Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:from Michinoku( 43 )

釣果報告 『琵琶湖でデカビーツァ祭り!!』

琵琶湖のプロガイド舞木さんから、釣果報告です!

先日、琵琶湖で練習フィッシング中、デカビーツァが大爆発したそうですよ~!

すっげーー!!(驚)

d0145899_23544711.jpg

お疲れ様です!

先日デカビーツァにて、かなり楽しい釣りが出来ましたので、釣果報告させて頂きます!

フィールドコンディション
7月28日/琵琶湖北湖東岸
天候:晴れ
気温:30℃前後
水温:表層27.5℃~28.5℃
風:北西強風
水色:ステイン~マッディー

この日は、当初沖のスポットを開拓しようと思っていたのですが、強風により断念。

そこで、風裏となるシャローエリアをチェックすることにしたのでした。

濁りにベイトフィッシュ、そしてカレントと、マキモノが効きそうな雰囲気。

最近はマキモノというとテスト中のチャターベイトばかりキャストしていたのですが、使ってきてチャターの得手不得手も理解していました。

ここは、明らかにクランクだと。

単純にオーバーハングやレイダウンを攻める場合は、圧倒的にクランクのほうが使いやすいんですよね。

そこでチョイスしたのがデカビーツァ。

ソフトな着水音で一発でスポットに入れられるキャスタビリティーの良さ、短い距離でもここぞといったスポットでリアクションバイトさせるのに必要な泳ぎ出しの良さと、イレギュラーアクションの出しやすさ、まさにドンピシャなシチュエーションでしたね!

着水後ファーストリトリーブで喰わせ所を通す、もしくはそのカバーにコンタクトさせる感じで、53cm2550gのナイスフィッシュを筆頭に、9匹のナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました♪

10匹目に、この日一番のビッグバスがヒットしたのですが、やり取りの未熟さによりフックオフ。

フックポイントが折れ、少しフックが開いてしまっていたのですが、冷静にバスの動きを見ながらやり取りすればキャッチ出来たなと反省しています。

まあ、でも、そういった経験も踏まえて、メチャクチャ楽しいカバークランキングでしたね!(笑)

参考までに、今回使用したタックルは以下の通りです。

ロッド:テクナGP69CMHJ(6フィート9インチ・ミディアムヘビー)
リール:メタニウムXT
ライン:ルアーショップおおの オリジナルフロロ3.5号
ルアー:デカビーツァ MCスモールマウス

それでは、また楽しい釣りが出来ましたら報告させて頂きますね!

舞木


d0145899_23581429.jpg

d0145899_2358309.jpg

d0145899_23584822.jpg

d0145899_23591017.jpg

d0145899_23592852.jpg

d0145899_2359454.jpg

d0145899_00232.jpg

d0145899_002081.jpg

d0145899_003889.jpg



舞木さん、ありがとうございました!!

いやぁ、ハンパねー!

パターンがハマった時のハードベイトの爆発力って、やっぱ凄いなー!!

自分自身、今年、久しぶりに本格的にソフトベイトを使い始めて感じている事なのですが、ソフトベイトでしか歯が立たない時もある反面、ソフトベイトにアタリすらない時に、ハードを入れたらバスが反応を見せ始める時とかもしょっちゅうありますし、やっぱハードベイトがハマった時の爆発力は凄いなぁという事を再確認中です。

要はコンディションに合わせて、『今を釣る』って事に尽きると思うんですけど、ハードベイトでハメた時の快感は格別ですよね♪

やっぱ舞木さんはすげーなー!!

その舞木さんですが、現在長谷川さんのフラッシュポイント社の所属ガイドとして琵琶湖でガイドをされておりますので、もし舞木ガイドに興味のある方がいらっしゃいましたら問い合わせしてみて下さい。

舞木さん、ありがとうございました!!

■ 舞木雅和オフィシャルサイト http://mougimasakazu.com/
by nishinelureworks | 2014-08-04 00:21 | from Michinoku | Trackback

トゥルーライフスイムベイトで58センチ!&舞木ガイド始動!!

琵琶湖に拠点を移した舞木さんより、釣果報告です!!

トゥルーライフスイムベイトで58センチのビッグバスをキャッチされたそうですよ!!

うぉーー!

d0145899_1932348.jpg

先日、トゥルーライフスイムベイト8インチでナイスフィッシュをキャッチすることが出来ましたので、報告させて頂きます!

この日、午前中は雨上がりのローライトコンディションでした。

プリスポーン、大潮、風も無く、スイムベイト日和と感じられたので、北湖東岸ロックエリアへと向かいました。

まず、典型的なコンタクトスポットをS字系ビッグベイトでチェックしていくと、とあるスポットで複数匹のビッグバスがチェイス。

複数匹のチェイスであったのにも関わらずバイトしなかったことからルアーをローテーションすることに。

福島県のさくら湖で、S字系ビッグベイトとの使い分けとしてトゥルーライフスイムベイトを使い、ナイスフィッシュをキャッチしてきた経験から、ここでもそのパターンを試すことにしました。

トゥルーライフスイムベイトを、水面に引き波を立てつつ引く、いわゆるウェイキングで使用するのですが、水中を引くS字系ビッグベイトを見切ってしまう状況下でも、引き波でルアーの存在をぼかすことでバイトに導くことが出来るのです。

バスのポジョンは確認していたので、最大限のディスタンスをとってアプローチ。

一発でバイトしてくれました♪

d0145899_19332481.jpg

58cm3600gのナイスフィッシュでした!

ちなみに、自分は、トゥルーライフスイムベイト8インチのフロントフックにロールアクションを抑えるためのフェザーを巻き、ウェイトシールで喫水を調整して、このパターンでの使用感を自分好みにして使っています。

d0145899_19342199.jpg

トゥルーライフスイムベイトは、アクションの艶かしさだけでなく、レスポンスや飛距離、対応する速度域の広さなど、非常に使い勝手の良いルアーだと思います。

名古屋のルアーショップおおのさん(通販されてます)で在庫されてますので、気になった方は是非試してて下さい!

参考までに使用タックルを↓
ロッド:テクナGP74CHJ
リール:レボSX改
ライン:FCスナイパー20lb
ルアー:トゥルーライフスイムベイト8"



舞木さん、ありがとうございました!!

いやぁ、ホントいい魚ですね~!

会社が消滅し、現存しているものが全てのトゥルーライフスイムベイトですが、自分の中では思い入れのこもったルアーでもあり、そのルアーが未だに使われているというのが本当に嬉しくてしょうがないです。(喜)
名古屋のおおのさんにはまだ在庫があるとの事ですので、もしトゥルーライフをお探しの方がいらっしゃいましたら、問い合わせてみて下さい。(おおのさんHP)


舞木さんですが、Flash Pointの所属ガイドとして、琵琶湖でガイドを開始されておりますので、お知らせしておきますね~♪
まだまだ修行中の新人ガイドで、至らぬことが多々あるかと思いますが(舞木さんに成り代わって自分が言っておきます。笑)、今しか見れない舞木ガイドの試行錯誤は、ある意味、貴重かもしれませんよ~。

何せ釣りの実力&経験値は折り紙つきですし、去年、舞木さんと挑戦したエリー湖&ナイアガラリバーでの釣りでは、舞木さんがどうやって魚を探していくか、僕自身も本当に勉強になりました。
なんせ、師匠ガイドは、あの長谷川さんですから、舞木さんが琵琶湖にアジャストする日はそう遠くないでしょう。

と言う訳で、舞木ガイドに興味のある方は、Flash Pointさんに問い合わせてみて下さいませ~!

■ Flash Pointホームページ http://www.okubiwako.com/guide/index.html

*舞木ガイドの価格&時間は下記の通りとなっています。
 ガイド料金 1名 28,000円 2名33,000円 (税込)
(土日は1,000円UP)
予約問い合わせ
電話090-9336-6 978
メールfish-12@nifty.com 長谷川
by nishinelureworks | 2014-05-06 20:13 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『新天地にてウェルカムフィッシュ!』

超ひっさしぶりに釣果報告をご紹介させて頂きます!

今まで福島ベースで活動されていた”東北の住民さん”こと、舞木さんですが、今年より琵琶湖に活動の場を移されるそうです!!

おおおお!!(超コーフン)

ってな訳で、琵琶湖からの一発目の釣果報告を早速頂きました!
琵琶湖に到着された翌日、オチアユ125WPでいきなり55センチオーバーのウェルカムフィッシュをキャッチされたそうですよ~!(祝!)

d0145899_3324694.jpg

この度、夢の実現へと向けて、琵琶湖への移住を決意した次第ですが、その新天地での生活の幕開けに、オチアユWPが、感動的な一匹との出逢いをもたらしてくれました!

キャッチ時フィールドコンディション↓
天候:雪
気温:1~2℃
水温:表層6.4℃(ボディーウォーター8℃台)
風:西風強風
水色:クリア~ステイン

5日に滋賀入りし、琵琶湖を目前にして大人しくしていられるわけもなく、早速オカッパリへと出掛けて来ました(笑)

とりあえず、マップを片手に湖西から湖東のスポットをラン&ガンしたのですが、ノーバイト・ノーフィッシュで終了。

翌6日、タックルを見直して再チャレンジすることに(笑)

5日は典型的な早春のコンタクトスポットをラン&ガンしていたのですが、雨と強風からきていると思われる適度な濁りが入っていたことから、バスを騙し易いと感じた湖東のスポットに狙いを絞りました。

水温の推移や、比較的狙いどころが明確であったことも好条件と思えました。

マンメイドストラクチャーを狙って、オチアユWPにシンキングチューンを施したものでアプローチを開始。

前日のボトムでの反応の無さ等々から、サスペンドしているであろうバスを意識しました。

カレントや風向きを考え、ワンキャストでタイトにトレース出来るように慎重にキャストし、カウントダウンせずに、水深2mくらいの中層を泳がせるイメージで、一定速度でスローリトリーブ(Revoのギア比7:1でハンドル一回転4秒くらい)してくると、バイト!

低水温期にありがちなリアフック一本掛かりだったことから、無理に寄せず慎重にやり取りし、ランディング。

55.5cm3200gのナイスフィッシュをキャッチすることが出来たのでした!

思い入れの深いオチアユWPでキャッチした、ホント、運命的とも思えるありがたい一匹でしたね!

使用タックルデータ↓
ロッド:テクナGP70CHJ
リール:Revo SX-HS改
ライン:フロロ20lb
ルアー:オチアユWP125シンキングチューン

ちなみに、よく知らず、何が沈んでいるか分からないフィールドでのオカッパリで攻め抜くため、今回操作性は落ちますが、何時もより太いフロロ20lbを使用しました。

舞木雅和



舞木さん、ありがとうございました!

新天地での第一発目の魚をオチアユ125WPでキャッチして下さったというのが、自分も嬉しくてしょうがありません。

いよいよ踏み出された、夢の実現への第一歩・・・・・新たなるステージでの舞木さんの釣り、楽しみにしてますよー!


舞木さんですが、今週末名古屋で開催される名古屋フィッシングルアーフェスティバルThe Keep Castingにて、ボレアスブースにいらっしゃいますので、お時間のある方は是非イベントに行ってみて下さいませ~。

舞木さん、素晴らしい釣果報告ありがとうございました!
絶対に夢を実現させて下さいね~!!

■ The Keep Casting http://www.thekeepcast.com/
■ Flash Point http://www.okubiwako.com/index.php
by nishinelureworks | 2014-03-08 04:07 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『SCスメルトで4目釣り&秋元湖でFBシリーズが炸裂!』

舞木さんより釣果報告を頂きました!

なんと!SCスメルトで4目釣りされたそうですよ~♪

d0145899_21565365.jpg

SCスメルト11gと、FB1、FB8での釣果報告をお送り致します!

まずは、地元リザーバーさくら湖で、SCスメルト11gのシューティングにより四目達成することが出来ましたので報告致します!

フィールドコンディション↓
9月2日/さくら湖
天候:曇り一時雨
気温:22℃~27℃
水温:25℃~27℃
風:南西の風 1m~2m
水色:ステイン

この日は、友人のHさんとポンツーンで出撃しました。

さくら湖ではエレキやエンジンなどの動力の使用が禁止されているので、もちろんオールと足ヒレのみで出たのですが、ポンツーンの想像以上の機動力には驚きましたね!

西根さんもポンツーンでの釣りが大好きだとおっしゃっていましたが、想像以上に釣りも快適に出来 て、本当に面白かったです!

さて、オカッパリでは通い慣れたさくら湖での釣行ですが、せっかくポンツーンで出たということで、 オカッパリでは狙っていなかったスポットを狙うことにしました。

そこで、SCスメルト11gが活躍したのでした!

魚探を見ていると、水深6m前後に多くの魚影を捉 えていたことから、そのレンジに合った岬回りのストラクチャーやハンプを探っていきました。

ドロップオフやスタンプ、岩の周囲に魚影を確認し、SCスメルト11gを投入してみました。

d0145899_21574565.jpg

d0145899_21583689.jpg

d0145899_21585149.jpg

d0145899_21593630.jpg

すると、バス、ニゴイ、ヘラブナ、ブルーギルの四種目をキャッチしました!(笑)

SCスメルトは、本当に色んな魚が釣れますね~! (笑)

この日、SCスメルトで良いサイズのバスをキャッチすることは出来ませんでしたが、色んな魚を釣ったことによる多くの発見があり、本当に面白かったです♪

ちなみに、この日はスタンプもSCスメルトで狙ってみたのですが、やはり非常に難易度が高かったです。

というのも、スライドフォール時に根の奥へ入り込んでしまうことがあり、そうなると回収不能でした。

岩であれば、コンタクトした際に無理にロッドを煽らなければ、ほぼ回収出来たのですが。

スタンプ等の複雑なカバーを狙う際は、魚探でSCスメルトを映して水深を確認し、コンタクトさせずに狙うのがベターかもしれませんね。

あと、魚からの反応も、操作感も、やはり軽めのジャークが良いですね。

これからのシーズンにおいて、SCスメルトがますます活躍しそうなシチュエーションが思い当たるので、とても楽しみなところです!

SCスメルト11gタックルデータ↓
ロッド:6.6フィート、レギュラーテーパー、ミディ アムアクション
リール:メタニウムMg7
ライン:フロロカーボン14lb
※SCスメルト登載フック:ST-36#6リアフックのみ



つぎは、裏磐梯湖沼群の一つ、秋元湖で、ファットブル1とファットブル8が活躍してくれましたので、御報告させて頂きます!

フィールドコンディション↓
9月7日/秋元湖
天候:曇りのち雨
気温:17℃~19℃
水温:21.5℃~22.5℃
風:東北東の風 2m~3m
水色:クリア

この日は、友人のSさんのボートに同船させて頂き出撃、久し振りの秋元湖だったので、朝は巻物でチェックしていくことにしました。

湖東側に広がるウィードフラットからチェックを開始したのですが、所々でウィードが水面まで伸びており、トップウォータープラグでもウィードを拾ってしまう状態でした。

しかも、そのウィードも良く見えない状態。

そこで、ここぞとばかりにファットブル1を投入しました。

思った通り、ウィードをすり抜けて来ます。

時折掛かってしまっても、ロッドワークで切れるので、ストレス無くクランキングすることが出来まし た♪

そして、流していくと、ブレイクショルダー(水深3. 5m前後から2m前後への上がり)に位置するウィード パッチでヒット!

d0145899_2204230.jpg

いきなり、43cm1050gのナイスフィッシュをキャッチしました!

これぞファットブル1ならではの魚!といった感じで痺れました♪

その後、シャロー側(水深3.5mから浅い側)を流していくも、Sさんが一匹をキャッチしたのみ。

ファットブル1でキャッチしたスポットの沖側へ入りました。

水深3.5mより深い側には水面まで伸びるウィードが 無く、その入ったスポットは、水深3.5m~4mくらいまで良い感じのカナダ藻ベッドとなっている様でした。

ここでファットブル8を投入し、時折引っ掛かるウィードをロッドワークで切りながらリトリーブしてくると、ヒット!

d0145899_2212795.jpg

40cmには届きませんでしたが、ナイスフィッシュを2匹連続でキャッチしました♪

ファットブル8へのバイトが途絶えたので、ネコリグを入れてみると、サイズダウンしてしまいまし た。

ここで、一旦他のエリアも見て回ることにしました。

バンクやハンプ、シャローからディープレンジまで チェックしてみましたが、良い反応を得ることは出 来ませんでした。

午後になり、雨が近付き、気圧が下がってきたことから、再びクランキングへシフト。

ファットブル8で連発したスポットへと入ると、またもファットブル8にヒット!

d0145899_222690.jpg

43cm950gのナイスフィッシュをキャッチすることが出来たのでした!

ここで、雨が本降りになってきたことからストップフィッシング。

秋の訪れを感じずにはいられない、楽しいクランキングを満喫することが出来たのでした♪

ファットブル1&ファットブル8タックルデータ↓
ロッド:6.6フィート、レギュラーテーパー、ミディ アムアクション
リール:メタニウムMg7
ライン:フロロカーボン14lb

これから秋も深まり、ますますハードベイトの釣りが面白くなりますね!



舞木さん、ありがとうございました!

SCスメルトで4目釣り!!すげーですね!
しかも、この4目釣りを二日続けてされてましたから、これは完璧にパターンですね~!!(わははは)

そう言えば、りょうさんも先日近所の川でSCスメルトを試したら、80センチオーバーの巨ゴイさんが食ってきたとか。。

5gモデルをリリースさせて頂いた時も色んな魚の釣果報告を頂きましたが、もう何でもアリですね!(笑)

11gモデルもそろそろお手元に届き始めた頃だと思いますので、何か釣れましたら是非教えて頂ければ幸いです!


そして、秋元湖のファットブルパターン!

ウィードエリアでFB1、そしてその沖のエリアでFB8が炸裂ですか!

桧原湖でもFBシリーズが調子良いようですし、裏磐梯とFBシリーズの相性はいいのかも~♪(喜)


舞木さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!!
(お魚さん達の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-09-12 22:14 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku オンタリオ釣行記その 5 いつの日かまた!!

舞木さんより、オンタリオ釣行記の最終回を頂きました!

d0145899_22274991.jpg

みなさんこんにちは!

東北の住民こと舞木です。

それでは、オンタリオ釣行最終日、8月17日の釣行記です!

8月17日/エリー湖&アッパーナイアガラリバー
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:14℃~27℃
水温:22℃~23℃
風:南東の風のち南西の風 1m~2m
水色:クリア

この日は終日穏やかな天候との予報でしたので、有終の美を飾るビッグフィッシュを求め、エリー湖へと出撃して参りました!

前日に宮崎さんから教えていただいたことを踏まえ、ベイトフィッシュを追って沖に出ているであろうビッグフィッシュを狙いました。

穏やかな陽光の中、アッパーナイアガラリバーのボートランプから滑り出し、岸から6kmほど沖合いに位置するハンプを目指します。

このハンプは、湖沼図上でボトムマテリアルや水深の変化をよく観察すると、広大な岬の先端部に位置すると思われるのですが、魚探とGPSを駆使して確認していきます。

すると、やはり広大な水中岬となっていました。

d0145899_2217331.jpg

ボトムマテリアルの変化、ブレイクラインの入り方、ベイトフィッシュの有無、カレントの当たり方などを確かめながら更に魚探掛けを行っていきます。

そして、良さそうなスポットでルアーを投入。

ドロップショットリグに幸先良くファーストフィッシュがヒットしましたが、これが可愛いサイズ(笑)

西根さんもSCスメルト11gでキャッチ!

が、なんとロックバス(笑)

d0145899_22175763.jpg

SCスメルトってホント色んな魚が釣れますね~!

サイズアップを求めて移動し、ブレイクラインがより急で、ロックが良い感じに入り、ベイトフィッシュが絡んでいる水深13m~14mラインのスポットへ。

チェックを開始すると、40upをドロップショットリグでキャッチ!

そのまま、更にスポットを絞り込んでいくと、西根さんが操るSCスメルト11gに強烈なバイト!

ロッドが絞り込まれ、ファイトの末に上がってきたのは、48.5cm2050gのナイスフィッシュ!!

d0145899_22182738.jpg

これぞエリー湖クオリティーと言えるような、素晴らしいプロポーションのバスでした!

ちなみに、西根さんは、ファーレンハイトの166L(6.6フィート、ライトアクションのベイトロッド)にマーカー付きPEライン1.5号の組み合わせでSCスメルトを操られていたのですが、バーチカルにディープを釣るうえでのベストタックルではないかとおっしゃっていましたよ!

このバスの登場に、ついにプライマリースポットを見付けたかと期待は高まりました。

そして、再び同スポットを流すと、二人がそれぞれ操るSCスメルト11gに同時にヒット!

しかし、釣れたのは、ウォールアイとドラム(笑)

d0145899_22202194.jpg

d0145899_22204780.jpg

バスは何処に??

しかし、SCスメルトはホント~に色んな魚が釣れます!

西根さんも初めて釣ったというウォールアイは、晩ごはんで美味しくいただいたのでした(笑)

その後、私が操るSCスメルトに強烈なバイトがあるも、今度は65cmオーバーのドラム(笑)

d0145899_22211379.jpg

ビッグバスの気配を見失ってしまったのでした。

その後も引き続き、魚探を掛けながら要所でルアーを投入していき、数匹のバスをキャッチすることが出来ました。

d0145899_22215735.jpg

d0145899_222431.jpg

おもにドロップショットリグで、最大44cmまでをキャッチしました。

日が高くなり、風向きが変わってカレントが弱くなるにつれて反応も出なくなっていったのですが、今思えば、状況の変化に上手くアジャスト出来ていませんでしたね。

終了時刻が近付き、最後は帰り際にアッパーナイアガラリバーをチェック。

プロトジャークベイトへのチェイスのフォローにドロップショットリグを入れ、40upをキャッチしました♪

d0145899_22263036.jpg

このバスがラストフィッシュとなり、私のオンタリオ釣行は幕を閉じたのでした。

全力でオンタリオのフィールドと向き合いたかったことから、目標を立てて釣りをしてきたわけですが、その目標としていたビッグフィッシュに辿り着くことは出来ませんでした。

でも、その姿勢で釣りをしてきたからこそ、沢山のものを得ることが出来た様に思います。

壮大なオンタリオのフィールドから学んだこと。

宮崎さんやポールさん達、エキスパートアングラーから学んだこと。

18日間ともに過ごさせていただき、西根さんとは数多くの言葉を交わし、釣りに関することだけでなく、沢山のことを学ばせていただきました。

私の人生において、かけがえのない体験をさせていただき、心から感謝いたしております。

スモールマウスの故郷は、底知れず壮大で、本当に豊かで素晴らしいフィールドでした。

d0145899_22193282.jpg

いつの日かまた、オンタリオのフィールドへと訪れ、その時にこそ、夢に描くビッグフィッシュと出逢える様に、私はこれからもロッドを振り続けていきたいと思います。



舞木さんのオンタリオチャレンジ最終日。
釣行前夜、何処で何をしたいか舞木さんと相談しましたところ、舞木さんは迷わず最後はエリー湖に挑戦したいとの事でした。

それまでの釣行から得たインフォーメーションから考えると、アッパーナイアガラリバーで上手くすれば5ポンドフィッシュまでは出るかもしれない。
そして、エリー湖の3~4mラインを狙えば40センチクラスは結構釣れる可能性がある。

でも、6ポンドを超えるようなスーパービッグサイズはエリー湖のオフショアディープしかないとの結論に達していました。

最後の釣りは、それに賭けたいと。

そして臨んだ最終日。

1日中スキーターのステアリングを握り、ディープで魚探を黙々と掛け続ける舞木さん。

結局狙いの6ポンドオーバーに出合う事はできませんでしたが、最後の最後まで諦めずに挑戦し続けた舞木さんは実にすがすがしい顔をされていました。

舞木さん、忘れ物の6ポンドフィッシュを釣りに、またオンタリオに来て下さいね!

オンタリオで待ってますよ!
by nishinelureworks | 2013-08-23 23:01 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku オンタリオ釣行記その4 トッププロの実力!!

東北の住民こと舞木さんより、オンタリオ釣行記その4を頂きました!!

d0145899_051979.jpg

みなさんこんにちは!

東北の住民こと舞木です。

現在は帰国し、この釣行記を書いています。

今回の旅で、本当に素晴らしい体験をさせていただいたのですが、残り2回に分けて、その後半の釣行記を書かせていただきたいと思います。

8月16日には、なんと、世界最高峰のバストーナメントであるB.A.S.S.エリートシリーズで御活躍される、宮崎友輔プロと釣りをさせていただきました!

宮崎さんは、第6戦セントローレンスリバー戦を終え、レイクセントクレアで開催される最終戦への移動途中で、トーナメントエリアオフリミット期間中とのことでした。

その間に、西根さんと私を釣りに誘って下さったのでした!

8月16日/オンタリオ湖&ローワーナイアガラリバー
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:24℃
水温:21℃~22℃
風:北西風2m
水色:クリア~ステイン

エリー湖とナイアガラの滝の上流側であるアッパーナイアガラリバーは、今回のオフリミットエリアということでしたので、ナイアガラの滝の下流側であるローワーナイアガラリバーからオンタリオ湖にかけてのエリアを釣ることになりました。

というか、水域が繋がっているとは言え、試合中にレイクセントクレアからアッパーナイアガラリバーまでは来れようがないと思うんですけどね(笑)

しかし、今回出撃したナイアガラリバー河口部周辺のオンタリオ湖ですが、西根さんが得ている情報では、バスの魚影が薄く、地元アングラーの話でも、釣れても2lbクラスとのことでした。

ナビオニクスのマップで見ても、地形はプアーで大部分がサンドボトムの様子。

正直かなり難しそうな雰囲気でしたが、世界の舞台で御活躍されるトッププロの釣りを目の当たりに出来るということ、しかも、初めて釣りをする広大なフィールドからバスを探していくプロセスを拝見出来るということで、期待に胸を膨らませてのスタートフィッシングとなったのでした!

この日は夕方からバーベキューも予定されていたことから、約5時間、15時までの釣行と決めて出船となりました。

宮崎さんは、ローワーナイアガラリバーのボートランプから出ると、真っ先にオンタリオ湖本湖へと向かいました。



ベイトフィッシュを追って沖に出ているであろうビッグフィッシュを狙うということでした。

そして、ナイアガラリバー河口域に広がる河口湖2~3個分の面積に相当する、広大な水中岬エリアに着目し、2D魚探、GPS、サイドイメージを駆使して、地形や魚の有無をもの凄いスピードで淡々と分析されていきました。

d0145899_0565266.jpg

要所ではルアーを入れてチェックもするのですが、正確にアプローチし、反応や良いインフォメーションが無ければすぐに見切っていました。

とにかく、その一連の動きに無駄が無く、もの凄くスピーディーで、ただ単に一見すると地味な動作に見えるのかもしれませんが、自分には凄まじくレベルの高い動作に感じられました。

d0145899_0591175.jpg

これが、実際のプラクティスでは、試合当日に予想されるパターンを考慮し、かつ他の選手の動きも予測し、分析し組み立てていくそうです。

このレベルのトッププロ達が互いに駆け引きし、戦っていることを考えると、改めてエリートシリーズの過酷さを思い知らされたのでした。

それに伴って、宮崎さんのボートに対するこだわりにも感銘を受けました。

最先端のテクノロジーを、機能的にスッキリとまとめあげられ、あくまでも釣りのしやすさにこだわり抜かれたセッティング。

トレイル中のメンテナンスも可能な限り自分で行い、細かな点検も怠らないそうです。

釣りの技術だけでなく、この様なところにも、
トッププロとしての意識の高さを感じずにはいられませんでした。

そのうえで、一年間過酷なトーナメントを戦い抜いてきた証である、ボートのラッピングに刻まれた数々の傷を見ると、本当にカッコイイと思いました。

d0145899_121573.jpg


そして、サーチしていき、好条件を備えるスポットへと入りました。

岬の先端に当たるサンドボトムのフラットからのかけあがりに、岩場があり、大量のベイトフィッシュが絡むというものでした。

d0145899_133288.jpg

そこで、ドロップショットリグを投入すると、私に3lbオーバーのナイスフィッシュがヒット!

d0145899_144181.jpg

そして、すぐに宮崎さんも、このエリアではMAX級と言える4lbオーバーのナイスフィッシュをキャッチしたのでした!

実はこの日は、念のためアメリカ側(ニューヨーク州)のフィッシングライセンスも用意していたのですが、このバスは私のアメリカでのファーストフィッシュになりました!

広大なフィールドからバスを探し出すプロセスを拝見させていただき、トッププロの釣りを拝見させていただき、本当に勉強になりました!

d0145899_153676.jpg

このあとは、帰り際にローワーナイアガラリバーで西根さんがSCスメルトで一匹をキャッチし、ストップフィッシングとなったのでした。

とても楽しく、貴重な体験をさせていただいたのでした!

宮崎さん、本当にありがとうございました!!

今週末のエリートシリーズ最終戦、レイクセントクレア戦も頑張って下さい!!

そして、バスマスタークラシックへの出場を心から御祈り致しております!!

d0145899_17122.jpg

釣りのあとは、宮崎さん流のバーベキューが振る舞われたのですが、そちらも最高でしたよ~♪


舞木さん、ありがとうございました!

舞木さんも書いて下さっていますが、いやぁ、宮崎さんの釣り、ホントに凄かったです。

僕自身は、オンタリオ湖ではロッドを握らずに宮崎さんの釣りを拝見させて頂いたのですが、久々に人の釣りに見とれちゃいましたよ~~。(見とれすぎて、釣り竿を握るのを忘れていたとも言う。笑)

なんて言ったらいいか自分の拙い文章力では表現できませんが、誤解を恐れずに言うなら、凄い事をしているように見えない凄さとでも言ったらいいんでしょうか。。

動作の一つ一つが極めてレベルの高い事をされているんですけど、それを何の気なしに普通にされているので凄い動作をされているように見えないんですよね。

どんな分野であれ達人の技って、行きつくところはシンプルだったりすると思うのですが、まさにそんな感じ。

なんせ、地元民が敬遠するようなプアーなエリアで見事にマックスクラスをキャッチされた時は、ホントに鳥肌モノでした。

しかも、この魚に辿りつくのに河口湖2~3個分ぐらいに匹敵する広大なエリアを探索して超A級のピンスポットを発見し、魚をキャッチするまでに1時間ぐらいしか掛かってませんからね~。(驚)

この感動は言葉ではとても伝える事ができませんが、世界最高レベルのトーナメントを戦うプロアングラーの実力はケタ外れとしか言いようのないものでした。

舞木さん共々、素晴らしい体験をさせて下さった宮崎さんに心から感謝感謝です!!
by nishinelureworks | 2013-08-22 01:45 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『オンタリオ釣行記その3 甘くないぜオンタリオ!』

みなさんこんにちは!

東北の住民こと舞木です。

私のオンタリオ滞在もいよいよ残すところ一週間を切りました。

現在は、なかなかキャッチすることが出来ないビッグフィッシュへのプロセスを、悩みながらも思いっきり楽しんでいるところです(笑)

それでは、これまでの三日分の釣行記をまとめてアップさせていただきます!



8月9日/ナイアガラリバー
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:23℃
水温:22.7℃
風:西風3m前後
水色:クリア~ステイン

この日は、夕方2~3時間程、ナイアガラリバーへと出撃いたしました!

d0145899_10515170.jpg


西根さんがお持ちのアイフォンにインストールされている、ナビオニクスのGPSマップ見て良さそうなスポットを推測し、チェックしていきました。

始めに流したスポットは無反応で、次に、インサイドベンドの下流側で淵尻に位置するスポットへと入りました。

狙いのストレッチの上流側に入り、ボートを下流へとドリフトさせながらチェックします。

ナイアガラリバーはカレントが非常に強いため、エレキでステイしたり、上流へ進みつつ流すということが非常に難しいのです。(ちなみに、西根さんのボートに搭載されているエレキは80lbです。)

そのため、川の流れに逆らわずに、ボートをドリフトさせながら狙いのスポットへとルアーを送り込むというテクニックが必要とされます。

これが、自分にはあまり馴染みの無いテクニックだったので、新鮮さを覚えつつも、なかなか苦戦しているところでもあります。

地形を確認しながら、流していくと、西根さんが操るSCスメルト11gにバイト!

しかし、惜しくもフックオフ。

水深7m前後から、水深6m前後にあがる起伏に富んだハードボトムのブレイク付近でのバイトでした。

そのバイトから更にスポットを絞り込み、ボートをドリフトさせるラインを微妙に変えつつチェックすると、私のSCスメルト11gにバイト!

d0145899_10521915.jpg


47.5㎝1600gのナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました!

d0145899_10523719.jpg


そして、同スポットで40㎝弱を一匹追加し、ストップフィッシングとなったのでした。

d0145899_10525455.jpg


SCスメルトは、スモールマウスのメインベイトの一つと言われるゴビーも良く釣れます(笑)



8月10日/ナイアガラリバー
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:21℃
水温:22.7℃
風:東風のち西風2~3m
水色:クリア~ステイン

この日は、西根さん御一家がオンタリオにお引越しされてきて2年目の記念日ということで、御一家でのファミリーフィッシングに同行させていただきました!

午後からフィールドへ、前日に釣ったスポットへと向かいました。

この日は週末ということでフィールドは様々なレジャーを楽しむボートで賑わっており、往来するボートや、釣りやクルージングの合間にアンカーを降ろし停泊するボートがいたため、狙いのスポットは流せない状況でした。

そのため、まずは少し外れたラインを流してみる事にしました。

西根さんがレクチャーに徹し、奥さまとお子さん達がルアーを投入します。

すると、バイトが!

ジャッカルさんのクロステールシャッドを14g以上のドロップショットで用い、まるで海釣りの乗合船の如く、真下に落とし込み底を取りながらボートをドリフトさせるのですが、これが良く釣れるんです(笑)

奥さまも二人のお子さん達もバスをキャッチすることが出来たのでした!

d0145899_10534782.jpg


↑お子さんにヒットしたバスをランディングする西根さん♪

40upのナイスフィッシュも出ました♪

そうこうしていると、前日に良かったスポットが開きました。すぐ隣のラインには停泊してバカンスを楽しむクルーザーがいましたが(笑)

ここで私は、ボートを流すラインから、キャスティングで狙いのスポット周辺へとアプローチするため、21gのフットボールジグに4インチグラブをセットしたものをチョイスしました。

リフト&フォールで探ると、バイト!

d0145899_1054175.jpg


47㎝1990gのナイスフィッシュと!

d0145899_10543735.jpg


47㎝1840gのナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました!

お引越し2周年の記念日釣行に同行させていただき、私もとても楽しませていただきました!

帰路、西根さんの「これまで厳しかったけど、ついに夢が叶った。」というお言葉を聞き、胸が熱くなりました。



8月11日/エリー湖
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:13℃~23℃
水温:22.1℃~23℃
風:南西のち西 1m~2m
水色:クリア

この日は、西根さんにお忙しい中時間を作っていただき、早朝から夕方までエリー湖へと出撃して参りました!

今回の旅の一つの目標に、私のスモールマウスレコード、体長52㎝、重量2550gを超えるビッグフィッシュをキャッチしたいというものがあります。

この日は、その目標に向けて意気込んで湖上へと駆け出しました。

d0145899_10545651.jpg


まずは、先月西根さんがオチアユWPで大爆釣を経験されたという岬周りへと入りました。

そのシャロー側からチェックするも、一度チェイスがあったのみでノーバイト。

次に岬の先端側のディープへと移動しました。

そこでは、私と西根さんがそれぞれ40upをドロップショットでキャッチ!

d0145899_10551394.jpg


d0145899_10552679.jpg


ボートをカレントにのせてドリフトさせながら、クロステールシャッドのドロップショットリグを、タナを合わせて置き竿し、それぞれ他のルアーをキャスティングしていたらヒットしました(笑)

サイズがイマイチだったので移動することにし、再びシャロー側へ入り、水深3m前後のラインをオチアユWPやプロトのジャークベイトでチェックしていきます。

すると、早朝に比べて視界が良くなってきたこともあり、数回のチェイスを確認。

そして、西根さんが操るプロトのジャークベイトに40upがヒット!

d0145899_10554445.jpg


私にもチェイスはあるのですが、なかなかバイトまで至りません。

が、先日ポールさんが行っていたテクニック、フォローベイトのドロップショットでバイトを得ることが出来ました!

d0145899_10555833.jpg


2匹を立て続けにバラしてしまいながらも、44㎝をキャッチすることが出来ました!

d0145899_10561982.jpg


その後、反応が鈍ってしまったので、大きく移動することにし、エリー湖アウトレットの沖合に位置するハンプエリアへ入りました。

そこでもドロップショットの置き竿を出しながら、他のルアーをキャスティングし探っていきます。

そして、置き竿にヒット(笑)

d0145899_10563919.jpg


45㎝のナイスコンディションをキャッチしました!

このバスをキャッチしたのち、今度はヘビキャロでナイスコンディションの40upを追加♪

d0145899_10565758.jpg


ついにスポットが見つかったか?と期待したのですが、その後にきたのはまさかのコバッチ…(笑)

d0145899_10571450.jpg


オンタリオ自己最小サイズの20㎝でした(笑)

西根さんはSCスメルト11gのリフト&フォールで二回のビッグバイトを得たのですが、

d0145899_10573354.jpg


そのどちらもが60㎝オーバーのドラムでした(笑)

夕方となり、再びシャローの釣りへとシフト。

サイズは小振りでしたがプロトのジャークベイトで連発♪

d0145899_10575234.jpg


西根さんもオンタリオ自己最小記録を更新(笑)

時折ナイスサイズのチェイスも確認し、西根さんがフォローベイトパターンで40upを2匹キャッチ!

d0145899_10581030.jpg


私はスーパースプークへローテーションし40upを2匹キャッチし!

d0145899_10583287.jpg


フォローに試してみた21gのフットボールジグに4インチグラブの組み合わせで45㎝をキャッチ!

d0145899_1059484.jpg


夕方のプチラッシュを楽しみ、ストップフィッシングとなったのでした。


結局、目標のビッグフィッシュをキャッチすることは出来ませんでしたが、壮大なエリー湖での釣りを堪能し、新たな発見と収穫もあり、とても楽しませていただきました!

お恥ずかしい話ではありますが、スモールマウスの本場であるオンタリオに来れば、50㎝オーバーのスモールマウスがボッコボッコに釣れると思っていました。

しかし、決してそう甘いものでは無いことを、これまでの釣りで思い知らされました。(もちろん、私の技量不足ということもあります。)

確かにビッグフィッシュが数多く生息しているようですが、その広大なフィールドから魚を探し出す能力が伴わないと、到底辿り着くことは出来ないと痛感しております。

ビッグフィッシュを釣る難しさは、オンタリオでも、その質に若干の違いはありますが、日本のフィールドと変わらない様に思います。

しかし、諦めず、残す日程も引き続きビッグフィッシュを目指し、その中で得られる経験を得ながら、楽しみながら、精一杯オンタリオのフィールドにチャレンジしたいと思います!
by nishinelureworks | 2013-08-14 11:02 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『オンタリオ釣行記その2 スーパーロコアングラーとの釣り!』

みなさんこんにちは!

東北の住民こと舞木です。

オンタリオに来て早くも一週間が経ちましたが、未だにフィールドのスケールの大きさに翻弄され、確かな手応えを掴みきれずにいます。

そんななか、昨日は、西根さんがナンバーワンプロアングラーと称賛する、西根さんの御友人でプロガイドのポールさんと釣りをさせて頂く機会に恵まれました!

8月6日/エリー湖
フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:25℃前後
水温:22℃前後
風:静穏のち北西の風1m
水色;クリア

この日ポールさんはハーフデイのガイドだったそうで、午後のプライベートフィッシングへの同行に御招待下さったとのことでした。

集合場所となるボートランプで待っていると、黒塗りのディープV、19ftのLUNDが到着。

ポールさんのガイド艇、荒れるフィールドならではのボートです。

御挨拶させて頂くと、ポールさんはとても気さくなナイスガイでした!

スタートフィッシング、まずはディープ攻略からスタートしました。

ポールさんは、目的のエリアに到着し、魚探でベイトフィッシュを探しました。

ポールさん曰く、バスが荒れた日はボトムにいて、この日のように穏やかな日は中層にサスペンドして、回遊するベイトフィッシュについて泳ぎ回っているとの事でした。

魚探にベイトフィッシュとバスの影を捉えると、シューティングを開始しました。

ポールさんからは、ベイトフィッシュとバスはボトムから3mくらい浮いているとのアドバイス。

すると、開始早々、西根さんが操るSCスメルト11gにバイトが!

d0145899_1001248.jpg


いきなり西根さんが4lbクラスのナイスフィッシュをキャッチ!

やはり、SCスメルトをボトムから3mくらい浮かせたところでヒットしたとのことでした!

続けてポールさんもキャッチ!

ポールさんはドロップショットリグでキャッチされていました。

その後、私もSCスメルト11gでバイトを得る事が出来ましたが、惜しくもフックオフ(泣)

そこで反応は鈍くなってしまいました。

時折、エリー湖名物のゴビーは釣れ続きましたが(笑)

d0145899_100397.jpg


このままディープを辛抱強く攻め続けた方が6lb、7lbクラスの可能性は高いとのことでしたが、魚が多いというシャローへと移動することになりました。

水深3m~4mのシャローエリアへと入ります。(透明度が高いので、ボトムは丸見えです。)

そこで、ポールさんはジャークベイトの釣りへとシフト。

これが、私にとって目からウロコのテクニックでした!

ポールさんは、フィールドコンディションに合わせディープダイビングサスペンドジャークベイトを用いていたのですが、それをミディアムヘビーのスピニングロッドにPEライン+フロロカーボンリーダーという組み合わせで、しっかりとポーズを入れたハードジャーキングで使用されていました。

ハードジャーキングで広範囲のバスに効果的にアピールし、寄せ、しっかりとポーズを入れることでバスとの間を詰めさせ、その後の弱いトゥイッチでバスに思わず触れさせ、掛ける。

そして、それでバイトまで至らずにボート付近まで追って来てしまったバスに対しては、すぐさまキャスト出来る態勢で用意しておいたフォローベイト(ドロップショット)を入れて喰わせる。

その一連の動作が流麗で、まさにマシーンの如く釣り続けていきました!

またルアーやバスの動きを目で確認しつつ釣るため、シャローでは終始バウデッキ(船首)に立って高い位置からの視覚を確保し、釣りをされていました。

対する、私は全くバイトを得られずに、完全に悪いリズムへ。

チェイスは何度かあったのですが、フォローの入れ方が雑で、バイトにまで至りません。

見かねたポールさんから、これを使ってみろとドロップショットを渡されます。

そして、チェイスへのフォローを試みると、バイト!

d0145899_101853.jpg


4lbオーバーのナイスフィッシュと、

d0145899_1015274.jpg


3lbハーフくらいのナイスフィッシュをキャッチさせて頂きました!

d0145899_102766.jpg


本当に脱帽です!

その後、チューブの釣りへシフトし、ポールさんがキャッチするも、サイズがイマイチだったため、すぐに移動。

最後に再びジャークベイトでシャローを流し、ポールさんと西根さんがナイスフィッシュをキャッチされストップフィッシング。

西根さんはプロトのジャークベイトでナイスフィッシュをキャッチされていました!

d0145899_1022573.jpg


オンタリオ釣行の丁度折り返し地点となるこのタイミングで、ポールさんと釣りをすることが出来、本当に素晴らしい体験をさせて頂きました。

自分の釣りが雑になっていたことと、見落としていたことに気が付くことが出来、学ばせて頂くことが出来ました。

お蔭で、残る後半戦、気を引き締めてオンタリオのフィールドにチャレンジして行こうと思います!

d0145899_1024470.jpg


ポールさん、本当にありがとうございました!!

ポールさんのガイドサービスHPはコチラです↓
■ http://www.castadventures.ca/
by nishinelureworks | 2013-08-10 10:07 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『オンタリオ釣行記その1 スモールマウスの故郷へ!』

みなさんこんにちは!

東北の住民こと舞木です。

私は現在、西根さんの御厚意でホームステイさせていただけることになり、福島からカナダ・オンタリオ州へと釣りに来ています!

私自身、初めての海外ということもあり、目に映るもの全てが新鮮で、とても貴重な体験をさせていただいております!


d0145899_12582256.jpg


到着初日、西根さんとの再会を果たし、まずは、バスフィシャーマンならば誰もが憧れる?バスプロショップスへと連れて行っていただきました!

d0145899_13115038.jpg


想像を超えたスケールのデカさは、「流石本場!」といった印象でした!

買い物を始めたら収拾がつかなくなってしまいそうでしたが、とりあえずここでは、オンタリオスモールマウスフィッシングの御当地ルアーというバスプロショップスオリジナルのチューブと専用ジグヘッドを購入しました。

肉厚のフリッピンチューブを1/4OZ以上の専用ジグヘッドに組み合わせて使用するスタイルがポピュラーな様で、その効果の程が楽しみです♪

当初はここでオンタリオ州のフィッシングライセンスも購入する予定でしたが、なんだかトラブルがあった様で、長蛇の列が出来ていたため、西根さんの御宅でネット購入させていただくことに。

ちなみに、私が購入したフィッシングライセンスは年間$59.07(カード発行料$9.68含む)で、ネットでの購入後プリントアウトしたライセンスを釣り場に携帯することが義務づけられています。

フィッシングライセンスは、州ごとに政府が発行し、徴収されたライセンスフィーは、放流、レギュレーション制定に向けての調査、対象魚種の管理、取り締まり、ライセンスブックの発行、などの各事業費として使われるそうです。

このライセンス制は、豊かな釣り場環境、自然環境を継承していく取組として、特筆するべきものがあると私は思います。

バスプロショップスをあとにし、その足でオンタリオ湖へと連れて行っていただきました。

ついに、スモールマスバスの原産地といわれる五大湖の湖岸に立つ事が出来ました!

d0145899_1313573.jpg


湖とは到底思えないその広大さに、唯々圧倒されるばかりでした。

その後、西根さんの御宅に到着、御家族に御挨拶し、夕方は西根さんのお子さん達とともに、オンタリオ湖に隣接した近所のマリーナへと連れて行っていただきました。

沢山のヨットやクルーザーが並び、多くの桟橋が設置された釣りが可能なマリーナで、水中にはベジテーションが繁茂し、様々な魚種が生息しているそうです。(秋にはキングサーモンも入ってくるそうです!)

オンタリオ湖でのファーストキャスト、ロッドは西根さんからお借りし、持ってきたアノストレート5.5インチのネコリグでチェックを開始しました。

流石にファーストキャストからバイトに持ち込むことは出来ませんでしたが、開始後程無くバイト!

不覚にもそのファーストバイトは逃してしまいましたが(汗)小型のスモールマウスの様でした。

新鮮な光景にワクワクしつつ釣り進んで行き、港の出入り口にあたる堤防の先端部分付近へ。

そこで、堤防先端部水中のリップラップを狙うと、バイト!

カナダでのファーストフィッシュをキャッチすることが出来ました!

d0145899_13144196.jpg


30cmクラスのラージマウスでしたが、初めての土地でのファーストフィッシュはやっぱり嬉しいですね~♪

その後も、もう一匹ラージマウスを追加♪

短時間の釣行でしたが、オンタリオでの初日は幸先の良いスタートを切ることが出来ました♪


2日目は西根さんの御宅でのんびりと過ごし、3日目はいよいよエリー湖&ナイアガラリバーへ!

強烈な五大湖からの洗礼を受けるとともに、本場スモールマウスフィールドのポテンシャルの片鱗を垣間見ることとなったのでした!

8月2日/エリー湖&ナイアガラリバー
フィールドコンディション↓
天候:曇りのち晴れ
気温:15℃~24℃
水温:22.2℃~22.3℃
風:南西の風4m~10m
水色:クリアー~ステイン

d0145899_13154661.jpg


西根さんのボート『ドリームラッシュ号』に乗せていただき、いざエリー湖の湖上へ!

昼頃から南西からの強風となる予報がでており、激荒れになることが予想されていたため、朝はエリー湖をチェックし、その後、強風で激荒れになる前にナイアガラリバーへと移動するプランで出船しました。

湖上へと出ると、眼下には果てしなく広がる水平線。

エリー湖は、バスフィッシングが楽しめる湖としては世界最大とのことですが、湖とは思えない広大さです。

その広大さに何処で釣りをすれば良いのか途方に暮れそうなところですが、まずは、西根さんが前回良い釣りをされたという岬まわりをチェックすることに。

ボートランプが所在するエリアを大きなワンドと捉え、そのベイマウスに位置する岬へと向かいます。

岬まわりへと到着し、水中へと張り出した岬のショルダー水深3m~4mのラインを、シーアンカーを投入して流していきます。

すでに湖上は南西の風による荒れ模様となっていたため、エレキで操船しながら釣りをするよりも、シーアンカーを投入して風上からラインを流して釣る方が効率的でした。

岬上にはロックが点在しており、その広い範囲を流していきます。

水の透明度と荒れ具合を考慮し、ここで私はスーパースプークをチョイスし、高速ドッグウォーキングでスピーディーにチェックしていきます。

すると、突然波間にバスの姿が現れ、バイト!

エリー湖でのファーストバイト!

しかし、ジャンプ一発痛恨のバラシ…。

いきなりのビッグバイトに焦ったためか、フッキングのタイミングが早かったようで、フックが伸ばされてしまいました。

波風が勢いを増してきたため、経験からルアーをスクリューベイトへとローテーションし、気を取り直してキャストを再開。

ハイスピードリトリーブでチェックし、再びヒットへと持ち込みました!

d0145899_13163041.jpg


ついにエリー湖でのファーストフィッシュとなる42cmのナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました!

この頃には湖面は激荒れの様相となっており、デッキは被った波でずぶ濡れに。

d0145899_13165636.jpg


このまま釣りを継続することは困難な状況になってしまっていたため、一度ボートを揚げて、ナイアガラリバーへと移動することになりました。

20分ほど走り、ナイアガラリバーのボートランプへ。

ナイアガラリバーは風裏となっていたので、一見水面は穏やかな様相でした。

ナイアガラリバーはエリー湖からオンタリオ湖へと注ぎ込む、世界最大の瀑布ナイアガラの滝で有名な大河で、想像以上に広大で、強く太い流れの川でした。

こちらでも西根さんに案内していただきながら、まずはシャローをチェックしていきます。

チェックしていくと、バンクが張り出した一見明らかに良さそうなスポットへと差し掛かりました。

しかし、そこでは数匹のバスが目視で確認出来るものの、なかなかバイトへと持ち込むことが出来ません。

西根さんが一瞬ビーツァのハイスピードリトリーブで反応させたのですが、バイトには至らず。

キャスト毎に絡んでくる大量に流れてくる切れ藻が煩わしかったこともあり、ここは一旦見切ることにしました。

その張り出しの上流側へと魚探を掛けながら移動していきます。

すると、急流の流芯寄りに、ハンプトップが水深3m前後の馬の背状のハンプを発見しました。

流芯の水深は13mで、ハンプは上流から下流へと伸びていました。

そこに差し掛かった時、先程までその周辺でガイドをされていた西根さんの御友人のポールさんから、西根さんへ着信が。

d0145899_13235936.jpg


そこを攻めろとアドバイスを下さったとのことでした。

早速、私はアノストレート5.5インチ3.5gネコリグで、西根さんはSCスメルト11gでアプローチしていきます。

アプローチを開始して程無く、ハンプのショルダー5m~6mラインで私にヒット!

40upでしたが、フックが口先に浅く掛かっていた状態でランディング寸前にジャンプ一発バラシ。

悔しいバラシでしたが、このバイトがハンプに対するバスのポジションを掴むキッカケになりました。

このハンプ周辺はカレントが複雑に絡み、ハンプトップ周辺を中心に渦巻きのように巻き返しが発生していました。

巻き返し逆流している側のハンプショルダーでバイト得ていたのですが、再び差し掛かった時、今度は西根さんが操るSCスメルト11gにバイト!

ナイスフィッシュがヒットするも、こちらもジャンプ一発でバレてしまいました。

同スポットでのバイト、魚探を見ると、ベイトフィッシュの群れにバスと思われる魚影を確認。

カレントが強い中で正確に且つスピーディーにルアーを送り込みたかったことと、バイトの仕方からして強いリアクションの要素が必要と感じられたことから、ここで私もSCスメルト11gへとローテーションしました。

そしてアプローチすると、バイト!

d0145899_13172853.jpg


SCスメルトにてナイスフィッシュをキャッチ!

ここから、パターンがハマリ、連発することが出来たのでした!

直後、SCスメルトを操る西根さんのロッドも絞り込まれます!

同時に私にもヒットし、ダブルヒットの状態に!

d0145899_1317493.jpg


私にきたサイズは小振りでしたが、西根さんはコンディション抜群の44cmをキャッチ!

その後もバイトは続き、私のロッドにも強烈な感触が!

48cm1800gのナイスフィッシュをキャッチ!

d0145899_13181658.jpg


西根さんもさらに一匹を追加!

この頃、激荒れのエリー湖から底荒れによる濁りが入ってきており、ハンプ周辺の巻き返しがぶつかる辺りに濁りとの境が出来上がっていました。

その境に差し掛かかったとき、魚探がさらに多くの魚影を捉えました。

そこで、すぐさま私にバイト!

やや小振りでしたが、さらに一匹を追加!

ハンプショルダーに濁りとの境が絡み、バスがそこでフィーディングを行っているようです。

さらに一匹を追加!

SCスメルト11gが完全にハマっています!

そして、再びダブルヒット!

私が45cmを、西根さんが強烈なファイトの末に49cm2050gのビッグフィッシュをキャッッチ!

d0145899_13184090.jpg


これぞ本場のスモールマウス!と思わせるビッグスモールマウスでした!

d0145899_13185866.jpg


このとき、西根さんが釣ったバスがベイトフィッシュを吐き出したのですが、SCスメルトがマッチザベイトと言えるエメラルドシャイナ―でした。

d0145899_13192368.jpg


パターンの成立を確信し、この日はこれにてストップフィッシングとなったのでした。

と、この日は、五大湖の洗礼とも思われるエリー湖の激荒れから始まり、本場のポテンシャルを感じさせるナイアガラリバーでの釣果へと結びつくことになったのでした。

本場のスモールマウスからは、とにかくパワーを感じますね!


これからのオンタリオ滞在中、このスモールマウスの生まれ故郷で、どんな出逢いや感動があり、どんな釣りが出来るのか、期待に胸は膨らむばかりです!

出来る限り、その感動と釣りの模様をお伝え出来ればと思っております!
by nishinelureworks | 2013-08-04 14:04 | from Michinoku | Trackback

from Michinoku 『桧原湖にてFB8パターン炸裂!』

東北の住民さんより頂いておりました釣果報告をご紹介させて頂きます!

桧原湖にて、FB8でナイスサイズのスモールマウスをキャッチされたそうですよー!

d0145899_23551978.jpg

先日桧原湖にて、FB8のクランキングでナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました!

7月27日/桧原湖
フィールドコンディション↓
天候:晴れのち曇りのち雨
気温:22℃~24℃
水温:21.8℃~22.6℃
風:南西の風2m~3mのち北東の風1m
水色:クリア~ステイン

この日はイマイチパターンにアジャストすることが出来ず、岬まわりのディープでネコリグを用いて良型を拾っていくという展開でした。

夕方になり、一転してウィードが広がるフラットへと移動し、クランキングへとシフトしました。

ワンド内のフラットなのですが、ワンド中央を水深6~7mまで落ち込むブレイクラインの切り込みが入っており、そのショルダー水深3mラインをFB8で狙っていきました。

すると、魚探にベイトフィッシュの回遊と思われる反応が出たあたりで、ナイスフィッシュを三連発することが出来ました♪

d0145899_23582685.jpg

時おり背の高いウィードが絡んでくるのを、ロッドワークで切りながら、ファーストリトリーブしてくるとバイトしてくれました♪

さらに連発出来そうな雰囲気でしたが、雷が鳴っていたので、ここでストップフィッシングとしたのでした。

欲を言えば、もう少しラッシュを堪能したかったです(笑)

以上、御報告とさせて頂きます!



東北の住民さん、ありがとうございました!

って、実は今、東北の住民さんこと舞木さんがカナダに来られてて横に居るので、ブログ書いてて凄いヘンな感じ。(笑)

昨日、舞木さんとエリー湖&ナイアガラリバー出撃して、かなりシビれる釣りができたので、後ほど舞木さんに釣行記を書いて頂きますね~!

初めてのフィールドで知恵と、今まで培ってきた経験を総動員してスモールマウスを追いかける舞木さん。

見応え満点でしたよー♪
by nishinelureworks | 2013-08-04 00:14 | from Michinoku | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28