Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ナベちゃんレポート  『修行の秋』

渡辺さんからナベちゃんレポートを頂きましたー!!

今回は引越しの合間に出撃の、オヤジバサーパワー炸裂しまくりです!(笑)
しかも、しっかり釣ってらっしゃるし。(驚)

それではナベちゃんレポート!!

--------------------------------------
『修行の秋』

おひさしぶりです。
渡辺です。

家の引越しやら、仕事のドタバタも少しずつおさまり始め、ようやく落ち着いてPCに向かう環境が戻りつつある今日この頃ですが、皆さんは良い釣りしてますかあ?

皆さんが釣り場で楽しく過ごしていたであろう、先日のシルバーウィークに我が家は引越し真っ只中ってことで、ここ長らく一日フィッシングも出来ず、
強行朝練で無理やりストレス発散の場を作っておったのですが、9月に入ると急激に朝が遅くなり、
最近では5時半過ぎないと明るくなってくれず、どんどん釣りタイムが短くなっていくことにて季節の進行を肌身に感じる秋であります。

余談になりますが、私は明るくなってある程度の視界が保持できないとフィールドには下りないことにしておりまして、
それはなぜかと言いますと、数年前まだ暗いうちに藪コギをしてポイントに向かっているときに、巨大なクモが口の中に入ってしまうというオゾマシイ経験をしているからであります(思い出しただけで背筋に鳥肌が・・・・ギャーッ)

ということで話は戻りまして、まずは9/22早朝、いつもとは違う新規フィールドにて朝練開始!!

まともに釣りをするのは初めてのフィールドで結構ワクワク・ドキドキ・・・・・・
が、フィールドに着くとあっちでもバッシャーン、カションカションカション こっちでもバッシャーン、カションカションカション。。。。

住宅街隣接池の為、異常に釣り人が多い!!(しかもバイク・徒歩の人が殆ど)
しかもなぜか、皆ビッグベイトや水面バド系ばっか投げ倒しマクリーノなんですよこれが。

ここはそういう釣り場なんか??とハテナマーク飛びまくりで迷いまくりですが、釣りしてみんことには始まらない。

とりあえず空いているポイントへ入り他の人の釣りも観察しながら(全く誰も釣れている気配もなく)とりあえず、オチアユWP125Fを静かにデッド&弱トゥィッチすると、オチアユ君と同サイズの子バス君達がワラワラと寄ってくるんですよねえ。

寄ってはくるが小さすぎてフッキングする雰囲気もなく、ノーマル状態のデンプシーテールに変えてみるも近づいてはくるがこれもフッキングには至らず、しかもどの子もミニサイズ君ばかり。

釣り方に違和感を感じ、ちょいとライトリグ入れると子バスの猛攻でワームがどんどん消耗していくし、
ちょっと深いところやってみるかってことで、流れ込みの溝が沖まで深く入っているエリアに動いてライトリグ入れてボトムでロングステイしてると、
やっぱしおるんやんかの40㎝君がヒット(ちなみに流れ込みは止水状態)

そういうことならばってことでお気に入りのパユート君で同エリアを沖からリフト&フォールしながらゆっくり引いてくると読み通り自画自賛の43cmがヒット~。

d0145899_0592386.jpg

あっという間の1時間程ですが、新規開拓にもなり中身の濃い釣りが出来ましたあ。



翌日、9/23 いつもの朝練池に行くべきか昨日の池に行くべきか迷った末 朝練池へGO!!

が、作戦失敗か、こちらも先行釣り人に狙いのポイント&駐車場所を押さえられていて、
いつもは入りこまない反対側から岸辺へ降りて、昨日同様水面系にて攻めまくるも子バスがたまに見にくる程度でそれ以外の反応が無く、
やむなくライトリグに手を出すと、水深1m前後と思えるピンスポットで乗りはしなかったが子バスっぽくないアタリが一瞬コンッ。

なんどか同じ攻めで出ないもんで、水深1mならば伝家の宝刀ブレードクランクってことであっさりと42cm。

d0145899_115328.jpg

連日、ライトリグで状況を探って、ブレードルアーのリアクションで決め!!ってなパターンがハマリまくりですが、
食い気が弱いときはブレードのフラッシング?もしくはブレードの接触音?かは分かりませんが、
ミドルレンジでも大活躍のNLWのブレードルアーのリアクション攻めが必須になっております。


ちなみに、9/27も朝練池にてトップ系もクランクもスモラバもダウンショットも手も足も出なーい状況下でパユート君のリフト&フォールでボウズ逃れの1匹キャッチです

d0145899_132038.jpg


パユート君 今の状態でも十分戦力として活躍しまくりなんですが未だ開発途上??ってことなので今後も要注目ですねえ。



渡辺さん、ありがとうございました!!

ライトリグでダメでもクランクのリアクションで釣れるというお手本のようなパターンですねぇ。(流石!)

あと、パユートのリフト&フォール。
これで釣れるって何かあるんでしょうね~。

って言うのも、デンプシーテールのフォーリングにも凄くバスが反応するんですけど、これがなかなか食わないんですよね。
デンプシーテールをフォールさせると、グワーってバスが集まってくるんですけどこれがなかなか食わない。
一回だけデンプシーのフォールで食わせる事に成功した事があるんですけど、
それにしても、バスが寄って来た瞬間にエレキを思いっきり回転させて、エレキの水流直撃でルアーをキリモミさせて食わせた感じ。(無理矢理ですな。笑)

かたやパユートのフォーリングでは僕も何匹か釣ってるんですけど(チビバス君だけど)、
パユートに集まってくるバスの数はデンプシーテールより少ないんですが、
パユートに寄ってくるバスの中には食ってくるヤツがいる。

この違いは何なんでしょうねー??

おそらく沈降姿勢かな?と考えているんですけど、研究の余地&価値が大アリっぽいですね。

渡辺さん、ありがとうございました!!


今日の一句
夜道とクモにはご用心!!(笑)
by nishinelureworks | 2009-09-30 01:30 | なべちゃんレポート | Trackback

釣果報告 千葉野池 デンプシーテール85S

おりゃあ~~~と本日2度目の投稿です!

千葉の浅海さんより釣果報告を頂きましたー!!

デンプシーテールで沢山釣って下さったようですよ!!(喜)

d0145899_295680.jpg

浅海さん x 房総バス x デンプシーテール!!

浅海さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

デンプシーテール85Sで釣れたので報告させて頂きます。
とは言うものの・・・デカイ魚が釣れたわけでも、とんでもない数が釣れたという訳ではないのですが・・・(汗)

データ・・・
日時:09/9/13(日)
場所:房総野池
ロッド:ウォリアーツアー
リール:メタニウムMg
ライン:フロロ14lb

いつもは、印旛沼水系をメインに釣りをしているのですが今回は数が釣りたい!!
デンプシーテールで釣りたい!!!
という事で、ここ数年通っている野池に行ってきました。
ちなみに、今回初めてこの野池から富士山が見える事を知りました。
(写真のバスの背ビレの右横にある、うっすら見える山が富士山です。)

朝イチ、もちろんデンプシーテールから投げ始めました。

1投目からバスのチェイスがあり、「これは思ったよりも早く1匹目が釣れるなぁ~」なんて思っていましたが、その後は水面は割るもののミスバイトが続いたので、少し潜らそうと思いビーツァM3のブラッディーシャッドを投げてみると30cmないくらいのバスが2投連続ヒットしましたが後が続かず・・・。

テキサスで数匹追加し、太陽が出てきたタイミングで再びデンプシーテールを投げ始めると、出るわ!出るわ!

しかも、朝イチはあれだけミスバイトが続いたのに今度は出れば100%フックアップする始末(苦笑)
そのうちの1匹が写真の魚です。小さすぎて申し訳ないのですが・・・。

その後は、シャッドやフットボールで攻めてみると、そこそこ数は釣れるのですがサイズが上がらず。
でも、数釣りとデンプシーテールで釣るという目標が達成できたので早めに切り上げました。
今回はノーマルVerを試しましたが、次回はブレードレスVerも試してみようと思います。



浅海さん、ありがとうございました!!

初デンプシーフィッシュ、凄い嬉しいです!

それにしても、朝はノラなかったバスが、日が昇ったら100%フッキングって非常に興味深いお話ですね。
水温?それとも、日光の照射角?
理由はワカリマセンが、何かがバスのバイトの仕方に影響を与えているんでしょうね~。

貴重なお話をありがとうございました!!

ブレードレスバージョンも、もし機会がありましたらぜひ試してみて下さーい。
by nishinelureworks | 2009-09-29 02:19 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 兵庫某所 デンプシーテール85S

何時もお世話になっているエルモさんのブログを覗いたら、
デンプシーテールでデカバスが釣れておりましたー!!

メチャクチャ嬉しいですねぇ!!(喜)

d0145899_1223318.jpg
                  (エルモさんのブログより写真を拝借)

バッコーーーン!!

と、とんでもない出方だったみたいですよー!!(笑)


ハードコアなアングラーさんの集うエルモさんですが、今回ナイスフィッシュを釣ってくださった丑谷さんが、

デンプシーテイルは弱い動きながら集魚力は凄いのが最大の秘密だと思います。

と、まさにデンプシーテールの核心部を突くようなコメントを下さっています。(驚)

まだ開発裏話では、この話をするところまで到達していないのですが、このアクションバランスが、デンプシーテールの最重要事項の一つなんですよね。

んー、流石!!(脱帽)

デンプシーテールでは、このアクションバランスが変わると、バスのバイト数も変われば、食い方も変わってくるんです。
そして、それによって、フッキング率も大きく変わるんですわ~。

超書きたくない話なんですが、デンプシーテールは、バスの食い方をコントロールする事で、フッキング率を高めていったんです。

今週は超バタバタしてるので、来週落ち着きましたら開発裏話を再開させて頂きますね!!(途切れ途切れになってスイマセン。汗)

それにしても、エルモさんのブログは本当に勉強になる事だらけです!!

エルモさん、丑谷さん、ありがとうございました!!
非常にタメになる話を書いてくださっています。
詳しいお話はコチラ ↓ ↓
■ http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2009/09/post_8353-1.html


追記
遂にエルモさんがウェブショップを始動されたようですので、どうやったらブログに登場している数々のマニアックなアメルアを買ったらいいんじゃい?って思われてた方、要チェックですぞ~。
by nishinelureworks | 2009-09-29 01:44 | 釣果報告 | Trackback

ミッション・インポッシブルな一週間に突入

いよいよ第2次分のデンプシーテールの製作が佳境を迎えています。

d0145899_2374544.jpg
             (ドライボックスの中で乾燥を待つデンプシーテール君達)

絶好調で製作進行中ー!!なんですが、今週はちとキツイ一週間になりそう。
楽な仕事が無いのは当たり前ですけど、今週は完全にミッション・インポッシブルな状況。

その原因は、初回分発売後に頂いた追加受注分。
これを何とか2次分の製作に組み込みたいと奮闘中です。

第一次分のシルバーとイエローパーチはお陰さまで完売に近い状態で、流通ルートによっては大変ご迷惑をお掛けしている取扱店様もあり、ただただ申し訳ない限りです。
これも自分の予測の甘さが招いた事です。本当に申し訳ありません。



先月、デンプシーテールのご案内をさせて頂いた時は、かなりスローな受注状態で、
こりゃあ、NLWヤバイか?今年の冬乗り切れるか?(汗)
と背中に冷や汗が流れるような状態だったのですが、フタを開けてみれば品切れ続出。
念の為作っておいた日本在庫分も追加追加の出荷で完売。


そんな感じでスロースタートだったデンプシーテール君ですが、
んー、確かに考えてみれば、この時期っぱずれに、しかもマイナーな分野のWスイッシャー型ルアー。
そんでもって、それに訳のわからんブレードまで付いているというヘンテコなルアー。
見る人が見ればB級一直線(笑)でしょうし、雑誌等のメディアに登場している訳でもなく、告知方法も100%ブログオンリー。
もし自分がお店の仕入れ担当者なら、怖くて発注掛けられませんわ~。(汗)

しかし今頂いている反響は、NLW的にスマッシュヒットを記録したブレードクランクを遥かに上回るペースで、ホント、ユーザーの皆様に救って頂いたようなものと、ただただ感謝する毎日です。
本当にありがとうございます!


今週中に、第2次分をカナダから出荷するのを目標にしているのですが、
現在頂いている追加受注分を製作工程に詰め込んだ為、製作スケジュールはギュウギュウ。

一週間のスケジュールを立てたら、理論上は一応実現可能なんですが、ワンミスでジ・エンド。

自分の体力が尽きるのが先か・・・・。
ミスが出て終止符を打つか・・・・。
まさにミッション・インポッシブル。(笑)


自分に遂行できるか。やり切れるか。

こういう時こそ不動心。

悠々と急げ精神でガンバリマス。(今の時代、本当にありがたすぎる話です。感涙)

不動心!!

おっしゃあーーー!!!
by nishinelureworks | 2009-09-28 02:26 | 日常日記 | Trackback

釣果報告 埼玉某所 Blade Crank M5R

お馴染みのバス依存2さんより釣果報告を頂きましたー!!

相変わらずハードコアな釣りをされてます!!

d0145899_8414270.jpg

d0145899_902547.jpg

ブレクラホットタイガーで48センチ!!(凄い!)

どうして関東地方で、ここまでコンスタントにビッグフィッシュを釣る事ができるのでしょう?
本気で凄いですね!!(というか凄まじい!!驚)

バス依存2さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

SW明け、最初の休日で良い魚が釣れましたので、ご報告致します。
‥てか、毎度の1匹ですけど(笑)

真夜中に魚釣りに出掛けていると季節の移り変わりを肌で感じられます。

一時の子バスが高活性な状況は落ち着き、バイト数も減り、サイズは徐々にあがってきている印象を受けます。

今回のポイントは、ゴロタエリアでした。
そこに、ちょっとした岬が絡み、水通しが良いと思われる場所です。

トレースコース上には杭が絡み、ネガカリ多発エリアであり、
正直、ナイターでは、余り選択したくない場所でした(爆)

でも、そんなゴチャゴチャした場所ほど、良い魚が付いたりする様子です。

ブルブルブル‥と低速リトリーブしていた「ブレードクランク」が、岬の先端にさしかかった時、
リズムが、一瞬、「ぬるっ」と崩れ、喰ってきた魚がこちらでした。

ちなみに、この場所は、トップからワームまで一通りチェック(勿論、無反応)したエリアで、ルアーチェンジ後、3投目の出来事でした(爆)



バス依存2さん、ありがとうございました!!

このバスはこのフィールドでの自己記録となったそうです。

バス依存2さんが凄いなーって思うのは、今月からこの新しいフィールドを本格的に釣られているみたいなんですけど、もの凄い根掛りが多い場所な為、冬場の減水時に下調べをして、底の地形を覚えておいたそうです。

んー、釣る方はやっぱ何かが違いますねー。(カッコいいです!!)

それにしても、こんな釣果報告を頂くと、着々と季節が進んでいるんだなーって感じますね。
ボチボチ、クランキングが火を吹き始めるか?!

楽しみです!

バス依存2さん、ありがとうございました!!

■ バス依存2さんのブログはこちら → http://plaza.rakuten.co.jp/bassizon/
by nishinelureworks | 2009-09-27 08:52 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 長崎野池 デンプシーテール85S & SD85F

先程の沖田さんの釣果報告に引き続き、長崎のJさんより釣果報告を頂きましたー!!

長崎のクリアー系野池でナイスフィッシュが沢山釣れたそうですよ~~!!(喜)

デンプシーテールで・・・・
d0145899_2114100.jpg

d0145899_213021.jpg

d0145899_2143100.jpg


そして、SD85Fで・・・・
d0145899_22834.jpg


この日は、懐かしのヘルレイザーもいい仕事をしてくれたそうです!!

Jさんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

本日、早朝5過ぎから弟を連れ込み釣行に行ってまいりました。
結果はハードベイトのみで20匹ぐらい釣りニシネさんのルアーでナイスなバスばかり釣らせて頂きました。

ブレードチューンでは、サイズが上がり易い傾向ですが、
ブレードレスではバイトがかなり静かでびっくりしました。

一つのルアーでこんなに特徴が違うのはあまり類を見ませんね。

今日はピンスポット&金属音がキーみたいでデンプシーテールブレードレス&ヘドンのヘルレイザーでかなり釣りました。

ブレードチューンでのアクション&メタルサウンドの強さも凄いのですが、
ブレードレスのデンプシーテールに魅力を感じました。

今日は濁りも入った状態でしたのでオチアユWスイッシャーがあれば、更に幅広い釣りが出来ると思いました。使って試す事が出来ず残念です…

でもデンプシーのブレードレスは激ヤバですね~。
一発で虜になりました。 オチアユWスイッシャーリリースが楽しみで~す。
ニシネさんのルアー達でいい釣りが出来ました。
ありがとう御座います。



Jさん、ありがとうござました!!

釣果報告を頂くのって、ホント、この上なくハッピーですねー。(喜)

デンプシーテールって、ブレードを外したり、プロップを外したりと、色々なチューンが可能で、
それぞれで違ったキャラクターを持つルアーに変身します。

今回、Jさんもおっしゃっているように、ノーマルモデルとブレードレスモデルは全く別物のルアー
最後まで悩んだウェイトセッティングは、どちらの設定でもベストな状態で使えるウェイトセッティングを追求しました。

これは僕の私感ですが、水温がまだ高いウチは、ブレードレスが良いように感じています。
秋になって魚がベイトを追いかけて大きく回遊始めると、ノーマルモデルが非常に効率が良くなってくるのですが、
夏場、カバーについているような魚や、少し深めにいる魚にとっては、ノーマルモデルのスピードは速すぎて、魚を反応させきれない(浮かせきれない)時も結構あり、
そんな時は、ブレードレスバージョンの超デッドスローリトリーブやデッドスティッキングが調子良かったです。

デンプシーテールからブレードを外すと超スローフローティングになるのですが、これがかなり重要で、ベストレンジを超ユックリ引く事が可能になります。

ブレード付きのノーマルバージョンですと、このベストレンジキープに若干のコツがいる&少しリトリーブスピードが速くなるので(スローシンキングなので)、まずはブレードレスでベストレンジを覚えて頂くといいかもしれません。

ベストレンジは背中に微妙に水膜をまとい、微妙にV字波を出すぐらいの感じです。

一番解りやすいのが、グラビングバズの感覚に凄く近いですね。

詳しい話は、また機会を改めてご紹介させて頂きますね♪

Jさん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-09-26 02:29 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 茨城野池 デンプシーテール85S

デンプシーテールで釣れたという話を、アチコチで耳にするようになりましたね♪

今日はお寄せ頂いた釣果報告を2件ご紹介させて頂きまーす!!

まずは茨城の沖田さんより頂いた釣果報告から!!

茨城の野池でデンプシーテール初フィッシュが釣れたそうです!!(祝!)

d0145899_17342.jpg

初フィッシュおめでとうございます!!

沖田さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

デンプシーテールで釣りました。
その日は岸際は水が悪く泡が立っており、生命感0だったので、
沖にあるカレントを狙って投げていたら、下から食い上げて来ました。

大きくはないですが、物凄く元気で何回もジャンプ、かなり良い魚でした。

タックルは
スーパーノヴァXT
TD-Z103H ZPIチューン ハンドルはDRESS
デェファイヤー15lb
です。

遠投もできとても使い易いです。
スイッシャーとしても使ってみますね。
ではまたm(__)m



沖田さん、ありがとうございました!!

デンプシー初フィッシュ、僕もめっちゃ嬉しいですよ~~!!(喜)

沖田さんからはもう一枚同じ魚のお写真を頂いているのですが、
沖田さんのタックルカッコいいですねっ!!

d0145899_1104972.jpg

ZPI仕様のまっ黄色のリール!!!

スキート・リースも真っ青になりそうなリールですね!!(カッコええですね~~)

実は僕、黄色フェチで、昔乗ってたトラックはまっ黄色だったりします。(笑)

黄色の車に乗ると何がいいって、駐車場で自分の車の駐車位置を覚える必要が無い!(爆)
その後、地味な色の車に乗り換えたら、自分の車の位置を覚える習性が無くなってて、何度も迷子になりました。(笑)

って、何の話だ?(話が脱線しすぎ!!汗)

デンプシーテールで釣ってくださり、本当に嬉しいです♪
これからも黄色いリールでビシバシ釣って下さいね!!

そういえば、昔、裏日記でグラスロッドで中層ジグをやる話をさせて頂いた事があるのですが、
沖田さんもグラスロッドでジグをされる事があるそうで、なんと!スーパーノヴァで、スモラバとか使われる事があるみたいな事をおっしゃてました。(ツワモノだ。笑)

固定概念に縛られず、自分の感性&工夫で釣りをされている方ってホントにステキだなー!って思います!!

デンプシーテールも、ぜひ自由な発想で使ってみて頂ければ嬉しいです♪

沖田さん、改めてありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2009-09-26 01:24 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 福島某所のBIGスモールマウス! オチアユWP125F

おりゃー!と本日2度目の投稿です!!

東北の住民さんから釣果報告を頂きました!!

今週もオチアユWP125Fでビッグスモールマウスを仕留められたそうです!!(凄い!)

僕は昨日H湖でコテンパンにやられましたが、福島ではしっかりデカバスをキャッチして下さいましたよー!!(喜)

d0145899_475219.jpg

スモールマウス47センチ!!

デカーーーーイ!!

そして、東北の住民さんの散髪頭も可愛いーーーー!!(笑)

つか、川でこのサイズのスモールマウスが掛かったら、どんなファイトするんでしょう?(汗)

東北の住民さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

今日も前回と同じフィールドへ、ビッグフィッシュ狙いということで行って参りました。

そこは、福島県ではメジャーなフィールドです。

シルバーウィーク明けのプレッシャー、減水によるバスのポジションの変化、天候は高気圧におおわれ晴れ、タフであることが予想されましたが…。

オチアユWP125Fでキャッチしましたァ!47cmです♪♪

d0145899_494519.jpg

流れが収束し、深みを形成し、底に岩が点在するスポットで、ダウンクロスでキャストし、ドリフトさせながら時折トゥイッチ、狙ったコースに到達させステディリトリーブ開始。

ドンッ!!ときました♪

その後も50upのチェイスはあったのですが、バイトまでには至りませんでした(汗)

今回も実感しましたが、このルアーのビッグフィッシュを呼ぶ力は本物ですね!!



東北の住民さん、ありがとうございました!!

ホントに凄いスモールマウスですね!!(僕も釣りたいぜよ。笑)

福島オソルベシ!!


それにしても、オチアユWP125Fがここまでスモールマウスに効果があるとは予測してませんでした。

お陰さまで、更に自信を深める事が出来そうです!!

こりゃあ、何れ製品化も大アリですねっ!!

東北の住民さん、改めてありがとうございました!!(感謝!)
by nishinelureworks | 2009-09-25 04:19 | 釣果報告 | Trackback

H湖で沢山釣れましたで賞。(笑)

H湖に行ってきました~。

d0145899_1102729.jpg


ほぼ一ヶ月ぶりのH湖、フィールドの状況は

水温20.5℃ぐらい。
水位は1ヶ月前より30センチほど減水。
前回よりもかなりクリアー。

最近、冷え込んできた割にまだ比較的高水温をキープしていました。
なので、ターンもまた起こってない感じ。

んでもって、釣果ですが、釣れたと言うべきか、釣れなかったと言うべきか、びみょーな感じでした。(笑)

数はね、釣れたんです。。

ハードルアーオンリーで51匹!!

昨年のH湖ではあり得ない数です。

がね、更に驚きは、そんだけ釣って20センチアップが一匹もいない!!(核爆)

ありえませんわ~~。(汗)

まさに恰好のブログネタ。(笑)

釣れども釣れども子バス君の猛攻に会い、デカバスは釣れず。

釣れたバス君達はこんな感じ。
d0145899_1215853.jpg

d0145899_1221681.jpg
デンプシーテールを投げると、これぐらいのサイズの子バス君が鬼のように群がってきます。(汗)
デンプシーだけで、一体何匹子バス君釣っただろか?(汗)

d0145899_124486.jpg
M3プロップにも・・・

d0145899_1261098.jpg
挙句の果てにはオチアユWP125Fにも・・・・

子バス君達の活性高すぎ!!!(笑)

極めつけはチビビーツァ!!
畳2畳ぐらいのグラスポケットに子バス君のスクールが居たので、何匹釣れるか挑戦してみたら釣れる釣れるわ。

これぐらいのサイズの子バス君がワンキャストワンヒット状態。
ワンポケットから、15匹以上このサイズのバス君が釣れました。(爆)
d0145899_1423718.jpg

d0145899_14495.jpg


挙句の果てにはWヒットもあり
d0145899_1465887.jpg


この状況下でチビビーツァは反則という事がよーく解りました。。(笑)
チビビーツァだけ使って数釣りに専念すれば、確実に100匹は行きそうな勢い。

この子バス君大量発生状況は去年には全く見れなかったので、今年はホントにスポーニングが上手く行ったんだなーって感じました。

3~4年後のH湖がホントに楽しみです!!


さて、こんな事をやっててはイカーンと、デカバスを釣るにはどうしたらいいか考える

やはりデカバスは大場所でしょうー!と、去年、50アップを目撃した巨大ログに向かいます。
d0145899_151331.jpg

去年、デンプシーテールの初期モデルのデビュー戦で、このログの下からデンプシーテールに50UP(たぶん55ぐらい)のデカバスがユラーって出てきたんですよね。(あの時は焦った。汗)

で、今日も快晴無風と似たような条件で、表層は適水温。
それならこんなカバーの下にサスペンドしているヤツもいるんでないの?と淡い期待を抱いて向かいます。

ルアーはオチアユWP125F、去年のまだ未完成だったデンプシーテールとは訳が違うぜー!ってログ目掛けてオチアユWP125Fを発射!!

すると!!!

ホントにユラー!!って出てきた!!

しかも3匹も!!(焦)

一匹は50弱ぐらい、そして残る2匹は45ぐらい。

3匹中の45センチぐらいのバスが、デッドスティックで浮いているオチアユWP125Fに接近してきます。

高ぶる興奮を抑えながら、そっとデッドスティックアクションを加えると、更に急接近!!

そして、もうワンアクション!

するとルアーの背後1センチまで接近!!

もうね、心臓バクバクです。

バスはルアーをじっと見据え、ルアーが動くたびに1センチの距離を保って追いかけてきます。

でも食わない!!!!(超興奮!!)

で、ルアーがログから離れて行った瞬間、3匹のデカバス君はお戻りになられました。(涙)


なので、その場は深追いせずログを離れ、周囲のグラスエリアを狙って時間を置く作戦に・・・・。

グラスエッジを流しながらしばし釣りしていると、またもやデカバスを発見!!

畳一畳分ぐらいの小さなグラスポケットの中に45センチぐらいのデカバスが2匹浮いてます!!

細心の注意を払ってアプローチしてみるも、どうやらこのバス君達は活性は低いらしくルアーには全く無反応。(涙)
どうやら、この日の陽気に誘われて、水面直下で日向ぼっこしているような感じです。

そう考えるとさっき食わせそこなったログ付きのデカバス君達も似たような状態だったのかもしれません。

そして、しばしの時間を空けて、またもやログに戻ります。

今後は、ルアーがギリギリ届くぐらいの遠距離からオチアユWP125Fを投入!!
ルアーをログの少し向こう側に着水させ、デッドスティックしながら徐々にログに近づけていきます。

ドキドキは高鳴る。

そして、ルアーがログに差し掛かった時にヒット!!
よっしゃーーーー!!
ビッグフィッシュ間違いなしと、全開フッキング!!(アホ)

が、釣れた魚はーーーーーー!!
d0145899_332550.jpg
キミちゃうしーーーー!!!(爆)

どうやらログの主はお留守なようです。(涙)


そこで、作戦変更。

グラス狙いにもう一回戻り、エッジではなく、アウトサイドエッジの少し沖に所々に立ち上がっているエビモみたいな藻に照準を絞ってクランキング。

デカビーツァで、このエビモに当てながら、強烈なストップ&ゴーを繰り返します。

すると!!

ドスンと重たい衝撃がTS1610MLFに伝わってきた!!

よっしゃー!!!!

水中でグリンと身を翻すバス。

確実に40UP!!!!!

と思った次の瞬間。

バレタァーーーーーーー!!!!(涙)

掛けるまでは完全にイメージ通りだったんですが、掛けてからが問題でした。(ヘタクソ)

原因の一つは、釣り方にあると思うんですが、この日は秋のクランキンに良くあるパターンで、
強烈なストップ&ゴーへの反応がかなり良く、デカビーでもそんな使い方をしてたのですが、
この釣り方だと、バスが食ってくるのはルアーが止まった瞬間が殆ど。

一飲みできるようなスモールクランクなら問題ないんですけど、デカビーツァのようにデカイルアーの場合はバスがアタックしてきた瞬間にルアーが弾かれてしまう事も多いんですわー。(涙)

んー、悔しい。


それならばと言う事で、試しに作ってきたオチアユWP125S(シンキングバージョン)でリアクション釣法をトライ!!

先程デカビーツァでバラしたのと同じような条件を整えた場所を狙っていきます。

このオチアユWP125Sのリアクション狙いは、今期待している釣り方で、
デンプシーテールのフォーリングに凄くバスが反応する事から、それを何とか食わせられないかと考えているモノ。

このシンキングバージョンで研究中のジャーク&フォールのリアクション狙い王道のタダ巻きパターンをワンキャストごとに交互に試していきます。

すると!

タダ巻きしている時にズドーン!とヒット!!

おっしゃあーーーー!!

本命のリアクション釣法ではないけど、まぁええかーーー!!(笑)

ジグ用のTS172MHPFがゴンゴンと曲がっています。

おっしゃー!!デカイ!!!

かなり遠距離でのヒットなのでサイズはワカリマセンが、かなりデカそう。

リールを巻く事ができないのでロッドで強烈な引きに耐えていると、

またもやロッドのテンションが抜けたーーーーーーー!!!(涙)

ヤラレターーーーーーーーー!!!
またもや完敗。(爆死)

悔しすぎる!!

つか、シンキングプロップベイトのタダ巻きって、考えてみれば、完全にガンクラフトさんのスクリューベイトの釣りそのものですな。(滝汗)
スクリューベイトを生み出されたガンクラフトさんは凄いメーカーさんだなぁ!
と改めて凄い感銘を受けました!!(尊敬)

オチアユWP125S、イメージしたのはノーシンカー6インチセンコーみたいな感じのダート&フォールだったんですけど、タダ巻きで釣れるということになると、開発に二の足を踏んでしまいますね。(やはり先駆者さんには敬意を表したいですから)


んー、それにしても今回の釣りは悔しすぎる。。
次は何時H湖に行けるかワカランけど、絶対にリベンジしたるでーーー!!

遊んでくれたバス君、ありがとう!!


■ 使用タックル1
ロッド : ファイナルディメンションTS1610MLF
リール : カルカッタコンクエスト101DC(左ハンドル)
ライン : マキシマ・ウルトラグリーン14ポンド
ルアー : デンプシーテール85S

■ 使用タックル2
ロッド : ファイナルディメンションTS1610MLF
リール : アンタレスAR(左ハンドル)
ライン : マキシマ・ウルトラグリーン14ポンド
ルアー : デカビーツァ、ビーツァM7、スナブノーズ、B7ディープ、ブレードクランク

■ 使用タックル3
ロッド : ファイナルディメンションTS168M
リール : メタマグDC7(左ハンドル)
ライン : マキシマ・ウルトラグリーン14ポンド
ルアー : チビビーツァ、M3プロップ、パユート85S、スーパーチナイ

■ 使用タックル4
ロッド : ファーレンハイトTS166L
リール : ガンメタXT(左ハンドル)
ライン : マキシマ・ウルトラグリーン14ポンド
ルアー : オチアユWP125Fプロト

■ 使用タックル5
ロッド : ファイナルディメンションTS172MHPF
リール : 銀メタXT(左ハンドル)
ライン : マキシマ・ウルトラグリーン20ポンド
ルアー : オチアユWP125Sプロト


おまけ
昨日初めてツカケンさんのスナブノーズとB7ディープを投入したんですけど、どちらのクランクもホントに素晴らしいですね!
魚のサイズが小さくて申し訳ないですが、スナブノーズでもB7ディープでも沢山釣らせて頂きました♪

d0145899_2431195.jpg

d0145899_2432854.jpg

特にB7ディープは昨日使ったクランクの中では最も反応が良くて(レンジとアクションが合ってたのかな?)、ルアーが巻き上がって来た時に、バスの大群を引き連れて来ている事もしばしば。
凄く飛ぶし、引き抵抗は軽いし、アクションレスポンスは素晴らしいし、何より釣れる!!(笑)
これから始まる秋のクランキングには欠かせない存在になりそうです!!(かなりお勧めです!)

ツカケンさんのブログはコチラ → http://ktwlures.exblog.jp/

早速、ツカケン節?バリバリのクランクベイトオタク話が炸裂中ですよ~~。(笑)
クランク本は数あれど、ツカケンさんのお話は実際に作った経験のある人間にしか書けない話だと思います。
一言一句に頷けますし、話の内容が深い。
クランクベイトが大好きな方は必見の内容です!!
by nishinelureworks | 2009-09-25 03:32 | 釣行記 | Trackback

オチアユWP125F

いよいよ日本の各テストフィールドにオンステージになったオチアユ君。

各地でかなりの手応えを感じているのですが、テスターさんから、
このルアーなんと呼んだらいいの?という話がありました。

NLWでは既にオチアユミノーと呼ばれる開発中の特殊ミノーがあって、確かにオチアユ君って呼び名だと、どのルアーの事かワカランですね。(汗)

という訳で、とりあえず開発ネームを決めました~!!

d0145899_154693.jpg
                   オチアユWP125F(開発ネーム)

いつもながら安直過ぎる名前ですな。(あくまで仮称という事で。笑)

このオチアユWP125F、かなり特化したルアーなので万人受けはしないと思いますが、
このルアーの意味をご理解頂ける方が使われれば、かなり強烈な武器になるのでは?と期待しています。

このルアーの原点になっているのはデンプシーテールなのですが、
デンプシーテールが持つある要素を一点集中で伸ばしている感じです。

今はコレにシンキングチューンを施したオチアユWP125S?なプロトを試作(←どうしても試したい釣りがある)したりと、試したい事がテンコ盛り。

デンプシーテールでも、どうしても試したい釣りもあるし~。

という訳で、今日はこれから釣り行ってきます!!

腰痛&デンプシーテールの製作に追われて、なかなか釣りに出れなかったんですが、
腰も落ち着いてきたし、気合一発出撃してきます!!

目指すは宿敵?H湖!!

そう言えば9月のH湖に出るのって初めてなんですけど、どんな感じなんだろ?

釣れるかな~?

頑張ってきます!!


追記
デンプシーテールを使われた方から釣果報告を何件か頂いておりますので、掲載許可が頂け次第ご紹介させて頂きますね~。
by nishinelureworks | 2009-09-24 01:34 | ルアー開発 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー