Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 兵庫野池 Blade Crank M5R & Beatour M5

またまた兵庫の渡辺さんから釣果報告を頂きましたぁ~!!!

GWのハイプレッシャー下の中でも、相変わらずコンスタントに40アップを釣られています~♪

しかもオカッパリで・・・・。

しかもドアフターのタフコンディションで・・・・。

これって凄い事ですよね。

ナベさんおそるべし!!(笑)

d0145899_795145.jpg

この写真はビーツァM5(ブラッディーシャッド)で釣れた40センチ強!!

d0145899_7103100.jpg
そして、この写真はブレードクランクM5R(チャートリュースシャッド)で釣れた42センチ!!



渡辺さんから頂いたコメントを下記のご紹介させて頂きます。


子供の相手で忙しく、なかなか釣り場へ向かわせてもらえないGWの家庭環境の中、5/5、5/6と二日間、早朝朝練で通算 約4時間程いつもの釣り場へ出向いてきました。

初日は狙いたいエリア一帯にヘラ師の方々が大挙陣取っており、いきなり苦しい展開。

しかも最近雨が少ないせいか、減水気味で妙に水が澄んでいて、過去の経験上タフるのがお約束な状況。

実際、いつものごとくでブレードクランク引き倒すも反応がなく厳しい状態。
ちょいと浮気してワームでのライトリグに手を出すと25cm~30cmクラスはポロポロと出る状況。

ヤバイ、こんな退屈な釣りして時間使って退去時間迫りまくり。

そやっ こんなときこそ、ビーツァ君活躍させたらなってことで、ビーツァM5のブラッディーシャッドでシャローをジャーク&ストップで攻め、なんとかスリムなアフター君40cm強をキャッチして初日終了。



翌日は、ヘラ師さんではなくバスフィッシャーマンさん軍団に狙いのエリアを占拠されてしまっており、前日と同じ釣りでビーツァM5のブラッディーシャッドで35cmクラス2匹他、ワームのライトリグで25cm~30cmクラス5匹程。

ちょいと前までは完全にスポーニングに依存したエリアで釣れていたけど、このGWからはドアフターと回復系が入り混じったまだちょいと難しい状況で、バスのエリアはネストを守るオスバスを除いては、かなり幅広くベイトと一緒に動いてるバスや、ストラクチャー依存型に少しずつなってきている感じ。

ラスト10分で狙いのストラクチャー周りが空いたので、速攻入って1投目にジグヘッド入れて40cmをキャッチ。

2投目に、ブレードクランクのチャートリュースシャッドスローリーリングでブリリーンとスリムな42cm君!

先客が叩きまくって全然釣れていないスポットに、後から入ってハードルアーで簡単に釣れると快感ですねえ。(僕も快感デ~ス、笑。コメントBy西根)

プリのバスはブレードクランクの重波動&ブレードのアピール、アフター回復途中はビーツァのヒラヒラ軽やかアピールで、今後回復が進んできたらビーツァとブレードクランクのいやらしい複合攻撃で楽しんでいけそうです。


渡辺さん、ありがとうございました!

うれしぃ~~~!!(喜)

野池でもシーズナルパターンの需要さを改めて再確認しています。


またのご投稿を楽しみにしておりま~す!!
by nishinelureworks | 2008-05-09 07:29 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/7866023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31