Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ナベちゃんレポート 【秋 難しいっす】

最近、製作作業に追われて、ニシネヒーコラワークスなワタクシ。
頂いている釣果報告のご紹介も滞りまくりで申し訳ありません。m(__)m

ってな訳で、これからしばらく釣果報告をさせて頂きたいと思います。

トップバッターはナベさんから頂いたナベちゃんレポートです!!


【秋 難しいっす】

良い釣りしてますか? お久しぶり(汗)なナベちゃんでございます。

今年は早すぎた?秋に翻弄されまくりでございまして、8月以降連発する台風で私の住む神戸周辺も猛暑日の無い夏というか、日照時間も少なく、お盆あたりからは週末ごとにやってくる台風の影響もあって8月半ばから秋っぽい状態。
状況変化に中々上手く対応出来ず、そのままの流れで苦労しつづけで晩秋を迎えることとなってしまいました。

台風がらみでの大雨連発=水位変動急、大増水、水質悪化、高水温で安定せず といったことで去年の盛夏の釣り方、エリア、ポイント等が全く機能せず、元来なら特定の過ごしやすいところに固まるであろう真夏なのにフィールドが不安定な為に魚も散らばってしまうといった状態だったのでしょうか。 

釣り方も釣れ方も8月以降不安定な状況が続いて今に至っております。

ただ、そんな苦しい状況下、釣行回数自体も台風等で減少気味ではありますが、自分の中で基軸となる釣り方で分かりやすいストラクチャーやカバー等をきっちり精度高く狙っていくと、居るべきところには居るものでボロリンと良いサイズのバス君に出逢えております。

d0145899_23142471.jpg

ちょっと古いですが8月下旬にだだっ広いミドルレンジフラット(1.5mくらいかな)の中にポロっと存在している密かなブレイクをプロトのデカスパイダーでみっちり探っての45cm君。


d0145899_2315744.jpg

こちらもちょっと古いですが8月下旬 対岸のオーバーハングの際々(減水時に見たら水中にも倒木)に自画自賛のパワーピッチングが決まってフォールしてたらガッツーン!
プロトのデカスパイダーでの50up君。


d0145899_23161127.jpg

こちらは9月中旬 ブレードクランクでの40up君


d0145899_23165539.jpg

続いては9月下旬、プロトのデカスパイダーの野池のちょい深エリアでの超スローズル引きでの47cm


d0145899_23173624.jpg

そして10月上旬の これまたデカスパイダーの超スロー引き&放置での44cm君


と、駆け足で8月中旬から10月上旬までの状況見てみましたが、水質が安定しない中で水中の変化を丹念にゆっくり狙う釣り方が非常に難しい状況下、ある程度釣果をもたらしてくれたなあといったところでしょうか。

水の濁りが激しい中、ちょっと大きめのトレーラーをつけたプロトのデカスパイダーでアピールしながらカバーもしくはブレイク等の水中の変化をきっちり探れたときはそれ相応の釣果が出てます。

しかし これが10月中旬以降 最低気温一桁台が続出してくると更に状況が悪くなり、更に苦戦することとなります。

てな訳で10月30日の釣行を振り返ってみます。

前日、前々日も含めて冷え込んだ日、久々に一日フリーフィッシングってことで冷え込みも考慮して朝一は若干深い目の池に直行。(事前に数週間前までの大減水から一気に満水まで大増水しているとの情報から)

最初は軽くトップやディープクランク(と言っても野池なので3mあるなしの水深ですが)で探り こりゃあ簡単ではないなということで、速攻で自分にとっての伝家の宝刀とも言える NLWスパイダージグ&ピッチンスティックのコンビを投入。

d0145899_23191755.jpg

中層をボケーッと引いて可愛い子ちゃんと40up君キャッチ

その後、日が昇ると共に中層から上では全く反応が無くなったのでゴビゾー君のジカリグ(5g)に変更してボトム狙いに切り替え。

d0145899_23201115.jpg

普通にフラットボトムを広く探っても反応が無いので特定のピンの沈み物?固定物?なちょっと大き目のボトム変化を直撃して軽くシェイクしてあげると40cm弱をあっさり2匹キャッチ。


とりあえず、4匹キャッチして移動予定時間になったので移動したのですが、当日及びその前々日から朝一の気温は一桁台、日中は軽く20℃超えという、いわゆる水がひっくり返るという状況が見事に出ていた割には特定な場所に固まっていて、特定な釣り方には反応してくれるバス君をきっちりキャッチ出来たかなという最初の池での印象でした。

そして所用後、午後に出向いた池はここ最近非常に状況が厳しい池で、出ればそこそこサイズは出るけど8月中旬以降本当にアタリが少なくなっている池。しかも減水で前回と状況変わり過ぎ。

最初はワンド内やクビレ状になって水深の変化があるエリア(過去実績の高いエリア)でカバー等を過去実績に基づいて、あれこれ試してみたのですが全く無反応だったので、だだっ広いフラットエリア(1.5~2mくらい?)に移動して広くリアクションで探ることに作戦変更。

だだっ広いエリアの中に、実はちょこっとだけある目立たないブレイクに狙いを定めてジグ、ジカリグでまずは探りを入れます(これはブレイクを探す作業でもあり、正直最近の酷い状況では喰わせ系の釣りでの反応はあまり期待していない)

想定通り全く反応もないので、その後は延々クランキング縛り状態。
最初は複数種類の2mちょいダイバーでブレイクに当てながら、スローだったり早巻きだったりで色々探ってみましたが無反応。

こりゃあ困ったな状態で、何すんべか?と悩みながら色んなクランキング試していた際に、ふとBasser誌のヒロ内藤さんの記事を思い出し中層高速クランキングを思い立ち、ボックスを覗くと昨年秋のH-1GPで来日したスキートリース様がキャッチしまくっていたチャートリュースシャッドカラーを発見。

悪化した水質、水色にいかにも合いそうだったのでRC2.5をフルキャストしてブレイクの真上を超高速巻きしたところキャッチャーミットで剛速球をズンッと受け止めたかのような重い衝撃!

d0145899_2324565.jpg

途中見えてきたところ皮一だったのが見えたので、珍しく「これを獲らな男になれへんがね」と超慎重に対処してキャッチしたのが50upのクオリティフィッシュ!

結局この1匹で最後になったのですが自分の引き出しが一つ増えた嬉しい魚となりました。


で、調子にのって11/2に早巻きクランク45分1本勝負の朝練に行ったのですが沖のブレイクが無反応ということと若干当日自体は雨がらみで寒さが和らいでいたということもあって、岸際超早巻きクランキングを試してみたところブレードクランクで44cm君!

d0145899_23254336.jpg

後ろの画像水面が泡ブクでトロントロンぽいのがお分かりかと思います。

水質悪くてタフったときの高速リアクション釣法 結果が見事に伴ってきたので困った際に一つの手駒になりましたね。
是非皆様も晩秋のタフコン下で試してみて頂ければと思います。



渡辺さん、ありがとうございました!

すっごい釣果ですねぇ。(流石だ)

ハイプレッシャーなフィールドで、これだけコンスタントに40UP&50UPキャッチってホント凄い事だと思います。

今年より試してみて頂いているデカスバイダージグのプロトも好発進との事でホント嬉しいなぁ。(喜)

そう言えば、渡辺さんから今回のナベちゃんレポートと合わせてご報告頂いたのですが、ずっと使い続けて下さっていた初代スパイダージグ(ノーマルサイズ)が遂に根掛かり殉職してしまったそうです。(涙)
このジグの初号機って、たしか2010年の5月だったと思うので、丸々4年以上生き延びてくれたことにビックリ。(驚)
それにはもちろん、渡辺さんの釣り技術の高さもあると思いますが、”とにかくカバーに強いジグが欲しい!”というこのジグの目的を達成できたのではないかと思います。

ちなみに、この初号機ですが、酷使の結果、塗装は剥げ、下側のラバーが擦り切れて無くなっていたとの事でした。想像するに、ラバーが減る事によって障害物の隙間に挟み込まれやすい状態になっていたんでしょうねぇ。

渡辺さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2014-11-13 23:42 | なべちゃんレポート | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/21299220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31