Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:琵琶湖TEST釣行記( 66 )

琵琶湖TEST釣行記 『 もうすぐ発売!デカビーツァ!』

本日2度目の投稿です!!

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記のパート3です!!

デカビーツァでナイスフィッシュをキャッチして下さった模様です!!(喜)

....................................................................................................................................
『 もうすぐ発売!デカビーツァ!』

こんにちは、西根さんの釣行記でも大活躍のデカビーツァ。

発売を心待ちにしている人、たくさんみえると思いますが、後もう少し待っていてくださいね!
このところの西根さん(凄すぎ!)や各地のテスターさんモニターさんの釣果を見て頂いていると思いますが、デカビーツァはかなりヤバイですよ!

前にも言いましたが、私の心理的には、売ってほしくないって思ってしまうくらい。(笑)

西根さんからは色々なプロトルアーを頂いていますが、デカビーツァに関しては、最初から文句の一つも付けようもない完成度でした。

琵琶湖では、デカビーのプロト投入初日から、50cmUPを含めたくさんのバスをキャッチすることができ、即1軍入り!
その後もコンスタントにGOODサイズをキャッチし続けています。

今年の前半はNLWルアーのTESTができない(釣れない)厳しい状況が続いていた琵琶湖(南湖)ですが、(ソフトベイトならポロポロ釣れるんですけど)やっと、TESTができる状況になってきました。

まだまだ残暑が続いていますが、湖の中は確実に秋へと変化しているようです。

先週もGOODサイズを1本バラしているし、そろそろデカビーツァが効くはず!ってことで、水深約4m前後のウイードフラットをチョイス。

水面からウイードトップまでは、1.2~1.8m位って感じの所。

何投かしますが、バイトはありません。

やっぱりダメか?って諦めかけたとき、きましたレギュラーサイズ(40cm前後)!

これはいけるかも!って思い直し、デカビーツァを投げまくります。

d0145899_3354537.jpg

d0145899_3363477.jpg

レギュラーサイズ(40cm前後)2本をキャッチ。
(ちなみに写真の背景は真っ暗ですが、早朝の5時過ぎで、人の目では十分見える明るさなんですけどね)

どんどん行きましょ!ってことで、投げ続けていると、ひったくられるような強烈なバイト!

あわせると、予想通りかなりいいサイズ!

ウイードに潜られないように、横へバスを走らせながらボート際まで寄せてきたとき、ジャンプでバレてしまいました。

姿からして、55cm~58cmくらいはあったので、残念。

しかし、その後、リベンジとはいきませんが、50cm(2300g)をキャッチできました。
d0145899_3375534.jpg

ちなみに今回、使用したカラーは初回出荷予定のオスギルでした。

使い方は、時おり千鳥くらいのリトリーブ速度で、たまにウイードにコンタクトさせる感じ。

デカビーツァは千鳥らせたり、ウイードに当たった時、一瞬止めてあげることもバイトを増大させる重要なキッカケになりますよ!(普通にストレートリトリーブでも十分釣れます)


また、この日は、ラバジやストレートワームのTXやワッキーでも59cm(3500g)、56cm(3250g)、51cm(2500g)などをキャッチできました。

d0145899_339242.jpg

やっぱり、アンリミ274Mはいいですね!

55cm以上(3000g以上)を越えるようなバスをこの時期掛けたら、ウイードに潜られてしまうのでは?って不安があったのですが、56cm(3250g)を余裕で寄せてくることができました。

釣果だけ見れば、まだソフトベイトに歩がありますが、これから秋にかけて、デカビーツァなどムービング系ルアーへの反応がどんどん良くなってくると思います。

デカビーツァが店頭に並ぶ頃は、ちょうどいいいシーズンになっていると思います。
皆さんも、デカビーツァで各地のデカバスをガンガン釣っちゃって下さいね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

デカビーツァでビッグフィッシュバラシは残念ですが、これからの季節期待できそうですね!!(喜)

それにしても、56センチを余裕で寄せてこれるアンリミ274Mってどんだけパワーがあるんだ?(ビビリ)

実際に274Mを振ってみると、硬さを感じる事は全く無く、むしろしなやかな竿なんですけど、
あのしなやかさの中に、すんごいパワを秘めているみたいですねーー。

何て言うか、一見華奢だけど、脱いだら凄い!みたいな感じでしょうか?

僕も早く274Mで魚を掛けてみたいです!!(ハンカチくわえてキーー!って感じです。笑)


明日のH湖、超楽しみです!!
by nishinelureworks | 2010-09-05 03:46 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 夏の番外編Part2』

本日2度目の投稿です!!

昨日は力尽きてしまってアップできなかった(スミマセン)、稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記パート2です!!

稲吉さんは釣れてないっておっしゃってますが、ムチャクチャ釣りまくってらっしゃいますよーー!!(笑)

....................................................................................................................................
『 琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part2)』

こんにちは、夏の番外編Part2です。

Part1で言ったとおり、私は今年の夏、釣れていません!
特にハード系ではまったくと言っていいくらい釣れていません。(泣)

釣行記、あまりにも更新しない(できない)のもどうかってことで、ここ最近キャッチした50UPの一部を紹介します。

全て、ソフトベイトでの釣果ですが・・・。
HOG系ワーム&ストレートワームのTX、ストレートワームのワッキーなどで釣ったバス君達です。

d0145899_136172.jpg

d0145899_1365555.jpg

d0145899_1373741.jpg

d0145899_1384445.jpg

d0145899_1392128.jpg

d0145899_1395668.jpg
                    (西根注:上の写真の魚は全て50UPです)

スピニングでは、西根さんも遂に入手された、アンリミ274Mが大活躍!
50UPを含め40~49cmくらい(写真はありません)はかなりたくさんキャッチすることができました。
ライトリグの釣りでは、アンリミ274Mに頼りっぱなしって感じです。
1本で、色々やりたいっていう人にはボートでも陸っぱりでも、お薦めですよ!


また、NLWルアーでは、小バス~レギュラーサイズまでならポロポロ釣れていますので、こちらも一部写真を撮ってあるので紹介しますね!

今、一番可能性を感じているのがオチアユWP125F!

d0145899_13121924.jpg

d0145899_13125692.jpg

d0145899_13133253.jpg


他のルアーでは、まったく反応がない状況でも何故か、オチアユWP125Fには喰ってくるんですよ!
バレてしまったりとキャッチはできていませんが、40cm後半くらいまでは掛けています。


d0145899_13143130.jpg

チビビーツァでも、小バスならたくさんキャッチできています。


d0145899_13155510.jpg

また、オチアユミノーのブレードチューンVer.やKB105DRでも小バスならキャッチできています。

と、あまり景気のいい話はありません・・・。

夏も終盤に差し掛かり、ようやくムービング系ルアーへの反応も少しは良くなってきているようです。
オチアユミノーTypeJにもようやく反応してくれるようになってきましたし。

この釣行記を書いている数日前の釣行でも、デカビーツァ(オスギル)で45cm~47cmくらいのが掛かったのですが、私のミスでバラしてしまいました。

前半苦戦した分、後半はNLWルアーで釣りまくって、報告できるように頑張りますね!
以上、琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part2)でした。

それでは!


稲吉さん、ありがとうございました!!

ってか、50UP釣りすぎです!!(笑)

僕はヘボ過ぎて、まだその眠れる力を全く紐解けてないんですけど、274Mが火を吹きまくっているみたいですねーー!!(ええなーーー!!)

状況的には、まだまだハードルアーでビッグバスを狙い撃ち出来るところまで季節が進行していないみたいですが、徐々にハードルアーにも反応が出始めたとの事で、これからのシーズンに期待大ですね!!

きっと今年も凄いバスをキャッチしてくださる事と思います!!

明日はパート3をご紹介させて頂きますね!!
by nishinelureworks | 2010-09-04 13:24 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)

稲吉さんより琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

ここ最近の釣行記を3部作で頂いております。
今日はそのパート1です!!

--------------------------------------------
『 琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)』

こんにちは!

最近の西根さん、凄まじい釣果をたたき出しておられますね!
ほんと琵琶湖で釣られているのでは?って思ってしまうくらい。(笑)

琵琶湖はというrと、今年はウイードの成長もよくないことが影響してかは分かりませんが、
全体的にずっと厳しい状況が」続いています。(日によっていい日もあるようですが・・・。)
私もNLWプロスタッフ失格って言われても仕方がないくらい、釣れていません。(泣)

でも、あまりにも釣行記を更新していないのも如何なものかってことで、今回は、夏の番外編(Part1、Part2)の釣行記です。

まずPart1は、息子との釣行記です。

息子の夏休み中に連れて行く約束をしていたのですが、ほんと釣れなくてどうしようって思っていました。
しかし、少し前より釣れるようになってきたので、「あまり釣れないけど行く?」って聞いてみたら「釣れなくても行きたい!」って即答だったので、釣行決定。

この日、私が息子と回るエリアは、3箇所に絞っていました。
1.ディープでBIGバス狙い
2.ウイードパッチでのTOP
3.小バス~レギュラーサイズの数釣り
って感じ。

まずはBIGバス狙いで、私はHOG系のTX、息子はストレートワームのワッキー(前回、50UPを仕留めた物)でスタート。

HOG系ワームのTXには2、3回バイトがありましたがノリません。
息子にもバイトはない・・・。

やっぱりダメか?って思っていると、私のTXにBIGサイズが来ちゃいました。

遠くでジャンプした姿から55cmUP以上は確定!

状況からして、今日は息子ではいいサイズが釣れない可能性もあるし、BIGバスの引きの強さも味わってもらいたいため、バトンタッチ。

私は、私の大事なタックルを放してしまわないように、軽くアシスト。
しかし、圧倒的なパワーに負けてしまい、残念ながらフックオフ。(ちょっとデカ過ぎたかな?)

その後、ストレートワームのワッキーを黙々と投げ続けていた息子にバイト!

d0145899_2305491.jpg

40cmをキャッチ。

更に、「大きいの来た!」って格闘する息子!

d0145899_2322917.jpg

48cmのBIGサイズをキャッチ!(喜)

その後、ルアー(プラグ)で釣りたいって言うので、TOPエリアにチェンジ。

私はオチアユWP125F(オチアユカラー)、息子にはプロップベイトをチョイス。

d0145899_2333939.jpg

まずは、お手本フィッシュってことで、私がレギュラーサイズをキャッチ。

どこをどう狙ったらいいのか理解した息子も頑張って投げ続けます。

「来た!」って息子が叫んでいます!

しかし、ウイードに潜られ、出てきません。
私もアイストし、何とかキャッチ成功。

d0145899_2344076.jpg

41cmのGOODサイズ!

息子のハードプラグ記録更新です!

その後は、最後に予定していた数釣りをライトリグで楽しみ、15時くらいで終了。

この日の釣果は息子が48cm、41cm、40cmとそれ以下7、8本。
私が40cmUP4本、それ以下20本くらいって感じでした。

息子も40cmUPを3本キャッチでき、十分満足してくれたので、パパとしてはOKかな!

何よりルアー(プラグ)で41cm釣れたことが、本当に嬉しそうでした。
TOPでバスが水面を割って出る釣り覚えたら、そりゃ~興奮しちゃいますよね~!
今度はNLWルアーで釣らせてあげないと!

以上、琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)でした。



稲吉さん、ありがとうございました!!

息子さんとのほのぼのフィッシング、いいですねーーー!!

I君、ハードプラグ記録更新おめでとねー!!(祝!)

いやぁ、ホンッとにいいですね!!(笑)

そして、稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記は怒涛の釣りまくりパート2に突入します。
明日のパート2をお楽しみに!!
by nishinelureworks | 2010-09-02 02:43 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記(番外編)

稲吉さんより琵琶湖TESY釣行記を頂きました!!

今回は番外編として息子さんとのほのぼのフィッシングの模様を書いて下さっているのですが、
息子さん、デッカイのを釣られたようですよーーーー!!(祝!)

そして、稲吉さんも遂にあのロッドを入手されたようですーーー!!

あのロッドとは何か?

インプレも頂いているので、気になる方は今日の琵琶湖TEST釣行記をご覧くださいませ~。(笑)

-------------------------------------------
『 琵琶湖TEST釣行記(番外編)』

こんにちは!

このところソフトベイトでは、コンスタントに40cm~57cm位までのサイズが10数本キャッチできており、KB105DRなどムービング系にも反応が良くなってきていたので、息子と今年初めて、琵琶湖に行ってきました。

息子は今回で、ボート釣行2回目となります。(1回目は昨年このブログで紹介済み)

当日、天気は曇りで、TOP系(オチアユWP&ミノー、デンプシーなど)やムービング系(ビーツァ各種、ブレクラ、デカビー&チビビーツァ、KB105DRなど)が活躍してくれるって思い、出航。

私はKB105DRをチョイス、息子にはストレートワームのワッキーをセットしスタート。

数分後、息子が『 きた!デカイ!』って叫んでいます。

ドラグが鳴り、ラインがどんどん出て行くのを見て、慌ててドラグを締めます。

こんなこともあろうかと、このタックルには、PEラインを巻いてあるので、ラインブレイクの心配はほぼありません。

数分の格闘の末、ネットに収まったのはBIGサイズ!

d0145899_23295024.jpg

d0145899_23331982.jpg

計測すると、息子の自己新記録の更新となる50.5cm!(初ゴーマルです)

息子も私も大喜び&大興奮!(ウエイトの計測は完全に忘れていました~)

このバスで『今日はイケる』って思いましたが、私のKB105DRやデカビーツァには反応がありません。

その後、私がHOG系ワームのTXとストレートワームのワッキーで30cm台を1本ずつキャッチしただけで、後は何を投げても私も息子にも反応がありません。

ボイルが起こっているエリアに移動し、私はオチアユWP&ミノーを息子はプロップベイトをチョイス。
しかし、息子に1アタックあったのみ。

ここもイマイチなので、最近のもう一つのパターンであるワッキー&DSが好調なエリアに移動。

ここでは、ここ2回ほどの釣行で、スーパーBIGを毎回2、3本掛けているんですが、ラインブレイクなどでキャッチできていません。(55cmまではキャッチできているんですけどね~)

そのスーパーBIGを獲る為に、新しく導入した『 アンリミ274M』を試してみることに。

この『アンリミ274M』、西根さんのブログにも気になるって、紹介されていたロッドです。

私は、このブログを見てビックリ!

なぜかと言うと、前日、ルアーショップおおのさんで、開発中のコアユ君などのミドストやあらゆるライトリグが扱いやすく、それでいてバットパワーがあり琵琶湖のモンスタークラスを獲れるっていうロッドを探していたところ、気になったのが『アンリミ274M』だったんです。

早速、購入を検討しているけど迷っていることを西根さんにメールで伝えると(西根さんもビックリ!)、塚本さんに聞いてくださいました。
塚本さんから頂いたアドバイスによって購入を決定することができました。(塚本さん、ありがとうございました!)

実際、使ってみると、軽量リグは遠投できるし、ミドストもやりやすい。
また、そこそこ大きなソフトベイトなんかもOKって感じ!

今回はDSでBIGバスを狙うプランだったので、DSのみで探っていきます。
しかし、このエリアも爆発力は低下している様子。(泣)

d0145899_23344758.jpg

しばらく粘っていると、30cm台の小バスや42cm、46cmをキャッチ。

『アンリミ274M』ですが、私が今まで使っていたロッドと比べるとティプセクションが柔らかいため、ロッドはきれいな弧を描いて曲がりますが、バッドセクションには余裕がある感じ。

うまく表現できませんが、バスの引きを楽しみつつ、でも主導権は与えないって感じのロッドです。
かなり気に入ったので、今後、毎回ボートデッキに並ぶ予定です!

で、釣果の方は、私が苦戦しながらポロポロっていう状況なので、息子には釣れません。

たまに私が掛けた後、息子にバトンタッチしようとしましたが、始めは『自分で釣る!』って頑張っていたのですが、あまりにも釣れません。

息子も途中からは、渋々バトンタッチを受け、MAX46cmまで何本かのバスの引きを楽しんでもらいました。

1日やりきるつもりでしたが、昼頃から雨が降り始め、雷も鳴り始めたので、携帯から天気予報をチェック。

息子はまだ、やりたがっていましたが、かなりヤバそうな感じなので、撤収を決意。
ボートを揚げ、荷物を車にしまっていると土砂降りの雨。(間一髪セーフって感じ)

みなさんも、この時期、突然の大雨や雷には十分気をつけて下さいね!

息子も、50UPをキャッチでき、この笑顔なので満足はしているとは思いますが、数は釣れなかったので、近いうちにリベンジしてきます!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

そして、息子さんの人生初の50UPキャッチおめでとうございます!!
I君おめでとうねーーーー!!(祝!)

息子さんと釣り、ホントにいいですねーー。
僕も子供と釣りをするのが夢の一つでもあるのですが、本当に憧れます。(笑)

これからも素晴らしいフィッシングライフをご家族で存分に楽しんで下さいね♪


そして、アンリミ274M!!!!

稲吉さんのお話をお聞きして、僕も益々欲しくなってしまいました。(欲しいがな。笑)

と言うか、このロッドでこれから稲吉さんは一体何本の50UPを釣られるんでしょうか?

稲吉さん+アンリミ274M=ビッグバス乱獲!!!

って方程式が頭に浮かんだのですが、僕は早計過ぎでしょうか?(汗)

稲吉さん、274Mのインプレまた宜しくお願いしますねー!!


ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2010-06-24 23:53 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 KB105DR、好調の兆し!』

本日3度目の投稿です!!(笑)

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

アフターが回復し始め、徐々にKB105DRが効き始めてきたみたいですよー♪

------------------------------------------
『 KB105DR、好調の兆し!』

こんにちは!

まずは、西根さん、デカビーツァでの50UPおめでとうございます!
(カナダの50UPって、琵琶湖でロクマル釣るより難しいかも?)

前回、フックを伸ばされGOODフィッシュを逃してしまったKB105DR。
そう言えば、以前にも、そんなことが・・・。

で、昨年から少し試していた、強度および刺さりのいいフックを数個のKB105DRに導入してみました。(ただ、このフックお値段がちょっと高いのが難点なんですが)

アフターから回復して盛んにベイトを追うようになるこの時期、KB105DRが火を噴くことは間違いないんだけどってことで、ここ最近、KB105DRで行けそうなエリアがあれば、どんどん投入しています。

今回は、46cm、43cmなど4本のみのキャッチでしたが、随分、反応がよくなってきているので、今後、期待大って感じ!

d0145899_5531388.jpg

d0145899_5535318.jpg


また、ストレートワームのワッキーやDSでは、48cm~40cmを7、8本キャッチ。(DSでは、スーパーBIGもきましたが、ラインブレイク(泣))

d0145899_5544117.jpg

d0145899_5551998.jpg


HOG系ワームのTXでは55cm、51cmおよび46cm~43cmを5本キャッチと、まだまだ、ソフトベイトに歩があるようです。(今回も大人の事情によりこの場で写真は紹介できません、ゴメンナサイ!)

今後は、KB105DRやデカビーツァ、オチアユなどでガンガン釣って報告できると思いますので、期待して待っていてくださいね!(本当に大丈夫か?書いておきながら少し不安な私)

西根さんから、今シーズンTEST用モデルをいくつか近々、送って頂けるってことなので、こちらの釣果も楽しみに待っていてくださいね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございましたー!!

毎年の事でありますが、この時期、KB105DRが効き始めると、
バスの回復もかなり進んできたんだなーって感じますね♪

と言うか、この時期、沖でスクールしている回復バスを追いかけるのってかなり難しいはずなんですけど、
流石は稲吉さんですね!!

KB105DRやデカビーツァやオチアユ君でガンガン釣って報告して下さるそうですので、楽しみにしてます!!(予告ホームランなるか?!笑)


僕も、今からH湖に行ってきます!!
さっき、Takaちゃんと電話して、急遽、今日の夕方にちょっくら出てみようかと言う事になったのですが、僕の方は予告三振としときます!!(爆笑)

何か知らんけど、何時にも増してH湖は全然釣れていないらしく、
TakaちゃんもPoodle Basserさんもここ最近思いっきりボウズ街道まっしぐらみたい。(汗)


もはや先日のデカビーパターンが生きているとは思えませんが、
違和感を感じたらバカ合わせ!をテーマに頑張ってきます。(他にも試したいものがありますしね。笑)


それでは行ってきまーす!!
by nishinelureworks | 2010-06-20 06:04 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『オチアユWP125Fの威力』

うりゃうりゃうりゃーーーーーーーーと、本日3度目の投稿です!!

本日3度目の投稿は、稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記です!!

稲吉さんが仰るには、5月はポストスポーンバスに翻弄されたとの事ですが、
ここに来て、バスの動きを掴まれたみたいです!!

流石ですね!!

それでは琵琶湖TEST釣行記です!!

--------------------------------------------
『 オチアユWP125Fの威力』

こんにちは!

GW中は琵琶湖に行けなかったんですが、その間に一気にスポーンに入ってしまったようで、完全に見失ってしました。

もちろん、パッとした釣果はなく、報告できるような内容はありません。(今回も、BIGフィッシュは出ていませんので・・・。)

最近ではアフター回復組も増え、アユなどベイトのいるエリアではTOPにも出始めています。

私がチョイスしたエリアも、アユがたくさんいて、ボイルがあちらこちらで発生していました。
まずは、実績のあるオチアユミノー(TypeJ)を投入。

しかし、バイトはありません。

デンプシーか?と思いチェンジ。・・・バイトなし。

オチアユWP125Fにチェンジ。

このチョイスが当たったようで、怒涛のバイトラッシュ!

d0145899_2161935.jpg

d0145899_2152514.jpg

d0145899_2154698.jpg


短時間で10数本のバスをキャッチ。(写真はその一部です)

サイズは小さいものばかりでしたが、オチアユWP125Fのストレートリトリーブで、楽しい釣りができました。


今回、何が言いたいのかっていうと、オチアユWP125Fの威力の凄まじさ!

私が釣っていたエリアでは周りに4、5艇ボートが浮いており、皆TOP系ルアーを投げていましたが、釣っているのは私だけ!

同船者も有名TOP系ルアーをローテしていましたが、ノーバイト!
『いいルアー』の定義って色々あるとは思うのですが、私にとって『いいルアー』の定義は2つあります。

その一つは、大きなバスがたくさん釣れること!なんですが、この定義はそのフィールドやエリアの中に大きなバスがいないことには成立しません。

二つ目は、他を圧倒できる威力!
いつでもどこでも万能なルアーって存在しないのですが、あるパターンにハマった時、爆発力のあるルアーってこと。(世の中に無数とあるルアーですが、ほんの一握りしか、とてつもない爆発力を持ったルアーはないと思います)

でも、オチアユWP125Fには、十分可能性があるってことが分かりました。

私は、オイアユWPではGOODサイズは釣っていませんが、西根さんやプロガイドの木村さんをはじめ、各地のテスター&モニターさん達はBIGサイズを釣っていますから、一つ目の定義も問題なしって感じ。

後は、私自身がGOODサイズをキャッチできれば、『いいルアー』の仲間入り決定です。

ってことで、今年はオチアユミノー(TypeJ)&オチアユWP125Fを徹底的にTESTしてみようと思っています。

ちなみに、この日はアフターのど定番、ソフトベイトのDSやワッキーでは49cmや46cmなどをキャッチ。

d0145899_2174390.jpg

d0145899_218478.jpg


また、KB105DRにはかなりGOODサイズが来ましたが、フックが少し伸ばされ(それよりもフックがひねられていました)、キャッチできず、結局40cm位を1本のみと、50UPをキャッチできない厳しい日でした。


この釣行記を書いている4日前の釣行では、ソフトベトで55UP3本をキャッチできましたが、大人の事情によりこの場では紹介できませんので、ゴメンナサイ!

そう言えば、確かオチアユWP125Fって、今年発売予定でしたよね!西根さん!

皆さんも、発売を楽しみに待っていて下さいね!
絶対、買ってよかったって言ってもらえるルアーの一つと思います!

PS.
西根さん、忙しい上に体調不良とのことですが、早く復活してくださいね!
それから、追加発注したオチアユWP、よろしくお願いしますね!



稲吉さん、ありがとうございました!!

オチアユWPが稲吉さんの下でも徐々に力を発揮し始めてくれたみたいで、僕も嬉しいです!!
ぜひビッグバスが釣れて、『いいルアー』の仲間入りする事を祈っております!!(笑)

オチアユWP125Fの製品化ですが、もし出来たら今年中に出せればな~とは思っておりますが、
先日稲吉さんにお話させて頂いた例の事を試してみたいので、もう少しテストで検証したいと思います。

もしかしたらオチアユ君を更にパワーアップできるかもしれないので楽しみにしてて下さいね。

あっ、稲吉さんから追加発注頂いたオチアユ君その他諸々のプロトルアーは無事に完成しておりますので、近日中に日本に向けて発射させて頂きますね!

と言う訳でテストを宜しくお願い致しまーす!!(業務連絡)
by nishinelureworks | 2010-06-11 02:26 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『マル秘プロジェクト事前調査Part4&プチ陸っぱり釣行記』

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記後編です!!

相変わらず凄まじいです!!

今回は僅か1時間の間に18キロを超えたそうです!!

d0145899_05462.jpg


『マル秘プロジェクト事前調査Part4&プチ陸っぱり釣行記』

こんにちは!
ようやく春らしい気候になってきましたね!

NLWのHPを訪れる皆さんも、それぞれのフィールドでBIGバスをガンガン釣られていることと思います。
まずは、めったにしない琵琶湖のプチ陸っぱりから報告します!

プチ陸っぱりをする為、いつもより早く琵琶湖に到着。(翌朝はボートで出撃です)

私が最近、この釣行記で言っている、「ブレクラやビーツァ各種、SD85Fで、BIGバスが狙える・・・。」を実践する為、まずは、ビーツァM5&M7を試してみることに。

しかし、バイトがありません。

バスは居るはずなんだけど?と思い、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)のマル秘アクションに変更。

40cm位をキャッチ。

アタルけどノラないバスが多い中、何とか50cm前後&小バッチをキャッチ。

d0145899_064979.jpg

この50cm前後は、2200gありました。
(量りは持っていましたが、メジャーは持っていませんでした、そこで、バスの長さに合わせ、ラインを切り、後でそのラインを計測したら、52cmありました)

魚が居ることは分かったので、
先ほどとは違うアプローチ(アピール度増大&泳層の変更)をと思い、ブレクラにチェンジ。

そのチョイスが当たったようで、すぐに48cm位がバイト!
しかし、慣れない陸っぱりの取り込みに苦戦していると、フックオフ。(残念)

d0145899_074815.jpg

その後、45cm位がバイト、無事キャッチ。

かなり、GOODサイズがシャローに入ってきていますので、皆さんもNLWルアー達でBIGな奴を釣っちゃって下さいね!

寝不足気味の翌朝、マル秘プロジェクトがまだ通用するのか?ってことを確認の為、
最近好調だったエリアに直行。

使うルアーはいつもと同じの開発中のルアーと性能が一部合う、他メーカーのルアー。

バスが動いてしまったのか、マル秘プロジェクトに近い釣りおよび、ストレートワームのワッキー、スイムジグ、クランクなどを試すもノーバイト!

それでも、しばらく粘ってみると、マル秘プロジェクトに近い釣りで、、44cm(どアフター)&42cmをキャッチ。

ステックベイトのジグヘッドリグやストレートワームのワッキーでも何とか30cm~40cmを3本キャッチ。
しかし、後が続きませんし、どうやら居る魚が変わっているみたい・・・。

その後、シャローからディープまで様々なルアーで探るもノーバイト!
風も強くなって、釣りにならないので、ボートを揚げ、しばし休憩。

しかし、昨日の陸っぱりのほうがよっぽどいい釣果って・・・。
なんて思いながら、しばしの休憩が爆睡していたようで、気づけば、もう夕方。(汗)

風も治まっているようなので、速攻で準備し、出船!
残されたタイムリミットは1時間位。

朝まったくダメだったエリアにダメ元で入りなおす。
マル秘プロジェクトに近い釣りにバイト!

d0145899_093349.jpg

54cm(3050g)をキャッチ。

そこから、ラッシュに入ります。(朝は何だったんだ???)
52cm(2500g)、50cm(2200g)、48cm×2、47cm、46cm、44cm、42cmなどを怒涛のスーパーキャッチ。

時間がないので、写真撮影オヨビウエイトの計測は50cmUPのみってことで。

d0145899_0102354.jpg

写真は、54cm(3050g)と50cm(2200g)です。(54cmと52cmを撮ったつもりが54cmと50cmでした)

因みに写真は真っ暗に見えますが、もう少し明るく、まだ視界は十分ある状況です。

その後、ダッシュで帰港。(何とか暗くなる前にボートを揚げることができました)

約1時間の釣りで、トータル18kg位(推定)をキャッチできるマル秘プロジェクトルアーってやっぱりすごいかもしれませんね!

アフターのバスも釣れ始めているいることから、マル秘プロジェクトルアーは時期的に厳しい状況かもしれませんが、次回の釣行には、おそらく西根さんが送ってくれたマル秘プロジェクトルアーが届いていると思いますので、お楽しみに!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

1時間で18キロ!!

凄すぎて何をコメントさせて頂いたら良いかわかりませーん!!(汗)

一言、凄まじすぎです!!(笑)

いよいよ今週末辺り、NLW作のマル秘プロジェクトルアー初号機が琵琶湖デビューする予定です。

時期的に既にパターンが終わっているかもしれませんが、稲吉さん、宜しくお願いしますね!!



それにしても、稲吉さんはオカッパリでも凄いと言う事が良~~~~く解りました。(笑)

凄い人は何をやっても凄いですね!!
by nishinelureworks | 2010-05-07 00:17 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト事前調査Part3』

昨晩無事にバンクーバーに帰ってきました~~~~!!
BCは寒いっすねぇ~。

という訳で、本日からまたビシバシ?(笑)とブログの更新をして行きたいと思いますので宜しくお願いいたします!!

一発目は稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記です!!
バンクーバーを留守中に2本の琵琶湖TEST釣行記を頂いておりますので、
今日は前編をご紹介させて頂きますね♪

何時もながらヤバヤバな釣果ですよーーー!!


『 マル秘プロジェクト事前調査Part3』

こんにちは!
マル秘プロジェクトのルアーですが、昨日、1stサンプルが完成したとの連絡を頂きました!
西根さん、大変だったと思いますが、本当に有難うございます!(届くのが待ち遠しい~)

マル秘プロジェクトのTESTを行う為、事前調査を行っていることは、
このところの釣行記で報告させてもらっていますが、今回もその続報です。

当日は、修行の為、1人での釣行。(有給取って平日に出撃してきました)
運悪く、また寒い日にあたってしまいましたが、
水温は12℃~13℃位を維持しており、まだマル秘プロジェクトが通用するかな?って感じ。

もちろん、使いうルアーはいつもと同じ、開発中のルアーと性能が一部合う、他メーカーのルアー。

朝いちは、冷えた影響か、何を投げてもまったく反応なし。(汗)

マル秘プロジェクトは厳しい状況でも何とかなるはずと信じ、投げ続けると57cm(3250g)、50cm(2400g)、48cm(2050g)、44cm(1500g)などをキャッチ。
d0145899_1134818.jpg
                          57cm(3250g)

d0145899_1161269.jpg
                          50cm(2400g)

d0145899_118137.jpg
                          48cm(2050g)

d0145899_1185565.jpg
                          44cm(1500g)

d0145899_126544.jpg
(手持ち写真は三脚使って一部、撮りましたが、イマイチですね・・・。)

マル秘プロジェクトに近い釣りへの反応がイマイチとなった時点でライトリグ(ストレートワームのワッキー)を投入。

42cm(1100g)、45cm(1500g)などをキャッチ。
d0145899_120774.jpg
                          42cm(1100g)

d0145899_1205781.jpg
                          45cm(1500g)

しかし、ライトリグにも反応がイマイチなので、スイムジグに変更。

1投目から、46cm(1550g)をキャッチ。

その後、スイムジグにBIGサイズがバイト!

ボート際まで寄せ、姿を確認、抜くのは無理ってことで、ネットを準備したところで、痛恨のフックオフ(泣)
見たところ63cm前後(4000g以上)だったので、かなり凹みました。

また、シャローでは、ビーツァM5&M7で小バスがたくさん遊んでくれました。(写真はその一部)

d0145899_123041.jpg

d0145899_1235070.jpg


デカイのも居るはずなんですが、タイミングなのかチビしか喰ってくれませんでしたが、
今後、ビーツァ各種やブレクラ、SD85Fなどで、間違いなくいい釣りができると思いますよ!

写真を見て気づかれた方もいるとは思いますが、
このビーツァ達は春の琵琶湖攻略用として西根さんにお願いした
イナヨシタイガー&ブラッディータイガーです。

実績次第では、新色として追加されるかも?

マル秘プロジェクトルアーについては、時期的に厳しいかもしれませんが、届き次第、試してきますね!
それでは!



稲吉さん、ありがとうございましたーー!!

いやぁ、何時もの事ながらホントに流石です!!(凄すぎる)

マル秘プロジェクトのシークレットパターン、やはりかなり有効みたいですね!!

願わくば、もう1~2週間早くサンプルを稲吉さんの元へお届けしたかったのですが、
プロトモデルの製作に予想以上に苦戦してしまって、
パターンが終わった頃にようやく1stサンプルが完成したという。(恥)

既にテストが厳しい時期に突入してしまったかもしれませんが、
もしチャンスがあれば試して頂ければ幸いです!!(業務連絡)

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記の後編は明日ご紹介させて頂きますねー!!
by nishinelureworks | 2010-05-06 01:33 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト事前調査Part2』

本日3度目の投稿です!!

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

相変わらずコンスタントに釣ってらっしゃいますよー!!(凄すぎる)

今回は、ちょこっとだけ、マル秘プロジェクトについてリークして下さってます。(笑)

------------------------------------------
『 マル秘プロジェクト事前調査Part2』

こんにちは!

マル秘プロジェクトは、私の細か~い要求により、西根さんもかなり苦戦されているようです。
(大変とは思いますが、よろしくお願い致します!)

マル秘プロジェクトをTESTする為の事前調査を行っていることは、
前回報告させて頂きましたが、ルアーの完成有無にかかわらず、今シーズン続行する予定です。

スポーニングに間に合うようであれば、TESTに最適な場所を確保できますし、
ルアー開発にあたり見えていない何かに気がつくこともあり得るので。

今回も、その続報として報告します!
当日は、冬に戻ってしまったような寒い1日でした。

出船してみると、水温は13℃前後あり、何とかなるかな?って感じ。
真っ先に試したのは、マル秘プロジェクトに近い釣り。
しかし、私も同船者もアタリすらありません。(汗)

それならばと、KB105DRやスイムジグも試すもノーバイト!(汗)
そこで、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)に変えてしばらく探っていると、待望のバイト!

d0145899_21667.jpg

キャッチしたのは、55cm(2900g)のGOODサイズ。


このライトリグの詳細は、ルアーショップおおのさんのNews Blogで紹介して頂いていますので、興味のある方はアクセスしてみてくださいね!(私より、もっと凄い釣果を出されている方々の釣りがたくさん載っていますよ!)

その他にも、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)では、45cm~30cm位を7本キャッチ。

その後、多少、気温が上がってくると、マル秘プロジェクトに近い釣りでも、47cm~30cm位を10本キャッチ。(40UPは3本でした。)

と、この日はあまりいい釣果ではありませんでした。

d0145899_2171363.jpg
                           (47センチ)

d0145899_2192330.jpg
                           (45センチ)
写真は当日の40UP以上の一部です。


マル秘プロジェクトについて、ほんの少しだけ、リークします。
現在、2タイプのモデルを作成中で、その1つは、私の下手くそなデザインを忠実に再現して頂いた物。(西根さん、有難うございます!)

もう1つは、西根さんのインスピレーションによって、作成されている物。
そして、このルアーは琵琶湖のモンスターを狙う為の物なのですが、
サイズ的には全国どこでも使える物なんです!

ですから、琵琶湖以外をホームグラウンドにされている方々も期待して待っていて下さいね!
まだまだ、紹介したいことは山ほどありますが、今回はこのへんまでってことで!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございます!!

寒の戻りの厳しいコンディションの中、本当に流石ですね!!

マル秘ルアーの方は地道に進んでおりますので(笑)、もうしばしお待ち下さい。(って毎回書いているような?汗)

それにしても、これだけの釣果を上げていらっしゃながら、あまり良くない釣果って。。
レベルが違いすぎですねー。(汗)

僕なら、これだけ釣れたら3年間は語りまくってしまうと思いますよーーー。(爆笑)


ところで、稲吉さんのレポート中にありましたおおのさんのブログ!!
拝見させて頂きましたら、凄まじすぎる釣果というか、
おっそろしく目に毒なブログですねーー!!(マジ)

凄まじすぎる釣果報告の数々に、いやがおうにもテンションが上がってしまいました♪

僕もこれから毎日おおのさんのブログをチェックさせて頂きたいと思いまーす!!

■ ルアーショップおおのさんのHP→ http://www.ls-ohno.com/
by nishinelureworks | 2010-04-23 02:47 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト始動!』

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

相変わらず凄まじい釣りをされてます!!

今回の釣果はNLWルアーでの釣果ではないですが、ぜひご覧頂ければと思います!!

d0145899_1203156.jpg

目の毒注意ですよーー!!(笑)

--------------------------------------------
『 マル秘プロジェクト始動!』

こんにちは!
今年の琵琶湖は水温上昇が早く、例年より早くバスが動くと思ったのですが、
3月は寒波や長雨の影響により、水温が上がらず、厳しい状況でした。

そんな状況でも、何とか50UPを含め、釣れる本数も増えてきましたが、
NLWルアーでの釣果はありません。

コアユ君も、試してみましたが、少し修正が必要って感じ。

今回もNLWルアーの釣果ではありませんが、マル秘プロジェクトと関係がある釣果なので、報告します!

マル秘プロジェクトとは、西根さんの裏日記でも、その存在が紹介されてはいますが、
何なのかは全く語られていません。

きっと公開できる段階になったら色々な意味で、
皆さんも「え~っ!」ってビックリするようなルアーだと思います。

今シーズン、このマル秘プロジェクトをTESTするため、
最適なエリアを探すことから始め、開発中のルアーと性能が一部合う他メーカーのルアーで試しています。

他メーカーの数種類のルアーでも過去には、1日10kg~30kg位は釣った実績はあるんですけど、以前からもっといい物があったらなって思っていたことを西根さんにお話したところ、
快く「作りましょ!」って言って頂けたことが、このマル秘プロジェクトの始まりです。

私のへたくそなデザイン画を送ったりもしましたしね~。(笑)

釣果の話に戻しまして、最近の暖かさによりやっと水温も12℃前後となり、
スポーンに向け3月より多くのバスが本格的に動き始めたようです。

マル秘プロジェクトルアーなら、ここは必ず、来るはず!と思ってキャストし続けても、
毎回釣れなかったエリアで、56cm(3300g)、52cm(3200g)、51cm(1950g)をキャッチ。

d0145899_1215679.jpg
                          56cm(3300g)
d0145899_1224692.jpg
                          52cm(3200g)
d0145899_1232139.jpg
                           51cm(1950g)

それ以下のサイズも10本位キャッチ。

写真のようなサイズ(40~45cm位)のバスも4、5本キャッチ。(因みに写真のバスで44cm(1500g))
d0145899_128138.jpg


50UP3本で、8450gですから、
40~45cm位のバスを少なく見て1本(1000g)あるとすれば、トータル約14kg位。
+40cm以下のバス4、5本ですから、総トータルウエイトは約17~18kg位の釣果と思います。


同船した後輩も56cm(3100g)のGOODサイズを頭に何本かを私と同じ釣りでゲット!
(西根注:画像のファイル形式の関係で写真の掲載が不可でした。ゴメンナサイ)


但し、この日、私も後輩も何本かノラなかったり、バラシたりしてしまいましたので、全部キャッチできていれば、もっといい報告ができたんですけどね~。

私自身、バラシた魚のうち間違いなく3本は50UP以上あったという感じです。

と言うことなので、西根さん、私の無理難題を実現させるのは容易ではないと思いますが、確実にプリのデカイのがキャッチできるルアーなので、開発よろしくお願いしますね!(今シーズンは間に合わないかもしれませんが)

私のTEST釣行記を読んでいてくれる皆さんも、まったくどんなルアーでどうやって釣っているか???と思いますが、紹介できる状況になるまで、しばらくの間はご勘弁下さい。

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

いやぁ、ホントに凄すぎの一言しかでてきません!!(稲吉さんはきっと宇宙人に違いない。笑)

この釣りを出来るルアーを作りたいんですよね。
この釣りが出来るルアー!!

僕の不甲斐なさで、遅々として作業が遅れまくっているうちに、プリの時期が終わっちゃいそうです。(涙)

ちなみに、稲吉さんが行われている釣りですが、あくまで僕が知る範囲の話ですが、
琵琶湖のプロガイドさんのブログ等を見ていても、この釣りをされている人は殆ど居ないような気がします。(実際どうなんですかね?)


稲吉さんは、この極秘プロジェクトを始められる際に、1日30~40キロ釣れる可能性がある!
って仰ってましたが、その可能性を見事に証明して下さいました。

ここから先は僕の仕事。。。
とにかく頑張ってプロトを形にしないと話になりませんね!!

稲吉さん、待ってて下さい!
by nishinelureworks | 2010-04-15 02:00 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー