Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ファットブル1新色!!

今回リリースさせて頂く予定のファットブル1のカラーリングをご紹介させて頂きます!!

■ FB1カラ―その1
d0145899_23171631.jpg
              チャートリュースブルーギル/Chartreuse Bluegill

デカビーツァにもラインナップしているNLW伝統のカラーですよね♪

このカラーについてはもはや説明は不要だと思いますので細かい話は割愛させて頂きたいと思いますが、FB1でどうしてもギル系カラーが欲しくて作ってみました!(笑)

んで、ブルーギルカラーを作る際に、オスギルとチャートリュースブルーギルのどちらにしようか悩んだのですが、ルアー的にはニゴリ水で使われることが多い気がするので、今回はチャートリュースブルーギルを塗ってみたいと思います!!


■ FB1カラ―その2
d0145899_23213734.jpg
                  ブラックオタマ/Black Otama


昔からよく、ソリッドブラックって釣れる!と言われておりますが、もっとも売れないカラ―とも言われているのがソリッドブラック。(笑)

元々は、BC州のPDBさんからの要望で、バンクーバー島のQ湖(昨年BSプレミアムで放送された「最後の冒険 カナダで吠(ほ)える」と言う番組で開高健さんがバス釣りをしていた湖)でビッグスモールマウスを狙いたい!という話を元に作ってみたカラ―です。

このQ湖には、ブルフロッグが生息しており、そのオタマジャクシがウィードの中に沢山いるので、それを食っているであろうビッグスモールマウスをFB1のオタマジャクシカラーで狙いたいというもの。

んで、僕も今年の春から、ソリッドブラックって釣れるの?というのをテーマにして投げ込んでみているのですが、正直、想像以上の仕事をしてくれてビックリしています!(驚)

実際の話、バスがブルフロッグのオタマジャクシを食べているかどうかわかりませんが、明らかにブラックオタマにだけに反応する時があり、何じゃこりゃ状態(笑)と言うのを何度も経験しています。

バスがオタマジャクシを食っているかどうかは色々な説がありますが、同じような体型のナマズの稚魚は絶対に食いまくっていると思いますし(トゲも毒もなく、動きも鈍く、生活圏も思いっきり重なり、そして栄養満点!←H湖とかでは完璧なるアフタースポーン回復フードになっている)、先日のLクリークとかもブルフロッグやキャットフィッシュが豊富そうな場所でしたので、ブラックオタマだけ異常反応を見せたのはそういう事も関係しているかも?って考えています。

それ以外にも、ブラックオタマが良いなぁって感じているシチュエーションは、意外かもしれませんが、バスが追いかけているベイトフィッシュが小さい場合!!

これはどういう事かというと、ブラックボディーは反射光を発しないので、バスからはブレードだけが際立って見えているのでは?って考えています。(あくまで妄想です)
もしかしたらこの妄想は間違っているかもしれませんが、小さなベイトフィッシュを追いかけまわしている時とか、FB1のブラックオタマを水面直下で早引きしたりすると、よく釣れる事があります。

色的には、単なるソリッドブラックでは何となくつまらない気がしたので、ブラック→ブルーパール→ブラックと、微妙にブルーパールが発色するようなカラーリングに仕上げてあります♪


と言う訳で、今回はチャートリュースブルーギルとブラックオタマの2色を作りたいと思っております。

受注は日本時間の7月2日(月曜日)の昼過ぎぐらいに当ブログで告知させて頂く予定です。
出来れば正午~PM1時ぐらい。遅くともPM2時までにはアップさせて頂きたいと思いますのでブログをチェックしておいて頂ければ幸いです。

今回のチャートリュースブルーギルとブラックオタマですが、受注数量にもよりますが、現在成形が完了している分につきましては7月15日~25日ぐらいのお届けを目標に作業を進めさせて頂きたいと考えております。

以上、何卒よろしくお願い致します!!
by nishinelureworks | 2012-06-30 00:17 | FatBull | Trackback

釣果報告 『フロリダにてスワニーバス!!』 SD85F

本日2度目の投稿です!!

フロリダの北嶋君より釣果報告です!!

なんと!SD85Fでスワニーバスが釣れたそうです!!

d0145899_23271764.jpg

世界で唯一ある水域でしか釣れないバスがいます。それは、スワニーバス!
フロリダ北西部を流れるスワニーリバー水系にしか生息しないと言われるこのバスは、
性格がスモールマウスに似ているらしく、激しい流れの中を好みます。

今回訪れたサンタフェリバーというフィールドは、ところどころに大きなレイダウンがあり、
そこにグラスが絡まって大きなカバーを形成していました。
当日は普段よりも増水+濁りがあったため、このカバー周りを重点的に狙うことに。
そんなときに活躍してくれるのが、SD85Fなんですよね。

d0145899_23282061.jpg

どんなに早い流れのあるところでも、リップがしっかりと水を噛んでくれてジャークしてくれます。
短距離で横飛びさせれるので、カバー周りで誘うときにはピッタリ。
N-Formのお陰でクランク並みの浮力があるために、カバーの中を狙えます。
コツは、カバークランクとは違い、「当てずに誘う」ことです。

カバーに潜む魚を、当てるリアクションではなく、ジャーキング横っ飛びアクションで
誘っていくと、小さいながらもスワニーバスがヒット!!
あまり引きを味わえるサイズではありませんでしたが、バイトはガツンときました。

d0145899_23292640.jpg

スワニーバスはあまり大きくならず、40cmがラージの60cmに値するほどなので、
このサイズでも嬉しいサイズでした。

SD85F、こういうときには本当強いですね。
他のジャーキングでは釣れない気さえもしてきます。

次は、更なる大物を求めて、世界でここにしか生息しないバスのロマンを求めてまた挑戦したいと思います!



北嶋君、ありがとう!!

人生初のスワニーバスキャッチ、本当におめでとう!(祝)

このスワニーバス君はNLWルアーの初スワニーバス君でもあると思うので、メチャクチャ嬉しいです!(感動)

いやぁ、いいなぁスワニーリバー。


                   Old Folks at Home (Swanee River)

スワニーリバーといえば、この歌。
名曲中の名曲で、久しぶりに聞いたら何か知らんけど目頭が熱くなりました。(涙)

スワニーリバー、何時かは行ってみたい土地です!!


北嶋君が釣行記を書いてくれているので是非ご覧になってみて下さい。
■ http://kazukitaji.exblog.jp/18254678/

今回は、ルアマガの撮影隊がフロリダ入りしているとの事なので、もしかしてもしかしたら、あのシリーズの続編が出るのでしょうか?
そちらも楽しみです!!!

北嶋君、ありがとう!!
by nishinelureworks | 2012-06-28 23:54 | 釣果報告 | Trackback

from michinoku  『6/22桧原湖釣行記』

東北の住民さんより釣果報告を頂きましたー!

6月22日の桧原湖釣行の模様です♪

d0145899_2385148.jpg

d0145899_2394910.jpg

フィールドコンディション↓↓
天候:雨のち曇り
気温:14℃~17℃
水温:16℃~18℃
風:北風のち西風 風速2m~4m
水色:クリア~ステイン

この日は、ゴールドハウス目黒さんのバスボートレンタルを利用しての釣行でした♪

やはり、バスボートは快適でしたね!(笑)

今回の釣行で、圧巻だったのはAYSさんでした。

いつもの如くクランクベイトオンリーでバッチリはめてましたからね!

詳しくはAYSさんのblogをお楽しみに。

自分は、オチアユWPやデンプシーテールでキャッチしました♪

オチアユWPでは、かなりのナイスサイズ(余裕の40upのバイトもあり)の反応を得たのですが、フックセッティングの面でアジャスト出来ていなかったこともあり、ミスバイトを連発してしまいました。

しかし、ポストスポーナーのナイスサイズを引っ張りまくるその集魚力には、AYSさんも加藤さんも驚かれていましたよ!

ちなみに最も反応が良かったのは最終モデルでのデッドスローリトリーブでした。

デッドスローリトリーブでも、超絶妙なロールアクションが加わるところが激ヤバですね!

ナイスサイズをバイトさせられることは分かったので、あとはしっかりと詰めてキャッチするだけです。

ということで、次回釣行も頑張りたいと思います!


東北の住民さん、ありがとうございました!!

何時もの如く、熱い釣りを展開されておりますねー!!

ナイスフィッシュは逃げられたみたいで残念ですが、オチアユWPの最終モデルがいい仕事をしてくれたみたいでメチャクチャ嬉しいです!!(オチアユWPの良いフックセッティングが見つかりましたら是非是非教えて下さいませ~。←業務連絡)

オチアユWP君ですが、昨日のブログで書かせて頂いた通り、ようやく全てのモールドが完成し、製作をガンガン進めておりますので、楽しみにしてて頂ければ幸いです。


今回の釣行ですが、相棒さんも釣行記をアップして下さっておりますので、是非ご覧になってみて下さい♪

■ http://blogs.yahoo.co.jp/ayueri71002/66837373.html

桧原湖って、素晴らしいですね!!

そして、チームトーホクはやっぱり熱い!!(笑)

バスフィッシングって、ホントに最高ですね!!
by nishinelureworks | 2012-06-28 23:22 | from Michinoku | Trackback

現在の製作状況

NLWの地下工房では、現在二つのルアーの製作が同時進行中です。

一つ目はオチアユ125WP!!

d0145899_23122565.jpg

ようやく、ここまで進みましたよ~。(感涙)

このオチアユ君ですが、当初は6月中の発売を予定してて、1月ぐらいからモールドを作り始めていたんです。

で、モールドが60~70%ぐらい完成し、そろそろフレーム成型を始められるな~って時に、一つのアタリプロトモデルが出現。(記事

この事を受けて、そのアタリプロトモデルのバランス解明、そして、製品用として既に完成している製品版モールドでそのバランスを再現できないか試行錯誤が始まりました。

そして、散々試行錯誤した結果、そのバランスに95%ぐらいまでは近づける事には成功したものの、完璧に再現する事は出来ないとの結論に達しました。

モールドを全部作り直しと言う事になると6月発売は絶望的になるし、NLWルアーを取り扱って下さっている取扱店様にも迷惑が掛かる。

5%の完成度アップを取るか、既に出来上がっているモールドを取るか?

これは自分一人だけの問題ではなく、納期の遅れ等、他人様にもご迷惑を掛ける事でもありますし、非常に悩んだのですが、自分には全部作り直しと言う決断しかできませんでした。

この場を借りて、ご迷惑をお掛けしている皆様に心よりお詫び申し上げます。


そんなオチアユ君ですが、初回製作予定分のフレーム成形はほぼ完了し、近日中にボディー成型が始まります。

順調に行けば、8月には出荷開始できる予定です。

取扱店様にはサンプルカラ―が完成次第、なるべく早急にご案内させて頂きたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。



そして、オチアユWPと同時進行で製作が進んでいるルアーはFB1!

d0145899_23402540.jpg

初回カラーのバックオーダー分の製作に時間が掛かり、なかなか次の2色の製作に着手できずにおりましたが、いよいよ準備完了です!

FB1は今年は全4色のリリースを考えており、今回の製作分は残りの2カラーとなります。

予定的には、今週中にリリースカラーをご紹介させて頂く予定ですので、ブログをチェックしておいて頂ければ幸いです。

そして、日本時間の来週月曜日(時間は未定)にご予約の受付けを開始させて頂きたいと思っておりますので、何卒ご検討頂ければ幸いです!!


と言う訳で、製作に戻りま~す!!
by nishinelureworks | 2012-06-27 23:59 | 出荷情報 | Trackback

今日の朝練

今日の朝練は、地元のホームフィールドに行ってきました!

■ フィールドコンディション(Mポンド)
天候 :晴れ
水温 :17.8℃
気温 :17~22℃
風向 :北強風
水色 :マッディー

ここ最近、最高気温30℃オーバーの日が続いていたのですが、一昨日の晩に通過した寒冷前線の影響で気温が一気に10℃以上低下。

そして、1日以上吹き続けた強い北風とサンダーストームの影響で湖に強烈な濁りが入っており、通常は1m以上ある透明度が、今朝は透明度30センチ以下まで濁っているという状況下での釣りとなりました。

と言う訳で、以下詳細です!

d0145899_3492687.jpg

1匹目のラージマウス君は45センチ!(FB1ブラックオタマ)

d0145899_3543627.jpg

2匹目のラージマウス君は30センチジャスト!(FB1ブラックオタマ)

以上の2匹は、水面下50センチぐらいのところにある水中杭を狙ってキャッチ。
濁りが入ってて杭が見えなかったので、記憶を頼りにブラインドで水中杭を狙いました。

釣り方は先日のLクリークの時(記事)と一緒で、FB1ブラックオタマのスローリトリーブ。
Lクリークの時はリリーパッドやウィードがバスが潜んでいるキーカバーだったのに対し、今朝は水中杭がキーカバーでしたが、やってることは一緒です。(笑)

濁りが入ったらスピナーベイトというのは定番ですが、FB1はでっかいブレードがついているのでそのままいけますね~♪(笑)


d0145899_40469.jpg

3匹目のラージマウス君は37センチ!(NLWジグ5/8オンス)

FB1でバイトが続かなかったので、ジグにチェンジしたら、なんと!一投目ヒット!
強烈な濁りが入っているので、カバーにタイトにジグを落とし込んだら一発でした♪

つか、NLWジグで凄い久しぶりにバス君を釣りました。(笑)

d0145899_473780.jpg

そして同様の釣り方でもう一本追加!(NLWジグ5/8オンス)
しかも、1匹目のジグフィッシュと全く同じ37センチ!!(笑)

ラージマウス君のバイト数は多くなかったですが、4バイト4キャッチ。
濁りのせいかカバーにタイトについているような印象でした。


そして、スポットを移動して同様の釣り方をしていたらパイク君もキャッチ!!
d0145899_4112480.jpg

濁りの影響をあまり受けていない超クローズドエリアでFB1ブラックオタマ君をテロテロ引いてたらドカン!!

ブラックオタマ君、なんせ絶好調ですね~♪(喜)


d0145899_4172616.jpg

そして、帰りの道中、レイクオンタリオのマリーナに立ち寄ってみたら、ロックバス君を5匹キャッチ♪

以上が本日の釣果でした!

たった数時間の釣りで、これだけの釣果を与えてくれるオンタリオのフィールドには本当に感謝です!

今日釣れてくれた魚君達ありがとう!!

■ 使用タックル
ロッド : ファーレンハイトTS172MHF
リール: アンタレスAR(左ハンドル)
ライン: レッドスプール16ポンド
ルアー: FB1ブラックオタマ、自作フェザージグ
by nishinelureworks | 2012-06-27 04:25 | 釣行記 | Trackback

ブラックオタマ君補修

本日2度目の投稿です!!

昨日の釣りで塗装がボロボロに剥げてしまったブラックオタマ君を補修してみました♪

■ 昨日の釣り http://beatour.exblog.jp/16139878/

今年の春から、ずっと集中的に投げていたブラックオタマ君なんですが、昨日の釣りでボロボロ度がかなり進行。

d0145899_839845.jpg

d0145899_840759.jpg


もう何匹釣ったか分からん状態で、ペイントが剥げ剥げ。

ペイントが剥げていない背中もこんなことになってます。↓

d0145899_8422475.jpg

バス君の歯型だらけ~~。(喜)

と言う訳で、剥げ剥げになったペイントを補修!

d0145899_8445467.jpg

って言っても、黒マジックで塗っただけ。(笑)

ブラックカラーは補修も楽でいいですね~~♪(しかも良く釣れるし)


ちなみに、このFB1ブラックオタマ君ですが、現在使っているコーティング剤と違うメーカーのコーティング剤を試してみており、その耐久テストも兼ねているのですが、このメーカーのコーティング剤はイマイチみたいですね~~。

魚が多いと、色んな意味で答えが出るのが早くてありがたいです♪
by nishinelureworks | 2012-06-26 08:48 | ルアーメンテナンス&チューン | Trackback

オンタリオで初ポンツーンフィッシング!

遂にバス釣りの解禁日を迎えたオンタリオ。

早速、ポンツーンで出撃して参りました!(笑)

行った先は先日グーグルマップで見つけたナイアガラ水系Lクリーク!!
                 
d0145899_21404376.jpg

              
■ フィールドコンディション
天候 :曇り
水温 :25.4℃
気温 :24~27℃
風向 :西微風
水色 :ステイン

ドキドキしながらLクリークにポンツーンを浮かべると、水温が25.4℃もある!

もしかしてこのフィールドでは、アフタースポーンの回復がかなり進んでいるかも?

という淡い期待&全く初めてのフィールドという事もあって、何が何やらチンプンカンプンなので(笑)、とにかくクランクで流しながらどんどん進んでいく事にします。

しかし、最初の1時間は撃てども巻けども全く反応なし!

バイトが無いどころか、魚の追いも全く見られず、ベイトフィッシュの雰囲気さえ全く感じられず、何一つつかめないまま時間のみが過ぎて行きます。

もしかしてLクリークダメ??とか、ポストスポーンから回復していない?とか、あらゆる疑念が頭を持ち上げますが、その度にいやいや、魚は居るはずだからと、自分に言い聞かせてとにかく投げ続けます。

そして、1時間以上進んだ頃、少し川がベンドしている場所に差し掛かるNLWポンツーン号。。

d0145899_2212787.jpg

ベンドと言っても極めて穏やかな曲りでしかありませんが、Lクリークで初めて遭遇した大きな地形変化でもあり、ここはもしかして?と期待が高まります。

そして、アウトサイドバンクを流していたら、この日初めてのベイトフィッシュを確認!

FB1に驚いたベイトフィッシュがピョンピョンと跳ねて逃げる!!

そして、その直後!!

アウトサイドバンクに生えているウィードエッジスレスレを通していたFB1にバイト!!!


残念ながらファーストバイトはフッキングしませんでしたが、とにかく魚が居る事が分かったので、今までの疑念モードは何処へやらで(笑)、投げ続けます!!

そして、ほどなくして遂にファーストバスをキャッチ!

d0145899_2294229.jpg

Lクリークの初バス君はFB1のブラックオタマ君に食ってきてくれた36センチ君!(喜)

d0145899_22283911.jpg

そして、同じぐらいのサイズのバス君を更に2匹追加!!

もう、テンションはマックスです!(笑)

ここまでで分かった事は、どのバイトもガツンと来るのではなく、クランクのブルブルが消える無重力バイトだったので、違和感を感じたらアワセを入れる感じ。

そして、アフタースポーンが関係しているかどうかはわかりませんが、早いリトリーブには食ってこないという事。

流れがあるかないか分からないぐらいのゆっくりの流れではありますが、魚探で地形を調べてみると、やはりアウトサイドは少し深くなっており、そのアウトサイドバンクに生えているウィードエッジに魚が集中している模様です。

そういうバスが潜んでいそうなカバーのなるべくギリギリというか、1キャスト中に何度もウィードに接触するぐらいのギリギリラインを引くので、こういうシチュエーションでFB1は非常に使いやすいですね~♪


同じような条件の場所を釣っていると、今度はこんな珍客が。

d0145899_22145985.jpg

パンプキンシード君♪

相変わらずトロピカル感満載なパンプキン君ですが、よくフッキングしたもんだと感心。

d0145899_2229017.jpg

しかも、もう一匹追加。(笑)

パンプキン君って、何時見ても愛らしい魚ですね~♪

ちなみに、この子達はバス君達みたいな無重力バイトではなく、カツーンと元気いっぱいのアタリが来るので、すぐわかります。(笑)


そしてこの後事件が・・・。

やはり同じような条件の場所をFB1で狙っていると、クランクのブルブルが消えるアタリ。

すかさずアワセを入れると、凄い重み!!

その直後、ドバドバ!!と水面を割ったのは、明らかに50㎝はあろうかというビッグバス!!

そして、バレタァーーーー!(涙)

逃げられた魚はデカかったと言いますが、たぶんオンタリオでのラージマウスのパーソナルレコードになるのは間違いない魚だったので残念無念です。


このビッグフィッシュバラシの他にも、フッキングしきれないミスバイトも結構ある為、FB1を使っていたタックルを変更!!

アンリミ166ML+アルデバランMG7+レッドスプール16ポンド(フロロ) ⇒ ファーレンハイトTS166L+メタマグDC7+Sufix Siege16ポンド(ナイロン)に変更します。

バスの食い方を見ていると、ウィードエッジから飛び出してきてFB1を後ろから吸い込むようなバイトが多く、ストライクしてきたバスの殆どがそのままじっとしてて反転してくれない結果、無重力バイトが多発しているようです。
しかもかなりスローリトリーブしている関係でフッキングが決まり辛いような感じだったので、感度重視のタックルからノセ重視のタックルに変更です。

そして、それが功を奏したのか、ミスバイトとバラシが激減!!

正直、166Lとナイロンラインの組み合わせでは、魚が動き出すまでバスだかウィードだか全く分かりませんが(笑)、勝手に魚が乗ってくれています!!

d0145899_22532544.jpg

d0145899_22541380.jpg

d0145899_22545691.jpg

d0145899_22555862.jpg

全ての魚は写真に撮ってませんが、やはりテールフッキングが凄く多い!!

ファーレンハイトTS166L素晴らしいっす!!(喜)

d0145899_2311113.jpg

そして、この日、FB1最大魚となる39センチのラージ君!

ブラックオタマ君、炸裂しまくりです!!(喜)


この日の釣りはFB1ブラックオタマ君で流しながら、ここぞというスポットがあったら要所要所でトップを入れていく展開。

そして、やはり川がベンドしている大場所にあるリリーパッドで、スーパーチナイにドカンとヒット!!

d0145899_23162055.jpg

スーパーチナイに食ってきてくれたのはこの日最大魚となる40センチジャスト君♪(喜)

リリーパッドの中でカエル君がゲコゲコ鳴いていたので、カエルをイメージしてテコテコとゆっくりドッグウォークさせてたら、ドカンと食ってきてくれました!(笑)


ちなみに、バスが出そうなウィードやリリーパッドの穴を見つけては、この前作ってみたウィードレスカエルポッパー君を撃ち込んでみたのですが、4~5回バイトがあったもののフッキングゼロ。

d0145899_23235552.jpg

フッキングはしませんでしたが、カバーの中にルアーを投げれるって、やっぱすごいですねー!

このポッパーフロッグ君のフッキング率を何とか改善したいもんです♪


d0145899_23283591.jpg

そして、オチアユWP君のデッドスティッキングでも1匹キャッチ♪

アフター回復組を狙っての釣りだったのですが、このバス君は産卵とは全く関係ないカワイコちゃんですね~~。(笑)


その他、試しに作ってみたジグスピナーでも、37センチぐらいのバス君をキャッチ。

d0145899_2332358.jpg

先日行ったアウトドアショップで見つけた良さげなジグヘッドに、ポンツーンの上でワイヤーを曲げて即席ジグスピナーを作ったらガツン!

ちなみに、このジグスピナーには30センチを超えようかという巨大なブラッククラッピーも食ってきたのですが、写真を撮る前にフックが外れてボシャンと逃げられました。(ドジ)

このジグスピナー、結構いいかもですね~。


ちなみに、この日キャッチしたバス以外の魚は、上記のパンプキンシード君とブラッククラッピー君以外にはパイク君とロックバス君をキャッチする事が出来ました♪

d0145899_2339864.jpg

d0145899_23395824.jpg


と言う訳で、この日の釣果はラージマウスx15匹(うち12匹がFB1ブラックオタマ君)、パイクx1匹、パンプキンシードフィッシュx2匹、ロックバスx2匹、ブラッククラッピーx1匹でした。

d0145899_23423121.jpg

ナイアガラ地方を流れる穏やかな流れのLクリーク。

訳もわからず突撃した場所だったのですが、想像以上に素晴らしい場所でした!(喜)

この日釣れてきてくれた全ての魚君ありがとう!

そして、オンタリオの自然に感謝!


■ 使用タックル1
ロッド : ファーレンハイトTS166L
リール: メタマグDC7(左ハンドル)
ライン: Sufix Siege16ポンド
ルアー: FB1ブラックオタマ、自作ジグスピナー

■ 使用タックル2
ロッド : ファイナルディメンション・アンリミテッド166ML
リール: アルデバランDC7(左ハンドル)
ライン: レッドスプール16ポンド
ルアー: スーパーチナイ95

■ 使用タックル3
ロッド : ファイナルディメンションTS168M
リール: カルカッタコンクエスト101DC(左ハンドル)
ライン: レッドスプール16ポンド
ルアー: オチアユ125WP



おまけ
d0145899_23481170.jpg

Lクリークで出会った巨大なカメさん。
ゆっくりと僕のポンツーンの下を泳ぎ去って行ったのですが、頭と甲羅に苔がびっしりと生えててビックリ!!
一体何歳なんでしょうね~?

このLクリークに住む生物の中で最長老なのは間違いなさそうですね~!!(なんかすごい人に会えたみたいで得した気分。笑)
by nishinelureworks | 2012-06-26 00:24 | 釣行記 | Trackback

ニューリール

昨日は、トロントの帰り道にあっちこっちに寄り道してたのですが、その寄り道の一つがここ。

d0145899_22581839.jpg
                   SAIL at Burlington,ON

■ http://www.sail.ca/en/our-stores/Burlington/

元々はお隣のケベック州発祥の巨大アウトドアショップ(釣りやハンティングも含む)なのですが、それが遂に昨年よりトロント近郊に進出!!

現在、トロント郊外に既に2店舗がオープンしており、自分がトロントに行く時に通るハイウェイ沿いにも3店舗目が6月にオープンするとの事で楽しみにしていたんですけど、それが遂にオープンしました!!

ワクワクしながらSAIL店舗に足を踏み入れてみると、かなり楽しい~!!

d0145899_23123057.jpg

1Fはカヌーやカヤック、そしてテントなど、アウトドアグッズが沢山並んでます♪

d0145899_23141920.jpg

そして、2Fはフィッシングとハンティングのコーナー。

釣りに関しては流石にBPSの品揃えや重厚感には及びませんが、カナダとしてはありえないぐらいの豊富な品揃えです♪

これで、トロントからの帰り道が更に楽しくなりそうですー!(寄り道ばっかしてしまいそう。笑)


ちなみに昨日買ったのはこれ ↓

d0145899_23182551.jpg

フルーガー社製のアンダースピン♪

以前、アブのアンダースピンを使ってたのですが、今回は試しにフルーガーのリールを買ってみました。

なんせ、実売価格$26カナダドル(日本円にして2000円ちょっと)のリールなので、気に入らない点はかなり沢山ありますが(笑)、このタイプのリールって、軽量ルアーをピン撃ちしたい時とか使いやすいんですよ~。

今年はこのタックルでスモラバを撃ちまくってやろうかと計画中です!!
by nishinelureworks | 2012-06-24 23:32 | 日常日記 | Trackback

バス解禁!!

ただ今トロントから帰って来ました!

朝7時前に家を出て、家に帰ったのは夜の11時前、こんな時間まで1日中引っ張りまわされる家族も大変ですが、今日はオンタリオのバス解禁日!(笑)

無事に解禁日のバス君をキャッチする事が出来ました♪(喜)

d0145899_1152571.jpg

解禁1発目のバス君はナベさんチューンのパユート君に食ってきた36センチ!

思いっきりドアフターっぽい状況ではありますが、遂にオンタリオもシーズンインしましたよーー!

いよいよバス釣りシーズンの始まりです!!
by nishinelureworks | 2012-06-24 11:57 | 釣行記 | Trackback

釣果報告 『北陸にて40UP連発!』 オチアユミノー125FR&TP105&SC95

北陸のかきさんより釣果報告を頂きました~!

オチアユミノー&トリプルインパクト&スーパーチナイでナイスフィッシュをキャッチされたそうですよー♪

d0145899_23383796.jpg

先日良い釣りができましたので、釣果報告させて頂きます。

フィールドは山間部野池。
釣り方は簡単、ボイル狙い撃ちです。

d0145899_23422262.jpg

オチアユミノーにて。(メジャーがずれていて申し訳ありません)


d0145899_23431438.jpg

トリプルインパクト105にて40upでした。

入手したばかりのスーパーチナイでも40upを釣る事が出来たのですが、こちらは写真を撮る前に逃げられてしまいました。

ドッグウォークに食ってきた魚でしたが、残念ながらバラし。
まだやる気があった、又は他のバスがいたので棒引きを試すと食わす事ができました。

大台には届きませんでしたが、良く引く魚ばかりでしたので大満足でした!

今年は産卵前からオチアユミノーが大活躍です。
厚かましいのは重々承知ですが、他のオチアユ兄弟(WプロップにType-Jはジャーク?)も早く使ってみたい…です。(パーチカラーが頭から離れません…笑)

最後に話が逸れましたが、NLW製品に感謝感謝で報告を終わらせて頂きます。

有難うございました!



北陸のかきさん、ありがとうございました!

お礼を申し上げなければならないのは僕の方ですよ~~。(大感謝)

春にも強烈なビッグフィッシュの釣果報告を頂きましたし、オチアユミノーが働いてくれているみたいで非常に嬉しいです!(喜)


兎にも角にも、北陸の方でも水面系ルアーに反応が良くなって来たみたいですね!

先日の徳島のNWBさんといい、岐阜のtoccyさんといい、確実にアフタースポーン回復前線が北上してますね!!

いよいよトップのベストシーズン開幕と言う感じでしょうか?

と言う訳で、皆さんもトップウォータールアーをお忘れなく~~~!(笑)

北陸のかきさん、ありがとうございました!!


追記
パーチカラー、マジで考え中ですので楽しみにしててくださいね~♪
by nishinelureworks | 2012-06-22 23:51 | 釣果報告 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー