Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

釣果報告 『兵庫野池にて50UP連発!!』 デカビーツァMG5

神戸の吉原さんより、釣果報告頂きました!

何と、兵庫の野池で、デカビーツァで50UPを連発されたそうですよーー!!

うぉおおおーーーー!!(喜)

d0145899_82130.jpg

神戸の吉原です。

先日、念願の野池で60アップ!を達成することが出来た野池でデカビーツァ君がやってくれました!

水温14℃で暖かい雨上がり、という事でバズから初めトップ各種、ログ、バドとローテーションしていくものの全く反応なし……
水深70㎝くらいから1.5Mくらいへ落ちるブレイクに岩の絡むスポットへデカビーツァをキャスト!

ゆっくりめのリトリーブで岩の横を通すと喰ってくれました!
コンディションの良い52㎝でした(笑)

このデカビーツァ君、リップが折れ、基板で再生したんですが…
気持ち、ロールが減ったかな!?
って感じになりましたが、しっかり魚を呼んでくれますね!


そして、この釣果報告を頂いた翌日、更に追加で50UP釣果報告を頂きました!!


d0145899_845483.jpg

今日もデカビーツァで50アップ!
先日と同じパターンでバイトがあったのですが…
痛恨のフッキングミス。

その後、何度か入りなおしたスポットで きました(笑)
枯れウィードに引っ掛けて、長めにポーズ。
外す前にクンクンと持っていってくれました。
フルサイズクランクに反応が良くなってきましたね!



吉原さん、ありがとうございました!!

50UP連発!!僕も超嬉しいです!!(喜)

しかも、その前には野池で念願の60UPをキャッチされたんですね!!
野池で60UPって、ホントに凄いですね~!!
いやぁ、ウチのルアーであるとかないとか関係なく、本当におめでとうございます!!!(祝)


デカビーツァのリップが折れてしまったとの事ですが(スミマセン)、基盤で再生して頂き本当にありがとうございます!!
使い込まれたデカビーツァを拝見させて頂くだけで本当に嬉しいです!

それにしてもあれですね、デカビーツァみたいなビッグクランクに反応し始めたなんて聞くと、本格的な季節の進行を感じますね~。
おそらくですが、これから先もう少し季節が進行したら、デカビーツァを使ったジャーキンリトリーブみたいな仕掛ける釣りに威嚇バイトしてくるデカバスが居るはずなので、是非試してみて頂ければ幸いです!!

そんなこと妄想してたら、自分が釣りに行きたくなっちゃってしょうがないですが(笑)、デカビーツァってフラットサイド系ボディー&適度な水抜け特性を持つおかげで、クランクでありながらも、ある意味ジャークベイト的な仕掛ける釣りをしやすいんですよね~。

ああ、ホントに釣りに行きたい。(笑)


吉原さん、素晴らしい釣果報告を頂き本当にありがとうございました!
(バス君の手持ち写真もありがとうございます!!)
by nishinelureworks | 2013-03-31 08:26 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『高知のバス君♪』 FB1

先日、ボラさんの釣果報告を頂きました高知のSakaさんより釣果報告を頂きました!

FB1丸呑みです!!

d0145899_23431681.jpg

カフェオレ川で釣りました!
カフェオレカラーの水の中でブラックオタマはしっかりと存在感があり、ブレードの光でガッツリアピールしてくれたので、丸呑みでした。

でも、エラからは一滴も血を出さずに取れました。良かった良かった。
娘の前で面目躍如、良かった良かった。



Sakaさん、ありがとうございました!

ビックリするぐらいの超丸呑み状態ですね!(驚)
きっと、スポっといっちゃったんでしょうね、スポッと。(笑)

お写真に写っているのはお嬢さんの足でしょうか?お嬢さんと釣りいいですね~♪
これからも、ご家族で楽しい釣りライフをお過ごしくださいね。

Sakaさん、素敵な釣果報告を頂きありがとうございました!
(バス君の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-03-29 23:48 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『琵琶湖でビーツァ炸裂!!』 ビーツァM7&FB8

岐阜のtoccyさんより、釣果報告を頂きました!!

先日、琵琶湖でビーツァが炸裂しまくったそうですよーーー!!

うぉーー!!

d0145899_22571592.jpg

先日、仕事を終え友人と琵琶湖は南湖の東岸に行ってきました。

場所は足元がリップラップでその先はシャローフラット。水深は1~2.5mくらい

先週来た時に所々に枯れたウィードが集まった場所や生え始めの短いウィードが在るのは確認済みなので狙いはそこに廻って来るバスです。

水質は先週まではクリアーだったのが今回は濁りが入っていたのと水温が下がっていたのでスローに誘おうと先ずはファットブルをキャスト。
ゆっくり潜らせてそっとリップを枯れウィードに掛けておいてロッドでモゾモゾ動かしてるとゴン!

d0145899_22585632.jpg

なんと1投目に40アップゲット!

こんな釣りも面倒なので(笑)スローならビーツァでしょ!って事でビーツァをキャスト、少し潜らせてデッドスローで巻いてくるとゴン!で、50アップゲット

サイズアップを狙って移動しつつデカビーツァを巻くもノーバイト。
もう一度ビーツァに戻すと数投でゴン!で50アップゲット

この後ビーツァを中心にスイミングジグ、バイブレ、クランクを混ぜて釣りをしたのですが釣れたのはビーツァのみ。
しかもバイトはどれも強力にゴン!って感じ

風向きが北西風から東よりに変わってエリアの水面に風が当たらなく成るとバイトも無くなって終了しましたが
終わってみれば、たった1時間でビーツァで50アップ4匹。40アップ1匹。
そしてファットブルで40アップ1匹。

同行した友人はノーバイトで終了
(彼の名誉の為に言っておきますが彼はかなり上手いです。ただ、ビーツァは持っていません。笑)

先週まではビーツァでは全く反応が無く他のルアーが強かったのですが、今回のように濁り、水温低下、とタフるとビーツァは強いですね!!

それでは!toccyでした!!



toccyさん、ありがとうございました!

何時もの如くハンパない釣果ですね!(脱帽)

春の琵琶湖=toccyさんのビーツァデッドスローリトリーブというのが、一つの公式として自分の脳みそにインプットされているのですが、今年も炸裂してくれたみたいで嬉しいです!(喜)

今回使われたビーツァはM7だったみたいですが、それにしてもビーツァのこの力は一体何なんでしょうね?
おそらくtoccyさんの釣りの力、そして時合を読む力の高さによるものが大きいかと思いますが、毎年、この時期のtoccyさんの爆発劇を拝見させて頂く度に、すごくその事を思います。

何せ、ビーツァの復活を急がなければですね!!(汗)

toccyさん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!
(フィッシュグリップのご使用もありがとうございます!!)
by nishinelureworks | 2013-03-28 23:08 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『SC-SMELTでレッドバラクーダー!!』

静岡にお住いのOさんより、釣果報告を頂きました!

ここのところ、色んな魚の釣果報告を頂いておりますSCスメルト君ですが、なんと!アカカマスが釣れたそうですよ~!(驚)

d0145899_22414635.jpg

昨日、SCスメルトでカマス(アカカマスRed barracuda)が釣れました。
細かなバイブレーションアクションにトリッキーなアクションも出せる面白いルアーですね~(^^ 

また何か釣れたら報告します!


Oさん、ありがとうございます!!

アカカマスって、レッドバラクーダーって言うんですね~。
どうでもいい話ではあるのですが、『バラクーダー』って、メッチャカッコいい名前だと思うのは自分だけ?(笑)

何せ、今までのNLWルアーにとって未知の魚が釣れてくれた事が嬉しくてしょうがないです!!(喜)
これって魚種を越えて、魚を反応させる力をSCスメルトが秘めているという事でもあると思いますし、自分にとっては本当に意味のある事で、心の底から嬉しいです。(感涙)

昨日も書きましたが、ホントにホント、皆さんの果敢なトライに心の底から感謝です!!

Oさんに詳しいお話をお聞きしましたら、下記のお話を教えて頂きましたので、ご参考までにご紹介させて頂きますね。

年明けからかなり叩かれてスレているカマスがいる所なんですが、スレたカマスもフォールの動きには弱いので、少し沈めてチョンチョンとシャクリながらリトリーブ。
アクションの合間のフォール時の一瞬にバイトという感じでした。

ちなみに1/16ozジグヘッドにスモールワームや5㎝ミノーも試しましたが反応ゼロ。
チェイスやヒットがあったのはクリアの5㎝シンキングペンシルのみ。

しかしSCスメルトに換えるとヒラセイゴやカマス、小さなクロダイなどがチェイスしてきます。(でもなかなかのらない(^^;;腕かもですが・・・)

とにかく集魚力には驚きました。

標準設定のまま使うと泳ぐ姿勢の都合上、根掛かりも思ったよりしにくい感じでした。



Oさん、素敵な釣果報告を頂きありがとうございました!
(カマス君の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-03-27 22:55 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『SCスメルトでサクラマス!!』

佐渡にお住いのUさんより、釣果報告を頂きました!

なんとなんと!
メバルを狙い中、SCスメルトでまさかのサクラマスをキャッチされたそうですよーー!!(驚!)

d0145899_2343440.jpg

釣り場から只今帰還しました。なんとなんと、サクラマスですw
少々根がかりキビしい場所でしたので、フックは#6のWフックにして。
PE0.3号にチューブラーロッドで、ピリピリ振動を感じながらの只巻きです。
今年5匹目のサクラマス、このルアーで獲れて大興奮でした。



Uさん、ありがとうございました!
SCスメルトでまさかのサクラマスが釣れたとの事で本当にビックリです!(驚)

Uさんからは、SCスメルトをオーダー頂く時に使い道は今から考えますっていうメッセージを頂いておりまして(笑)、使い道が不明なものをオーダーして下さるその心意気にただただ感謝だったのですが、佐渡でも出番があったようで本当に嬉しいです!

それも、貴重な貴重な海サクラマス君という事で、本当に嬉しいです。(喜)

SCスメルト君の多魚種街道は何処まで続くのでしょうか?(笑)
昨日も書かせて頂きましたが、皆様の果敢なトライに感謝感謝です!!

それにしても、海サクラマス君、メッチャ美味しそうですね~~♪(自分も食べてみたいです!笑)

Uさん、ありがとうございました!
by nishinelureworks | 2013-03-26 23:52 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『SCスメルトでボラさん!!』

高知のSakaさんより、またまた釣果報告を頂きました!

なんと!SCスメルトの初陣でボラさんが釣れたそうですよ~!!(驚)

d0145899_2333399.jpg

早速スメルトを使ってみました。
見た目のひ弱さ(失礼!)からは想像しにくい、なかなかの飛びとイイ感じのバイブでそれほど気を使わずに扱えました。

で、1発目はボラさんでした。

d0145899_23342259.jpg

その後バス狙いに変更しFBブラックオタマでイイサイズが釣れました!




Sakaさん、ありがとうございました!!

SCスメルトでボラさんキャッチ、めっちゃ嬉しいです!(興奮)

何をそんなボラさんで興奮してるの?って笑われちゃいそうですが、ボラさんって普通なかなかルアーで釣れないじゃないですか~。
その魚がSCスメルトに口を使ってくれたのが嬉しくてしょうがないです!!(喜)

d0145899_23442155.jpg

しかも、めっちゃ口のど真ん中にフッキングしてるし♪(笑)

僕の勝手な持論なのですが、色んな魚種を反応させられるルアーは力のあるルアーって勝手に思い込んでいるのですが、SCスメルトはその素質ありでしょうか?

今のところ、SCスメルトを試してみて下さいました皆様から頂いております情報は、コイさん(しっかり口掛かり)、フナさん(これはスレ)、そして、藻化けしてバレてしまったもののメバルさんが食ってきたというお話をお聞きしております。

開発中も含めると色んな魚を反応させ続けてくれているSCスメルト君ですが、最初に頂いた釣果報告がボラさんだったというのも、らしいと言えばらしいですよね~。(爆笑)

ちなみに、バス君に関しては、足元のショートストロークのリフト&フォールで45クラスのバス君が食ってきたものの、惜しくも逃げられたという話をお聞きしておりますが、釣れたという話はまだ聞いておりませんので、何方か是非キャッチして下さいませ~~!!(願)

兎にも角にも、まだ海の物とも山の物とも分からないこのルアーを使って下さる皆様に感謝感謝です。
果敢なるトライ、本当にありがとうございます!!
もし何か釣れましたら、是非是非教えて下さいね。(カナダで楽しみにしております!)


Sakaさん、ありがとうございました!!
(バス君の手持ち写真&ボラさんを濡れた場所に置いて頂き、ありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-03-25 23:52 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 『高知某所で春バス君♪』 FB1

高知のSakaさんより、釣果報告を頂きました!

FB1が大活躍だったそうですよ~♪

d0145899_9364567.jpg

d0145899_937325.jpg

d0145899_9371889.jpg

今日は船出して1日クランク引いてきました。
浅~い池です。
普通のシャロークランクでは底に掛かり、サーフェスクランクには出ないそんな状況で、FB1が大活躍!
水面直下でハイアピールなFBはサイコーでした。

カラーはステインウォーターなのでブラックオタマをセレクト。
このカラー、真っ黒な水にはいい感じです。


Sakaさん、ありがとうございました!!

春到来!という感じみたいですね!
FB1で楽しい釣りをして下さったみたいで、僕も嬉しいです!(喜)

こういうお話をお聞きすると、巻きたくてウズウズしてきちゃいますね。(釣りに行きたいよぉ~。笑)

もしまた何か釣れましたら是非是非教えて下さいね。

Sakaさん、ありがとうございました!!
(ラバーネット使用&水中でのバス君写真、ありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-03-24 09:41 | 釣果報告 | Trackback

SCスメルトフィードバック 『バーチカルシューティング』

ボチボチ、SCスメルトが皆さんのお手元に届き始めていますね~。

と言う訳で、今日はSCスメルトについて、今のところ自分が気が付いたことを書かせて頂きたいと思います。
とりあえず、SCスメルトのフィードバック1発目は自分が勤めさせて頂こうかと思うのですが、完全なる私感&思い込み100%の話ですので(笑)、まぁ、こんな話もあるぐらいに適当に読んで頂ければ幸いです。

d0145899_0403227.jpg

このSCスメルトですが、アイスフィッシング&リバーフィッシングで使って思った事は、とりあえず様々な魚種を反応させられる可能性を持つのでは?という事。
時期が時期だけに、どれぐらいのポテンシャルを秘めているかは今の段階ではわかりませんが、この超低水温期に魚を反応させられる事が分かったのは大収穫でした。

この厳しいカナダの冬にハードルアーで魚をキャッチする事。。
ハードルアーフィッシングを楽しむ環境としては究極に過酷とも言える世界で、今まで全く手が出なかった魚達への窓を開いてくれたSCスメルトの存在は、自分のハードベイトフィッシングを大きく変えてくれたゲームチェンジャーと言っても良い存在になっています。

d0145899_041913.jpg

さて、そのSCスメルト君ですが、使っていて感じる事があります。

それは操作法の微妙な違いで、魚の食いがかなり変わってくるという事!!

先日、エリートプロの宮崎さんと電話でリップレスクランクについて話させて頂く機会があって、ただ巻きでも釣れる事から初心者用の簡単なルアーというイメージを持たれる事の多いリップレスクランクだけど、突き詰めて行ったら、その奥の深さはハンパない!という事で意見が一致したのですが、宮崎さんが仰るには、低水温期~プリスポーン期にリフト&フォールで食わせる時などは、技術の差がモロに出てしまう事が多々あると。。

SCスメルトも、まさにそんな経験をこの冬何度も経験しており、非常に納得できるお話です。


と言う訳で、今現在自分がやっている方法で、好感触を得ている方法を下記にご紹介させて頂きますね。

まず大前提として、水温が超低い=魚があまり動き回れないという事を踏まえ、とにかくデリケートなルアー操作を心掛けるようにしています。

その操作感を言葉で表現するのは非常に難しいのですが、1/16オンスぐらいのジグヘッドリグを操作しているぐらいの感覚か、それ以上に繊細な操作。
あくまで自分の釣りにおいての話ですが、今までの自分のハードベイトの釣りには全くなかった世界で、ハードベイトというよりもソフトベイトに近い感覚のフィネスな操作感です。

自分の場合、今のところはアイスフィッシングやボートでのドリフトフィッシング等、バーチカルに釣る機会が多いのですが(狙う水深は6~12mぐらい)、ロッドのシャクリ幅は大きくしゃくってもロッドティップの動きは10センチ以内。
ルアーのバイブレーションを感じ取れるギリギリのスピードでやんわりシャクリ、そしてゆっくりフォールさせるという感じです。

上手く言えませんが、そんなゆっくりジャークでありながらルアーを弾く感覚。(表現できません。汗)

SCスメルトを大きくシャクルと、非常に艶めかしいスライドダートを見せてくれるので、ついつい大きく動かしたくなってしまうのですが(夏場はそれで行けそうな気もしますが)、今時期、それでは全くバイトを得られていないので、とにかく我慢我慢のジンワリジャーク&ジンワリフォールを心掛けています。

その一連の操作の中で最も難しいと思うのはフォールのさせ方。

このフォールのさせ方の違いで魚の反応がかなり違ってくる印象を持っています。

昨年の夏、初代SCスメルト(10センチモデル)をテストしていた時はグワっと大きくシャクリ、テンションフリーでスコーンとスライドフォールさせてやるとバスが面白いように反応してくれたのですが、今時期の超低水温期はルアーが速く&大きく動きすぎてしまうフリーフォールはイマイチみたいな感じ。

真下に落ちるメタル系ルアーならば、そのスピードもリアクションバイト誘発につながる可能性もあるかと思うのですが、SCスメルトの場合は横方向のスライドが動きの中に入るので、もしかしたら魚が追い付けてないのかもしれません。(あくまで想像です)

バスを釣っていないのでどういう反応を見せてくれるかわかりませんが、パーチ、トラウト共に高反応を得ているのは、今のところラインを張らず緩めずのハーフテンション
が、このテンションの掛け方が何気にかなり難しい~~。(汗)

フォール時のラインコントロールって、非常に地味なテクニックかもしれませんが、ラインテンションを完璧にコントロールし、水中のルアーの様子を常に的確に把握し続ける事はかなり難易度の高いテクニックなように思います。(ちなみに自分はまだ無理)
なので、ハーフテンションのラインコントロールが難しい場合は、完全にテンションを掛けたまま、ユックリと下にルアーを下げるという感じで操作した方が、完全フリーで沈めるより良い反応を得ています。

そして、ルアーをしゃくり上げた直後、もしくは落とし込んだ直後に、ポーズを入れたり、そんな感じです。(底を少し切った状態でポーズを入れる事が多いです)

低水温期、サスペンドシャッドを止める釣りは昔からの定番ですが、SCスメルトの場合、宙吊り状態でほぼ水平姿勢を保つので、ぶら下げる事によって完全サスペンド状態を容易に演出することが出来ます。(バーチカルに釣る場合)

ハイシーズンであれば、こんだけルアーをじっくり見せたら完璧に見切られているだろうなぁ~~~って、ぐらいの間合いやスピードではありますが、寒い時期の動きの鈍い魚は頭の回転も鈍っているのか(笑)、そんな間合いで食ってくるので油断は禁物です。(ただし、パーチやトラウトの話なので、バスがどうだかはわかりません。笑)


という訳で、最近メチャクチャ大興奮しまくった釣りが、トラウト狙いで行ったナイアガラリバー!!

SCスメルトのバーチカルシューティングが大ハマりの一日でした♪

d0145899_1532559.jpg

詳しくは釣行記(記事)をご覧頂ければと思いますが、興奮度MAXの釣り!!

当然の事ではありますが、今までSCスメルトでトラウトを釣ったことが無く、パターンを掴むまで2時間ぐらい何も釣れなかったのですが、釣れ始めたらバイトが止まらない状態に突入!
しかも、食ってくるトラウト君達の平均サイズが50~60センチオーバー!という、強烈な釣りになりました。


この日のパターンを簡単にご説明させて頂きますと、川の流れにボートを乗せて水深6m~12mラインをドリフトさせながら、SCスメルトでバーチカル(もしくはチョイ投げ)に釣るという感じの釣り。
ちなみに当日の水温は0.7℃でした。

そんな中、ボートを川の流れに乗せて流しながら、魚探で魚の反応を見つけたらシューティング!!

もしくは、すでにSCスメルトが水中にある場合は、魚探の反応に合わせてルアーを巻き上げてタナを合わせ、モニターで自分のルアーを魚が追っている様子を確認しながらストライクまで導くという釣りでした。

そんな釣りですから、モニター上で、自分のルアーの動きを示すジグザグのアップダウンラインに赤い大きな反応(トラウト)が絡みついてくると大興奮!!

そして、誘いが成功してガツン!と来た直後に始まる激しいファイト!!

もう、自分はすっかりこの釣りのトリコになってしまいました!!(笑)

ちなみに、この日釣りに連れて行ってくれたポールさんによると、夏場は全く同じ釣り方でスモールマウスがメチャクチャ釣れるらしいので、もう今から楽しみでしょうがないです♪

と言う訳で、SCスメルトを使ったシューティング。
もし機会がありましたら是非試してみて頂ければ幸いです!!

そして、何かフィードバック等ありましたら、是非是非教えて頂ければ幸いです!!

■ 追記
シューティングしている最中の魚探はこんな感じなので、参考までに貼り付けておきますね。



この動画はウォールアイ狙いのモノですが、今までシューティングをされた事のある方なら、メッチャ興奮モノの動画のはず!!(笑)
by nishinelureworks | 2013-03-22 13:39 | SC-Smelt | Trackback

臨戦態勢

いよいよ明日から始まる作業に備えて、今日はエアーブラシのメンテナンス!

d0145899_912493.jpg

ドリームラッシュ時代からずっと愛用してきているオリンポス102C。

オリンポス一筋で、何台か乗り継いできている自分ですが、この102Cと102Bは名機中の名機と思います。

この写真のブラシは、カナダに来る時に新調したブラシで、今年で15年目に突入。
これだけの長い時間使い続けても、故障することなく働き続けてくれている102C君に感謝です。

んで、この102C君が明日から臨戦態勢になるので、その前にオーバーホール&メンテナンス!!

d0145899_985162.jpg

精密ドライバーを使ってバラバラに分解し、パーツの一つ一つをシンナーで綺麗にしてあげます♪

今まで数えきれないぐらい繰り返してきた作業なので、目をつむっててもできるかもです。(笑)


d0145899_9122934.jpg

スライドカムと呼ばれるパーツがかなりすり減っていたので、新品に交換。
写真上がすり減ったスライドカムで、下が新品です。

趣味レベルの使用でここまで摩耗する事はあまりないと思うのですが、ハードに使うとこうなっちゃいます。(汗)

102Cと102Bの優秀な点は、このパーツを定期的に交換し、メンテナンスをきちんとしておきさえすれば、本当にトラブルが少ない事ですね~。

どんなに優秀な道具でもしょっちゅう壊れるものは使い物になりませんので、『頑丈さ』はとてもありがたい性能です。


d0145899_923532.jpg

と言う訳で、オーバーホールが完了し、組み上がった102C君!!
15年選手に見えないでしょ?

ピッカピカに磨いているうちに自分までご機嫌になってしまいます♪(笑)


この102C君で明日から塗るのはこの子達!!

d0145899_9271142.jpg

いよいよデカビーツァの塗装開始です!

ボディーサイズがデカくなると、作業量が倍に増えるどころか累乗で大変さが増し、作業がかなり難航していたのですが、ようやくここまで来ましたよ~。(喜)

完成までもう少し時間が掛かりますが、楽しみにしてて頂ければ幸いです!
by nishinelureworks | 2013-03-20 09:38 | 日常日記 | Trackback

メール未着の方にメールを再送させていただきました

先ほど、メール未着のご連絡を頂きました埼玉県川口市のshu様へメールを再送させて頂きましたので、ご確認頂ければ幸いです。(もし、まだメールが届いてないようでしたら、大変お手数で申し訳ありませんが、ご一報頂ければ幸いです)

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2013-03-18 22:29 | NLWアウトレット | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30