Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 岐阜某所 Blade Crank M5R他

おりゃおりゃ~と本日2度目の投稿です!!(笑)

岐阜の直樹さんから釣果報告を頂きました~!!

またまた、ナイスフィッシュをキャッチされたそうです!!(喜)

d0145899_1325373.jpg

d0145899_1331514.jpg

d0145899_1332843.jpg

d0145899_1334281.jpg

ホント、連発ですねっ!!(凄すぎる!)

直樹さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きます!!

今日は約2週間ぶりに、釣りに行くことが出来たので、釣果報告させてもらいます♪

雨降りのなか、前々からやってみたかった、M3での水草攻略の釣り方を確かめるべく、
水面近くまで水草が生えてきてるエリアを選んで、M3の高速リトリーブで30センチクラスを1匹。
40センチぐらいのをフッキングミスで、その後は反応無し。

仕方なく、エリアを変えていつもどうりM5で流していくが、反応チョロッとで釣り上げる事が出来ず、

ラバジで岸際を打つと30センチぐらいのが、着底直後に食い付いてくるものの、
トレーラーがマッドパカだからなのか、フッキングできず。

雨がやみ風が吹き始めたので、ブレクラで流していくと、ライギョが3匹、40センチぐらいのバスが1匹釣れました。

そのまま流していくと、水中に四角い枠みたいなのがあるポイントに差し掛かり、
枠の上をスローに巻いてきたら、バスが口を閉じたままブレクラにアタックして、枠のなかに戻っていくのが見えたので、フォローでラバジを枠の中に入れたら、48センチが食ってくれました♪

この48センチはNLWのルアーで釣り上げたわけじゃないので、釣果報告しようか迷ったんですが、ブレクラがキッカケをくれたので、報告しておきます♪

西根さんとブレクラに感謝!!



直樹さん、ありがとうございました!!

相変わらずスカッとする釣りされてますね!!(笑)

今回の文章に書いて下さっていますが、ウィードなどのソフトカバーにM3はかなり相性が良いので試してみて下さいね。

ちなみに、M5はリップラップやウッドなどのハードカバーに強くなっています。

これは岡山のMさんからもメールでご質問頂いている事でもあるのですが、M5やSD85Fでカバー(ハードカバー)を回避するには2つ方法があって、

一つ目は、カバーに引っかかる前にリーリングを止めて、浮上でカバーを回避する。

そして、二つ目は、かなり勇気が居る方法ですが、カバーに当たる瞬間に更にルアーを加速して、ルアーを跳ねさせて回避させる、の二通りの方法があります。(これをM3でやるとガッツリ根掛りします)

どちらの方法でも、一番大切なのは、ラインがカバーに接触する感覚を感じ取る事。
ラインを通じて変化するクランクベイトのバイブレーションを感じ取るように注意してみてくださいね。

ルアーがカバーに接近していく状況を、正確に把握できているかどうかで、根掛りの確率は大きく違ってきますので。

上手く言えませんが、カバーにクランクベイトが近づいて行くに従って、ラインから伝わるクランクベイトのバイブレーションが徐々に消えて行き、引き抵抗がぬぬぬーーと重くなる感じ。


この感覚が分かりやすいのはディープクランクで、もし機会があったら、水中が良く見える場所で試してみて下さい。(ちなみにディープクランクの場合は、ぬぬぬーと重くなって、ルアーがカバーにコンタクトした瞬間にリトリーブを一瞬止めてやると上手くカバーを回避することが出来ます)


話が脱線しすぎですね。(汗)

直樹さん、ありがとうございました!!(何時も携帯からのご投稿ありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2009-06-09 01:52 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/9836404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30