Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:釣行記( 145 )

ナイアガラリバーのジャークベイトゲーム

先日の金曜日、急遽ガイドにキャンセルが出たポールさんが誘ってくれ、ナイアガラリバーに出撃して参りました。

そこでポールさんが見せてくれたジャークベイトの釣りがあまりにも勉強になったので、忘備録を兼ねて少しその話を書きたいと思います。

この日のナイアガラリバーのコンディションは下記の感じ。

■ フィールドコンディション(NY州アッパーナイアガラリバー)
天候:曇り時々晴れ
水温:52F(約11℃)
水色:やや濁り(水深1.5~2mボトムが見えるぐらい)
風向:東(やや強し)

魚はプリスポーン。
そんな中でスタートしたこの日の釣りでしたが、ポールさんが選んだスポットは、スポーニングエリアになると思われるシャローフラットに、冬場バスが越冬していると思われるディープエリアが最も近づいているブレイクライン。

使用ルアーは、ジャークベイト115mmのプロトモデルを改造して作ったシャローモデル。
d0145899_1248172.jpg

ずっとテストを続けてきているオリジナルモデルは16ポンドフロロのタダ巻きで約7ftぐらいまで潜るのですが、この改造プロトは約4ftぐらいの潜行深度。

ポールさんによると、今のナイアガラリバーではこのモデルが絶好調で、この前日のガイドでは全37匹キャッチした中、30匹をこのプロトシャローモデルでキャッチしたとの事でした。
d0145899_14585632.jpg
(ポールさんのインスタグラムより https://www.instagram.com/cast_adventures/

この日、ポールさんが選んだスポットは、前日爆発したエリアにほど近いセクションで、魚探で見たとこ、水深6mぐらいのディープから45度ぐらいの角度で駆け上がるブレイクライン。(ブレイクショルダーは水深2~3mぐらい)

ボートをカレントに乗せてドリフトさせながら、ブレイクショルダー付近を重点的に狙っていくのですが、ボートを流す時のポジションは船首を沖に向け、流れに対してボートが直角の状態をキープしながら流れ下って行く感じです。(トローリングモーターでコントロール)

船首にポールさんのお父さん(ディープ側)、真ん中にポールさん、船尾に僕(シャロー側)と、3人でジャークベイトを投げまくりながらナイアガラリバーの流れを下って行きます。

が、そんな中、釣れるのは何故かポールさんばかり!!
ビックリするぐらいポールさんしか釣れませんw

これぐらいのサイズのスモールマウスをバンバン釣りまくるポールさん。
d0145899_1362636.jpg

d0145899_1374368.jpg

ポールさんのジャークベイトにはガンガン食って来るのに、僕のジャークベイトにも、ポールさんのお父さんのジャークベイトにも見事なぐらいバイトがありません。(苦笑)

そこでポールさんに”オラ、ジャークベイトの使い方わからねーだ。”と、教えを乞います。(笑)

ポールさんがまず教えてくれたのは、投げる方向の違い

僕はシャロー側と言う事もあって、ブレイクショルダー~シャローフラットに向けて広く投げていたのですが、”ヒロシ、今日はそこじゃないみたい。”と言うポールさん。

と言うのも、暖かくなり始めるとシャローフラットにバスが出てくるらしいのですが、この日は前日から急激に気温低下しているので、シャローにはバスが上がっておらず、ブレイク~ブレイクショルダー付近に居るんじゃないかとの事。

んで、そのブレイクラインを狙う時の重要点が投げる方向で、ダウンクロス(斜め下流)に投げろとの指示。
これは、川スモールマウスをジャークベイトで狙う時の重要なキーとの事でした。

で、ダウンクロスに投げ込んだジャークベイトを、軽いジャークでキラキラさせながら流れを横切らせて、ブレイクショルダーを狙って行けと。

そして、それに加えて、ジャークでジャークベイトを動かし過ぎず、長めのポーズを取った方が良いとのアドバイスをもらったのですが、ポールさんがポールさんのお父さんにアドバイスしている時のやり取りが面白すぎでした。(笑)

ポ:”ヘイ、ダッド。ルアーを動かすんだけど、動かし過ぎるな!”

お:”何言ってんだオマエ。意味がわからん!”

ポ:”だから、ルアーを動かし過ぎたら釣れないんだけど、しっかり動かさないと釣れないんだよ!”

お:”余計わからん!”


っとまぁ、そんな感じ。(笑)

んで、教えたもらった方法を試してみると、あら不思議!
数投でファーストフィッシュをキャッチ!!\(^o^)/
d0145899_13221360.jpg

これぞ100%ポールさんに釣らせてもらった魚!!(笑)

そして、その後は連発モードに!!
d0145899_13264073.jpg

d0145899_13294054.jpg

d0145899_13295768.jpg

どのバスさんもお腹がパンパン。
d0145899_13302415.jpg

説明がワカラン!と言っていたお父さんもコツを掴んだ後は連発!!
d0145899_13311178.jpg

d0145899_13312628.jpg


もう、目からウロコが落ちるとはまさにこの事です。

で、これだけ釣れるなら、もしかしてシャローモデルより、バスが居るであろうレンジ近くまで潜るオリジナルモデルならもっと釣れるのでは?と試してみたい虫がうずき始めます。(笑)

狙っているブレイクショルダーは水深3mぐらいなのですが、シャローモデルは潜っても1.2mぐらい。
それならば、水深2mぐらいまで潜るオリジナルモデルならもっとチャンスが上がるんでないかぃ?と思った訳であります。(釣れそうでしょ?)

が、試してみたものの、シャローモデルではあれだけ連発してたのに、オリジナルモデルには見事なぐらいバイトゼロ!

なら、ルアーのサイズを小さくしたらどうだ?!と、これまた開発中のスモールサイズのプロトジャークベイトを試してみるものの、これまた見事なぐらい不発です。

それならば!と、シャローモデルに戻すと、速攻でこんなん出ちゃうし。(笑)
d0145899_13405134.jpg

ドーンと4.5ポンドフィッシュ!

もはやここまで来ると、完全にシャローモデルがハマっているとしか言いようのない状態です。

で、そんなこんなしているうちに、ポールさんがキャッチしたスモール君が、この謎を鮮やかに紐解いてくれたのでありました。

口の中をよーくご覧になるとわかると思うのですが、何やら魚の尻尾が飛び出ています。
d0145899_1345697.jpg

尻尾をつまんで引っ張り出すと、この魚の正体は半分消化されたスメルト!!
d0145899_13455066.jpg

見事なぐらいのマッチザベイトです。(笑)

ブレイクラインを流している最中、時折大きなベイトフィッシュの群れが魚探に映し出されていたのですが、その正体はおそらくスメルト。

要するに、ブレイクライン沿いに回遊してくるスメルトの群れを待ち伏せし、スモールマウス達はブレイクにポジショニングして、上を通過するベイトフィッシュを浮き上がってきてフィーディングしていたと言う事だったようなのです。

だから、レンジを合わせたオリジナルモデルには食ってこないのに、上を通過するシャローモデルには突き上げて来たのか、と・・・。

だからこそ、魚が浮いて来る時間を稼ぐために、長めのポーズが必要だったのかと・・・。

文章で伝えるのは非常に難しいですが、この時僕が受けた衝撃が少しは伝わりますでしょうか?(汗)

ポールさん曰く、

”今日のバスは上を泳ぐものを喰いたがっている。それと、もう一つ気が付いてるか?
ジャークベイトで食って来るタイミングは、全て太陽が出た瞬間だ。”


言われてみれば、太陽が雲から出てきた瞬間にラッシュが始まり、太陽が雲に隠れるとスローダウンするという状況。

理由はバスのみぞ知るですが、太陽光線が射すと、ボトムに居るバスから上を通過するルアーが良く見えるんでしょうか?
この日、バスがジャークベイトに浮上して来るタイミングは、太陽光線が大きなキーになっているのは間違いなさそうでした。

そして、最後にポールさんがキャッチした6ポンドオーバーのビッグスモールマウス。
d0145899_1403637.jpg

本当に凄いアングラーです。

正直な話、例えポールさんと同じ時間、湖上で過ごしたとしても一生追いつけない自信あり。(笑)
そんな凄いアングラーの釣りを間近で見れるのは本当に幸せな事ですね。

この日は最終的に3人で25匹キャッチし、そのうち23匹をシャローモデルのジャークベイトプロトでキャッチ。
シャローモデルの必要性を強く確認した釣行となりました。

よくポールさんと話す事なのですが、

そのルアーが釣れる理由なんて自分には分からない。今日釣れたとしても、明日釣れるとも限らない。
釣れるかどうかは、魚に教えてもらうだけだ。


だからこそ、ひたむきにフィールドの魚達や、ルアー作りに向き合って行くしかないのだと思います。

この日釣れてくれたバス君、そしてポールさん&ポールさんのお父さんに感謝!!

■ 使用タックル(ポールさん)
ロッド:NFC JPR65ML
リール:シマノ・コア50
ライン:サンライン・フロロ16ポンド
ルアー:ジャークベイト115㎜シャローモデルプロト

■ 使用タックル(ポールさんのお父さん)
ロッド:GルーミスJBR812C
リール:シマノ・キュラド
ライン:サンライン・フロロ16ポンド
ルアー:ジャークベイト115㎜シャローモデルプロト

■ 使用タックル(僕)
ロッド:NFC JPR65L
リール:シマノ・メタニウムMG7
ライン:ジャッカル・レッドスプール16ポンド
ルアー:ジャークベイト115㎜シャローモデルプロト
by nishinelureworks | 2017-05-24 15:03 | 釣行記 | Trackback

エリー湖釣行記 【アホビルダー、ポールさんの超絶シューティングテクに驚く!】

ちょいと前の事になるのですが、ポールさんとエリー湖に釣りに行ってきた時の話を書きたいと思います。

この日はクリアープラスチックボディーのジャークベイトのテスト(釣果&耐久性)と、DSミノーのカラーサンプルのテストに行ってきたのですが、今回の釣行でもポールさんに凄いモノを見せてもらいました。

ジャークベイトについては、今までテストしていたボーン素材のプロトよりアクションの完成度も上がっており、魚も良く釣れて大満足♪(^o^)v

三人で全体の70%ぐらいの時間、ジャークベイトを投げ倒しました。
d0145899_115140100.jpg


ジャークベイトでは、水深1.5mぐらいのシャローから、ボディーウォーターど真ん中の水深6mぐらいまでカバー。

最浅部が水深6mの超ド沖のハンプでジャーキングなど、やり通す信念を持って臨まなければなかなか続けらない釣りですが、水がクリアー&晴天ならスモールマウスは浮いて来るんですよね~♪

しかもこういう状況で浮いて来るスモールマウスはナイスサイズが多い!

現在開発を進めているジャークベイト(115㎜)の場合、16ポンドのフロロラインだとタダ巻きで潜行深度1.9mぐらいですが、ジャーキングで使うと水深3mまで潜らせることが出来るので、ボトムに居るバスを3m浮かせることが出来ればこの釣りは成立します。
スモールマウスにとっては3mなんて一瞬で間合いを詰めれる距離ですもんね。(^o^)v

ってな釣りを展開して、ジャークベイトでナイスサイズのスモールマウスをキャッチすることが出来ました♪

d0145899_1225761.jpg

d0145899_1231240.jpg

d0145899_1232922.jpg

d0145899_124794.jpg

d0145899_1243330.jpg

d0145899_1245012.jpg

d0145899_1281326.jpg

やっぱエリーは凄い!
おそらくトップ5本で19ポンド~20ポンドぐらいキャッチ♪

っとまあ、ジャークベイトに関しては大収穫の1日だったのですが、この日、一番驚いたのはポールさんの異次元レベルのシューティング技術でした。

考えてみたら、ポールさんとディープの釣りをするのはほぼ初めてに近かったのですが、これが自分の想像を遥かに超えるレベルで驚きの連続。(汗)

フィールドを琵琶湖に置き換えると、北湖の彦根と安曇川を結んだラインの北ぐらいの範囲内で釣りしたのですが、そのエリアの全ての場所にバスが居る可能性があるという状況を想像してみて下さい。
例えるならば、彦根から竹生島に向かってバスボートを走らせて、その下全部にバスが居る可能性があるという状況。(笑)

そんな広大なエリアからどうやってバスのスクールを見つけて行くのか?

詳しい事はポールさんの企業秘密になりますので割愛させて頂きたいと思いますが、一言で言えば、GPS、ナビオニクス、サイドスキャン、ダウンスキャン、2Dソナー等の水中を見る目が無ければ成立しない釣り。でも、それがあったからと言って、簡単に成立させられる釣りではないという事でした。

ローランス魚探を入念にチェックしながら、ポールさんが慎重にアプローチしたファーストスポットはこんな感じ。
d0145899_12211921.jpg

日頃からシューティングをされている方がご覧になられたら、これはっ!って画像だと思います。(笑)

そして、こんな魚探画像の中にルアーを落としたらモチロンこうなります。(^o^)v
d0145899_12231880.jpg

d0145899_12234013.jpg


ルアーはDSミノー3.4インチのドロップショットリグ。
d0145899_1225946.jpg

広大なエリアから魚を探し出していく技術、そして、水深13mオーバーのディープウォーターにも関わらず、まるでサイトで釣っているかのような精度。
一つ一つが驚きの連続だったのですが、その中で一番驚いた事がありました。

それは魚探画面から魚を見失った時の事。

僕だったら、ここ魚居なくなったし、次のスポットに走ろうってな状況だったのですが、魚はそんなに遠くに行ってないはずだし、まだ近くに居るはず・・・・と、スクールの行動を読み、たぶんこっちに居るはずと、見事にスクールを追いかけて行った事でした。

って文章にすると、なぁ~んだそんな事って思われるかもしれませんが、これがどれだけ難しい事か。(汗)

例えば遥か沖のオフショアエリアであっても、大岩などのピンスポットについているレジデンス型の魚はピンを狙って行けば釣れる可能性は高まりますが(それも簡単では無いですが)、沖のフラットを群れで移動しているスクールを追いかけるのは本当に難しい。(僕には無理)

要するに、ポールさんの頭の中にはそのスポット周辺の地形や岩盤のエッジなどがイメージできており、だからこそディープを泳ぎ回るスクールの動きを読めるんでしょうね。

んー、こうやって書いてても、自分にできるとは全く思えませんが(笑)、本当に勉強になる事だらけの釣行でした。

少なくともサイドイメージは必要だなぁ。(頑張ってお金を貯めなければ!)

エリー湖のシューティング師への道のりはまだまだ遠いわ~~!
by nishinelureworks | 2016-08-23 13:25 | 釣行記 | Trackback

アホビルダー、現在オカッパリスポット探索中♪

現在、オカッパリで集中的に釣行中のワタクシ。

時差ボケ解消も兼ねて始めたオカッパリ釣行ですが、最近はすっかり仕事、釣り、食う、寝るのシンプルライフしてます。

釣りして仕事して(もしくは仕事して釣りして)へとへとになるので、バタンキュー。
早起きが定着し、先週1週間で一体何キロ歩いたのか?もう、健康になっちゃいますわ~!(笑)

現在、新規開拓フィールドも含めて、あちこちを釣り歩いているのですが、新しい発見があったり、もちろん不発に終わったり、オカッパリフィッシングをエンジョイしています。

そんでもって思ったのは、オカッパリはやっぱ楽しい!\(^o^)/

オカッパリではなかなかハードなエリアな事もあってなかなか釣れませんが、それでもドキドキが止まりません♪

オカッパリの何がいいって、気軽に行けるのがいい!

ボート釣りだと、ボートの段取りをして、小一時間トレーラーを引っ張って、ボートを降ろして~、ってなるので行くとしたら最低でも半日は釣りしたいですが、オカッパリだとちょろっと時間が空いた隙に30分だけルアーを投げてみよう~とかいうノリで行けるのがイイですね。

正直、エリー湖とか危険度が桁違いな事もあって、釣りに行く時はある種の覚悟を強いられますが(死んでもいい!という覚悟では無くて、絶対に無事に帰ってくる!と言う覚悟ですよ!笑)、オカッパリだと釣りしててそういうプレッシャーが無いのもいいですね。(^ ^)

自分の近場だと、地元の池とか、マリーナなどになるのですが、マリーナで釣りをする時はマリーナの人に釣りをしていい場所の許可を頂いて、その許可エリアの中で釣りをしています♪
もちろん、許可してもらっているエリアが釣りに良いエリアという訳ではないので難しさもありますが、オカッパリで釣りが出来る場所として感謝しながら釣りしています。

ってな訳で、この1週間の釣果はこんな感じ♪

帰国一発目の釣りでは、近所のマリーナの外壁にてスモールマウスx2匹♪
d0145899_17392930.jpg

d0145899_1743384.jpg

ルアーはNLWフットボールジグ3/8オンスのプロトモデル+ファットアルバートグラブの4インチ。
外壁のリップラップに強いカレントが発生していて、カレントに乗せながら岩にジグを流し込んで行ったら、岩陰から飛び出てきてスコーンと食ってくれました。
この時期、オカッパリではとても貴重なスモールマウスさんとの出会いでした。

そして、この日はこのまま新規開拓でフィールドをはしご。
d0145899_17474414.jpg

この場所は雰囲気満点でしたが、残念ながら不発。
この写真に写っているルアーは思いっきりプロトなトップウォータープラグ。(笑)

3か所目のフィールドではロクマルクラスのドラムをキャッチ♪
d0145899_17513382.jpg

d0145899_17515217.jpg

ルアーは同じくNLWフットボールジグ3/8オンスプロト。

現在発売中の3/7オンスより少し軽めな事もあり、オカッパリではかなり使いやすくなりました♪

このフィールドはHハーバーというウチから65キロのところにあるエリアで、オンタリオ湖の西のどん詰まりにあるデカい内湖。
巨大な工業地帯が隣接しており、ハーバーと言う名前が付いている通り、巨大なタンカーが往来しているフィールドです。

Hハーバー風景。
d0145899_17585567.jpg


子供二人は釣り。お父さんはベンチでスマホの絵。
d0145899_17593885.jpg

50万人都市隣接と言う事もあり、釣り人はかなり多くプレッシャーは高そうです。

公園内をウロつく、今話題のポケモンGOを楽しんでいると思われる人達。
皆さん、スマホとニラメッコしながらウロウロされてます。(僕は竿を持ってウロウロ。笑)
d0145899_1811273.jpg


ビーバーにかじり倒された木。
d0145899_1824246.jpg


この日の釣果は、上にアップしたドラムさん以外には手のひらサイズのラージ君のみでしたが、最大45ぐらいのを頭に3匹ラージマウスをミスするという悔しい展開となりました。

キーになっていたのはこの長い笹の葉みたいなウィード。
何て言う名前の水草か知りませんが、オンタリオのバスはこのウィードを好んでいる事が多いような気がします。
d0145899_1861131.jpg

このウィードのインサイドと岸の間がハードボトムになっており、ここにゴビーが沢山居る状況。
ってな訳で、フットボールジグ+ファットアルバートグラブのセットをウィード際に落とし込むと、ウィードの中からバスが飛び出てきてフットボールジグをひったくって行くのですが、ことごとくすっぽ抜け。(涙)

グラブのテールに残された歯形が悔しすぎますわ~!
d0145899_1892554.jpg


ってな訳で、この超シャローのゴビー食いパターンが忘れられず、翌々日にHハーバーに再トライ。

すると!ゴビー食いのバスは姿を消しており、釣れたのはブラウンブルヘッドというキャットフィッシュさん。(笑)
d0145899_18124518.jpg

その後、やはりゴビー食いバスは見つからず、前回の釣行であまりにもポケモンGOな人達が多すぎてパスした場所に入ると、柳の木でシェイドが出来ている超ドシャローでミスバイトがあり、そのシェイドに反対方向から入りなおして、遂にラージさんがヒット!!
d0145899_18174072.jpg

ルアーはNLWスパイダージグ+3.5gウェイト+パワーホッグ4インチ。

バス君が釣れたシェイドに潜り込んで中を観察してみると、そこにはブルーギル達がネストを張っており、どうやらラージ君はギルネスト目当てでシェイドに居た模様。

ギルネスト。
d0145899_18204855.jpg


同様のシチュエーションで更に追加!
d0145899_18295026.jpg

が、このバス君なんか変!?

なんと!両目の瞳孔が真っ白になっており、おそらく両目とも見えていないと思われるバス君。
d0145899_1830578.jpg

d0145899_18311557.jpg

40センチジャストのバス君でしたが、こんな事もあるんだ!?ってビックリ。

そう言えば、このバス君、ジグと随分長い事ニラメッコした後に吸い込んでくれたのですが(もしかしてパワーホッグの匂いを嗅いでいたのかな?笑)、目が見えない状態で身についた独特の習性なのでしょうか?その逞しさに感動してしまいました。

そして、この後、もう一本45センチぐらいのをサイトで食わせる事に成功するも、残念ながらすっぽ抜け。

このバスは、柳シェイドの少し沖に生えている笹の葉ウィードのインサイドエッジをうろつきながら、何か所かある柳シェイドに立ち寄りながら、ギルネストの様子を見に来る感じの動きをしており、ウロウロ中のバス目掛けて直接ジグを放り込んでも反応しなかったので、バスがシェイドに接近してきたタイミングを見て、バスから2~3mぐらい離れた位置にジグを放り込んで放置。
で、バスがジグに気が付いたタイミングで、ジグをモゾッと振るわせてやると、すーと近寄ってきてスコンと吸い込んでくれました。
そこまでは完璧のシナリオ展開だったのに、フッキングにミスるというニシネヘボワークス。(笑)

なんせ、バスの歯形でボロボロになったパワーホッグがイイ感じですわ~♪
d0145899_18381451.jpg

最初のミスバイトでカーリーテールを食いちぎられてしまいましたが、カーリーテール無しでも普通に釣れる感じ。(笑)
ちなみに、ジグはスナップで接続し、3.5gシンカー追加(スナップにジグとシンカーを装着)で使っています♪


この翌日は生活物資の買い出しのついでに立ち寄った近所のマリーナの釣り許可エリアにて47センチ!!

細いけど長~い47センチ君♪(笑)
d0145899_18502037.jpg

ルアーはやはりNLWスパイダージグ+3.5gシンカー+パワーホッグ4インチ
d0145899_1851887.jpg

カレント上流に頭を向けて笹の葉ウィードの陰で定位しているのをサイトで見つけ、ファーストキャストはそろーりとバスの後方からジグを近づけたのですが完全無視。
で、セカンドキャストはバスが隠れている笹の葉ウィードの束から1mほど上流側にある別の束の陰に落としたら、すっとんできて一発で吸い込んでくれました♪

やはり、バスが自発的に獲物を発見してくれる状況を作りだせるとバイト率が格段に上がると感じた出来事でした。

そして驚いたのが、このバス君がまたもや片目ブラインドだったこと!
d0145899_18563070.jpg

Hハーバーの両目ブラインドのバス君と言い、なんかブラインドバス君と縁がある。(汗)

思ったのですが、Hハーバーと言い近所のマリーナと言い、超ドシャローで釣れるバス君達はやせ細っており、お世辞にもコンディションがイイと言えない状態。
想像するに、弱い個体がゆえ、本来居るべき良い条件の場所には居られず、環境の厳しい超ドシャローでサバイバルしているバス君達なのでしょうか?
何かそんな気がします。

昨日は友人Sさんと共にHハーバーに朝駆けし、Sさんがやはりスパイダージグ&同パターンでラージ君をキャッチ♪
d0145899_1972891.jpg

ちなみに、このSさんがキャッチしたバス君ですが、たぶん僕がこの数日前にキャッチしたバス君と同じ魚。(笑)

比較写真。
d0145899_19112431.jpg

d0145899_19114018.jpg

特徴的なアゴ、体側の傷痕、尻尾の形が完全一致。
釣れた場所も全く一緒なら、釣れたルアーも全く一緒。
よほどスパイダージグが好きなのか?(笑)

他にも未開拓エリアがあるので、まだまだ開拓の旅は続きそうです♪
オカッパリ楽しい~!\(^o^)/
by nishinelureworks | 2016-08-08 19:22 | 釣行記 | Trackback

釣行記 【エリー湖&ナイアガラリバーでアフタースポーンのスモールマウスを追う!】

先日、6月の第4土曜日に遂にバス釣りが解禁になったエリー湖&アッパーナイアガラリバー。

1年間の内、ほぼ7カ月が禁漁期になっているオンタリオのバスアングラーにとって、解禁日は待ちに待った日。
友人と共に3日連続で出撃してきました!!

アッパーナイアガラリバーから船を出し、エリー湖とリバーの両方を狙うプランで出撃です。

久しぶりのスキーター&ヤマハ君も絶好調♪
d0145899_18454773.jpg

やっぱバスボートは楽しい~!!

まずは様子見で、大好きなナイアガラリバーのフラットにて釣り開始。

すると!開始数投目に、いきなりロッドに強い衝撃が走る!!

おー!いきなりキター!と大興奮で魚をキャッチすると、食ってきたのはバスではなくこの子。(笑)
d0145899_18491241.jpg

釣った事が無い魚で最初は鯉だと思っていたのですが、後で教えてもらったところによると、サッカーと呼ばれるコイ科の魚との事でした。

現在開発中のジャークベイトに新たに釣果魚種が加わり、嬉しい事この上なしです♪

その後、フラットにバスの姿があまり見えない事もあり、大移動を決断。

まずはシャローから様子をみてみようと、スポーニングエリアになっているエリー湖の北岸の湾に30分のロングランを試みます。

そして、到着したエリアをチェックすると、水深1.5~3mぐらいのフラットをフラフラと泳ぎ回っている魚を沢山確認できました。
浅い場所に入って行くと、まだベッドを守っている魚も。

フラフラと泳ぎ回っている魚をDSミノーで狙うと、2016年のオンタリオ初バスがヒット!
やったぁ~!\(^o^)/
d0145899_18594490.jpg

サイトで泳ぎ回っている魚を確認し、泳ぐ方向を読んで、DSミノーを投入してステイ。

同じ日に、深江さんがシャンプレインで3位に入賞された時の動画がYouTubeにアップされていましたが、まさに同じ釣りです。

ご注目頂きたいのは、深江さんのロッドアクション。
とても参考になる動画だと思います♪

こういう時って、じっとステイさせていると微かにロッドティップが重くなるようなバイトが多く、違和感を感じたら即フッキングしないとバスが吐き出してしまうんですよねぇ。
こういう釣りにドロップショットリグは本当に有効だと思います。

そして、同行のしょうごさんはジャークベイトでファーストフィッシュをキャッチ!!
d0145899_1964979.jpg

2年ぶりのしょうごさんとのエリー湖釣行、サイコ―です!\(^o^)/

しょうごさんは、プロトジャークベイトでドラムもキャッチ。
d0145899_19174898.jpg

このジャークベイト、色んな魚が釣れますな~♪

この後、少しこのエリアの様子を見てみたものの、多くの魚は低活性&特大サイズも見かけなかった為、エリアを小移動します。

目指したエリアはスポーニングエリアになっている湾から続く巨大な岬で、産卵から回復した魚がディープに向う経路にある岬。
早めにスポーニングを終えた個体が岬エリアでフィーディングし始めているのではないかとの読みで、岬エリアの様子を見てみます。

このエリアでは見かけるバスは少なく、まだ少し時期が早いかな?ってな感じですが、諦めずに根気強く探って行きます。

すると、遂にキター!!
d0145899_19195461.jpg

パンパンに筋肉質のビッグフィッシュ!!

明らかに湾の中で釣れる魚と違います。

この魚はジャークベイトにチェイスしてきた魚にDSミノーのフォローを入れて食わせる事に成功しました。

しょうごさんもビッグフィッシュをキャッチ!!
d0145899_19243480.jpg

この魚はジャークベイトを凄い食い方してきてました。
d0145899_19252391.jpg

頭からガッツリ。(笑)

そして、更にサイズアップ!
d0145899_19262592.jpg

d0145899_19264354.jpg

ウレタン製プロトからテストしてもらっているしょうごさんに、今回初めてインジェクションモデルを試してみてもらったのですが、バッチリお墨付きを頂きました。(喜)

ってな訳で、アフター回復系に的を絞って釣り続けます。
まだスクールの規模が小さく、魚の数も多くないですが、アフター回復モードの魚はコンディションも良く、活性も高い感じ。

延々ジャーキングし続けて、たまにそういったスクールに遭遇すると言う感じの一期一会パターンです。(笑)

そんな感じでポロリポロリと、要所要所でキャッチし、初日は3~4ポンドアベレージで二人で16匹キャッチする事が出来ました。
d0145899_1937317.jpg

d0145899_1937175.jpg

d0145899_19373177.jpg

d0145899_19374317.jpg



そして迎えた2日目。

この日は前日に比べてバスの活性が低く、結構苦戦し、二人で6匹キャッチ。

そんな中、大きな可能性を感じたのがKB105ボディーをベースにして試作したビッグサイズのデンプシーテールプロト!
d0145899_19423692.jpg

d0145899_19425099.jpg

活性が低く、なかなかバイトまで至りませんが、集魚力がハンパなく、バスのチェイスの数は1等賞でした。(笑)
この後、アフター回復組のスクールが大きくなるにつれ、オチアユWPなどのプロップベイトが非常に効力を発揮して行くので、今後、このデカデンプシーテールがどんな可能性を見せてくれるか楽しみでしょうがありません。(^o^)v

DAY2の最大魚はこの子。
d0145899_1950223.jpg

水深13mのディープで魚探で魚を探しシューティングでキャッチ。(ルアーはDSミノー)

なかなか苦戦しまくりでしたが、フットボールジグのドラッギングでナイスフィッシュを何匹かキャッチする事が出来ました。
d0145899_1953573.jpg

d0145899_19531865.jpg

d0145899_1953423.jpg


ウォールアイさんも登場♪
d0145899_1954835.jpg


しょうごさんはこのパターンでドラムを連発しまくり!
ドラムトーナメントがあったら優勝できるんでは?ってな勢いで、ドラムを釣りまくってました。(笑)
d0145899_19572577.jpg

もう、バスを釣りに来たんだか、ドラムを釣りに来たんだか分からない状態。(たぶん10匹以上キャッチしてたと思う。笑)

そして一番驚いたのは、最後にしょうごさんがキャッチしたスーパービッグサイズのサッカー君!

デケェ!!
d0145899_19585877.jpg

つか、サッカーってラバジも食うのね~。(笑)


そして、DAY3。
この日はハーヤンパパさん&名古屋のキープキャストで大変お世話になったミツギじいちゃんと出撃。
風が強かったので、ナイアガラリバー中心での釣りとなりました。

そして、開始早々、ハーヤンパパさんがジャークベイトでビッグフィッシュをヒット!
d0145899_2054664.jpg

d0145899_2061115.jpg

d0145899_2063364.jpg

普段は殆どやった事が無いストレッチだったのですが、大きな鳥山が出来てて、試しに入ってみたら一撃でした。

やっぱベイトフィッシュの存在は大切ですね!!

そしてハーヤンパパさんがもう一匹追加!
d0145899_209720.jpg


その後、風が少し収まってきたので、エリー湖に少し出てフットボールジグパターンフィッシュ。
d0145899_2012640.jpg

d0145899_20121765.jpg

d0145899_20123049.jpg


と言う訳で、思う存分バスフィッシングを堪能した3日間でした。

もう、トローリングモーターの揚げ降ろしで背中はパンパン。
ジャーキングしまくりで腕はパンパンになりましたが、バスフィッシングって本当に楽しすぎ!!

釣れてくれたエリー湖やナイアガラリバーのお魚さん達、そして素晴らしい友人達に感謝したいと思います。

■ 使用タックル1
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65ML
リール : シマノ・アルデバランMG7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : プロトジャークベイト(フローティング&サスペンドモデル)

■ 使用タックル2
ロッド : ノースフォークコンポジットUTR68MH
リール : シマノ・アンタレスAR
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : デンプシーテール105プロト

■ 使用タックル3
ロッド : ノースフォークコンポジットPSR610ML
リール : ダイワ#2500
ライン : ナノフィル10ポンド+レッドスプール12ポンド(5m)
ルアー : NLWフットボールジグ+ズーム・ファットアルバートグラブ4インチ

■ 使用タックル4
ロッド : ノースフォークコンポジットDSR68L
リール : シマノ・ステラFW2500
ライン : レッドスプール7ポンド
ルアー : ドロップショットミノー3.4インチ(スモークパープル)
by nishinelureworks | 2016-06-30 20:21 | 釣行記 | Trackback

釣行記 【ジャークベイトオンリーで春のエリー湖に挑む!】

昨日はポールさんと一緒にエリー湖に出撃してきました。

今回の釣行のテーマはジャークベイト!!

ジャークベイトの完成に向けて、インジェクションモデルの釣果検証、バリエーションモデルとして考えているラトルインモデルやフローティングモデルやショートビルモデルの実釣テスト。
そして、ボディー、塗装、フック等の強度テスト等、ジャークベイトオンリーで春のエリー湖に挑みました。

最強の助っ人ポールさん。
d0145899_21144580.jpg

国境を越え、アメリカの水域にてテスト開始です。
今まで行ったことないエリアでのジャーキング。
ポールさんがどんな釣りを展開するかワクワクが止まらない!!

が、エリアに向かう道中、ポールさんが気になる一言・・・

”ヒロシ、今日は波もなくて最高のコンディションだ。でも一つだけ心配な事がある。2日前に大風が吹いて、この春初の濁りが入ったので、もしかしたらジャークベイトにはネガティブな要素になるかもしれない。”

ひ~、そうなんだぁ。(汗)
そっかー、やっぱり濁りはジャークベイトにマイナスの働くんだな。
でもまぁ、エリー湖だし、ポールさんだし、何とかなるっしょ。

と、僕はその時、その言葉を割と気楽に捉えていたのですが、その後、実際に釣りを始めて、まさにそのポールさんの言葉通りの展開に丸1日苦しめられる事になったのであります。(汗)

と言う訳で、最初に入ったスポットは、近くにスポーニング場を控えたハンプのブレイクショルダー。

アイドリングでスポットに接近しながら、サイドスキャン、ダウンスキャン、2D画面、GPSに画面を4分割したローランスを確認しながら慎重にスポットにアプローチして行くポールさん。

画面を見ながら、ほら、こことここがこうなっててとか、こういう場所に魚がポジショニングしててとか、これが魚とか、色々教えてもらい、目からウロコレベルで勉強になる事だらけ。

そして、ファーストスポットで釣り開始。
ボートポジションを水深4.5mぐらいにとり、ハンプトップに向けて投げて行きます。

すると、開始ほどなくしてボクにファーストフィッシュ!!

が、魚が違う~~~!なシルバーバスさん登場。(笑)
d0145899_2344349.jpg

狙っている魚とは違いますが、ファーストフィッシュは嬉しいもんです♪

そして、シルバーバスさんから針を外していたら、ポールさんが”俺にも来た!!”と。

振り返ると、こんなんなっとるし。(笑)
d0145899_2345856.jpg

”どーだヒロシ、羨ましいだろ!オレはゴビーを狙ってんだ。”

と、見せびらかせられまくります。(笑)


興味深いのはポールさんが使うジャークベイトにゴビーが引っ掛かって着た事&ボトムのコケを拾ってきている事。

16ポンドで使っている僕のジャークベイトは全くボトムをかすりもしないのに、12ポンドのフロロを使っているポールさんのジャークベイトはボトムにルアーが到達している模様。

そこで、糸の太さの差で潜行深度にどれぐらいの差が出ているか検証してみましたところ、キャスティングで使った場合、16ポンドではおそらく2m前後、12ポンドでは水深2.4mぐらいまで達する事が分かりました。

ちなみにドラッギングで使用した場合は12ポンドラインで4.5mぐらいのボトムを叩ける事が判明。

ウレタン製プロトよりも1段深い層に到達させられるみたいで、何がどうなってこうなったか分かりませんが(笑)、オープンウォーターでのスモールマウス狙いにおいて、より潜行深度が稼げることは非常に喜ばしい事です。

が、残念ながらスモールマウスからの反応は無し。(涙)

何か所か有望エリアを回ったものの、濁りの影響か、シャローに生命反応があまり感じられないので、現在バスがスクールしている沖のディープエリアの様子を見に行きます。

まさかのトローリング発動~!(笑)
d0145899_23582327.jpg

オモリを付けて、この前釣りしたぐらいのド沖エリアを流していきますが、ワンバイトあったのみでキャッチは無し。

つか、JPR65L(写真はプロトの66L)がトローリングに使われるとは、さすがのNFCの堀口さんも考えておられますまい。(笑)

おそらくですが、この日、釣果だけを最優先で行くなら、状況の安定しているディープでスクールしているビッグバスに狙いを絞るのが正解なのでしょうが、今日はジャークベイトのテストと言う課題があるので、早々に
ビッグバスが群れる沖のハニースポットを離れ、バッファローの市街地が隣接するエリー湖のショアラインエリアに移動。この時点で釣り開始してから2時間ぐらい経過しています。

そして、移動した先のスポットで、3ポンドぐらいのスモールマウスがヒット!!
d0145899_072761.jpg

釣り的にはやはり水深4.5mぐらいのボトムに居るバスを水深2m付近まで浮かせて食わせる感じ。
水がいつもより濁っているので、アピールを増強するべくラトルインタイプのプロトを使用したところ、バスが反応して来てくれました♪

3ポンドぐらいのアベレージサイズですが、メッチャ嬉しい~!(喜)

サイレントモデル中心に開発を進めてきたこのジャークベイトですが、ラトルインモデルの研究は、今後必須課題ですね。
とりあえず、ラトルインしてもサイレントモデルと変わらないアクションレスポンスを発生させられる事が分かりましたので、今後、ラトルのタイプや個数など色々なプロトタイプを試し、魚の反応を見ながら研究して行きたいと思います。(^o^)v

ショートビルのプロトタイプではシルバーバスさんをキャッチ♪
d0145899_0162779.jpg

このショートビルタイプは、まだまだどうなるか未知数ですが、何はともあれ魚が食ってきてくれたのは嬉しい事ですね♪(喜)

ポールさんはドラムをキャッチ。
d0145899_0205146.jpg

ヘイ!ヒロシ!ドラムが釣れたぜ!!やったぞ!羨ましいだろ!俺はドラムを狙ってるんだよ!はっはっは~!(さっきはゴビーを狙っているって言ってたのに。笑)

どんな魚が釣れても粗末に扱う事なく喜ぶポールさん、最高すぎです。^^

スモールマウスはなかなか釣れませんがシルバーバスは良く釣れて、その後5匹リミットを達成。(笑)
d0145899_0254333.jpg

何はともあれ、何か釣れてくれると嬉しいもんですね!

ちなみに、ポールさんにこの日の状況でジャークベイトにこだわる必要が無いなら、どうやって釣りする?
って聞いてみましたところ、

”沖のディープエリアで、DSミノーを使って魚探を見ながらシューティングする。今日はメチャクチャスローだわ~~。”

との返答。

が、今自分達がやっているのは、シャローでスピーディーな釣り。

全く真逆の事をやっている訳です。(笑)

しかも、バスが浮いてきてくれて初めて成立する釣りなのに、濁りが入っててバスを非常に浮かせ辛い状況という。(汗)

通常のクリスタルクリアーな透明度であれば、水深が5mぐらいあっても余裕で浮いてくるスモールマウス達ですが、この日の状況は水深1mのボトムがぼやけてあまり見えないぐらいの状態。

そりゃ、ムチャっつうもんです。(笑)

そこで、少しでも可能性のあるエリアを求めて、ランガン。

濁りの入った水の中で、少しでもアピールを高める為にラトルインモデルを使い、ロングポーズで魚が浮いてこられる間を長く取る事をイメージしながら釣り続けます。

そして、ポールさんが3ポンドぐらいのバスをキャッチ!
d0145899_0384314.jpg

シブい状況の中、辛抱強く粘り倒してひねり出した貴重な1本です。

ちなみにポールさんには今年の春からJPRのMLとLのプロトを貸し出して使ってみてもらっているのですが、素晴らしいジャークベイトロッドだね!と、かなり気に行ってくれている様子♪

快適にジャーキングできるし、ルアーをロングキャストできるし、フレキシブルなので魚がばれなくて最高だ!
との感想でした。

ポールさん的には、Lは巻きで使ってもいい感じだね。との感想で、これは僕も激しく同意。^^

ジャークベイト王国で育ち、今まで数えきれないほどの魚をジャークベイトで釣って来たポールさんをうならせる堀口さん&塚本さん、オソルベシ!

現在、ポールさんの手元にあるJPRのプロトロッドは、これから凄まじい数の魚をキャッチし続けて行く事になると思います。(^o^)v
d0145899_0475896.jpg
North Fork Composites J Custom 2.0 JPR65Series 詳細ページ

僕も同様の釣で3ポンドぐらいのスモールマウス君をキャッチ。
d0145899_0444873.jpg

完璧に外しているとわかっているパターンの中、少しずつアジャストし、わずかな可能性を求めて、ようやくたどり着いた魚だけに、嬉しさもひとしお。

結果の大小だけでは測れない大きな喜びがそこにはあります。

今回の釣行では、最終的にラトルインモデルのジャーキング&ロングポーズのパターンで15匹ぐらいキャッチ。
d0145899_121049.jpg

d0145899_123378.jpg

考え、悩み、ジャークし続けた1日。

そこには沢山の学びがありました。

色々な可能性が見えてきましたし、更なる改良に励みますぜ~~!!(^o^)v

この日釣れてくれたお魚さん達&ポールさん、ありがとう!

■ 使用タックル1
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール: シマノ・メタニウムMgDC7
ライン: ジャッカル・レッドスプール16ポンド
ルアー: ジャークベイトプロトサスペンドモデル(サイレント&ラトル)

■ 使用タックル2
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65ML
リール: シマノ・アルデバランMg7
ライン:レッドスプール16ポンド
ルアー:ジャークベイトプロトショートビルモデル、ジャークベイトプロトフローティングモデル
by nishinelureworks | 2016-05-28 02:16 | 釣行記 | Trackback

釣行記 【エリー湖のプリスポーンフィッシング - ディープウォーターの破壊力!】

先日、友人のテリーさんが誘ってくれて、今季初のエリー湖に釣りに行ってきました。

アライグマにボートを食われて釣りに行けないオイラに救いの神!!(喜)
去年は去年で、車を沈めて釣りに行けなかったオイラを釣りに連れて行ってくれたテリーさん。
ホント、いい友人に感謝です!!

d0145899_18433185.jpg

■ フィールドコンディション
天候 : 晴れ
風向 : 南西の風15㎞/h(秒速4m)
水温 : 約13℃

オンタリオ州はまだバス釣りが禁漁なので、国境を超えてNY州の水域での釣りとなったのですが、今季初のエリー湖は凄かった!!

結果から先に言うと、二人で50アップx4本(最大51センチ)、45アップを25本ぐらいキャッチ、トップ5本の推定ウェイトは26ポンドぐらい(約11.8㎏)と、もの凄い釣果に恵まれました。
もちろん、この釣果はエリー湖に精通するテリーさんの力以外の何物でもなく、本当に色んな事を学ばせてもらった1日となりました。

夜明けと同時にカナダから出船し、エリー湖を渡ってNY州の水域でスタートフィッシング。
最初の3時間ぐらいは手がかじかむぐらいの寒さで、バイトも全く無しな状況でしたが、テリーさんがメタルジグプロトでキャッチした2.5ポンドぐらいのファーストフィッシュが、この後の怒涛のビッグバス連発劇の始まりとなったのでした♪
d0145899_18563059.jpg

テリーさん的には、あれ?小さい?と意外なサイズのバス君だったみたいですが、それまで全くの不発状態で、もしかして今日はヤバい?って雰囲気満載だったので、嬉しい事この上なし!

そして、僕にもファーストフィッシュが!!

いきなり4.5ポンドぐらいのビッグフィッシュが登場!!
d0145899_20484346.jpg

ルアーはドロップショットミノー3.4インチのスモークパープル。
低活性だったのか、バイトは殆ど感じない状態。
ロッドティップにかすかな重みを感じてフックアップしたら、これもんでした!(笑)
d0145899_198392.jpg

やった~!\(^o^)/

テリーさんもスイムベイトで4ポンドぐらいのをキャッチ!
d0145899_19121429.jpg

体格が大きなテリーさんが持つとバスが小さく見えますが、かなりナイスフィッシュです。^^

その後もDSミノーで何本かの4ポンドクラスをキャッチする事に成功♪
d0145899_191535100.jpg

d0145899_19283093.jpg

d0145899_19284590.jpg

DSミノーのドロップショットリグに食ってくる魚は、どの魚もソフトバイトで、シェイクしてたらアタリが分からないので、ステイ&違和感を感じたら即アワセ!!

アタリは超微妙だけど、フックアップした後のファイトは強烈そのもの!
この静から動へのギャップの凄さがタマランですわ~!!\(^o^)/

ちなみに、水深は9mぐらい。
次の大潮で生むんじゃないか?ってな雰囲気なんですが、そんな段階でもこの水深がメインってのが驚きですね~。

今にも産みそうなパンパンのお腹。
d0145899_1922361.jpg

d0145899_20563659.jpg


船団。
d0145899_19225984.jpg


そして、日が昇って暖かくなり、風が出始めたタイミングで怒涛の連発が始まりWヒットとかも!
d0145899_19315529.jpg


テリーさんとセルフィー♪(笑)
d0145899_19322033.jpg


その後、風が強くなりDSミノーではボトムキープ&微細なバイトを取るのが難しくなったので、フットボールジグパターンを発動。

狙っている水深が9~12mと結構深いので、昨年の秋から開発&テスト中のNLWフットボールジグの3/4オンスプロトを用い、ボトムズル引きで狙っていきます。

すると!やはりフットボールジグに好反応を見せてくれるスモールマウス君達!!

プロトジグに5ポンド前後のビッグスモールマウスが食ってきた~!!
d0145899_19372515.jpg

ドロップショットミノーだとロッドティップに微妙な重みが乗ったり、リグの重量が一瞬消えたりみたいな微妙なアタリばかりでしたが、フットボールジグだと、”コン!”と明確にアタリが出るのが非常に興味深いです。

ミノー系を食っている時と、ゴビーを食っている時で食い方が明らかに違ってて面白い~!^^

ちなみに、このジグですが、3/4オンスの巨大なヘッドにオリジナルのNLWジグ12.5gモデルと同じ2/0サイズのスモールフックと、見た目は恐ろしくアンバランスなジグ。(汗)
d0145899_19442823.jpg

フックが小さ過ぎなんでね―の?フッキングするの?ってな心配が大いにあったのですが、今のところアタリを感知できたバスの殆どはフッキングに成功しているので、意外に行けそうな感じです♪(喜)

ヘッドはスモールマウス君のバイトマークだらけ。
d0145899_19464812.jpg


食ってくるバスは4ポンド後半~5ポンドぐらいのナイスサイズ!
フットボールジグ最高~~~~!!\(^o^)/
d0145899_19503834.jpg

d0145899_20173219.jpg

d0145899_1952462.jpg

こういう釣りに、ノースフォークコンポジットのPSR610MLは本当に最高です♪(^o^)v

と言う訳で、DSミノーのドロップショットリグ、フットボールジグのドラッギングとパターン化に成功したところで、ルアービルダーの虫がうずき出します。
いつもの事ではありますが、これで釣れるなら他のルアーはどうだろうか?と、色んな興味がむくむくと湧いてきて止まらない&止められない!(笑)

僕自身、釣りに行く時の最大のテーマは、最大重量記録を出す事でもなく、ビッグフィッシュを追い求める事でもなく(もちろん釣れたら嬉しいけど。笑)、一番大切にしている事は、ルアー開発に繋がるキーを探す事

それを知る為には、どんなに釣れるパターンであっても、同じ事をやっていたら新しい可能性は何も見つかりません。
たとえそれが、その日の最強パターン&ルアーであったとしても、それを何の躊躇もなく封印出来るのが自分の唯一の強みだと思っています。(どんな強みだ?笑)

てな訳で、新たなる可能性へのトライ!
テーマはもちろんハードベイト!!

水深9~12mのディープウォーターでハードベイトの可能性は無いのか?
持ってきたタックルボックスをほじくり返して、色々と試行錯誤してみます。

そして試行錯誤を繰り返した結果、一つの可能性を見つけた!!

水深12mでフックアップに成功したデンプシーテールフィッシュ!!
d0145899_20114559.jpg

やったぁあああああ~~~~!!!
d0145899_20122570.jpg

ヤバいぐらい嬉しすぎです。(喜)

リグは昔からやっていたキャロクラをベースにしたリグ。
重たいオモリをつけて、ドーンとボトムまでハードルアーを沈めます。(^o^)v

そして、ルアーをとっかえひっかえして試してみた結果、ブレードクランクでも!!
d0145899_20142253.jpg

ブレードクランクでもう一本追加!!
d0145899_2021390.jpg

水深9~12mのディープウォーターであろうと、ボトムをゆっくり泳がせるのにブレクラはとてもいい感じです♪

テリーさんがフットボールジグプロト、そしてオイラがブレクラでWヒット&セルフィーアゲイン。(笑)
d0145899_20274158.jpg

今回の結果を持って、ブレードクランクにゴビーカラーとイエローパーチカラーを猛烈に塗りたくなったアホビルダーなのでありました。(笑)

ってな訳で、大変収穫が多く、勉強になった今回のエリー湖釣行。

素晴らしい環境、ルアーに食いついてくれたバス君達、そして釣りに連れ行ってくれたテリーさんに心から感謝です。
d0145899_20302732.jpg

全ての事にありがとう!!

■ 使用タックル1
ロッド:ノースフォークコンポジットDSR68L
リール:シマノ・ステラFW2500
ライン:ジャッカル・レッドスプール7ポンド
ルアー:ドロップショットミノー3.4インチ(スモークパープル)
シンカー:1/2オンス

■ 使用タックル2
ロッド:ノースフォークコンポジットPSR610ML
リール:ダイワ#2500
ライン:ナノフィル10ポンド+レッドスプール12ポンド(5m)
ルアー:NLWフットボールジグプロト3/4オンス
トレーラー:ズーム・ファットアルバートグラブ

■ 使用タックル3
ロッド:ノースフォークコンポジットTCR610M
リール:シマノ・メタニウムXT
ライン:ジャッカル・レッドスプール16ポンド
ルアー:ブレードクランクM5R、デンプシーテール85S
by nishinelureworks | 2016-05-25 20:38 | 釣行記 | Trackback

超低水温リバーでスモールマウスを浮かせるアプローチ

ちょいと間が開いてしまいまいたが、前日の釣行記の続きです。

前回の釣行記、コールドウォータークランキング編はコチラ

クローズドエリアからの帰り道の途中、

”ナイアガラリバーで少しスモールマウス狙いをしてみよう!”

と提案してくれたポールさん。

なんと、まさかのラージマウス狙い→スモールマウス狙いのゴージャスプラン!!

もう、興味はマックスです!\(^o^)/

何たって、この水温が低い時期、強い流れのナイアガラリバー本流でどうやってスモールマウスを釣ったらいいか全くわからんどころか、何処にスモールマウスが居るかすらも分からん未体験ゾーンな釣り。

ポールさんが、この条件下でどんな釣りを展開するか、限りなく興味が湧いてきます。

そして、走る事5分ぐらいでスモールマウススポットに到着!

そのスポットは僕もたまに釣りをするエリアで、地形変化がかなり起伏に富んでおり、ハンプやレッジが沢山存在するエリア。
ポールさんが船を停めたスポットは、そんなエリアのまさに流芯とも言える強い流れの中でした。

正直、えっ?まさかここ?(汗)

流れはかなり強く、80ポンドのミンコタを70~80%ぐらいのパワーで回し続けてようやくボートをステイさせられるぐらいの図太い流れ。

魚探の水温計は水温6℃と表示しています。

このトルク満点の流れ+水温6℃!

もう、僕的には全く釣れる気がしません。
釣れる気がしないというよりも、魚がおるんか?というレベル。(笑)

イメージ的には、もっと流れが緩やかなディープにスクールしてるんじゃないかと想像していただけに、かなりビックリでした。

ってな訳で、スタートフィッシング!

最初のドリフトでは、船を流れに乗せて流しながらジャークベイトで狙っていきます。

が、何も釣れません。

流されながら魚探で確認すると、やはりかなり起伏に富んだエリアです。

そして、2度目のトライ。

今回はちょっと狙い方を変えてみると、ポケットからトローリングモーターのリモコンを取り出すポールさん。

狙いは水深1.5mぐらいから3.5~4mぐらいまで一気に落ち込むレッジ。

そのレッジ付近にボートポジションを取り、トローリングモーターのスポットロック機能を利用して、アンカリングします。

スポットロック機能と言うのをご存知ない方にご説明させて頂きますと、ミンコタ社のTerrovaやUlterraに搭載されている機能で、GPSと連動したトローリングモーターが自動操縦で定位置に船を留まらせてくれるという超かしこいシステム。(詳しい事はコチラの記事をご参照ください)

強い流れの中、普通のケーブルステアリング式トローリングモーターで一か所に留まり続ける事はかなり難しいですが、リモコンのボタン一つでアンカリングできちゃうテローヴァ、ホントに凄すぎです。

そして、ここでポールさんの指示。

”流れをクロスするように斜め45度下流方向に向けてジャークベイトを投げて、ジャークベイトを流れの中を横切らせながらゆっくりトウィッチしろ。”

普段から川の釣りをされている方ならピンと来るかと思いますが、そう!サクラマスとかスティールヘッドなどへのアプローチとまさに一緒のアプローチ!!

ただひとつ違うのは、バンクからではなくボートからそれをやってしまう事。

ポールさんのスキルと、テローヴァのスポットロック機能があって初めて成立する釣り方です。

なるほど!と目からウロコ!!

ダウンクロスでジャークベイトをトウィッチしながらレッジに流し込んで行きます。

このアプローチならメチャクチャ釣れる気がしてくるから不思議です。(^o^)v

すると!

やっぱり食ってきた~~~!!!

ナイスサイズのスモールマウスが連続ヒット!!

d0145899_18465018.jpg

d0145899_1847193.jpg

d0145899_18473157.jpg

d0145899_18474592.jpg

d0145899_18475879.jpg

ポールさん、凄すぎるわ~~!!

最初のドリフトで無反応だったのは、おそらくドリフトしながらでのアプローチだと、ジャークベイトが一瞬でスモールマウスの前を通り過ぎてしまい、スモールマウスが反応しきれなかったんでしょう。

活性の高い夏場なら、そんな早い釣りでもスモールマウスは余裕でアタックしてきますが、流石に水温6℃では難しかった模様。


ボートステイ&ダウンクロスにアプローチ法をチェンジした事によって、スモールマウスにスイッチが入る間と、浮いてこれるだけの時間を与える事が出来たのだと思います。

この日スモールマウスがスクールしていたのは水深1.5mから3.5~4mに落ち込むレッジの深い側。

おそらくプロトジャークベイトをダウンクロスで用いると深度2m強ぐらいまで潜っているはずなので、バス達は頭上をゆっくりと横切って行くジャークベイトに浮上&アタックする事が出来たんだと思います。

つか、スモールマウスさん達、水温6度の流芯ボトムから浮いてきちゃうのね~。(笑)

何度も何度も繰り返して同じスポットにクランクベイトを通す事によってスイッチが入ったラージマウスと相通ずるものがありますが、ちょっとしたアプローチの仕方の違いで大きな違いが出るという事を痛切に感じた釣行でした。

それにしてもポールさん凄すぎ!

この人の実力はホント底が知れません。(驚)


今回の釣行がジャークベイトの中空プロトの本格的なデビュー戦でしたが、お陰様で十分すぎるぐらいの手応えを感じることが出来ました。
まだまだ引き続きテストは必要ですが、一歩一歩着実に進めて行きたいですね!

d0145899_18471650.jpg

■ 使用タックル
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール : メタニウムMgDC7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : プロトジャークベイト115㎜
by nishinelureworks | 2016-05-13 19:44 | 釣行記 | Trackback

コールドウォータークランキング - 低水温のラージマウスにスイッチを入れる方法

完全に時期外れな投稿内容となりますが、コールドウォータークランキングについて書いてみたいと思います。

先日、ポールさんに誘ってもらって、今季初のアッパーナイアガラリバーにプロトルアーのテストに行ってきたのですが、その時のパターンの一つがコールドウォータークランキングでした。
思いっきり時期外れではありますが、来年の春の為にも、忘れないうちに書いとけ~と。(^o^)v

この日向かったのはアッパーリバーエリアの、とあるクローズドエリア。
このエリアは、ナイアガラリバーの強い流れから遮断され、かなり特殊な地形条件を備えており、決して広いエリアではないですが、おそらく多くの魚達が越冬場所として利用していると考えられるエリアです。

朝一、空が白み始めると同時に出船し、大雨の中、このエリアにエントリー。

水温は8℃ぐらい。

そこで、今年の冬に試作を進めていたプロトクランクでテストフィッシングを開始します。

しかし、水温は8℃ぐらいと、ラージマウス狙いをするにはかなり低水温な事もあり、当然の事ながら、なかなか釣れません。

そして、日が昇り、風が吹きはじめ、そのエリア内の風下のセクションに差し掛かった時、とあることに気が付きます。

このセクションだけ、水温が0.5℃ほど高い!

おそらく太陽が昇って水が温められ始めた事に加えて、表層の暖かい水が風下側のこのセクションに吹き寄せられているのではないかと考えられたのですが、魚探の水温計は8.5℃あたりを表示しています。

そして、岸べたではシャイナー達がピョンピョン跳ねており、生命感もある!

僅か30~50mぐらいのストレッチですが、非常に期待が持てる感じです。

が、やはり低水温には変わりなく、そう簡単にバイトは出ません。

そこでポールさんの指示。

”ヒロシ、同じ場所に何度も投げて、クランクベイトを通せ。理由は分からないけど、何度もクランクを通している内に、バスが食い始めるから。ボトムをこすりながら引くのがキーだ。”

このアドバイスを信じ、ポールさん、ボク、そしてこの日一緒に行ったテリーさん3人で、プロトクランクをボトムにこすり付けながら、ひたすら投げ続けます。

すると!

ホントに食ってきたぁ~~~~!!!

何度も何度もクランクを通したラインで、ラージマウスが食い始めたのです。

今の段階ではこのプロトクランクは露出NGとさせて頂きたいので写真は非掲載とさせて頂きますが、プロトクランクでラージマウスを連発するポールさん。

そして、テリーさんも、同じくプロトクランクでラージをキャッチ!!

そして、僕にも!

って、魚がちゃうがな。(笑)

d0145899_21134087.jpg

でも、うれしー!!

この魚はボウフィンと呼ばれる古代魚。
生きる化石とも言える魚で、実際に化石も見つかっています。

想像もつかないような長い時間の流れの中、生命のバトンを繋いできたボウフィン君に言いようのない敬意の念が湧いてきます。
そして、これから先も未来永劫に渡って、ボウフィン君達が命を育み続けられる素晴らしい川であって欲しいという願いが心の奥底から湧き上がって来ます。

それにしても、ポールさん凄すぎる!

ポールさんが何時も”Fish tell us truth"(魚が真実を教えてくれるよ)と口癖のように言っているですが、ホントにその通り。

このラージマウス君達は、暖かい表層水が吹き寄せられるシャローフラットの、ボトムの堆積物の上(枯葉などの黒い堆積物の上は水温が上がるのも早く、保護色にもなる)で、じっと水温が上がるのを待っていたバス達ではないかと思われるのですが、何度も何度もクランクを通す事によって、口を使い始めたのです。

そして、釣れてくるラージ君達は、まさにそれを証明するかの如く、冬眠明けのバスに良く見られる口の中が真っ赤な個体ばかり。

これは想像でしかないですが、何度も何度も繰り返してクランクを通す事によって、ルアーが出す音やフラッシングが魚のスイッチを入れたのでしょうか?
真実は魚のみぞ知ると言う感じですが、ポールさんが予言していた言葉通り、スローリトリーブで何度も同じラインをクランクを通す事によって、魚のスイッチが入った事は間違いなさそうでした。

で、その後、更なるアジャストを試みます。

ラージ君を連発で食わせる事に成功したプロトクランクですが、このクランクは本来そうした使い方を想定していない事もあって(もっとスピーディー&攻撃的な釣りを想定しています)、このプロトクランクが持つ最大のストレングスを発揮できていないと感じたので、別のクランクを試してみる事にします。

となると、NLWルアーではブレードクランクがベスト。

水深3ft(90センチぐらい)のボトムをゆっくり引け、デッドスローで巻いてもアピールできるワイドウォブル&ブレードのフラッシング。
実はブレードクランクは、ボトムクロールにかなり向いた特性を持っているんですよね~♪

で、試してみたらやはり効く!

スタジオソラさんに無断で作ったブレクラ・ソラブルー君で!(笑)
d0145899_2147554.jpg

d0145899_21483555.jpg


ポールさんはルアーショップおおのさんオリカラのビビットタイガーで!
d0145899_21504187.jpg

同じブレクラでも、オレンジ色が入っているのが非常に重要な感じでした♪(^o^)v

と言う訳で、非常に勉強になったコールドウォータークランキング。

絶対にココには魚がいる!という確信を持てて初めてやり通せる釣りだとは思いますが、クランキングの可能性ってホントに凄い!!\(^o^)/


そんでもって、この後、次々にアジャストして行くポールさん。

クランキングの次はジャークベイトで!

ブレイクの上にサスペンドするラージをジャークベイトで狙うパターン発動。
d0145899_21542491.jpg

d0145899_21544375.jpg


同パターンで、テリーさんがこの日の最大サイズとなった4ポンドぐらいのラージマウスをジャークベイトでキャッチ!!
d0145899_21584552.jpg

嬉しすぎるわ~!\(^o^)/

そして、ポールさんの勢いは止まりません。
普段はジャークベイトでなかなか釣れないドラムとか。(しかもデカい!笑)
d0145899_222184.jpg

d0145899_2203399.jpg


ボウフィンまでキャッチ!
d0145899_2234494.jpg


このボウフィン君はジャークベイトを丸のみ。
もの凄い掛かり方をしてて、針を外すのに苦労しましたが、元気にリリースする事が出来ました♪
d0145899_2245094.jpg

古代魚って、すごい存在感。
イカツイ中にも、どことなく可愛さが漂う風貌がタマランですね~。^^

で、ジャークベイトで探った後は、同じくサスペンドしているバス狙いで、ドロップショットミノーを用いたミドストっぽい釣りでラージマウスを連発するポールさん。
d0145899_22173772.jpg

d0145899_2217502.jpg


釣れるバス君は例外なくお口が真っ赤。
こういう口をしたバスって、琵琶湖とかだと2月ぐらいに釣れる事が多いですよね~。
d0145899_22182331.jpg


ちなみに、ポールさんが行っていたジグヘッドのスイミングですが、日本ではミドストとして誰もが知る釣りですが、カナダでこの釣りをやっている人はまず見た事がありません。

もちろん、ポールさんもミドストなど知ろうはずもありませんが、

”色々試してたら、この方法も良く釣れるという事に気が付いたんだ~。はっはっはっ~。”

と、言ってました。(笑)

なので、同じジグヘッドスイムと言っても、完全にミドストみたいな感じではなく、使っているヘッドはラウンドヘッドではなくダートヘッド。
泳がせ方もミドストみたいに綺麗にワームをロールさせて泳がせるのではなく、もう少しリアクション要素が入ったような独特な泳がせ方でしたが、よく釣ってはりました。(マネしたけど僕には釣れませんでした。笑)

誰に教えられたわけでもなく、魚に教えてもらった釣り。

まさに"Fish tell us truth"です。

と言う訳で、この日の釣りは驚きと勉強の連続。
本当はここで幕を閉じるはずだったのですが、この後、ラージマウス狙いの帰り道にちょろっと立ち寄ったナイアガラリバー本流で見せてくれたジャークベイトの釣りで、ポールさんは更にアホビルダーを驚かせてくれたのでした。

オソルベシ、ポールさん!!

・・・・つづく

■ この日の使用タックル
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール : メタニウムMG7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : プロトクランク、ブレードクランクM5R、プロトジャークベイト115㎜他
by nishinelureworks | 2016-05-09 23:12 | 釣行記 | Trackback

釣行記 【11月30日 初冬のエリー湖でアーリウィンタースモールマウスを追う!】

11月30日のエリー湖釣行記です。

この日の釣りは、カレントの中のスモールマウスへのアプローチについて非常に大切な事を学ばせてもらった1日でした。

d0145899_3274639.jpg

■ フィールドコンディション(エリー湖)
天候:晴れ
風:無風→北東4m/秒
気温:0-5℃
表水温:8.5℃
水質:クリア


大ハズシをかました前回の釣りですが(釣行記)、釣行後の自己分析では、”カレントと逆向きに吹いていた東風に上手く対応できなかった事”が、前回釣れなかった最大要因ではないか?と言うのが、自分なりに出した結論でした。

んでもって、この日の風もまさに前回大ハズシした時と全く同じ風向き。(汗)

大ハズシしたトラウマがよみがえってくる風向きですが、ポジティブに考えると、自分なりに分析した結果が正しかったかどうかを確かめる絶好のチャンスでもあります。(^o^)v

ちなみにこの東よりの風ですが、何故2回続けてこの風が吹く日に当たったかと言いますと、それは決して偶然ではなく、この時期、エリーにまともに出れる日は、この東よりの風が吹いた時だけなんですよね~。(笑)

ってな訳で、今後、エリー湖のアーリーウィンターのスモールマウス狙いをする時に絶対避けて通れない風なので、これを克服しない限りは次のステップに進む事が出来ません。

そんな苦手な風を克服するべく、釣り動画などを色々見ながら攻略法を考える毎日を送っていたのですが、そんな中非常に勉強になったのがこの動画でした。↓

DEPS社さんが企画されている同船釣行(素晴らしい企画ですね!)の、ガイド前田さんの同船釣行動画。

台風接近中の爆風コンディションの中、あえて投げづらい風上に向かってルアーを投げるようにアドバイスされるガイド前田さん。
おお!やっぱりそうなのか~!と納得。

ってな訳で、向かったエリー湖。

ナイアガラリバーのボートランプから30分ほど走り、国境を超えたNY州側のスポットに入ります。

水温は8.5℃。

1か月前は13.5℃あったので、この1か月で5度ほど水温が下がっています。
が、2年前の同じ時期に同じスポットに来た時は水温4℃ほどしかなかったので、今年はかなり暖かい!

前回から水温が5℃低下している事&1か月経っている事から、前回釣りをしたエリアより1㎞ほど沖のエリアで魚探掛けを開始します。

水深は12m前後。

長大な水中岬が沖でフェードアウトし、その少し沖目のディープフラットに繋がっていくエリア。
地形自体にはそれほど変化はありませんが、岬の先端から連なる岩礁が沖のフラットに点在しているエリアです。
d0145899_438692.jpg


釣りをスタートすると、やはりボートが風に押されて湖流とは逆方向に向かって流されていくという、前回と全く同じ展開。(汗)

図にすると湖の中はこんな感じになっていたのではないかと思われます。(想像図)
d0145899_633717.jpg

前回の釣りでは、この状態でドリフトしてしまった為、魚の尻尾側からルアーがアプローチしてくる状況を作りだしてしまったのが失敗。

ってな訳で、前回の失敗を元に、今回は違ったアプローチ法を試みてみます♪

試してみたのはこの方法の二つ。

アプローチその1
d0145899_8113965.jpg

カレントの上流に向けてアップクロスキャスト。

アプローチその2
d0145899_6273571.jpg

カレント上流に向けてアップキャスト。

ルアーを出来る限りカレントの上流側、もしくはナナメ上流から泳がせる事を考えたトレースコースです。

が、問題はボートは風に流されてどんどんカレントの上流側に流されていく(ルアーにどんどん近づいて行く)ので、その状態で水深12m前後のボトムをキッチリとトレースするのはなかなか至難の技。(汗)

この日は風速4m/秒ぐらいの風が吹いており、ボートのドリフトスピードは大体時速0.9㎞/時ぐらいと結構な勢いで流されていたので、何時も使っているNLWフットボールジグの3/7オンスでは全くボトムが取れません。

ってな訳で、出番となったのが試作していたプロトモデルの3/4オンスモデル!
d0145899_638646.jpg

d0145899_6381972.jpg

何時かはこのウェイトが必要になるだろうと密やかに作っていたヘビーウェイトモデルです。(^o^)v

このモデルも3/7オンスモデルと同じく2/0のスモールフックを用いたコンパクトサイズのフットボールジグ。
フックのサイズに比べてヘッドがかなりデカく、見た目はかなりアンバランス感満載なフットボール君。
はたしてちゃんとフッキングするのか、いざトライです!!^^

このジグにトレーラーとして合わせたのは、Zoom社のファットアルバートグラブ。

いつもより少し水が濁っていた事もあり、他のメーカーの4インチグラブに比べてファットアルバートグラブは少しバルキーなのが気にいって、この日の相棒に選んでみました♪

そして、結果はこの通り。↓
d0145899_6515772.jpg

最初の2時間程は魚を見つけられずボウズを食らうか?っちゅうぐらいの不発状態だったのですが、魚がスクールをしているピンスポットを見つけた後は、このジグ君が炸裂しまくり!!\(^o^)/
d0145899_6522299.jpg

d0145899_6523571.jpg

d0145899_6524996.jpg

d0145899_653792.jpg

d0145899_6533153.jpg

d0145899_65465.jpg

これらのバス君達は全て前述のアプローチ1&2でキャッチしたのですが、興味深かったのはバス達が食ってくるゾーン。

バイトが出るタイミングは決まって下の図の赤い位置にルアーがある時でした。
d0145899_656459.jpg

もしかしたらこの日がたまたまそういう状況だったのかもしれませんが、この日のバス君達は明らかにこの位置をルアーがズルズルしている時に食ってくる感じ。^^

それともう一つの特徴は、魚探にはこれと言った魚の反応はほぼ出ないのにバス君達が食って来る事。
これは初冬のエリー湖の傾向で、バスが完全にベタ底状態でポジショニングしている状況。

エリー湖のバス達は、冬場は沖のディープフラットのサンドボトムもしくはマッドボトムにじっと腹をつけて越冬すると言われていますが、キャッチしたバス君達の中には、まるで新種のバスかと思えるような無斑&真っ白なバス君もおり、越冬モードに入りつつあることが伺えました。
d0145899_6535112.jpg


嬉しかったのは、この日キャッチしたバスの中に、エリー湖で自己最高記録となる50.5センチのビッグサイズが混じってくれた事!
d0145899_772642.jpg

d0145899_773911.jpg

このバス君に至るまで足かけ4年。
遂にやったりました!(喜)

ビッグスモールマウスの宝庫と言われているエリー湖で50アップをキャッチするまで、まさか4年間も掛かるとは思ってませんでしたが、この4年間エリー湖で釣りをして感じた事は、50アップを超えるサイズになるとディープの釣りをしっかりやり込まないと確率がかなり下がる気がするという事。(ミドル~シャローをやってたら49センチぐらいまでのサイズは結構釣れるのですが)

んで、そのディープの釣りがやっかいで、なんせエリアが広大過ぎてかなり苦労してます。(^_^;)

僕が普段釣りをしているエリアは、琵琶湖で言うと彦根と安曇川を結んだラインから上の北湖ぐらいの広さだと思うのですが、水深的にそのエリア全てにバスが生息する事が可能で、正直、何処に魚が居て、どういう行動パターンをとっているのかまだよくわかってない状態。
これはもう、ひたすら時間を掛けて経験を重ねて学んで行くしかないですね~。

とにもかくにも、今年最後の釣行で来年に繋がる1匹をキャッチでき、本当に良かったと思います。

バスの歯形だらけになったプロトジグに感謝。
d0145899_7391332.jpg


そして、この日も大活躍してくれたタックル達に感謝です。
d0145899_739565.jpg

■ Tackle
Rod : NFC PSR610ML
Reel : Daiwa #2500
Line : Nanofil 10lbs
Leader : Red Spool 12lbs(5m)
Lure : NLW Football jig 3/4oz(Prototype)
Trailer : Zoom Fat Albert Grub

特にこの日の状況は、水深12m、湖流ガンガン、でもボートは風に押されて逆向きに流れる・・・・と、ややこしい状況が重なったこともあり、余分なラインが出まくりなアプローチをせざるを得なかったのですが、PSR610MLはホント凄いの一言ですね。
おそらくこのロッドが無ければこの日の釣りは成立しなかったと思います。(^o^)v

素晴らしいロッドを生み出して下さった堀口さん&塚本さんに感謝です。


この日の釣行ですが、ちょっと気合いを入れて釣行時の様子を動画にまとめてみました。

楽しさが少しでも伝わると嬉しいなぁ。^^


バス釣りってホント最高ですね!!

オンタリオはこれから強烈な冬がやって来るので釣りは当分お預けですが、来年も思いっきり楽しむぞーー!!

バス釣りサイコ――!!\(^o^)/
by nishinelureworks | 2015-12-07 08:34 | 釣行記 | Trackback

釣果報告 【千葉のリザーバーで52センチ! - NLWスパイダージグ】

毎度おなじみのバス依存さんより釣果報告を頂きました!

最近ハマってらっしゃるという千葉の某リザーバーにて、スパイダージグで52センチをキャッチされたそうですよ~!

すっげー!!\(^o^)/

d0145899_2249116.jpg

10月最終日に楽しい釣りが出来ましたので報告致します。

DATE :10月31日(土)
天候  :終始くもり 
気温  :11℃~19℃
水温  :17℃
風    :最大風速 北北東3m
水質  :ステイン

朝晩の気温が、ここ1週間で冷え込み始めました千葉県某リザーバーに出掛けて来ました。

日の出時刻も随分と遅くなり、午前6時すぎに魚釣りスタートです。

この日は、人間が感じる体感温度ほど水温低下は見られず、水温は17℃。
その様な状況だった為、水深4m以浅を中心に、シャローにさして来る魚を狙って目ぼしいポイントをまわってみました。

ヒットポイントは、バックウォーター手前、落ち葉も溜まる最終ジャンクションエリア。
本湖にある小さなワンドに岬がからむブレイクラインです。

そして、枯れたウィードエリアの風裏となるインサイド側でビックフィッシュが釣れてくれました。

d0145899_22505264.jpg

d0145899_22512522.jpg

d0145899_22514160.jpg

ヒットルアーは、スパイダージグ(ブラック&ブルーフレーク) + クローバグ(ジュンバグ)と、スワンプクローラー(ジュンバグ)のネコリグ(2g)でした。

特に、スパイダージグ+クローバグのコンビは、ブッシュを攻めてもスルスルと抜けてキチンと戻ってきてくれますし、ネガカリが少ない点が気に入ってます。
リズムを崩さず釣りが出来る点や枯れたウィードに乗せる釣り・ウィードポケットにゆっくり沈下させて誘えるところも便利です。

ラインを張らず緩めずな感覚で出しておいて、『コンッ』とアタリが入り、フッキングした時にズシリとロッドに重みがのる感覚は、サイコーです!!

随分と寒くなってきましたが、もう少しフローターで浮いて、魚を追いかけて行きたいと思います。

また、楽しい釣りが出来ましたら、ご報告させて頂きます。


バス依存さん、ありがとうございました!!

何時もながらの素晴らしい釣果ですね。(流石すぎる~!)

関東地方にありながら、毎年コンスタントにオカッパリで相当な数の40UPをキャッチし続けてらっしゃるバス依存さんですが、フローターと言う機動力をゲットされて、更にビッグフィッシュキャッチ率が加速されてますよね~!(凄すぎる)

コンッっと来て、フッキングした時にズシリ!

いいなぁ。あの感覚って、ホント快感ですよね。^^

もう、想像するだけで興奮しまくりです。

バス依存さん、素晴らしい釣果報告をありがとうございました~!\(^o^)/
by nishinelureworks | 2015-11-06 23:00 | 釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31