Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

チタン磨き

昨日は半日ぐらいかけて真空脱泡機のチタン板磨きをしておりました。

d0145899_2383393.jpg

耐水ペーパーでえんやこら~~♪

しかし、磨いても磨いてもちっとも鏡面にはなってくれません。(当たり前だっつーの)

もうね、最後は殆ど何かの修行状態。(笑)

シコシコとチタン板を磨いていると、

何の為にオレは磨いているのだ?

人生とは何だ?

生きるって何だ?


とか、意味の分からん事が頭に浮かんできます。(爆)


んで、磨き続けること数時間、チタン板はようやくこんな感じに。

d0145899_23175469.jpg

鏡面仕上げには程遠いですが、流石にここでギブアップ。(涙)

ホントはもっと磨きたかったんですが、病み上がりだったせいもあって最後は変な汗も出てくるし、自分的には全然納得できないんですけど、今日のところはこれぐらいでお許しくださいとチタン板様にお願いしました。(爆)


d0145899_23231438.jpg

とりあえず、無事にマイナス30気圧まで減圧できる事が分かったので、無理やり納得050.gif


まぁ、新しい板を買ってくれば一瞬で解決できる問題でしょうし、普通はそれが正しい判断でしょうけど、磨いてみて初めて分かった事もあるし、これはこれでいい経験でした♪

っと言うわけで、ようやくデカイモールドを作る準備が整いましたーーーーー!!
by nishinelureworks | 2011-01-30 23:29 | ルアー開発 | Trackback

現場復帰

ようやく、地下工房へ復帰できました!!

あの後、また熱が上がったりプチギックリをしたり、また寝込んでおりました。

んー、今回のはホントにきつかった~~。(涙)

大切なメールを何件も頂いていたのに、全くご返信出来なくて本当に申し訳ありませんでした!!


と言うわけで、8割方回復する事ができたので、今日から現場復帰です!!
by nishinelureworks | 2011-01-29 22:44 | 日常日記 | Trackback

撃沈な2日間でした

この2日間はぶっ倒れてました~。

先日、チタン板をシコシコと磨いていたら、急に寒気がし、強烈な吐き気が。(汗)

んで、その夜は一晩中ゲーゲーピーピーとおトイレとお友達。(汚い話でスミマセン)

その前々日に下の娘、前日に嫁さんが同じ症状だったので覚悟はしておりましたが、見事に感染。

ノロだかノラだか知らんけど、ホント噂には聞いてましたが、キッツイっすねーー。(汗)

んで、ゲーゲーピーピーが収まったと思ったら、今度は熱がデター。(爆)

39℃オーバーの熱が出てひっくり返っておりました。

娘も嫁さんも幸いにして熱までは出なかったのですが、何故かオイラだけ発熱。(何でだ?)

最高記録は39.8℃をマーク!!

いえーーい!!(アホ)

とりあえず、2日間寝まくってたら平熱に近いぐらいに下がってくれましたが、健康でいられるっちゅうのは本当にありがたいことですねー。

皆さんも気をつけて下さいね。
by nishinelureworks | 2011-01-28 08:45 | 日常日記 | Trackback

塗るか磨くか

モールド製作に使う、真空脱泡機のチューニングをしてます。

d0145899_152376.jpg

昨日14mmの穴をあけたチタン板をひとまず組んでテストしてみました。

この真空脱泡機は、ジャーの中を真空状態にする事によって、負圧で材料の中の泡を取り除く機械なんですけど、今まではジャーのサイズが小さくて、小さなモールドしか作れなかったので、ジャーのサイズをアップしてデカイモールドを作れないかと画策中。

この春に発売予定のオチアユ君シリーズを製品化するのにデカイモールドを作る必要があるので、どうしてもクリアーしなければならないハードルです。

そこで、チタン板でサイズアップしたテーブルトップに、巨大ジャーを導入する事にしました!!

d0145899_6182970.jpg
                   (左:現在使用中のジャー、右:巨大ジャー)

これだけデカイジャーなら、スイムベイトのモールドだって作れそうです!!(喜)


んで、テスト結果ですが、泡を抜き取るのに必要なマイナス30気圧まで減圧できる事は分かったのですが、何処ぞから空気が進入してくるのか、マイナス30気圧まで下がるのにエラく時間が掛かってしまいます。(汗)

で、原因を色々考えてみましたところ、どうやら、これ↓が悪さをしているみたい。

d0145899_215840.jpg

チタン板の鮫肌が原因かも?

空気が進入してきそうな場所はシーリング剤&シリコンパッドで完全にシーリングしているので、考えられる理由は、この鮫肌のみ。

テーブルトップには空気進入防止用のシリコンパッドをチタン板の上に装着しているのですが、どうやら、チタン板の表面の鮫肌を伝って空気が進入しているのではないかという気がします。

鮫肌によってできるチタン板とシリコンパッドの隙間なんて、たかが数ミクロンの世界の話だと思うんですけど、マイナス30気圧はそれも許してくれないみたい。(どんだけ微妙なんだ?)


これを解決するにはチタン板の表面を鏡面仕上げにする必要がありそうですねー。

チタン板を磨きこむか、それとも、チタン板をペイントして鏡面状態を作り出すか。

んー、悩みますねーー。

今日一日、このことで頭が一杯になりそうです。(笑)
by nishinelureworks | 2011-01-26 02:33 | ルアー開発 | Trackback

先日もらったチタン板(記事)に穴を開けてみました♪

d0145899_1094351.jpg

14mm径の穴が欲しかったのですが、手持ちのハンドドリルに14mmドリルが付けられなかったので、H湖のTakaちゃん宅に行って穴をあけさせて貰いました。

さすがはログハウスビルダーのTakaちゃん、プロ仕様の高級ハンドドリルを持ってたので、それを借りて穴あけ!!

パワフルなドリルでスムーズに作業が完了しました!!(Takaちゃん、ありがとう!!)


んで、穴を一個開けて、んじゃ帰るわーーー。(笑)

穴を一個あけるために片道30キロ。往復60キロ。

ご近所だと思ってたんですけど、よく考えたら全然近所じゃないっすね。(爆)


今晩は、このチタン板を機械に取り付けてチューンナップです♪
モールド製作マシーンのパワーアップが成功するといいなーー!!
by nishinelureworks | 2011-01-25 10:20 | ルアー開発 | Trackback

ニシネアナログワークス

太っちょクランクのマスターモデル作りが進行中です。

まずはミドルダイバー君から製作中~♪

d0145899_9342625.jpg

何時ものことではありますが、完全手作りのマスターモデル。

通常、リップなどのセッティングはCADとか高度な切削機械を駆使して精度を出していくのが普通ですが、そんなもん無いので、NLWでは当たり前のように手作りです。(笑)

ウッドをシコシコと削ってリップを作り、取り付け位置も装着角度も全て勘。(爆)

そして、手作りで作ったマスターモデルをシリコンで模って複写。

最先端技術の欠片も無いアナログ的な手法です。


正直、超時代遅れな方法である事は間違いないですし、最先端技術と比べると精度は低いですが、僕はこの方法が凄く好きなんですよね~。

たぶん、自分の性に合ってるんでしょう。

って訳で、今日もニシネアナログワークスしてます。(笑)
by nishinelureworks | 2011-01-24 10:15 | ルアー開発 | Trackback

デカビー完成!!

デカビーツァのMCラージマウス&MCスモールマウスが完成しました!!

d0145899_4593243.jpg

この2色をもって、ようやくデカビーツァ全色が完成しました!!(喜)


d0145899_512839.jpg

2匹のバス君達♪

この2カラーはクロームカラーベースで仕上げているのですが、あえてギラギラクロームではなく、マットクローム調の風合いにしてます。

色々と試行錯誤したカラーだけに、たまらん可愛いです。(笑)


d0145899_562135.jpg

MCラージマウスの背中のグリーンパール。

個人的にかなり気に入ってますーー♪


順調に行けば、今月末ぐらいには店頭に並び始めると思いますので宜しくお願い致します!!
by nishinelureworks | 2011-01-23 05:08 | 出荷情報 | Trackback

今日の太っちょクランク君

ようやく、太っちょクランク君のウロコ彫刻済みプロトモデルの第一号機が完成しました!!

d0145899_16442317.jpg


d0145899_16444239.jpg

段々それっぽくなってきましたよ~♪(喜)

次の仕事は内部構造やリップセッティング等の煮詰めです。

それぞれのモデルで狙う水深や対象カバー、そして釣法が異なってくるので、それぞれのモデルに適したアクションを模索して行きたいと思います。

っても、ボディー形状が決まった時点で、潜在能力の八割方は決まってくるので、ここからの仕事はボディーが秘め持っている潜在能力を如何に無駄なく、限界点まで引きだせるかという点が、これからの勝負です。

特にこのルアーの場合は、アクションレスポンスが最大の武器なので、既存のNLWルアーに施している機構とは全く違ったアプローチが必要そうになりそうですねー。

日々チャレンジあるのみですね!!
by nishinelureworks | 2011-01-21 16:56 | ルアー開発 | Trackback

新コーナー 『from Michinoku』 始動!!

ブログに新カテゴリーを追加させて頂きました!!

今年から東北の住民さんにNLWプロスタッフに正式にご加入頂き、このコーナーで暴れまわって頂こうかと思っております♪(笑)

新カテゴリー名は、『From Michinoku』

何のひねりも無いカテゴリー名ですが(笑)、カッコいい名前は身に余るとの東北の住民さんのご希望でシンプルな名前に決定しました。(東北の住民さんらしい。笑)

と言うわけで、一発目は先日の琵琶湖遠征の時のお話です!!

d0145899_253781.jpg


■ フィールドコンディション
フィールド:琵琶湖
天候:晴れ
気温:0℃~6℃
水温:6.2℃~8.2℃
風:西南西の風 風速2m
水色:クリア


この日は、琵琶湖プロガイドの長谷川耕司さんに案内して頂きました。

AM10:30釣行開始。

まずは、北湖東岸の、ボディーウォーターが絡むフィーディングスポットをチェックするということで、沖ノ島をチェックしました。

しかし、ノーバイト。

そこで、移動することになり、水深約10mのフラットに存在する魚礁へと向かいました。

この魚礁は、山形に積まれた形状をしており、エッジが水深約10m、トップが水深約4mとのこと。

ここではまず、長谷川さんが魚礁のエッジをスイムベイトでチェックし、40upをキャッチ!

ここで自分は、エッジで40upが釣れたことから、もっとデカイヤツはトップのピンスポットに陣取ってる?と考えました。

そこで、トップをかすめる様に通し、バスを浮かせてバイトに持ち込む事を意図し、オチアユWP125Sをチョイス!!

この時は操船を任されていましたので、ボートの影を魚礁へ落とすことの無い様にボートポジションをずらし、アプローチを開始。

トップを跨ぐ様にフルキャストし、カウントダウン後、ラインのテンションを抜きつつリトリーブしました。

すると、ルアーが魚礁のトップに差し掛かった辺りで、『グンッ☆』とロッドに力強い生命感が伝わりました!!!

この時、ふと、昨年の琵琶湖遠征でのバラシが脳裏を過ぎり、ハラハラドキドキしましたが、慎重に寄せ、ランディングすることに成功!!!!

2011年の初バスとなる、52cm2450gの綺麗な魚体のバスをキャッチしました!!!!!

d0145899_24540.jpg

一年越しの、琵琶湖でのオチアユWP125Sフィッシュに感無量でした♪♪♪

この後は、魚の反応を得ることが出来ずに、PM16:00、釣行終了となりました。

とても楽しい濃密な時間を過ごさせて頂き、オチアユ君には記憶に残る一匹に出逢わせて頂きました♪♪♪

バスフィッシングって、本当に面白い!!!と、実感した琵琶湖釣行でした♪♪♪

ちなみに、二日目と三日目はデコりましたが、それでも、本当に面白かったですよ♪♪♪

タックルデータ↓↓
ロッド:テクナGP70CHJ
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb
ルアー:オチアユWP125S



東北の住民さん、ありがとうございました!!

『from Michinoku』楽しみにしてますね!

東北の住民さんのフィッシングスタイルって、自分が理想としているパワーフィッシングに極めて近くて、何時も凄い勉強をさせて頂いています♪

つか、あの爽やかなルックスとは裏腹な豪快な釣りスタイル&凶暴な?釣果は、ギャップがありすぎて素敵すぎます。(爆笑)

ちなみに今回ビッグフィッシュをキャッチされたオチアユWP125Sですが、下記チューニングをされて使われたそうです。

d0145899_228750.jpg

フック:ST-46RD#3(リアフックのティンセルは東北の住民さんの自作)

先日の投稿(記事)を見てH湖のTakaちゃんから、何でフックを折らずに曲げてあるんだろう?って質問があったので、東北の住民さんに聞いてみましたところ、

”安全かつ綺麗に折るのはちょっと難しいので、曲げてるだけです!(笑)”

との事でした。(笑)

確かにST46の極太ワイヤーを安全にカットするには、ヤットコか何かの工具が必要になってくるので、曲げるのは大アリですね!!



それにしても、今回の東北の住民さんの琵琶湖釣行ですが、後でお聞きしたら通常は8時間程で行ける道程を、今回は凍結によるスピード規制が入ったり、ホワイトアウトするぐらいの猛吹雪(これはマジ怖い)に遭遇したりで、往路、岐路ともに12時間掛かったそうです。

真冬に片道700kmオーバーの道のりを走破して釣りに行こうって時点でアホすぎですが(笑)、更に琵琶湖では車中泊だったそうな。(絶句)

もうね、凄すぎと言うか、色んな意味で突き抜けちゃってますね。(笑)

東北の住民さん、ありがとうございました!!

『from Michinoku』、楽しみにしてますねーー!!

■ from Michinoku  http://beatour.exblog.jp/i33
by nishinelureworks | 2011-01-20 02:50 | from Michinoku | Trackback

今日の太っちょクランク君

太っちょクランクのマザーモールドが完成しました♪

d0145899_563742.jpg

ウロコ彫りマスターモデルのモールド。

これからこのモデルを複写し、各モデル用のマスターモデルを作ります。

今のところ、スーパーシャロー、シャロー、ミドルディープの3機種ぐらいを作ってみようかと思っています。

ワンオフで作った初期プロトモデルでは、かなり良い動きが出ていたので、これを再現と言うか、超えるものを作りたいですね!!
by nishinelureworks | 2011-01-19 05:10 | ルアー開発 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30