Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告番外編 カリフォルニアンモンスター!!

今日は釣果報告の番外編でーす。

NLWルアーで釣れた魚ではないのですが、凄い魚なのでぜひ皆さんにも見て頂きたいと思いましてご紹介させて頂きまーす♪

投稿のヌシはカリフォルニアの友人、マキオさん!!

d0145899_3351437.gif

63センチ、11.5ポンド!!!!!!
うぉーーーーーーーーーーーー!!

なんじゃーこりゃああ~~~~!!??っちゅうぐらい太いバスですな~~。(笑)

マキオさんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

はじめまして、マキオと申します。

仕事の都合でカリフォルニアに引っ越して約半年。

アメリカは日本と比べてあまりにも情報が少ない(特に釣り!)ので、ネットに疎い私も、このブログだけは欠かさずチェックさせてもらっています。

カリフォルニアはデカバス天国だと期待して来たんですが、それは主に北のほうのお話。

サンフランシスコ周辺はデルタやクリアレイクなど超メジャーデカバスフィールドで溢れ返っていますが、ロス以南のエリアは水が乏しく、あるのは日本よりも小規模のダム湖か、完全コンクリート護岸の公園の池(レイクって呼ばれてますけど?)だけ・・・・。

ネストフィッシングでモンスターが釣れることはありますが、サザンカリフォルニアは大きな都市が多いのに釣場は超貧弱で、当然ながら普通の釣りは激タフ。

南湖通いをしていたので、こっちのレイクでも16ポンドラインでラバジをやってると、「10ポンド以上だと食わないぜ」って言われてショックを受けましたから。
ライトリグ、日本人より上手いかも(爆)

南カリフォルニアって雨がほとんど降らず年中似たような天気でメリハリがないので、スポーン以外に食い始めるキッカケがないんですね。
それで小規模の超クリア、超ディープレイクばかり。

想像以上の厳しい環境で、なかばデカバス狙いを諦めかけていました。



でも、めげずに修行を繰り返し、オヤジパワーが炸裂!!!

昨日ついにゲットしました、念願の超10パウンダー!!

d0145899_3402167.gif

ウ○コブリブリザエモンのロクサン、11・5ポンドありました。

さらに嬉しいことにコイツは、自作のビッグクランクで釣れました。

感動で、ほとんど昇天しそうでしたね。
このブログをお読みのハードベイターの方々には共感いただけるかと思って、ついつい西根さんに連絡させてもらっちゃいました。

でもデカバスって、パワーのあるハードベイトが好きですね。

アメリカに来て、ポイントも何もほとんど知らない釣場ばかりを釣るようになって、ハードベイトの可能性を改めて感じてます。

日本でも、もっとハードベイトの釣りが盛り上がってくれるといいのになぁ。

ちなみに使用ロッドはシマノのFH-TS172MHFとFD-TS1610MLFを使っています。
ハードベイトには、グラスかコンポジットの質の高いロッドは不可欠なので、この2つはオススメですよ~。



マキオさん、ありがとうございました!!

いやぁ、マジで凄いバスですね!!

お腹なんてヤバイぐらいパンパンだしぃ~。(笑)

しかもそれが自作クランクでのヒットと言う事になれば、感動の深さは格別ですよね!!

ライトリグ野郎達を尻目に、ハードベイトでこんな凄い魚をキャッチなんて痛快じゃないですかっ!(笑)

まさに感動バスフィッシング!!

うぉーーーーーー!!!

本当におめでとうございます!!




マキオさんとはかれこれ7~8年のお付き合いになるのですが、僕が知る中でも10指に入る釣りバカ、いえ、釣りウマ。(笑)

そして、その中でもぶっちぎりのパワーフィッシャーマンがマキオさんなんです。

基本的にはライトリグ野郎だった僕を、パワーフィッシングの世界に引きずり込んだ張本人でもあります。(笑)

そして、僕がファイナルディメンションを使い始めたのも、間違いなくマキオさんの影響ですわ~。(笑)



マキオさんもコメント下さっている通り、ハードベイトの釣りをとことんまで突き詰めると「グラスか質の高いコンポジットロッド」っていうのは一つの究極ではないかと僕も思います。

最近、マジでそう思いますわ~。

僕自身はトラウト釣りを長くやっていた事もあって、もともとしなやかな竿が好きなんですけど、グラスロッドやコンポジットロッドってホントにヤバイと思います。(特に最近のグラスロッドやコンポジットロッドって、昔とは比べ物にならないぐらい使いやすいですしね!)

高弾性ロッドとは操作の方法もクセも全く異なるので、最初は戸惑うかもしれませんが、こいつを武器に出来たらハードベイトの釣り(特にマキモノ)は全く違ってくると思いますよ~。


今回マキオさんがコメント下さっているシマノ社製の2本のロッドですが、僕はファーレンハイトのTS172MHFは触った事が無いので分からないのですが、ファイナルディメンションのTS1610MLFはこのブログでもちょくちょく書かせて頂いている通り、超溺愛。(笑)

本当に素晴らしいロッドだと心の底から思います。

FD-TS1610MLFには思い入れがありすぎて、また機会を改めて書かせて頂きたいと思いますが、もし釣具店で目にされる機会がありましたらぜひ触ってみて下さい。

クランキングの達人の方なら、その意味を瞬時にご理解頂けると思いますし、クランキング初心者の方にとっても、クランキングにはこんな竿が向いているっていうのをイメージして頂けると思います。

それとね、これは僕の経験なんですが、この竿はクランキングを自然と上達させてくれる竿だと思います。

上手く言えませんが、TS1610MLFって使い手をドンドン上達させてくれるような、そんな不思議な竿ですわ~。(笑)


あはははは、ファイナルディメンションの話になると、話が止まりませんな~~。

そんな話はまた別の機会に!!


マキオさん、改めておめでとうございました!!!

感動バスフィッシング万歳!!

オヤジバサー万歳!!

パワーフィッシング万歳!!

ハードベイター万歳!!

またデカイ魚が釣れたら教えてくださいね~♪
by nishinelureworks | 2008-11-08 04:47 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/8888700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31