Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 福島野池 デンプシーテール85S

最近、NLWモニターに加わって頂いた東北の住民さんから釣果報告を頂きました~!!

デンプシーテールが福島の野池で炸裂しまくりだったそうです!!(喜)

d0145899_1543556.jpg

d0145899_154574.jpg

d0145899_1551915.jpg

d0145899_1553361.jpg

d0145899_1554839.jpg

なんと!デンプシーテールだけで40匹ぐらい釣られたそうです!!(むっちゃ爆釣っすね~!!!!驚!)

しかも、今回は壊れてしまったデンプシーテールが異常に調子が良かったそうです!(まさにケガの功名?笑)

東北の住民さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪


昨日、福島県内の野池へ行って参りました!

釣果のほうですが、デンプシーテールで爆釣でした!

途中、リアフックとリアペラを破損してしまったのですが、何故かその状態のほうが恐ろしく反応が良かったのです!

そもそも、リアフックとリアペラを破損してしまった理由なのですが、
音質を自分好みにしようと思い、ペラをステンレスのモノ(デプス社のバズジェットJrのモノを使用)に交換しました。

そのチューニングの際、ヒートンを抜くときにヒートンが折れてしまい、やむを得ず接着剤で補修したのみでした。

それによる強度低下の為、ミスキャストによる護岸との衝突で破損してしまったのです。(いじくりまわして壊してしまい、大変申し訳御座いません)

でも、今回はそのリアフックとリアペラを破損してしまった状態のデンプシーテールが大爆釣でした。。


フィールドコンディションとしては、今時期の福島県内のフィールドとしては水温が低めの21℃~22℃台。
水質はタンニン系のステインウォーターで、全体的な水深は浅め。(最大深度4m程)
目立つカバーはレイダウン、リリーパッド、アシ、スタンプで、カバー際の最大深度は2m程でした。

状況からしてカバー攻略を選択し、ハードベイトでスピーディーにチェックしていきました。

クランクベイトには反応が悪く、ローテーションの末にデンプシーテールをチョイスし、それが大当たりでした。


テール部を失ったデンプシーテールですが、ラインテンションを抜いた状態のようなデッドスローでもアクションし、スピードの適応範囲が非常に広いことが良かったのかもしれません。

ソフトな着水音を心がけてアプローチ(着水時のバイトも非常に多かったです。)、基本一定の速度でリーリングするとバイトラッシュでした!

1回のキャストで3~4回のバイトがあったほどです。

リーリングスピードを徐々に上げたりするのも効果的でした。

リトリーブスピードは超デッドスローからステディリトリーブくらいが好反応でした。

また、水面に引き波を立てつつのリトリーブも有効でした。

ただ、テール部が無いためにフッキング率は低かったです。(汗)

釣果としては、恐らくデンプシーテールだけで40本くらい釣ったと思います♪(アベレージ20cm~30cmですが)

バイトは到底数え切れないほどありました。(笑)

今後は補修して、更に使い込んでみようと思います。

以上、釣果報告でした!




東北の住民さん、ありがとうございました!!

相変わらず熱い釣りされてますね~♪

今回のデンプシーテールのテイルのナチュラル改造バージョン?(笑)ですが、発売してからご紹介させて頂こうかと思っていたのですが、テイルプロップを外したフロントプロップバージョンも結構行けるんですよね~。(流石にテイルフック無しというのまでは試してませんけど。笑)

今回、東北の住民さんが書いて下さっているように、テイルプロップを外すと、スローリトリーブでも良く泳ぎ、かつ、ロールアクションが安定するんですよね。
そして、『音』が変化します。

ノーマルだとランダムな複合金属音。(ブレードとプロップの接触音)

そして、テイルプロップ無しだと、ブレードがヒートンに接触して規則的な金属音を発生させます。

今回、東北の住民さんが使われたテイルヒートン丸ごと無しバージョンだと、ブレードがボディーにヒットするカコカコ音が出ているのかな?(試した事無いのでわかりませーん。笑)


詳しくは、また機会を見てご紹介させて頂きたいと思いますが、ノーマルバージョン、フロントプロップバージョン、そしてブレードを外したブレードレスバージョンと、状況に合わせて使い分ける事が可能なんですよね♪(そして、それぞれがハマル条件があるみたい)

つか、東北の住民さん、流石!の釣りされてますわ~~。(笑)


先日、ルアーをお送りした時に言い忘れていたのですが、このデンプシーテール、メチャクチャ強固にヒートンを固定しているので、ヒートンを抜こうとするとほぼ100%ヒートンがねじ切れます。(ビッグフィッシュにヒートンをぶっこ抜かれなくないので)

なので、プロップ等を交換、もしくは外されたい時は、ヒートンのリングを開いて交換してもらうとOKです♪(今度代替品をお送りしますね~)

いやぁ、それにしても福島ええの~~~!!(笑)
by nishinelureworks | 2009-07-17 02:16 | 釣果報告 | Trackback
トラックバックURL : http://beatour.exblog.jp/tb/9993123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31