Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:FatBull( 30 )

新製品のご紹介 ― FatBull0.5 

現在、潜行深度1ft、2ft、4ft、8ftと4種類のラインナップを持つファットブルシリーズですが、実は今年の夏頃より密やかに開発&改良を進めていたモデルがあります。

それが、FatBull0.5!!

d0145899_018337.jpg

写真だけ見ると、”あれ?これってFB1じゃね?”と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そう思われた方は大正解です♪(^o^)v

このFB0.5の外見やリップセッティング等はFB1と全く一緒です。(笑)

異なるのは潜行深度。

最大潜行深度が1ft(約30センチ)のFB1に対して、このFB0.5はそのモデル名の通り、最大潜行深度が0.5ft(約15センチ)となります。

■ FatBull0.5スペック
全長 : 60mm
重量 : 13.5g(#4トリプルを装着した場合)
推奨フックサイズ : #4トリプル
最大潜行深度 : 0.5ft(15センチ)


このモデルを作ってみようと思ったきっかけは、今年の夏のフロリダ。

7月にフロリダ州オーランドで開催された全米最大のフィッシングショーのICAST視察のついでに、北嶋君に釣りに連れて行ってもらったのですが、その時の釣行がイマジネーションを与えてくれました。

フロリダの湖沼群と言えば、ベジテーションもりもりのシャローレイクとよく言われますが、行ってみると本当にその通り!!

ベジテーション王国フロリダ!!
d0145899_2192066.jpg

d0145899_2193299.jpg

まさにフリッパー天国!そして、フロッグマン天国!!

が、ハードベイターにはこれはなかなかキッツイ!!(汗)

この日の釣行の事をブログに書こうと思いつつ、帰国後、時間に追いたくられて結局書けず終いだったのですが、この日、フロリダの湖で経験した事は僕にとって非常に大きな財産となりました。

何が財産って、

NLWルアー達は基本的にウィードてんこ盛りのフィールドは苦手!

という事がよく分かった事。(笑)

オイラはもちろんハードベイト中心の釣りで挑んだ訳ですが、投げる度に藻が超入れ食い!!(アホ)

バス釣りをしてんだか、藻刈りをしてんだか、この状況を何とかせんと!と、心に誓った訳です。


そんなニシネモカリワークスなワタクシでありましたが、様々なルアーを試していく中で、一縷の希望と可能性を見出せたルアーがありました。

それがファットブル君達。

他のハードルアー達が一様に藻団子大会になる中、FB1、FB2、FB4が突破口になってくれました♪

オフショアのウィードエリアでクランキングし、人生初のリアルフロリダバスをキャッチ!
d0145899_13381.jpg

FB4をハイドリラ(クロモ)にコンタクトさせ、ハングオフさせた瞬間に食ってきた52センチのフロリダバス君でした。(喜)

そんなこんなで、ファットブルを投げ倒しまくりのフロリダ釣行だったのですが、そんな中で最も使い易かったのは、やはり対ベジテーションを想定して作られているFB1。

が、そんなFB1ですら、水面まで藻が顔を出すぐらいまで茂っちゃうと、さすがにかなり厳しい。
リトリーブコースやリーリングに気を使えば、FB1でもかなりのところまで行けますが、軽々とノーストレスで、という訳には行きません。

フロリダのウィードベッドに向けてFB1を投げながら、こんなウィードジャングルの中をストレスなく巻けるクランクが欲しい!と。

それが、FatBull0.5が生まれたバックボーンになっています。


そして、フロリダから帰るなり、地元の池で試行錯誤を繰り返して、ようやく形になったのが今回のFB0.5。
基本はFB1をベースにしているので、完全なるニューモデルではなくFB1のチューンドモデルと言ってもいいかもしれません。

FB1との違いは内部ウェイトのバランスセッティング。

そして、もう一つの特徴は、このFB0.5はファットブルシリーズ初のブレードレスモデルとなります。
d0145899_3112773.jpg

アクションが破綻しないギリギリまで内部ウェイトを軽量化し、同じく重量体となるブレードも無しにして、浮力を最大限に確保する方向にセッティングを振ってあります。

FB1はアクション+ブレードのウィードレス効果(ウィローブレードがテールフックをガードする)のコンビネーションでウィードをすり抜けてくるのに対し、
FB0.5は強浮力+ワイドウォブルでブリブリとウィードを押しのけながら乗り越えてくる感じです。

そして、その強浮力セッティングが生み出した副産物がFB0.5のウェイキング性能

ちょい投げのショートディスタンスはもちろん、フルキャストのロングディスタンスまで、必要であればきっちりとウェイキングさせる事が可能です。(ロングディスタンスでウェイキングさせたい場合は、簡単なコツがありますので、それはまた後日ご説明させて頂きます)

もちろん、ロッドを寝かせてストレートリトリーブした場合は約15センチぐらいまで潜ります。


このモデルを開発中、シンプルにFB0と言うのも考えたのですが、完全にウェイキング仕様にしてしまうと、使用用途が限定されるので、ここはあえてFB0.5。

ウェイキング、サブサーフェス、最大15センチの潜行深度・・・・・特に水面直下のレンジって非常に奥深い世界で、ルアーが泳ぐ層が1センチ変わるだけで大きく釣果が変わる事もあるので、ビルダーの勘を信じて0ではなく0.5としました。

この15センチの微妙な世界を、使用者の皆さんの感性で使いこなして頂ければと。(^o^)v

FB0.5で目指した最終ステージは、こういうウィードもりもりの中↓をストレスフリーで狙えるクランク。
d0145899_1524725.jpg

これぐらいのウィードであれば、ほぼストレスフリー。
もしかしたら枯れウィードだと、ウィードを拾ってくることもあるかもですが、しっかりしたウィードであれば、写真左奥の一番濃い部分に放り込んでも、ウィードに突っ込む事なく巻いて来れます♪
その他、葦などのリーズ系、リリーパッドなどのパッド系も、かなり攻め込む事が可能な能力を持たせられたと思います。(^o^)v

が、このFB0.5君、機能的な部分の開発や改良については今の自分に出来る限りの事を尽くせたと思うのですが、残念ながら僕自身はまだこのルアーで魚を手にする事が出来てません。(オンタリオは実践投入が非常に難しい気候になってしまいました。涙)

なので、このFB0.5がどんな可能性を秘めているとか、どんなシチュエーションで効果があるかとか、僕からは何もお伝えする事ができません。

そんなルアーをリリースしてもいいものかどうか非常に悩んだのですが、思う事があって、思い切って販売用プロトモデルを作ってみる事にしました。

思う事・・・詳しくは、以前書かせて頂いた”NLWの田舎町の定食屋計画”記事)を読んで頂ければと思いますが、ファットブルシリーズに連綿と受け継がれている血脈。

もしかしたら、未完成のルアーを売るな!と怒られるかもしれませんけど、このファットブル0.5君も、他のファットブルブラザース達と同じように、ここから先はユーザーの皆さんにバトンを託し、一緒にワクワクしながら鍛えて行ってもらえたらなぁって願っております。

ってな訳で、使ってみたいと思って下さる方がいらっしゃるか分かりませんが、今回リリース予定の2色を下記にご紹介させて頂きますので、もし宜しければご覧になってみて下さいませ~。

■ カラ―その1 ブラックオタマ
d0145899_4191663.jpg

ファットブルシリーズのカラーラインナップの中で、自分の中で間違いなくナンバー1のコンフィデンスカラ―が、このブラックオタマ君。
見た目はそんなに釣れそうに見えないですし、不人気で最後まで売れ残ってそうな色ですが、この色は侮れません。(笑)

”ブラックオタマ”という名の通り、元々はオタマジャクシをイメージして塗ったカラ―なのですが、ここオンタリオでは、キャットフィッシュの幼魚パターンの時にこのブラックオタマが絶大な効果を発揮する事が多いです。

時期で言えば、6月~8月ぐらい、アフターから回復し始めたラージマウス達が藻の周りをウロウロヨチヨチ泳ぎ回っているキャットフィッシュの幼魚達をバカ食いしている時があるのですが、そういう時はもうブラックオタマ君は無敵状態です。(笑)

考えてみれば、毒もなく、栄養価も高く、その上動きもトロいキャットフィッシュの幼魚って、バス達にとっては理想的すぎるエサですが、そういう状況にハマると、通常のお魚タイプの色(シャッドとかブルーギルとか)の何倍もブラックオタマばっかに食ってくるという状況に何度も出くわしています。

キャットフィッシュやナマズの幼魚、そしてオタマジャクシを見かけたら、是非試してみて欲しい色です♪

濁った水の中で一番はっきりとシルエットが出るカラ―はソリッドブラックだと思うんですけど、このブラックオタマ君も濁り水で活躍してくれることが多いですね~。^^

■ カラ―その2 ブルフロッグ
d0145899_4303017.jpg

新カラーです!(^o^)v

やっぱオタマジャクシカラ―があるなら、そのお母さんも作ってあげないと!ってな訳で作ったブルフロッグカラー。(笑)

お魚ボディーのルアーにカエルカラ―って、かなり無理がありますが、
もうね、FB0.5を開発しながら、一発目の色は絶対この色にしようって思ってました♪

本物のブルフロッグさん。↓
d0145899_43653100.jpg

この絵具で塗りたくったような、のど元のイエロー、ほっぺたのグリーン、そして、背中のオリーブが素敵すぎる~~~。(笑)

このブルフロッグカラーですが、水中で泳がせてみると顔のグリーン、背中のオリーブライン、横腹のホワイトがウニウニと明滅し、何とも言えない艶めかしい雰囲気を醸し出してくれます。(という事が、作ってみて初めて分かった。笑)

おそらくですが、下からルアーを見上げたら、のど元のイエロー、顔のグリーン、わき腹のホワイトがウニウニしているんじゃないかと思われます。

自分の経験上、ブルフロッグ(食用ガエル)が多いフィールドって、コンディションの良いバスが多い気がしているのですが、ブルフロッグやオタマジャクシって食われてる気がしてしょうがないんですよね~。^^

ってな訳で、このFB0.5のカエルの親子さん達ですが、現在下記ページにてバックオーダーを受け付けておりますので、もし宜しければご検討頂ければ幸いです。(2015年10月23日(金)23時59分までオーダーを受け付けております)

以上、何卒宜しくお願い致します!m(__)m

■ ファットブル0.5 バックオーダー受付ページ
by nishinelureworks | 2015-10-09 08:07 | FatBull | Trackback

FatBull8 - 新色のご案内

昨日のSCスメルト新色に引き続き、本日はFatBull8の新色をご紹介させて頂きます。

っても、僕のfacebookをご覧下さっている方は既にご存知だと思いますけど~~。(ニシネ情報だだ漏れワークス。笑)

■ FatBull8 カラ―ラインナップ
d0145899_11405841.jpg

FB8の発売から4年、遂にカラーが4色になりました!!(^o^)V

今回FB8のカラ―ラインナップに新しく加わったのは下記2色となります。

■ Alewife (アルワイフ)
d0145899_11541122.jpg

最近、自分がとても気に入っているカラーで、琵琶湖では舞木さんがこの色のNLWルアー各種で釣りまくって下さってますね♪
けっこう色んな水色にマッチするカラーです。(^o^)V

■ Fire Tiger (ファイヤータイガー)
d0145899_11544443.jpg

言わずと知れたド定番系カラー。
今年の春にFacebookを通じて、”ファットブルシリーズにファイヤータイガーカラーが欲しい!”という声を沢山頂きましたので、まんまとその誘惑に乗り(笑)、ファイヤータイガーカラーを塗ってみました~♪

という訳で、上記2色が、新しくFB8に追加されたカラーとなります。

今回の販売では、以前販売させて頂いた既存色のBBT&PTでキャンセル分で在庫していたのがありましたので、数は少ないですが、そちらのカラーも販売させて頂きたいと思います。

既存の2色は下記↓の通りです。

■ Blue Back Thunder (ブルーバックサンダー)
d0145899_1225465.jpg


■ Purple Thunder (パープルサンダー)
d0145899_1233178.jpg


今回リリースさせて頂くSCスメルトM11&Fatbull8ですが、フック無し&パッケージ無しでの販売となります事をあらかじめご了承下さい。

それぞれのモデルの適合フックは下記の通りとなります。(スプリットリングは付属しております)

■ SCスメルトM11 
  フックサイズ :トリプルフック#4 x1本
  *テール1本のみのセッティングがベーシックなセット方法です。

■ FatBull8
  フックサイズ :トリプルフック#4 x 2本
  *お勧めのセット方法はコチラをご参照ください。

これらのルアーですが、本日、日本時間の7月10日(金曜日)の午後9時(21時)より下記サイトにて販売開始させて頂く予定です。(現在はまだ販売ページを閲覧できない状態にあります)

■ SCスメルトM11販売ページ http://outlet.nishinelureworks.jp/?pid=91662977

■ FatBull8販売ページ http://outlet.nishinelureworks.jp/?pid=80948808

ご注文頂く際ですが、AU携帯(ezweb)やicloud等のメールアカウントからご注文頂いた場合、こちらからのご案内メールが未着となるケースが多発しておりますので、ご注文時に今一度メールの受信設定をご確認頂ければ幸いです。
ご案内メールは、outlet@nishinelureworks.jp より送信させて頂きます。

以上、何卒宜しくお願い致します!m(__)m

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2015-07-10 12:25 | FatBull | Trackback

ファットブル8のお勧めフックセッティング

先日、ご案内させて頂きましたファットブル8のバックオーダー分第一陣がお手元に届き始めたようですね~。

と言う訳で、本日のブログではファットブル8のフックセッティングをご紹介させて頂きたいと思います。

d0145899_23412628.jpg

僕がファットブル8の開発&実釣行で使っている針は、オーナー社のST36の#4番。

これはあくまで参考例という事で、何が何でもST36の#4番でなければならないという訳ではなく、お好みのブランドの針を使って頂ければと思いますが、サイズは4番がマッチしていると思います。

で、大事なのはフックのセット方向

最近の大抵の針はフックポイントが左右対象になるタイプだと思うのですが、FB8の場合、下記の方向での装着が吉だと思います。

d0145899_042951.jpg

前後フック共に、トリプルフックの3つあるポイントの1本側が下向きになるようにセット。

写真が分かり辛いかも知れませんので、別アングルからの写真も貼り付けておきますね。

d0145899_064644.jpg

後ろから見て、フックの装着方向がY字方向になるようにセットしてみて下さい。

ファットブルシリーズは全てのモデル(FB1,FB2,FB4,FB8)が、#4番サイズ&この方向でのセッティングがお勧めです。

と言う訳で、お気に入りフックを装着して、ガンガン投げ倒してやって頂ければ幸いです!!


■ 追記
*ファットブル8バックオーダー第2陣ですが、週明けにはカナダから発射予定ですので、全ての出荷完了までもうしばしお待ち頂ければ幸いです。
by nishinelureworks | 2014-12-27 00:11 | FatBull | Trackback

新製品のご案内 『ファットブル2/FatBull2』

先日、日本に向けて発射したFatBull2が、無事到着の見通しがつきました。

って訳で、本日のブログではFatBull2について書かせて頂きたいと思います!!

d0145899_5322821.jpg
                         FatBull2

ようやく完成いたしましたー!

まずはルアースペックをご紹介させて頂きますね。

■ FatBull2(ファットブル2)スペック
ボディー長 : 60mm
ウェイト   : 17.6g
潜行深度  : 約2ft(約0.6m)


このファットブル2ですが、開発の原点になっているのはファットブル1。

ファットブル1をリリースしたのは2012年4月の事でしたが、ご使用下さった皆様より、このクランクのソフトベイト回避能力はありえん!とのご反響を頂くと共に、沢山の方から同時多発的に頂いたリクエストがあります。

それは、

”FB1の回避能力のまま、もう少し潜って欲しい!!”

というリクエスト。

万人受けしそうな汎用性は考えず、ある意味特化した性格を持つFB1というクランクベイトに、多くの方が共感して下さった事を非常に嬉しく思うと同時に、その難易度が超高いと思われるリクエストに、ほえぇええええ~~~と頭を抱えたのを昨日の事のように思い出します。(笑)

FB1のソフトカバー回避能力を持ったまま潜行深度を稼ぐ事・・・・。

そんなルアーが出来たらいいなぁって自分自身も強く望む反面、開発が難航する事は容易に予測が出来ました。

その理由は、FB1独特の障害物回避方法に深く関係しています。

FB1のカバー回避メカニズムについての詳しい話はこの記事とか、この記事をご覧頂ければと思いますが、端的にご説明させて頂きますと、

ソフトカバーを押しのけ、自ら作り出した道の中をすり抜けてくるアクションとパワー
それを補助するブレードセッティング
そして、それらの運動力の源になっているリップセッティング


等の要素が絡み合ってFB1の回避性能が実現しています。

特に大切な要素の一つがリップセッティング。

d0145899_7105146.jpg

FB1の極端に立った長いリップセッティング

このリップセッティングを施す事によって、強烈なロールアクションをボディーに与え、ルアーの頭部~背中にコンタクトしてきたベジテーションをワシワシと押しのけ、そして同時にリップに掛かったベジテーションはその強烈なロールパワーで振りほどいてくれるんですね。

これがFB1のソフトカバー回避能力の核心部であり、そして、その性能を発揮する為の大前提になっているのが立ったリップ角と言う訳です。

言葉を変えて言うならば、リップ角が寝れば寝て行くほど、ソフトカバーに突っ込みやすくなり、対ソフトカバー性能は弱まっていくという事に繋がります。

それが、深く潜るFB1を作るのが難しいという理由。

潜行深度を稼ぎたいだけなら、単純にリップ角を寝させて行けば潜行深度は稼げますが、それではFB1のようなソフトカバー回避能力は絶対に手に入れる事はできません。

立ったリップで、どれだけ潜行深度を稼げるか?
それがこのルアーの開発の最大のテーマになりました。

ってな訳で、色々と試行錯誤した結果、たどり着いたのがこのリップセッティング。

d0145899_7431541.jpg

色々試しても上手くいかず、最後、ヤケクソでM7のリップを無理くりくっつけたら、思いのほか上手くいきました~!(笑)

まぁ、何時もの出たとこ偶然ワークス全開の開発ぶりですが(笑)、これがかなりいい感じ♪

そして、このリップセッティングで、実釣テストを繰り返しながら、リップ角度等のベストバランスを模索し続け、遂にキャッチしたオンタリオでのパーソナルレコードとなるラージマウス!

d0145899_7541630.jpg

このバスをキャッチしたスポットは、レイダウン+ウィードという複合カバー。

そうなんです。
FB2が得意なシチュエーションは、ハードカバーにソフトカバー絡んでいるような複合カバー。

例えばレイダウンの周りにウィードが生えているような場所ってあるじゃないですか。
そういう場所って超A級カバーである事が多いですが、FB2はそう言う場所で使いやすいです。

かなり乱暴な例えですが、FBシリーズのカバー回避能力を数値として表すとしたら、下記のイメージです。(FB8は方向性が違うので、下記比較からは除外)

■ ソフトカバー回避能力
FB1:FB2:FB4=10:8:6

■ ハードカバー回避能力
FB1:FB2:FB4=6:8:10

ってな感じで、障害物回避性能については、ちょうどFB1とFB4の中間ぐらいの感じをイメージして頂ければ近いかもしれません。
ピッチの速さも、ちょうどFB1とFB4の中間ぐらいのスピード。
アクションの支点は他のモデルに比べて比較的頭部に近い部分に位置するのでテールのふり幅が若干大きめになります。
そういうセッティングにした理由は、大きいテールのふり幅=ソフトカバーを押しのけるパワーに繋がるという理由です。

かなり乱暴すぎる説明で恐縮ですが(汗)、FB2の性格は概ね以上のような感じです。

とまぁ、ここまで長々と小難しい事を並べ立ててきて今更こんな事を言うのも何ですが、究極にシンプルな事を言えば、このFB2が持つ最大の長所はその『潜行深度』ではないかと思います。(←最初からそう書けよ!笑)

シャロークランキングをする上で、2ftというレンジは最重要レンジの一つだと自分は考えているのですが、このレンジをストレスなく使えるクランク。

根掛かりせず、カバーの中の限られた空間でもよどみなく泳いでくれる事。

カバークランクが持っているべき性能としてごくごく当たり前の事ですが、何よりも大切な機能だと思うんですよね。

ブレードセッティング等、最後の最後まで悩んだ部分もあるのですが、最終的には全てのベクトルを”ストレスなく使えるクランク”をモットーにしてセッティングを煮詰めて行きました。

ってな訳で、FB2の動き、見てやってくださいませ~!



FB2の販売ですが、何時もの方法で当ブログを通じて販売させて頂きたいと思います。(ご注文方法等詳細は、明日のブログにてご案内させて頂きます)
ご予約の受付は日本時間の金曜日(1月24日)より受付させて頂く予定ですので、何卒宜しくお願い致します!!
by nishinelureworks | 2014-01-22 13:12 | FatBull | Trackback

FB2完成間近!

突貫状態で製作を進めておりましたファットブル2が、いよいよ完成間近になってきました!

d0145899_7215525.jpg

ドライボックスにずら~~っと勢揃いのFB2君達。
ここまでホントに長い道のりでした~。(喜)

一足早く、Facebookにアクション動画をアップしましたので、もし宜しければご覧頂ければ幸いです。

■ https://www.facebook.com/photo.php?v=575883015828558&set=vb.339806149436247&type=2&theater


ルアーの詳細説明はまた後日、当ブログにてご紹介させて頂きますね~!
by nishinelureworks | 2014-01-15 07:24 | FatBull | Trackback

オスギル&スレッドフィンシャッドカラーのご紹介

FatBull4の新色をご紹介させて頂きます!

Facebookのファンページにてユーザーの皆様よりリクエスト頂いて仕上げたFB4君達。
こんな感じに仕上がりました~♪

■ オスギル/Bluegill Male
d0145899_1512672.jpg

オスギルカラーは佐藤義和さんよりリクエスト頂いたカラーなのですが、佐藤さんから頂いたリクエストは
”産卵期のオスギル”が欲しいというお話でした。

元々、デカビーツァでラインナップしているオスギルカラーですが、産卵期というお話でしたので、今回のFB4のオスギル君は、お腹の蛍光オレンジを少し濃いめに吹いてみました!

UVライトを当てるとこんな感じ。↓
d0145899_155026.jpg

お腹がボワッと光ります。

d0145899_1585036.jpg

お尻側から見ると、テールの先っちょがチャート。

ブルーギルって、水中で見ると尾びれの先っちょがチャートっぽく見えるので、それをイメージしてみました。
あくまで妄想ではありますが、FB4が高速で尻尾を振った時に、それっぽく見えるのではないかと考えています。



■ スレッドフィンシャッド/Threadfin Shad
d0145899_261434.jpg

このカラーをリクエスト頂いたのはツカケンさん。
NLW的解釈のスレッドフィンシャッド、ギザードシャッド、ブルーバックヘリング系の色を見てみたいというお話を頂きました。

カラーリングに物凄いこだわりを持たれるツカケンさんにご覧頂くのはメッチャ緊張しますが(笑)、自分なりの解釈で塗ってみたらこんな感じになりました!

とは言っても、自分はスレッドフィンシャッドの実物を見た事ないのでかなりな部分が想像(というか妄想。笑)で占められているのですが、実物を見た事があるギザードシャッドはとにかくギラギラとメタリック系な輝きを放ち、肩口~背中にかけてブルーグリーン系のパールが入っているのが印象的でした。

と言う訳で、そんなイメージを持ちながら作ってみたスレッドフィンシャッドカラー。

d0145899_222221.jpg

背中~肩口にかけてブルーパールをガッツリと。
そして、ブルーパールの下にチャートリュースのストライプを入れ、グラデーションをつけてみました♪

が、それだとあまりにもドギツイ熱帯魚チックな色になってしまったので(笑)、上からシルバーメタリックをさらっと吹き、少し自然な風合いを持たせてみました。

UVライトを当てるとこんな感じ。↓
d0145899_2293033.jpg

こうやって見ると、なんかネオンテトラみたいですが(笑)、イメージ的には、FB4が高速で動いた時に、チャートのストライプがチカチカと明滅してくれないかとのイメージです。


と言う訳で完成したオスギル君とスレッドフィンシャッド君、お気に召して頂けたでしょうか?(めっちゃ緊張する~~。汗)


このルアーの販売ですが、当ブログにて日本時間の1月23日(水曜日)の午後8時ぐらいからご予約を承らせて頂きたいと考えておりますので、もし宜しければ何卒ご検討頂ければ幸いです!
by nishinelureworks | 2013-01-22 02:44 | FatBull | Trackback

FB4発射準備完了!

Facebookの方では一足早くご報告させて頂きましたが、本日ようやくFB4のオスギルとスレッドフィンシャッドカラーが完成し、日本への発射準備が整いました!

今回はひたすら体調が悪かった事もあり、普段の2倍近い時間が掛かってしまいましたが、無事に完成です!(いやぁ、ホントに長かったぁ。汗)

と言う訳で、ひとまずUVライトを当てた写真をご紹介させて頂きますね。

d0145899_10424355.jpg

実物写真をご覧頂く前に、まずはこちらで妄想を膨らませて頂きたいなと。(笑)

あくまで個人的な思い込み全開ではありますが、ルアーの動きを引き立たせてくれると思える場所に蛍光カラーを入れてみました♪

特にブルーギル尻尾のチャートは僕個人の思い入れ(というか思い込み。笑)たっぷりです。


この子達は明日日本に飛び立つ予定で、順調に行けば、来週にはご予約を承らせて頂きたいと考えておりますので、何卒宜しくお願いいたします!(当ブログにてネット販売させて頂く予定です)

実物写真は来週明けにでもご紹介させて頂きますね~。
by nishinelureworks | 2013-01-17 10:49 | FatBull | Trackback

ファットブル4のカラー決定!!

先日よりFacebookで募集させて頂いておりました、FatBull4のカラーリングですが、本日までの結果をもちまして決定させて頂きたいと思います!

と言う訳で、まずは投票結果からご紹介させて頂きますね♪

■ 投票結果(5票以上頂いたカラー)
スレッドフィンシャッド(もしくはブルーバックへリング) x 20
オスギル x 15
クラウン x 15
ブラックバックチャート x 12
インパクトタイガー x 11
レッドタイガー(蛍光オレンジベリー) x 9
もろザリカラー(オレンジベリー、ブラックバック) x 9
ハチローチャート x 9
ビビットタイガー x 9
レッドパーチ x 8
クローム x 8
まっ黄色(黒ドット) x 7
ブラウンバックチャート x 7
赤チョコ x 5
シトラスシャッド x 5
黒出目(イエロードット) x 5
ダモンデシャッド x 5
金黒 x 5
フナカラー(赤ブレード) x 5
ブルーバックチャートリュース x 5
ワカサギ x 5
と、以上の結果となりました!!
*上位2種のスレッドフィンシャッドとオスギルはコメント欄に重複がありましたので、合計投票数としてまとめさせて頂きました。(それぞれのコメント欄に重複して”いいね”下さった方の分は1票として計算させて頂きました)

■ リクエストカラー&投票内容詳細はコチラ


と言う訳で、今回の製作カラーは投票結果の上位2機種を選択させて頂きたいと思います!!

スレッドフィンシャッド(もしくはブルーバックへリング)

オスギル


の2機種を塗らせて頂きたいと思います!!

オスギルと同得票数だった人気カラーのクラウンですが、ショップ様のオリカラですので、今回は見送らせて頂きたいと思います。(クラウンカラーにご投票下さいました皆様、大変申し訳ありません!)

あと、票がばらけてしまいましたが、ザリガニ系カラーもかなり人気が高かったですね!!
レッドタイガー、もろザリ、レッドパーチなど、広域で考えればザリ系ですもんね♪

その他、自分のアイデアからは絶対に出てこないようなリクエストも多数頂き、非常に勉強になりました。
是非、今後の参考にさせて頂きたいと思います。

この度ご参加下さいました皆様に、改めてお礼申し上げます!!

d0145899_215588.jpg

と言う訳で、今回製作予定のFB4君達♪
成形作業はおおむね今日中に完了する予定です!!

現在、スレッドフィンシャッドカラー(もしくはブルーバックへリング)をどんな感じに仕上げたら良いか考え中なのですが、これがなかなか手ごわそうな題材ですね。(汗)

d0145899_2272570.jpg
                      ブルーバックへリング

d0145899_229414.jpg
                       スレッドフィンシャッド

メッチャ綺麗なベイトフィッシュなんですけど、これをルアーの色に落とし込むとなるとメッチャ悩ましい色でもありますね!(笑)

ちなみにこのカラーをリクエストした下さったのはツカケンさんなんですけど、ツカケンさんに胸を張って見て頂けるようなモノに仕上げたいなぁ~。(形にできるかしらん?汗)

無事に完成しましたら、当ブログ&Facebookファンページにて発表させて頂きたいと思いますので楽しみにして頂ければ幸いです!!
by nishinelureworks | 2012-12-28 02:41 | FatBull | Trackback

FB4のカラーリクエストを締め切らせて頂きました

Facebookで募集させて頂いておりました、FB4のカラーリクエストですが、ひとまず締め切らせて頂きました!

沢山のリクエストを頂き感謝の言葉も見つかりません。(感涙)
コメント下さいました皆様に心よりお礼申し上げます!!


さて、そのリクエストカラーですが、現在50種近くのリクエストを頂いております。

個人的には、リクエスト頂きましたどのカラーも魅力的で、全て塗らせて頂きたいぐらいなのですが(笑)、今回製作分として2カラーまで絞り込んで行きたいと考えております。

そこで皆様にご協力をお願いしたい事があるのですが、是非、下記リンクを訪れて頂き、コメント欄のリクエストカラーの中で欲しいと思えるものがありましたら、”いいね”して頂けると非常にありがたいです。


具体的な方法ですが、まずこのリンク↓をクリックして頂きますと、

■ http://www.facebook.com/nishinelureworks#!/photo.php?fbid=393516384065223&set=a.384750151608513.95603.339806149436247&type=1&theater

こんな感じの画面↓が現れます。(PCで閲覧頂いている場合)
d0145899_23553352.jpg



そのページに『以前のコメントを見る』という項がありますので、そこをクリックしてください。
d0145899_23582315.jpg



すると、リクエストカラー(50種類弱)を全てご覧頂けますので、気になる色を”いいね”して頂ければ幸いです。
d0145899_01447.jpg

とりあえず、”いいね”の回数は制限なしとさせて頂きますので、もし全色欲しいと思われるのでしたら、全て”いいね”して頂いてかまいません。(笑)


今回は最終的に2カラーに絞り込みますが、選ばれなかったカラーにつきましても、今後の色決めの際の参考にさせて頂きたいと思いますので、是非ご協力頂ければ幸いです。


以上、大変お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします!


■ http://www.facebook.com/nishinelureworks#!/photo.php?fbid=393516384065223&set=a.384750151608513.95603.339806149436247&type=1&theater
by nishinelureworks | 2012-12-21 00:34 | FatBull | Trackback

FatBull4のカラーリクエスト募集中!!

現在、FacebookのNLWファンページにて、1月リリース予定のFatBull4のリクエストカラーを受付させて頂いております!

d0145899_1593211.jpg

以前、Voice From The Waterで書かせた頂いた夢の共有。(記事
その第一歩はFB4のカラーを皆さんに決めて頂きたいと思います。

リクエストカラーの受付方法は、FacebookのNLWファンページに書かせて頂いておりますので、是非、お気軽にご参加頂ければ幸いです♪

このプロジェクトは、NLWルアーにご興味をお持ち下さっている方で、Facebookのアカウントをお持ちの方であれば、どなたでもご参加可能。
Facebookのアカウントをお持ちではない方も、ページを閲覧頂く事は可能ですので、是非ご覧頂ければ幸いです!!

d0145899_1323487.jpg

この無垢なFB4のブランクに、皆さんの夢を詰め込んでみて頂けませんか?

皆様のご意見を心よりお待ちしております!!

■ http://www.facebook.com/nishinelureworks
by nishinelureworks | 2012-12-19 01:53 | FatBull | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31