Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Ishのコメント

先週末は熱い日曜日でした!

何が熱いって、レイク・オキチョビで開催されていたエリートシリーズ第2戦でイッシュが勝った!!

もう嬉しくて嬉しくて♪(喜)

d0145899_22551090.jpg
                     (写真拝借:バスマスター


■ ファイナルスタンディング

と言う訳で、イッシュからコメントもらってますので、下記にご紹介させて頂きますねー。

Main pattern : Flippin flat reeds
メインパターン:フラットのリーズでフリッピング

Main tackle :
Rod : Daiwa Steez 8ft Flippin Stick
Reel : Daiwa Zillion type R reel
Line : Samurai braid 70 lb
Lure : Missile Baits D Bomb Bruiser Flash

The key was fishing the ditches on the flats. Fishing slow. And the bait.
Caught many bass I only weigh in the big ones. 25 to 30 fish a day. Never saw any fish to flip to.
キーはフラットにあるディッチ(溝)を釣る事、スローに釣る事、そしてルアーだった。
毎日25~30匹のバスをキャッチし、ビッグフィッシュのみをウェイインした。
フリップしている時に、魚を見る事は無かった。(サイトフィッシングではなかった)


と、以上のコメントをもらいました。
同じエリアを沢山の選手が釣っていたにも関わらず、何故イッシュがぶっちぎりのウェイトを出すことが出来たか、非常に興味深いですね~。

昨年9月も、ニューヨーク州のレイク・オネイダで開催されたバスマスター・ノーザンオープンで優勝をしたイッシュ(バスマスター記事)ですが、エリートシリーズでは、2006年のレイク・アミスタッド以来の優勝となりますね!

イッシュおめでとう!!

d0145899_23102090.jpg
                     (写真拝借:バスマスター


Congratulations!! Ish!!


そのイッシュですが、フロリダのオキチョビが終了後、直ちに移動し、現在はテーブルロック・レイクで開催されているFLWツアーに参戦中。

グーグルマップで見たら、ざっと見てもレイク・オキチョビとテーブルロック・レイクって、直線距離で1500キロぐらいあるんですよね~。

トップクラスのプロアングラーってホント、すげーーーー!!(驚)

プロアングラーと言う職業は、あらゆる意味でつくづく過酷な職業ですね~。


と言う訳で、レイク・オキチョビ戦の模様は、雨貝さんがブログで詳しく解説されておりますので、是非ご覧ください!!

■ 秘密のアマケンノート
by nishinelureworks | 2012-03-30 23:18 | アメリカトーナメント | Trackback

プレゼント企画当選者発表!

プレゼント企画の当選者様を発表させて頂きます!!

今回頂いたご応募数はなんと!

287名様!!

沢山のご応募を頂き本当にありがとうございました!!


今年もNLW伝統の紙クジにて抽選させて頂きました♪
d0145899_8154580.jpg

287名様分の紙クジ!!

d0145899_13335089.jpg

どれがいいかな~?どれがいいかな~~?と真剣に選ぶ娘達。

今年は、切り離した紙クジを半分に折りたたむという重要ミッションも任された娘達。
紙クジ作りを通して娘たちの成長を感じとりました♪

d0145899_13374171.jpg

こうやって、一生懸命手伝ってくれるのはあと何年かな~~~?


と言う訳で、下記に当選者のお名前を発表させて頂きます!!

■ ファットブル4(ピンクバッククローム)

福岡県のchika様

埼玉県のK-Project様

長野県の432様

茨城県の守谷の挺身隊様

東京都のるるるのる様

秋田県ののり蔵様

千葉県のTAKA様

大阪府のskip様

神奈川県のざんぞう様

埼玉県のJollyroger様

と、以上の10名様が当選者のはずだったのですが、今年もまた娘が間違えて1枚多く引いてしまったので、特別にオマケ賞を贈らせて頂く事にしました!

そんなオマケ賞をゲットされた方は、

千葉県のしおんパパ様!!

どんなオマケ賞かは届いてからのお楽しみという事で待っていて下さいね♪



そして、デッドストックのドリームラッシュ・ペンシルの当選者は下記の通りです!!

■ ドリームラッシュ・ペンシルベイト110㎜(ブラウントラウトカラー)

神奈川県の村田泰夫様



ご当選された皆様、おめでとうございました!

ご当選された皆様には、後日、ご案内メールを送らせて頂きますので、ルアーの送り先ご住所をご返信頂ければ幸いです。


そして、今回残念ながら外れてしまった皆様、本当に申し訳ありませんでした!
またプレゼント企画を開催させて頂きたいと思いますので、これに懲りず是非再挑戦して頂けると嬉しいです!

皆様から頂きましたアンケート結果は、集計ができ次第当ブログで発表させて頂きますね。

個人的に、かなり驚きまくった内容となっておりますので、楽しみにしててください♪(笑)

皆様、本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2012-03-29 14:16 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

オチアユWプロップが琵琶湖より帰還!!

本日、稲吉さんより郵便が届きました!!

その中に入っていたのはこれ!

d0145899_2475494.jpg
                   オチアユWP125Fプロトモデル

このオチアユ君は稲吉さんが琵琶湖でずっと試して下さっていたモデルです。

もう、あちこち傷だらけだし、バスの歯型は付きまくっているし、テールフックに巻いてあるティンセルは本来はピンク色だったのですが、色が抜けて白に変色してるし、まさに歴戦の勇者。

あの稲吉さんが使いまくられ、そしてビックバスを釣りまくられたルアーだけあって、新品ルアーからは決して感じる事のない『凄み』と言うか、『重厚感』と言うか、不思議なオーラさえ漂っています。

で、そんなボロボロのオチアユ君を何故わざわざカナダまで送り返して頂いたかと言うと、

このオチアユ君は他のオチアユWPプロトよりもを圧倒的に釣れる!

と、稲吉さんから教えて頂いたからなんです。


稲吉さんには2年以上に渡って何本かのオチアユWPを試してみて頂いているのですが、その中でこのプロトモデルがぶっちぎりに食いが良いらしいのです!

稲吉さんによると、

このオチアユ君で釣れまくってる時に、他のオチアユWPプロトに交換したらバイトが止まり、そして再び、このオチアユ君に戻すとまた釣れだす!

という事を何度も経験されているそうです。(驚)


このプロトと一緒に試してみて頂いている他のオチアユWPプロトは、内部フレームもウェイトも全く同一なのに、何故そこまで大きな差が出るのか?

考えられる要素はたった一つしか無くて、ボディーの発泡ウレタンの比重の微妙な差が大きく影響しているのではないかと考えています。

ウレタンが発泡して固まる時に、モールドの温度やウレタン液温、そして外気温などの成形環境の違いによって、微妙に軽くなったり重くなったりするのですが(ボディーが大きいルアーほど誤差が出やすい)、おそらく、このプロトモデルはボディー比重がたまたまドンピシャになってくれたのではないかと思われます。

特にオチアユWP125Fの場合は、サブサーフェスの超微妙なレンジを引くルアーなので、ちょっとしたボディー比重の違いが大きな差になってくるんでしょうね~。


で、ですね、従来の製法だと、このオチアユWPに求められるような微妙なボディー比重コントロールは不可能に近かったのですが、ファットブルシリーズで編み出した新製法はそれが実現可能なんです!!

オチアユWPのファーストモデルが誕生したのは2009年8月。(記事

もし従来の製法で作ってたら10個作って1個当たりとか、当たり外れが出た可能性が高いですが、ようやく期が熟してきた感じですねー!

現在、モールド等の製品化準備を日々進めているところなのですが、ボディー比重をどうするか決めきれていなかったので、ここは一発、稲吉さんのアタリルアーを出来る限り忠実に再現したいと思います!!(シンプル・イズ・ベストという事で!笑)

稲吉さん、本当にありがとうございます!!
by nishinelureworks | 2012-03-28 03:31 | Ochiayu | Trackback

オンタリオ湖からの贈り物

昨日はFB1のフック付けの合間にオンタリオ湖に釣りに行ってきました!!

私事になりますが、一昨日の夜、小さい頃から大変可愛がってくれた叔母さんの訃報に落ち込み、
地下室で作業しているとあまりにも色んな想い出がよぎって悲しくてたまらないので、釣り竿を持って湖畔に立ちました!

自分がルアーの丁稚修行時代、くじけそうになった時、何時も母親の如き包容力で応援し続けてくれた叔母さん。
自分がくじけず修行を続け、そしてルアービルダーになれたのは叔母さんのお陰です。

10年以上闘病生活を続けてこられていたので、覚悟はしていましたが、やはり寂しいモノですね。(涙)

そんな訳で、昨日の釣りは自分の中では特別!!

d0145899_255732.jpg

■ フィールドコンディション
天候 : 曇り
気温 : 17℃
風向 : 無風
水温 : 8.2℃(ハーバーのインサイド) 7.2℃(ハーバーのアウトサイド)
水色 : クリア~ステイン、場所によって前日の雨の濁りが入ってどちゃ濁り


凪いで穏やかなオンタリオ湖畔に立つと、前日降った大雨の影響で、普段釣りをしているスポットにはどちゃ濁りが入っています。

狙いのノーザンパイクは視覚で捕食活動を行う魚らしいので、とにかく少しでも水の澄んでいる場所&ベイトフィッシュが居る場所を求めてテクテクと歩きます。

すると!

水が澄んでいる場所を発見!

その場所は、今まで釣りをしたことが無い場所ですが、水は比較的澄み、ベイトフィッシュの気配が感じられます。

そこで、ベイトフィッシュが通るであろう回遊経路を予想し、もし自分がパイクならここでベイトの群れを待ち伏せする!と思えるような、桟橋や岩などのカバー回りをオチアユミノー改で重点的に狙って行きます。

d0145899_2155653.jpg

このオチアユミノー改は、市販版のオチアユミノーをベースにして、M7のリップを移植し、サスペンドチューンしたモデル。(正確には超スローフローティング)

このルアーについては、また機会を改めてご紹介させて頂きたいと思いますが、今自分が最も投げているプロトモデルです。

16デコとか食らいながらも、不思議と釣れそうな気がして、この1か月の釣行時間の多くは、このルアーのテストに当てています。

まだ結果は出ていませんが、自分の勘を信じてオチアユミノー改君を投げ続けます!!


少しでも水温が高い方が良いのでは?という事で、ハーバーのインサイドを狙うのですが、魚からの反応は無し。

そこで、狙いをハーバーのアウトサイドに変更します!

d0145899_222881.jpg

ハーバーのアウトサイドにも巨大な岩が防波堤代わりに入れられており、かなりいい感じ♪

リップラップが伸びている場所のボトムマテリアルが砂地であることと、水温がハーバー内よりも1℃低い事から、どうかな~?と言う感じではありますが、ベイトはそこそこ確認できるし、水もハーバー内より澄んでいるので、少なくともルアーのスイムアクションチェックをするにはもってこい!!(笑)

と言う訳で、ダメもとで、オチアユミノー改君を大遠投して引いてきます。

サスペンド化したオチアユミノー改君は、重量が35g近くあることと、ブレードなど空気抵抗になるものがついていない関係で、ビックリするぐらい遠くまで飛んでいきます!

水温が低いので、スローに動かす事を意識し、デッドスローリトリーブにショート~ロングポーズを交えながら引いてきます。

すると!

ルアーの後ろにビッグフィッシュのフォローを確認!!

ドキドキする気持ちを抑えながら、ワントウィッチを入れてみます。

ルアーのヒラウチに反応し、グッと間合いを詰めてくるビッグフィッシュ!!

更にワントウィッチ入れると、また更に間合いが詰まります!!

しかし、オチアユミノー改君は、リップラップのスレスレまで来ており、次にアクションを入れるスペースがほとんどない!!(汗)

待つか?
それとも、ワンアクション入れてリップラップにルアーを当てるか?


魚はまだルアーを見ています!!

心臓のドキドキは最高潮!!

そして、意を決してワントウィッチ!!

リップラップに当てるのではなく、岩と岩の間に50センチぐらいの隙間があったので、そこにオチアユミノー改君を、トウィッチで滑り込ませます!!

すると!

なんと!

ビッグフィッシュが、リップラップの隙間に頭を突っ込んで、オチアユミノーにバイト!!(驚!)

食ってきた魚はビッグパイク!!

オチアユミノーを食ったパイクが首を反転させた瞬間、フッキングがバッチリ決まります!!

ファーレンハイトTS172MHFにゴンゴンと伝わってくる生命反応!!

しかし、ビッグパイク君も岩の隙間に無理やり頭を突っ込んで食ってきたもんだから、暴れられなくてその場でもがいています!(笑)

d0145899_2371116.jpg

沖に出られたら厄介な事になりそうだったので、TS172MHFのパワーにモノを言わせて、そのまま強引にキャッチ!!

d0145899_2422946.jpg

無事にキャッチできたのはオンタリオ湖のビッグパイク!!

サイズは77センチ3.7キロ!!

人生初のパイクキャッチに大感動!!

そして、それ以上に叔母さんの事もあって、一生忘れられない魚となりました。

普段はまずルアーを投げないような場所だったし、もしかしたら叔母さんが釣れせてくれたのかもしれませんね。

叔母さんありがとう!
そして、安らかにお眠りください。

自分はこれからもルアービルダーとして生きて行きます。
天国から見ててくださいね!

オンタリオ湖のビッグパイク君、ありがとう!!

■ 使用タックル
ロッド : ファーレンハイトTS172MHF
リール : アンタレスAR(左ハンドル)
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : オチアユミノー改(M7リップ移植バージョン)


おまけ
d0145899_2555942.jpg

桟橋の下にサスペンドするバス君達♪(ラージマウス)

解禁まであと三か月、待っとれよ~~~~!!

d0145899_302855.jpg

リップラップの岩の隙間にたまっていたミノー君達。

春ですな~~。

1週間前は、こういう光景は全く見かけなかったのですが、湖の中にどんどん生命感が増していくというのは本当に嬉しいですね!
by nishinelureworks | 2012-03-27 03:04 | 釣行記 | Trackback

ご応募ありがとうございました!

プレゼント企画のご応募を締め切らせて頂きたいと思います。

当選者様の発表は水曜日に予定しておりますので、当たるかどうか楽しみにしてて頂ければ幸いです!!

皆様、本当にありがとうございました!

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2012-03-27 00:19 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

プレゼント企画の締め切り間近!

先日、告知させて頂きましたプレゼント企画ですが、続々とご応募頂いており、本当に感謝の言葉も見つかりません。

ご応募下さいました皆様、本当にありがとうございます!

プレゼント企画のご応募は、本日いっぱい受け付けさせて頂いておりますので、もしご興味ある方がいらっしゃいましたら、下記ページを参考にして頂ければ幸いです。

■ プレゼント企画詳細
by nishinelureworks | 2012-03-26 21:47 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

釣果報告 『群馬某所で40UP!』 ビーツァM3

本日2度目の投稿です!!

バス依存2さんより釣果報告を頂きました!!

ビーツァM3のデッドスローリトリーブでナイスフィッシュをキャッチされたそうです!!

d0145899_0173349.jpg

久し振りに40アップの釣果を得る事が出来ましたので報告致します。

暴風吹き荒れる中、岸釣りに出掛けて来ました。

群馬県の郊外野池での釣果です。

水温は、夕刻で、10.5℃
野池は、季節の進行も早く訪れている様で、今期初めて、水深1メートル以浅で反応を得る事が出来ました。

今日は、デッドリーリトリーブが効果的でした。
一定層を極めてゆっくりなスピードで巻くだけ。

棒引き(正確には、フラットサイドクランクなので、時折、不規則に震えてしまいますが)で、3バイト1フィッシュ1バラシでした。
反転しない咥えるだけのバイトの時には、ハードルアーは強いですね。


バス依存2さん、ありがとうございました!!

ビーツァの棒引き!

群馬の野池でも効果があるんですね!!(喜)

詳しくはバス依存2さんの釣行記をご覧頂ければ幸いです♪

■ http://ameblo.jp/bassizon/entry-11202730160.html

ちなみに、バス依存2さんからは、追伸として下記内容を頂いておりますので、ご参考までに。

久し振りに、バスからの複数バイトを得る事が出来ました。
午前中には、控えめに申告して(笑)ブリッブリの45オーバーを同様の釣りかたでポロリ。
バラシてしまいました。
悔しいぃぃ!でも、そんな背景がありまして、この魚にめぐりあえた訳ですが(笑)

周りのライトリグで攻めていたバサーは釣れてなかったので、惹きつける何かを持っていると感じました。

そして、FB1もテストして来ました。
FB4より、ナチュラルな誘いで、ホームの蓮エリアでも良い感じで抜けてきてくれましたよ。
ブレードサイズアップの影響が大きいのですかね?
今年は、FB4との使い分けが非常に楽しみです。
期待していて下さい(笑)

また、40アップが釣れましたら報告致します。



本題の釣果報告よりも追伸の方が長いと言う。(笑)

FB1のスナッグレス性能の件ですが、もちろん、ブレードのサイズアップをひっくるめた総合バランスで成り立っていると思います。
そのあたりの事は、FB1の発売が近づきましたら裏日記で書かせて頂きますねー♪


それにしても、個人的に凄く興味を引かれるのは、今年のバス依存2さんの釣り!!

バス依存2さんって、オカッパリオンリーで毎年50匹以上の40UPをキャッチされているはずと思うんですけど(しかもほぼ関東地方オンリーで!)、今年は、フローターデビューされたらしく、一体どんだけ釣られるんだ???って、個人的に凄く楽しみにしています。

現在はフロータートレーニング中で、慣れない釣りに悪戦苦闘されているようですが、もしフローターを武器にされたら、かなりヤバい事になりそうな気がしてしょうがないです。(笑)

楽しみにしてますね!!
by nishinelureworks | 2012-03-26 00:41 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『霞ヶ浦水系の春バス君!』 ビーツァM5

茨城の長門さんより、釣果報告を頂きました!!

霞ヶ浦水系某所でナイスフィッシュをキャッチされたそうですよー♪

d0145899_23591661.jpg


昨日(西根注:長門さんよりメールを頂いたのは3月22日)、OPA!良忍氏と霞ヶ浦水系の川へクランク修行に行ってきました。

早々にシャッドで良忍氏がキャッチしたバスは色白の痩せた冬バスでしたが、直後に私に釣ったバスはプリでした。

ビーツァM5(チャートリュースシャッド)を岸から巻いてきて、pickup寸前に船べりでひったくられました。

岸とボートの間に大きなオダがあり、水深の変化が大きな場所だったようです。

その後、良忍氏がテキサスで2本追加するも、やはり痩せた冬バス。

夕方、私が釣ったポイントに近いところで良忍氏のKTWスナブノーズM5が同じように船べりでひったくられました。

やはり、プリのバスでした。

なかなか春がやってきませんが、クランクを喰ってくれるヤツはナイスサイズでした。

水中は春がちゃんときているようです。



長門さん、ありがとうございました!!

霞ヶ浦水系にも徐々に春が訪れてきているようですね!

素晴らしいプロポーションのプリバス君をキャッチして下さり、本当に嬉しいです!!(喜)

皆さんも、プリスポのクランキング、思う存分楽しんでくださいね~!


それにしてもOPA!の良忍さんは、相変わらず釣りまくってらっしゃいますね。
ホントに流石だわ~~。

良忍さんのブログも是非チェックしてみて下さい!

■ http://yaplog.jp/inframince/
by nishinelureworks | 2012-03-26 00:11 | 釣果報告 | Trackback

エリートシリーズ・オキチョビ戦2日目

フロリダのオキチョビでエリートシリーズ第2戦が開催されていますが、えらい事になってますね。

なんと!

2日目が終わった段階で、イッシュがぶっちぎりで独走状態!!

d0145899_20524862.jpg

初日、2日目とビッゲストウェイトを持ち込み、2位のクリス・レーンに14ポンド近い大差をつけた状態でトップを独走中です!

■ フルスタンディング

よっしゃーー!!イッシュ!!

そして、暫定4位にはスキート・リース!!

スキート・リースは初戦5位でしたから、今年はやってくれるかもしれませんね!

やって欲しいなぁ!AOY!!

と言う訳で、雨貝さんがブログにプラクティス~DAY2までの模様をアップして下さっておりますので、是非ご覧くださいませ~!!

■ 秘密のアマケンノート
by nishinelureworks | 2012-03-24 20:57 | アメリカトーナメント | Trackback

パイクの背中

今年は記録的な暖冬と言われているオンタリオ。

昨日の最高気温は、なんと!24℃!!

1~2週間前とか、まだガイドが凍るような日もあったのに、昨日なんて半袖短パンでOK!

もうね、大陸性気候の気温のアップダウンの激しさにただただ驚くばかりです。(驚)



と言う訳で、FB1の塗装中ではありますが、辛抱たまらず小一時間ほどフィールドへ出撃してきました!!

3日前に出撃した時は水温6℃で、今年初めての見えパイク君を発見したのですが、昨日は水温は10℃まで上がり、パイク君x2匹&ラージマウス君x2匹を確認!!

もうね、水中を泳ぐあのラージマウス独特のスイカ模様を見つけた時は大感動でした。

が、バスは禁漁中なので、狙う訳にもいかず、ただ指をくわえて眺めるのみ。(これが結構ツライ!涙)

バスの動きを観察していると、水面直下をサスペンドもしくはクルージングしているか、超ドシャローの岩の上に乗っかってじっとしているかと言う感じです。

おそらくですが、水温が上がっているのはホントの表層だけだと思うので、温められた表層水や岩の上で日向ぼっこしていたのかもしれませんね。


パイク君も、こんな感じで岩の上で日向ぼっこ中♪

d0145899_2313639.jpg

最初見つけた時は、何でオンタリオにライギョがおるん?????って、思いっきり勘違いしてしまったんですけど、よく見たらノーザンパイク君でした♪

んで、試しにこのパイク君の目の前にスモラバを落としたら、猛ダッシュで逃げられました。(笑)

ちなみに、先日からパイク君に猛ダッシュで逃げられたのは4度目と、ニシネ逃げられまくりワークスですが、なんせ、水中に生命反応を確認できるというのは本当に嬉しいものですね~。

嬉しかったのは、見えバス君や見えパイク君の他にも、ミノーかシャイナ―の群れがオンタリオ湖から入ってきていた事!!

ベイトフィッシュの群れを確認できたのも今年初めてなのですが、やっぱベイトフィッシュが居ると、釣れそうな雰囲気が盛り上がってくるっちゅうもんですよね!!


昨日は残念ながら、初フィッシュキャッチとはなりませんでしたが、諦めずに通いたいと思います。(ちなみに、現在デコレン16)

パイク君は4月1日から5月半ばまで禁漁期間に入ってしまうので(産卵期保護の為)、できれば今月中に1匹は仕留めたいなぁ。

なんせ、オンタリオで迎える初めての春。

めちゃめちゃドキドキしています!!
by nishinelureworks | 2012-03-23 23:25 | 釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31