Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:釣果報告( 725 )

釣果報告 【NLWスパイダージグでビッグフィッシュ連発! ~ 千葉のリザーバー】

バス依存さんより釣果報告を頂きました~!

千葉のリザーバーで52センチを頭に40アップx4本、30センチクラスx3本キャッチと、NLWスパイダージグが炸裂しまくりだったそうですよ~~!!

やった~!!\(^o^)/


シルバーウィークの初日に楽しい釣りが出来ましたので報告致します。

DATE :9月19日(土)
天候  :くもり 後 晴天
気温  :21℃~27℃
水温  :21℃~25℃
風    :北東・南東1~2m
水質  :マッディ

前日まで降り続いた雨の翌日となる晴れ日。
千葉県某リザーバーに出掛けて来ました。
フィールド状況は、前日の雷雨の影響でかなり濁りが入っていました。

この日は、その様な状況だったからか、シャローエリアの障害物周りが好調でした。
ヒットポイントは、3メートル以浅のウィードエリアとブッシュなど。

釣果は、52(2050g) 48,43、41,40 他30センチ半ば~後半×3が釣れてくれました。
d0145899_21242652.jpg

d0145899_21243919.jpg

d0145899_21245215.jpg


ウィードエリアは、密集地域より、何もない場所に単体で存在するモノや水の流れの当たる側で、隙間があり程よい流れが生まれる場所が当たりスポットでした。
アプローチは、風下からキャストして、ウィードに乗せたり、絡めたものをほぐす様に誘うと効果的でした(52センチ)

今回のヒットルアーは、スパイダージグ+クローバグ
浅まずめの時間帯に、デカビーツァで30センチ半ばをバラシタ以外は全部コレでした。
d0145899_212473.jpg

軽さ故にウィードにスタックする事なく、軽く外せる事。又、底の釣りではなく、あくまでウィードに絡めて寄せる釣りにはとても便利です。
冠水ブッシュ等も丁寧に越せさせれば、ネガカリはかなり少なく、リズムを壊さず釣りする事が出来ました。

食いが浅い時、もしくは魚のサイズが小さいと感じた時は、アタリの後に、追加して軽くルアーを振るわせるとより深いバイトに持ち込む事が出来る事もあるのでオススメ致します。

又、楽しい釣りが出来ましたら、ご報告させて頂きます。

【タックルデータ】
ロッド:シマノ エクスプライド168MH
リール:アルデバランMg
ライン:フロロマイスター14lb
ルアー:スパイダージグ(コッパークロー)+クローバグ(グリーンパンプキンテキサスレッド)



バス依存さん、ありがとうございました!

何時もの如くすばらしい釣果ですね~。\(^o^)/
何時もさくっとナイスフィッシュをキャッチされているので、バス釣りってもしかして簡単?って勘違いしてしまいそうですが(笑)、お話をお聞きすると、もの凄く色んな事を考えて釣りをされているのがよく分かりますよね~♪

それこそがバス釣りの最大の楽しみでもある訳ですが、釣りの上手な方は観察力とか思考の深さが凄いなぁって思います。

NLWスパイダージグ+クローバグの組み合わせですが、バス依存さんがこのコンビで何時もナイスフィッシュをキャッチされているので自分もクローバグを買ってきて試してみたのですが、このコンビは確かに何かをやってくれそうな感じムンムン!!(^o^)v

その意味は、NLWスパイダージグにクローバグをセットして頂ければ一発でご理解頂けると思うのですが、見た目もザリガニなら、動きも完全にザリガニ。(笑)

おお!!なるほど~~~!!な、組み合わせでした♪

ってな訳で、NLWスパイダージグをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非一度試してみて頂ければ幸いです。

現在、ジグ担当の嫁さん(笑)がNLWスパイダージグを巻き始めてますので、なるべく早急に再販させて頂きますね♪

バス依存さん、何時も素晴らしい釣果報告をありがとうございます!!
by nishinelureworks | 2015-09-22 21:46 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【BC州のH湖でスーパービッグフィッシュ!! ファットブル8】

BC州のTakaちゃんより釣果報告です!

先日、PDBさんが57センチのレコードフィッシュをキャッチしたH湖で、今度はTakaちゃんが56.5センチのスーパービッグをキャッチしたとの事です!

しかもルアーはファットブル8!!

うぉおおおおおおお~!

やった~~!!\(^o^)/

d0145899_21534971.jpg

H湖よりここ一か月半の釣果報告です。

まずは最近のH湖の状況ですが、水温23℃ぐらいと平年並み。
一時期28℃ぐらいまで上がったけど、落ち着いてくれました。

ただ、博司くんがここで釣りをしてた時と大きく違う事が二つ有ります。
一つは、夏の間徐々に減っていくはずの水位が下がらなくなりました。
どうやら川へ流れ出す所で止めているみたい。
去年からかな、、、? これは大変ありがたい事だね。(ただし夏が終われば一気に減水するでしょう)

二つめが藻刈り。これが厄介ですね。
ボートが出しやすいようにドック周りと、春から期待していた西側のウィードラインが全て刈られています。

このおかげで濁りは酷いし、切れて浮いている藻がエレキに絡みまくり。
ボウズ逃れのドック撃ちが、絶不調!

で、最近釣れてるとこは西側の岩&崖エリアのみです。

7月2週目ぐらいから、毎回巻物で良い思いしています。
パターンは日によって多少の違いはあるけど、深さや、巻きスピード等、いろいろ試しなんとかデカバスキャッチできてます。

そして8月16日、Fat Bull 8 で 自己記録更新 の56.5cm /3.37kgを手にすることができました!

重さでは産卵前の3.7kgには及ばなかったけど、クランクベイトで釣れたのが嬉しいっすね。


それでは Nishine Lure Works 絶好釣を見てください。
d0145899_2215652.jpg

d0145899_222810.jpg

d0145899_222297.jpg

d0145899_2224230.jpg

d0145899_223262.jpg

d0145899_2233435.jpg

d0145899_224121.jpg

d0145899_2242536.jpg

d0145899_2235049.jpg

まだまだあるけどこの辺で、NLW最高!

いつもありがとう。
以上!H湖 Taka でした



Takaちゃん、サンキュー!

そして、自己最長寸ラージマウスキャッチおめでとー!!

FB8でビッグフィッシュキャッチ、マジ嬉しすぎです。(喜)

そう言えば、NLWルアーのラージマウスバス公式レコードもFB8なんですけど(2012年5月に長谷川さんがキャッチされた68センチ5200グラム)、TakaちゃんやPDBさんもファットブルでビッグフィッシュを良くキャッチしてくれているし、デカい魚に口を使わせる何かがあるんでしょうかね~?

その答えは魚のみぞ知ると言う感じですが、PDBさんいわく、ファットブル8はデカビーツァと対極にあるルアーだそうです。

そして、その対極にあるはずのルアーどちらもがビッグフィッシュのキャッチ率が高いのが面白いですね!(^o^)v

それにしても、NLWのチームBCのTakaちゃん&PDBさん、釣りまくっとりますな~♪

Takaちゃんが釣行記中に書いてくれているようにH湖のバス君達は7月中旬ぐらいから巻物への反応が良くなってくるのですが、夏が涼しい気候のお蔭でバスが夏バテすることなく餌を食いまくるので、秋までに凄い体型になるんですよね。

H湖の難しさは、バスの個体数に比べて餌の量が圧倒的に多いので、バスのオンオフが激しいというか、バスにスイッチが入っている時間が短い事。

何時でも餌を捕食できる関係でフィーディングタイムが他の湖に比べてすごく短く、正しい場所&正しいタイミング&正しいルアーを使っている必要があります。

要は、サバンナのライオンと一緒でスイッチが入った時に餌を食いまくって、その他の大部分の時間はお昼寝しているような感じに近いかも。(笑)

北緯49度と言う極めて高緯度(樺太と同じぐらいの緯度)にありながら、これだけ素晴らしいバスを育むH湖。

この湖がこれからもこの素晴らしいコンディションを保ってくれることを願うばかりです。

Takaちゃん、サンキュー!そしておめでとう!!
by nishinelureworks | 2015-08-28 22:36 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【NLWスパイダージグでウェイキング?! ~ 霞ヶ浦】

バス依存さんより釣果報告を頂きました~♪

いよいよ本格的な夏到来の霞ヶ浦でいい釣りをされたそうですよ~!\(^o^)/

d0145899_2313471.jpg

d0145899_23142113.jpg

d0145899_2314387.jpg

d0145899_23145569.jpg

霞ヶ浦に出掛けてきましたので、釣果報告させて頂きます。

DATE :7月20日(月)
天候  :くもり 後 晴天
気温  :25℃~32℃
水温  :28℃~29℃
風    :東北東1~2m
水質  :マッディ

今回の釣行日は、3連休の最終日となる海の日
台風一過、関東で梅雨明けが発表された後日となる霞ヶ浦です。

朝イチの水温28度。
蒸し暑さを感じる夜明け後からのスタートとなりました。

当日、反応が良かったポイントは、3つ。

朝イチのローライトの時間帯は、アシ際
風が吹き始めたタイミングでの石積みエリア

そして、日が高く照りだしてからは、蛇カゴ周辺に出来るシェードエリアが好調でした。

連発こそなかったものの、タイミングによって、狙い場所を変えて行く事で、数釣りも可能だと思います。
当日は、暑さの影響で、小型サイズのバスが活発に動き出しており、乗らなかったり、途中で口からルアーを離してしまうバイトが、釣果の他にも数多く認められました。

写真では分かりにくいですが、2週間前には見られなかったハゼ?ヨシノボリ?系のベイトフィッシュが、石積みエリアにウジャウジャ。
d0145899_23151754.jpg

そんな場所の近くには、必ずバスもおりますので、どの様にアプローチして口を使わせようかと考えて釣りを進めるのも楽しいと思います。

又、シャローエリアでは、今回、スパイダージグ+クローバグで、ザリガニが表層をモコモコさせながら逃げ惑う姿をイメージさせたスイミングでも魚からの反応を得る事が出来ましたし、今回の最大魚となりました43センチが釣れた時間帯は、正午過ぎ。気温も30度超えの無風時でした。

最近、魚からの反応が薄れた暑い時間帯に来る魚のサイズが良い様に感じてます。
熱中症対策、無理のない範囲で、これからもサイズアップに努めたいと思います。

又、楽しい釣りが出来ましたら、ご報告させて頂きます。



バス依存さん、ありがとうございました!
決して簡単な状況ではないと思うのですが、何時もながら流石すぎる釣果ですね~~!!

ってか、スパイダージグ+クローバグでウェイキングって、新境地すぎますね!(驚)
でも、夏場ウェイクベイトは効果ありますし、凄く理にかなっているかも。。

バス依存さんのお話しを聞くと何時も思う事なのですが、自然を感じる事、そして考えて釣る事の大切さを何時も感じます。

バス依存さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2015-07-23 23:20 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【北緯49度の奇跡 H湖のスーパービッグフィッシュ!!】

チームBCのPDBさんより、BC州のH湖でド級のスーパービッグフィッシュをキャッチしたとの知らせがありました!!

NLWルアーでの釣果ではありませんが、是非ご覧頂ければ幸いです!

北緯49度の奇跡のスーパービッグフィッシュ、凄すぎる~~~!!(感動)

d0145899_11375727.jpg

日時:7月5日 5:00am – 11:30am
場所:H湖
天気:晴れ
気温:22℃〜33℃
表水温:26℃〜28℃


早や苦節6年。
BC州にラージが居ることが分かってから、やっとラージのカナディアンレコードの可能性に光が見えてきたのでリポートさせて頂きます。

この日も暑くなりそうなので、Team BCの相棒Taka君と日の出前の朝5時に出船。

2週間前と比べて少し水位が上昇。
先ずは真っ先に対岸の通称ゴジャースドックを撃ち物でチェック。
予想通りお留守。

そして、ウィードライン、ワンド、岬周りをデカビーツァ、デカビーウェイク、バズベイト等で流しながらチェックしますが、何かノーな感じ。

2週間前にあれだけデカビーツァ Soraカラーの早や巻きで爆釣したと言うのに別の湖みたいでした・・・。(その時の模様はコチラ

どう見ても2週間前より水質が悪くなっているので、それが原因かもしれないと思い、とにかく水の良い所を探して移動。

そしてここ2ヶ月近く絶好調なスポットにGo。

二週間前もタカ君がFB2で49cmを釣ったウィード、シャロー、シェード絡みの場所を丁寧に攻めるも全く無反応。

仕方がないので、このスポット周辺のドックを撃ち物でチェックして行きました。

ルアーはH湖の夏にめっぽう強いデスアダ―の8インチです。

そして、実績のある今は使用されていない飛び込み台の下にレコードフィッシュは居たんですね~。

飛び込み台は岸から15m位の所に固定に杭を打ってロープで括りつけられてて、畳2畳分くらいのボロボロの簀の子が浮いているような感じで、水深は1.5m位あり、水面下50cmくらいまでウィードが伸びている場所です。

第1投目を飛び込み台の端ギリギリにピッチングし、スラックを十分に出してルアーをフリーフォールさせます。

水面に浮いたPEラインが水中に吸い込まれるのを待ちます。
ルアーが着底後3秒くらいでPEラインが走るのを確認し、スラックを取り渾身の力でフックキングをします。

そして右腕にずっしりと重みを感じた瞬間にカバーから一気に魚を引きずり出して目視確認。

デカっ!!!

魚は思いっきりウィードの中に突っ込み、レサト15103Rがブチ曲り、ほぼフルロックのドラッグなのにラインが出ていきます。

親指でスプールを押さえながら、今度は強引にウィードから魚を引きずり出し捕獲成功!

このサイズの魚に久々に手が震えました。

d0145899_11375727.jpg

計測すると、57cm、3.05kgでした。
かなりポストな体系で、重さ的には仲間内のレコードではありませんが、長さ的には仲間内のレコードフィッシュとなりました。

ちなみに、重さのレコードはタカ君がNLWジグ(プロト)で釣った55cm、3.7kgです。

その後、タカ君が岬周りのウィードのインサイドエッジで40upを掛けましたが、残念ながらフックオフ。

僕も別のドックでデカそうなのを合わせ切れ(泣)バス君ごめんなさい。
その後、巻いても撃っても無反応。

d0145899_11574752.jpg

NLWジャークベイト(プロト)でブラッククラッピーがきてくれただけ・・・

そして、この日最後のスポットとなる朝一お留守だったゴージャスドックへ。

最後の最後にタカ君もやってくれました。

d0145899_11591225.jpg

デスアダ―の8インチで49cm、2kgオーバーのナイスな魚。
めでたく二人ともナイスな魚に出会えて収竿。

釣れるかどうかは別にして、カナディアンレコードフィッシュが居る可能性が見えてきたのは本当に嬉しいことです。

ボウズ上等、今後もデカイのを狙って行きまっせ!

夢は引き続きNLWのルアーでカナディアンレコードバスを釣る事!(笑)。

長文乱文読んで頂きありがとうございました。



PDBさん、記録更新おめでとー!!(祝)

このH湖ですが、古くからこのブログをご覧下さっている方はご存知と思いますが、僕がBC州に居た頃、ホームにしていた事もあり、自分にとっても特別な思い入れを持っている湖です。

BC州のバス釣り事情って、実はそんなに恵まれていなくて、バンクーバー島に行けば素晴らしいスモールマウスフィールドが幾つかありますが、バンクーバー側の本土側には良い釣り場は殆ど無いんですよね。
本土側でバスを狙える場所はおそらく両手の指で足りるぐらいと、非常に貴重な存在なんです。

そんな中、H湖は唯一無二と言ってもいいビッグラージマウスが期待できる湖。

バスが居るかどうかすらわからないところから、Takaちゃん、PDBさん、僕の3人で必死で開拓して発見した湖だったのですが、このH湖に出会えたのは、僕自身カナダで最もラッキーな事の一つだったと思います。

緯度的に見たら、樺太のど真ん中あたりとほぼ同緯度のバンクーバーですから、そんな高緯度地域にラージマウスが居る事自体が奇跡みたいなもんですが、そのH湖から57センチキャッチの知らせ。

フロリダの血が入っていない純血のノーザン種。
そして、釣れたエリアが北緯49度。

BC州のラージマウスがどれだけ貴重か、その困難さをとことん味わってきただけに、もう、感無量としか言いようがないというか、目頭が熱くなってしまいます。(感涙)

こんな凄い魚を育むH湖の素晴らしい環境に感動ですね。

そして、PDBさん、ホントに良かったねぇ。(喜)


ちなみに、現在のカナダのラージマウスレコードは、1976年にオンタリオ州でキャッチされた22インチ(約55センチ)、10.43ポンド(4.73kg)。

現在の仲間内(チームBC)の重量レコードは、TakaちゃんがNLWジグ(プロトタイプ)でキャッチした55センチ3.7㎏。↓
d0145899_12271992.jpg


H湖の場合、コンディションが最も良いプリスポーン期、もしくは8~9月は53センチあれば3.5㎏とか行く魚が居るので、今回PDBさんがキャッチした57センチクラスがアフタースポーン状態でなければ、十分にカナダレコードを更新できるポテンシャルがH湖にはあるんじゃないかと信じて疑いません。

僕自身はH湖での釣りは当分叶いそうにありませんが、チームBCの二人にバトンを託して、ルアー作りで夢を追いかけたいと思います。

PDBさん&Takaちゃん、夢をありがとう!!

こんなにドキドキする事ってそうそうないよね。

何時かはカナダレコード釣ったろうで~~~!!!
by nishinelureworks | 2015-07-08 12:50 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【NLWフットボールジグでスモールマウス絶好調! ー 野尻湖】

栃木にお住まいのぶっちさんより、釣果報告を頂きました~!

先日、野尻湖に遠征して、思いっきりスモールマウス釣りを楽しまれたそうですよ~♪

初の野尻湖挑戦で、NLWフットボールジグが大活躍だったそうです!!

嬉しすぎる~~!!\(^o^)/

d0145899_22324219.jpg

d0145899_22335620.jpg


ぶっちさんによると、最大46センチを頭にしてNLWフットボールジグでスモールマウス君をキャッチする事が出来たそうです♪

普段釣りをされている川の岩盤パターンでは、このNLWフットボールジグは全く使い物にならなかったとの事ですが(笑)、野尻の釣りにはバッチリマッチしたそうです。(ウレシー♪)

使い方はブレイクやフラットのちょっとした変化にジグを入れ、ズルズルたまにポンと跳ねさせるのが効いたとの事。

これってまんまエリー湖の釣りで、まさにこういう使い方をする為に作ったようなジグなんですけど、日本でも効果がある事が分かって非常に嬉しいです。

ぶっちさん、ありがとうございました!

詳しい釣行記はぶっちさんのブログをご覧くださいませ~♪

■ http://ameblo.jp/siamesedream/entry-12039379488.html
by nishinelureworks | 2015-06-30 22:45 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【NLWスパイダージグ絶好調! ~ 霞ヶ浦】

バス依存さんより釣果報告を頂きました~♪

霞ヶ浦でNLWスパイダージグが炸裂しまくりだったそうですよ~!

やったぁ~~~!!!\(^o^)/

d0145899_22234011.jpg

今回、霞ヶ浦に出掛けてきましたので釣果報告させて頂きます。

DATE :6月20日(土)
天候  :くもり 後 晴天
気温  :18℃~26℃
水温  :20℃~24℃
風    :北北西2~1m
水質  :マッディ

当日は、前日の降雨の影響か肌寒いと感じるスタートとなりました。
前回は、スポーニングの名残なのか、風裏となる浅いシャローのアシ際が調子良かった為、そのチェックから開始しますが、ビックリする程、何もナシ。

かなり丁寧に攻めたにも関わらず、食べてくれたのは、キャットフィッシュ×2でした。

明らかに魚影が薄い事から、対となる水通しの良い場所を探して移動を開始。

リップラップ、ジャカゴ、風の当たるドック表側、、、、。

特に風の当たる側では、テナガエビ、ベイトフィッシュ反応も多くみられ、それを頼りに根気良く打ち続けてみますと心地よいバイトを得る事ができました。

その後は、水通しの良いスポットをめぐり、バイトを拾っていく感じで攻めてみました。

結果、41、41、45、38、42センチの5尾が釣れました。
(45以降3尾は、10時48分から、11時36分の日差しが強くなってから釣れました)

d0145899_22265445.jpg

d0145899_22272214.jpg

d0145899_22274595.jpg

d0145899_2228877.jpg

ヒットルアーは、スパイダージグ+クローバグ

フォール姿勢が自然な感じある為、フリーフォール中にラインが走り出す事が多いです。
バイトがない場合は、着底後、ゆっくりズル引きし、ゴロタ(今回)に当たったら1つづつ跳ねて越えさせバイトを誘発してます。

このジグの特徴は、ボリュームの割りに軽く、ヘッド重心部分が変わっている(笑)ので、ネガカリが少ない事。
普通のラバージグでは躊躇してしまう様なロックエリアを攻められるのが強みだと思います。
カバーの中と言うより際。又、オープンエリアで底に複雑な沈み物が絡むエリアで力を発揮します。

フォール中のラインの動きを目で見て合わせる釣りや、私の様に複雑な釣りが苦手(笑)な方には特に向いていると思います。

又、楽しい釣りができましたら報告させて頂きます。



バス依存さん、ありがとうございました!!

40アップを連発って、凄すぎですね!!

ここ最近NLWスパイダー+YUMのクローバグでナイスフィッシュを連発されておりますが、このコンビネーション気になりまくりです。
是非オイラもクローバグを試してみなければ!!(笑)

これだけ釣れるという事はきっと何かありそうですね♪

バス依存さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2015-06-29 22:38 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【NLWスパイダージグ絶好調! ~ 霞ヶ浦】

バス依存さんより釣果報告を頂きました。

霞ヶ浦でスパイダージグが絶好調だったそうですよ~♪

やった~!\(^o^)/

d0145899_22544170.jpg

d0145899_2255341.jpg

d0145899_22554799.jpg

d0145899_22561577.jpg

今回、霞ヶ浦に出掛けてきましたので釣果報告させて頂きます。

DATE :5月30日(土)
天候  :くもり 後 晴天
気温  :21℃~30℃
水温  :20℃~22℃
風    :北西6~3m
水質  :マッディ

この日は、午前6時過ぎ、早朝からのスタートとなりました。

前夜から降り続く雨は止んでおりましたが、湖面は波立つ強風の中のスタートとなりました。

事前情報によりますと、かなり魚の活性は上向きとの事。

当日は、水が強風でかき乱され、かなりニゴリを伴っていた事から、影響の少ない風裏を中心に魚探しをスタートしました。

魚から反応はアシ4(キャットフィッシュ×1含む) :杭2 リップラップ1の割合でした。

特にシャローのアシ際を攻めた魚からの反応は良好で、アタリは全て明確。食い気のあるひったくる様なバイトばかりでした。

ブラックバスの釣果は、40アップ×3(1100g 1500g 800g)を含む、合計6尾
ヒットルアーは、全て スパイダージグ + クローバグ

他のスモラバより、大きめのトレーラーを選択出切るスパイダージグは、沈下速度を抑えられ、激シャロー(水深40センチ)の場所を攻めるにも魚を逃がさず、しっかりアピール出来て、かなり有利に釣りをする事が出来ました。

今回、まだ巻物での反応は得られませんでしたが、回復バスが増えてくるにつれて、更に楽しい釣りが期待出来そうな印象を受けました。

又、嬉しいサカナが釣れましたら、報告させて頂きます。



バス依存さん、ありがとうございました!!

毎度の事ですが、ホント流石ですね~!(凄すぎる)

NLWスパイダージグですが、ナベさんも最近スパイダージグでいい魚を連発されていますし、アフターの時期にマッチするルアーなのかもしれませんね。

ドアフターから回復し始めて、まだ巻きモノなど早く泳ぎ回るものには反応しづらいけど、何か食いたくてタマラン、みたいなバス君にバッチリはまるのかも。(笑)

バス依存さんが釣果報告内にも書いて下さっているのですが、このジグは大きめのトレーラー&ぶっとい糸&ベイトタックルでややこしい場所に撃ち込んで行くような釣りが出来るのが最大の武器だと思います。

スパイダージグ、そろそろ作らないとですね。(^ ^)

バス依存さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2015-06-01 23:06 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【NLWスパイダージグで46センチ! ~ 牛久沼】

バス依存さんより、釣果報告を頂きました!

牛久沼にて、スパイダージグでナイスサイズをキャッチされたそうですよ~♪ 

やった~!\(^o^)/

d0145899_21411729.jpg

関東地方は、最高気温25度を超える日が続いた翌日の雨
小雨のち曇りのローライトコンディションの中、牛久沼に出掛けて来ましたので報告します。

明け方から弱雨、風もさほど吹く事もなく、条件の良い時の午前釣行です。

5月中旬。表水温は、22度。
他フィールドでは、最近、まだ巻物への反応が芳しくなかった為、打ち物メインで攻めてみました。

延々と続くアシ原。
フローターの長所をいかし、近距離からの丁寧にアプローチを心がけ、ピッチングで、ひたすら変化に注意して打ち続けてみます。

この日は、キャスト5投目に幸先よくバイト(結果バラシ)があり、集中力を閉ざす事なく釣りする事が出来ました。
そんな中、デジカムタイムで、8時12分。

機械作業の様に打ち続けていたワームに明確なアタリがあり、フッキングが決まるとロッドを絞り込むほどギュンギュン走り回ります。

水深が浅い為、ファイト中に頭が見えた時は、50いったかも?と思えましたが、結果的には、頭でっかち尾の短い長生きしている様な46センチ(1260g)の固体でした。

d0145899_21384532.jpg

牛久沼のサカナの愛称で呼ばれる『ブタバス』とは程遠い1尾でしたが、自分にとっては大満足となるサカナです。

ヒットルアーは、NLWスパイダージグ+YUMクローバグ。

このコンビネーションの特徴は、キャスティングでも着水音を抑えられる事。
ゆっくりなフォールで泡を出しながら沈んでいく様が気に入って使用してます。
ハサミ自体の動きは劣りますが、そこは、リアルさとスモラバスカートの微振動でカバー。調整が取れている気持ちがします。

牛久沼のような最大水深2メートルほどの浅いフィールドでもサカナを驚かせず、アプローチ出来るので重宝してます。

この日は、他に同ルアーで雷魚を1尾追加して終了となりました。



バス依存さん、ありがとうございました!!

スパイダージグで牛久沼バス君が釣れたとの事で嬉しいです♪

体型を拝見させて頂く限り、牛久沼は完全ポストスポーンと言う感じですね。
って、水温が22℃もあったら、それも当然か。(笑)

スパイダージグもそろそろ再生産しないとですね!(^ ^)

バス依存さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2015-05-21 21:45 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【ファットブル1 ~関東地方】

関東地方のしろきちさんより釣果報告を頂きました!

FB1で釣りを楽しんでらっしゃるそうですよ~♪\(^o^)/

d0145899_20323984.jpg

d0145899_2033677.jpg

連休の時と本日サイズは小さいですがFB1で楽しく釣れましたので画像を送らせていただきました。

一枚目は、連休の時に田植えの濁りを避けて増水で沈んでしまった草の間を通して釣れた魚です。

二枚目は本日、午前中にビッグベイトで反応の有ったエリアに入り直して網の張ってある護岸の変化をスローに2回程流しても反応が無いので早引きに切り替えてキャッチ出来ました。

三枚目はもう一枚撮ろうとしていたら暴れて逃げていきました。

FB1ですと回避能力が高いのでとシャローのカバー周りではとても重宝しており
ます。

相変わらずビッグベイトがメインな釣りをしておりますが、ニシネルアーさんは
25ポンド30ポンドのラインでも使えるので困った時に助けて頂いています。



しろきちさん、ありがとうございました!

FB1がお役に立てたようで嬉しいです。

これからのアフターの時期、回復し始めたデカバスにFB1が効果を発揮する時がありますので、もしチャンスがあったら試してみて下さいね~。(^o^)v

アフター時期にクランクベイトを巻いていると、ルアーのブルブルがフッと消える無重力バイトが出る事がありますが、これはデカバスな事が多いんですよね。

しかもバイトは、あれ?藻が掛かったかな?ぐらいの微細な変化の事も多いので、フッキングの難易度が高く、なかなかテクニカル。
そんな微細な変化を察知して、思いっきりフッキングした瞬間、ロッドにゴインゴインとデカバス特有の首振り&重量感が乗った時の快感ったら、ホント最高ですよね~。(笑)


それにしても嬉しいのはシロキチさんから頂いた写真。
FB1で釣りを楽しんで下さっているのはもちろん嬉しいのですが、バス君をもの凄く丁寧に扱って下さっているのが写真からすごく伝わってきますね。

今回、3枚お写真を頂いたのですが、この写真は凄くウケました!(笑)

d0145899_20561559.jpg

元気印のバス君、こんにちは!!(笑)

しろきちさん、素晴らしい釣果報告ありがとうございました! 
by nishinelureworks | 2015-05-20 21:12 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【北緯49度の8ポンドオーバー!!】

BC州のTakaちゃんより、釣果報告です!

遂にあのH湖で8ポンドオーバーのスーパービッグフィッシュをキャッチしたそうです!!

うぉおおおおおお~~!

すっげー、バス!!(興奮)

d0145899_23382073.jpg

こんにちは、久しぶりのH湖釣果報告です。

4月26日 単独釣行の為、遅めの10時ごろからスタート。
前週の釣行で魚がシャローに上がって来てるのが分かっていたので、早速カバー周りを巻き&撃ちで探っていきます。
カバーと言っても、まだウィードが全然伸びてないので、ボートドック、倒木、岩等のわかりやすい所だけ。

初めはデスアダー6”を投げていたのですが、数本目のドックで最初の反応が・・・出てきたけど喰わない。
その隣からも同じ反応。そこで最近良く使うデカチューブを入れると、45㎝は越えてる奴が喰ってきましたが、
フッキングが甘かったためか、ジャンプされてフックオフ。その後沈黙。

エリアを変えて巻きメインで探していきますが出たのは30クラス1匹のみ。巻き物では厳しいー。

d0145899_23401834.jpg

で、いつも最後の楽しみで寄って行く西側唯一のドックでデカチューブに48㎝2.7㎏出ました!
同じドックで今度はラバージグに出ました!と言っても30クラスでしたが。

普段ならここで終了ですが、あきらめの悪い奴が単独釣行と言う事でもう一度回ってみることにしました。

ここで気付いたのが、ボートドックと言えば当然岸から沖へ向かって伸びているわけですが、魚のポジションがかなり岸に近いどシャローにいるみたいなので、浅いとこを丁寧に狙っていくと、ラバージグで30クラス追加。デカチューブで40半ばをまたバラす。

そしてついに来ましたモンスタークラス!!

掛けた瞬間にデカい!と分かる強烈な突っ込み。
ちらっと見えただけで記録魚だと確信しました。

ここからが大変、エレキでオープンエリアへ引きずり出そうとするも、バッテリーがほとんど残っていないため逆に引き込まれドックに激突、そのはずみで竿一本落水、肘まで突っ込み何とか救出。魚はまだまだ元気、釣り人は完全にテンパっちゃってます。

ボートの後ろへ突っ込まれてエレキが止まってない事に気づきあわててオフにして、ようやく上がってきたのに、手が震えてなかなか掴めない。

ついに手にした魚はレコード更新の55㎝3.7㎏でした!

d0145899_2343994.jpg

この感動を与えてくれたNLWラバージグと博司君、ありがとう!!
また一歩夢の60UPに近づきました。(このあともう一匹40後半バラしてますが、まぁいいか忘れよう。)

H湖 Taka


Takaちゃん、ありがとう!そして、記録更新おめでとう!!

昔からNLW裏日記をご覧下さっている方はご存じと思いますが、H湖と言えば、僕がBC州に住んでいた頃に通い詰めていた湖で、パワーフィッシングの真髄を学ばせてくれたとても思い入れの深い湖。
この湖ではオチアユミノーやデカビーツァを鍛え上げてもらいました。

魚の密度が低く、釣れない時はバスが絶滅したのかと思うほど釣れない湖なのですが、一度炸裂したら、とんでもないクオリティーの魚が釣れるのがH湖の最大の魅力なんですよね~。

今回Takaちゃんがキャッチした魚は55㎝、3.7キロ(8ポンド2オンス)で、今まで自分達の記録魚を大幅に超える魚。

いやぁ、H湖のバス君のコンディション、マジすげ~~~!
腹もすごいけど、分厚い背中がハンパないっすね。(^o^)

ラージマウスバスの生息環境としては殆ど北限域と思われる北緯49度で、このクオリティーのラージマウスって奇跡に近いと思うんですよね。(感動)

北緯49度と言えば、樺太の真ん中あたりの緯度ですもんね~!!

しかも、釣れたのがNLWジグのプロトとの事で嬉しさも倍増です。(喜)


H湖でロクマルを釣り上げるのが、Takaちゃん、PDBさん、僕の夢。

55cmで3.7キロあるという事は、ロクマルクラスなら確実に10ポンドオーバーいくと思うので、現在のカナダのラージマウスバス記録の10.43 lbs を塗り替えられる可能性は十分あると思うんですよね。

そして、このH湖にはそれクラスの魚が居ると今も信じて疑いません。

僕はH湖を離れてしまったので、ルアー製作でTakaちゃん&PDBさんと共にこれからも夢を追いかけたいと思います!

Takaちゃん、本当におめでとー!
by nishinelureworks | 2015-05-02 00:28 | 釣果報告 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30