Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 『BC州H湖にてNLWスモラバ炸裂!』

ブログの更新がままなっておらず、ご紹介の機会を逸しておりましたが、チームBCのPDBさん&Takaちゃんより釣果報告です!

今年の春、H湖でNLWスモラバが絶好調だったそうですよ~♪

■ 釣果報告その1(PDBさんより)
d0145899_2313065.jpg

5月3日 7時半~3時
H湖
雨のち曇り
気温:10-14度
水温:17℃ max
水質:軽い濁り

スモラバ君がまたまた良い仕事をしてくれたのでリポートします。
いつものパターンで巻物ながら流して探って行きますが全くの無反応。
毎年この時期なら伸びてきているウィードも今年はまだほとんど生えていなく、魚が付くカーバーがプアー過ぎるのでドック撃ちに作戦を変更(目に見えるカーバが無い所を釣るのは苦手)。

最初はスモラバ+ゴビーでスローに落としてドックの周りを撃って行きましたが反応無し。
フォールスピードを上げる為に7gの直リグのシンカーをスモラバにセットし、トレーラーもボリュームを出したかったのでドライブクローの5インチをカットした物に変更。
そして答えは直ぐに出ました。

d0145899_233243.jpg

一発目、50cmの2.25kg、二発目はさらにでかかったのですが計測と撮影前にバスを水につけていていたところ逃げられてしまった(暴)。

d0145899_2341941.jpg

その直後ルアーをレギュラーサイズのNLWラバージグにチェンジして49cmの2.17kgが釣れました。

実はこれ以外にもスモラバで二本、自分のフックキングミスでばらしています。
まだまだ修行が足らないようです。

こちらはこれからスポーニングシーズン本番ですが、これからの時期もスモラバ君は活躍間違い無しです。

タックルデータ:
ロッド:タトゥラー 7’2” 721HBF
リール:タトゥーラ 100HSL
ルアー:NLWスモラバ
トレーラー:ドライブクロー5インチ改
ルアー:NLWラバージグ
トレーラー:ジャスターホグ4.3”
ライン:PE40lb + フロロ16lb



■ 釣果報告その2(Takaちゃんより)

d0145899_235367.jpg

釣果報告です。

春の進行が早い今年のH湖では、5月で産卵が始まってます。例年より一月ほど早いかな。

大雨と高気温で急激に増水したせいか、ウィードの成長がついて行けず、シャローに差してきた魚はほとんどがボートドックとその周りのベジテーションに入ってる感じ。(この前の段階の魚は今だ何処に居るのか解んない)
そこ以外の場所では、何をやっても全く無反応。
かと言って、ドック撃てば必ず釣れると言うわけでもなく、前日の夕方と先週は完全沈黙でした。

今日は数本目のドックで表層にサスペンドして居るやつを発見!

すかさずストレート系のワームを撃ち込むが相手にされず、沈下速度が重要?って思っていたら、次のドックでPDBさんがデス6インチノーシンカーで49.5cmその後すぐ、ちょっとオープンなエリアで47cm。

d0145899_2361555.jpg

ゆっくりがいいみたい!

自分はNLWスモラバとゴビゾーで。いい感じに湖底に向かって泳いで行ってくれますねー。
ちょいステイ後のワンアクションに出ました。48cm2kgジャストでした。

d0145899_2371743.jpg

d0145899_2374111.jpg

ゴビーはここでも多く見かけるので、出番は結構ありそうです。
て言うかハゼ科の魚は何処にでもいるのかな。

その後は撃っても出ないので、ダブルプロップならドックの外まで出てきそうだなーと思って、デンプシーテールのブレードレスを通すと本当に出てきた!
ただ距離が近すぎて気づかれた!
思いっきりスイッチ入ってただけに残念。

今日もいい魚に会わせてくれてありがとうございます。

Taka



PDBさん&Takaちゃん、ありがとう!!

すんげぇいい魚!!(H湖スゲー!)

H湖ですが、僕の知る限りですが、ラージマウスバスのクオリティーに関しては、たぶんカナダトップレベル。
でも、難易度もたぶんトップレベル。(笑)

ボウズとか日常茶飯事ですし、バスの気配が消えた時なんて、マジでH湖のバス君達全滅しちゃったんじゃない?なんて状況も時もしょっちゅうあります。(汗)

PDBさんやTakaちゃんとか、かなりコンスタントにビッグフィッシュをキャッチしてますが、これってマジで凄いと思います。(凄すぎ!)

H湖の難しさの理由として考えられるのは、バスの個体数の少なさ。
そして、H湖に生息する膨大な量のベイトフィッシュ達。
あくまで自分が感じている事ですが、何時でもやすやすと餌を獲れる環境の為、オン状態になっている時間が他の湖に比べて短く、そしてストライクウィンドウも狭いように感じます。

なので、場所、タイミング、パターンの全てをドンピシャでアジャストして行く事が何より大切ですし、それがH湖での難しでもあり面白さでもあると思います。

そんな難易度の高いフィールドにボウズ上等!と果敢に挑み、ビッグフィッシュをキャッチしまくっているチームBCかっこええなぁ。

d0145899_23265781.jpg

チームBCの出撃艇でもあるTaka丸。

昔Takaちゃんが誰かからタダでもらったというディンギー。
僕もBC時代に大変お世話になった船で、たしか全長9ftだったかな~?

チビッコ船ですが、正直、そこんじょそこらのバスボートよりもよっぽどビッグフィッシュの水揚げ量が多いんじゃなかろうかと思います。(笑)

PDBさん、Takaちゃん、これからもTaka丸でH湖のビッグフィッシュを釣りまくってね!!
釣果報告ありがとさんでした!!
by nishinelureworks | 2014-06-16 23:46 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/20817143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30