Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

魂のビーツァ復活!!

かねてより進めておりましたビーツァシリーズの復活作業。
製作に大変時間が掛かり申し訳ありませんでしたが、先日ようやく第一陣が完成し、現在日本に空輸中です。

d0145899_19282034.jpg

ビーツァシリーズと言えばNLWの原点。

ビーツァの【鼓動】を復活させる事・・・・それはNLWにとって最も大切なルアーをまた再び世に送り出す事。

復活させるなら、このルアーをもっと改良する事はできないか?
正直、ビルダーとしてそんな気持ちもありました。

が、このルアーはこれ以上いじるところが無い超熟成域に到達している事もあり、変に手を加える事はせず、以前そのままの形&バランスで復活させる事を最重要課題としました。

今年の3月に10周年を迎えるNLWですが、10年前、BC州の海でクロソイ相手に開発を始めたビーツァが、その後熟成に熟成を重ねて、超熟成域まで到達出来たことにビルダーとして大きな喜びを感じます。


10年経っても20年経っても釣れ続けるルアーを作りたい。
それが自分の目標でもあるのですが、自分の孫が釣りを始めた時、

”ジーチャンはなー、昔このルアーで釣りまくったんだぞっ!” と、孫が使う最新鋭のルアーに釣り勝ちたい。

それが僕の夢の一つでもあります。(笑)


10年前、食い物にも困るような状態の中、試行錯誤を重ね、必死で完成させたビーツァと言うルアー。

BC州の海でクロソイにルアーを鍛え上げてもらった事・・・。
グシャグシャの牡蠣パイル相手にスナッグレス性能を研究した事・・・。
当時乗っていたピックアップトラックで山に入り、針葉樹林の真っ只中の山上湖でカットスロートトラウトを釣りまくった事・・・。
形になったビーツァを携えてバンクーバー島の湖に遠征し、スモールマウスを狙って凄まじい釣果を得た事・・・。

目を閉じると、そんな様々な光景を今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

そして、このルアーはその後、魚達との沢山の出会いはもちろん、沢山の人達との出会いも紡ぎ出してくれました。

沢山の出会いを作ってくれたビーツァに感謝、そして、このルアーを世に送り出した10年前の自分に感謝。
これからもそれに恥じないモノ作りを続けて行きたいですね。


今回の復活にあたって、どんな色に仕上げようかワクワクしながら作業を進めたのですが、せっかく久しぶりの製作なので今までビーツァに無かった色を塗ってみました。

■ Bluegill Male / オスギル
d0145899_1228539.jpg

d0145899_1229797.jpg



■ Alewife / アルワイフ
d0145899_12294912.jpg

d0145899_1230247.jpg


オスギルとアルワイフの2色!

塗ってみて思ったのですが、扁平ボディー系のビーツァには、やはりこの系統の色はかなりマッチしますね~♪ \(^o^)/

久しぶりのリリースとなるビーツァM7。
昨年末から続く手首の不調もあって、一時に沢山作れない状況にありますが、これから時間を掛けて製作し続けて行きたいと思います。

順調に行けば、今月末~来月頭には取扱店様に並び始めるかと思いますので、もうしばしお待ち頂ければ幸いです。

取扱店様および問屋様には、近日中にご案内を差し上げますので、何卒宜しくお願い致します。
by nishinelureworks | 2016-01-23 20:56 | Beatour | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/22808215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30