Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 琵琶湖 KB105DR

稲吉さんから釣果報告を頂きました~!!!

秋のディープクランキングシーズン突入です!!

50アップ2連発!!

うおぉおおおおおお~~~!!!!!

さすが稲吉さん!!(脱帽)

d0145899_164566.jpg

いよいよKB105DRが本領を発揮するシーズンに入ったかもですね~♪

稲吉さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね。

台風が琵琶湖をかすめていったことで、水位も12cm位上昇し、放水量も増加しているのでメチャメチャ釣れるんじゃないかな?って思い琵琶湖に行ってきました。

もちろん、メインプランは最近好調なデカビーツァと前回良かったトゥルーライフスイムベイトのブルーギル!

しかし、デカビーツァ&トゥルーライフスイムベイト(ブルーギル)を投げてみたがノーバイト!(悲)

どうやら、増水したことで先週までの状況とかなり変わってしまっているようです。(泣)

水温を見る限り、影響が出るほど下がってはいないようなんですけど。

バスのレンジが若干、下がったのかと思い、スピナベを投入。
すると、数投後、50cmUPがHIT!
しかし、ネットインする際、痛恨のバラシ!(泣)

このことで、バスのレンジが先週までより一段下がったと確信し、久々KB105DRを投入。

すると、数投後、HIT!

d0145899_195930.jpg

しかし、あまり引かないので小さいバスだと思っていたら、ゲロ痩せの53cmをキャッチ。


写真を撮ってもらった直後、またHIT!


d0145899_1102819.jpg

またもやゲロ痩せ54cm。(狙っているバスと違うんだけど~!)

その後、投げ続けてみたが、2バイトあっただけでした。

ちなみに、KB105DRはいつものウイードコンタクトではなく中層のただ引きで使用しました。(バスのレンジに合わせる為)

釣りを変え、ストレートワームのTXを投入。

しかし、スッポ抜けの連続(泣)、やっと掛かったGOODサイズはラインブレイク。(泣)

結局TXではMAX48cmまでしかキャッチできませんでした。

仕方が無いので、私の得意としているスティックベイトのジグヘッドリグ(最近はあまり投入しませんが)のミドストにチェンジ。

こちらも、30~40cm位がポロポロと釣れただけでした。

以上、惨敗な1日でしたが、KB105DRへの反応が良くなってきていることが分かったことが、唯一の収穫でした。

これから秋が深まるにつれ、KB105DRへの反応はますます良くなってくると思いますよ、西根さん!

それでは!




稲吉さん、ありがとうございました!!!

稲吉さんいわく惨敗らしいですが、僕的にはめちゃくちゃ嬉しいですよぉ~~~。(笑)

KB105DRをフィールドテストに投入したのはちょうど去年の今頃。

稲吉さんと色々試行錯誤を重ねながら少しずつルアーの完成度を高めてきました。

琵琶湖のディープグラスを攻略するにはどうしたらいいか、そしてビッグバスをバイトに持ち込むにはどうしたらいいか・・・。

初めて稲吉さんにお会いした時、稲吉さんのディープクランキングのお話を伺ったのですが、その時、もの凄いインスピレーションが頭の中を駆け巡ったんです。

”絶対凄いルアーが出来る!”

作る前からマジそう確信していました。

素晴らしい釣り人に出会えた時は良いルアーが出来ます。

やるべき事が明確に見えますから。

KB105DRは稲吉さんという素晴らしいテスターさんに恵まれなければ、生まれてこなかったルアーだと思います。(おおのさんありがとうございます!!)

そのKB105DRは現在、Type4まで改良が進み、現在Type5が太平洋の上を飛んでいます。

Nishine Lure Worksではルアーテストに最低限1年間のテスト期間を課しています。

シーズンを通してテストをしてみないと、改良点も浮き彫りに出来ないし、そのルアーのポテンシャルも見えてきませんからね~。

Type5がどうなるか、稲吉さんのご意見を伺わないと何とも言えませんが、かなり成熟してきている事は確かですので、来年には絶対に出しますよ~~!!!!(宣言)


後は生産工程をどうするか・・・・。

今の作り方だと、販売価格は軽く5000円~6000円を超えてしまうので、如何にこのクオリティー&性能を落とさないで現実的な価格に抑えることが出来るか。

KB105DRに限らず、ウレタンルアーって、言ってみればレーシングマシンを1個1個仕上げているようなモノなので、とにかく手間暇が掛かるんですわ~。(涙)

特にKB105DRの場合は、設計する時にとにかくルアーのポテンシャルを最大限に高める事しか考えていないので、構造も複雑だし、ボディーが大きいので製造工程は累乗で難しくなります。

まさにレーシングマシンですわ。

この冬は僕にとっても大きな挑戦になりそうです。

最高の結果を出し続けてくださっている稲吉さんの気持ちに絶対応えなきゃですよね!!


ちなみに昨年秋にKB105DRで稲吉さんがキャッチされたバスの写真を一部ご紹介させて頂きますね♪

d0145899_150244.jpg


d0145899_1503968.jpg


d0145899_1514188.jpg


d0145899_15205.jpg


d0145899_1523995.jpg



やばいでしょ?(笑)

たぶんヤバイルアーだと思いますよぉ~~。(笑)

稲吉さん、Type5のテスト宜しくお願いしますね!!
by nishinelureworks | 2008-09-29 02:06 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/8684644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31