Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:琵琶湖TEST釣行記( 61 )

琵琶湖TEST釣行記 【KB105DRで9.97ポンドのビッグフィッシュキャッチ!!】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!

なんと!前回の62センチに引き続き、先日再びKB105DRで58センチ4520gのビッグフィッシュをキャッチされたそうですよ~!!

58センチで4500gってメチャクチャ凄いですね~!!!
うぉ~~~~!!!!

d0145899_22112172.jpg

【KB105DRでGOODプロポーションなバスをキャッチ!】

こんにちは。

11月26日(土)の琵琶湖(南湖)での釣果報告です。

随分、寒くなり、ウインタースーツが必須となりました。
当日は朝4時で、気温4℃。(予報では6時で2℃)
水温は14℃前後あり、まだ十分、クランクで釣れる水温です。
私がディープクランクを使うエリアは、
・水深が4m以上あり、ウイードが残っているエリア。(ハードボトムが絡めば更にGOOD)
・ギルやヒウオなどベイトがいるエリア。

写真のGOODプロポーションな58cm(4520g)をキャッチしたのは、水深約4mのエリアで、魚探の映像とカイツブリが盛んに潜っていたので、多分、ヒウオがいる感じでした。

このバスを釣ったのは南湖ですが、サイズのわりに口が小さく、メチャメチャ太い体系をしており、北湖にいたバスと思います。
d0145899_22123830.jpg

ヒウオを追って、南下してきたのでしょうか?

60cm以下で、4500gオーバーのバスを釣ったのは初めてですし、釣れたルアーがKB105DRとダブルで嬉しい、記憶に残る一尾となりました。

琵琶湖では最近、BIGクランク(SKTマグナムなど)が流行っていますが、KB105DRも結構大きなクランクなのです。
KCなどのイベントに来てくださった方々は実物をご覧頂いたかと思いますが、サイズ感が分からない方も多いと思うので、比較写真を撮ってみました。

上から、KB105DR、カスカベルDC-400、DEEP-X200Tです。
d0145899_22135255.jpg

大きいでしょ、KB105DRって。

ディープクランクではないけど、NLWにはもっと大きなボデーのウエイクベイト(コードネーム:KB130)のプロトが存在します。
このKB130、使うタイミングが中々なく、まだ魚を釣っていません。

そこで提案です、西根さん。
KB130を、2m潜るクランクベイトにできませんか?
クランクベイト化したら、使いどころが多いと考えています。
サイズ的にも、SKTマグナムやショット・ストーミーマグナムに負けていないし。

KB105DRを待ち望んでいる方々もたくさん、みえることですし、BIGクランクブームですし、KB105DRの再開発&KB130のクランク化、ご検討ください、西根さん!
KB105DR&KB130に興味がある方々は、西根さんに、作ってオーラーを私と一緒に送りましょう!(笑)

琵琶湖では、水温が10℃を切るくらいまでは、ディープクランクでBIGバスが狙えます。
ちなみに私は、水深4mまではKB105DRやDEEP-X200&300。
4mより深いエリアは、カスカベルDC-400、POE’S400、KB105DR(5mモデル)、IK-500などを使っています。
強風が吹く日も多くなるので、安全に気をつけ防寒対策は万全にして、初冬の釣りを楽しみましょう!
それでは!

《使用タックル》
ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:ジリオン SV TW 1016SV-SH
ライン:スーパーハードストロング16lb
ルアー:KB105DR、KB105DR(5mモデル)、カスカベルDC-400、POE’S400、IK-500など


稲吉さん、ありがとうございました!!
またもや凄い魚に大興奮しているであります!!\(^o^)/

4520gって言えば約9.97ポンド!
60センチ未満でそんなウェイトの魚を育む琵琶湖って本当に凄いですね~!
それがクランキングで狙えるなんて、お話をお聞きするだけでヤバいっす。(琵琶湖に行きた~い!!)

このKB105DRですが、何とか製品化できないか模索中です。
何とかしたいなぁ。

稲吉さんがレポート中にKB130についても書いて下さっていますが、そう!あるんですよ!
ってか、ありました!(危うく危うく忘れてしまうところだった。笑)

このクラスのルアーで今どうしても試してみたい方向性があるので、今度KB130ベースで試してみようかな~♪
稲吉さん、思い出させて下さり、ありがとうございます!

ああ、それにしても琵琶湖にクランキングに行きたい!
稲吉さん、素晴らしい釣行記をありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-12-02 23:16 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【KB105DRで62センチのビッグフィッシュキャッチ!!】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!!

なんと!KB105DRで62センチのビッグフィッシュをキャッチされたそうです~!
うぉおおおおおおお~~!!!!!

d0145899_5313024.jpg

ムービング系ルアーへの反応が良い季節になりました

こんにちは。

10月30日(日)の琵琶湖(南湖)での釣果報告です。

朝の気温は9℃。
急な冷え込みにより、バスの反応は良くないかも?と思いながら出船。
あまりにも寒いので、カイロ2枚貼(笑)

まずは前回の釣行(10月15日(土))で、今後、期待できると思ったポイントへ直行。
KB105DRやDEEP-X200などでチェック。
何投もして、やっとキャッチできたのはDEEP-X200にきた、20cmクラス1本のみ。
バスは移動してしまったようです。

10月15日の釣行では、DEEP-X200で、43cm、47cm。
d0145899_5323372.jpg

ウエイブモーションのネコリグで52cmなどをキャッチできたので期待大だったのに・・・。(残念)
d0145899_533567.jpg


水温低下によってバスの反応が悪くなっていることも考えられるので、次は湖流の影響を受けにくい4m前後のエリアをチョイス。

KB105DRでチェック開始。
46cmをキャッチ。
d0145899_5334122.jpg

このエリア、可能性あり!ってことで、KB105DRやカスカベルなどを投入。

するとKB105DRに、強烈なバイト!
d0145899_5342427.jpg

d0145899_5344763.jpg

62cm(4270g)をキャッチ。
超~うれしいい!!

その後は、今後、ムービング系ルアーが活躍してくれそうなポイントを回ってみました。
SPシャッドでは、ソウルシャッドでキャッチした48cmを頭に、スレッジシリーズなどで、たくさんのバス(38cm~20cm)をキャッチ。
d0145899_536380.jpg

DEEP-X200やフォローで入れたヤマセンコーでは38~40cmUP位までを数本キャッチできました。
秋になり、ムービング系ルアーへの反応がどんどん良くなってきているようです。

ギルなどベイトが浮いていれば、オチアユWP125やオチアユミノーでもいい釣りができると思います。
この魚は、9月末にオチアユWP125で釣ったグッドプロポーションの45cm。
d0145899_536569.jpg


KB105DRですが、今年の春、名古屋で開催されたKCにお越し頂いた皆さんに、たくさんの問い合わせを受け、お話しさせて頂きました。
たくさんの方々に興味を持って頂けているようで、開発のお手伝いをさせて頂いている私としても嬉しい限りでした。
KB105DRの開発状況ですが、ルアーとしては完成といってもいいレベルに達してしますが、発泡ウレタンでの製品化が難しいため、現在、開発休止となっています。
製品化するためには、インジェクションモデルへの転向が必要ということまでは西根さんとお話しできている状況です。
インジェクション化した場合、重心移動を搭載することも可能となりメリットが多いと思われます。

たくさんの方々に、ご期待頂いているKB105DR。
開発再開の際には、今以上によいものを製品化できるよう、私もお手伝いさせていただく所存です。

現在のKB105DRは4mダイバーですが、5mまたは5.5mダイバーも必要と思っていますので、2モデルを同時開発ってどうでしょうか?
西根さん、よろしくお願いしますね!

《使用タックル》
ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:アンタレスDC7
ライン:スーパーハードストロング 16lb
ルアー:KB105DR、カスカベルDC-400など

ロッド:ノリーズHB760M
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:KB105DR、DEEP-X200、DEEP-X300など

ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:SSエア8.1L
ライン:バウオ ベイトキャスティングフィネス 9lb
ルアー:ソウルシャッド62DR SP、スーパースレッジ、ウルトラスレッジなど

ロッド:FDアンリミテッド274M
リール:セルテート2506
ライン:バウオ スーパーハード プレミアプラス 6lb
ルアー:ヤマセンコー4inch、ウエイブモーションなど


稲吉さん、ありがとうございました!
ビッグフィッシュキャッチ、おめでとうございます!
むっちゃ嬉しいぃ~~~~!!!\(^o^)/

KB105DRですが、稲吉さんがレポート中にも書いて下さっていますが、とことん琵琶湖で試して頂き、改良作業を行い、ルアーとしては完成域に達しているんですよね。

が、このルアーを現在のNLW製法で発泡ウレタンボディーで製作した場合、あまりにも手間が掛かりすぎてしまい、おそらく市販価格5000円ぐらいになっちゃうんじゃないか?ってな状況で、ルアー自体は完成し、コンスタントにビッグフィッシュは釣れているものの製品化できないという状況にあります。(涙)

このKB105DRは、おそらく発泡ウレタンボディーよりも中空プラのインジェクションボディーの方がより完成度を高められる可能性が高いと感じており、もし実現させるとしたら、そこに活路が開けるかもしれませんね。
それにしても長い道のりになるとは思いますが、何時か実現させたいなぁ。

僕自身はまだけっして諦めていませんので、稲吉さん、これからもよろしくお願いしますね!

素晴らしいレポートをありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-11-05 05:52 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【オチアユ125WPで郁人が56cmをキャッチ!!】

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きました~!

息子さんが自己最高記録となる56センチをオチアユWPでキャッチされたそうです。
やったぁ~!\(^o^)/


【オチアユ125WPで郁人が56cmをキャッチ!!】

こんにちは。

7月の釣行をまとめて報告します。
(釣果および写真紹介は一部、抜粋です)

まずは、7月2日(土)。
ゴビゾー君の直リグで47cmをキャッチ。
d0145899_2133726.jpg

その他、40cm位までを4本キャッチしたところで、トレーラー車検を受けるため、一旦、私は釣りを終了。

車検が無事終了し、マリーナに戻ってみると、爆風が・・・。
出船しようとしたけど、まともに釣りができる状況でもないし、安全第一ってことで、
友人と相談し早上がり。(約3時間の釣行でした)


7月10日(日)
この日は一人での釣行。
目的は、TOP系ルアーのテストエリア探し。

出船前に少しだけ、マリーナ内で陸っぱり。
テスト中のデカビーポッパー(タイプC)で、47cmをキャッチ。
d0145899_2134348.jpg

(写真はボート上で撮っていますが、陸っぱりでの釣果です)

出船してからは午前中にゴビゾー君の直リグ、オチアユ125WPで小バスを数本キャッチ。
d0145899_21354446.jpg

d0145899_21361533.jpg

日が高くなってからは、マルチスティックのネコリグなどで、47cmまでを20本位キャッチ。
d0145899_21375738.jpg

BIGサイズは出ませんでしたが、TOP系のテストができそうなエリアを数ヶ所、確認できたので、収穫ありです。


7月18日(月)[海の日]
この日は、息子の郁人との釣行。
郁人と相談し、午前中はNLWルアーのTOP系ルアーでの勝負と決めて出船。
先週、TOPで良さそうって確認したエリアの1つに直行。
ギルも浮いていないし、バスのボイルもないので、ポッパーって感じではないと思い、オチアユ125WPをチョイス。
私が、25~30cm位のバスを4本キャッチ。
郁人はノーバイトで、凹みかけていたところに、待望のバイト!
自己記録更新となる56cm(2900g)をキャッチ!(やったね!)
d0145899_2139347.jpg

バスが突き上げてバイトするのがまる見えだった!って興奮状態の郁人。
写真撮影中、手足ガクブル状態の郁人。
私もガクブルになる、サイズを釣りた~い。(笑)

郁人から西根さんへ伝言です。
「西根さん、ありがとうございます、やりましたよ!」
昨年、郁人はボート際で、オチアユ125WPに出たBIGサイズにラインブレイクされているので、リベンジ成功です。
その後、他のエリアで私もBIGサイズを狙ってデカビーポッパーやスーパーチナイ、オチアユ125WPを試しますが、オチアユ125WPで小バス2本追加し、TOP系縛りは終了。
d0145899_21404622.jpg


日中は、ソフトベイトの釣りを展開。
2人とも数はそこそこ釣れるけど、郁人がマルチスティックで釣った47cmがMAXサイズ。
d0145899_21413594.jpg


このまま、郁人の完全勝利では終われないので、気合を入れてBIGサイズを狙いにいきます。
ヤマセンコー4inchで、54cm(2500g)などをキャッチ。
d0145899_21421772.jpg

夕方にはマルチスティックのネコリグで53cmなどをキャッチ。
d0145899_2143348.jpg

なんとか親父の威厳は守れたかなって感じ。
釣果では勝っても、内容では無底に惨敗ですわ~(笑)

今年は友人や息子が自己記録を更新しているので、私も自己記録を更新できるのでは?って淡い期待を抱いていますが、そんなに甘くはないよね~。
それでは!

《タックルデータ》
ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:ジリオンSV TW 1016SVH
ライン:バウオ スーパーハード ポリアミドプラス 20lb
ルアー:オチアユ125WP、デカビーポッパー(プロト)

ロッド:ノリーズHB760M
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:オチアユ125WP、デンプシーテールなど

ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:SSエア8.1L
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 8lb
ルアー:ゴビゾー直リグ、マルチスティック5.5inch、ヤマセンコー4inchなど

ロッド:FDアンリミテッド274M
リール:セルテート2506
ライン:バウオ スーパーハード プレミアプラス 6lb
ルアー:プロセンコーなど



稲吉さん&郁人くん、ありがとうございました!!

郁人君、ビッグフィッシュおめでとう~!(祝)
メッチャカッコいいバスだね!!
やったね!!\(^O^)/

カナダのアライグマおじさんも嬉しいよぉ~。(喜)

稲吉さんとのお付き合いはかれこれ10年近くになるのですが、最初の頃はまだちびっこだった郁人君が今や立派な青年に。
そして稲吉親子の釣りバトルが、年々ハイレベルになってきてますね。
これからも稲吉親子の釣りバトルに大注目しておりますよ~!(笑)

現在、稲吉さんに試してもらっているデカビーポッパーもいい感じで釣れているみたいで何よりです。(ウレシー!)
このデカビーポッパーですが、プロトを3タイプ作っているのですが、自分では判断できないので稲吉さんに託して様子を見て頂いております。(引き続きテストよろしくお願い致します~!)

稲吉さん、素晴らしい釣行記をありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-08-16 21:57 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【ゴビゾー君でBIGサイズキャッチ!】

稲吉さんより、釣果報告を頂きました~!

ゴビゾーでビッグフィッシュが釣れたそうですよ~♪
やったぁ~!\(^o^)/


【ゴビゾー君でBIGサイズキャッチ!】

こんにちは。

釣果報告が、久しぶりになってしまったので、まとめて報告します。
(釣果および写真紹介は一部、抜粋となります)

まずは、4月16日から5月14日までの3回分の釣行。
ビーツァM7で、写真くらいの40cmUPと小バスは毎回、3~8本位はキャッチできましたが、BIGサイズはキャッチできませんでした。
d0145899_9511068.jpg

d0145899_9515145.jpg

水がクリアアップした状況では、ブラッディータイガーやアルワイフといったナチュラル系カラ-へ反応が◎でした。
ヤマセンコー4inchには何回も助けられ、50cm前後を毎回、2~5本くらいキャッチ。
d0145899_9522169.jpg

d0145899_9524199.jpg

d0145899_9525826.jpg


6月11日、約1ヶ月ぶりの琵琶湖釣行。
オチアユ125WPやデカビーポッパー(プロト)、スーパーチナイなど
水面系ルアーでって期待していたけど、反応はイマイチ。
状況を把握するため色々なエリアを回った結果、ここ!って言うエリアは発見できなかったけど、何とか50cmUP3本、40cmUP7、8本キャッチと良い結果でした。。

この日は、プロセンコー、マルチスティックのネコリグが好調でした。
ちなみに50cmUPはすべて、プロセンコーによるもので、サイズは51cm、51cm、51.5cmと「51」の日でした!(笑)
d0145899_9535268.jpg

d0145899_9541591.jpg

d0145899_9543577.jpg

d0145899_9545562.jpg

d0145899_9551650.jpg


前置きが長くなりましたが、今回の本題、6月18日(土)の釣果報告です。
朝いちは、水面系で釣りたい!って思いからボイルが発生するエリアをチョイス。
しかし、ボイルはちょこちょこあるけど、色々なルアーを投入するも反応は・・・。

スーパーチナイに1発出た!
写真のかわいいサイズでした~。
d0145899_9561442.jpg

でも、今年初のTOPフィッシュ!サイズはともかく、嬉しい1本!

ボイルはあるのに、乗らないので、TXの釣りに変更。
デスアダーホッグやジャンボグラブ、ブルフラットなどで探ってみたがノーバイト。
時おり起こるボイルに、やっぱ、TOP?と迷いながらも、ゴビゾー君のいいシーズンだと思いだし、ゴビゾー君と相性の良いの直リグ(5g)をチョイス。

2投目に、「コッ!」とバイト!

掛けた直後、50cm以上であることを確信できるトルクと重さ。
慎重にやりとりして、キャッチしたのは58cm(3580g)のBIGサイズ!
d0145899_957431.jpg

d0145899_958368.jpg

やりましたよ、西根さん!

過去、ゴビゾーで、何回かGOODサイズを掛けるも、バレたり、ラインブレイクしたりしてたので、本当に嬉しい1本でした!

ありがとうゴビゾー!ありがとう西根さん!

ゴビゾー君で少し思うところがあるので、後ほど相談しますね、西根さん!
その後、親友のアツオも自己記録更新となる55cm(2520g)のBIGサイズをデスアダーカーリーのジグヘッドリグでキャッチ!(おめでとう!)
d0145899_9583956.jpg


ゴビゾー君、いくつかのエリアで打ってみたけど、この日はこの1本のみでした。
その他にも、プロセンコーやマルチスティックで40cmUPを5本キャッチと、良い釣り、良い思い出となった1日でした。
d0145899_9591438.jpg

d0145899_9593153.jpg

d0145899_9594818.jpg

それでは!

《使用タックル》
ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:ジリオンSV TW 1016SVH
ライン:マシンガンキャスト22lb
ルアー:オチアユ125WP、デカビーポッパー(プロト)

ロッド:ノリーズHB760M
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:スーパーチナイ、オチアユ125WP、クランクベイト(プロト)、ビーツァM7など

ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:SSエア8.1L
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 8lb
ルアー:ゴビゾー直リグ、マルチスティック5.5inchなど

ロッド:FDアンリミテッド274M
リール:セルテート2506
ライン:バウオ スーパーハード プレミアプラス 6lb
ルアー:プロセンコー、ヤマセンコー、キンクーなど


稲吉さん、ありがとうございます!!

いやぁ、相変わらず釣りまくってらっしゃいますね~。
もうホント、流石としか言いようがありません!(凄すぎ)

可能性の尻尾を掴めそうで、なかなか掴めないでいたゴビゾー君ですが、遂に58センチが出たとの事で嬉しい事この上なしです。(喜)

気になるのは稲吉さんのタックルデータ。
どんな釣りをされているのか気になりまくりですわ~。(笑)

アツオさんも自己ベストを更新されたとの事で良かったですね♪
アツオさん、おめでとうございます!

稲吉さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-06-29 10:05 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【ブレードクランクへの反応もいい感じ!】

ブログアップのタイミングが遅れましたが、稲吉さんより頂いた琵琶湖TEST釣行記をご紹介させて頂きます!!

【ブレードクランクへの反応もいい感じ!】

こんにちは。

4月9日(土)の釣果報告です。
今回は、会社の後輩、梶原君との釣行です。

7日(木)のまとまった雨により、かなり増水している琵琶湖。
水温低下と濁りが心配だけど、朝いちは曇っており風もなく暖かいので、迷わずリップラップエリアに直行。
水温は14.7℃で問題なし。
しかし、想像以上に濁りが入っています。

ビーツァM7(ビビッドタイガー)で、元気な40cmUPをキャッチ。
d0145899_6433357.jpg


今日は、いけるかも!って思いましたが、濁り過ぎなのか、水温低下の影響なのか、なかなかバイトがありません。
ソフトベイトでディープやミドルレンジもチェックしてみましたが、こちらもギルがたまにバイトしてくるのみ。
朝とは違う、シャローエリアに移動。

ここで、梶原君がブレクラで49cmのグッドサイズをキャッチ!
d0145899_6441949.jpg

梶原君、NLWルアー初フィッシュです。(おめでとう!)
今回のために、ブレクラとデカビーツァを準備してくれたそうです。

その後も、可能性のあるシャローエリアを何カ所か回ってみました。
濁りの影響が少ないエリアで、ビーツァM7(ブラッディータイガー)に、グッドサイズがきましたが、フックオフ(悲)
その後、ブレクラ(ビビッドタイガー)で、私も40cmUPをキャッチ。
d0145899_645778.jpg


午後からは、暑いくらいの気温になり風も出てきたので、状況が変わることを期待しましたが、渋いままで変化なし。
レギュラーサイズを数本キャッチ。

それでもなんとか梶原君はダウンショットで私はネコリグでレギュラーサイズを数本キャッチできましたが、グッドサイズを求め、再度、シャローエリアに移動。

私が、ビーツァM7(ビビッドタイガー)で、BIGフッッシュ?と思ったら、でっかい鯉さんがHIT!
しばし格闘の末、キャッチしたのは90cm(13.85kg)の巨鯉!
d0145899_646074.jpg

しかも、ビーツァをがっつり喰っているし(笑)

数年前にキャッチした巨鯉さんの重量を量れなかったことが悔しくて購入した、25kgまで量れるデジタルスケールが大活躍(笑)
d0145899_6461324.jpg


鯉をキャッチしたロッドは、アリベールベイト69ダンス(ベイトフィネス専用機)だったのですが、10kg以上ある鯉を止めて浮かせることができるバッドパワーにはほんと、ビックリです!

夕方は、BIGサイズがコンタクトするであろうエリアをチョイス。
1カ所目は、プラグでは難攻不落なストラクチャーが複合されたエリア。

本当は、ビーツァM7やファツトブル8などを通したいところですが、ヤマセンコーのオフセットノーシンカーリグでも根掛かるので、投げられません。

そのヤマセンコーで、BIGサイズを掛けますが、またフックオフ(悲)
2カ所目は、ハードボトムにブレイクが絡むシャローエリア。

ここで、梶原君が帰港時間ギリギリのタイミングで、ドラマフィッシュをブレクラでキャッチし終了!
d0145899_648061.jpg

ブレクラ大好きになりましたって、喜んでくれ、私もうれしい限りです。
ビーツァM7も、買ってきます!とのこと。

次回は、ビーツァM7、デカビーツァ、ブレクラでBIGサイズを狙いに行きましょう!

しかし、私はBIGサイズをことごとくバラしてしまっているので、何とかしないと・・・。(汗)
それでは!

《使用タックル》
【クランク用1】
ロッド:ノリーズHB760M
リール:ジリオンTW 1516H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 16lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)、ファットブル8、ワイルドハンチ、ショットオーバー2など

【クランク用2】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)ブレードクランクM5R(ビビッドタイガー)など



稲吉さん、ありがとうございました!!

ブレクラ&ビーツァでナイスフィッシュキャッチ、いいですなぁ♪
正直に言いましょう。メッチャ羨ましい~~!(笑)

梶原さんにもNLWルアー初フィッシュをキャッチ頂けたとの事で本当に嬉しいです!!(ありがとうございます!)


それにしても、今回稲吉さんがキャッチされた鯉さん凄すぎですね!!
って言うか、鯉ってビーツァ食うんだ。(笑)

前回巨鯉が釣れた時に秤が無くて悔しかったので、25キロまで測れるデジタルスケールを準備して臨んだとの話に稲吉さんのあくなき探究心を感じてしまいますね~。(稲吉さん、25キロ秤が役に立って良かったですね!笑)

ちなみに、前回稲吉さんがキャッチされた巨鯉は今回の鯉さんよりも凄くて、1m5cm&推定体重20㎏ぐらいと、琵琶湖の鯉レコードに迫るスーパーサイズ。(その時の釣行記

稲吉さんは今年はBIGサイズをことごとくバラしてしまうとお悩みのようですが、大丈夫です!
こんなデッカイ鯉さんが釣れてるじゃないですか!!(笑)

鯉って、おそらく淡水魚で最もパワーがある魚種の一つだと思うのですが、そのパワーを受けてもへこたれないアリヴェールって凄いロッドですね!(しかもベイトフィネス専用機!驚)

次こそはビッグなバスを仕留めて下さいね~♪

稲吉さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-04-23 07:06 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【渋いときはビーツァM7のスローリトーリーブで決まり!】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました~!

【渋いときはビーツァM7のスローリトーリーブで決まり!】

こんにちは。

3月19日(土)、琵琶湖へ初釣りに行ってきました。

前日から結構な量の雨が降っており、当日も小雨になるのを待ってから出船。
気温は低くないけど、雨による水温低下が心配。

まずは、2週間前にバスをキャッチした水深約2mのリップラップエリアに直行。
水温計を見ると水温は11℃台、多少の濁りありってことで、ビーツァM7のビビッドタイガーをチョイス。
ショートバイトが数回あるだけで、活性は低い感じ。
確実に喰わせるため、繊細なティップを持ったアリヴェール69ダンスにチェンジ。

ビーツァM7(ビビットタイガー)で、40cmUPをキャッチ!
d0145899_2237952.jpg

シャローは渋い感じなので、ミドル~ディープレンジのコンタクトポイントをチェック。
ヘビキャロで、2回バイトがあり、1発目はスッポ抜け(残念)、2発目は、小バスをキャッチ。

雨も止んで、気温も上がってきたので、もう一度、リップラップエリアを回ってみます。
降雨量が多かったため、朝より一段と濁りが入っており、釣れそうな雰囲気はない・・・。

ビビッドタイガーのアピール力を信じ、投げていくと、バイトは数回あるけど乗らない。
しつこく攻めて、40cmUPをキャッチ。
d0145899_22384636.jpg

やっぱり頼りになりますね、ビーツァ!

他にもブザービーターTGとショットオーバー2で、写真を撮るほどではないサイズを2本キャッチし終了。

活性の低い時は、ビーツァM7のスローリトリーブがとてもよく効きます。
なかなか、50cmUPをキャッチできませんが、次回こそBIGサイズの釣果報告ができるよう頑張ってきます!

西根さんが前回の釣行記で書いてくださっていますが、ビーツァM7の第2陣は3月末完成、4月初旬に店頭に並ぶ予定です。

現在、必死に塗装して頂いている最中かと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね!
ちなみにカラーは、前回と同じ、オスギルとアルワイフの2色とのことです。
西根さん、頑張ってくださいね!
それでは!

《使用タックル》
【クランク用1】
ロッド:ノリーズHB760M
リール:ジリオンTW 1516H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 16lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)、ファットブル8、ブザービーターTG、ショットオーバー2など

【クランク用2】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:ビーツァM7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)など


稲吉さん、ありがとうございました!!

稲吉さんも書いて下さっていますが、シブい時に力を発揮するビーツァ。
作った本人も何故だかわかっておりませんが(笑)、不思議なルアーですよね~。^^

そのビーツァM7ですが、現在必死こいてビーツァM7第2陣分を製作中です。(汗)
予定通り3月末にはカナダから出荷できる予定ですので、もうしばしお待ち頂ければ幸いです!m(__)m

稲吉さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-03-24 22:51 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【春の訪れを告げてくれるビーツァM7!】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!

いよいよ今年も琵琶湖釣行を開始された稲吉さん。
2016年1発目の釣行レポートです!(^o^)v

【春の訪れを告げてくれるビーツァM7!】

こんにちは。

キープキャストでは、たくさんの方々にNLWブースを訪れて頂き、本当にありがとうございました!
西根さんのご意向により、今まで公開したことのないプロトタイプもたくさん展示させて頂きましたが、如何でしたでしょうか?
皆さまに興味を持って頂きました、KB105DRや○秘アクションするオチアユ、○秘8mダイバーなどのプロトタイプは、製品化するにはまだまだ時間が掛かってしまうと思いますが、より良い物をお届けできるよう、西根さんおよび他のテスターさん達と頑張っていきますので、よろしくお願い致します!

2日間、NLW好きな皆さんとお話をすることができ、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
皆さまから貴重なご意見などをお聞かせ頂くこともでき、本当にありがとうございました!(私自身、とても勉強になりました!)
また、皆さまに対し、全アイテムについて完璧な説明ができず、ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
次回、このような機会があれば、ちゃんと説明できるようにしておきます!
ありがとうございました!

3月6日(日)、琵琶湖へ初釣りに行ってきました。
本当は翌週に初釣りと思っていましたが、週間天気予報を見て、今週の方が暖かくていいかもってことで、急きょ、前日の夜に釣り支度開始(笑)
妻にいつまで、やってるの?と文句を言われつつ、ラインの巻き替え、ルアーのセレクトなどを終えたころには、ほぼ出発時間。(汗)

初日なので、各エリアの状況を把握することが目的。
朝いちの水温は9.5℃前後。
まずは、ディープエリアをチェックするも反応がないので、シャローのウイードエリアに移動。
ここで、痛恨のミス発生!
ワンテンJrに結構、いいサイズが喰ってきましたが、フックを伸ばされ、サヨウナラ~。
次は日も上がり、水温も上昇したであろう、シャローのリップラップエリアに移動。

ここで、息子がコンバットクランク180で40cmUPをキャッチ。
d0145899_0594732.jpg


しかし、単発のため、また移動。
次はハードボトム絡みのコンタクトポイントに移動。
私がヘビキャロで、3本レギュラーサイズをキャッチ。(デコレンは回避(笑))
昼も過ぎ、水温も更に上昇しているであろう、シャローのリップラップエリアに移動。
水温は10~11度台に上昇しており、期待できそう。

ビーツァM7(ビビットタイガー)で、40cmUPをキャッチ!
d0145899_113711.jpg

ここ数年、ビーツァM7でキャッチできると春が来た!って実感しています。
ちなみに、ビビッドタイガーをチョイスしたのは、適度に濁りが入っていたから。

更に、息子がコンバットクランク180で40cmUPをキャッチ。
d0145899_133237.jpg


私も、ビーツァM7(ビビットタイガー)で、40cmUPを追加で、本日の探索は終了。
d0145899_142054.jpg


BIGサイズはキャッチできませんでしたが、琵琶湖のバスは春に向かって動き出しているようです。
次回はBIGサイズの釣果報告ができるよう頑張ってきます!
それでは!

《使用タックル》
【クランク用1】
ロッド:ノリーズHB760M
リール:ジリオンTW 1516H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 16lb
ルアー:ビーツァM5、M7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)など

【クランク用2】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:ビーツァM5、M7(ビビッドタイガー、ブラッディータイガー)など


稲吉さん、ありがとうございました!!

いよいよ稲吉さんの2016年のシーズン開幕ですね~♪

稲吉さんと出会ったのはNLW設立当初して間もない頃で、その頃は息子さんはまだちっちゃこいキッズでしたが、今やお父さんより背も高くなり、釣果もお父さんを超える勢い?ですね。(お父さんをやっつけちゃえ~!笑)

春を告げるビーツァM7フィッシュ。

現在必死こいてM7第2陣の製作を進めております。
順調に行けばおそらく3月末頃完成&4月初旬には取扱店様の店頭に並び始めるかと思いますので、もうしばしお待ち頂ければ幸いです。m(__)m

稲吉さん、ありがとうございました~!
by nishinelureworks | 2016-03-14 01:24 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【各種ルアーTEST状況とブラッディータイガー発売のお知らせ】

稲吉さんより琵琶湖TEST釣行記を頂きました!

タイトルにありますように、先日名古屋のルアーショップおおの様のオリジナルカラーとしてリリースさせて頂いたブラッディータイガーについてご紹介下さっております。

稲吉さんに長期テストをして頂いて完成したブラッディータイガー他、色々とテストをお願いしているプロトルアーやカラ―などご紹介下さっておりますので、もし宜しければ是非ご覧くださいませ~♪

【各種ルアーTEST状況とブラッディータイガー発売のお知らせ】

こんにちは。
本当はBIGフィッシュをキャッチして、オチアユWPのNEWブルーギルカラーを紹介するつもりでしたが、BIGサイズはキャッチできませんでした。
私の力不足です。(申し訳ありません)

写真のような小バスから50cm弱までは毎回、2~5本くらいキャッチできていましたが、残念ながら今シーズンのTESTは終了です。
d0145899_23145736.jpg

d0145899_23151540.jpg

d0145899_23152612.jpg

d0145899_23154053.jpg

このギルカラー、そこそこよい釣果が出ていますが、気になるところもあり、もう少し改良しようかなと悩んでいる最中です。
現状のTESTカラーサンプルを紹介させて頂きます。
d0145899_2319129.jpg

同じように見えるかもしれませんが、下側は上のギルカラーに対し、クロームを加えたものとなっています。

時期的にあまりTESTできませんでしたが、マル秘新型プロトポッパーも初公開しちゃいます! (昨年からTESTしているものとは全然違うものですよ!)
この新型ポッパーは、形状は同じですが3タイプ(A、B、C)のTESTを依頼されています。
TEST初日、タイプBで、レギュラーサイズをキャッチできました。
d0145899_23201124.jpg

来年、しっかりTESTして詳細を報告させて頂きますので、しばらくお待ちください。


11月~12月の釣行(3回)では、SPシャッド各種が活躍してくれました。
写真は、ソウルシャッド62DRで釣った50cm弱のGOODサイズです。
d0145899_23231458.jpg

ロッドは、何かと頼りになるアリヴェール69ベイトダンスです。

11月の釣行時、釣果がイマイチだった息子は、帰港してからの陸っぱりで、40cmUPをビーツァM7(ブラッディーシャッド)でキャッチ。(驚)
d0145899_23241197.jpg


ブラッディーと言えば、西根さんとTESTを繰り返してきたブラッディータイガーが遂に発売となりました。(嬉)

デカバスにラインブレイクされたりと、TESTカラー全ては残っていませんが、
手元にある開発段階のものを紹介します。(上から旧タイプ→新タイプの順です)
d0145899_2324596.jpg

ブラッディーシャッドもよく釣れるカラーですが、(こちらはブラッディーの名手、なべさんのレポートで確認してね)更に、アピール力を増して、プリスポーン期のBIGバスを仕留めるために開発をスタートしました。

ブラッディーシャッドにタイガーパターン、オレンジベリー、ブルーパールを加えた感じのブラッディータイガーだったのですが、最終的には、西根さんのインスピレーションにより、大幅に改良され、私の実釣TESTでも◎の釣果を出すことができたカラーです。

いつも釣るために欲しいカラーを私は、西根さんに伝え、それを西根さんが形にしてくれるのですが、西根さんのヒラメキには毎回、驚かされますし、流石としか言えません!

d0145899_015830.jpg

完成版ブラッディータイガーですが、エビやザリガニをイメージしたことで、目玉は黄色となっています。(水中で目が光ったときのイメージです)

ボデーカラーは、脱皮したてのザリガニカラーをイメージしたナチュラルプロブルーで、ベリー部はチャートです。
少々、奇抜な組み合わせと思われるかもしれませんがTESTで、オレンジベリーとチャートベリーを釣り比べたところチャートの方が圧倒的に◎でしたので採用した経緯があります。

参考までに私の場合、
水が濁っていたら・・・ビビッドタイガー
水がクリアなら・・・・ブラッディータイガー
って感じで使い分けています。
どちらかと言うとナチュラル系なので、オールシーズン使えるカラーです。

ブラッディータイガーは、名古屋のルアーショップおおのさんのオリジナルカラーとして、販売して頂けることになりました。
先日、おおのさんに行った日、偶然にも第一弾としてブラッディータイガーのブレクラとSD85Fが入荷してきていました。

詳しくは、http://lsohno.exblog.jp/21907369/で紹介されています。

在庫のお問い合わせ/通販のご依頼は、e-mail:shop@ls-ohno.comまたは、TEL:052-961-0850 渡辺店長まで



稲吉さん、ありがとうございました!!

ビビットタイガーの色決めテスト、一体どんだけやったのか、もう思い出すことが出来ませんが、稲吉さんの多大なるご協力を頂き、納得いくところまで仕上げることが出来ました。

今、自分が釣りしているフィールドの関係上、ラージマウスに関してテストを行う事がなかなか難しい状況にある事もあり、テスターさんやモニターさんにどれだけ助けて頂いているかホントわかりません。(大感謝)

この場を借りて、NLWのテスターさん&モニターさん達に心からお礼を申し上げます。m(__)m

ルアーショップおおの様のオリカラ第2弾となるブラッディータイガーですが、使用条件等、稲吉さんがみっちりテストして下さっておりますので、参考にして下さいね。^^

あと、現在テストして頂いているポッパーやプロトカラ―等、名古屋のキープキャストで展示する方向で考えておりますので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらブースまで見に来て頂けると嬉しいです♪


それにしても、一番のビックリは稲吉さんの息子さんの成長ぶり!!

裏日記開設当初からちょこちょこ登場してくれている息子さんですが、メチャクチャ背も伸びて、一瞬誰だか分かりませんでしたよぉ。(笑)

ナイスフィッシュも釣ってくれて嬉しいなぁ。(喜)

NLW開設当時から長い付き合いをさせて頂いている稲吉さんですが、息子さんと共に、それだけ長い時間お付き合い頂いているんだなぁと、ホント感謝の気持ちでいっぱいです。

稲吉さん&息子さん、本当にありがとうございます!!
これからもお願いしますね!!\(^o^)/
by nishinelureworks | 2015-12-16 00:03 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【オチアユ125WP NEWカラーTEST状況】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!!

いつもの如く、素晴らしい釣果ですね♪

流石は稲吉さん!\(^o^)/

d0145899_5335257.jpg

【オチアユ125WP NEWカラーTEST状況】

こんにちは。
8月8日(土)の各種ルアーのTEST状況の報告です。
超~お忙しい西根さんに無理を言って、オチアユWPに良さそうでは?と
ひらめいたカラー(ブルーギル)を塗って頂きました。

しばらくは、このオチアユWPのブルーギルカラーをメインにTESTする予定です。

朝いちは、昨年からTESTしている新型ポッパーからスタート。
一発出たけど、のらない。

その後、オチアユWPのTESTカラー(ブルーギル)も投入したけど、ノーバイト。
デカビーツァTESTモデルやKB105DRも試すけど×。

ハードは夕方に再チャレンジってことで、ソフトベイト各種を投入。
ファーストフォールで、ガンガン、バイト。(夏ですね~)

フォールで喰ってくるので、ウイードのエッジ付近にSCスメルトを投入。

ボトムまで落とし、リフト&フォールしていると、フォール中にラインが走り、40cmUPをキャッチ。(8gモデルです)
d0145899_5341710.jpg

1本しかキャッチできなかったので、使いこなすまでには、まだまだ修行が必要。

いつものマルチスティックのネコリグでは写真くらいのサイズを何本かキャッチ。
d0145899_5353039.jpg

アリヴェール69ベイトダンス、SCスメルトを操るのにもいい感じかもです。

しかし、今年の夏は本当に暑い~!
頑張り過ぎて、熱中症とかにならないよう、昼はアイスと冷たいお茶で長めの休憩タイム。

釣りを再開するも、14:30頃には、雷がゴロゴロと・・・。

このタイミングで、何故かデカギル(23cm)をキャッチ。
d0145899_5361533.jpg

因みに私のギル最大魚は25.5cmです。(笑)

携帯で確認するとゲリラ豪雨が来る予報なので、一旦、マリーナに避難。
雷が収まったタイミングでリスタート。

帰港時間まであまり時間がないので、オチアユWPの1本勝負。

狙うのは、フローティングマット近辺や水面直下まで伸びたウイードエリア。

速攻で40cmUPをキャッチ。
d0145899_5391452.jpg


続いて、47cmのグッドコンディションをキャッチ。
d0145899_5393633.jpg

これは、行ける!と思ったところで、急に風が強くなり、オチアユWPに不向きな状況に。(悲)

風の影響をなるべく受けないところをオチアユWPで打ってみましたが、
2バイト1キャッチ(小バッチ)で終了でした。

このTESTブルーギルカラー、結構良さそうです!
TESTカラーの全貌は、もう少し良い結果が出たときに紹介させて頂きますので、
しばしお待ちください。

<お知らせ>
オチアユ125WPをはじめNLWルアーをお探しの方、名古屋のルアーショップおおのさんにNLWルアー各種(定期便)が入荷しています!
チビビーツァやスーパーチナイのおおのさん限定カラーも入荷しているみたいです!

在庫のお問い合わせ/通販の依頼は、
e-mail:shop@ls-ohno.comまたは、TEL:052-961-0850 渡辺店長まで

【使用タックル】
ロッド:ノリーズHB760M
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:オチアユ125WP(TEST用ブルーギルカラー)

ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:アンタレスDC7
ライン:マシンガンキャスト22lb
ルアー:オチアユ125WP、プロトポッパー

ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:REVO LTZ AE74-Racing
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 8lb
ルアー:SCスメルト、マルチスティック5.5inchなど



稲吉さん、ありがとうございました!

現在、オスギル、メスギル、チャートリュースギル、クラシックブルーギル(ビーツァなどに塗られているブルーギルカラー)とNLWルアーには4タイプのブルーギルカラーが存在しますが、今回稲吉さんから更なるブルーギルカラーのリクエストを頂き、早速塗ってみたのですが、なかなかいい感じでデビュー戦を飾ってくれたみたいですね~♪(喜)

今回の写真ではチラ見え程度ですが、このカラーの全貌はその内、稲吉さんがビッグフィッシュと共にご紹介下さると思いますので、期待してお待ちしましょう。(と、稲吉さんにプレッシャーを掛けてみる。笑)

あと、今回、稲吉さんがSCスメルトでナイスフィッシュをキャッチして下さっているのですが、琵琶湖のラージ君にもSCスメルトの出番があるかもって感じで嬉しく思います。

このSCスメルトって、製作者であるボクがこういうことを言うのも何ですが(汗)、かなり分かり辛い、かつ使い手の技量を要するルアーだと思うんですよね。
が、日本国内でも、今年に入ってから川でのトラウトフィッシングや、ある特定の条件を備えたフィールドのラージマウスで抜群の釣果を出しているという話をお聞きしています。

不要な方には全く不要なルアーだと思いますが、必要とされる方はリピートでダース単位でご購入下さっている方々もいらっしゃり、非常に興味深く状況推移を観察させて頂いているところです。(^o^)v

特にラージマウスについては僕も未知数のルアーですので、是非色々試してみて頂ければと思います。

そうそう!名古屋のルアーショップおおのさんですが、ドリームラッシュ時代からずっと大変お世話になっており、NLWルアーも定期的に納品させて頂いておりますので、もしお探しのモデル等ありましたら、一度お問い合わせしてみて頂ければ幸いです。

稲吉さん、素晴らしい釣果報告を頂きありがとうございました!
by nishinelureworks | 2015-08-21 06:01 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【オチアユ125WPは別格】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!!

引き続きオチアユWPが好調との事ですよ~!

今回の釣行ではそのオチアユ君にド級のビッグフィッシュが食ってきたらしいのですが、ランディング直前に逃げられてしまったそうです。(クヤシーーーー!!涙)


【オチアユ125WPは別格!】

こんにちは。
7月の釣行日もTOPには出難い状況だったので、TOPは早々に諦めオチアユ125WPにチェンジ。

狙いはエビ藻が水面に顔を出しているまたは水面直下まで、伸びていているエリア。(カナダ藻でもOK)

まずは、オチアユ125WP初期プロトで探ってみます。
カラー名は?で、塗装が重ね塗りされているため重量も他のプロトより重く、私的にはこの色はないって思っていたカラーです。(西根さん、ゴメンナサイ!)

使っていなかったことはないのですが、このカラーで初フィッシュ!(嬉)
d0145899_626073.jpg


その後も、写真くらいのサイズをオチアユ125WP(クロームハス、オスギル)で何本かキャッチ。
d0145899_628983.jpg

d0145899_6282827.jpg


しかし、14:00頃にきたBIGサイズは逃がしてしまいました。

オチア125WPと同じくらいのハスがボイルするエリアを発見!
何投かするとバッドからブチ曲がるような強烈なバイト!

水深は2m、ウイードの丈は1m~1.5m前後。

潜られたら、バスもルアーもOUTの可能性大のため、少々、強引に寄せます。

ボート際で確認できたサイズは余裕でロクマル超え!(驚)
ほぼネットイン状態(ネットインと同時にフックが外れるくらいのタイミング)だったのですが、キャッチしかけたバスはなんとサヨウナラ~。

ネットですくうはずの息子は、バスの迫力にビビってネットを水中に入れたまま固まっているし・・・。(笑)
推定、63~64cmの4500g前後のバスでした。
私も、もう少しバスを弱らせておくべきだったと反省です。

因みに、センターのフックも2本が伸ばされているし・・・。

まあ、息子がビビってしまうサイズを見せることができたということで、今回はOKかな。(笑)
このバスを掛けた14:00頃は天気も曇りから晴れに変わってきており、ボトム系の釣りにシフトしているのが普通。

奇跡ではなく、綿密に計算された形・動き・音をベストバランスで持ち合わせているオチアユ125WPは、他のルアーとは間違いなく別格です。

NLWルアーを全て使いこなせている訳ではありませんので、断言はできないけど、NLWルアーの中でも少し、次元が違うかも・・・。

別格とか次元が違うルアーってハードでもソフトでも数個は頭に直ぐ浮かぶけど、その代表格はラパラのシャッドラップ。
d0145899_6303538.jpg

昔、シャッドラップは誰もが欲しがる激釣れルアーでしたからね!
特に写真の鱗模様が腹まで入ったシャッドカラーは良く釣れましたね~。
高校生学生の頃、琵琶湖で根掛かって失くしそうになり、潜って回収した思い出の釣れまくりルアーであり、宝物。

オチアユ125WPは、そのシャッドラップに匹敵、それ以上のポテンシャルを持ったルアーではないかと思います。
オチアユ125WPですが、近くにNLWルアー取扱い店がない、売り切れなんてときは、名古屋のルアーショップおおのさんに確認してみてください。(若干、在庫がありましたよ)
他にも探していたNLWルアーなど見つかるかも!

お問い合わせは、
e-mail:shop@ls-ohno.comまたは、TEL:052-961-0850 渡辺店長まで


GOODサイズなしの釣行記では寂しいので、午前中にマルチスティックのネコリグで釣っ54.5cm(2300g)を。
d0145899_6322095.jpg

この魚を掛けたのは、水深2.3mで、ウィードトップが1m前後のエリア。
アリヴェール69ベイトダンスなら、普通のベイトフィネスロッドと違いバッドパワーがハンパないので、シャローのウイードエリアでも余裕でGOODサイズをキャッチすることができますよ!

<ルアーTESTのあれこれ>
写真のクロームハスカラーですが、かなり塗装が剥げていますが、これはTEST色なので、
販売されているクローム系カラーはこんな風にはなりませんので、ご安心を。
d0145899_633345.jpg

西根さんの探究心はハンパなく、普通の人が見ても分からないような部分までもっと良くしようと様々なことにトライされております。
私たちプロスタッフやテスターさんは新型ルアーだけではなく、塗料の耐久性、変色の有無などもTESTの一環として行っております。

【使用タックル】

ロッド:ノリーズHB760M
リール:スティーズ リミテッド SV 103H-TN
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 14lb
ルアー:オチアユ125WP(クロームハス、オスギル)

ロッド:Deps ボアコンストリクター
リール:アンタレスDC7
ライン:マシンガンキャスト22lb
ルアー:オチアユ125WP(初期プロト、オスギル)、プロトポッパー


【ベイトフィネス用】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:REVO LTZ AE74-Racing
ライン:スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード 8lb
ルアー:マルチスティック5.5inchなど



稲吉さん、ありがとうございました!!

スーパービッグフィッシュ、残念でしたねぇ。(メッチャ悔しいぃ~~~)

ビッグフィッシュを目前にしてネットを持って固まる息子さんの姿がリアルに想像できてしまいましたよ~~~!(笑)
これからも素敵な親子フィッシング、エンジョイして下さいね!!

オチアユWPですが、このルアーは一体何なんでしょうねぇ?
条件がハマった時の炸裂ぶりは、他のルアーの追従を許さない事がありますよね。(なんでだろ~?←実は自分がよく分かっていない。笑)

稲吉さんが書いて下さっているように全てのバランスが微妙で、ちょっとでも何かの要素が欠けるとダメなんですよね。

オチアユWPが釣れるホントの理由は魚のみぞ知るって感じだと思いますが、棒引き系でありながら水中での独特の存在感。そして、巻物ルアー(ビッグベイト系は特に)のキモの一つでもあると思うのですが、糸に引かれて無理くり泳いでいる感じではなく、あたかも自分の力で泳いでいるようなナチュラルさは深く関係しているような気がします。

ちなみに今、稲吉さんから頂いたアイデアの色を一つ試作してみているのですが、それが自分でもびっくりするぐらいメチャクチャいい感じに塗れてしまいましたので(笑)、今後の稲吉さんのレポートを楽しみにしてて下さいね♪

NLWルアーですが、名古屋のルアーショップおおのさんはドリームラッシュ時代から大変お世話になっており、NLWルアーを定期的に補充して下さっておりますので、もしお探しのモデルがありましたら大野さんにお問い合わせしてみて下さい。

稲吉さん、素晴らしいレポートをありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2015-07-13 06:55 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28