Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Deka Beatour( 20 )

NLW開発ルアー暴露大会 その4 ― デカビーツァ七変化 前編

ブログを更新する暇がなかなかなく、更新が飛び飛びになっているNLW開発ルアー暴露大会。(汗)

気を取り直して再開したいと思います!

今まで、このNLW開発ルアー暴露大会ではジャークベイトソフトベイトフットボールジグと、比較的製品化の可能性が高そうなモデルをご紹介させて頂きましたが、ここから先は完全に未知数ルアー達の登場となります。

と言う訳で、今回のテーマはデカビーツァ七変化!

僕個人的に、思い入れが特に強いルアーの一つがデカビーツァなんですけど、このルアーをベースにして色々なチューンを施してたら、妄想&暴走が止まらなくなりエライ事になっちゃってしまい、完全に収集がつかなくなっております。(笑)

そんなデカビーツァ七変化のトップバッターはスピナベデカビー君!!
d0145899_0214586.jpg

一時大流行したアラバマリグに刺激され、何かできないか?と作ってみたのがコレ。

アラバマリグにインスパイア―されて、何故にスピナベになっちゃうの?ってなもんですが(笑)、それがNLWがNLWたる所以。(←意味不明)

ブレード付きルアーが大好きなニシネブレードワークスの総力を結集させたルアーです。(^o^)v
スピナーベイトって沢山ブレードを付けられるし、何て幸せすぎなルアーなんでしょう~♪

ってな訳で、憧れだったマグナムサイズのウィローブレードを装着した巨大スピナーベイトを試作!!

・・・・・してみたものの、まだ魚は釣れていません。(笑)

マグナムブレードの絶大なフラッシング&バイブレーションに加え、魚が食ってくる(予定の)デカビーツァにも巨大コロラドブレードを装着し、デカビーボディーもデンプシーテールのような感じでロールして泳いでくれます♪

もちろんスピナベですから、対障害物性能を考慮してテールシングルフック仕様!!

・・・・・が、もし万が一魚が食ってきてくれた時に、このフックセッティングではたしてフッキングしてくれるかどうかは不明。(笑)

欠点は飛距離で、55~60gぐらいの自重がありながら、マグナムウィローの空気抵抗が災いして飛距離がそんなに出ない事。

そんなこんなで釣れるかどうか・・・・・というか、それ以前に使い物になるかどうかすらわかりませんが、今年の晩秋、ナイアガラリバーに濁りが入った時にマスキー狙いで試してみようなかぁ?と計画中です♪ (^o^)v


ってな訳で、スピナベデカビー君のお次の2番バッターはバズデカビー君!!
d0145899_039513.jpg

スピナベを作ったら、当然バズベイトもありでしょ!っと、作ってみたのがこの子。

開発のスタートは何時だってニシネシンプルワークスなのであります。(アホ)

この子はまさにスピナベデカビーのバズべイトバージョン♪

バズベイトみたいに使えるデカビーツァで、フロリダの北嶋君によると一応魚は釣れたみたい。
こんなルアーでも魚を釣ってしまう北嶋君は偉大です。(笑)


そして、3番バッターはこの子。↓
d0145899_0453546.jpg

スピナベ&バズべの母体となったシングルフックセッティングのデカビーボディーのウェイトを調整し、スローフローティングのトップウォータールアー化したデッドスティッキングデカビー!!

デッドスティッキングで使うなら、通常のトリプルフックx2本セッティングでええやん?ってご意見はあるかと思いますが、シングルフックだからこそ生み出せるアクションがあるんですよね~。(という事が作ってみて初めて分かった。笑)

デカビーツァをリップレス化してスローフローティング化すればデッドスティッキング仕様にならなくもないですが、シングルフックだからこそ、その性能が更に生きてくるという事があるんです。

具体的に言うと、ボディーが発生させるロールアクションを極限まで排除したい時、このテールシングルフックセッティングが最大の効力を発揮します。

ブルーギルが泳ぐ姿を観察された事のある方なら容易にご想像頂けるかと思いますが、ブルーギルが水面の虫を食べたり、太陽光で温められた表層で日向ぼっこしてたりしてる時ってありますよね?

そういう時のブルーギル達って、大抵の場合は水面直下でボーっとサスペンドしてて、何かの理由(虫を見つけたり)で動く時は、尾ビレで水を蹴って進むのではなく、胸ビレを使ってホバリングするような感じでツー、ツーと10~20㎝位のストロークでストップ&ゴーを繰り返しながら前進するような泳ぎ方をしている事が多いと思います。

このデッドスティッキングデカビーは、まさにその動きを狙ったモノ。

これを従来のトリプルフックx2本セッティングでやろうとすると、トウィッチを入れた瞬間に微妙にロールが入ってしまい、狙った動きと違う動きになってしまうのですが、シングルフック仕様だとシングルフックがキールの役目を果たしてくれて、ロールをいい感じで抑えてくれるんですね~♪

実際、このルアーはある特定の条件下では非常に効果があり、沢山のバス君達をキャッチしています。
d0145899_175229.jpg

デッドスティックデカビー君に浮いてきた40UPのバス君♪
d0145899_191412.jpg

ブルーギルの気持ちになって、近づいてきたバスと一定の間合いを保つように、スーン、スーンとゆっくりダイブ&フロートをさせてやると、バスが徐々に間合いを詰めてきて静かに吸い込むというのがこのルアーで多く見られるヒットパターン。

バスとの静かな駆け引きから、フッキング後の激しいファイトへ、静から動に一気に変化するドラマティックな展開がこのルアーの釣りの面白いところです。

こんな楽しいルアーでありながら、何故に製品化の道が厳しいのか?

それはひとえに、デッドスティッキング仕様に要求される微妙な浮力調整が、発泡ウレタンボディーではなかなか難しいこと。
そして、僕が試した限り、このルアーが本当の意味で最大の効果を発揮するのは、1年間の内でもワンチャンス(おそらく最大1~2週間)と限られており、そんなあまりにも特化したルアーって製品としてどうなのよ?ってのが、今一歩踏みとどまっている理由であります。(^_^;)

このルアーの存在意義や出しどころを完璧にご理解して下さる方には、もしかしたら受け入れてもらえる可能性もあるかも?という一縷の希望で、お蔵入りスレスレのところを何とかギリギリ免れてきているルアーです。


ちなみに、このシングルフックデカビー君ですが、ウェイトを増量してシンキングバージョンも存在しています。↓
d0145899_1294475.jpg

デッドスティッキングバージョンが調子よかったので、シンキングも作ってみよう~と、何時もの如く単純&安直な発想。(笑)

このシンキングバージョンの出しどころですが、ワームを巻き上げて来たら、底の方からブルーギルの群れがワームについてワラワラと浮き上がって来る時とかあるじゃないですか。
そういう時に、ブルーギルの群れが付いてそうなカバーなどの脇でアップダウンさせてブルーギルの浮上&潜行の泳ぎを模してやると、それなりに釣れちゃってます♪(笑)
d0145899_1455680.jpg

ただし、こんな巨大シングルフック&トリプルフック剥き出しのルアーをカバーに投げ込みたいと思って下さるチャレンジャーの方がどれだけいらっしゃるのか疑問で、このルアーもそのまま放置プレー。(^_^;)

ってな訳で、そしたら対カバー用のウィードレス仕様を作ってみたらどう?と作ってみたのがコレ。↓
d0145899_1534947.jpg

もう何でもアリ状態。(笑)

ワイヤーガードを装着してウィードレス化を図った結果、たしかにカバーにぶち込めるようにはなったのですが、今のところ釣果は無し。(と言うか、試す気に慣れない。笑)

なので、このフックセッティングでフッキングするかどうかも全く不明。(笑)

泳ぎは結構イケてて、沈む時はゆらゆらとシミ―フォール。
そして、巻けばクランクベイトみたいにいい感じでロールしながら泳いでくれるので、一瞬、おっ!このルアースゲー!!って思えなくもないのですが、よく考えてみたら巻きで使うならクランクベイトの方がいいし、何とも中途半端感が漂うルアー。

整形手術に整形手術を重ねた結果、結局整形前が一番良かったジャン!!ってな典型的なパターンのルアーとなりました。(笑)


ってな訳で、NLWが作り出した恥ずかしいルアー達は如何でしたでしょうか?

デカビーツァ七変化は後編へと続きます。(まだあるんかいっ!笑)
by nishinelureworks | 2015-09-24 02:30 | Deka Beatour | Trackback

studio SORAコラボルアー 『デカビーツァSORA BLUEカラーのバックオーダー受付中!』

studi SORA様にて先日発売されましたデカビーツァMG5のstudio SORAオリジナルカラーの【SORA BLUE】ですが、現在バックオーダーを受付中との事です。

d0145899_22465894.jpg

日本時間の8月25日(月)10:00までバックオーダーを受付されているとの事ですので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらStudio SORA様にお問い合わせしてみて下さいませ~。

詳しい事はstudio SORA様のブログをご覧頂ければ幸いです。

■ http://blog.studiosora.net/?page=1

以上、何卒宜しくお願い致します!m(__)m
by nishinelureworks | 2014-08-22 22:52 | Deka Beatour | Trackback

Studio SORA x NLWコラボルアー 『デカビーツァSORAブルー販売開始!』

Studio SORA様xNLWのコラボルアー、デカビーツァのSORAカラーの販売が先程開始された模様です!

d0145899_21225547.jpg
                   Studio SORA別注オリジナルカラー

このSORAブルーなんですけど、Studio SORAの越岡さんの熱烈希望で、ブルーバック・オレンジベリーが欲しいという所からオリカラ開発がスタートしました。

このカラーを製作するにあたって色々試行錯誤があったのですが、手間や効率の事だけ考えたら、青色のラッカーをドーンと背中に塗れば済む事なのかもしれませんが、そんなんで納得が出来るわけがない。(笑)

d0145899_2141748.jpg

深みがあって、抜けるような繊細なブルーを出すにはどうしたらいいか?という事を色々研究した結果、3色を重ね塗りをすることで発色させるという方法に辿り着きました。

手間はかかりますが、SORAと言う名前に恥じない、良いブルーが出たと思います。(^^)

何卒宜しくお願い致します!

■ Studio SORAオンラインストア http://shop.studiosora.net/

■ 追記
SORAカラーですが、8月12日22:40をもって完売になったとの事でした。
この度は多大なるご反響を頂き、心よりお礼申し上げます。

Studio SORA様では、SORAブルーのバックオーダー受け付けも検討して下さっているとの事ですので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、Studio SORAの越岡さんに問い合わせてみて下さい。

この度は本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2014-08-12 21:42 | Deka Beatour | Trackback

新カラーのご案内 『デカビーツァMG5)

時間が掛かり大変申し訳ありませんでしたが、ようやくデカビーツァが完成致しました!

約2年半ぶりとなりましたデカビーツァ製作。
今回リリースとなります新色は下記の2色です!

■ カラ―その1
d0145899_2042129.jpg
                    メスギル/Bluegill Female

その名の通り、メスギルです!
オスギルが居るなら、メスギルも作ってツガイにしてあげたいなぁ~と作ってみました♪

d0145899_20515013.jpg

今までオンリーロンリーだったオスギル君に伴侶が誕生!(笑)

写真奥がオスギル君で、手前がメスギルさん。
二つの色の違いは、オスギル君の黄色ベースに対して、メスギルさんはパールベースのブルーパープル系です。

ブルーギル大好きなビッグバスに食わしてやって下さいませ~!


■ カラ―その2
d0145899_20451425.jpg
                        ボラ/Mullet

そして、これまたその名の通り、ボラさんです!(笑)

ただし、この色に関してはブルーギルカラ―程のリアリティーは求めておらず、ボラをモチーフにして釣れそうな色を考えてみたという感じです。

この色って、多くのベイトフィッシュが持つ基本色を含んでまして、同じ色を使って塗りパターンを変えるだけで、ラージマウスバスになったり、フナになったり、ブラッククラッピーみたいになったりするんですよ~♪(日本にはブラッククラッピーはおらんぞ!というツッコミは無しでお願い致します。笑)

なので、汽水域でボラをベイトフィッシュにしている場合に限らず、自由な発想で使って頂ければと思っております!!



■ ワイヤー強化リップ
d0145899_2172492.jpg

今回のデカビーツァには、ワイヤー強化リップが導入されております!!
ボディーが大きい分、何かにぶつけた時の衝撃も大きく、リップ破損がデカビーツァのアキレス腱になっていましたが、ワイヤー強化リップ導入でリップ折れリスクをかなり軽減できるかと思います。

是非、ガンガン攻めて下さいませ~!!


■ 価格
税込希望小売価格/4,200円 (税抜価格/4,000円)

一方的な都合で大変申し訳ないのですが、今回出荷分のデカビーツァの価格変更をさせて頂ければ幸いです。
2年半前にデカビーツァをリリースさせて頂いた時に大型ルアー製作の手間を甘く考えており、採算が取れない状況であった事、その後の原材料費の上昇、円安の影響など、以前の価格で販売させて頂く事が難しく、何卒ご理解頂ければ幸いです。


■ 発売予定時期
輸送や通関等で何も問題が発生しなければ、4月第2週には出荷準備が整うかと思いますので、何卒宜しくお願い致します。
取扱店様へは、後ほどご案内メールを送らせて頂きますので、何卒ご検討頂ければ幸いです。


以上、何卒宜しくお願い致します!!
by nishinelureworks | 2013-04-01 21:54 | Deka Beatour | Trackback

デカビー改試作中♪

今年の春、自分的に衝撃を受けたデカビー改君のプロトカラ―が何種類か出来上がって来ました♪

d0145899_204347.jpg

左からオスギル、メスギル、ロックバス。

オスギルはオリジナルデカビーツァにラインナップされているおなじみカラ―ですが、ブルーパール系のブルーギルが欲しくてメスギル君を塗ってみました♪

ついでにロックバスカラーも塗ってみたのですが、ロックバス君はまだイマイチの出来栄えですねー。(笑)

この子達ですが、アフタースポーンのバス君達が徐々にハードルアーに反応し始める頃に出番が来るのではないかと考えております。

予想ではこの子達がオンタリオで炸裂する可能性があるのは2週間後ぐらいと考えているのですが、さぁどうなるか?

楽しみです!!
by nishinelureworks | 2012-06-20 02:19 | Deka Beatour | Trackback

HLマーク入りのデカビーツァについて

HLマーク入りのデカビーツァがボチボチ店頭に並び始めたようですので、HLマークについてお知らせ致しますね。

d0145899_0174561.jpg
                                   HLマーク

HL=Heated Lipの略で、このマークが入っているデカビーツァにはリップの熱処理加工を施してあります。

なので、このHLマークがリップに入っているデカビーツァに関してはリップの熱処理チューンは不要となります。

リップのHLマークが釣果に悪影響を及ぼすことはないと思いますが、もし気になる方がいらっしゃいましたら、アルコール(薬局で売っているもの)で拭いて頂けばHLマークは簡単に消せます。


以前出荷したHLマークの入っていないデカビーツァですが、下記ページでご紹介させて頂いている熱処理チューンを加えて頂く事で、HLマーク入りのデカビーツァと全く同じ状態になりますので、是非下記ページをご覧頂ければ幸いです。

http://beatour.exblog.jp/13287447/

大変お手数で申し訳ありませんが、出来るだけ長く使って頂ければと願っておりますので、もし可能なようでしたらデカビー君に熱処理を加えてやって下さい。


追記
HOPE125で製作しているHappy Smile JAPANにはHLマークは入れておりませんが熱処理は不要となります。(熱処理済みです)
by nishinelureworks | 2011-05-14 00:45 | Deka Beatour | Trackback

デカビーツァ動画集♪

迷ぴあにすとさんがデカビーツァの動画を作って下さいましたー!!


                        (作者:迷ぴあにすとさん)

何時もの如く、水中映像てんこ盛りですよー♪
個人的には、デッドスロー域でも金属接触音がしっかりと出ているのが興味深かったです。

バックミュージックはもちろん迷ぴあにすとさんの演奏!(ゴージャスですねーー!喜)

迷ぴあにすとさん、素晴らしい動画と演奏をありがとうございました!!






以前に紹介させて頂いた動画ですが、もう一回貼り付けときますね♪

迷ぴさんが作って下さった動画に写っているデカビーツァはデッドスローリトリーブ中心の動き。
そして、この動画に写っているのは中~高速域でのデカビーツァの動きです。

もし宜しければ、参考にして頂ければ幸いです!!
by nishinelureworks | 2011-02-09 00:19 | Deka Beatour | Trackback

デカビーツァインプレッション by Poodle Basserさん

本日2度目の投稿です!!

釣果報告はまだまだ続くのですが、釣果報告はちょいと一休みさせて頂いて、
Poodle Basserさんより頂いたデカビーツァインプレッションをご紹介させて頂きたいと思います!!


今年の夏、Poodle Basserさんのデカビーツァ炸裂は本当に凄まじいの一言でしたねー。

この一匹から始まり、

d0145899_4584765.jpg


その後はこんな感じ。

全ての魚が40後半~最大53センチです。

d0145899_575587.jpg

d0145899_582371.jpg

d0145899_583932.jpg

d0145899_58521.jpg

d0145899_591095.jpg

d0145899_592161.jpg

d0145899_593623.jpg

d0145899_595946.jpg

d0145899_5101692.jpg


もしかしたら拾い漏れがあるかもしれませんが、主だった魚はこんな所。

Poodle Basserさんは、何時も同じ格好だし、同じような天気だし、マジでヤラセに見えるなーって言ってましたが、もちろん全て別の魚です。(笑)

この写真だけ見るとH湖ってデカバスがボコボコ釣れるパラダイスみたいな湖なんじゃね?って誤解を受けるかもしれませんが、そんなことは全然無く、バスの個体数はむしろ少ないです。

H湖で釣りをするカナダ人バスアングラーにこの釣果を見せても、たぶん誰も信じないでしょう。(笑)
今年、Poodle BasserさんがH湖で叩きだした釣果は、この目で一部始終を見た僕ですら夢だったんじゃないか?と思ってしまうほど強烈なものでした。

そして、写真をご覧の通り、とにかく魚のコンディションが異常に良い!!
上の写真の中には、この緯度では殆ど奇跡とも言われている6ポンドオーバーの魚が2匹混じっています。

Poodle Basserさんのこの釣果は、

デカバスに狙いを絞ってひたすらデカビーツァを投げ倒し、1日数バイトあれば上等。

そんな釣りをやり通した結果です。

前置きが長くなってしまいましたが、下記にPoodle Basserさんのインプレッションをご紹介させて頂きますね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デカビーツァインプレ

デカビーツァ(以下デカビー)使用の個人的な感想を書かせて頂ますね。

初めてデカビーを見た時は、超~デカイなと思いましたが、投げているうちにスーパーデカビーも必要なんじゃないかと思えてきました。

西根君にワンサイズ大きいスーパーデカビーを直ぐに開発して欲しいくらいです。(真剣な話し)

僕はクランキングビギナーで、今年のスポーニングシーズンからデカビーを投げてきたのですが、流石にこの時期はまだ腕が未熟な僕には難しくデカバスを取ることはできませんでした。
西根君はこの時期ちゃんとデカビーでデカイの釣っておられますけど。

そして、自分なりにデカビーを使えるようになってきた今、終にありえないデカバス爆釣を経験しちゃいました。
詳細は裏日記に紹介されたH湖釣行記の通りです。

デカビーの使い方は色々あるようですが、如何せんずぶな素人なもので、僕は、デカバスが付いていそうなカバー周り、ウィードエッジにルアーをキャストして結構な速さでストップ&ゴーで誘います。

ロッドアクションは使いませんというか、ヘタクソなので使えません。

ルアーが着水後一呼吸おいてからグリグリ&ストップ、グリグリ&ストップの繰り返しです。

かなりの確率で2、3回のリーリングの後、ルアーを止めた時もしくは巻き始めにガツンッとアタリがきます。
バスの活性が低い時はこのような明確なあたりが出ないのでしょうが・・・。



信じられないでしょうが、本当にデカバスばかり食ってきます。

しかもあのサイズのルアーを丸呑みで。

d0145899_5433959.jpg

d0145899_544251.jpg


デカビーのサイズはデカバスにとって効率的に栄養補給できるサイズなのだと思います。

ここ最近のH湖での爆釣に関して言うのであれば、リアクションと捕食との複合要素でバスが口を使っているように思えます。

デカバス=デカイルアーの公式は真実です。
身をもって体験済みです。

そして、ルアーに重量があるので下手くそな僕でも楽々大遠投ができます。

引き心地は、サイズの割には引き抵抗が大き過ぎずに一日中ガンガン巻き巻きできます。
もう、デカビー無しでは釣りには行けません。

そうそう、デカビーを投げてゴツンときて乗らなかった場合は必ずフォローベイトをいれましょう!
これまた経験者は語る!

唯一の難点はデカビーばかり投げていると普通サイズのルアーで釣れる気がせず、デカビーばかり投げることになります。
でも、デカビーで釣れるから良いんですけどね。

■ タックルデータ:
ロッド:メガバスCF4-610Z
リール:メタニウムMg7
ライン:スパイダーライン ナイロン 20 LBS


下手くそにビックバスがガンガン釣れるのに、上手い人が使えばどうなるか皆さんも想像つきますよね。
私を新たなバス釣りの領域へと導いてくれたデカビーツァと西根君に心から感謝しております。

ありがとうございます。

Poodle Basser

PS: デカデカうるっさいちゅうねん!(笑)



と、以上のお話でしたー!!

ホント、僕も今年はいい経験をさせてもらいました。

デカビーツァですが、正直、数が沢山釣れるルアーじゃないですけど、
はまった時の爆発の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

Poodle Basserさん、ありがとです!!(感謝)



そのデカビー君の金さん銀さんが遂に完成しました!!

d0145899_551457.jpg

2ヶ月掛かって、ようやく完成しましたよぉーーーー。(喜)

ラストスパート、頑張ります!!
by nishinelureworks | 2010-10-31 05:53 | Deka Beatour | Trackback

デカビーツァのスイムアクション!!

先日、H湖でデカビーツァのスイムアクションを撮影してきましたー!

そう言えば、まだアクションをご覧頂いていなかったと思いますので、
動画を公開させて頂きますね♪

もし宜しければご覧下さいませ~!!

本邦初公開です!?(って、そんな大げさなものでもないですけど。笑)

■ デカビーツァのスイムアクション



■ デカビーツァの水中アクション


動画で伝わるかどうか分かりませんが、かなりトルクフルな泳ぎです。

水中で見ると、ブレードのフラッシングが非常に目立ちますねー!!


先日、1色目が無事に完成しました!!

d0145899_474547.jpg

沢山の方から、楽しみにしているとのメールを頂いております。

なかなかご返信が出来なくて申し訳ありませんが、皆様本当にありがとうございます!!(大感謝)
by nishinelureworks | 2010-08-25 04:09 | Deka Beatour | Trackback

カラー名を変更させて頂きます!

先日、ご紹介させて頂いたデカビーツァのカラーですが、若干1カラー、名前を変更させて頂きたいと思います!

カラー名を変更するのはこのモデル。

d0145899_1373824.jpg

ブリーディングブルーギルとご紹介させて頂いたこのカラーなんですけど、どうも名前がしっくりこない。(汗)

短縮形にしても、ブルギル?ブラギル?ブリギル?

言えば言うほど混乱してきてしまって、こりゃアカンやろと。(爆)


カッコつけて英語名にしてみたものの、アホな自分の頭では覚え辛かったので(アホすぎ)、名前を変える事にしました!!


と言う訳で、このモデルの名前はブリーディングブルーギルではなく、

オスギル!!!!

にする事にしました!!

シンプル・イズ・ベスト!!

たぶん、これ以上ストレートな名前は無いでしょう。(笑)


でも、オスギルという名前にしたら、次はメスギルも作りたくなっちゃいますね♪


と言う訳で、現在、オスギル君を一生懸命製作中です!!

d0145899_1583028.jpg

塗り始めて改めて思ったのですが、この色ムチャ手間が掛かりますね。(汗)

通常のレギュラーカラーなら一色吹いて色目を出しているところを、3工程ぐらい掛けて塗っているので、そりゃ手間も掛かりますわな。(笑)

でも、それが決して嫌な訳ではなくて、一個一個塗りながら、このルアーはどんな場所でどんな方に使われるんだろう?とか思いを巡らせながら塗ってると、その手間の掛かる工程もハッピーに思えてくるので不思議です。(何でだろ?)

現在製作中のファーストロットですが、
予定的には、早ければ来月頭ぐらいに出荷させて頂けると思います。


まだ注文書もお送りできていないにも関わらず、取扱店様より既にご注文が入り始めており、感謝感激です!(大感謝)

取扱店様には、近日中にご案内を差し上げたいと思いますので何卒宜しくご検討頂ければ幸いです。


ルアー製作の進捗状況については裏日記でご報告させて頂きますね!

と言う訳で、今からペイントルームに行ってきまーす!!
by nishinelureworks | 2010-08-21 02:11 | Deka Beatour | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31