Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:琵琶湖TEST釣行記( 62 )

琵琶湖TEST釣行記 『 KB105DR、好調の兆し!』

本日3度目の投稿です!!(笑)

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

アフターが回復し始め、徐々にKB105DRが効き始めてきたみたいですよー♪

------------------------------------------
『 KB105DR、好調の兆し!』

こんにちは!

まずは、西根さん、デカビーツァでの50UPおめでとうございます!
(カナダの50UPって、琵琶湖でロクマル釣るより難しいかも?)

前回、フックを伸ばされGOODフィッシュを逃してしまったKB105DR。
そう言えば、以前にも、そんなことが・・・。

で、昨年から少し試していた、強度および刺さりのいいフックを数個のKB105DRに導入してみました。(ただ、このフックお値段がちょっと高いのが難点なんですが)

アフターから回復して盛んにベイトを追うようになるこの時期、KB105DRが火を噴くことは間違いないんだけどってことで、ここ最近、KB105DRで行けそうなエリアがあれば、どんどん投入しています。

今回は、46cm、43cmなど4本のみのキャッチでしたが、随分、反応がよくなってきているので、今後、期待大って感じ!

d0145899_5531388.jpg

d0145899_5535318.jpg


また、ストレートワームのワッキーやDSでは、48cm~40cmを7、8本キャッチ。(DSでは、スーパーBIGもきましたが、ラインブレイク(泣))

d0145899_5544117.jpg

d0145899_5551998.jpg


HOG系ワームのTXでは55cm、51cmおよび46cm~43cmを5本キャッチと、まだまだ、ソフトベイトに歩があるようです。(今回も大人の事情によりこの場で写真は紹介できません、ゴメンナサイ!)

今後は、KB105DRやデカビーツァ、オチアユなどでガンガン釣って報告できると思いますので、期待して待っていてくださいね!(本当に大丈夫か?書いておきながら少し不安な私)

西根さんから、今シーズンTEST用モデルをいくつか近々、送って頂けるってことなので、こちらの釣果も楽しみに待っていてくださいね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございましたー!!

毎年の事でありますが、この時期、KB105DRが効き始めると、
バスの回復もかなり進んできたんだなーって感じますね♪

と言うか、この時期、沖でスクールしている回復バスを追いかけるのってかなり難しいはずなんですけど、
流石は稲吉さんですね!!

KB105DRやデカビーツァやオチアユ君でガンガン釣って報告して下さるそうですので、楽しみにしてます!!(予告ホームランなるか?!笑)


僕も、今からH湖に行ってきます!!
さっき、Takaちゃんと電話して、急遽、今日の夕方にちょっくら出てみようかと言う事になったのですが、僕の方は予告三振としときます!!(爆笑)

何か知らんけど、何時にも増してH湖は全然釣れていないらしく、
TakaちゃんもPoodle Basserさんもここ最近思いっきりボウズ街道まっしぐらみたい。(汗)


もはや先日のデカビーパターンが生きているとは思えませんが、
違和感を感じたらバカ合わせ!をテーマに頑張ってきます。(他にも試したいものがありますしね。笑)


それでは行ってきまーす!!
by nishinelureworks | 2010-06-20 06:04 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『オチアユWP125Fの威力』

うりゃうりゃうりゃーーーーーーーーと、本日3度目の投稿です!!

本日3度目の投稿は、稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記です!!

稲吉さんが仰るには、5月はポストスポーンバスに翻弄されたとの事ですが、
ここに来て、バスの動きを掴まれたみたいです!!

流石ですね!!

それでは琵琶湖TEST釣行記です!!

--------------------------------------------
『 オチアユWP125Fの威力』

こんにちは!

GW中は琵琶湖に行けなかったんですが、その間に一気にスポーンに入ってしまったようで、完全に見失ってしました。

もちろん、パッとした釣果はなく、報告できるような内容はありません。(今回も、BIGフィッシュは出ていませんので・・・。)

最近ではアフター回復組も増え、アユなどベイトのいるエリアではTOPにも出始めています。

私がチョイスしたエリアも、アユがたくさんいて、ボイルがあちらこちらで発生していました。
まずは、実績のあるオチアユミノー(TypeJ)を投入。

しかし、バイトはありません。

デンプシーか?と思いチェンジ。・・・バイトなし。

オチアユWP125Fにチェンジ。

このチョイスが当たったようで、怒涛のバイトラッシュ!

d0145899_2161935.jpg

d0145899_2152514.jpg

d0145899_2154698.jpg


短時間で10数本のバスをキャッチ。(写真はその一部です)

サイズは小さいものばかりでしたが、オチアユWP125Fのストレートリトリーブで、楽しい釣りができました。


今回、何が言いたいのかっていうと、オチアユWP125Fの威力の凄まじさ!

私が釣っていたエリアでは周りに4、5艇ボートが浮いており、皆TOP系ルアーを投げていましたが、釣っているのは私だけ!

同船者も有名TOP系ルアーをローテしていましたが、ノーバイト!
『いいルアー』の定義って色々あるとは思うのですが、私にとって『いいルアー』の定義は2つあります。

その一つは、大きなバスがたくさん釣れること!なんですが、この定義はそのフィールドやエリアの中に大きなバスがいないことには成立しません。

二つ目は、他を圧倒できる威力!
いつでもどこでも万能なルアーって存在しないのですが、あるパターンにハマった時、爆発力のあるルアーってこと。(世の中に無数とあるルアーですが、ほんの一握りしか、とてつもない爆発力を持ったルアーはないと思います)

でも、オチアユWP125Fには、十分可能性があるってことが分かりました。

私は、オイアユWPではGOODサイズは釣っていませんが、西根さんやプロガイドの木村さんをはじめ、各地のテスター&モニターさん達はBIGサイズを釣っていますから、一つ目の定義も問題なしって感じ。

後は、私自身がGOODサイズをキャッチできれば、『いいルアー』の仲間入り決定です。

ってことで、今年はオチアユミノー(TypeJ)&オチアユWP125Fを徹底的にTESTしてみようと思っています。

ちなみに、この日はアフターのど定番、ソフトベイトのDSやワッキーでは49cmや46cmなどをキャッチ。

d0145899_2174390.jpg

d0145899_218478.jpg


また、KB105DRにはかなりGOODサイズが来ましたが、フックが少し伸ばされ(それよりもフックがひねられていました)、キャッチできず、結局40cm位を1本のみと、50UPをキャッチできない厳しい日でした。


この釣行記を書いている4日前の釣行では、ソフトベトで55UP3本をキャッチできましたが、大人の事情によりこの場では紹介できませんので、ゴメンナサイ!

そう言えば、確かオチアユWP125Fって、今年発売予定でしたよね!西根さん!

皆さんも、発売を楽しみに待っていて下さいね!
絶対、買ってよかったって言ってもらえるルアーの一つと思います!

PS.
西根さん、忙しい上に体調不良とのことですが、早く復活してくださいね!
それから、追加発注したオチアユWP、よろしくお願いしますね!



稲吉さん、ありがとうございました!!

オチアユWPが稲吉さんの下でも徐々に力を発揮し始めてくれたみたいで、僕も嬉しいです!!
ぜひビッグバスが釣れて、『いいルアー』の仲間入りする事を祈っております!!(笑)

オチアユWP125Fの製品化ですが、もし出来たら今年中に出せればな~とは思っておりますが、
先日稲吉さんにお話させて頂いた例の事を試してみたいので、もう少しテストで検証したいと思います。

もしかしたらオチアユ君を更にパワーアップできるかもしれないので楽しみにしてて下さいね。

あっ、稲吉さんから追加発注頂いたオチアユ君その他諸々のプロトルアーは無事に完成しておりますので、近日中に日本に向けて発射させて頂きますね!

と言う訳でテストを宜しくお願い致しまーす!!(業務連絡)
by nishinelureworks | 2010-06-11 02:26 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『マル秘プロジェクト事前調査Part4&プチ陸っぱり釣行記』

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記後編です!!

相変わらず凄まじいです!!

今回は僅か1時間の間に18キロを超えたそうです!!

d0145899_05462.jpg


『マル秘プロジェクト事前調査Part4&プチ陸っぱり釣行記』

こんにちは!
ようやく春らしい気候になってきましたね!

NLWのHPを訪れる皆さんも、それぞれのフィールドでBIGバスをガンガン釣られていることと思います。
まずは、めったにしない琵琶湖のプチ陸っぱりから報告します!

プチ陸っぱりをする為、いつもより早く琵琶湖に到着。(翌朝はボートで出撃です)

私が最近、この釣行記で言っている、「ブレクラやビーツァ各種、SD85Fで、BIGバスが狙える・・・。」を実践する為、まずは、ビーツァM5&M7を試してみることに。

しかし、バイトがありません。

バスは居るはずなんだけど?と思い、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)のマル秘アクションに変更。

40cm位をキャッチ。

アタルけどノラないバスが多い中、何とか50cm前後&小バッチをキャッチ。

d0145899_064979.jpg

この50cm前後は、2200gありました。
(量りは持っていましたが、メジャーは持っていませんでした、そこで、バスの長さに合わせ、ラインを切り、後でそのラインを計測したら、52cmありました)

魚が居ることは分かったので、
先ほどとは違うアプローチ(アピール度増大&泳層の変更)をと思い、ブレクラにチェンジ。

そのチョイスが当たったようで、すぐに48cm位がバイト!
しかし、慣れない陸っぱりの取り込みに苦戦していると、フックオフ。(残念)

d0145899_074815.jpg

その後、45cm位がバイト、無事キャッチ。

かなり、GOODサイズがシャローに入ってきていますので、皆さんもNLWルアー達でBIGな奴を釣っちゃって下さいね!

寝不足気味の翌朝、マル秘プロジェクトがまだ通用するのか?ってことを確認の為、
最近好調だったエリアに直行。

使うルアーはいつもと同じの開発中のルアーと性能が一部合う、他メーカーのルアー。

バスが動いてしまったのか、マル秘プロジェクトに近い釣りおよび、ストレートワームのワッキー、スイムジグ、クランクなどを試すもノーバイト!

それでも、しばらく粘ってみると、マル秘プロジェクトに近い釣りで、、44cm(どアフター)&42cmをキャッチ。

ステックベイトのジグヘッドリグやストレートワームのワッキーでも何とか30cm~40cmを3本キャッチ。
しかし、後が続きませんし、どうやら居る魚が変わっているみたい・・・。

その後、シャローからディープまで様々なルアーで探るもノーバイト!
風も強くなって、釣りにならないので、ボートを揚げ、しばし休憩。

しかし、昨日の陸っぱりのほうがよっぽどいい釣果って・・・。
なんて思いながら、しばしの休憩が爆睡していたようで、気づけば、もう夕方。(汗)

風も治まっているようなので、速攻で準備し、出船!
残されたタイムリミットは1時間位。

朝まったくダメだったエリアにダメ元で入りなおす。
マル秘プロジェクトに近い釣りにバイト!

d0145899_093349.jpg

54cm(3050g)をキャッチ。

そこから、ラッシュに入ります。(朝は何だったんだ???)
52cm(2500g)、50cm(2200g)、48cm×2、47cm、46cm、44cm、42cmなどを怒涛のスーパーキャッチ。

時間がないので、写真撮影オヨビウエイトの計測は50cmUPのみってことで。

d0145899_0102354.jpg

写真は、54cm(3050g)と50cm(2200g)です。(54cmと52cmを撮ったつもりが54cmと50cmでした)

因みに写真は真っ暗に見えますが、もう少し明るく、まだ視界は十分ある状況です。

その後、ダッシュで帰港。(何とか暗くなる前にボートを揚げることができました)

約1時間の釣りで、トータル18kg位(推定)をキャッチできるマル秘プロジェクトルアーってやっぱりすごいかもしれませんね!

アフターのバスも釣れ始めているいることから、マル秘プロジェクトルアーは時期的に厳しい状況かもしれませんが、次回の釣行には、おそらく西根さんが送ってくれたマル秘プロジェクトルアーが届いていると思いますので、お楽しみに!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

1時間で18キロ!!

凄すぎて何をコメントさせて頂いたら良いかわかりませーん!!(汗)

一言、凄まじすぎです!!(笑)

いよいよ今週末辺り、NLW作のマル秘プロジェクトルアー初号機が琵琶湖デビューする予定です。

時期的に既にパターンが終わっているかもしれませんが、稲吉さん、宜しくお願いしますね!!



それにしても、稲吉さんはオカッパリでも凄いと言う事が良~~~~く解りました。(笑)

凄い人は何をやっても凄いですね!!
by nishinelureworks | 2010-05-07 00:17 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト事前調査Part3』

昨晩無事にバンクーバーに帰ってきました~~~~!!
BCは寒いっすねぇ~。

という訳で、本日からまたビシバシ?(笑)とブログの更新をして行きたいと思いますので宜しくお願いいたします!!

一発目は稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記です!!
バンクーバーを留守中に2本の琵琶湖TEST釣行記を頂いておりますので、
今日は前編をご紹介させて頂きますね♪

何時もながらヤバヤバな釣果ですよーーー!!


『 マル秘プロジェクト事前調査Part3』

こんにちは!
マル秘プロジェクトのルアーですが、昨日、1stサンプルが完成したとの連絡を頂きました!
西根さん、大変だったと思いますが、本当に有難うございます!(届くのが待ち遠しい~)

マル秘プロジェクトのTESTを行う為、事前調査を行っていることは、
このところの釣行記で報告させてもらっていますが、今回もその続報です。

当日は、修行の為、1人での釣行。(有給取って平日に出撃してきました)
運悪く、また寒い日にあたってしまいましたが、
水温は12℃~13℃位を維持しており、まだマル秘プロジェクトが通用するかな?って感じ。

もちろん、使いうルアーはいつもと同じ、開発中のルアーと性能が一部合う、他メーカーのルアー。

朝いちは、冷えた影響か、何を投げてもまったく反応なし。(汗)

マル秘プロジェクトは厳しい状況でも何とかなるはずと信じ、投げ続けると57cm(3250g)、50cm(2400g)、48cm(2050g)、44cm(1500g)などをキャッチ。
d0145899_1134818.jpg
                          57cm(3250g)

d0145899_1161269.jpg
                          50cm(2400g)

d0145899_118137.jpg
                          48cm(2050g)

d0145899_1185565.jpg
                          44cm(1500g)

d0145899_126544.jpg
(手持ち写真は三脚使って一部、撮りましたが、イマイチですね・・・。)

マル秘プロジェクトに近い釣りへの反応がイマイチとなった時点でライトリグ(ストレートワームのワッキー)を投入。

42cm(1100g)、45cm(1500g)などをキャッチ。
d0145899_120774.jpg
                          42cm(1100g)

d0145899_1205781.jpg
                          45cm(1500g)

しかし、ライトリグにも反応がイマイチなので、スイムジグに変更。

1投目から、46cm(1550g)をキャッチ。

その後、スイムジグにBIGサイズがバイト!

ボート際まで寄せ、姿を確認、抜くのは無理ってことで、ネットを準備したところで、痛恨のフックオフ(泣)
見たところ63cm前後(4000g以上)だったので、かなり凹みました。

また、シャローでは、ビーツァM5&M7で小バスがたくさん遊んでくれました。(写真はその一部)

d0145899_123041.jpg

d0145899_1235070.jpg


デカイのも居るはずなんですが、タイミングなのかチビしか喰ってくれませんでしたが、
今後、ビーツァ各種やブレクラ、SD85Fなどで、間違いなくいい釣りができると思いますよ!

写真を見て気づかれた方もいるとは思いますが、
このビーツァ達は春の琵琶湖攻略用として西根さんにお願いした
イナヨシタイガー&ブラッディータイガーです。

実績次第では、新色として追加されるかも?

マル秘プロジェクトルアーについては、時期的に厳しいかもしれませんが、届き次第、試してきますね!
それでは!



稲吉さん、ありがとうございましたーー!!

いやぁ、何時もの事ながらホントに流石です!!(凄すぎる)

マル秘プロジェクトのシークレットパターン、やはりかなり有効みたいですね!!

願わくば、もう1~2週間早くサンプルを稲吉さんの元へお届けしたかったのですが、
プロトモデルの製作に予想以上に苦戦してしまって、
パターンが終わった頃にようやく1stサンプルが完成したという。(恥)

既にテストが厳しい時期に突入してしまったかもしれませんが、
もしチャンスがあれば試して頂ければ幸いです!!(業務連絡)

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記の後編は明日ご紹介させて頂きますねー!!
by nishinelureworks | 2010-05-06 01:33 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト事前調査Part2』

本日3度目の投稿です!!

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

相変わらずコンスタントに釣ってらっしゃいますよー!!(凄すぎる)

今回は、ちょこっとだけ、マル秘プロジェクトについてリークして下さってます。(笑)

------------------------------------------
『 マル秘プロジェクト事前調査Part2』

こんにちは!

マル秘プロジェクトは、私の細か~い要求により、西根さんもかなり苦戦されているようです。
(大変とは思いますが、よろしくお願い致します!)

マル秘プロジェクトをTESTする為の事前調査を行っていることは、
前回報告させて頂きましたが、ルアーの完成有無にかかわらず、今シーズン続行する予定です。

スポーニングに間に合うようであれば、TESTに最適な場所を確保できますし、
ルアー開発にあたり見えていない何かに気がつくこともあり得るので。

今回も、その続報として報告します!
当日は、冬に戻ってしまったような寒い1日でした。

出船してみると、水温は13℃前後あり、何とかなるかな?って感じ。
真っ先に試したのは、マル秘プロジェクトに近い釣り。
しかし、私も同船者もアタリすらありません。(汗)

それならばと、KB105DRやスイムジグも試すもノーバイト!(汗)
そこで、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)に変えてしばらく探っていると、待望のバイト!

d0145899_21667.jpg

キャッチしたのは、55cm(2900g)のGOODサイズ。


このライトリグの詳細は、ルアーショップおおのさんのNews Blogで紹介して頂いていますので、興味のある方はアクセスしてみてくださいね!(私より、もっと凄い釣果を出されている方々の釣りがたくさん載っていますよ!)

その他にも、ライトリグ(ストレートワームのワッキー)では、45cm~30cm位を7本キャッチ。

その後、多少、気温が上がってくると、マル秘プロジェクトに近い釣りでも、47cm~30cm位を10本キャッチ。(40UPは3本でした。)

と、この日はあまりいい釣果ではありませんでした。

d0145899_2171363.jpg
                           (47センチ)

d0145899_2192330.jpg
                           (45センチ)
写真は当日の40UP以上の一部です。


マル秘プロジェクトについて、ほんの少しだけ、リークします。
現在、2タイプのモデルを作成中で、その1つは、私の下手くそなデザインを忠実に再現して頂いた物。(西根さん、有難うございます!)

もう1つは、西根さんのインスピレーションによって、作成されている物。
そして、このルアーは琵琶湖のモンスターを狙う為の物なのですが、
サイズ的には全国どこでも使える物なんです!

ですから、琵琶湖以外をホームグラウンドにされている方々も期待して待っていて下さいね!
まだまだ、紹介したいことは山ほどありますが、今回はこのへんまでってことで!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございます!!

寒の戻りの厳しいコンディションの中、本当に流石ですね!!

マル秘ルアーの方は地道に進んでおりますので(笑)、もうしばしお待ち下さい。(って毎回書いているような?汗)

それにしても、これだけの釣果を上げていらっしゃながら、あまり良くない釣果って。。
レベルが違いすぎですねー。(汗)

僕なら、これだけ釣れたら3年間は語りまくってしまうと思いますよーーー。(爆笑)


ところで、稲吉さんのレポート中にありましたおおのさんのブログ!!
拝見させて頂きましたら、凄まじすぎる釣果というか、
おっそろしく目に毒なブログですねーー!!(マジ)

凄まじすぎる釣果報告の数々に、いやがおうにもテンションが上がってしまいました♪

僕もこれから毎日おおのさんのブログをチェックさせて頂きたいと思いまーす!!

■ ルアーショップおおのさんのHP→ http://www.ls-ohno.com/
by nishinelureworks | 2010-04-23 02:47 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 マル秘プロジェクト始動!』

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

相変わらず凄まじい釣りをされてます!!

今回の釣果はNLWルアーでの釣果ではないですが、ぜひご覧頂ければと思います!!

d0145899_1203156.jpg

目の毒注意ですよーー!!(笑)

--------------------------------------------
『 マル秘プロジェクト始動!』

こんにちは!
今年の琵琶湖は水温上昇が早く、例年より早くバスが動くと思ったのですが、
3月は寒波や長雨の影響により、水温が上がらず、厳しい状況でした。

そんな状況でも、何とか50UPを含め、釣れる本数も増えてきましたが、
NLWルアーでの釣果はありません。

コアユ君も、試してみましたが、少し修正が必要って感じ。

今回もNLWルアーの釣果ではありませんが、マル秘プロジェクトと関係がある釣果なので、報告します!

マル秘プロジェクトとは、西根さんの裏日記でも、その存在が紹介されてはいますが、
何なのかは全く語られていません。

きっと公開できる段階になったら色々な意味で、
皆さんも「え~っ!」ってビックリするようなルアーだと思います。

今シーズン、このマル秘プロジェクトをTESTするため、
最適なエリアを探すことから始め、開発中のルアーと性能が一部合う他メーカーのルアーで試しています。

他メーカーの数種類のルアーでも過去には、1日10kg~30kg位は釣った実績はあるんですけど、以前からもっといい物があったらなって思っていたことを西根さんにお話したところ、
快く「作りましょ!」って言って頂けたことが、このマル秘プロジェクトの始まりです。

私のへたくそなデザイン画を送ったりもしましたしね~。(笑)

釣果の話に戻しまして、最近の暖かさによりやっと水温も12℃前後となり、
スポーンに向け3月より多くのバスが本格的に動き始めたようです。

マル秘プロジェクトルアーなら、ここは必ず、来るはず!と思ってキャストし続けても、
毎回釣れなかったエリアで、56cm(3300g)、52cm(3200g)、51cm(1950g)をキャッチ。

d0145899_1215679.jpg
                          56cm(3300g)
d0145899_1224692.jpg
                          52cm(3200g)
d0145899_1232139.jpg
                           51cm(1950g)

それ以下のサイズも10本位キャッチ。

写真のようなサイズ(40~45cm位)のバスも4、5本キャッチ。(因みに写真のバスで44cm(1500g))
d0145899_128138.jpg


50UP3本で、8450gですから、
40~45cm位のバスを少なく見て1本(1000g)あるとすれば、トータル約14kg位。
+40cm以下のバス4、5本ですから、総トータルウエイトは約17~18kg位の釣果と思います。


同船した後輩も56cm(3100g)のGOODサイズを頭に何本かを私と同じ釣りでゲット!
(西根注:画像のファイル形式の関係で写真の掲載が不可でした。ゴメンナサイ)


但し、この日、私も後輩も何本かノラなかったり、バラシたりしてしまいましたので、全部キャッチできていれば、もっといい報告ができたんですけどね~。

私自身、バラシた魚のうち間違いなく3本は50UP以上あったという感じです。

と言うことなので、西根さん、私の無理難題を実現させるのは容易ではないと思いますが、確実にプリのデカイのがキャッチできるルアーなので、開発よろしくお願いしますね!(今シーズンは間に合わないかもしれませんが)

私のTEST釣行記を読んでいてくれる皆さんも、まったくどんなルアーでどうやって釣っているか???と思いますが、紹介できる状況になるまで、しばらくの間はご勘弁下さい。

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

いやぁ、ホントに凄すぎの一言しかでてきません!!(稲吉さんはきっと宇宙人に違いない。笑)

この釣りを出来るルアーを作りたいんですよね。
この釣りが出来るルアー!!

僕の不甲斐なさで、遅々として作業が遅れまくっているうちに、プリの時期が終わっちゃいそうです。(涙)

ちなみに、稲吉さんが行われている釣りですが、あくまで僕が知る範囲の話ですが、
琵琶湖のプロガイドさんのブログ等を見ていても、この釣りをされている人は殆ど居ないような気がします。(実際どうなんですかね?)


稲吉さんは、この極秘プロジェクトを始められる際に、1日30~40キロ釣れる可能性がある!
って仰ってましたが、その可能性を見事に証明して下さいました。

ここから先は僕の仕事。。。
とにかく頑張ってプロトを形にしないと話になりませんね!!

稲吉さん、待ってて下さい!
by nishinelureworks | 2010-04-15 02:00 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『補足編』

昨日、稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記を掲載させて頂きましたが、
実は昨日の分の前に、2回分送って下さっていたみたいなのですが、
メールがカナダに届かず、地球をグルグル回っていたようです。(涙)

と言う訳で、少し前のお話になりますが、2連発でご紹介させて頂きまーす!!

■ 2月28日分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『 何とかデコレン脱出!』

こんにちは!

前回(1月)のプチ釣行(3時間半)はデコレンでした。(縁起悪いし、カウントしたくないですけどね~)

今年は2月後半から急に暖かくなり、3月から始動するつもりでしたが2月末に琵琶湖へ行ってきました。

数日前から、そこそこの雨が降っており、琵琶湖の水位も5cmくらい増え、当日の朝も雨+強風と、条件はあまりよくない状況でした。

でも、水温は10℃~11℃となっており、十分釣れる水温を維持していました。

プリのバスが居るかな?と思われるエリアを数ヶ所、周りましたが、午前中はノーバイト!

また、デコレンかっ?って少々焦りましたが、「ここは絶対居るはず!」と考えていたエリアで、今シーズンの初バス(46cm)をキャッチ。
d0145899_1572668.jpg

西根さんも早く、デコレン脱出してくださいね~!
しかし、その後は何をやってもまったくダメでした。(まだまだ修行が足りません)

今回、周ったエリア(シャロー~ディープ)では、色々なルアーで探ることができましたし、ボトムの状況などもある程度、把握できました。

収穫は、前回お話した、NLW極秘プロジェクト(1つは、西根さんの裏日記で公開されたコアユ型ステックベイト)をTESTするには、とてもいい状況だってこと!
西根さん、よろしくお願いしますね~!

琵琶湖に限らず、これから、バス達はどんどんシャローへ動いてくるので、ビーツァ各種、ブレクラ、SD85F
などが陸っぱりでもボートでお活躍してくれると思います。
皆さんもプリのデカバスをNLWルアーでガンガン釣っちゃって下さいね!

それでは!



■ 3月7日分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『 エンジントラブル発生!』

こんにちは!

今回の釣行も雨。(それもかなり寒い雨でした)

クランクやSPミノーを試すも、ノーバイト!
結局この日は、エンジントラブルが発生し、午前中のみで終了。(泣)
釣果は、ソフトベイト2種類で3バイト・1フィッシュ。(悲)

その1フィッシュは、ストレートワームのワッキーで釣れた48cm。
d0145899_234165.jpg


エンジンのトラブルなんですが、トリム位置が一番DOWNした状態で、
油圧トリムをUP/DOWNさせる機能がまったく効かなくなり、スピードが出ない状態に・・・。

それよりも問題なのは、ボートの揚げ降ろし時、エンジン下部のスケグという部分がスロープに接触してしまうので、もっと大きな損傷になってしまう可能性があります。(泣・泣・泣)

いつも頼りにしている修理屋さんにTELしたら、見てくれるとのこと。
しかし、「多分これだから」って言われたリレーではなく、モーター本体に問題がありそうとのことでした。

修理屋さんに手で、エンジン持ち上げるしかないね~って言われ???
よくよく聞いてみると、トリムモーターの脇にある油圧解除スクリューを緩めることで、
手動でエンジンを持ち上げられるとのこと。

同船した後輩K君が水温10℃の冷たい水の中に入ってくれ、
なんとかエンジンを持ち上げ、ボートを引き揚げることができました。(後輩K君、本当にありがとう)

トリムスイッチ付きのボートに乗っている人で、私と同様に知らなかった人は、「油圧解除スクリュー」覚えておいて下さいね。

修理は、破損した部品をメーカーが在庫として持っていないと、しばらく時間が掛かるかも?って言われかなりショックを受けていましたが、幸いなことに、1週間で無事直ってきました!(よかった~)

それでは!



稲吉さん、ありがとうござました!!

油圧解除スクリューなんてあるんですね。
大変勉強になりました!!(Kさん、お疲れ様でした♪)

これって、スクリューを緩めるだけでエンジンを持ち上げる事が出来るんでしょうか?
稲吉さん、今度機会があったら教えてくださいませー。

関係ない話ですが、僕も何時かはトリムスイッチが付いている船というのは夢ですねー。
贅沢は言いません。
Z21とかZ9とかPumaとか、どっかに落っこちてないかな?(爆)

そんなボートは到底買えないので、ポンツーンのミンコタを手動トリムして遊びたいと思います。(笑)
いや、たかがエレキではありますが、モーターの高さや角度でスピードが全然違ってくるんですよー。

って、そんな話はどうでもいいか。(笑)

稲吉さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2010-03-18 02:19 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 今年、初となる50UPキャッチ!』

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

今年初の50UPをキャッチされたそうですよー!!(祝)

稲吉さんが今回釣られた50UP君はNLWルアーではありませんが、
ババーン!とご紹介させて頂きますね。(笑)

d0145899_1172387.jpg


『 今年、初となる50UPキャッチ!』

こんにちは!
今回の釣行も少々雨が降りました。
2月後半から10℃以上あった水温も、数日前からの冷え込みにより8℃台~9℃台となってしまっていました。
まずは、いつも通りクランクやSPミノー、スイムジグを試すも、ノーバイト!
ソフトベイトに換えて色々やってみましたが、これもノーバイト!(汗)
この時期定番のストレートワームのワッキーをキャスト後、同船者とちょっと会話。

ラインスラッグを巻き取ると、根がかり?と一瞬思ったが、喰っているって思い直し、合わせてみると、ノッっている。

それも、まずまずのサイズは間違いない感じ。
でキャッチしたのは、55cm(2700g)のGOODサイズでした。(今年初の50UPです)

この1本がヒントとなり、もしかして「放置プレイが効く?」って思い、試してみると、ストレートワームのワッキーやステックベイトのジグヘッドリグでポロポロっとバスをキャッチ。(MAXで41cmまでですが)
この日も、タックルにちょっとしたトラブルが発生し、午前中のみで終了。
でも、釣行する度に、サイズも数も良くなってきているので、今後、もっとよくなってくれると思います。

よくよく考えてみれば、今シーズン私は、ソフトベイトでしか釣れていません。
ハードルアーで釣りたい、それもNLWルアーで・・・。ってことでハードルアーで釣れるよう頑張ってきますね!

PS.
ソフトベイトの「放置プレイ」後存知の方もたくさんいると思いますが、この時期に限らず、爆発的に効くときがありますので、NLWルアーのフォローとして試してみてくださいね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

今年は例年に比べて少し始動が早い稲吉さんですが、
早速の50UPキャッチ、本当に流石だと思います!!

っと、ここで朗報が・・・・
今年の琵琶湖TEST釣行記ですが、NLWルアーでの釣果に限らず書いて下さるそうです!!(喜)

稲吉さんの事ですから、かなりヤバヤバな内容になる事かと思いますので、楽しみにしていて下さいね~♪(特に琵琶湖をフィールドにされている方)

僕もホントに楽しみ!!
つか、もしかして僕が一番楽しみにしてるかも!!(笑)

稲吉さん、宜しくお願いしますね!!

稲吉さんのリクエストルアーを早く形にしなければですね!(焦)

頑張ります!!
by nishinelureworks | 2010-03-17 01:24 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 明けましておめでとうございます!&巨大魚とのニアミス!?』

稲吉さんから琵琶湖TEST釣行記を頂きました~!!

何時もの年であれば、完全OFFされている時期なのですが、
船の修理も兼ねて琵琶湖に少しだけ浮いて来られたそうです。

それでは、2010年一発目の琵琶湖TEST釣行記です!!

---------------------------------------------
『 明けましておめでとうございます!&巨大魚とのニアミス!?』

明けましておめでとうございます!(随分、遅~い、あいさつとなってしまいましたが)

昨年末は、KB105DRでロクマルを釣った以降、
NLWルアーでは45cm前後の魚はポロポロ出ましたが、報告できるような釣果なく、
年度末のご挨拶もできずじまいでした。

本来なら、私は12月中旬~3月初旬までは、完全な“OFF期間”なんですが、ボートにトラブルがあり修理の為、琵琶湖へ行ってきました。

せっかく琵琶湖まで行ったので、少しだけ(3時半位)浮いてきました。

はじめに言っておきますが、釣果はボ・ウ・ズ!(久々にやってしまいました!デコレンの仲間入りです:泣)
この時期、ボートを出すのは10年振りくらい。

数日前の寒波の影響で山には雪が残っています。
d0145899_302030.jpg


私が周ったエリアでは、水温が6℃~6.8℃位でした。
d0145899_312075.jpg


ボートの修理も昼には終わったのですが、身体的にもトラブルを抱えており、
あまり長くは釣りができないので、ディープクランクオンリーで探ってみました。

KB105DRなど4mレンジを探れるクランクからスタート。
しかし、バイトはありません。

5mレンジに到達できる某メーカーのクランクにチェンジし、ボトム付近を探っていると、生体反応が・・・。

「もらった!」と思いあわせると、一瞬にして生体反応がなくなりました。(ガックリ)

クランクを回収すると、すごく大きな鱗がフックに付いています。(汗)
多分、鯉?ですね!(しかも、かなりいいサイズ!)

鱗はこんなサイズでした。
d0145899_324540.jpg


これはこれで、釣り人としては釣ってみたいサイズですね!(今度、鯉用の仕掛けも持っていこうかな)
琵琶湖はバスに限らず様々な魚種でギネス級がたくさんいるんでしょうね!

その後は、別のクランクでワンバイトあっただけで、今シーズンは「デコレン」スタートとなってしまいました。(縁起わる~!)

まあ、この時期、ふらっと行って短時間で釣れるほど琵琶湖はあまくないってことですね。

と言うことで、本格的な始動は3月初旬頃になる予定ですが、今年もNLWルアー達でBIGなバスを釣って報告していきたいと思いますので、皆さん、よろしくお願い致します!

まだ、何も話せなくて申し訳ありませんが、西根さんに製作依頼した新型ルアーや現在TEST中の未公開ルアーなどもありますので、いい釣果および西根さんからOKが出れば、この釣行記で報告していきたいと思いますので、楽しみに待っていてくださいね!

この時期も釣りをされる方は、防寒対策をしっかりして、安全にはくれぐれも気をつけて下さいね!
最後になりましたが、今年一年、皆さんのフィッシングライフがハッピーとなることを心からお祈り申し上げます。

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

それにしてもデカイウロコですねぇ~。
たぶんムチャデカイ鯉さんですなこりゃ。(笑)

僕も去年H湖で70センチくらいの鯉さんをスレで釣ったのですが、ムチャ引きますよね。(笑)

ちなみに、カナダでは特定の水域に鯉がいるんですけど、
外来種と言う事で、ある意味警戒されています。

そんな鯉さんですが、釣り人の人気は高いんですよ~。

人気の理由は、簡単なタックルで釣れる。
そしてデカくて引きが強い!!(笑)

あと、中国人系アングラーさんは食料として!!(爆)

それにしても、稲吉さん、鯉用仕掛けって。。(爆笑)
ちなみに、カナダ人はコーンとかをエサにして釣るらしいですよ~。


関係ない話ですが、僕的には、
何時もマシーンのようにデカバスを釣りまくってらっしゃる稲吉さんでもボウズな時があるんだーって、妙なところで安心してしまいました。(デコレン軍団にいらっしゃいませ~。笑)

何はともあれ、シーズンインまでに、しっかり体を治してくださいね!!
今年も、稲吉さんのビッグバスハンティングを楽しみにしております♪

稲吉さん、ありがとうございました!
by nishinelureworks | 2010-01-22 03:20 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『目標達成!!』

昨日の井上特攻隊長さんのご報告に引き続き、稲吉さんからも強烈なご報告を頂きましたー!!

d0145899_1273320.jpg

!!!!!!!!!!!??????????

この半切れ写真の正体は!!??(笑)

僕からはあえて何も言いますまい・・・・。

この2年間、稲吉さんと共に追い求めていた魚が遂に姿を見せてくれました!!(涙)

本日の稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記、ぜひ読んでみて下さい!!

--------------------------------------------
『 目標達成!!』

こんにちは。
今回は、KB105DRのTEST報告です。

KB105DRの開発コンセプトは、『琵琶湖のモンスタークラスを獲る為のクランク』ってことで約2年に渡り、西根さんと開発&TESTを行っています。

まずは、KB105DRの誕生秘話をお話したいと思います。

2年数ヶ月前、名古屋の『ルアーショップおおの』さんに行ったとき、西根さんとお会いしました。

この偶然が、西根さんと私との出会いであり、全ての始まりでした。

その場で、琵琶湖ではどんなルアーが釣れているのか?どんなルアーがあったらいい?なんて話をさせて頂きました。

数日後、西根さんから2タイプのプロトクランクを送って頂きました。

しかし、私の求める『デカバスを獲る為のクランク』 ではなかったため、ダメだしの連発!

ちなみに、その時のプロトクランクの1つは、西根さんの天才(奇才?)的センスにより、ブレードクランクへと変貌を遂げています。

そんなやりとりの中、ある日、西根さんから頂いたメールには、一枚の写真と、そのルアーのコンセプトについて書かれていました。

写真は国産有名クランクとプロトクランク(後のKB105DR)が並べられていました。

プロトクランクは国産有名クランクと比較すると二回りほど大きい。

で、西根さんからは、大きすぎない?重すぎない?って聞かれましたが、
私は写真を見て『 これは絶対イケる!』 って思い『 何も問題ありません!』 と即答。

その後、詳細な打ち合わせを経て、生まれたのがKB105DRになります。

それから、幾度となく改良を行い、些細なことでもアジャストを行い現状に至っています。

そんなKB105DR、相変わらず厳しい琵琶湖(南湖)で、遂にやったりました!

d0145899_1405285.jpg

d0145899_1415894.jpg

ジャスト60cm!(3900g)

今までKB105DRでは、数回ロクマルクラスを掛けていますが、ジャンプでバレたり、フックを伸ばされて逃げられたりと、キャッチには至っていなかったので、超~嬉しい1匹。

コンセプトである、モンスタークラスを獲れるクランクと言うことを実証できました!

また、通算7本目となるロクマルをNLWルアー、それもKB105DR(仮称イナヨシタイガー改)で記録更新できたなんて最高です!!

ロクマルをキャッチしたエリアは、ハードボトム+ウイードがまばらにある所。

KB105DRをボトムにコンタクトさせ、止めた時、何かに引っ掛かったような違和感。

頭の中では、一瞬、ウイードにでも引っ掛かった?と思いましたが、その違和感に体は順応して合わせています。(笑)

でも動きません!

やっぱり根掛り?と思った瞬間、突然、物凄いトルクでロッドが締めあげられます。

2、3度の強烈な突っ込みをねじ伏せると、意外に簡単に浮いてきます。(思ったほどデカくない?)

姿を現したその魚体は、ロクマルクラス!

よ~く見ると、リヤフック1本しか、掛かっていません。(汗)

慎重に寄せ、後輩K君のナイスアシストでネットイン。(K君、ありがとう!)


当日は、このロクマルの他にも、KB105DR(仮称イナヨシタイガー改&ケタバス)で、
47cmをはじめ、20~40cm位までを5、6本キャッチ。

d0145899_143428.jpg


マル秘ディープクランク(マル秘ギルカラー)でも41cmをキャッチ。

しかし、まだまだ厳しい琵琶湖では、バイトがあってもノラない状況が続いており、この日はバイトの半分位しかキャッチできませんでした。(先週と比べたら、多少、良くなってきていますけどね)

ミドルレンジでもビーツァM5&ブレクラにバイトがありましたが、ノリませんでした。

オチアユミノー改も試しにいきましたが、TOP系は終わっているようでした。(残念)

クランク&オチアユミノー投げまくり&巻きまくりで腕はパンパン、背筋も痛い、
でも嬉しい1日でした。

前回の釣行でお薦めしたビーツァやブレクラ、SD85F、デンプシーなどでBIGサイズから数釣りまで楽しめる時期だと思いますので、琵琶湖に限らず、皆さんのフィールドで是非、お試しを。

それでは!

それから業務連絡をひとつ。
西根さん、私のプロフィールのMy Dream欄の更新をお願いします。
『NLWルアーで、65cmUP!=自己記録の更新』として下さいな!



稲吉さん、ありがとうございました!!

遂に出ましたねっ!!(祝!!)

2年前の春、名古屋のおおのさんに伺わせて頂いた時に、たまたま稲吉さんとお会いしたのは、偶然だったのか、それとも運命だったのか・・・・・。

この出会いが無ければKB105DRは間違いなく生まれて来なかったルアーだと思います。

ディープグラスのモンスターを狙えるディープクランク。

稲吉さんから教えて頂いたお話に大いに感銘を受け、開発に着手したのが2年前の夏。

そして、現在のKB105DRの原型が出来上がったのが、ちょうど2年前の今頃。

祈るような気持ちで、ドキドキしながら稲吉さんのテスト結果を待った事。

フィードバックを頂いたら、即改良して、日本へルアーを送った事。

昨年~今年のフルシーズンテスト。

そして、そこで見つかった新たな可能性の模索。

一歩ずつ一歩ずつ、地道な改良を重ねてきました。


そして、今回のロクマル捕獲。

僕にとっても本当に意味のある一匹です。

昨日ご紹介させて頂いた井上特攻隊長さんがデンプシーテールでキャッチされた53センチもそうですが、自分にとっては、ワールドレコードに匹敵するか、それ以上に重たい魚。

何よりも、ひたすらKB105DRを投げ続けて下さった(下さっている)、稲吉さんに大感謝です。(感涙)

本当に何時もありがとうございます!!

次は、NLWルアーで65アップですか!!
稲吉さんの自己記録を更新出来るようなルアーを作りたいと思いますので、宜しくお願いしますね!

そして今つくづく思います。

優れた釣り人との出会いは、何よりも強い原動力になると・・・・。

ピュアな釣り人の熱い気持ちに触れた瞬間、ルアーは生まれてきます。

NLWはそんなメーカーでありたいと思います。


KB105DRの開発はいよいよ最終局面に入ってきたようですね。
まだもう少し時間は掛かると思いますが、ご期待下さい!!

いやぁ、ホントに良かったぁ~~~~!!(喜)
by nishinelureworks | 2009-11-05 03:12 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31