Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 琵琶湖 デカビーツァでロクマル!

おりゃおりゃおりゃ~~~~!!と本日3度目の更新です!!

岐阜のToccyさんから、またもやキョーレツな釣果報告を頂きましたぁ~~~。

またもやデカビーツァでロクマルキャッチ!!

凄いですね~~。
またまた出ましたねーー!!

d0145899_2162852.jpg

一言、デカイ!!(喜)

Toccyさんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね。

久しぶりに琵琶湖に行って参りました!!

友人からの情報では南湖東岸のシャローエリアでは、ウィードがビッシリと生え揃ってると聞いたので、
「よ~し、ラバジをメインで行こう!」と決定。

とは言いつつ、当然ビーツァのデッドスローロールもやりたい。

そんなことを思いつつも、一昨日買ったばかりの(中古で)ジグロッドが使いたい。(自分的には、ここが大事。笑。)

そして、天気予報では今日の夜は東からの風と言う事も有って、普段のラインはフロロなんですが、
今回はナイロン16lbに決定。(詳しくは後ほど)

仕事を終えて、そのまま琵琶湖は南湖東岸のシャローエリアに19時に到着。

西根さんに頂いたデンプシーテールは初めてなので、速度と動きの感じや、フォールスピードを見てから
岸から斜めにキャストしながらスタート。

移動しながら流すも、ノーバイト。
その後、ビーツァもノーバイト。

ラバジはウィードが引っかかりすぎるんで、集中力が終了。(笑)

ここで前述の続きです。(ナイロンラインについての話)

東岸で、東からの風。
つまり、岸から50-80m位の地点までは風が全く当たらずに鏡面状態でハードルアーは厳しそう。

出来れば、その向こうの風で波立ったエリアを狙いたいから、どうしても遠投が必要。(だからナイロン)

掛けたとしてロッドが硬いためにバスが暴れるのを吸収出来ない。
それじゃあ、ラインで吸収しよう、でナイロン。

それともうひとつ。

出来るだけ風の当たらないエリアにプレッシャーを掛けないために、水に入るラインを少なくしたい。
それには、ロッドを高く上げて背中から吹く風にラインを持ち上げて貰いたい。
つまり、比重の軽いナイロンは持って来いなんです。

ここで、ちょっと考え方を変えて、食わすんじゃ無くて噛み付かせてしまおう大作戦??スタート。

ルアーは、飛距離とデカバスをイラつかせるには
ある程度のサイズも有ったほうが良いと思い、デカビーツァ!

斜め上空にフライぎみにキャストして、追い風に運んでもらうと風の当たってる水面に着水出来ます。

着水音は出来るだけ魚が跳ねたっぽく、パカーンやビターンって着水させて、しばしステイ。

その後、ロッドで軽くツンツン動かしてからロッドは立てたままで、ウィードに触らないようにリトリーブ。

こんな事を繰り返していると、そのうちに、デカビーツァの振動がスーっと軽くなったんで、

巻き合せしてみると生命感!やっぱり、魚だった。(やほ~!)


何度もエラ荒いを繰り返して上がってきたのは60cmジャスト!!

d0145899_222730.jpg

今回も丸呑み!!

う~~~~ん!! デカビーツァ最高!!!

琵琶湖も最高!!!!



Toccyさん、ありがとうございます!& ロクマルキャッチおめでとうございます!!(祝)

それにしても、ロクマルになると、デカビーツァを丸呑みできるんですね~。(デカビーツァがノーマルサイズのビーツァにしか見えんがな。汗)

タックルのセッティングからして、Toccyさん、明らかに狙って釣ってらっしゃいますもんね。

考えて釣る事の大切さを何時も考えさせてくださいます。

それにしても、何度見ても、ゴッツイ魚ですな~。(萌え)

Toccyさん、改めてありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-06-09 02:49 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/9836493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30