Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ルアー開発( 86 )

何となく

本日、2度目の投稿です!

なんとな~く、削ってみました♪

d0145899_957553.jpg

何に見えますかね~?(笑)
by nishinelureworks | 2012-06-22 09:58 | ルアー開発 | Trackback

ハンドメイドアイ

昨日~今日は、ひたすら目玉作りをしておりました。

NLWルアーに装着されているアイは、もちろん全て自家製ハンドメイド。

d0145899_8582117.jpg

アルミテープをポンチで一つ一つ打ち抜き・・・

d0145899_8585496.jpg

黒目、金環を一つ一つ手作業で描き入れて行きます。

そして瞳孔は、極小ポンチで打ち抜いたホログラムを一枚一枚貼り付けております。

d0145899_8595718.jpg

こうして出来上がった目玉シートに、樹脂を盛って目玉が完成!!

もちろん、樹脂盛りも一個一個手作業で行っています。


NLW創業以来、累計数万個の目玉を作ってきていると思いますが、
正直な話、よくもまぁ、ここまでギブアップせずに作り続けてこれたもんだなぁ~って思います。


どんなに手間暇かけてハンドメイドアイを作ってみたところで、釣果に差はないと思いますし、
利益率とか生産効率の事とか考えたら、こんなメンドクサイ事やってる場合じゃないのは重々承知ですが、
アホ頑固ビルダーの悲しい性で止められないんですよね~。

d0145899_933141.jpg

完全に自己満足でしかありませんが、手間暇かけて作り上げた目玉をルアーに装着する瞬間が自分は大好き。

自分にとっては、目玉を付けた瞬間にそれぞれのルアーが生き物みたいな存在に変わるんですよね~。

古臭い考え方かもしれないけど、道具には魂が宿っていると信じている自分。

その思い込みは、もしかしたら単なる勘違いかも知れないし、今の時代にそぐわない考え方なのかもしれませんが、これからもそう信じて作り続けて行きたいと思います。


さぁ、今から塗りです!!
by nishinelureworks | 2012-01-13 09:09 | ルアー開発 | Trackback

NLW2012

今年は、思いっきり開発しまくろうと意気込みまくっております!!(笑)

昨年は開発作業をほぼ休止していたので、今年は本格的に開発を再開したいと考え中。

もうね、一年間、開発を休止していたのがある意味良かったのか、次から次に試してみたいアイデアが出てきてしまって大変な事になってます。(妄想が暴走しているだけと言う話もありますが。笑)

と言う訳で、現在開発中のルアーをちょこっとご紹介させて頂きたいと思います♪


まずは、現実的に発売を視野に入れたモデルから・・・・・・

d0145899_214142.jpg
                     オチアユWP125F

本来であれば2011年にオチアユミノー125FRと一緒に同時リリースを考えていたのですが、あまりの時間不足で泣く泣くリリース延期とさせて頂いたモデルです。

で、せっかく延期になったなら、更に何か改良できないかと、地道に改良をしております。(開き直りとも言う。笑)
まだ、詳細を書く事は出来ませんが、フロントフックハンガーの前に追加されたアイレットが意味を持ってくると思います♪

d0145899_2147106.jpg
                     ファットブル1(FB1)

ファットブルの最シャローモデルで、対ソフトカバー攻略を視野に入れたモデルです。
春先のプリスポーン期、バスがシャローの葦原やハス畑に入り始めた頃に是非使ってみて頂きたいと思っております。(現在、全速で製品化の準備中です)

と、今年の上半期はオチアユWP125(店頭販売)とFB1(ネット販売)の2機種をリリースさせて頂こうかと計画中です!!


んで、ここから先は、とりあえずプロトモデルは完成しているけど、今年みっちりテストをしてみたいと思っているモデル。

d0145899_21561852.jpg

デカビーツァリップレス!

かなり良い感じに仕上がっていながらも、まだイマイチ投入どころが分かっていないデカビーリップレス君を、今年オンタリオで投げまくりたいと思っております♪

d0145899_21592476.jpg

パユート・テールフックモデル!!

このルアーに至っては、既に6~7年前に完成しており(NLWを立ち上げる前、レイクトローリングでBC州のカットスロートトラウトを釣りまくっていました)、あまりにも方向性が違う為、全く製品化を考えていなかったモデル。

が、昨年末、キャロでも使えるという事が分かり、今年は対スーパーディープ攻略の一環として、投入してみたいと思っております♪

ちなみに、キャロに限らずルアー単体で使っても、ノーシンカースティックベイトのような感じで水面直下をダートさせられるので、これも試してみたいですねー。(テールフック1本でフッキングするかどうか謎ですが。笑)

d0145899_2274141.jpg

オチアユミノー125FRのM7リップ移植モデル!!

ノーマルオチアユミノーの一段上のスピード域で使えるモデルです。

ビッグスモールマウス食ってこないかなーー?


d0145899_22103591.jpg

トゥルーライフスイムベイト!!

今や過去の遺産となってしまったトゥルーライフスイムベイトですが(涙)、ちょこっと着眼点を変えて、あるチューニングを施してみましたところ、かなり面白い使い方が出来る事が判明。

ある意味、アラバマリグ並みに賛否両論出そうな気もしなくもない使い方なので(爆)、しばらくシークレットで試してみたいと思います。
もし今後、裏日記にこのルアーが登場しないようでしたら、試みは失敗に終わったものと思ってください。(笑)

と、以上が今年、本格的に実釣テストに持ち込みたいと思っているモデルです。

そして、ここから先は、現在進行形の暗中模索モデル。(意味不明モデルとも言う。笑)

d0145899_22173757.jpg

先日、ちょこっとご紹介させて頂いたNLWバイブのプロトモデル。

対スーパーディープ攻略を視野に入れて作ってみているマグナムバイブレーションです♪
楽勝で水深10mオーバーに送り込むことが可能なのですが、スーパーディープに送り込む事ばっか考えた結果、キャスト性能が激落ちになったりと、問題も多いモデル。
ボディー見直し等も含めて、かなり試行錯誤が必要そうですね~。

でも、このモデルで試してみている方法を別路線で生かすことが出来れば、バイブレーションルアーによるウィードエリアでのハングオフの釣りが更に快適になるかも?って思っています♪(ノーマルサイズも作ってみたいですねぇ~)


d0145899_22453214.jpg

デカビーバズ!!

基本的にビッグバスを反応させる要素を多く持つバズベイトですが、ビッグバスが反応してきたもののバイト直前に見切られる事も多くないですか?
これって、ルアーのシルエットとかも関係しているのではないかなぁ~?って勝手な妄想をしています。

と言う訳で、作ってみたデカビーバズ!!(発想が単純すぎる。←アホ)

でも、そこはかとなしに、ビッグバスルアーの匂いが漂ってきませんか?(ホントか?笑)

このデカビーバズ君ですが、現在フックシステムをどうしたらいいか考え中です♪

たぶんですが、このデカビーバズ君、北嶋君とか、ひでさんとか、りょうさんとか激反応なはず。(笑)


個人的には、この派生モデルとして1~2オンスぐらいあるスーパーヘビースピナーベイト(と言うか、巨大ジグスピナーかな?)とか作ってみたいですねー!

1オンスオーバーのヘビースピナーベイトって、一般的にはあまり出番はないかもしれませんが、絶対にデカバスに効くシチュエーションってあると思うんですよねー。
でも、これまたバズベイトと同じく、シルエットで見破られている事も多々あるんじゃないかな?って想像しています。
まぁ、単なるアホルアービルダーの妄想話として聞き流してやってください。(笑)


d0145899_22565444.jpg

そして、今日の記事のラストバッターは開発ネームすら決まっていないこの子!

ルアーの概要等は、今の段階では伏せさせて頂きたいと思いますが、
バーチカルにジャークベイトを使いたい!と言うコンセプトで作ってみています♪

たぶんですが、福島方面のアングラーさんには喜んでいただけるのでは?って思っております。(笑)


と、以上が現在進行形のモデル君達でしたー♪



ここにご紹介させて頂いたモデル以外にも、作りたいルアーがありすぎて、どうしようもない状態に陥っております。(汗)

今年は時間が許す限り、開発スイッチを押しまくったろうと思います!!
by nishinelureworks | 2012-01-06 23:29 | ルアー開発 | Trackback

Voice From The Water 『自分が生きてきた証』

久しぶりに永久保存ボックスを開封しました。

d0145899_23552484.jpg

こういう形でBC州から運ばれてきたこの箱の中身は、もちろんルアー!!

このボックスの中に何が保存されているかと言うと・・・・・

d0145899_23572420.jpg

今まで開発してきたルアー達のウッドプロトモデルやマスターモデルが保存されています。

このボックスに保存されているのは、主にシマノ社およびトゥルータングステン社で手掛けさせて頂いた大きめサイズのルアー達。

ある意味、正真正銘のシークレットボックスです。(笑)


かつて作ったルアーを久しぶりに手にすると、このルアー達を作った当時の光景が脳裏に思い浮かんできます。

このルアーを作った時は凍りそうな海でスイムテストしたな~とか、このルアーをテストしてた時にライフルを持ったネイティブインディアンに威嚇されたな~とか、このルアーを作った頃はお金が無くて庭の草を食って飢えをしのいだな~とか、ホントに色んな想い出がギッシリ詰まったボックス。

自分にとってルアー作りは自分の人生そのものです。


自分が作ってきたルアーを一つ一つ手に取ると、これまた色々と考えさせられます。

5年前の自分が作ったルアー。

10年前の自分が作ったルアー。

正直、未熟な部分は多々あります。

でも、その時々で自分のベストだけは尽くしてきている。
それだけは自信を持って言えます。


そして、今から5年後、そして10年後の自分が、今現在作っているルアーを手にした時、未熟だなぁ~って感じられる自分で居たい。

もし、未来の自分がそう感じる事が出来ないのであれば、それは進化も成長もしていないという事。

それでは製作者として無為な時間を過ごしているのと何ら変わりません。

何の為に生きているのか?
何の為に生かされているのか?


過去の未熟を恥じる事は何もないと思うんです。
それは成長の過程だから。

でも、製作者が自身の作品に満足し、そこで歩みを止めてしまう事は、自分への驕りでしかないと思うんです。

今の自分にできる事は、自分が生きている今と言う瞬間をを懸命に生きる事だけ。
自分がやるべき事に懸命に取り組み、自分のベストを尽くしていく。

それが将来の自分の成長に繋がるものと信じています。

d0145899_18349.jpg

今まで自分が生きてきた証として、これからも大切に保存して行きたいと思います。
by nishinelureworks | 2011-12-29 01:26 | ルアー開発 | Trackback

聖なる夜に・・・・

クリスマスイブの今日、一つのプロトルアーが命を宿しました。

d0145899_1510939.jpg

まだ全然未完成ですが、このプロトルアーの動きを見た瞬間、自分がずっとこのルアーの中に探していたモノが何だったのか、ようやく理解できました。

去年の春、何かに突き動かされるように作ってみたものの、生かしてあげる方法が分からなくてタックルボックスの中で一年以上も深い眠りについていたプロトモデル。

今日、ふと思いついた事があってチューニングを施してみたら、見事に生まれ変わってくれました。

このルアーが誕生するきっかけを与えた下さった、東北の住民さんと相棒AYSさんに、ただただ感謝です。


自分が探しているパズルの最後のピースはまだ見つからないけど、とにかく『探し求めていた動き』は出ました。

ただし、その動きはフックが装着されていない状態での動き。。。

それでは100年経っても魚は釣れません。(笑)

フックをどうするか?
その他諸々のセッティングはどうするか?

製作面においても、非常に難易度が高いルアーになるのは確実。

全てを完成させるには、多くの時間と試行錯誤が必要になりそうですが、可能性が1%でもある限り、諦めず挑戦を続けたいと思います。


聖なる夜に誕生したこのプロト君は、どんな夢を見させてくれるのでしょうか?

ドキドキします。
by nishinelureworks | 2011-12-25 16:01 | ルアー開発 | Trackback

スーパーディープの可能性?

なんだか、仰々しいタイトルの今日の裏日記ですが(笑)、常日頃考えている事に、ハードベイトで未開拓となっている分野の一つが『スーパーディープの世界』ではないか?って考えています。

ディープクランク等だと、せいぜい水深6mがいいところでしょうか?
専用クランクを開発すれば7mぐらいの潜行深度は実現できそうな気もしますが、それにしても、1キャスト中でディープクランクが最大潜行深度域に到達するのはごくわずかな距離。

幾ら潜行能力に優れるディープクランクを用いたとしても、潜行深度を稼ぐ為には、それなりの潜り区間と巻き上げ区間が必要だし、非効率的な部分も多い釣りだと思います。(まぁ、その潜り区間と巻き上げ区間でのバイトも多々ある訳ですが。笑)

そして、更にそれ以上の水深になると、ハードベイトでは極端に攻め手が減るというか、自分にはディープクランクのドラッギングか、メタルジグぐらいしか思いつきません。

んで、それをどうにか出来ないかと色々考えてみているのですが、先日試しに作ってみたバイブレーションルアー(記事)にちょこっとしたチューニングを加えてみたところ、アクションを損なうことなく水深10m以上に到達させられる事が分かりました。

d0145899_512462.jpg

来年は何としてでもボートを入手して、オンタリオ湖&エリー湖に出撃したいと思っているのですが、おそらくラージマウスでは考えられないような深度域が舞台になる事も多いのではないかと予想しています。

今、サーモン君やトラウト君達相手に試してみているキャロクラも、スーパーディープウォーター対策の一つ。

スーパーディープ&想像もつかないような広大なエリアを徘徊するジャイアントスモールマウスをどうやったらキャッチできるのか?

今年の冬はそれをじっくりと考えてみたいと思っています。

オフシーズンだからこそできる事は何か?

今年の冬は熱い冬になりそうです!!
by nishinelureworks | 2011-12-19 05:22 | ルアー開発 | Trackback

本日余力ゼロにつき・・・

今日は昨日の話の続きで、レッドスプールについて書かせて頂く予定でいたのですが、
出荷前の超バタバタでどうにもこうにも余力ゼロな状況につき、ちょっとだけ延期させて頂きたいと思います。(2~3日中に書かせて頂く予定です)
もし気になっていらっしゃる方がいらっしゃいましたらゴメンナサイ!!(謝)


とりあえず、レッドスプールとは全く無関係ではありますが、プロトバイブの写真でも見ておくんなさいませ~~~。(やっつけ仕事丸出し更新ですな。汗)

d0145899_7251254.jpg

先日作ってみたプロトバイブ君にちゃんと色を塗ってみました♪

それでは今日はこれにて失礼致します~~!!
by nishinelureworks | 2011-12-09 07:35 | ルアー開発 | Trackback

失敗作

昨日、チューンドオチアユミノーが見せてくれた生命感たっぷりの動きに感化され(記事)、今日はこのルアーもチューンしてみました!!

d0145899_13375474.jpg

チューンドデカビーツァ。

バカの一つ覚えで、デカビーツァにもM7のリップを移植してみました!!(アホ)

んで、結果ですが大失敗でした!!

元々、水の抜けが良いデカビーツァですから、さぞや豪快なダーティングアクションを起こしてくれるかと思いきや、まったくのダメダメ君。(笑)

泳がないし、跳ばないし、全くの目論見外れ。

と、まぁ、そういう結果に終わったデカビーツァチューンですが、これではこれで貴重なフィードバック。
失敗は成功の始まりと言いますし、やっぱ、やってみないと何も分かりませんもんね!(と言うか、こういう事ばっか。笑)



さて、次はどのモデルにM7リップを移植してみようかなぁ~。(爆)
by nishinelureworks | 2011-12-06 13:44 | ルアー開発 | Trackback

NLWバイブ出現?

先日、捕獲してきたギザードシャッド君♪(記事

d0145899_7423822.jpg

もうね、すっかりギザードシャッドの虜となっております。(笑)

棘もなく、ゴツゴツの鱗もなく、硬い骨も無さそう。
そして、極めて吸い込みやすそうな極薄ボディー。

大量に生息し、かつ遊泳力も強くない。

まさにプレデターに食われるための理想形?(笑)とも言うべき、素晴らしき条件を備えた愛らしい小魚ちゃんです。

もうね、見れば見るほど惚れ惚れしまくり。(病気ですな。笑)


と言う訳で、ようやく仕事が一息ついたので、デッサンしてみました!!

d0145899_750440.jpg

こんな感じでしょうか??

書いているだけで、ドキドキしてきます~~~~~~~。(笑)


d0145899_7514744.jpg

ちょいとルアーっぽくなってもらう為に、モデルのシャッド君に下ぞりになってもらって、下ぞり形状も書いてみました♪

でも、この形状、何かに似てないですか????(汗)

d0145899_7564779.jpg

並べてみると、まんまデカビーツァでした。(笑)


全然関係ない話ですが、今自分がデッサンに使っているペンはこのペンなのですが、このペン素晴らしすぎです!!(ホントに全然関係ない話ですね。笑)
d0145899_881337.jpg

裏日記にもちょくちょく釣果報告で登場して下さっている三つ子のヲヤジさんより頂いたシャーペンなのですが、このペンの凄いところは、筆圧を利用してシャーペンの芯がくるくる回り、常に芯が尖った状態で線を引けること。

日本の文房具って、ホント世界一だと思います!!(驚)



と言う訳で、カービングの開始です!!

ここまで薄い魚は今まで削った事が無いので、多少戸惑いながらも、カービングの手を進めます。

d0145899_7591718.jpg

削りあがったボディーはこんな感じ♪

まだいまいちシャッドの特徴をつかめておりませんが、初号機としてはまあまあの満足感。


んで、ここまで薄っぺらいボディーが泳ぐの?・・・・・・と言う疑念&誘惑に耐えられず、早速クランクベイト化してみました!!

d0145899_8123826.jpg

試しに泳がせてみたら・・・・・・・何事も無かったかのように極めて普通に泳ぎました。(笑)

が、あまりにも普通すぎて、特にこのルアーじゃなければならないという理由が見つからない。

イメージ的には、『噛み』よりも『抜け』重視と言うか、抜けまくりのクランクを作りたかったんですが、デカビーツァの方がよっぽどいい感じで抜けまくり。(笑)

と言う訳で、リップをカットしてウェイトを増量し、リップレスクランク化!!

d0145899_8171187.jpg

これはかなりいい感じでした!!

高速域~超高速域の安定感はもちろんですが、止まるぐらいの超低速域でもプルプルと小気味良く泳いでくれ、適当に作った割には結構いい感じ♪

d0145899_8225331.jpg

今日は、オンタリオ湖のビーチにちょこっとブラウン狙いに出撃してきたのですが、強風が打ち寄せるビーチでも風を切り裂いて飛んで行ってくれるバイブレーションルアーはやっぱいいなぁって思いました。(って言うか、絶対必要かも)

実は、マグナムサイズのバイブレーションが欲しい!!ってお話を、かなり以前に稲吉さんより頂いていたのですが、この冬、オンタリオ湖のブラウン君相手に超本気で作ってみようかと考え中です!!(稲吉さん、待っててくださいねーー!!)


正直な話、作ってみない事には何も分かりませんが、ギザードシャッドってまんまコノシロそのものですし、バス以外にもシーバスなどでも可能性が無いかな?って妄想中です。

やっぱ開発は血が騒ぎますね!!!!

やったるでぇ~~~~~~!!
by nishinelureworks | 2011-11-21 08:37 | ルアー開発 | Trackback

オンタリオリグ??

現在、世の中で大きな話題となっているアラバマリグ。

そんな超絶リグに対抗すべく、こんなルアーを作ってみました!!

d0145899_032675.jpg

オンタリオリグ??(爆)

お腹に2枚。
左右に2枚ずつ計4枚。
背中に2枚。
テールに1枚。

と、合計9枚のブレードにプラスして、2枚のプロペラ!

プロペラを含めると計11枚のブレードを装着した豪華絢爛なオチアユWP君です!!(笑)

これでアラバマリグに対抗すべし!!!








・・・・っと意気込んでみたのですが、実際に投げてみると、ブレードが絡みまくってテールの2枚しかブレードが回らず、完全に企画倒れで終わりました。(当たり前だ。笑)
by nishinelureworks | 2011-11-16 00:37 | ルアー開発 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31