし、いい場所も見つけられておらず、完全にノープランでの出船。

まずは、息子に確実に釣ってもらうために、ボデーウォーターに絡むウイードエリアでソフトベイトの釣りからスタート。
私がキンクー7inchネコで、40cmUP2本のみ。(ベイトフィネス始めました)

直ぐに見切りをつけ、TOPで期待できそうなウイードエリアに移動。

私は、オチアユWP、デカビーツァウェイク、スーパーチナイなどを息子はPOP-Xやプロップダーター、バズジェットなどを投げますが、反応ない中、息子のPOP-Xに50cmクラスがバイト、しかし、あわせが早くすっぽ抜け(残念~)
しばらくポイントを変えTOP系で粘ってみますが、まったく反応ありません。

次に選んだポイントは、いつも夏には必ず、サイズも数も出る5m前後のエリア。
ベイトもバスもあまりいない感じですが、多少は釣れるかなと思い、私は夏の定番キンクー13inchのネコ、息子にはキンクー7inch、スワンプのネコやカットテールのDSで探ってみます。

d0145899_225319100.jpg

すると、私が55cm(3420g)のGOODコンディションをキャッチ。
粘れば、もう1、2本はGOODサイズが出せそうな感じはしましたが、息子には不向きな状況のため、移動。
とにかくバスが釣れそうなエリアを転々と移動しますが、私も息子もノーバイト。(汗)

ついに琵琶湖大橋を超え、南湖脱出~。
半日やって、息子はノーキャッチ状態なので、何とか釣ってもらおうと、
ここなら、ギルやレギュラーサイズのバスが居るでしょ!って言う2mレンジ(ハードボトム+パラウイード)を息子にライトリグで探ってもらいます。

私は、釣らないように、外れた場所へオチアユWPを投入。
息子を見ながら、何投かしていると、視界の横でオチアユWPを突き上げるバスが!
「え~っ!」って一瞬思いましたが、体はしっかりと反応し、あわせています。
それも結構、いいサイズみたい。

オチアユWPで60cmジャスト来ました!!

d0145899_2254377.jpg

息子は以前からロクマル見たいって言っていたので、私以上に大興奮。(喜)
アフターのバスであまり重さはなさそうでしたが、ウエイトを量り忘れました。(笑)
釣れたのは、どっピーカンの真昼間!(時間は12:30頃)
TOPでは出ないでしょ!?って思ってしまう状況でもバイトさせられるルアーなんですよ、
オチアユWPは!

後は、息子に釣ってもらうだけなんですが、いい場所も見つからず夕方に・・・。(悲)
しかし、最後にチョイスしたエリアがこの窮地を救ってくれました。

d0145899_22562070.jpg

ここで、息子はカットテール4inchで40cmUPを含む3本のバスを立て続けにキャッチ。
私も、少し外れた場所をヤマセンコー4inchで探ってみると48cm、43cmをキャッチ。

これは、行ける!って思っていたら、ゲリラ豪雨。
一旦、橋の下に避難、携帯で雨雲レーダーを確認するとまだまだヤバイ雲がやってくるようなので、安全第一ってことで終了としました。
息子は不完全燃焼なので、また近い内にリベンジです。

toccyさんの釣果報告で、西根さんが「実はこの時期にオチアユWPがハマる条件があるんでしょうか?」とコメントされていますが、私も、オチアユWPがハマる条件はよく分かりませんが、今です!(笑)
正確には、5月中旬~11月初旬くらいまで長く釣れ続けるルアーです。

不思議なのは初期プロトの時から、ドっピーカン、ベタ凪、真昼間であろうと何か条件(これがよく分かりません)が揃っていれば、お構いなしにバイトしてくることです。

なので、とにかく投げてみるべしってことです!

以前にも書きましたが、オチアユWPには色々な使い方がありますが、何といってもお薦めは、ただ巻き!
巻きスピードは、オチアユWPが水面直下を泳いでくるように、スロー~ミディアムリトリーブくらいで。

どこで使うのかっていうと超お薦めは、オチアユWPがギリギリ通せるような水面直下までウイードがあるエリア。
後は、水面にウイードが顔を出しているエリアはそのエッジ付近。

また、朝夕など、ベイトを活発に追っている状況やローライトコンディション(しとしと雨なら最高!)なら、ウイードの有無に関わらず間違いなくバイトしてきますよ!

西根さんの釣行記では、かなりのうねりの中でもBIGスモールがバイトしていました(驚)が、琵琶湖では、ベタ凪からさざ波程度の方がGOODな感じです。

ウイードの上や脇にオチアユWPを通してやると、きっと突き上げるようなバイトを味わえるはずです!(このバイトは病み付きになりますよ!)

バスが隠れられる(身を潜められる)シェード付近を通すってことが重要なので、ウイードがない場所なら岩や、水門、橋脚などでもOKと思います、後はオチアユWPが持っているパワーで勝手にバスを引き付けてくれますから。(笑)
他のTOP系やミノー系には無反応なエリアでも、オチアユWPには反応するといったことがよく起こりますので、ウイードが水面直下まであるエリアでは、
皆さんもオチアユWPを試してみて下さいね!

《使用タックル》

【TOP系用】
ロッド:サイドワインダー ボアコンストリクター
リール:アンタレスDC7
ライン:マシンガンキャスト20lb
ルアー:オチアユWP、デカビーツァウェイク、スーパーチナイなど

【キンクー13inch用】
ロッド:サイドワインダー バレットショット
リール:アンタレスDC7
ライン:おおのオリジナルフロロ4号

【ベイトフィネス用】
ロッド:おおの アリヴェール ベイト ダンス(プロト)
リール:REVO LTZ AE74-Racing
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 8lb
ルアー:キンクー7inch、ヤマセンコー4inchなど



稲吉さん、ありがとうございました!

オチアユWPでビッグフィッシュキャッチ嬉しいです!(喜)

稲吉さんも書いて下さっているのですが、オチアユWPがハマる条件。
何がトリガーになっているのか僕もわかりませんが、異常に効く時があるので、とにかく試してみるのが最良と思います。
経験上、オチアユWPが効く条件に遭遇したら、他のタイプのハードルアーには見向きもしない事もありますので、ルアーローテーションの一環として、自分も必ずオチアユWPを試してみています。

昨日もエリー湖に出てきたのですが、昨日はオチアユWPへの反応はイマイチで、フォローはあるけどバイトまで至らないという感じ。
それらのオチアユWPに食いきれないスモールマウスに対しては、ジャークベイトでリアクション要素を加えてやる事によって口を使ってくれるようになりました。

そして、オチアユWPにフォローしてくるバスに対しては、準備しておいたソフトベイトでフォローバイトを狙うというのがパターンでした。
これはポールさんから教わった方法なのですが、広範囲のフラットに散っているスモールマウスをオチアユWPやジャークベイトなど、集魚力満点のルアーで寄せ、テンションが上がった状態のバス君をフォローベイトで仕留めるというのはエリー湖のようなフィールドでは極めて有効なテクニックですね~。

ラージマウスバスが主体の日本フィールドで使える技かどうかはわかりませんが、是非試してみて頂ければと思います。

って、話が脱線しまくりですが(汗)、とにかくオチアユWPを投げてみて頂ければ幸いです!

それにしても、稲吉さんの息子さん、大きくなられましたね~。
この裏日記にも、何度も登場して下さっているのですが、写真を拝見させて頂く度にご成長されてて、ほっこりとした気持ちにさせて頂いております。

ファミリーフィッシング、最高ですね!!


稲吉さん、素敵な釣果報告を頂きありがとうございました!
(バス君の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-08-12 23:21 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/19456736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31