Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ルアー開発( 86 )

スイムテスト

昨日たまたま出来た偶発ダイバー君を投げてきました。(記事

アクション問題なし!
飛距離問題なし!!

動き的にはラパラDTを更にタイト&ハイピッチにしたような動きでした。

個人的には凄く好きな動きで、使ってみたいシチュエーションが色々と思い浮かびました。(喜)


が、同時に問題も発見。。

d0145899_534415.jpg

調子こいて1時間ほど投げてたら、ボディーにうっすらとロールマークが出始めたがな。。(汗)

いや、ロールマークはいいんですが、いくらコーティングを施していないプロトモデル(傷が付きやすい状態)だったとしても、これだけ短時間でロールマークが出始めるはマレな事なんです。


ちなみにロールマークの問題はブレクラM5Rのスクエアリップを移植したミドル君にも発生。
d0145899_5434736.jpg

この子の場合はフロントフックではなく、テールフックがロールマークを作り始めてます。

しかも、ボディーの右側はフック傷一つ付いていないのに、何故か左側ばかり削れる状態。(意味がワカラン。笑)


コーティングすればロールマークの進行を多少遅らせる事は出来ますが、この子達の削れ進行具合からすると焼け石に水っぽい感じです。


今回試したダイバー君の超ハイピッチアクション。
そして、M5Rのリップを移植したミドル君の対カバー性能。(対ソフトカバー性能もM1R君に負けず劣らずでした)

どうしても、この子達の特技を伸ばして上げたいんですよねー。


ボディー形状がまだ完成レベルまで到達していないのか・・・・。
フックセッティングやウェイトセッティング等のチューニングレベルで抑える事が出来るレベルのものなのか・・・。

まだまだ研究する事は山積みですねー。


ルアー開発は本当に面白すぎです!!
by nishinelureworks | 2010-12-28 06:01 | ルアー開発 | Trackback

またもや偶然の産物

本日2度目の投稿です!!

現在開発中のM1Rでまたもや偶発事故?が起こりました。(またかい!ってツッコミは無しで。笑)

丸っこいボディーだし、ダイビングリップを付けたら、もしかしたらウィグルワートみたいになるんじゃね?
って思いつきで作ってみたこのプロト君。

d0145899_1645429.jpg

こんなもんかいな?ってな感じで、何時ものごとく適当にリップを付け、適当にウェイトを埋め込み、お風呂場へGO!!

んで、泳がせてみると・・・・・・・・・・

!!!!!??????

予定ではウィグルワートになるはずが、何故かバイブラワートになっとるがな!!(汗)

しかもそれが妙にいい感じ♪

凄まじい振動を発生しながらブリブリ泳ぎまくりです。

超タイトウィグル&タイトピッチ系のアクションで、クランクと言うよりも殆どバイブみたいな動き。
と言うか、中途半端なバイブレーションルアーよりもよほど早いピッチが出ていてビックリです。(驚)

こんなラウンド系ボディーでもこんな動きが出るんだな~って、非常に嬉しい発見でした!!


んで思ったのは、この動きと浮力なら、もしやバイブだと投げ込めないようなカバーに投げ込めるんとちゃうかな?って妄想しまくり。(笑)

まだ実際のフィールドで投げてないので、もしかしたら根掛かりまくったり、全然飛ばなくてダメ!ってなことも大アリですが、色んな可能性を感じさせてくれたプロト君でした。


それにしても、この動きを製品で再現するのは超大変そう。(汗)

おそらくですが、このルアー用に新製法を編み出さなければならなさそうな気がします。

何事も挑戦ですね!!

やったるでーーー!!
by nishinelureworks | 2010-12-27 16:02 | ルアー開発 | Trackback

突破口になるのか?

本日2度目の投稿です!

かねてより開発を進めているこのルアー。

d0145899_9201421.jpg
                     ブレードクランクM1R

開発が進展しているような進展していないようなという状況を繰り返しているうちに、2年の月日が過ぎ去ってしまいました。(汗)

開発コンセプトにしているのは、ただ単にシャローレンジを引けるブレクラという訳ではなく、ベジテーション系のソフトカバーに強いシャロクラ!!(詳細記事はコチラ

春先、葦の新芽が伸び始めたドシャローとか、スポーンを控えたバスが入ってくる事が多いですが、それを狙い撃ち出来るクランクというのをイメージしています。

かなり沢山の方から、このルアーに期待しているとのお話を頂いているにも関わらず、開発が遅々として進まなかった理由の一つは、今自分自身が釣りをしているフィールドでこの手のクランクがハマるシチュエーションというのがなかなか見つからなくて、いまいち明確なイメージを持つ事が出来ないでいた事。(要するに努力不足です。スミマセン)

それと、このプロトクランクの完成度が微妙で、このまま製品化してもOKと言えばOKな完成度。
でも完璧に納得できるか?と聞かれれば、普通に使えるけど何かが足りないのでは?

って部分で決定打に欠ける感じ。

んで、今回日本に帰って、関東のフィールドや岡山のドシャローフィールドを実際に体験したら、これは本腰を入れてブレクラM1Rを開発せにゃ!ってようやく明確なイメージを持つ事ができたという次第です。

今回、あちこちで沢山の方々とお話させて頂く事ができたのですが、特にこのM1Rに熱い要望を頂いたのは牛久や印旛水系で釣りをされている方々!!

春のドシャローでキャッチされた琵琶湖顔負けのビッグフィッシュのお写真を拝見させて頂き、テンションはあがりまくり。

関東にも凄いバスが居るんですね!!

って、単純アホルアービルダーはテンションがあがりまくってしまった訳です。(アホ)


と言うわけで、今回の日本滞在中、意識してブレクラM1Rのプロトもかなり投げ倒してみました。(シーズナルパターンは完全無視とも言う。爆)

で、神様の悪戯か、妙な偶然が重なって一つのヒント?を発見する事ができました。

そのきっかけとなったプロトモデルがこれ。↓

d0145899_9413224.jpg
                      尻折れブレクラM1R

ミスキャストで橋脚に激突して尻が折れてしまったブレクラM1Rプロト君なのですが、こいつがなかなか良い感じ。

と言うかむしろ、オリジナルのブレクラM1Rプロトよりも明らかにアクションのキレも、ウィード回避能力も上がってビックリ!!

僕自身、ルアーを壊してしまうのはワンシーズンに1個か2個ぐらい(ロストも2~3個ぐらい)なのですが、今年初めて壊したルアーは妙に良い按配で壊れてくれたみたいです。

d0145899_9505384.jpg

岡山某所ではこんな場所で釣りしたのですが、これぐらいの腐れ藻ならお茶の子歳々。

少しでも強くコンタクトすると抜けてしまうヘドロ底の腐れウィードの中でも、ほぼノーストレスで引くことが出来ました。

おそらく、春のしっかりした葦の新芽なら無問題で通せると思われます。(たぶん)

正直、機能と使用感だけ見るならこのまま製品化したいぐらいなのですが、問題なのは見た目。

この見た目じゃあ、とても製品化できません。(汗)

って訳で、現在、この機能を維持しつつも、もう少しマシな見た目にならないか研究中です。


牛久のT沢さん達、待ってて下さいね!!
by nishinelureworks | 2010-12-05 09:54 | ルアー開発 | Trackback

カービング

久しぶりに削ってみました♪

モノになるかどうかはワカリマセンが、ふと思う事があって削ってみたバス型ルアー。

d0145899_1523487.jpg

やっぱり削りは楽しい!!

削っている内に、体の芯からシャキッとするような気がしてくるから不思議です。
by nishinelureworks | 2010-09-21 01:58 | ルアー開発 | Trackback

試作品色々

今日は、所要でバンクーバー方面へ行ってきました。

車を運転してて思ったのですが、バンクーバーでは既に秋の気配が漂い始めてますねー。

この前のH湖でも、バスの動きが微妙に秋ポジションに動き始めてたし、今年の夏もあと少しっぽい感じです。

そして、夏が終わると、8ヶ月ぐらいにも及ぶ雨季に突入。(雨季長すぎ!!涙)

既に半そででは寒いぐらいで、残り少ない夏を思いっきり楽しまないと!と言う感じです!!


と言う訳で、全く関係ない話に変りますが、今年の夏に試してみているルアーを幾つかご紹介させて頂きますね!!(ホントに全く関係ない話ですね。爆)

■ 試作品その1
d0145899_11215142.jpg
              オチアユミノー125FRプロト(Wブレードバージョン)

ご覧の通り、オチアユミノーのWブレードバージョンです。
もうね、キワモノ街道まっしぐら。(笑)

この際だから、ブレードを2枚と言わず、10枚ぐらい付けちゃったらどうなるか気になるところですが、10枚ブレードを付けたら、確実にルアーが沈んじゃうと思うんで、とりあえず今のところは2枚ぐらいでカンベンしといたるわーって感じ。(爆笑)

完全にB級路線まっしぐらなNLWですけど、そろそろNBW(ニシネブレードワークス)って改名した方が良いかも。(笑)

このWブレードバージョンのオチアユ君ですが、このアホ丸出しな外見とは裏腹に、
魚を呼び寄せる力はかなり強いみたいですね!

先日釣りをしてて思ったのですが、
明らかに、ブレードなしのノーマルバージョンよりも沢山のバスが浮いてきます!!

そして、何の躊躇もなく一気に食ってくる感じ。

まだ一回しかWブレードバージョンを試せていないので、何も語れませんが、使い方によっては相当な破壊力を秘めていそうな気がしています。

個人的には、デカビーツァで獲れない魚を、このオチアユミノーで反応させられそうな気がしてて、
今後一つの武器にならないか非常に期待を寄せているルアーです。

フロントでデカビーツァを投げまくっているPoodle Basserさんの後ろで、バックシーターでオチアユ君を投げて魚を獲れてますし、これはこれでかなり破壊力がありそうです!!


■ 試作品その2
d0145899_11363842.jpg
                      スモラバ(名称未定)

スティールハント社のスティールベイトをセットした状態です。

僕が持っているワームの中では、今のところ4インチのスティールベイトとの組み合わせが一番気に入っています。

落としてよし、泳がせてよし、このワームは本当に素晴らしいですね!(まさにエサ。笑)

個人的にはカットテール4インチ以来の衝撃を受けました!!(惚れた)


先日のH湖では、ゴビーをイメージして岩盤伝いに落としていったり、
ウィードトップをただ巻きで泳がせたりして高反応を得ました。

このワームって、ミドストみたいにシェイクをしなくても、ただ巻きするだけで絶妙にボディーを震わせながら泳いでくれるので、僕みたいな大雑把な釣りをする人間にとっては非常に使い易いワームですねー。(しかも釣れる)

僕の勝手な解釈ですが、中層を泳がせる時はミドストと言うよりもクランキング感覚で適当に巻き巻きしています。(笑)

って、ジグの話じゃなくて、ワームの話ばっかになっとるがな。(汗)

このスモラバですが、とりあえずフッキング性能はかなり良く、バイトを感じて、スッとロッドを立てたら掛かっている感じです。

これはひとえにバルキースピアーの優れたフック形状のお陰であります。

根掛り回避性能とフッキング性能の両立って、完全に相反する要素で、それを両立させる為に色々試行錯誤を繰り返している訳ですが、結構いいところまで来たかも~~♪(あくまで個人的主観です)

先日、H湖のウィードエリアで使って、若干ストレスを感じる部分も見つかったので、
現在はそれをどう改良していくか考え中。

今日、釣具屋さんで可能性がありそうなブツを入手してきたので早速試してみたいと思います♪(パワーアップできたらいいなーー)


■ 試作品その3
d0145899_11524617.jpg
                     NLWフロッグマウス君(仮称)

仕上げも手抜きなら、名前も超テキトー。(笑)

しかも、ここ数回、H湖で試してみているのですが、未だに一匹もキャッチ出来てません!!(爆)

いや、正確に言うと、焦って早あわせを食らわせてしまって、フッキングミスと言うのが一回だけありました。(バスの歯形だけザックリ)


このルアーを作ってみた理由はカバー狙い!!

H湖を覆い尽くすウィードジャングルの中に居るであろうデカバス君達を、何とか攻略できないかと考え中です。

その目論見は未だに成功せずですが、ハードルアーでありながらも、通常は中空フロッグを投げるしかないような場所にも投げ込めるスナッグレス性能だけは確保してます。

ただし、フッキングするかどうかは謎。(爆)

ハードルアーでのヘビーカバー攻略って、ある意味未開拓な領域で何とかしたいんですけど、なかなか難しいですね!!

実際の話、そんなんわざわざハードルアーを投げなくても、フロッグがあれば充分やん?って話は大いにあると思いますが、ハードルアーにはハードルアーならではの武器ってのもありそうな気がするんですよねー。(って何時もの妄想です。笑)

もし1年後、このルアーの事が全くこの裏日記で語られなくなっていたとしたら、このルアーはダメだったと思ってやってください。(笑)


残り少ないバンクーバーの夏、この子達を出来る限り試して行きたいと思います!!

とりあえずの、近況報告でしたー。
by nishinelureworks | 2010-08-11 12:20 | ルアー開発 | Trackback

オチアユ君パワーアップ計画

先日、アメリカから待ちに待ったブツが届きましたー!!

d0145899_219336.jpg

プロップのサンプル!!

現在、オチアユ君&デンプシーテールのパワーアップが出来ないかと考え中で、
今回初めてステンレス製のプロペラを試してみる事にしました!!

d0145899_222178.jpg

早速、オチアユ君スローシンカーに装着してみました♪

左がステンプロップで、右が真鍮製プロップ。

なかなかいい感じかもー!!

どんな音が出るのか、早速風呂で泳がせて見ると、

意外な事に音質は真鍮製とそれほど変らなくて、微妙に低音ノイズが加わるぐらい。

デンプシーテール、そしてオチアユ君でも、真鍮プロップで結果が出ているので、
あまり大きな音質変化は避けたかったのですが、
このステン製プロップの音は、かなり真鍮プロップの音に近く、自分的にはかなり好き♪

プロペラをステン製にする事で変る事なのですが、
オチアユ君の場合は、音質というよりも音量が大きくなる事が判明しました。

感覚的な話なので正確な数値ではないですが、音量が1.2倍ぐらいになる感じ。


この音量増大で、更に深いバスを浮かせられないかな?と妄想中です。(笑)

このプロップを導入するかどうかは、バス君に聞いて決めたいと思います。

ステンプロップの実力を、今年の夏に検証していきますね!!
by nishinelureworks | 2010-07-17 02:40 | ルアー開発 | Trackback

ベイトフィッシュのキラメキ

本日2度目の投稿です!!

ここ1~2年ずっと研究している事がかなりいい感じになってきました。

研究しているのはベイトフィッシュの肌感。

d0145899_482076.jpg


オチアユ君に塗ってみたのですが、結構生々しい感じになってきたかも~!!(喜)


ペインティングも本当に奥が深いですね♪
by nishinelureworks | 2010-06-29 04:11 | ルアー開発 | Trackback

こまった

本日2度目の投稿です!!

現在、デカビーツァの製作を徐々に開始しているのですが、問題に直面して悩み中です。

その問題とは、これ。

d0145899_2161932.jpg

フレーム成型が上手くいかーーーん!!(涙)

どうしても泡が入っちゃうんですよね。
それもリップ部に。(非常に困った)

デカビーツァのフレームには通常のレギュラービーツァの倍ぐらい量の樹脂を使うのですが、
何度やっても同じ現象が発生して頭を抱えています。

樹脂量も全然違うし、レギュラービーツァの成型法と同じ考え方では上手く行かないのかもしれませんね。


もちろん、量産用のフレームモールドを作り始める前に、
テストモールド(量産型と同じモノ)を作って、試作ではほぼ100%の成功率だったので、
本格的なモールド製作をスタートした訳ですが、
実際に量産モールドが全て完成して製品の製作に入ったら、何故か上手く行かない。

うーむ、困ったと言う感じです。(汗)

今の成功率では、製品化すらおぼつかないし、
もしデカビーツァを出せたとしても、軽く4000~5000円オーバーになってしまいます。
それではお話になりません。


とにかく、改善策を考えなければ。

突破口はきっと何処かにあるはず!!

トライあるのみですね!!!!!!

やったるでーーーー!おりゃーーーーーーーーーーー!!
by nishinelureworks | 2010-06-26 02:33 | ルアー開発 | Trackback

何色に塗ろうかな~♪

ただ今、デカビーツァのカラーパターンを考え中です♪

d0145899_0241271.jpg

ちょいと考える事もありまして、
デカビー君にはある意味意外なカラーも入れるかも。。(ただ今検討中)


んー、こういう事を考えるのってホント、楽しいです!!(笑)
by nishinelureworks | 2010-05-19 00:26 | ルアー開発 | Trackback

技術の限界に挑戦!?

昨晩は、あるルアーのマスターモデル作りに没頭してました♪

稲吉さんからのリクエストルアーなのですが、
作っていくうちにあるパーツが必要な事が分かり、マスターモデル作りが一時頓挫する事に。。

欲しいパーツは、外径1.5mm、内径1mmの極細パイプ!!

そんなコジャレタモン、カナダでは絶望的に手に入りません。(涙)


って訳で、無いなら作ろう!!(笑)

何か使えそうなものが無いかとゴソゴソ探してみると、何となく使えそうなモノがありました。

d0145899_134211.jpg

ツマヨージ!!!(笑)

ゴソゴソと作業机の引き出しをまさぐっていると、ツマヨージ君がオイラを使ってくれ~ってアホビルダーに訴えかけてくる。(何で、作業机にツマヨージが入ってるの?ってツッコミは無しで。笑)

ツマヨージ君を極細パイプに改造するべく、芯部分に1mmのドリルで穴を開けます。

d0145899_1383342.jpg

こんな細いモンに穴なんて開けれるんか?って思ってたのですが、やってみると意外に出来ました。(笑)

成功確率は最初5割ぐらいだったのですが、本数を重ねていくに従って成功確率8割ぐらいに進化♪

何事にも慣れってあるんですなー。(笑)

d0145899_141038.jpg

穴の開いたツマヨージ君。

んで、このツマヨージ君の外周を削って外径1.5mm、内径1.0mmの極細パイプが無事完成!!(←写真を撮り忘れた。アホ)


で、折角だからツマヨージ君に字を書いてみました。(ヒマ人かよっ!?笑)

昔、TV番組の世界ビックリ人間大賞で、お米に字を書いている凄い中国の人が居ましたが、自分にはどれぐらい小さい文字が書けるのかなー?ってツマヨージの頭に書き書き。。

d0145899_1544297.jpg

とりあえず、2文字までなら意外にあっさり書けました。

d0145899_1564531.jpg

拡大するとこんな感じ。


んー、たぶんですけど、3文字ぐらいまでなら書けそうなんですけど、
世界ビックリ人間大賞に出ていた方は、あの小さなお米に何十文字も書いてたので、
3文字じゃあ全くお話にならないですねぇ。

世界の壁は果てしなく高いです!!


とりあえず、今のところは老眼の心配は全く無さそうという事だけは解りました。(笑)
by nishinelureworks | 2010-04-08 02:04 | ルアー開発 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30