Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Tru Tungsten( 12 )

トゥルータングステン消滅

昨日、NWBさんがブログでご紹介下さっていましたが、昨年トゥルータングステン社が倒産しました。

NWBさん記事 http://wassupnwb.exblog.jp/12041383/


ニュースソースは、1月11日付のBassFan Dock Talkに掲載されております。(記事

■ 記事内容
What's up at Tru-Tungsten? 1/11/2011

Several months ago, it became clear that Tru-Tungsten and sister companies Mihatchii and Picasso – all of which fall under the purview of the Fish Harder Co. – were in trouble. The rumblings started in media sales offices and among pro anglers. Outstanding debt mounted and several parties, including tour pros, filed suit against Fish Harder.

Fish Harder closed its corporate offices and according to sources close to the company, leaders are now operating out of their homes until a sale of the companies can be completed. Word is the Picasso brand will not be part of the sale, and that a sale could be completed within a month.

Who's a potential buyer? No word yet, although if recent history can offer a, Rapala, Pure Fishing and Pradco Fishing would have certainly at least sniffed around. As well, Strike King was rumored to have taken a look.


自分がトゥルータングステンことフィッシュハーダーカンパニー社と契約を結んだのが2007年8月の事でした。(記事

当時、フィッシュハーダーカンパニーは前年比70%プラスという急成長を続けている会社であり、多くの有名プロスタッフを抱え、飛ぶ鳥を落とす勢いであった事をご記憶の方も多いと思います。

栄枯盛衰とは言いますが、その会社が昨年の11月に倒産致しました。

今回の倒産により、トゥルーライフスイムベイトも、この世から姿を消す事になります。(涙)


昨年の5月~6月上旬に掛けて、大きな問題が起きて釣りに行けないっ・・・・て嘆いて居た事をご記憶下さっている方もいらっしゃるかもしれませんが、その時に自分が巻き込まれていたトラブルがまさにこの問題でした。(記事

基本的にNLWルアーは、かなり利益が薄い価格設定にしている事もあって、その不足分をTT社の収入で補充してきていたのですが、TT社よりの収入が途絶えたのが昨年の5月の事でした。

その穴が開いた部分を稼ぎ出すために、無理に無理を重ねて乗り切ったのがこの2ヶ月間の全てでした。
そして、今もその戦いは続いています。


3年以上掛けてやってきた事が水泡に帰し、例えようも無い無力感に苛まれたのを今でも思い出します。

何よりも悔しかったのは、ようやくこれで家族に少し楽をさせてあげられると思っていた矢先の出来事だったので、自分の無力さ、能力の無さを呪いました。


何の為の仕事か?

何の為のプロジェクトか?


誰かを踏み台にしなければ成功しないようなプロジェクトは、結局成功しないですよね。


非常に厳しい経験でしたが、この経験を無駄にしない為にも、前をしっかり向いて、コツコツと地道に前進したいと思います。



と言う訳で、トゥルーライフスイムベイトはこの世から消えてなくなるので(本当に申し訳ありません)、もし必要な方がいらっしゃいましたら今のうちに在庫補充しておいてくださいね。



最後になりましたが、そんな状況にも関わらず、今も無事に生き延びていられるのは本当に皆様のお陰です。
本当にありがとうございます!!
by nishinelureworks | 2011-02-03 00:25 | Tru Tungsten | Trackback

NLWのDVD???

なんか知りませんけど、こことかここで、NLWのDVDの話が持ち上がっております。(笑)

いやいやいや、DVDはマズイでしょう~。
何たって、ヘタクソがバレル!!
NLWのビルダーが実は釣りが超ヘタクソというのは、NLWのトップシークレットなんですから!!(笑)

と言うか、自分みたいにビジュアル性の欠片も無い人間が表に顔を晒すのは殆ど犯罪に近いような・・・・?(爆)

でも、NLWのテスターさんやモニターさんの釣りは僕も見てみたいですね!!

わははははは!!
何にしても、皆さんでワイワイと語ってもらえるのは本当に嬉しいです。



ところで、先日こっちの釣り番組見てたら、かなり興奮な番組をやってたので録画してみました♪

録画って言っても、DVDレコーダーとか持ってないので、TVの前に三脚を立ててビデオで撮ってみました。(これなら著作権の問題も無い?笑)



トゥルーライフスイムベイトでスモールマウスを釣りまくってます!!(驚)

いやぁ、ええですな~♪

カナダ東部の方のフィールドには、マジで憧れます。
たぶん、今自分がこの地球上で最も行ってみたい場所の一つです。

これは自分の夢でもあるんですけど、
沖に出たら右も左も分からなくなるような超広大なフィールドで、
思いっきり頭を悩ませながらバス釣りしてみたいですねー。


実際ね、カナダ東部のバスフィッシングはかなりヤバイらしいです。
なんせ、スモールマウス5本で30ポンドオーバー!!とか出てるらしいですから、
全く想像も付かない世界です。

30ポンドって言ったら、13~14キログラム!!
単純計算で55センチ前後のスモールマウスで5本揃えてくるって事でしょうか?(汗)
凄すぎて意味が分かりません。。

つか、ラージマウスでもそんなウェイトはなかなか出ませんぜぇ。(驚)

何時かは行くぞー!!
by nishinelureworks | 2010-03-05 03:14 | Tru Tungsten | Trackback

トゥルーライフ・スイムベイトのデッドスティッキングアクション

先日、危うく白頭鷲を釣りそうになったトゥルーライフスイムベイトのデッドスティッキングアクションです。
(その時の話はコチラ→http://beatour.exblog.jp/9517774/

全てのモデルを試してみたのですが、デッドスティッキングには9インチトラウトが一番向いている感じですね♪



こいつにドカーンとランカーバスが食って来ないかなぁ。。。。


と、妄想中。(笑)
by nishinelureworks | 2009-05-07 09:53 | Tru Tungsten | Trackback

鳥果報告!! トゥルーライフ・スイムベイト

今日は遂に今年初の獲物?の報告ができます!!

ただし魚ではありませんが。(笑)

実は、ある方から頂いたメールを拝読させて頂いてたら、トゥルーライフスイムベイトの事が無性に気になって、今日は全モデルを持って近所に湖にスイムテストに行ってきました。

チェック事項はズバリ、デッドスティッキングアクション!!

トゥルーライフスイムベイトのデッドスティッキングがデカバスに効くんじゃないか?と。

でね、各モデルをとっかえひっかえ、ウェイトセッティングも色々試してきたと言う訳です。(寒風の中、鼻水垂らしながら。笑)


で、結論から申しますと、僕的には一番デカイモデル、9インチトラウトが実にツボにハマってしまいました。

d0145899_1451717.jpg

全長9インチ(約23センチ)、自重170gオーバーのトゥルーライフスイムベイトの最大モデルです。

他のモデルもデッドスティッキングを試してみたんですけど、9インチモデルのデッドスティッキングアクションは格別というか、かなりヤバヤバな感じ。(自画自賛ですな。汗)

何がヤバイって、上手く言葉で表現できませんが、グネェ~~って凄く死に掛けのトラウトそのものの動きをしやがる。(笑)

普通、チョンって動かしたらルアーはスッと慣性で動いて止まるのが普通じゃないですか。(9インチ以外のモデルはそんな感じです)

が、この9インチはチョンって動かした後に、グネェ~~って2~3度のたうつ感じで自発的に泳ぐんです。(なんせ、言葉では表現できないので、今度ビデオでも撮ってきますね~)

で、思ったのが、このルアーをデカバスが間違いなく居るであろう一級スポット、もしくはフィーディングに上がってくるであろう場所に放り込み、放置プレー&デッドスティッキングってのはかなりヤバヤバな作戦のような気がしました。

っちゅうのもですね、今日テスト中にちょっとした事件がありまして、9インチトラウトのデッドスティッキングアクションチェックをしてたら、なんと!イーグルがトゥルーライフスイムベイトにアタックしまくり!!(ビックリ!!)

それも一回だけではなく、成功するまで10回ぐらい連続アタック!!

同じ鳥でも、カモメさんとかは割と簡単にダマくらかせるので、近づいてきたらかなり注意が必要ですが、今までの経験上、イーグルは非常に目の良い鳥のせいか、大抵の場合は上空で旋回している時点で見切られてしまう事が殆ど。

まぁ、そんなだから、今回も当然見切られるやろうと思って、興味半分に誘いを掛けたら、上空から一気に急旋回!

よせばいいのに、もう一回グネェって動かしてしまうアホな僕・・・・・。(体が勝手に反応してしまう悲しい習性。汗)

そして!!

ゴォオォオォオ~~~と豪快な風切り音を発生させながら、
見事な、ダイビング&キャッチ!!(ガクガクブルブル)

一瞬の出来事で、ただただ呆然とするばかりでした・・・・・。

そして、テストに使っていたTS1610MLFは空に向かってバットまで曲がりまくり~~~~みたいな。(爆)

あっ、何で170グラムもあるルアーを使うのにTS1610MLFなんて使ってたの?なんてツッコミはココではなしと言う事で。(とりあえずルアーが投げれれば何でも良かったんです。笑)

次の瞬間、もの凄い引きでドラグが出る間も無くラインブレイク!!

イーグルもラインブレイクしたショックでスイムベイトを落っことしてくれたので、無事にイーグルを傷つけることなく、スイムベイトも回収できましたが、本気でビックリしましたわ。(しかも湖面に落っこちたスイムベイトをまだ上空で狙ってたし)

d0145899_151016100.jpg

背中に付いているイーグルの爪痕が見えるでしょうか?

これ見た時に、釣りキチ三平の『ミサゴとライギョの格闘の話』を思い出しましたわ~~。(笑)


それにしても、無事にルアーを回収できて良かったです。
というか、なんせイーグルに怪我させなくて良かったですわ~。(油断大敵。大反省)

つか、イーグルってメチャクチャ引きますね!(今年初の手応えでちょっとだけ嬉しかった。爆)
たぶんですが、カモメさんの3倍は引きます!!(カモメさんはデッドリースパイラルの開発中に入れ食いでした。爆爆)

ああ、そう言えば、全く関係ない話ですが、シマノのアンジュレーターの開発の時にはアザラシの子供も釣った事がありましたねぇ。(しかもしっかり口にフッキング。核爆)


とにもかくにも、そんな訳で、僕的には9インチトラウトのデッドスティッキングはめっちゃコンフィデンスを持つ事が出来たという話でした。(ただし、このスイムベイトに食ってこれるバスがバンクーバーエリアのしょぼいフィールドに居るかどうかは謎ですが)

っていうか、魚を釣ってないくせに、何でこんなに長文なんだろ?(アホ)

全く宣伝にはなっていないと思いますが、念の為、トゥルーライフスイムベイトが購入可能なお店をご紹介させて頂きますね♪

■ http://www.ls-ohno.com/tru-life.html


そうそう、昨日告知させて頂きましたプレゼント企画、続々とご応募頂いております。
皆様本当にありがとうございます!!

そして、来るわ来るわのデコレンジャーの自己申告。(爆笑)
もう、超大戦隊が結成できそうですよ~。
by nishinelureworks | 2009-03-27 15:43 | Tru Tungsten | Trackback

トゥルーライフスイムベイト誕生秘話!!

本日2度目の更新です!!

ドリームラッシュ時代から大変お世話になっているルアーショップおおのさん

琵琶湖(特に北湖)に通うアングラーさんの中で、ルアーショップおおのさんに足を運ばれている方は多いのじゃないでしょうか?
お店に足を運ばれた事のある方はご存知だと思いますが、お店の壁面に飾ってある超ビッグフィッシュの写真群には圧倒されまくりですよね。(僕もその一人)

おおのさんといえば、伝説の『名古屋釣法』(今で言うミドスト)の発祥地。
今やあまりにも有名になったジグヘッドの中層スイミングは、1990年代初頭、この大野さんに通う常連さん達によって確立されたのは有名な話です。
詳しい話はコチラでご紹介されていますので、ジグヘッド中層スイミングの究極を知りたい方はぜひご覧になってくださいね。

この名古屋釣法しかり、そして第一次ルアーフィッシングブームが始まった時、中部地区のライギョフィッシングの震源地となったのもおおのさん。

そんな数々の伝説を長年釣具店主として見守ってこられたのが、ルアーショップおおののご主人、大野知一さんです。

d0145899_2533557.jpg

大尊敬する大野のおじさん。(撮影by井上特攻隊長さん♪)

NLWでも稲吉さん、井上特攻隊長さんと出会えたのも大野のおじさんのお陰です。(大感謝)


その大野のおじさんから先日トゥルーライフスイムベイトについて原稿依頼を頂きました。

日本ではまだ発売されていなかったと言う事もあって、トゥルーライフについては今まで殆ど書いてこなかったのですが、先日日本でもデリバリーが始まったとの事で、これを機会に思いっきり書かせて頂く事にしました!!

トゥルーライフスイムベイトについてご興味をお持ちの方はぜひご覧になってください。(カリフォルニアンシークレットも初公開です!!)
久々にルアービルダーモード全開で書かせて頂きましたで~。(笑)

■ トゥルーライフスイムベイト誕生秘話 → http://www.ls-ohno.com/tru-life.html


ちなみにこの写真は昨年秋、稲吉さんが琵琶湖で釣られた50アップです♪ ↓
d0145899_3534911.jpg



という訳で、トゥルーライフスイムベイトにご興味のある方は下記のリンクへ!!
   ↓  ↓  ↓
■ トゥルーライフスイムベイト誕生秘話 → http://www.ls-ohno.com/tru-life.html


なお、ルアーショップおおのさんはNLW製品をほぼ全機種在庫下さっており、穴場でもありますので、NLW製品が見つからないという方はぜひ一度問い合わせしてみてください。
トゥルーライフスイムベイト誕生秘話ページの最後に各製品紹介ページ(トゥルーライフやNLWルアー)のリンクがありますよ~♪
by nishinelureworks | 2009-02-16 04:04 | Tru Tungsten | Trackback

釣果報告 Tru-Life Swimbait 6inch

本日、2度目の投稿で~す♪


2~3日前の事になるのですが、このブログでもお馴染みのFDカスタムさんから釣果報告を頂きました~!

Tru-Life Swimbaitの6インチブルーギルでナイスバスが釣れたそうです!!

d0145899_1416172.jpg

トゥルーライフ、キタァー!!!!!

FDさんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

お客さんからのお誘い野尻湖リベンジ釣行をプチリザーバーで果してきました!!
ルアーはCraigがプレゼントしてくれたトゥルーライフスイムベイト・ブルーギル!!
サイズは40cmくらいですが^^;

BlogにもUPしましたが、面白いし、戦略的に使えるのが良いですね!!
今はウエイトを追加せず、フローティングで使用してます!

あのアクションにあの背びれからの微妙な引き波が良いですね!
スイム時もリアルと言うよりナチュラル!!ロッドワークでのアクションはまさしくギルですわ!

特にこのリザーバーのバスのメインベイトがギルなのでマッチザベイト!!です!!

もう、着水してシャローからのブレイクポイントで巻きを止めた時の反転やヒラ打ちは素晴らしいですね!!

いつも使ってるビッグベイトでは止めるとバスが引き返しますがこのアクションなら思わず食いついてしまうのでしょうね!



FDさん、何時もありがとうございます!

FDさんってホントに凄い方ですわ~。
トラバス用のフィネスルアーから、ビッグベイトまで何でもござれ。
何時もメールをやり取りさせて頂いているのですが、ホントに凄すぎです!


さてさて、このトゥルーライフ・スイムベイト、まだこのブログでも詳しい事は書いて来ていなかったのですが、実は2つの大きな秘密があるんです。

まず一つ目の秘密は、FDさんがコメントされている通り、内部ウェイトを調節できる事。

ボディーに内臓させるウェイトボールの数を増減する事によって、一つのスイムベイトでウェイキング~ファーストシンキングまで調節可能というモノです。

通常であれば、ウェイト量を変えるとアクションも変わってしまうのですが、徹底したボディーバランスの追求とオリジナル素材のボディー浮力調整でこの問題を解決しています。


そして2つ目の大きな秘密はアクション。

これについては、実はあんまり書きたくないんですが、

スイムベイトでリアクションバイトを取る釣り

そんな釣りが出来るように設計しています。


スイムベイトって、追いかけてくるけど食わないって事が殆どですよね。

そいつらにリアクションで口を使わせる釣り。

たぶん、日本ではまだ殆ど知られていないと思うのですが、カリフォルニアンシークレットとでも言うべき独特なスイムベイトの使い方があるんです。

それが今回FDさんもコメントされている「反転ヒラウチアクション」

反転ヒラウチって言っても中途半端なヒラウチじゃなくて、いきなり180度反転してしまうぐらいの強烈なモノ。

ユラユラ~って泳いでいたモノが、いきなり自分(バス)に向かって反転してきた時に、リアクションバイトしてしまうというものです。

この反転ヒラウチアクションができるスイムベイトって実はあまり無い(というか殆ど無い)と思うのですが、トゥルーライフを上手く使いこなすとブルーギルが水面直下でエサをついばむような感じのメチャクチャナチュラルな動きが出せるのが特徴です。


このルアーにはエリートツアープロの「イッシュ・モンロー」とカリフォルニアのスイムベイトキング「マット・ニューマン」のノウハウが余すことなく注入されているのですが、そんな彼らがこだわっていたのがこの反転ヒラウチアクション

そして、それと同等か、それ以上に彼らがこだわっていたのが、全くロールアクションが入らないスイムアクション

これに非常にこだわっていたのが印象的でした。

d0145899_14593943.jpg

この写真は今回FDさんが釣って下さった6インチのブルーギルモデル。
なかなかリアルでしょ?(笑)

でも、この4ピースジョイントボディーからロールアクションを完全に排除するのは本当に至難の業。

一体いくつのプロトモデルを作ったのか・・・・・全く覚えていません。

この問題を解決するだけでゆうに1年以上の開発時間をつぎ込み、一つ一つの問題をコツコツと克服していきました。


このルアーの開発は困難を極めた事もあって、正直、苦しい事ばかり思い出されますが、今年の発売と同時に、多くのツアープロがこのルアーを買い求め、ファルコン&アミスタッドの両レイクで数人の上位入賞プロのキーベイトになりました。(最高位はアミスタッドで2位になったクラーク・リーヘム)

ちなみに、イッシュはこの春のアミスタッド戦までの段階で、トゥルーライフ・スイムベイトだけで50本以上の5ポンドフィッシュ(50センチオーバー)を釣ったって言っていましたし、ちょいと前の話になるのですが、昨年、開発段階のプロトモデルを目にしたKVDが”あのルアー手に入らないか”ってTT社に直接連絡してきたという話を聞いた時は僕自身もかなりビックリしました。(KVDはピーター・スリベロスが使っていたプロトモデルを目にしたらしいです)

なんたって、あのKVDですからね。
かなり異例な事らしいですが、単純に嬉しいですわ~。(ミーハーですな。笑)


このトゥルーライフ、今年は4インチのシャッドモデルと8インチのトラウトモデルがラインナップされます。

日本で正式販売されるかどうかは今のところ聞いていませんが、また何か情報が入りましたらこのブログでもご紹介させて頂きますね。


FDさんの釣行記はこちらですので、ぜひご覧下さい。
http://fdcolors4.exblog.jp/7452451/

ちなみにトゥルーライフ・スイムベイトの紹介ページはこちらになりますので、念の為ご紹介させて頂きますね。
http://www.tru-tungsten.com/swimbaits.html
by nishinelureworks | 2008-09-08 15:30 | Tru Tungsten | Trackback

Tru Tungsten's new site has launched!!

アメリカからビッグニュースが届きましたぁ~~!!

キタキタキタァ~~~~!!

Tru-Tungsten社のホームページがリニューアルされました!!

TTの新しいサイト、めちゃカッコいいっす!!!(笑)

http://www.tru-tungsten.com/

フロントページには今年のICASTで初お披露目となるTT社の新製品が大公開されています!!

今年の目玉は何と言ってもTru-Lifeスイムベイトのトラウト・8インチシャッド・4インチ!!!


昨年リリースされたティラピア&ブルーギル(6インチ)は今年のBASSエリートシリーズでもマイク・アイコネリやイッシュ・モンローがキーベイトとして使っている事を明かした事もあって全米中の話題になりましたが、いよいよ8インチトラウトが登場です!!

d0145899_6303275.jpg


先日ご紹介させて頂いたラファエルのジャイアントストライパーもこの8インチトラウトのプロトモデルで釣られたものですが、8インチはカリフォルニアでは最もポピュラーなサイズですね。


そして4インチシャッド!!

d0145899_13474150.jpg


このモデルは他のモデルとは全く違った方向性で、超ファーストリトリーブで使っても水面引きが可能なように設計しています。

ウェイキングベイトは数々あれど、このスピードレンジで水面を引けるルアーって殆ど無いと思います。

水面直下ギリギリまでグラスが伸びているような状況とか、たぶんヤバイと思いますよ~。(笑)


その他としては、リアルなフルークタイプのワーム。

d0145899_6312544.jpg


僕自身はまだ製品版を見ていないのですが、内部にタングステンの欠片が内臓されており、フォーリング時とか良いアクションをしそうですな♪
カラーリングもかなり凝ってますね。(笑)



アメリカトーナメントを席捲するTT社。

TT社が抱えるプロスタッフの豪華さは周知の事実ですが、そんな多くのプロ達からの膨大なフィードバックは開発にしっかり反映させられています。

今年も熱いですわ~~~!!

■ Tru Tungsten社のHPはこちら → http://www.tru-tungsten.com/


by nishinelureworks | 2008-07-15 06:39 | Tru Tungsten | Trackback

Tru Life Swimbait ムービー

え~、今日のネタはトゥルーライフ・スイムベイト。

YouTubeにムービーがアップされていましたのでご紹介させて頂きますね。。

イッシュがトゥルーライフ・スイムベイトについて説明しています。
  ↓  ↓  ↓
http://youtube.com/watch?v=qFUp4vnHlHM


お次はこのムービー。何処のおっちゃんだか解りませんが、トゥルーライフで釣りまくってらっしゃいます。
   ↓  ↓  ↓
http://youtube.com/watch?v=MJi1ZhWbZBA&feature=related



このトゥルーライフ・スイムベイト、今年のBASSエリートシリーズでもファルコンレイクやアミスタッドで上位入賞者のキーベイトになっています。(ありがたや~)

僕が得ている情報ではファルコンレイクではマイク・アイコネリが11位、イッシュ・モンローが28位。
アイコネリは最終日に釣ったビッグフィッシュはすべてトゥルーライフで釣り上げたそうですよ~。

レイク・アミスタッドではルーキーのクラーク・リーヘムがトゥルーライフを使って2位入賞。
イッシュが3日間トゥルーライフのみを投げ続けて14位。
アイコネリが17位に入賞しています。

その時のムービーはこちら。
  ↓  ↓  ↓
http://sports.espn.go.com/broadband/video/videopage?videoId=3351895&categoryId=2860144&n8pe6c=2


「トーナメントの結果=良いルアーの証」という事ではないと思いますが、ホントにありがたい話ですよね。


スイムベイトばんざい!(笑)
by nishinelureworks | 2008-06-23 01:57 | Tru Tungsten | Trackback

Tru-Life Swimbait on Lake Amistad

バスマスターのウェブサイトに、先日のレイク・アミスタッド戦の動画がアップされておりました。

で、

で、

でぇ、

2位になったクラーク・リーヘムの動画を見たら、なんとなんとトゥルーライフスイムベイトの実釣シーンがアップされていました!!

モデルはティラピアだと思うのですが、ルアーの動きがしっかり見れますので、もしご興味のある方はご覧になってみて下さい。
バスマスターのウェブサイトはこちら  ↓  ↓  ↓
http://sports.espn.go.com/broadband/video/videopage?videoId=3351895&categoryId=2860144&n8pe6c=2

d0145899_3294841.jpg

動画内でクラークが使用しているのはこのモデルのシルバーカラーだと思います。

このティラピアモデルは、イッシュ・モンローのリクエストでレイク・アミスタッド用に作ったものなのですが、しっかり活躍してくれたようですね。
イッシュ自身もこのスイムベイトを投げ続けて14位に入賞しています。

現在のところ、日本からは下記の2箇所で通販可能みたいなので念の為お知らせしておきますね。
■ キャベラス
http://www.cabelas.com/cabelas/en/templates/product/standard-item.jsp?_DARGS=/cabelas/en/common/catalog/item-link.jsp_A&_DAV=MainCatcat20166-cat603338_TGP&id=0053777122934a&navCount=2&podId=0053777&parentId=cat603338&masterpathid=&navAction=push&catalogCode=IJ&rid=&parentType=index&indexId=cat603338&hasJS=true
■ タックルウェアハウス
http://www.tacklewarehouse.com/catpage-SWIMTRUTUNG.html


日本の何処かの業者さんが輸入されるとの情報も得ておりますので、そのうち日本にもお目見えするかもです!
by nishinelureworks | 2008-04-26 02:16 | Tru Tungsten | Trackback

Tru-Life Swimbaitスイミングアクション

昨日のブログでマイク・アイコネリがトゥルーライフ・スイムベイトを使用していたとの話をご紹介させて頂きましたが、実はビッグフィッシュの殆どはこのスイムベイトでキャッチしていたという事が今日になって判明しました。。。

えらいこっちゃ。(汗)


と言う訳で今日はトゥルーライフスイムベイトをご紹介をさせて頂きたいと思ったのですが、マジで死にそうなので動画だけでお許しを~。

たぶん、本邦初公開だと思います!!



これは現在開発中の8インチトラウトのアクションで、マイク・アイコネリが使っていた6インチティラピアではありませんが大体こんな感じのアクションです。(6インチモデルの動画が見つからんかったのよね~ん。爆)

色んな秘密はあるのですが・・・・・。

あかん、今日は・・・・・・本当に死にそうです。(泣)

詳しい事はまた後日。
by nishinelureworks | 2008-04-08 17:22 | Tru Tungsten | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31