Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 25 )

フックの話 - トレブルフックの強度テスト その2

先日のトレブルフックの話の続きです。

■ 前回の記事 → 【フックの話ートレブルフックの強度テスト その1】

前回のその1では、トレブルフックの伸ばしテストについて書かせて頂いたのですが、今回のその2では潰しテストについて書いてみたいと思います。

このテストも伸ばしテストと同じく、必ず自分が行うテストです。

潰しテストの犠牲となったトレブルフックさん達。(の一部)
d0145899_1091253.jpg


このテストでは、プライヤーでフックを横方向から挟んで潰します。
d0145899_10102690.jpg


このテストを行った結果出る答えは二つです。

潰れるか・・・
d0145899_1011508.jpg

折れるか・・・
d0145899_1021793.jpg


実はフックが壊れる時って、こんな感じの折れ方(下写真↓)が一番多いんじゃないかと思います。
d0145899_10131126.jpg

トレブルフックの1本が折れて(もげて)Wフックになるパターン。(笑)

自分の経験上、こういう折れ方の一番の原因になっているのは魚とのファイト中ではなく、キャストミスをして何かにぶつけてしまった時とか、魚の口に掛かった針をプライヤーで外そうとした時など(←たぶん、このパターンが一番多い)でしょうか。

それでは100%絶対に折れないフックがベストなのか?

もちろん、折れないでいてくれるならそれに越したことは無いとは思うのですが、話はそんなに単純じゃないかなぁって言うのが、フックを壊しまくってきた僕の正直な感想です。

僕はフック作りのプロじゃないのであくまで勝手な想像の話と言う事で読んでもらえればと思うのですが、折れないフックを目指すならば焼きを少し甘くし、柔らか目の仕上げにするのは一つの方法ではないかと思うんです。

例えば昔のブロンズフックとか、もうぐにゃぐにゃ曲りまくるフックってありましたよね。(笑)

余談になりますが、そういうフックって使い方によっては、あえて根掛かり多発地帯に放り込むルアー用とかには、アリかもしれません。(フックを伸ばしてルアーを回収できる)


柔らかいフックの弱点に話を戻しますと、折れない代わりにフックポイントの耐久性が低くなるという傾向があると思います。

逆に仕上げを硬くして、フックポイントの耐久性を優先すれば、ワイヤーが弾力性を失い、簡単に折れるハリになってしまうと思うんです。

この辺のバランスが凄く微妙だと思うんですよね~。

例えばですが、この中国メーカーの針。(昨日のと違うメーカーです)
d0145899_1245353.jpg

実際に潰してみると、折れる事は無く潰れる針で、かと言って簡単に伸びるわけでもなく、なかなか素晴らしいクオリティーの針です。針先の鋭さも日本メーカーと同レベル。

d0145899_1353499.jpg

が、折れない代わりに、フックポイントの耐久性が若干低く、フックポイントが鈍るのが若干早いのが昨年のテストで感じた事でした。
ほんの少しだけ仕上げが柔らかいのが弱点になっているこのフックですが、色々試してみた中国メーカーのフックの中では、このメーカーのフックは均一性が群を抜いており、もしかしたら将来いいメーカーさんになるかもな~と個人的に期待しているメーカーさんです。

って、話が脱線してしまいましたが(汗)、色々壊したり、試したりしているうちに、素晴らしいと思うトレブルフックには、ある一つの共通点がある事に気が付きました。

それは何かと言うと、折れるけど折れない!という事。

へ?何それ?意味ワカラン!って感じかもですが、いい針は折れるけど折れないんですわ~!(笑)

これはオーナー社のST36。
d0145899_1312261.jpg

左は潰れていますが、右は折れています。

これはガマカツ社のトレブル13。
d0145899_132430100.jpg

このフックも左は潰れていますが、右は折れています。

これは今、ちまたで噂になりまくっているイチカワフィッシングのKamakiri。
d0145899_1342435.jpg

このフックも左は潰れていますが、右は折れています。

これらの針は伸ばしテストでは、ギリギリまで粘ってくれながら最後まで折れる事無く綺麗に伸びてくれるとても優秀なハリなのですが、この写真だけ見たら、何だ折れるじゃん!製品にバラつきがあるじゃん!って思われるかもしれませんね。

でも、それは違うんです。

どうしてこういう結果になるかと言うと、潰し方に秘密が隠されています。

っても、凄いテクニックで潰しているとか言う事ではないですよ。(笑)

どうして、折れたり折れなかったりするのか、その秘密は潰す方向にあります。

d0145899_14153670.jpg

この写真みたいな感じで、トレブルフックの2本の針を選んで潰していくと、この針とこの針に負荷を掛けても折れないけど、この針とこの針に負荷を掛けたら折れる。みたいなキャラクターがそれぞれの針ごとにあると・・・。
もちろん、毎回全く同じように折れるわけではないですが(折れない時もある)、平均的に見て、フックごとにそんな特性があるように感じています。

それが折れるけど折れないの意味です。

なら、どうしてそうなるのか?

素人の僕には想像するしかありませんが、もしかしたらフックのロウ付けとかが影響しているのかな?って想像しています。

いずれにしても、こんな感じで潰しテストで折れるけど折れないぐらいのセッティングの針を実際のフィールドで使ってみると、フックポイントの持ちを含めたフック全体の強度や耐久性がイイ感じのフックが多いように感じています。

そして、折れるって言っても、実験目的でここまで無理な力を加えて初めて折れるぐらいの感じですので、実際の使用では十分な強度を持っているという事を念の為付け加えておきますね。^^


ホント壊すたびに思う事なのですが、こんな微妙なところでバランス取りがされているのかと、フックメーカーさんの努力にただただ頭が下がる思いです。
これって、本当に凄い事だと思うんですよね~!

いずれにしても、魚とファイトをする上で、今自分が使っている針にどれぐらいの負荷が掛かったら壊れるか知っておくことはとても大切な事だと思いますし、魚と自分を繋ぐ重要ツールである以上、妥協はしたくない部分ですよね。

っとまぁ、トレブルフックの強度テストのお話でした~♪ (^o^)v


フック話はまだまだ続きます・・・。
by nishinelureworks | 2017-02-16 14:56 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【ビーツァM7に高反応中!】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!!


【ビーツァM7に高反応中!】

こんにちは。

まずは、3月26日(土)の釣行報告から。
当日は、寒い日で、山にも雪が・・・。
d0145899_22390100.jpg

ウインタースーツにフリースを追加し、カイロをお腹と背中の2枚貼りで出船。
水温が低下したためか、反応はまったくなし。

今までやったことがないエリアも色々、回りましたが、1日、やりきって1バイト、1フィッシュ。
その1本は、50cm(2200g)。
d0145899_22393998.jpg

ヒットルアーはワイルドハンチ。


4月2日(土)は、気温も高く風も穏やかでいい感じ。
もちろん、リップラップエリアに直行です。

当日は、水がクリアアップしていたので、いつものビビッドタイガーではなく、クリアに強いブラッディータイガーをチョイス。

2,3投目に来た1発目はかなりいいサイズと確信できる重量感でしたが、なぜかフックオフ。(悲)
その後、太くてカッコイイ40cmUPをキャッチ。
d0145899_22404349.jpg

更に、こんなかわいいサイズまでキャッチ。(笑)
d0145899_22413143.jpg

他にも、30cm~40cm位までを何本かキャッチ。
d0145899_22435161.jpg

d0145899_2244585.jpg

d0145899_22442084.jpg

もちろん全て、ビーツァM7(ブラッディータイガー)です。
水温も14度前後となったので、チビちゃんたちも動き出していますね。
夕方も、1発いいのが来ましたが、こちらも私のミスでフックオフ。(悲)

なかなか、ビーツァでのビッグフィッシュを報告できず申し訳ありません。

今回は、私がビーツァを使う理由を説明させて頂きます。
プロスタッフだからでしょ!って思われる方もいるかもしれませんが、
違います!

理由は、『よく釣れるから』です。
先に書いた通り、私はNLWルアー以外のルアーもたくさん使います。
もちろん、開発テスト中のルアーであれば比較テストも兼ねています。
ビーツァは完成されたルアーですから、テストではありません。
私の場合、他のパターンの可能性チェック(気分転換も兼ねて)や、ルアーロストの危険がある未知のフィールドでは、他メーカーのルアーで状況を把握しています。(大切なビーツァをロストしないために)
要は身代わり地蔵的な感じで使っていますが、根掛かったときは必至に救出しています。
3月19日の50cmもボトム状況把握&気分転換でワイルドハンチを投げた時、キャッチしたものです。

私が使っているNLW以外のシャロークランクは、ワイルドハンチ、イヴォーグ、ショットオーバー2、アスカなどで、どれも実績のある優秀なルアー達ですが、それらをビーツァM7やM5とローテして使っていて気付いたことは、ビーツァ、最高!ってことです。
何年もビーツァを使っていますが、平均してみれば、ビーツァが良かったことが多いです。

それでは!

《使用タックル》
【クランク用1】
ロッド:ノリーズHB760M
リール:ジリオンTW 1516H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 16lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)、ファットブル8、ワイルドハンチ、ショットオーバー2など

【クランク用2】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)など


稲吉さん、ありがとうございます!

ビーツァM7でナイスフィッシュをキャッチ!
嬉しい~!!(喜)

今回のレポートで稲吉さんがローテーションされているクランクベイトを教えて下さっておりますが、どのクランクも素晴らしいルアーですよね。
今、ボクの中でクランキングブームが再燃しておりまして(何故か今頃。笑)、自分が所有しているクランクや気になったクランクを入手して投げまくっているのですが、稲吉さんが挙げられたルアーは全て凄いクランクで、おおやっぱりそうなんだ~と非常に納得した次第です。(笑)

特に今回50UPをキャッチされたワイルドハンチですが、雑誌のルアーランキングなどで何時も上位にランクインしているのですが、本当に素晴らしいクランクですよね~!
各部に凄いコダワリというか、キチンとした意図が込められてて、ビルダーとしても凄く勉強になるクランクです♪

そんなクランクベイト達の中にあってビーツァM7やM5を必要として頂ける事はとても嬉しい事です。

これはテスターさんやモニターさんにもお伝えしている事でもあるのですが、良いと感じられるルアーはどんどん使って頂きたいと思っています。
そして、そんなご自分の釣りの中で、本当に必要と感じる時にNLWルアーを登板させてやって下さいとお願いしています。

本当に必要と感じて頂けるルアーじゃないと作る意味が無いというか、存在意義がないですもんね。
そして、これからもその事を忘れずルアー作りに取り組んで行きたいと思います。(^o^)v

稲吉さん、いつも本当にありがとうございます!!

■ 追記
ビーツァM7ですが、第2次製作分がちょうどお店に並び始めている頃だと思いますので、もしお探しの方がいらっしゃいましたらチェックしてみて下さい。
NLWルアー取扱店様 → http://nishinelureworks.jp/dealer.html
by nishinelureworks | 2016-04-11 23:34 | Trackback

スキート・リースの動画が熱い!

エリートシリーズのウィニングルアーになったり、昨年ぐらいから何かと注目されているビックディープクランクの世界。

各社からビッグディープクランクが発売になって話題になってますが、ラッキークラフトさんがYouTubeにアップされているスキート・リースの動画、メッチャおもろいですねー!

何がおもろいって、動画がおもろいとか言う前に、スキート・リースがおもろい!(笑)

d0145899_10552621.jpg

超上機嫌で新製品のでっかいSKTの説明をしてくれているスキート・リース様。

もうね、アルコールが入ってんじゃないの?ってぐらいの超ハイテンションぶりに心配になっちゃうぐらいですが(笑)、そこはそれ、ルアーの説明するところはきっちりと、伝えなければならない事を無駄なくもれなく説明する話術は流石プロだなぁって関心です。

って言うか、おいおい、スキート大丈夫か?って気になったところに、核心を突いたコメントがドカーンと来るから、否が応でも聞き入ってしまう!
湖のバス君達もこんな感じで釣られちゃっているんでしょうか?(笑)

これがスキート・リースの巧妙なる作戦なのか、それとも単なる天然オヤジ(笑)なのか、僕にはさっぱりわかりませんが、最後はルアーをマラカス代わりに振りまくっちゃったりしてくれちゃったりして、すっかり僕のハートをわしづかみです。(笑)

ちなみに、この動画中のスキート・リースからのメッセージは下記の感じ。

ここ10年ぐらいスイムベイトの釣りが人気があって、ビッグベイトでビッグフィッシュが釣れるというのは開拓されてきたけど、じゃあ、何故でっかいクランクが無いんだ?ってところからこの開発が始まったんだ。

ずっとシークレットにしてたんだけど、次世代のパワーフィッシングはコイツですよ!

見る準備はできたかい?アー・ユー・レディー?

←ここでスキート・リースがルアーをバーンと取り出す!

エス・ケイ・ティ・マァグナム!うぉほほほほほ~!!(完全にバカオヤジ状態。笑)

スクエアービルのシャローダイバーは20ポンドラインで13~15ft、ディープダイバーは25ft(水深8m)、ノープロブレムだぜ!

このルアーのキーだけど、まず一番最初に言えるのは、コイツは他のどんなクランクよりも遠くに飛ぶ!
でも、コイツが凄いのは、よくあるディープクランクみたいに引き抵抗が重くないので、全然早引き出来るんだよ!

このルアーはクランクベイトフィッシングの新しい世界を切り拓くルアーだ。
スイムベイトでディープウォーターのビッグバスを狙おうと考えた時に、何故、リアクションベイトを使おうと考えない?
スピード!アグレッシブな魚!カバーで跳ねさせ!レッジを叩く!うぉほほほほほ!(バカオヤジ加速。笑)

このクランクを使う時に普通のクランキングタックルを使っちゃいけないぜ!

自分は、7.6ftのスイムベイト&キャロライナリグ用のタックルを使っている。
パラボリックだけどパワーがあるロッド。リールは6.2:1のギア比のもの。ラインは15ポンドのフロロカーボンを使ってるぜ!!



とまぁ、かなり意訳ではありますが、この動画中のスキート・リース様のメッセージはそんな感じです。

今年、ビッグディープクランクで琵琶湖のビッグバスを釣ってやろうって考えてらっしゃる方、絶対に沢山いらっしゃるでしょ?(笑)

この動画は是非見るべきです!!



スキート・リースさいこーーー!!うぉほほほほほ~~~!!(笑)
by nishinelureworks | 2013-04-12 12:17 | Trackback

パユート誕生秘話 中編 ~by なべさん

パユート誕生秘話の続きです!

非常に長編で2回では収まりそうにないので、3回に分けて掲載させて頂く事にしました!(笑)

と言う訳で、パユート誕生秘話 中編です!!

d0145899_20562034.jpg

■ パユート誕生秘話 前編 → http://beatour.exblog.jp/17164212/

と言う訳で、そこから真冬に入り、翌年がどうも不調でちょこちょこパユート君も触ったりはしてたんですが、どうもなんとも煮詰まらないまま2011年はすぎていきました。

普通にそこそこ釣れるI字系プラグではあるのですが、特に変化がないまま過ぎていき(この年はNLWスモラバに頼りっきりだったような1年でした)迎えた2012年。

春の訪れが若干自分的には遅いなあってな感じで、いつもの池で朝練を開始した4月初頭。
今思えば、ある意味勘違いから突然パユート君が別物な破壊力を有するようになったわけであります。

4/1朝練、まだシャローにはサシてきてない感じで、ミドルレンジの底ベッタリの障害物周りのピンにダウンショットやネコリグを落としても一瞬アタるけどノッテくれないってのが複数回続いてたんです。

で、フッキング重視でハードベイトというチョイスはありだろうと、少し深いところを探る用パユート君(ブレードを重めに変更したもの)を実は用意しておったので、ブレードを変更したパユート君をフォールさせて、そのピンを狙ったところトリプルフック効果なんでしょうが一発で44cmが釣れてしまったんですよ。

d0145899_2135823.jpg

で、何が勘違いかっていうと、重いだろうと思って交換したブレードの重量を後で測ってみたら、ブレード単体で見ると後から付けたブレードの方が確かに重かったんですが、一緒にセットで交換したスイベルのサイズが小さい&軽く、実はブレード&スイベル両方で見たら重量は全く一緒だったと・・・・。

重くなって深いところを探りやすくなってるだろうと思っていたのですが、実は全然重くなってなかったと。。。

ただ、ブレード自体は素材が重くはなっていたせいか、引き抵抗が若干変わり、自分の感覚ではなんとなく微妙に増して感じられるようになったので良しって思ってそのままのセッティングで使っていたんです。

で、この勘違いセッティングでのパユート君が、バスがシャローにさしてきた4月後半からいきなり炸裂しまくったんですよね。

d0145899_21504117.jpg

45upから50upが連発!! 

しかもバイトの出方が今までに経験したことのないような強烈な引ったくりバイトばっか。

それがこちら↓
Nishine Lure Works裏日記 ナベちゃんレポート 『ちょっと遅め?の春が来たぁ』
■ http://beatour.exblog.jp/15778403/

使い方としては、ルアーが目視できるようなシャローレンジのただ巻き。
ミドル速度でただ巻きしてると下からモンドりうって喰ってくるって状態。

ブレードクランクのデビュー時もプリのバスが衝撃的なバイトをしてきてたんですが、あの時のバイトの出方はブレード周辺にバスがじゃれ付くような感じが多かったんです。

ブレードクランクの場合は、まとわり付くような絡み方をしてからフッキングに至る(何度も目視出来たのでまさしくじゃれ付いてきてたんです)という感じで、当時は「ブリリーン」バイトと呼んでいたんですが、
今回のパユートへのバイトは音で表現すると「ドスッ!」

突然お腹周辺にタックルくらったかのような強烈に重みの乗ったトルクフルな一撃引ったくりバイトばっかりだったんです。

まさしく疑いも無くというに相応しい強烈バイトの連発で、「完全にハマッた」「バスを狂わせてるな」と確信を持てた私は、ドアフターバスにはどうなんだろうと思い、これまたブレードはそのままにドアフター対応にちょこっとイジッてみたんですよね。

狙いはドアフターで動きの悪いバスでもゆっくり喰えるようにということで、超スロー巻き用としてフロートシール貼りバージョンを用意してみました。

そしてそのドアフター用バージョンがこれまた衝撃的な釣れ方でデビューしたわけです。

それがこちら ↓
Nishine Lure Works裏日記 ナベちゃんレポート 『そろそろ回復?』
■ http://beatour.exblog.jp/15985477/

場所によってはまだネストがあった時期、ちょい投げピッチングの至近距離で、しかもこちらの姿を見て逃げていったバスが速攻戻ってきての強烈バイトの連続。(西根注:ナベさんが釣られているのはネストのバスではありません。詳しくは上記記事をご覧くださいませ~)
d0145899_2121443.jpg

流石にここまで強烈な反応があると、いったい何がこれまでのんとどう違うのん?と気になりまくるわけですが、
正直な話、何がバス君の気に障りまくっているのかはバス君に確認出来んので分かりません。

が、このバージョンでのパユート君のアクション上での特徴としては、実は相当一生懸命観察しないと確認出来にくいんですが、スローからミドルスピードで一定速で引いていると、背中が本当に微細に・・・多分左右に幅 1mm程度あるかなっ?てくらいにピラピラピラピラ動いてるんです。(正直、早巻き時は目では確認できませんのでどうなんでしょう?)

そして、この動きに同調する音がチキチキチキチキとこれまた微細に発生しているようであります。

偶然の賜物でしょうが、ブレードのみならずスイベルも交換したことにより、トータルでの長さや重さのバランスが変わって絶妙なアクションと音などが出たってことなんでしょうねえ。

これだけの釣れ方と絶妙なアクションが確認出来たもんで 、これは完全に決まったと思い、この春 ブレードその他同じパーツを探して、西根さんに再現・体現してもらうべく交換パーツ等をカナダ向けに発射したわけであります。



と言う訳で、ナベさんからカナダに届いたブツを装着して突撃した夕練で何が起こったか?

d0145899_21344170.jpg

なべちゃんチューンパユート君の初陣で、いきなり44センチのスモールマウスがヒット!

そして、その後夏場に突入し、殆どのハードベイトが沈黙する中、パユートのみが釣れ続けるという事態に。。汗

しかも、食ってくるバス君のバイトの出方が、なべさんのおっしゃる通り、強烈な反転バイトばかりという事実!

長年眠っていたパユート君の扉が遂にカナダでも開いたのでした。。

続きは最終章にて!
by nishinelureworks | 2012-11-15 21:56 | Trackback

メール送信完了致しました。

大変時間が掛かり申し訳ありませんでしたが、先ほど、今回ご注文メールを頂きました全ての方にご返信メールを送信させて頂きました。

現在のところ、2通ほどメールが戻ってきておりますので、
下記2名様は、大変お手数で申し訳ありませんが、今一度メールの受信設定をご確認頂くか、カナダからのメールを受信可能なアドレスをご連絡頂ければ幸いです。

■ 愛媛県新居浜市にお住まいのミカン☆様
■ 宮城県仙台市にお住まいのMALO様

以上、大変お手数をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い致します!

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
http://nishinelureworks.com/
by nishinelureworks | 2012-04-11 10:11 | Trackback

ありがとうごさいました!

現在、成田でフライト待ち中です。
長かったようで、あっという間だった日本滞在。
本当に沢山の方々にお世話になり、感謝の言葉も見つかりません。

次帰ってこれるのは当分先になると思いますが、その時は宜しくお願い致します!!

皆様、本当にありがとうございました!
by nishinelureworks | 2010-11-30 16:27 | Trackback

エルモさんで実演

本日は、念願の人間ドックへ行って来ました。

とりあえず異常無しという事で一安心。

胃カメラを鼻から抜いた時に、看護士さんにティッシュを大量に渡され、カンデクダサイと言われたので、口でティッシュを噛んでたら、鼻をかんで下さいと怒られました。

今日はこれから大阪界隈の釣具屋さんをほっつき歩きます。

夕方6時以降は、明石のエルモさんにお邪魔させて頂いておりますので、もしお時間がありましたらお立ち寄り頂けると嬉しいです。

ルアーカービングの実演は7時ぐらいから始めさせて頂きます。
by nishinelureworks | 2010-11-18 11:47 | Trackback

鳥取砂丘

今日の釣りは結局ホゲりでした。

んで、今は鳥取砂丘に来ています!!

日本海からの風が気持ちいいです!!

鳥取最高!
by nishinelureworks | 2010-11-14 16:08 | Trackback

またバラした

シーバスが不発だったので、野池に移動。

いきなりM5に良さげな魚が食ってきたものの、またもやバラし。

何か歯車がかみ合ってません。
by nishinelureworks | 2010-11-14 12:00 | Trackback

バラした

現在、地元の川でシーバス狙い中。

良さげなカバーがあったので、オチアユリップレスをドリフトで流し込んだら、45クラスのバスがヒット!!

そして、バラしました。

現在、ブログしながらスポットを休め中。
by nishinelureworks | 2010-11-14 10:43 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28