Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧

BASSエリートシリーズ第2戦 レイク・ダーダネル 最終日

BASSエリートシリーズ、レイク・ダーダネル戦の最終結果です!!

3日目が荒天によりキャンセルとなり、2日目のトップ12名が決勝を戦う事になりました。

そして最終日ですが、土曜日のコールドフロント通過で気温が氷点下まで下がったようですね。(おそるべし大陸性気候!!)

d0145899_2414013.jpg

氷点下の中、テイクオフしていく選手達。(寒そう!!)

そんな中、ウィナーに輝いたのはマーク・メネンデスでした!!

d0145899_2431142.jpg

2位のKVDの猛追をかわしての勝利!!
3日間アルミボートで戦っての栄冠です!!

マーク・メネンデスがツアーレベルで優勝を飾ったのは1998年以来らしいですが、ツアーレベルのトーナメントでアルミボートが優勝したのは、これまた凄い久しぶりで、1994年コネチカットリバーでローランド・マーチンが優勝して以来、15年ぶりみたいですね。

で、何故マーク・メネンデスがアルミボートをこの大会に持ち込んだかというと、こんな場所↓を通過する必要があったからみたいです。

d0145899_2465489.jpg

ダートロードに掛かる小さい橋の下。
もの凄いシャローを座礁しながらムリヤリ通過したみたいです。(思わず鳥肌が立ちました)

d0145899_249944.jpg

ボートを手で押し・・・・

d0145899_2495881.jpg

プッシュポールを使い・・・・

d0145899_2523225.jpg

エンジンを吹かしてムリヤリ・・・・

ホントに凄い話ですねぇ。
こりゃあ、バスボートでは絶対に無理!!(笑)

そして、マーク・メネンデスの船はこんな状態に ↓ ↓

d0145899_2533837.jpg

ラッピングがボロボロっす。(汗)
ちなみにこのボート、友人からの借り物なのだそうですが、大丈夫なんですかねぇ?(大汗)

実際の話、この往復の移動に費やす時間を差し引くと、3日間のトータル釣り時間は10時間ぐらいとの事。

釣り方自体は極めてオーソドックスで、ストライクキングのKVDチューブ(ネオンブラック)のシャローフリップだったそうです。
ウィニングルアーが2位のKVDが作ったチューブというのが微妙に笑えますね。(笑)

エリアはバックウォーターの1/4マイル程のストレッチに存在するウッドカバー絡みだったそうです。
もちろん、マーク・メネンデスの他にここまで来るコンペティターはおらず、完全なるマイウォーターですね。


そして2位は、自分が作ったチューブにやられたKVD!!(笑)
d0145899_311433.jpg

最終日の最大ウェイトを持ち込むも、マーク・メネンデスには及ばす2位!!

流石というべきか、やっぱ凄いですね!!

ちなみにKVDのメインパターンもシャローフリップだったようです。
d0145899_354922.jpg

このエリアでは他のコンペティターも多く釣りしていたようでしたが、皆が釣りをするぐらいキャパはあるエリアだったみたいですね。

d0145899_37538.jpg

シャローエリアをトローリングモーターで移動するKVD。
後ろにドロが巻き上がっているのが、どれだけシャローか物語ってますね~。
ちなみにこれ、僕が釣りしているH湖を思い出してしまいました。(まさにこんな感じの砂泥ボトムの超シャロー場所が2~3キロに渡って広がっている)

2週間前のアミスタッド戦を8位でフィニッシュしたKVDですが、今後の試合場所を見ても、今年のAOYもKVDが濃厚か~~?と思うのは僕だけでしょうか?

という訳で、レイク・ダーダネルのレポートは以上です!

アルミボートを使った戦術といい、かなり見ごたえのあるトーナメントだったのではないでしょうか?


そして、今週は2週連続でエリートシリーズ第3戦が開催されます!
第3戦の開催場所はアラバマのウィーラー・レイク!!

かの有名なディケーターフラットのある湖ですよね。

去年は大激戦の末、ジェレミー・スタークスがKVDを破って勝利を飾りましたが、今年はどうなるのでしょうか?
これまた楽しみです!!(というか、今の自分の状態でホントにレポートできるのか??というような結構ヤバヤバな状態ではありますが(汗)、もし可能でしたらレポートさせて頂きます!)

■ 最終成績
1 Mark Menendez   17-12   21- 8   16- 3    55- 7
2 Kevin VanDam    15- 6    18- 6   19- 8    53- 4
3 Chris Lane       15-14   14- 8   17-11    48- 1
4 Jim Murray       12- 0    19- 3   14- 6    45- 9
5 Denny Brauer     16- 6    15- 5   11-13   43- 8
6 Skeet Reese     15-13    13- 9   13- 6    42-12
7 Cliff Pace        16-11    21-12   2- 1    40- 8
8 Fred Roumbanis  16-12    15- 5    8- 4    40- 5
9 Matt Herren      17- 1    15- 7    7- 0    39- 8
10 Alton Jones     17- 5    14-14    7- 0    39- 3
11 Greg Vinson     9- 1     21-14   4-10    35- 9
12 Bradley Hallman 10-10     18- 4   0- 0    28-14
■ フルスタンディング

■ BASS関連記事
■ BassFan関連記事
■ BASS ZONE関連記事

■ 写真拝借 ESPN


おまけ
d0145899_3284322.jpg
レイク・ダーダネル。綺麗ですね~!!
何時かはこんな場所でバスボートをかっ飛ばしたいもんです。

d0145899_3292917.jpg
こういう写真を見てホロッとしてしまうワタシは歳を取ったんでしょうかね?
チビッコフィッシャーマン達にとっては一生の思い出でしょうねぇ。(涙)

d0145899_3315213.jpg
マーク・メネンデスが使っていた(友人の)アルミボート、超カッコいい!!(笑)
バスボートとまでは行かなくても、何時かはこんなボートを持ってみたいもんですわ~。

ちなみにボートはG3社のアルミボート。エンジンはヤマハの90HPだそうです。
by nishinelureworks | 2009-03-31 03:46 | アメリカトーナメント | Trackback

プレゼント企画締め切り間近

先日、告知させて頂いたプレゼント企画。

お陰さまで続々とご応募を頂いております。(ありがとうございます!)

プレゼント企画は今日いっぱい受け付けておりますので(午前零時で締め切り)、もし宜しければご応募お待ちしております。

■ プレゼント企画詳細はコチラ → http://beatour.exblog.jp/9512008/


発表は4月2日(木曜日)を予定しておりますのでお楽しみに!!
by nishinelureworks | 2009-03-31 02:17 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

特攻レポート 『釣果報告 3/28 琵琶湖』

どど~んと、本日2度目の釣果報告です!!

先ほどのtoccyさんの50センチに引き続き、井上特攻隊長さんよりも50センチキャッチの嬉しいお知らせ♪

激寒波に襲われた琵琶湖で見事ドラマ魚をキャッチされたそうです!(相変わらず激荒れ男!!笑)

d0145899_5115853.jpg

デカビーツァで50センチジャスト!!

んー、ドエライ黒いバスですね~。
これぞホントのブラックバス?(笑)
居付き君でしょうか?

それでは特攻レポート行ってみましょう~!!


本日は急遽兄夫婦に 「琵琶湖のガイド頼むわー 釣らしてナー」という事で琵琶湖バスガイドに行ってきましたー。

今日は兄夫婦にサクッ!っと釣ってもらったら、テストに切りかえようって甘い考えでいたのですが、
そこは何時もの如く荒れ男ぶりを発揮し、寒の戻りで琵琶湖は激サム!

サクッと釣ってもらうどころかバイトもなく、水温もドンドン低下するような激タフコンディション!

激寒波をプロテクトするクローズドエリアで釣ってもらおうと思ったのですが 「豆バスは嫌だよ」という贅沢なご要望にお答えして、男巻きデカバスエリアにご案内しますが、永遠のノーバイト・・・

突風にあおられ、車の後部ドアでロッドをへし折ってしまった意気消沈の義姉は、午後3時頃にギブアップ・・・

そして2時間後、ついに兄も僕のガイドが信じられなくなったのか
「お前まだココでやる? 俺はちょっと移動してやってみるわー」と去って行きました(涙)

ダメガイドぶりで、ちょっと落ち込んだ気持ちを奮い立たせるべく、
「日没までの1時間の勝負!」と気を入れ直し
広大なシャローフラットを デカビーツァ ブルーギルで、デコかデカバスかの一発勝負を開始! 

しかし1時間経ってもノーバイト・・・ 

ふと見ると人もまばらになり、ショボイ岬の周辺が空いています。

ダッシュでポイント付近に向かい、デカビーツァをキャストー!

岬の先端を過ぎ、ブレイクライン際の枯れウィードパッチに差し掛かった所で、「ヌーン」と引っかかり 
「ウワー!引っかかってしまったー」と独り言を言っているとウィードの塊が「グイーン!」と動き出します!

久っしぶりのバイトで、アタフタしながら無我夢中でつかんだドラマ魚は、ゴーマルジャストー!!

d0145899_5173278.jpg

ありがとうありがとう、と北米に向かって何度も口ずさみながら家路に向かいましたとさ(爆)

おしまい


ロッド ファイナルディメンション TS-1610MLF
リール アンタレス
ライン スーパーハードポリアミドプラス 20lb



井上特攻隊長さん、ありがとうございました!!

デコかデカバスか・・・・・・シビれるような展開ですねぇ。

釣れてホントに良かったです!!(喜)

ホント、信じて投げた末の一匹って本当に感動ですよね。

ヌーンでグイーン、いいなぁ。(ヨダレが。笑)

それにしても、今回井上特攻隊長さんが釣られたバス、フロリダ系ではなくてノーザンラージに見えるのは僕だけでしょうか?(詳しい事は良くわかりませんが、何となくそんな気がして)


次回はぜひお兄さんご夫婦にも釣って頂けるといいですね!!
リベンジですぜ!(笑)

琵琶湖最高!!

またの特攻レポートを楽しみにしております!!
by nishinelureworks | 2009-03-30 05:32 | 特攻レポート | Trackback

釣果報告 琵琶湖 Beatour M7

先日、ビーツァの超デッドスローリトリーブを教えてくださった岐阜のtoccyさんより釣果報告を頂きました!

toccyさんによると、なかなかデッドスローパターンがハマる状況に当たらなかったらしいですが、先日50センチが出たそうです!!

やったー!!(喜)

d0145899_447388.jpg

琵琶バス、50センチ!!
ビーツァ丸呑み!!(笑)

toccyさんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね。

こんにちは、先日、琵琶湖の南湖へと行って参りました。

お昼で仕事を終えて、前日に用意しておいたタックルを車に急いで積み込み、
南湖東岸に、pm3時に到着。

岸から沖に向かって数百メートル先まで思いっきり土茶濁り(え~~~っ)

水温は友人から水温14度と聞いていたのに12度(ん~~~)

ちょっと迷ったんですが、ワンド奥はちょっと早そうな気がするから、今日は止めて

スポーニングに向かうバスが通るであろう本湖に突き出て、湖流も当たりやすい岬に移動!!

移動中に、そう言えばクラウン(カラー)って春の威嚇カラーって最近聞いたのと
赤って濁りの中でも、いい感じにアピール出来るのを思い出して、
タックルボックスに入れてあった油性マジックで頭を赤くしてみました。(なんとなく釣れそうな妄想~)

ルアーをロングキャストして届く範囲は水深が、30-100cm位のシャローエリア。
そして、ボトム付近にはトロロ藻や枯れたウィードが。

まずは、バズ、スピナベ、ビーツァM3、スイミングジグと色々やるもノーバイト。

ロッドを立てぎみにして、ブレードクランクを泳がせてもノーバイト。

太陽が山に隠れてきたんで、濁りも合わせると、水中はそこそこローライト。

それじゃ、いつものって事でビーツァM7を中層でユックリふわふわスイミングさせてると、突然ゴン!!と凄いバイト。

殆どビックリフッキング。笑。

やりました~。噂に聞くブラックバスというらしい魚です。
しかも、50cmジャスト!

これで、僕もデコレンジャーとは、しばし(?)のお別れ。
う~~ん、琵琶湖・最高~!!

ps、油性マジックはアルコール系の物なので消毒用の無水アルコールで簡単に綺麗になります。
もし、気に成ったいればお試しください。



toccyさん、ありがとうございます!!

出ましたねぇ、遂に。
僕も嬉しいです!!

これからもガンガンとスローリトリーブ?(笑)してビッグバスを仕留めて下さいね!!

それにしても、琵琶湖いいなー。
ホント、毎年この時期になると望郷の念にとらわれます。(笑)

toccyさん、改めてありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-03-30 04:56 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 カリフォルニア デカビーツァ&ビーツァ

本日2度目の投稿で~す!
アーカンソーで開催されているエリートシリーズでは熱戦が繰り広げられていますが、所変わってカリフォルニアから強烈な釣果報告を頂きました~~~!!

ご投稿のヌシは、このブログにもちょくちょくご登場頂くカリフォルニアのマキオさん。

超強風が吹き荒れるカリフォルニアの湖でビッグバスキャッチの嬉しい知らせです!!(喜!)

d0145899_2233452.jpg

d0145899_2235270.jpg

デカイっす!!
湖がクローズされているかもしれない強風の中、片道150キロ走ってのビッグフィッシュキャッチ!!
かっこよすぎです!!

マキオさんから、臨場感あふれる素晴らしい釣行記を頂いておりますので、そのままご紹介させて頂きますね♪
カリフォルニアの風を感じてください!!


西根さ~ん、ビー太郎兄弟、またまたやってくれました~。
春本番になって、今までまるで姿を見なかった子バスもシャローで見かけるようになりました。

スモールマウスのネストは空き家で、ノーザンラージもシャローでイチャイチャしてるし、いよいよシーズン全開。

そしてフロリダは、これからがスポーンシーズン。

ステージングエリアを見つけて、ブリブリのプリメスの入れ食いを味わいたいっ!

そんなことを妄想しながらマジ練習池でエリアの絞り込み作業を続けること3ヶ月、しかしこれがまるで音沙汰なしの8連続ボーズ、1バイトのみ。

西根さん顔負け(爆)の度重なる修行釣行にメゲかけていましたが、裏日記の渡辺さんの投稿に涙し、甘えた自分にカツを入れ、修行続行。

そして先週ようやく、13~14ftのブレイクから、自作ディープクランクで貴重な3匹のプリメスをキャッチすることに成功しました。

これは、風下に押されたシャッドについていた、本当に貴重な魚だったんです…

この池はシャッドがシャローから消える冬の間、トラウトを食ってるヤツをスイムベイトで狙うパターンしか通用しないみたいで、船からも岸からもほとんど皆がハドルストンを投げまくってます。

私はハドルストンが性に合わず、意地でクランク巻いてましたが...徒労に終わりました。

しかしここにきて水温上昇でシャッドに動きが見られるようになって、それにバスが反応しはじめたようでした。

皆が相変わらずゴム人形(ハドル)を投げている今こそ、修行の成果を見せる最大のチャンス!

新月の大潮絡みの昨日、満を持して狙うことに。



あいにく予報では風速15~25mphで、クローズ(船が出せない)もありうる強風。

ロスの渋滞を超えて150kmも走って行って船も出せずに帰されるなんて嫌なんで、いつもなら行かない状況ですけど、そんなの関係ありません。

なんてったって、新月ですから・・・

現地は予報どおりの強風でしたが、一応出船可ということで一安心、さっそく自作クランクを巻き倒します。

しかしこのところの強い北風で水温は予想以上に急降下し、朝イチに期待していた実績場も不発、前回のパターンを引きずっていてはダメそうでした。

あたりを見回すと、イマイチ実績のない流れ出しのロックパイルが空いてます。

先週とは逆の北風が作る波がここに押し寄せ、水温もおそらく他のポイントより高そうで、気になります。

朝のチャンスタイムでしたけど、あえてこの2級ポイントを狙ってみました。

近づくと遠目で見るより波も激しくニゴリもキツかったので、アピールの強い子が良さそう…デカビー?

デカビーは食い気のあるヤツを一撃で食わせる魔力を秘めてますからね~。

岩がボコボコなので慎重に引かないとすぐに引っかかるんですが、大波で船が揺れて、何が何やらワケ分かりません。

巻いているとすぐにルアーが動かなくなりました。

え~、もう根ガカったの~?

とガッカリモードに入りかけたその時、魚らしき感触が…キテマス!デカイです。

しかもヤバイです。

何がヤバイって、このまま風に流されると私が岩に引っかかってしまう(汗)

そんなのお構いナシに無茶苦茶引く魚で、半ばパニック。

それで魚は竿に任せて、私はとりあえずエレキ全開でこの岩場から逃げることを優先しました。

グラスロッドって、こんなときはホント心強いですわ~。

跳ねようが潜ろうが無視して、船で魚を沖まで引っ張っていって冷や汗モンで獲れたのが激太の7パウンダー(53cmしかないのにブリブリ)。

これも修行の成果かも(喜)

で、写真をキレイに撮ろうと思って、船を片付けたり魚を格好よく置いたりして、さあ、というときに足がカメラに…ポチャン。
見る見るうちに沈んで行きました(涙)
ここでは11月にも雨でカメラを水没させたいわくつきの場所なんですが、マジ痛すぎです。

仕方ないんで魚を一旦キープしてまずは釣り続行し、叩き残しの場所からアベレージサイズを2匹追加して安心したところで、改めて携帯で撮影。

d0145899_2295164.jpg

アングルがショボいですが、ご勘弁くださいね。


朝のチャンスに気を良くし、昼からは先週同様シャッドのスクールに付いたプリメスを探します。

しかし風は強まる一方で、釣りが出来る場所自体ほとんどなくなり、船もほとんど帰ってしまいました。(実はクローズされてもおかしくない45mphの強風でした)

仕方なく岬状のロックパイルのわずかに風が弱くなった場所にアンカリングして風の収まるのを待つことにします。

一応そこでデカビーやバイブ、スピナベ、潜りモノ、ゴム人形など一通りのルアーを試してはみましたが、そう簡単に釣れるわけもなく…居つきのチビでも何でも食えばいいか、と思ってビー太郎M7をバイブタックルにつけて適当に投げてみました。

すると一撃でアベレージサイズのプリメスが食って来ました。

ビー太郎に換えてすぐ釣れたのは今回だけじゃないですけど、コイツ、やはりタダモノではないですね~。

ここでデカバスを狙うときは出番がなかったビー太郎ですが、アンカリングして繊細に狙える状況に丁度マッチしたのでしょう。

もしや、と思ってアンカーを外してM7とともに風に流されながらしばらく探ってみました。

でもさすがに風が強すぎて釣りになりません。

再び同じ場所でアンカリングして待つことにするも、ここで突如睡魔が…。

釣場で寝るなんて渡辺さんには考えられない甘えですけど、ここは集中力を高めるための作戦と言うことで・・・

1時間ほどたったんでしょうか?さっき釣れた場所に群れが来ていないかデカビーでチェック。

さすがに何もありません。

じゃM7ならどうよ!ってことで再チェック…大きいルアーだとわからない細かい起伏も、M7は捉えてくれますね。

ここは恐ろしい場所だったようです。

ドシャローなのでコツコツ底に当たりますが、それが一旦消え(8フィートほどの溝がある)再び足元のロックパイルの下端に当たるのを感じたとき、ズンっと重みが。

ウッソー!またしてもM7?

しかもコイツは朝のヤツよりもさらにデカそうです。

想定外のサイズとすぐにわかるパワーで突っ走り出しましたが、同時に、アンカリングしている非常に不利な状況にあることに気づきました。

10ポンドあるかも?というフットボール体型がちらりと見え、直後に強めのドラグがキュキュキュキュっと唸ります(汗)

アンカーを外せないのでまたもや竿任せのファイトで、左手で特大ネットを開き、とにかく浮いたらネットに押し込むことにします。

しかしフックは口の外(下アゴの外とエラにフッキング)に掛かっているようで、ドラグは唸りまくり(大汗)

浮いてもすんなりネットに入らず、大慌て。

3回目に浮かせたときにどうにかネットインしたのが、今季最大の9ポンド(これも57cmしかないのにブリブリ)。

d0145899_2343550.jpg


フックが2本とも伸ばされていて、獲れたのはラッキーでした。

d0145899_235510.jpg

グラスロッドはヘタクソを助けてくれるんですよ(爆)

同じ場所からさらに続けて2匹プリメスがヒットし、この日はビー太郎祭りでした。


ここで一句?

巻けば海路の日よりあり。



■ デカビータックル
FD-TS1610MLF、DC、ストレーン17ポンド
■ ビー太郎
FD-TS1610MF、DC7、FCスナイパー12ポンド(バイブレーション用タックル)



マキオさん、ありがとうございました!!

ちなみにマキオさんのご本名は全く違うお名前なのですが、マキモノばっかやっていらっしゃるのでHNはマキオさん。(笑)

そのHN名通り、今回も巻き倒してビッグフィッシュキャッチです!!(カッコいい!!)

それにしても何ですねぇ、もしかしたらクローズされているかもしれない湖に普通片道150キロも掛けて釣りに行きますかね?
マジ凄すぎる!!(というか、変態そのもの!!笑)

そんなギャンブル釣行でのビッグフィッシュキャッチは大感動ですよね。
お陰さまで、僕も大興奮させて頂きました!!

しっかし、カリフォルニアのバスって呆れるぐらい見事なプロポーションですねっ!
次の大潮では完全にご出産?って感じのポンポンですな~。(笑)

んんんんんん、またまたカリフォルニアに行きたくなってしまいました。(笑)


”巻けば海路の日和あり”

今は上手く行かなくっても、結果が出なくっても、そのうち良い事もあるって事ですよね♪

僕も巻けば海路の日和あり精神で巻いたるでぇ~~。
巻いて巻いて巻きまくってやる~~~~~~~~~!!

マキオさん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-03-29 02:48 | 釣果報告 | Trackback

BASSエリートシリーズ第2戦 レイク・ダーダネル 2日目

エリートシリーズ、レイク・ダーダネル戦2日目の結果です!!

2日目の暫定首位に浮上したのはマーク・メネンデス!!
d0145899_1144121.jpg

メカニカルトラブルが発生し出発が遅くなったにも関わらず、片道1時間のロングドライブというギャンブルが見事に功を奏し、21ポンド8オンスを持ち込み、前日2位から浮上!!

マーク・メネンデスのエリアは1/4マイル(約400m)ほどのストレッチで、かなりマッディーな状態らしいですが、マーク・メネンデスによると土曜日の強風で水温が下がらないか、そちらの方が心配事との事です。(ちなみに土曜日/3日目は荒天により競技がキャンセルになりました)

詳しい釣り方は明かしてませんが、本日もアルミボートを使用し、ストライクキング社の各種ルアーを使ってシャローでスポーニングバイトを取っているようですね。

ちなみに、アルミボートじゃないと辿り着けないようなエリアらしく(ローカルでは有名なスポットらしいです)、他の選手とのバッティングは無い模様です。


2位はクリフ・ペース!
d0145899_125506.jpg

2日目最大ウェイトを持ち込み、前日6位から2位に浮上です。

クリフ・ペースがキャッチしているバスはプリとアフターで、バスが出入りする場所(コンタクトスポット)で釣りをしている模様ですが、群衆の中で釣りをしているようですね。

クリフ・ペースによると酷いプラクティスだったらしく、唯一見つけたこの小スポットと一蓮托生という感じみたいですね。


そして、3位にはKVDが浮上してきました!!
d0145899_1522920.jpg

前日11位からの3位に浮上!!
2位のクリフ・ペースと同じく、群衆の中で釣りをしている模様です。

土日はコールドフロントが来る関係でタフになる事が予測されたので、今日はキャッチできる限り沢山の魚をキャッチしたとコメントしています。

初戦もかな好ポジションでのフィニッシュでしたし、今年もAOYに向けて好発進って感じですな~。



エドウィンは51位(入賞圏内に一歩及ばす!残念!)、イッシュは73位。

そして、日本人選手では、清水盛三さんが57位、宮崎友輔さんが70位、大森貴洋さんが78位、桐山孝太郎さんが93位でこの大会をフィニッシュされています。

d0145899_233752.jpg



■ 2日目のTOP12
1 Mark Menendez   17-12   21- 8    39- 4
2 Cliff Pace        16-11   21-12    38- 7
3 Kevin VanDam    15- 6   18- 6    33-12
4 Matt Herren      17- 1   15- 7    32- 8
5 Alton Jones       17- 5   14-14   32- 3
6 Fred Roumbanis   16-12   15- 5    32- 1
7 Denny Brauer     16- 6   15- 5    31-11
8 Jim Murray       12- 0    19- 3    31- 3
9 Greg Vinson       9- 1   21-14    30-15
10 Chris Lane      15-14   14- 8    30- 6
11 Skeet Reese    15-13    13- 9    29- 6
12 Bradley Hallman  10-10   18- 4    28-14

51 Edwin Evers      7- 0    13-12   20-12
57 Morizo Shimizu   10-13    7-11    18- 8
70 Yusuke Miyazaki   5- 3    11- 3    16- 6
73 Ish Monroe       9-10    5- 8    15- 2
78 Takahiro Omori    4- 3    9-15    14- 2
93 Kotaro Kiriyama    4- 2    6- 6    10- 8
■ フルスタンディング

■ BASS関連記事
■ BassFan関連記事
■ BASS ZONE関連記事

■ 写真拝借 ESPN
by nishinelureworks | 2009-03-29 02:03 | アメリカトーナメント | Trackback

BASSエリートシリーズ第2戦 レイク・ダーダネル 初日

という訳で、本日2度目の投稿で~す。

いよいよアメリカではBASSのエリートシリーズ第2戦が開幕しましたねぇ。
日本ではTOP50も開幕したみたいですし、まさにトーナメント週間ですな~。(初日暫定首位は相羽さんと言う事でちょっと興奮中のワタシ。笑)

さて、ダーダネルのお話です。

d0145899_2243846.jpg


レイク・ダーダネルはアーカンソー州のど真ん中を西から東へ流れるアーカンソーリバーのプール。
グーグルマップによると、場所はこんな感じ→http://maps.google.co.jp/maps?q=Lake%20Dardanelle&lr=lang_ja&oe=utf-8&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=N&hl=ja&tab=wl

BassFanサイトによると、以下のような感じのフィールドらしいです。

フルプールでの水面積 : 34,000エーカー

メインストラクチャー&カバー : ショアライングラス、レッジ、ウッドカバー(スタンプ、レイダウン、冠水ティンバーなど)

メインベイト : シャッド、クロウフィッシュ

平均水深 : 10ft未満(3m未満)

バスのタイプ : ラージマウス、スポッテッドバス(が少し)

キーパーサイズ : 15インチ/約37.5センチ(ラージマウス)、12インチ/約30センチ(スポッツ)

現在の水温 : 60F前半(約15度ぐらい)

水色 : ステインウォーター、クリーク内には少しクリアーな場所もあり

現在の水位 : 満水状態から2ft(約60センチ)減水状態で、ショアラインのベジテーションの多くは干上がっている

魚の状況 : プレスポーン~スポーン

メインパターン(BassFan予測) : ジグ、スピナーベイト、クランクベイト、ワーム、サイトフィッシング

予想ウィニングウェイト : 60ポンド


というようなフィールドみたいです。(より詳細なフィールドのお話はコチラ→http://bassfan.com/news_article.asp?id=3235

そして、初日の結果です!!

いきなりですが、濃霧で3時間ほどのディレイスタートになった模様です。


初日、暫定首位に立ったのはブレント・チャップマン!!
d0145899_228362.jpg

2位のマーク・メネンデスに約2ポンドの差を付けて首位スタート。
2位のマークメネンデスは、初日のビッグフィッシュ賞となる6ポンドフィッシュを混ぜてのウェイトですので、ブレント・チャップマンと2位のマーク・メネンデスとの差は数字以上のものがありそうですね。

ブレント・チャップマンいわく、”プラクティスでは何もつかめなかったんだけど、何かが急速に変わってリミットを揃える事ができた。明日釣りに行くのを待てないよ。”とのコメントをしています。

詳しい釣り方は初日という事もあってわかりませんが、最初の15分ほどでクランクベイトで3匹のキーパーをキャッチ。その後は2箇所目のスポット(シャロー)で、ジグを使った模様です。


そして、2位は初日のビッグフィッシュを釣り上げたマーク・メネンデス!!
d0145899_2394738.jpg

6ポンドフィッシュ x マーク・メネンデス。
何と、マーク・メネンデスはあえてアルミボート&90HPを持ち込んで、このトーナメントに臨んでいる模様です。
かなりなシャローウォーターを通過して、スポットに向かっているようですね。

が、2日目(金曜日)は雨によるプールのコンディション変化によってはスキーターを使うかアルミを使うか考えるそうです。
雨が降ってプールのコンディションが変わるとアルミはベストチョイスではなくなるらしく、プラクティスでは、どちらのボートでも戦えるように、それぞれのパターンを準備しているそうです。


そして、3位はアルトン・ジョーンズ!!
d0145899_2491478.jpg

濃霧で競技時間が短縮された為、メインパターンを捨て、2番目のパターンであるサイトフィッシングでリミットを揃えた模様です。

イッシュは48位、エドウィンは63位でした。

日本人アングラーでは清水盛三さんが36位スタート!(左腕の日の丸に涙するボク。涙)
d0145899_2522245.jpg


宮崎友輔さんが71位、大森貴洋さんが75位、桐山孝太郎さんが76位スタートとなっています。

■ 初日のTOP12
1 Brent Chapman    19- 7
2 Mark Menendez    17-12
3 Alton Jones        17- 5
4 Matt Herren       17- 1
5 Fred Roumbanis    16-12
6 Cliff Pace         16-11
7 Denny Brauer      16- 6
8 Chris Lane        15-14
9 Skeet Reese       15-13
10 Billy Mccaghren    15-11
11 Kevin VanDam     15- 6
12 Stephen Browning  15- 5

36 Morizo Shimizu     10-13
48 Ish Monroe         9-10
63 Edwin Evers        7- 0
71 Yusuke Miyazaki     5- 3
75 Takahiro Omori      4- 3
76 Kotaro Kiriyama     4- 2
■ 初日のフルスタンディング

■ BASS関連記事
■ BassFan関連記事
■ BASS ZONE関連記事

■ 写真拝借 ESPN

おまけ
このトーナメントにはマーク・メネンデス以外にもアルミボートで臨んでいる選手がいるみたいですねぇ。
d0145899_2564100.jpg

初日の成績は83位と振るわずですが、アーカンソーの超ジモティーのスコット・ルークもアルミ派。
バックウォーターにはアルミじゃないと入って行けないような場所もあるみたいです。
by nishinelureworks | 2009-03-28 03:02 | アメリカトーナメント | Trackback

釣果報告 兵庫某水路 Blade Crank M5R

兵庫の2児のBasserさんより釣果報告を頂きました~!!

必殺技?の出勤前の用水路フィッシングで45アップをキャッチされたそうです!!(祝!)

d0145899_123238.jpg

ブレクラM5Rで用水路の45アップ!!

用水路オソルベシ!!(笑)

2児のBasserさんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

釣果レポートです。

水質は以前のド茶濁りより若干ましになってましたが、三日ほど前から寒さが戻り、きびしいかな~って感じでした。

今回の交代勤務出勤前の釣行は、通勤時間を考えたら、タイムリミットは、p.m.4:00まで。
フィールドに着いたのがp.m.3:40です。

今日のお題は、先日 エルモさんで、購入したM5インパクトタイガーでの一本と決めてたので(新しもん好きで)、まず15分間M5で攻めて、残りの5分をポケットに入れた他のNLWルアーで流すプランを考えてました。

で、しきりにインパクちゃんで探るが・・・無反応。
あっと言う間に残り5分になりました。

インパクちゃんは次回に期待しつつ残り5分、SDか?M7か?M3か?
で、手にしたのは渡辺さんのレポートも気になり、ブレクラに全てをたくし、2投目に、ヌギュ~~っと ん? 

そこは、よくビニールの様な物に引っ掛かるポイントで、又それに掛かったかな?
と思い、竿を少し煽り聞いてみると、しかし、余り動かない。
でも重たい・・・と思った瞬間にラインが グっと入る!! 

魚や! 跳ねる! バスや~~!

45UPの、やや お腹ぽっこりのバス君でした。

d0145899_1284818.jpg


しかし、水路という狭いフィールドで、おまけに前日の夕方、他の方が攻めてた中、
幾度と無くM5 を通し もう流石にバスが居てもすれてるだろうと半ば諦めてた時のバスだけに、
驚きで、改めてブレクラの威力を思い知りました。

やはり、ブレクラには、普通でない、きらめき?波動? とてつもない魔力を感じましたね。

皆さんも、もう 何をやっても駄目だって思った時、最後にブレクラを投げてみたら、ドラマ魚に出会えるかもしれませんよ。

西根さんも、まだまだ真冬の中厳しいと思いますが、初バスを祈ってます。



二児のBasserさん、ありがとうございました!!

んー、まさにドラマ魚ですねぇ。
ホント、僕も度々こういう経験をしているのですが、ブレクラの何がそうさせるんでしょうね?
なんせ、嬉しいお話であります!!


それにしても、この日はむっちゃ気持ちよくお仕事に向かえたのでは?(笑)
んー、めっちゃ羨ましいです!デス!death!!

僕も早くデコレンジャーを脱出できるよう頑張ります!マス!鱒!!(意味不明。爆)

二児のBasserさん、改めてありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-03-28 01:37 | 釣果報告 | Trackback

鳥果報告!! トゥルーライフ・スイムベイト

今日は遂に今年初の獲物?の報告ができます!!

ただし魚ではありませんが。(笑)

実は、ある方から頂いたメールを拝読させて頂いてたら、トゥルーライフスイムベイトの事が無性に気になって、今日は全モデルを持って近所に湖にスイムテストに行ってきました。

チェック事項はズバリ、デッドスティッキングアクション!!

トゥルーライフスイムベイトのデッドスティッキングがデカバスに効くんじゃないか?と。

でね、各モデルをとっかえひっかえ、ウェイトセッティングも色々試してきたと言う訳です。(寒風の中、鼻水垂らしながら。笑)


で、結論から申しますと、僕的には一番デカイモデル、9インチトラウトが実にツボにハマってしまいました。

d0145899_1451717.jpg

全長9インチ(約23センチ)、自重170gオーバーのトゥルーライフスイムベイトの最大モデルです。

他のモデルもデッドスティッキングを試してみたんですけど、9インチモデルのデッドスティッキングアクションは格別というか、かなりヤバヤバな感じ。(自画自賛ですな。汗)

何がヤバイって、上手く言葉で表現できませんが、グネェ~~って凄く死に掛けのトラウトそのものの動きをしやがる。(笑)

普通、チョンって動かしたらルアーはスッと慣性で動いて止まるのが普通じゃないですか。(9インチ以外のモデルはそんな感じです)

が、この9インチはチョンって動かした後に、グネェ~~って2~3度のたうつ感じで自発的に泳ぐんです。(なんせ、言葉では表現できないので、今度ビデオでも撮ってきますね~)

で、思ったのが、このルアーをデカバスが間違いなく居るであろう一級スポット、もしくはフィーディングに上がってくるであろう場所に放り込み、放置プレー&デッドスティッキングってのはかなりヤバヤバな作戦のような気がしました。

っちゅうのもですね、今日テスト中にちょっとした事件がありまして、9インチトラウトのデッドスティッキングアクションチェックをしてたら、なんと!イーグルがトゥルーライフスイムベイトにアタックしまくり!!(ビックリ!!)

それも一回だけではなく、成功するまで10回ぐらい連続アタック!!

同じ鳥でも、カモメさんとかは割と簡単にダマくらかせるので、近づいてきたらかなり注意が必要ですが、今までの経験上、イーグルは非常に目の良い鳥のせいか、大抵の場合は上空で旋回している時点で見切られてしまう事が殆ど。

まぁ、そんなだから、今回も当然見切られるやろうと思って、興味半分に誘いを掛けたら、上空から一気に急旋回!

よせばいいのに、もう一回グネェって動かしてしまうアホな僕・・・・・。(体が勝手に反応してしまう悲しい習性。汗)

そして!!

ゴォオォオォオ~~~と豪快な風切り音を発生させながら、
見事な、ダイビング&キャッチ!!(ガクガクブルブル)

一瞬の出来事で、ただただ呆然とするばかりでした・・・・・。

そして、テストに使っていたTS1610MLFは空に向かってバットまで曲がりまくり~~~~みたいな。(爆)

あっ、何で170グラムもあるルアーを使うのにTS1610MLFなんて使ってたの?なんてツッコミはココではなしと言う事で。(とりあえずルアーが投げれれば何でも良かったんです。笑)

次の瞬間、もの凄い引きでドラグが出る間も無くラインブレイク!!

イーグルもラインブレイクしたショックでスイムベイトを落っことしてくれたので、無事にイーグルを傷つけることなく、スイムベイトも回収できましたが、本気でビックリしましたわ。(しかも湖面に落っこちたスイムベイトをまだ上空で狙ってたし)

d0145899_151016100.jpg

背中に付いているイーグルの爪痕が見えるでしょうか?

これ見た時に、釣りキチ三平の『ミサゴとライギョの格闘の話』を思い出しましたわ~~。(笑)


それにしても、無事にルアーを回収できて良かったです。
というか、なんせイーグルに怪我させなくて良かったですわ~。(油断大敵。大反省)

つか、イーグルってメチャクチャ引きますね!(今年初の手応えでちょっとだけ嬉しかった。爆)
たぶんですが、カモメさんの3倍は引きます!!(カモメさんはデッドリースパイラルの開発中に入れ食いでした。爆爆)

ああ、そう言えば、全く関係ない話ですが、シマノのアンジュレーターの開発の時にはアザラシの子供も釣った事がありましたねぇ。(しかもしっかり口にフッキング。核爆)


とにもかくにも、そんな訳で、僕的には9インチトラウトのデッドスティッキングはめっちゃコンフィデンスを持つ事が出来たという話でした。(ただし、このスイムベイトに食ってこれるバスがバンクーバーエリアのしょぼいフィールドに居るかどうかは謎ですが)

っていうか、魚を釣ってないくせに、何でこんなに長文なんだろ?(アホ)

全く宣伝にはなっていないと思いますが、念の為、トゥルーライフスイムベイトが購入可能なお店をご紹介させて頂きますね♪

■ http://www.ls-ohno.com/tru-life.html


そうそう、昨日告知させて頂きましたプレゼント企画、続々とご応募頂いております。
皆様本当にありがとうございます!!

そして、来るわ来るわのデコレンジャーの自己申告。(爆笑)
もう、超大戦隊が結成できそうですよ~。
by nishinelureworks | 2009-03-27 15:43 | Tru Tungsten | Trackback

3周年記念プレゼント企画!!

少々遅くなってしまいましたが、NLW設立3周年プレゼント企画を開催させて頂きます!!

ホントにねぇ、石の上にも3年とは言いますが、良く無事に3年間生き延びれたものだと思います。

それもこれも、本当に皆様のお陰です。(大感謝)
この場を借りて心よりお礼申し上げます!!


さて、今回のプレゼントルアーですが、悩んだ結果、このルアー↓をプレゼントさせて頂きたいと思います!

d0145899_18157.jpg

デカビーツァプロトモデル・ブルーギル!!

d0145899_185655.jpg

6名様に!!


応募方法ですが、下記の方法で応募をお待ちしておりますので、お気軽にご応募下さい♪

締め切り日   3月31日(来週火曜日)
当選者発表日 4月2日(来週木曜日)

■ メールにて受付 info@nishinelureworks.com
  もしくはこちらのメールフォームから → http://nishinelureworks.com/index.php?option=com_contact&Itemid=3

■ メールの件名に「プレゼント企画」と入力してください。

■ お名前とお住まいの都道府県

■ 当選者発表の際、当ブログに掲載可能なハンドル名(ご本名での掲載を望まれない場合)

■ よく釣りに行かれるメインフィールド

■ Nishine Lure Worksへ何かコメントを一言
  もし何かご意見、ご要望、励まし、文句(笑)・・・等々ありましたら。


*頂いたメールはNishine Lure Worksにて大切に保管させて頂きます。(その他の用途には使用致しません)

*プレゼント当選者には、Nishine Lure Worksよりご案内メールを差し上げますので、その時に送り先をご返信下さい。

ささやかなプレゼントで恐縮ですが、ぜひ、ふるってご応募下さ~い!!
by nishinelureworks | 2009-03-26 01:17 | イベント&プレゼント企画 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31