Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 【【ビーツァM7で61.5cm、10lbオーバーをキャッチ!!】】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました~!

前回の釣行記では、まさかのNLWルアーの出番なしという面白すぎる内容でしたが(笑)、今回はNLWルアーできっちりキャッチして下さいました。
しかも、ロクマルクラス10ポンドオーバーというマグナム級!!

稲吉さん、凄すぎる~!!

d0145899_2212594.jpg

【ビーツァM7で61.5cm、10lbオーバーをキャッチ!!】

こんにちは。

3月25日(土)の琵琶湖(南湖)での釣果報告です。

朝の水温は1週間前より約1℃上昇しており、約10℃。

まずは、気になるミドルレンジ(3.5m前後)のエリアをKB105DRやデカビーツァダイバーやブルフラット3.8inchのTXで軽くチェック。

反応がないので、シャローのリップラップもまだ早いかなって思ったけど、念のためビーツァM7でチェック。
濁りが入っていたのでカラーは、ビビッドタイガーをチョイス。

M7をボトムに当てながらスローリトリーブしていると、根掛かり?と思ったら、急に魚が走り出しハンドルを巻くもドラグが滑って空回り(汗)

頭によぎったのは春先に、毎年数回は格闘するヒゲのある方の登場か?(汗)
しかし直ぐに、BIGサイズのバスであることは分りました。

慎重にやりとりしてキャッチしたのは、61.5cm(4810g)のBIGサイズ!
d0145899_2244881.jpg

d0145899_225590.jpg

しかも、ビーツァM7は丸呑み状態でした。
d0145899_2262770.jpg

ありがとう、ビーツァM7!、ありがとう、西根さん!、ありがとう、アリベールベイト69ダンス!
お陰さまで、メチャメチャいい魚をキャッチできました!


その後もリップラップエリアを流してみましたが、ビーツァM7に1バイト(私のヒッキングミス)とファットブル8には、はじかれるようなバイトがあったのみ。

一緒に行った息子の郁人はビーツァM7ではバイトがないので、シャッドシェイプワームのDSを試していると、42cmをキャッチ。
d0145899_2273437.jpg
(高校の合格祝いにプレゼントしたロッドに入魂完了!)

一旦、シャローをやめディープエリアに移動。
スイミングマスターやライトリグを試してみますが、ノーバイト。

先週、好調だったトレジャートラップにチェンジ。
しかし、2バイト1キャッチ(30cm後半)のみでした。

15時過ぎから、もう一度シャローのリップラップエリアをビーツァM7やコンバットクランク180などでチェックしましたが、魚の動きが掴みきれずノーバイトでした。

水温も10℃を超えてきていますので、ビーツァM5&M7、ブレードクランクM5Rなどへの反応が良くなってくると思います。

エリアやシチュエーションの違いによって一概には言えませんが、下記は私がBESTと思っている使い方&フックです参考になるようでしたら、試してみてくださいね!

d0145899_2293484.jpg

【ビーツァの使い方】
春先はリップラップエリア以外でも基本、ビーツァM7はスローリトリーブ、M5は高速リトリーブって感じで使い分けています。
喰わせのM7、リアクションのM5って感じです。
リップ形状・角度の違いにより、M5はリップラップを躱してくれやすく、M7はリップラップに刺さりやすいことも、上記のように使い分けている理由のひとつです。

【フックについて】
今のところ刺さり、強度共に抜群と思って装着しているのは、写真のガマカツのトレブルSP MHの#6やトレブルRB MHの#6です。

それでは!

《使用タックル》
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:ビーツァM7、ブレードクランクM5Rなど

ロッド:ノリーズHB760M
リール:ジリオン SV TW 1016SV-H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 16lb
ルアー:ビーツァM7、ファットブル8、KB105DR、デカビーツァダイバーなど

ロッド:Deps スラップショット
リール:ジリオン SV TW 1016SV-SH
ライン:スーパーハードストロング16lb
ルアー:トレジャートラップ+スイングインパクト3&3.5inch、スイミングマスター5/8oz+スイングインパクト

ロッド:FDアンリミテッド274M
リール:セルテート2506
ライン:バウオ スーパーハード プレミアプラス 6lb
ルアー:ヤマセンコー、プロセンコーなど



稲吉さん、ありがとうございました!

ロクマル10ポンドオーバー、めっちゃ嬉しいです!!
丸のみ写真を拝見させて頂いてビックリしたのですが、ロクマルクラスになると、こんな口がデカいんですね~~!!
いやぁ、マジ嬉しい~~!!(喜)
稲吉さんはやっぱ凄いなぁ。

今回の琵琶湖TEST釣行記で書いて下さっておりますが、稲吉さん的ビーツァシリーズの使い分け&フックセッティング。非常に参考になりました!

稲吉さんが仰る通り、M5はスピードを上げてカバーに当てると、ポーンポーンと跳ねて躱してくれるので根掛かりが減ると共に、そこでリアクションを狙う事も出来ます。

M7はたしかにM5に比べて刺さりやすい傾向にありますので、食わせ重視の遅巻きと言うのは理に適ってますよね。
かと思えば、モギハノンは高速クランキングでM7を使う事が多いみたいですし(記事)、同じ琵琶湖と言うフィールドでも、使う場面やシチュエーションで色々あるんだと思います。

同じM7でも、スロー系の稲吉さんに、高速クランキング系のモギハノン。
非常に興味深いですね~!(奥が深い!)

ビーツァシリーズは、今の時期マッチする事が多いと思いますので、チャンスがありましたら是非試してみて頂ければ幸いです♪

稲吉さん、素晴らしい釣果報告ありがとうございました!
そして、郁人君、高校合格おめでとう!(祝!)
やったね!!\(^o^)/
by nishinelureworks | 2017-03-29 22:42 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/24031113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30