Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 兵庫野池 Blade Crank M5R

毎度おなじみの兵庫の渡辺さんから釣果報告を頂きました~!!

益々厳しさを増すフィールドコンディションの中、今回はブレクラ・チャートリュースでミドルサイズが釣れたそうです!!

d0145899_433755.jpg
渡辺さんとしては珍しい?(笑)チャートリュースシャッドの登場!!(それをお聞きするだけで苦労の程が窺い知れますね)

渡辺さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きます。

8/10(土)
朝AM4:50で気温28℃ いつもの朝練池は水位は平常水位を維持してるがもう見るからに水がトロントロン。

ボウズ逃れでいきなり超弱気に初っ端からライトラバージグ投入・・・・が全く無反応、ヤバし。

次に冬場以来超久しぶりにダウンショット投入・・・・激無反応。

開き直っていつもの通りのハード系戦略でボトムをスローに探ったり、中層タダ巻きしてみたり、トップも出したが全く、激無視。

どうせボウズならば一番好きなルアー引き倒せ!とばかり、ブレードクランク:ブラッディーシャッドを引いた後、ふとカラーチェンジをしてみると、ポロンと嬉しいミドルサイズのバス君がチャートリュースシャッドのブレードクランクにヒットぉ。

沖の取水塔の中層をストラクチャーにぶつけながらの早巻きで、サイズは35cmクラスながら嬉しいバス君でした。

真夏の沖の中層サスペンドってライトリグのフォーリングが定石なんですが、その釣りで反応しなかったバスをも口を使わせてしまう、ブレードクランクのアピール性能には日々驚かされています。

ほんと、水上からライン見てると左右にチドリまくってます。

今回のバスって基本的に中層でボケーッとしているバスっていわゆる夏バテ気味の食欲ゼロなバスなんでしょうけど、あえて強い釣りでカラーチェンジも交えながら強気に攻めてみると突破口が開けるのかも知れませんね。



渡辺さん、ありがとうございました!!

ところで、今回の渡辺さんの取水塔に付くサスペンドバス攻略って、先日こちらでご紹介させて頂いた、塚本謙太郎さんのフラットサイドクランクによる縦スト攻略とリンクしますね~。

季節的にはまだまだ厳しい日が続くと思いますが、これからもう少し季節が進んで秋めいてくるとブレードクランクのチドリアクションが激ハマリする時がありますので試してみて下さいね~!!

マジ、ヤバイ時がありますから。(笑)




ところで話は全く変わるのですが、この度正式に渡辺さんにNishine Lure Worksフィールドテスターに加わって頂く事になりました。

これからもフレッシュなフィールドの声を届けて下さると思います。
渡辺さん、これからも宜しくお願いしますね~!
by nishinelureworks | 2008-08-12 04:10 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/8434207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30