Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

釣果報告 『福岡某所にて50UP!』 FB1&オチアユミノー

福岡のメンタイさんより、釣果報告を頂きました!!

オチアユミノー改と、FB1でビッグフィッシュを連発されたそうですよー!

d0145899_4282160.jpg

先日届いたFB1(バックオーダー分)とリップチューンしたオチアユミノーで釣果があがりましたのでご報告させて頂きます!

何から投げようか迷いましたが、先ずはオチアユミノー(改)からスタート!

イメージとしては、以前、西根さんが紹介してあったビーツァM7のリップを付けたオチアユがありましたよね?あんな感じなんじゃないかな?と勝手に思ってます!

アシに沿ってスロー&デッドスローで流すとジワ~っとゆっくり抑え込むようなバイト!

d0145899_4305026.jpg

リップチューンが効いた!

…かどうかは魚に聞かないと分かりませんが、反応してくれた事に素直に感謝です!


少し移動してシャロー、リップラップ、ブッシュ、桟橋?が絡む"いかにも"ってエリアにFB1を投入!

水面をゆっくり泳ぐFB1が音もなくかき消される!

記憶にある中でここまで体高のあるバスをキャッチしたのは初めてです!

西根さん、オチアユ(改)さん、FB1さん、今回も素晴らしい魚との出会いをありがとうございました!



メンタイさん、ありがとうございました!!

オチアユ君改&FB1でナイスフィッシュをキャッチして頂き嬉しいです!(喜)
メンタイさんも文中に書いて下さっておりますが、ホントにホント、ものすごい体高のバス君ですね!!(驚!)

オチアユミノー改は、リップが折れてしまったものをメンタイさんのご友人の缶さんが再生して下さったそうで、なんかこういうお話をお聞きすると本当に嬉しいです!!

■ オチアユミノー再生記(缶さんのブログ) http://can2low.naturum.ne.jp/e1529782.html

メンタイさんのブログ缶さんのブログを拝見させて頂く度に思う事なのですが、素敵な釣友が居てくれると、もうそれだけで人生が豊かになるというか、貴重な財産ですよね!

しかもお二人とも、釣り場のゴミを拾われたり、釣りに対する考え方や、釣れてくれた魚の扱いが素晴らしく、もの凄く魚を大切にして下さっているのがありありと伝わってきて、何時も感銘を受けております。

今回、頂いたお写真も、濡れた地面の上に更に濡らしたタオルまで敷いて下さっているみたいで、こういう事をごく自然にできるのって、本当にかっこいいなぁって思います。(尊敬)


メンタイさん、缶さん、ありがとうございました!!

これからも、思いっきり素敵なフィッシングライフを満喫してくださいね!!

■ メンタイさんの釣行記 http://mentai.naturum.ne.jp/e1527735.html
by nishinelureworks | 2012-10-31 04:55 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『琵琶湖で55センチ!!』 FB8

toccyさんより、釣果報告を頂きました!!

FB8でビッグフィッシュをキャッチされたそうですよー!!

やったー!!

d0145899_617338.jpg

先日、琵琶湖は湖北エリアを廻って来ました。
天候 雨
風 北よりで約1~3m程で時より強風
水質 クリアー

まず最初に入ったのはディープを控えるシャローフラットなエリア。

シャローをミノーで探るもノーバイト。

雨が止んだのでひょっとしてシャローの魚も一段下がるかな?って考えからFB8を風に乗せてロングキャスト。
グリグリっと巻いて何かに当たったらロッドでラインを送って3秒ほど浮かせて又リーリングを繰り返しました。ラインはフロロの14lbを使ってるので思うほどは浮いて居ないと思います。
数投目にFB8を浮かせて巻いたら、重い・・・食ってる・・・慌ててフッキング(汗)

なんとかキャッチ出来たのがデップリと太ったナイスなバス、55cmでした。

そしてこのバス、クチビルが非常に硬くてフックはバーブまで刺さっては居るのですが外まで貫通していません。クチビルの中にバーブが在る状態!
フックを外す時もなかなか抜けなくて驚きました。
こんなバスも居るんですね~


この後、ワンド内でワームで40アップ2匹。
そして雨が強くなってからシャローフラットをビッグベイトでこちらは頭の尖ったタイプのバス56cmをゲットできました。

d0145899_6194882.jpg

今回釣れたバスは凄くコンディションも良く、彼等が生息するエリアが環境が良いんだな~ととても嬉しく成る釣行でした

それでは、toccyでした!



toccyさん、ありがとうございました!!

FB8でビッグフィッシュキャッチ、メッチャ嬉しいです!!(喜)
しかも、同日にビッグベイトで56センチのバス君もキャッチされたとの事でおめでとうございます!(流石だわ~)

今回toccyさんがキャッチされた頑丈なアゴを持つバス君ですが、もしかして日頃からザリガニとか歯ごたえ?のある餌でも食べているんでしょうかねー?(んなわけないか。笑)
バスにも色々個性があって面白いですね!

にしても、今回55センチをキャッチして下さった、toccyさんチューンのチャートリュースブルーギル、メッチャおいしそうですねー♪(気になりまくり)

toccyさん、素晴らしい釣果報告を頂き、本当にありがとうございました!!
(バス君の手持ち写真&地面に置いて頂く時も濡れた草の上に置いて頂きありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2012-10-30 06:26 | 釣果報告 | Trackback

パユート85Sの製作進行中!

なんやかやとバタバタが重なって、ブログの更新もままなっておりませんが(汗)、現在パユートの製作が絶好調に進行中です!!

d0145899_082450.jpg

d0145899_084666.jpg

d0145899_0977.jpg


NLW初となるI字系ルアー(というジャンルとはちょっと違うかもしれませんが)のパユート君。
個人的に底知れぬ可能性を感じているルアーです。

順調にいけば11月半ばぐらいにはお店に並び始めるはずですので、何卒宜しくお願いいたします!!



と言う訳で、今からまたパユート君のサンディング作業に戻ります!!(超手抜き更新でスイマセン!汗)
by nishinelureworks | 2012-10-25 00:12 | Paiute 85S | Trackback

2012年 Lake Simcoe Open

昨日、トロントの学校が終わった後、レイク・シムコーに行ってきました!!

大渋滞につかまってトロントを脱出するのに手間取り、予定より30分遅れでたどり着いたウェイイン会場。

まだまだウェイインは進行中のようで、沖にはボートスロープ待ちの人たちが沢山浮いています。
d0145899_2163637.jpg

こういう景色を見ると、血が騒ぎますね~♪

d0145899_2110417.jpg

パーキングエリアもこんな感じ。

いやぁ、かっこいい!

会場で見かけたボートですが、21ft+250HPクラスのバスボートが非常に多いです。
超広大なフィールドが多いオンタリオにはそれぐらいのボートがマジで必要なんでしょうね~。
ちなみに、ボートブランドで言えば、トライトンとナイトロがかなり多い感じ。

そして、バスボート以外にも、LUNDやTrackerなどのディープVのアルミボートや、レンジャーの6シリーズなども多く見かけました。


d0145899_21171890.jpg

そして、ウェイインステージに向かうと、かなり立派なウェイインステージを沢山の人が見守っています。


d0145899_2121214.jpg

d0145899_2121862.jpg

d0145899_2128922.jpg

d0145899_21301743.jpg

d0145899_21314370.jpg

そして続々と持ち込まれるビッグスモールマウス達!!

d0145899_212244.jpg

自分が会場に着く前には7.75ポンドというスーパービッグスモールマウスもウェイインされたみたいです!(写真拝借:p.H. Japan LUREのHelenさん)

レイク・シムコー、すげーーー!!(驚)


d0145899_21332518.jpg

中にはラージマウスオンリーの戦略の人もいたりして、ウェイインは大盛り上がり。(シブすぎる!)


d0145899_21355596.jpg

そして、優勝はこのチーム!!

ウィニングウェイトは27.05ポンド!(約12.3キロ!!)

今年の大会は、近年では最も釣れない大会だったらしいのですが、それでも27ポンドオーバーのスーパーヘビーウェイトを生み出すレイク・シムコー凄すぎです!!


d0145899_2142684.jpg

今回優勝したチームは、レイク・シムコーのスペシャリストで、なんと!今回が4度目の優勝!!

ちなみに優勝賞金は20000カナダドル。(日本円で約160万円)


会場の様子は終始のんびり&和やかな雰囲気で、ショーアップされたアメリカのバストーナメントと比較すると、かなり素朴な感じ。(さすがはカナディアン。笑)

純粋な釣り大会って感じの素朴な雰囲気が、非常にいい感じでした♪

ちなみに昨日のブログに登場してくれたチャドさん(記事)ですが12.05ポンド(3本ウェイイン)で21位フィニッシュ!
が、この日6ポンドオーバーを2匹ばらしてしまったそうで、そいつをウェイインできてたら2位か3位の入賞は確実だっただけに残念。(ちなみに、トーナメント前日のプラでは28ポンドオーバーのパターンを見つけていたらしいです。涙)

来年も出場する予定らしいので、来年は是非勝って欲しいですね!



にしても、今年のレイクシムコーオープン会場のあちこちで皆が異口同音に話していたのが、今年の大会はホントに釣れてない!という話。

ウィニングウェイトが27ポンドオーバーで釣れてないってマジかよ?って感じですが(汗)、確かに全108チーム中、60チームぐらいはノーフィッシュという状況で、凄いタフな試合だったのは間違いないようです。(強風で3~4ftぐらいの波も出ていたようですし)

んで、チャドさんにその釣れていない理由を聞いてみたら、目からウロコな話を教えてもらいました。

今回の大会で、例年のようなビッグウェイトが出なかった理由は、風&波で釣りにくいというのもあったかもしれないけど、それ以上に大きな要因は、昨日の段階ではまだターンオーバーが起こっておらず、ビッグフィッシュを狙い撃ちできなかったのが理由との事。

秋になると釣れない理由のナンバー1に上げられるターンオーバーですが、ここオンタリオの秋のビッグスモールマウスハンティングではターンオーバーが大きなチャンスとなるようなのです。

というのも、日ごろはボトム付近を回遊しているジャイアントクラスのスモールマウスが、ターンオーバーが起こると中層にサスペンドし始め、それを狙ったビッグフィッシュパターンが存在するとの話。

その要因となるのが、ベイトフィッシュの存在。

ターンオーバーで水がひっくり返る事によってベイトフィッシュもサスペンドし始め、普段はボトムを回遊しながらクローフィッシュを捕食しているジャイアントクラスが、ターンオーバーを引き金としてベイトフィッシュフィーダーとなり、パターンを絞り込みやすくなるとの話。

って言っても、中層にサスペンドしているベイトフィッシュフィーダーを狙う訳ですから、メチャクチャ難易度が高いパターンなのは間違いないですけど(汗)、秋のレイクシムコーでビッグウェイトを出すためには、ターンオーバーが必要不可欠なのだそうです。


なら、ターンオーバー前のクローフィッシュ食いのジャイアント狙いはダメなのかというと、方法はないわけではないらしいのですが、バスが広範囲に散らばっている為、非常に効率が悪い釣りになるとの話。

そういう時のジャイアント狙いの方法も教えてもらったのですが、たぶん、日本ではあまり一般的ではない方法で非常に勉強になりました。


なんせ、レイクシムコーって凄いフィールドですね!!
そして、バスフィッシングはホントに奥が深い!!

もうね、ターンオーバーを釣れない理由にできなくなっちゃいましたよ。(笑)

腕を磨いて、何時かはこのレイクシムコーオープンに参加してみたいですね!

以上、レイクシムコーオープンレポートでした!!
by nishinelureworks | 2012-10-21 22:22 | カナダ | Trackback

世界最高峰のスモールマウスフィールド

先週の事になるのですが、NLWルアーのスモールマウスレコードが更新されました!(喜)

d0145899_190591.jpg

Chad Wentzell氏によってキャッチされたスモールマウスは、なんと2.8キロのジャイアントスモールマウス!

使用ルアーはデカビーツァをベースにして作ったデカビーツァダイバーのプロトモデル!!

チャドさんはかなりデカい人なのでそれほど大きいスモールマウスには見えませんが、デカビーツァの大きさと比較してみて頂ければ、このスモールマウスのデカさが見えてきますね~。(汗)

しかも、この日はデカビーダイバープロトで、もう一本2.7キロのビッグスモールマウスをキャッチしたとの事!!

d0145899_196379.jpg

2.8キロと2.7キロのスモールマウスのコラボ写真!!

デカすぎるー!!

太すぎるー!!

この2匹のジャイアントスモールマウスですが、トロントの北1時間ほどの場所にあるレイク・シムコーという湖でキャッチされた魚です。

スモールマウスフィールドとしては、レイク・エリーや、レイク・セントクレアが有名ですが、魚のサイズという面で言えば、レイク・シムコーのスモールマウスバスのクオリティーは世界屈指(もしかしたら世界1?)ではないかと思います。

と言うのも、毎年10月20日前後に、このレイク・シムコーでバスプロショップスオープンという1DAYトーナメントが開催されているのですが、毎年の優勝ウェイトがやばすぎ!!

なんせ、毎年30ポンド近いウェイトが出る超ヘビーウェイト戦なのですが、2010年には31ポンド5オンスという超ド級のレコードウェイトがこの大会で樹立されています。

キロ換算すると14キロ強!!(驚)

5本で30ポンドって言えばバスマスターなどのラージマウス戦でもなかなか出ないウェイトなんですけど、レイク・シムコーで生み出されているこれらのウェイトは5本全部がスモールマウス。(滝汗)

ちなみに、2010年の大会では8ポンド05オンス(約3.7キロぐらい)というスーパービッグスモールマウスもウェイインされています。

要するに、今回チャドさんがキャッチしてくれた6ポンドクラスのスモールマウスを5本揃えなければ勝てない大会ということですね。(単純計算で55センチ前後のスモールマウスを5本!!)

と、ここまで書くと、レイク・シムコーってメチャクチャ釣れるフィールド?って勘違いしてしまいそうですが、実はそうではなく、難易度はむしろ高いフィールドのようです。

それが証拠にこの大会のリザルトを見ると、大抵の場合、上位10~15チームは凄いウェイトだけど、それ以下はリミットが揃ってなかったり、ノーフィッシュも続出。(毎年の参加チーム数は110チームぐらい)

要はのるかそるかで天国か地獄かぐらいの差が出る大会でもあるのですが、この大会で毎年ビッグウェイトが出る秘密がありまして、その要因となるのがターンオーバーなのだそうです。

ターンオーバーが発生することによって、超タフ化すると同時に、普段は手が届かない場所にポジショニングしているジャイアントクラスが射程内に入ってくるという事らしいのです。

そして、そのジャイアントクラスの動きを見事にとらえられた人のみがスーパービッグウェイトを出せると・・・・。


なんか、血が湧き肉が躍る話じゃありませんか?(笑)

大会参加にそれほど執着心が強くない自分ではありますが、この大会ばっかは、いつか機会があったら出てみたい!!(マジ)


そして、今年のBPSオープンは、今日が開催日!!

今回ビッグフィッシュをキャッチしてくれたチャドさんも参加しておりますし、トロントの学校が終わったら、速攻で駆けつけてウェイインを見学してきたいと思います!

超楽しみ!!
by nishinelureworks | 2012-10-20 19:45 | カナダ | Trackback

NLWアウトレット 『ドリームラッシュ&FB1をバックオーダー下さいました皆様へご連絡』

先ほど、ドリームラッシュ当選者の皆様、およびFB1のCBGとBOをバックオーダー下さいました皆様にご案内メールをさせて頂きましたので、メールをご確認頂ければ幸いです。

この度ご注文賜りました皆様に心よりお礼申し上げます。


なお、FB1をバックオーダー頂きました下記2名様にお送りしたメールが戻ってきましたので、大変お手数で申し訳ありませんが、ご連絡頂ければ幸いです。

■ 長崎県にお住まいのSei様
■ 福岡県にお住まいのムーさん様

以上、何卒宜しくお願い致します。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2012-10-20 02:02 | NLWアウトレット | Trackback

外来生物法パブコメを送りました

自分は下記内容のパブリックコメントを送りました。

環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室御中

氏名:西根博司
所属:Nishine Lure Works Ltd.代表
住所:****** St Catharines, ON L2M 1C2, Canada
電話:1-***-***-****

該当箇所:4ページ31行目

意見:
今回のパブリックコメント募集につきまして僭越ながら意見させて頂きます。
私はブラックバス用の釣り具を製造販売して生活の糧を得ておりますが、外来生物法が釣り産業に与えた深刻なダメージを身を持って体験しております。

今回の意見はオオクチバスおよびコクチバスに対しての意見になりますので宜しくお願い致します。

その上で、下記のように意見させて頂きます。
外来生物法は、外来種の移植や輸入を禁止しておりますが、私自身、外来種に限らず、その場(魚類に限らず)に住んでいる生体を無闇に他所に移動させる行為を禁止する事に関しては賛成です。

が、同時に現在の日本のオオクチバスやコクチバスの生息状況および、日本に移植された年月を考えると、既に日本の生態系に組み込まれ、生物の循環が出来上がっていると自分は考えております。
特にオオクチバスにおいては、北海道を除くほぼすべてのエリアに生息しておりますし、それを除去する事は不可能と考えております。
そして、その不可能な事(駆除)に税金が投入されている事には反対です。

ブラックバスは日本の釣り産業および釣り人にとっては、極めて有益な魚であり、駆除したい場所があると同じく、有効に活用したい場所も多く存在します。

駆除したい場所で、釣り人を利用した駆除等が行われていたりしますが、自分が好きな魚の駆除に喜んで協力する釣り人は非常に少ないと思われます。

有効活用したい場所においても、移植が禁止されている為に、そのフィールドの自然産卵に頼るしかなく、衰退していっている釣り場も多く存在しています。

そこで、思うのは基本は外来種の移植や移動を禁止する外来生物法ではありますが、許可を取ればブラックバスの生体を他所の水系に移動させる、もしくは養殖&放流が可能になる等の特例を認めて頂きたいと願います。

駆除したい場所(バスを減らしたい場所)、有効活用したい場所(バスを増やしたい場所)のゾーニングを進める事によって様々な方向性が見えてくるのではないでしょうか。

例えばの話ですが、駆除したい場所で捕獲したバスを、有効活用したい場所に移せるような特例を認めて頂ければ、双方の利害が一致するでしょうし、駆除を目的とした釣り大会であっても協力してくれる釣り人は沢山いるのではないかと思います。

今の現状のまま行けば日本の釣り産業は衰退していく一方でしょうし、私自分、何時も生活の危機感にさいなまれております。

外来生物法の趣旨および目的に、『生態系、人の体・生命、農林水産業への被害を防止』とありますが、その外来生物法によって、生活の危険にさらされている人が沢山存在する事も知って欲しいと思います。

その点において現状の外来生物法には改善すべき点、および改善して頂きたい点が多数あると考えております。

以上、何卒宜しくお願い致します。



自分の意見に対しては、色々賛否両論はあるかと思いますが、自分は以上の内容の意見を送りました。

締め切りまであと数時間、もし宜しければパブコメにご参加頂ければ幸いです。
意見できる場で意見しないことは、その場に存在していない事と同じだと思いますし、どんな意見であれ送る事は無駄にはならないと考えております。

以上何卒宜しくお願いいたします。

パブコメの方法は下記をご参照下さい。

■ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15702
by nishinelureworks | 2012-10-18 20:14 | 未来の釣り場へ | Trackback

パブコメ締切日

本日10月18日が、特定外来生物法施行状況のパブリックコメントの締切日となっております!

一人でも多くの方にご参加頂ければと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

パブコメ方法等、詳しくはこちらをご覧下さい。

■ http://beatour.exblog.jp/16860682/
by nishinelureworks | 2012-10-18 01:16 | 未来の釣り場へ | Trackback

NLWアウトレット 『ドリームラッシュのご予約を締め切らせて頂きました』

受付させて頂いておりましたドリームラッシュのご予約ですが、当記事のアップをもちまして受付を締め切らせて頂きます。

この度は、沢山の方からご予約賜りました事を心よりお礼申し上げます。

最終的にルアー個数の3倍強ぐらいのご予約を頂きましたので、抽選を行い、ご当選(という言い方はあまりしっくりきませんが)されました方に、メールを差し上げたいと思いますので何卒よろしくお願い致します。

この度は本当にありがとうございました!


西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2012-10-16 00:20 | NLWアウトレット | Trackback

NLWアウトレット 『ドリームラッシュご予約受付開始!!』

アップが大変遅れ申し訳ありませんでしたが、ドリームラッシュのご予約につきまして、下記に詳細をご案内させて頂きます!!

■ ドリームラッシュ詳細
d0145899_23571816.jpg

ルアー名 : Dream Rush Casitas110
ルアーサイズ : 110mm
ルアーウェイト : 18g前後(フック未装着重量)
ルアータイプ : ペンシルベイト
価格 : 12,000円(送料込)

■ カラー1(レインボウトラウト)
d0145899_02140.jpg


■ カラー2(ブラウントラウト)
d0145899_042612.jpg


■ カラー3(イワナ)
d0145899_064876.jpg


今回販売させて頂くカラーは

レインボウトラウト
ブラウントラウト
イワナ


の3色となります。

■ ハンドメイドグラスアイ
d0145899_0103993.jpg

ドリームラッシュ用に作ったハンドメイドグラスアイ(3層構造)です。
カナダで手に入る限られた材料で四苦八苦して作ったオリジナルアイです。


■ ホイルフィニッシュ&チュール(網模様)塗装
d0145899_0174032.jpg

一つ一つのルアーにホイルフィニッシュし、アバラ線1本1本が手引きしてあります。
そして、チュール(網模様)塗装を施し、カラーリングに立体感&深みを出しています。

更に合計18回(だったと思います)の重ね塗りコーティングを施すことによって、ベイトフィッシュのヌメリ感を表現しています。

d0145899_0214693.jpg
                 レインボウトラウトカラー拡大写真

d0145899_024239.jpg
                  ブラウントラウトカラー拡大写真

d0145899_0245439.jpg
                    イワナカラー拡大写真

d0145899_0271340.jpg

背中にもチュール塗装。
当時は自分の中でチュール塗装がマイブームだったと思われます。(笑)


■ ネーム&シリアルナンバー
d0145899_0295618.jpg

エラにルアーネーム

d0145899_0315889.jpg

背中にルアーネーム&シリアルナンバー&製作者名

以上のような感じの仕上がりとなっております。


と言う訳で、下記にご予約の方法&その後の流れをご案内させて頂きますので、何卒宜しくお願い致します!!

尚、個数が限られていることもあり、今回の販売ルアーはお一人様1個のみの販売とさせて頂きたいと思いますので何卒ご容赦頂ければ幸いです。

■ ご予約方法
■ メール件名 : ドリームラッシュとご記入下さい
■ お名前 :
■ お名前のフリガナ(カタカナ):
■ 郵便番号 :
■ ご住所 :
■ お電話番号 :
■ ブログに掲載可能なハンドルネーム(メールでご連絡がつかない場合の緊急連絡用です) :
■ ご希望カラー1 :
  ご希望カラー2 :
  ご希望カラー3 :
*ご希望カラー1が売り切れの場合、その他のカラーをご希望されない場合は、ご希望カラー1のみご記入ください。


■ ご予約受付期間
オーダーメールの受け付けは10月15日(月曜日)いっぱい受け付けさせて頂く予定ですので、何卒宜しくお願い致します。
ご予約数がルアーの個数を超えた場合は、誠に申し訳ありませんが、抽選販売という形を取らせて頂きたいと思いますので何卒ご理解頂ければ幸いです。

■ 納期
ご入金の確認が出来次第、即出荷させて頂きます。


■ ご注文頂いてから、ルアー発送までの流れ
1:抽選販売となった場合、当選者様にご案内メールを返信させて頂きます。
*このメールにて金額と、お振込み先の銀行口座番号をご案内させて頂きます。
*場合によってはご返信させて頂くまでに2~3日お時間を頂く事になるかもしれませんが、
  何卒ご容赦頂ければ幸いです。

2:銀行口座へのお振込みが確認でき次第、順次発送させて頂きます。


以上、大変お手数をお掛けして申し訳ありませんが、何卒ご検討頂ければ幸いです!


■ ご連絡先
info@nishinelureworks.com


特定商法に基づく表記
by nishinelureworks | 2012-10-15 01:21 | NLWアウトレット | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー