Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

デカビーツァで53.5センチ ~ 亀山湖より

木村さんから頂いた釣果報告をご紹介させて頂きます!!

2月26日に亀山湖でビッグフィッシュをキャッチされたそうです!!(おりきさわボート


d0145899_245395.jpg

デカビーツァで53,5cm、2420gのビッグフィッシュ!!

木村さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!

朝におりきさわボートから出船して、おりきさわ周辺のベントしている所のインサイドを中心にデカビーツァ(ラージマウスバスカラー)でせめて行き、
アウトサイドに流れ込みがあるインサイドのオーバーハングの下に流れ着いた木やゴミがあるポイントキャッチしました。

前日に春一番が吹いた次の日で北風に変わりつつあるタイミングでの一本です。

インサイドで水深80センチ程しかない場所なのでスポーニングを意識している魚と思われます。
ニシネさん、いつもデカビーで釣らせてもらってます。

結構険しいカバーにも投げていて岩盤などにもぶつけてしまいリップが無くなってしまうのですが…リップレスデカビーのなにかいい活用方法ありますか??
基盤リップを装着したんですがイマイチでして…
これからもいいルアーを作ってください!!

タックル
ロッド FDU170M
リール アルデバランMG7
ライン フロロカーボン15ポンド
ルアー NLWデカビーツァ(ラージマウス)」



木村さん、ありがとうございました!!

ビッグフィッシュキャッチ、本当に嬉しいです!!(喜)

亀山湖のバス君って、もの凄くヘルシーな体型をしていますね♪

都市圏近郊にこんな素晴らしい釣り場が存在するなんて、本当に素晴らしいですね。(感動)

人間的にはまだ真冬とも思える2月26日ですが、水中は徐々に春にシフトしていっているんでしょうね~。
自分としても、デカビーツァが亀山湖でも効くことが分かって非常に嬉しいです!!


昨年のテスターさん&モニターさんのテスト実績では、3~6月ぐらいに掛けてデカビーツァによるビッグフィッシュキャッチが集中しています。
んで、テスト実績から推察するに、プリ~アフターにかけてがデカビーツァが本領発揮する季節ではなかろうかと感じています。
まだまだ未知数の部分もありますが、ぜひ色々試してみて頂けると嬉しいです♪(それぞれの時期で有効な使い方は異なると思います)


そんな事はさておき、デカビーツァのリップが折れてしまったとの事で本当に申し訳ありません。
心よりお詫び申し上げます。

リップ折れデカビーツァの活用法ですが、近日中にリップレスチューンの方法をご紹介させて頂きますね。

それと、つい先日の事になるのですが、デカビーツァのリップ強度を上げられる極めて簡単で有効なチューニング方法を発見しましたので、こちらも近日中にご紹介させて頂きたいと思います。(現在、最終テストを行っているところですので、もし間に合えば明日のブログでご紹介させて頂きたいと思います)

木村さん、本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-03-31 03:00 | 釣果報告 | Trackback

デカビーツァで50UP! ~ 琵琶湖より

愛知のNO-LIMITさんより頂いた釣果報告をご紹介させて頂きます!!

琵琶湖でビッグフィッシュが釣れたそうですよーー!!

d0145899_0153390.jpg

デカビーツァ丸呑みの51センチ!!

NO-LIMITさんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

東北、関東が酷い事になってる時に釣りしてました。
3月11日金曜日の晩から出掛けたので、かなり酷そうな事しか分からないまま琵琶湖にいました。
13日の日曜日に帰宅して被害の詳細を知り絶句しました。

震災に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、チャリティールアーの件、微力ながらも喜んで協力させて頂きます。

以後リポートですが、今年初の50アップとデカビーツァ初フィッシュが釣れた喜びが文面に出てしまう点、こんな時に不謹慎ではありますがお許しお願い致します。

ここ最近、釣り仲間が続々と50アップを上げる中、自分だけが取り残されていました。
何とか釣りたくて3月11日晩、北湖某所に出撃しました。

ニシネルアーではないので詳細は省かせて頂きますが、ライトリグで57cm(3500g)と40cmが釣れました。
d0145899_019352.jpg

やっとアップが出たので喜びと安堵感でいっぱいでした。

その後全くアタリがないので、12日午後から思い切って南湖へ移動しました。

そこは隣接した2つのワンドの間を仕切る流れ込みがサンドバーを形成してる場所。

奇しくも自分が2年前、ニシネルアーと井上特攻隊長に出会った場所(と思われる)。
(と思われる)と書いたのは、おおのさんで西根さんがカービングの実演をされた時に、井上さんと少しお話できたのですが、後から考えると、あのタッパ、あの目つきがそのポイントで会った人と同じに思えてならないからです。

井上さん(と思われる人)はその時56cmを上げてました。

「これで釣りました。」

と見せてくれた鱗まで彫り込まれた赤いクランクと見慣れぬパッケージ。

これらも、今では見慣れたビーツァかブレクラにニシネルアーのパッケージだったように思えます。
そんな運命の(と思われる)場所で名古屋で聞いた井上さんの言葉を思い出しました。

「西根さんのルアーの力を信じて投げ続けてる。」

57cmを釣った余裕に運命の(と思われる)場所と特攻隊長の言葉が、自分にデカビーツァのみ投げ続ける力を授けてくれました。

16時少し前、ウイードの上をノタノタと時々引っ掛かりながら引いてると、

(ん!?ウイード!?…が動いて、るっ!)

(るっ!)でフッキング。

確かな魚の手応えが(喜)!

d0145899_021676.jpg

上がったのは手尺で40cm。

心の中で(西根さんありがとう!)と言ってました。

この事が更に自分に力をくれました。

投げ続けて19時過ぎ、ノタノタ引きからウイードコンタクト後に少し浮かせて巻き始めに、

[ゴッ!]
(キタ!!)

と反射的にフッキング。

(手応えが違う!)
(きっとアップいってるぞ!)

と跳ねさせないように浜に引き上げました。

d0145899_0214245.jpg

デカビーツァをガッツリ咥え込んだバスは51cmありました!

「西根さんありがとう!」

と今度は口に出てました。

57cmの時はスケール持ってる仲間がいたから重さが分かりましたが、この時はいなかったので残念ながら測定できませんでした。

おそらく2.5kg前後かと思います。

その後は22時頃までやりましたが、ノーフィッシュ。
次の日の朝もノーフィッシュで帰還しました。



NO-LIMITさん、ありがとうございました!!

『ありがとう』と言うべきは、僕の方ですよ!!

ナイスフィッシュを釣って頂き、本当にありがとうございます。(大感謝)

釣果報告を頂くのは何時も本当に嬉しい事なのですが、こういう時だからでしょうか、何時も以上に嬉しくてしょうがありません。(感涙)

ああ、釣りに行って下さっている、と。
本当にありがたいな~って。

ホント、もの凄い元気を頂きました!!

NO-LIMITさん、本当にありがとうございました。

そして、2本のビッグフィッシュキャッチ、本当におめでとうございます!!(祝)

また何か釣れましたら是非是非教えて下さいねー!!
by nishinelureworks | 2011-03-30 00:27 | 釣果報告 | Trackback

SD85Fでビッグラージマウス! ~ケンタッキーレイクより

しばらく掲載を休止していた釣果報告ですが、ボチボチ再開させて頂きますね。

シカゴの藤河さんより、3月初旬に頂いた釣果報告です!!

d0145899_23115079.jpg

58センチ、3.2キロのビックラージマウス!!

d0145899_23131548.jpg

でっかい口ですね~~!!!

藤河さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!

先日のケンタッキーレークでの7.1パウンダーの報告です。

田辺選手や清水選手の活躍を見て、いつかは釣りをしてみたいと願っていたケンタッキーレイク。

シカゴからはほんの700km弱(笑)と中西部では隣町感覚なので、ドライブがてら釣りに行ってきました。

まだまだ湖面は凍りつき、気温も0度前後をうろついているシカゴとは違って、まっすぐ南へこれだけ下がったケンタッキーということもあって、当日の気温は14度、水温は10度と、厚着していると気温差にむしろ汗ばむほどの陽気。

バスボートで流しながらポイントを探っていったのですが、この日はシャローへ上がりきってはいないのだけど、その手前の15~8フィートラインに活性の高い魚は集まっている様子。

ボーターはラトリンログとスプーンビルミノーをメインに、そして後ろの自分はNLWのSD85Fをメインに小刻みなジャーキングで、サイズ30~40cmクラスのバスを半日で10匹ずつくらいキャッチ。

風裏にあたるワンドの入り口に差し掛かったエリアで、突然自分のロッドが重くグ~ンとしなる。

一応、軽くアワセたのだが、まったくウンともスンとも言わずに、そのまま重みがロッドにズンとかかり続ける。

その間もボーターは後ろの状況など知らずにエレキでどんどん前方へ流していくので、「ちょっと止まってくれるかなあ、魚がかかったみたいだけど、もしかしたら何かにひっかかってるのかも・・・」なんて曖昧な呼びかけでボートを止めてもらおうと考えた矢先、水面がモワッと乱れた。

「ヒット!」、そうボーターに伝え、急いでボートを止めてもらう。

朝から釣ってきたバス達に比べるとファイトがずいぶんと重いので、「ナマズが釣れたかな・・・(アメリカのナマズってデカイんです:(笑)」とも思っていたのだが、水面へ上がってきた魚は結構なサイズのバス。

計測してみたら、58㎝/7.1ポンド(約3.2kg)の大物!

琵琶湖やテキサスの情報を見ていると、毎日のようにロクマルや10ポンドオーバーが報告されているので、それほど大騒ぎするほどのサイズでもないんじゃないのと笑われそうですが、昔南部に住んでいた頃には数匹釣ったことがあるのですが、シカゴへ移ってからは初の6ポンドオーバー。

イリノイ州といっても本州くらいサイズがあるので南と北の端にあるシカゴでは状況がまったく違うのですが、冬はマイナス20度以下にもなるシカゴ周辺では、「ウィンターキル」といってラージマウスバスなどの寒さに弱い魚が冬の間に死んでしまう現象があるために、6ポンドオーバーはスーパートロフィーとされています。

それだけにいつも6ポンドを越えるのが夢だったのですが、約10年ぶりとなる「ついに!」といった感じ。(こいつを釣ったのは、ケンタッキーですが・・・。汗)

バイトがあったのは、水深20フィートから3フィートまで一気に変化するかけ上がりに位置するボートランプ脇で、単調に2回ジャークを入れては軽くポーズを繰り返していた最中のふっと力を抜いた瞬間。

ガバッと飛び出してくる感じではなく、突然重くなったのでひっかかったのかと思いましたが、一応アワセといてよかったです。(笑)

ロッド:フェンウィック・ワールドクラス6.6フィートMH
リール:シマノ・旧メタマグ
ライン:バークレー20lbXT
ルアー:NLW/SD85F



藤河さん、ありがとうございました!!

10年ぶりの6ポンドオーバー、本当におめでとうございます!!(祝!)

ケンタッキーレイク、何時か行ってみたいですねーー。
つか、ホント、釣りに行きたいです!!

藤河さんがこのビッグフィッシュを釣られたのはFLWのBFLトーナメントのプラの時だったそうです!!

ちなみに本戦は70歳のおじいちゃんに当り、

サンダーストーム確立100%予報の大荒れケンタッキーレークで、時速100Km以上でバスボートを疾走させるおじいちゃんを見ながら、本気で無事に帰れますようにって祈ってました。

ちなみに結果は。。。

なんと、なんと、おじいちゃんぶっ飛ばしすぎて片道1時間半も走った挙句に、お互い1匹ずつ釣った時点で、一言「体が冷えてきたみたいじゃ・・・」。
そして爆走2時間でまだ誰もいない会場に戻り、見事早期リタイア!


だったそうです。(笑)

こういうお話をお聞きすると、ホント、バスフィッシングってアメリカの文化なんだなーって思います。
70歳になりながらも100キロオーバーでバスボートをかっとばすおじいちゃん、カッコよすぎですね!!

藤河さんからは、他にも釣果報告を頂いておりますので、また後日ご紹介させて頂きますね。


藤河さん、本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-03-28 23:25 | 釣果報告 | Trackback

チャリティールアー完成間近

ただ今、チャリティールアー第一陣の最終コート中です。

やっとこさ、最終工程まで辿りつきました~。

d0145899_2555174.jpg
                    (写真はカラーリング工程中のルアー)


詳細はルアーが完成してからご紹介させて頂きたいと思いますが、とりあえずカラー名だけ発表させて頂きますね!


カラー名は、

『Happy Smile JAPAN』

普段のNLWルアーとは全く感じの異なるカラーに仕上がる予定です。

笑顔が日本に戻る事を願って、このカラーを作りました。

近日中に詳細のご報告&ご予約の受付を開始できると思いますので宜しくお願い致します。
by nishinelureworks | 2011-03-28 02:57 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

AFV面白すぎ♪


           (Best Fishing Bloopers / America's Funniest Video)


埋め込みコードが取得できないのでここには貼り付け出来ませんが、
この動画もかなり面白いですよー♪ → http://www.youtube.com/watch?v=9oHMyZPj3cU

たまには息抜きを~003.gif
by nishinelureworks | 2011-03-26 23:14 | 動画 | Trackback

北嶋君のエリート同船記の続き

北嶋君がエリート同船記の続きを書いてくれています!

http://kazukitaji.exblog.jp/14490978/


今回は3日目に同船したスティーブン・ブローニング編です。

いやぁ、ホント面白い記事でした。

オイラも何時かマーシャルプログラムに参加してみたいなーー!

北嶋君、ありがとう!!

■ ポール・アライアス編
■ リック・クラン編
■ スティーブン・ブローニング編
by nishinelureworks | 2011-03-25 22:55 | アメリカトーナメント | Trackback

デカビーツァ再出荷!

デカビーツァ、およびビーツァM5&M7の再出荷が完了しましたのでお知らせ致します。

今回の出荷は下記の取扱店様に出荷させて頂きました。

■ OPA!  

■ スーパーブッシュ

■ ルアーショップおおの(*ウェブサイト内のニュースBlog内に詳細をご掲載下さっています)

■ プロショップオオツカ


もし宜しければ、何卒宜しくお願い致します!!


追記
関東地方の取扱店様の通信販売をご利用される場合ですが、
東北地方以外はほぼ平常通りの配送が可能になってきているそうです。
by nishinelureworks | 2011-03-25 02:07 | 出荷情報 | Trackback

春は確実に訪れる

http://blogs.yahoo.co.jp/ayueri71002/64179135.html
by nishinelureworks | 2011-03-24 00:43 | 未来の釣り場へ | Trackback

Voice From The Water 『へこんでいる暇は無い』

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。

あと数日で2週間の時が過ぎる事になります。
しかし、未だに被害の全容が見えてきません。

沢山の人達の命が失われ、そして、今もその数は増え続けています。
そして福島で発生した原発事故。

福島エリアには友人も沢山居るので非常に心配しています。


正直な話、自分には大地震の恐怖も、津波の恐怖も、ましてや放射能の恐怖なんて全く想像が付きません。
そして、家族を失う悲しみや、家を失う悲しみや、仕事を失う苦しみも本当の意味では理解できていないと思います。

被災地の方々に何か励ましの言葉でも、とも思いますが、何も言葉が見つからないというのが今の正直な気持ちです。

ただひたすら皆さんのご無事とご安全をお祈りするばかりです。



話は変わって、地震発生以来、時間が許す限りテレビのニュースを見るようにしているのですが、一つだけどうしても違和感を感じてしょうがないことがあります。

レポーターの人が、被災された方にインタビューをし、そしてインタビューの締めくくりに”頑張って下さい”との言葉を掛けるシーンを度々目にします。

僕は、この頑張って下さいという一言にとても大きな違和感を感じてしょうがないです。

レポーターの人は、励ましのつもりで言っているのかもしれませんが、
この人は自分が投げかけた言葉の意味が本当に分かっているのか?って思ってしまう。

家族を失い、家を失い、仕事を失い、全てがゼロになり、絶望の淵に居る方々・・・・。
生き伸びるだけで精一杯の方々に、これ以上何を頑張れと言うのか?

人間、希望が無ければ頑張る事など出来ません。

中には頑張れと言う言葉で頑張れる人も居らっしゃるかもしれませんが、
人間の感情は、そこまで単純なものでは無いと僕は思います。

励ましのつもりの言葉が、時には人を傷つけ、重荷となる言葉にもなりえると言う事を知って欲しい。

頑張って下さいと言う前に、まず頑張らなきゃならないのは自分達。

僕はそう思います。

そして、被災地の方々が自らの意志で頑張りたいと思って頂けるような状況を作っていく事こそが、被災していない自分達の役目だと思うのです。



被災していない方々からは、こんな話も聞きます。

自分は無事だったので被災地の方々に申し訳ない。

僕はこれも違うような気がします。

被災地の方々に申し訳ないから、何事も自粛せざるを得ないのでしょうか?


とても冷たい言い方に聞こえてしまうかもしれませんが、誤解を恐れずに言わせて頂くなら、

被災地の人達の事を心配し、心を痛めたとしても、自分まで不幸せになる必要は無い。

僕はそう考えています。

自分が不幸せになってみたところで、誰も幸せになりません。

言葉を変えて言うなら、不幸せな人が、他人を幸せにする事など出来ないと思います。

でも、自分が幸せであれば、自然と周りの人も幸せになれる。

幸せって、そういうものではないかと思います。

自分が無事であったことに感謝し、今の自分の生活に感謝し、自分がやるべきことに懸命に取り組む。
そして、自分に与えられた幸せは、誰に憚ることなく思いっきり幸せに感じれば良いと思います。

それは被災地の方々に無関心になると言う意味ではなく(無関心こそが一番冷たい仕打ちです)、被災者の方々の事を心配し、心を痛めたとしても、前に進む強い意志。

それが本当の意味でのサポートに繋がるのではないかと思います。

もし自分が病気になった時、周りの人達も病気になればいいのにと、他人の不幸を願う人は居るでしょうか?

もし自分が病気をしたなら、悲壮感満点の顔で看病されるよりも、笑顔で看病された方が何倍も嬉しいと思うし、元気になれるはず。

僕はそう信じています。



先日、東北の住民さんより、是非チャリティールアーに協力したいと言う申し出を頂きました。

被災地にありながら、より大きな被害が出た地域の方々の事を心配し、自分にも何か出来る事は無いかと仰る東北の住民さんの気持ちに心打たれました。

自分が大変な時でも、周りの人の事を思いやる優しさ。


チームトーホクの相棒AYSさんも、ご自身のブログにて笑顔で前に進んで行きたいと書かれています。

http://blogs.yahoo.co.jp/ayueri71002/64159044.html


どんな困難な状況下でもポジティブな気持ちを失わない強さ。

本当に強くて優しい人達だと思います。


僕は学者じゃないので現在の福島のフィールドが釣りに適しているかどうかは分かりませんが、お二方は、既に釣りに行かれたようです。


宮城のユーザーさん(2名)からも、早く釣りに行きたいので、1日でも早く復興できるように頑張ります!とのメールを頂いております。


もうね、こんなお話を聞いてしまうと、全く被災もせず、五体満足な自分がへこんでいる暇なんてありません!!

僕はルアーを作る事しか出来ないけど、何時か被災地の皆さんが釣りに行ける日が来た時に、思いっきり釣りを楽しんで頂けるようなルアーを作る事。

それが自分の使命と考えています。


厳しい状況はまだまだ続くと思います。

でも、もう少ししたら、桜が優しい花を咲かせてくれるでしょう。

そして、被災地のバス達も、例年と同じくスポーニングし始めるでしょう。

何があっても懸命に生命をまっとうする。


自分が過ごしている今日という時間は、お亡くなりになった方々が生きたかった明日です。

僕達はその事を決して忘れてはいけないと思います。



皆が力を合わせ、力強い復興の花を咲かせましょう!
by nishinelureworks | 2011-03-23 04:54 | Voice From The Water | Trackback

テリー・ブッチャーより

テリー・ブッチャーから届いたメッセージです。

d0145899_5171155.jpg
                    (画像拝借 http://www.terrybutcher.com/


Let them know they are all in my prayers as I can't imagine what they must be going thru.

God Bless them.

Terry Butcher



この状況を乗り越えていく為に何をしなければならないか自分には想像も付きませんが、
皆さんの事を祈っていると伝えてください。

皆様に神のご加護がありますように。

- Terry Butcher (Bassmaster Elite Angler)


Thanks Terry!!



追記
PAA(Professional Anglers Association)のサイト上でもアメリカ赤十字を通じて募金活動が始まりました。
http://fishpaa.com/
by nishinelureworks | 2011-03-22 05:09 | 未来の釣り場へ | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31