Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

NY滞在中の迷ピさんより釣果報告!!

現在ニューヨークに滞在中の迷ピアニストさんこと、中条さんより釣果報告を頂きました!!

NJ州でバスフィッシングを楽しまれたそうですよー!

d0145899_23141537.jpg

こんにちはーーーー。。
今回はNYでのギグをしにアメリカに来ました。。。。。

この写真を撮影して頂いたHataさんのお宅に完全に居候。。。。。
迷惑かけまくりの中条ですが、ご好意で、Hataさんのホームの湖に何とも2DAYも釣りに行かせて頂きました。。。。。

NYのギグが終了した後、食事した後、そのまま、ゴーー!!!!

メンバーの”え??? 今から???””の声も無視で。。。。笑

さて、釣り場には朝の暗い内に付きましたので軽ーく仮眠なんてさせて頂いたりして。。。。。。。明るくなったんですが私サッパリ全く状況なんて分かりません。笑

ただ水温は思った以上にに暖かくてびっくり。。。。

実は今日、Hataさんルアーの動きを撮影する目的が殆どです。。。。。ですからスッカリ、ちゃっかり、ウェットスーツ持って来ました。(NYまで)
ボートに乗ってとりあえずあちらこちら見て回ります。。。   

随分ステインだなぁ。。。。。と思いつつ、湖を見てます。。。。
一通り見てHataさんとお昼を食べる事にしました。。。。

お昼から2時間程の昼寝!!(なにせ徹夜ですからねHataさんは!)

いよいよ、水中動画の撮影です。。。

あれやこれを撮影。陸上と水中の違いを目視で確認して頂き、さらにカバークランキングの撮影。。。。
Hataさんめっちゃ上手いんですね♪

そうこうしている内にナイスな時間に成りました。

自分はラージーの方が分かり易いので、ラージのポイントに来た時、水温と水の上状況を把握出来たので、ウィードパッチの切れ目にルアーを落とす作戦が良いな!と思ってました。。。。

センコーも良いですが、ここは作戦にピッタリなNLWが良いでしょう!!!で、パユートをセレクト。

狙いのパッチに軽く入れると・・・・・

びゅーーーん!!!! と 来てくれました!!!!

サイズは40無い位ですが、嬉しい一匹です。。。

今回は、2daysですが、ラージを二匹・・・・と言っても10cm位なので・・・・スモールを一匹・・・と言っても15cm位なので・・・・・ホワイトパーチ、パーチ、クラッピー、と五種釣れました。

ハードルアーなのに、センコーより爆発力ある、パユートは皆さん是非チエックして見て下さいね♪  

でわでわ、皆さん、Get good fish !!!!! なーっんてね♪  Bye Bye ~~~!!!!



中条さん、ありがとうございました!!

中条さんのテンション高さは相変わらずですね!

何が凄いって、演奏にNYに行ったのに、何故かウェットスーツを持って行っているという。。(驚)
普通そんな人いませんよね!?(笑)

いやぁ、ホント何処に行っても中条さんは中条さんというか、ホント凄いっすね!!(尊敬)

しかも、しっかりと魚をキャッチされているし!!


にしても、NYでの中条さんの演奏。メッチャ気になりますね~。
d0145899_23255581.jpg

是非ニューヨーカー達を唸らせて欲しいですね!!

中条さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2013-09-29 23:29 | 釣果報告 | Trackback

PDBさんのエリー湖チャレンジDAY2

PDBさんとのエリー湖チャレンジDAY2の模様です!!

■ 9月23日 フィールドコンディション(レイク・エリー)
天候 :晴れ
水温 :19.3℃
気温 :7~18℃
風向 :北西10km(風速約3m弱)
水色 :クリアー


放射冷却の影響で気温7℃でスタートしたDAY2。
やはりコンディションが安定しているのはディープだろうとの予測の元、水深13~15mぐらいのディープエリアに向かいます。

そして、開始早々ドラム君がSCスメルトにヒット!!!

d0145899_23262265.jpg

バス君ではないですが、生命反応はやっぱ嬉しい~♪

d0145899_23291147.jpg

そして、これぐらいのサイズのビッグドラムを2匹立て続けにキャッチ!

SCスメルトでドラムパターン成立です!(笑)

しかし、バスが釣れないのでシャロー偵察に移動!!


やはりシャローエリアにはスモールマウスの姿は見えませんが、ジャークベイトで広範囲に探りながらボートを流していきます。

すると水深3mぐらいのところでジャークベイトにファーストヒット!!

d0145899_23395263.jpg

開発中のジャークベイト115mmに食ってきたのは43センチ!!

そして、流す事しばし、PDBさんのジャークベイトにヒット!!

d0145899_2341392.jpg

やはり開発中のジャークベイト115mm(フェザーフック付)に食ってきたのは44センチ!!

数百m流して一匹ずつみたいな感じで魚の反応は決して多くないですが(と言うか激少ない。汗)、前日は食ってこなかった事を考えると、明らかに状況は好転してきている感じです。

しかし、自分達のジャークベイトに反応してきているのはシャローに残っている数少ない居つきの個体君達っぽい感じ。
シャローにスクールが入ってきている場合、一匹ヒットしたら何匹も追いかけてくる事が殆どなんですけど、この日はヒットしたバス君をフォローしてくる群れは皆無。

ディープに比べて餌が少なく、状況変化の激しいシャローエリア。
そんなシャローエリアに固執しているヤツラは数は少ないですけど、ルアーに反応してくるヤツラが居るという印象でした。(状況が多少悪くても、食えるチャンスに食っとかなきゃ!みたいな感じ。笑)

広いエリアをカバーして、数少ない活性の高い魚を拾っていくという感じの釣り。
ちなみにジャークベイトに食ってくるパターンはハードジャーク+ロングポーズで、ポーズ中に”ヌン”と持って行かれる感じ。

その状況判断の元、大場所に移動!!


向った先は、このエリア最大の岬!!

その岬もやはりバスの姿は見えませんでしたが、魚探にマークしておいた大岩をジャークベイトでロングディスタンスで狙ったら、ロングポーズ中に”ヌン”とストライク!!

d0145899_045613.jpg

キャッチしたバスは46センチのナイスコンディション!

しかしながら、このバス君も超単発。

このエリア一番の大場所の超A級のピンスポにも関わらず、1匹で終了です。(涙)
やはり、状況は決して良くないようです。

と言う訳で、再びディープに突撃!!

d0145899_08512.jpg

そして、開始早々、PDBさんがSCスメルトでスモールマウスキャッチ!!

その後、毎度おなじみのドラム君を何匹かキャッチした後、魚探で魚を確認し、タナを合わせて誘っていたら、
いきなりズドン!とロッドが水中に引き込まれます!!

ありえんぐらいの強さでぐいぐいと引きまくる正体不明の魚。
ズドーンズドーンと真下に向かって引きまくるファイトは、横方向に走りまくるスモールマウスとは全く異なる引き。
強いて言えばドラムのファイトに似てますが、首の振り方や潜っていく時の力がドラムとはけた違い。

一体何が掛かったんだ~?って状況のファイトが続いたのですが、浮いてきた魚を見てビックリ!!

何と!食ってきたのは丸々と肥えたチャンネルキャットフィッシュではあ~りませんか!!(驚)

d0145899_017793.jpg

水深15mでまさかまさかのキャットフィッシュ!(笑)

こんな深さまでキャット君達居るんですね~。(驚)

d0145899_0225558.jpg

つか、SCスメルトってホント何でも釣れますね。(笑)
ちなみに、この写真を撮った時、キャット君に思いっきり噛まれて指が内出血。あごの強さにもビックリでした。

そんでもって、キャット君がゴロゴロ這いずり回ったカーペットはその後、コンクリートのようにガビガビに固まりましたとさ~。(笑)

にしても、あの強烈な引きに負けないファーレンハイト166L凄いです。
一見フニャフニャと頼りない感じの柔らかさですが、デカキャットの引きに負けることなく魚をリフトできましたよ~♪


そんな感じで、何が釣れるかは全く分からないギャンブル状態のディープフィッシングでしたが、PDBさんが最後に一発かましてくれました!!

d0145899_0293113.jpg

SCスメルトで48センチ、1.8キロのビッグスモールマウス!!

DAY1に引き続き、DAY2の最大魚もPDBさん!!

やっぱ、PDBさんすげーです。

決して簡単ではない(というかスーパータフ)コンディションにも関わらず、ビッグフィッシュをキャッチする引きの強さは相変わらず。

何時もの事なのですが、ボウズを食らってもいいから自分のゲームをやり通したい!というPDBさんの潔さはサイコーです!

そのPDBさんが言っていた事で印象的な言葉があるのですが、

”SCスメルトってヤバい破壊力だな。でも、これってちょっと使ったぐらいじゃ理解できないルアーやな。やり通さないと見えてこないルアーだと思う。”

ってな事を言ってました。(確かにそうかも。笑)


PDBさん、また来年も来てね!!
また一緒に釣りできる日を楽しみにしてるよ~!
by nishinelureworks | 2013-09-28 00:50 | 釣行記 | Trackback

PDBさんのエリー湖チャレンジDAY1

9月21日~24日にかけての2日半、BC州のPDBさんと共にエリー湖に出撃してきました!!

1年ぶりのPDBさんとの釣り、メッチャ楽しみでしょうがなかったのですが、なんと!今季一番の強烈なコールドフロント直撃!!
去年、PDBさんと釣りした時も思いっきりコールドフロント直撃だったのですが、どうやら、PDBさん+オイラ=天候が荒れるというジンクスは、BC州以来未だに継続中のようです。(笑)

d0145899_0532263.jpg

■ 9月22日 フィールドコンディション(レイク・エリー)
天候 :晴れ
水温 :19.3℃
気温 :10~14℃
風向 :北西15km(風速約4m)
水色 :クリアー


と言う訳で、コールドフロント通過後の急激な気温低下&気圧上昇という厳しいコンディションの中スタートした今年のPDBさんとのエリー湖チャレンジ。

ナイアガラリバーのボートランプからボートを下すと、シャローエリアの水温は18.7℃。
そして、流芯部の水温は19.1℃。
どうやら気温が一気に下がった影響で、シャローの水が冷やされたっぽい感じです。

たった0.4℃の差かもしれませんが、スモールマウス達はとっとと居心地のいい場所に移動してしまう事が多いので、この水温差は見逃せません。
そして、案の定ナイアガラリバーのシャローエリアにはスモールマウスの姿は殆ど見られない状況。

と言う訳で、やっぱ状況変化の影響を受けにくいのはディープでしょう!って事で、エリー湖のディープエリアに向かいます!

エリー湖に出てみると水温は19.3℃。
ナイアガラリバーより更に0.2℃高い状況です。

しかし、前日のうねりが残ってて湖上はかなり走り辛い状況。(汗)

うねりの中をえんやこら、普段の倍ぐらいの時間をかけて沖のディープロックエリアに到着し、SCスメルトとドロップショットで釣り開始です!

そして、釣りを開始して数ドリフト目に僕のSCスメルトに3ポンドクラスのナイススモールマウスがヒット!!

しかし、うねり&船の揺れがひどく、ハンドランディングに躊躇した瞬間、ジャンプ一発でさようなら~。(涙)

そう言えば、この前のBASSエリートシリーズのセントクレア戦の番組で、エリー湖で釣りをしていたアーロン・マーテンスが全く同じパターンでビッグフィッシュをばらしてましたが、あの船の揺れの中でハンドランディングは本当に難しすぎです。

僕自身は基本的にはハンドランディング派なのですが、揺れがひどい時は安全面からもランディングネットを使った方が良いように思いました。

なんせ、うねりで船がアップダウンするたびに、近くで釣りしている他のバスボートがうねりに隠れて見えなくなるような状況ですし(汗)、ハンドランディング時にバランスを崩して落水しないとも限らないので、こういう場合はネットを使うに限りますね~。


と言う訳で、一瞬釣れそうに思えたディープエリアですが、その後は反応なし。(涙)

そこで、翌日のプラも兼ねて、徐々に浅いレンジに探りを入れてみます。

しかし、どこもかしこも無反応。(滝汗)

普段から魚の多いシャローエリアに行くと、一応はバスが居るのですが普段の10分の1も居ないような感じで、ごくたまに見かけるスモールマウス君達はメッチャ低活性。
ハードルアーはもちろん、ドロップショットリグなども完全無視状態です。(涙)

条件が良くなったら一斉に食いだす反面、状況が悪くなると見事なぐらい一斉にシャットダウンするスモール君達オソルベシですね~。

そんな感じで延々無反応が続き、そろそろ引上げ時間が迫った頃、遂にPDBさんに千載一遇のヒット!!

水深5mラインで根掛かりしたドロップショットリグがハングオフした瞬間、大きくロッドが水中に引き込まれます!

d0145899_0262786.jpg

キャッチしたバスは49センチ、1990グラムのビッグフィッシュ!!

ルアーはスワンプクローラーをワッキー掛けした1/2オンスウェイトのドロップショットリグ。

魚の密度がかなり薄い状況だったにも関わらず、あの広大なフラットでたまたまスモールマウスが居たピンスポで根掛かりし、そして、たまたまいいタイミングでハングオフしたんでしょうね~。

まさに絵にかいたようなリアクションバイト!!

PDBさんは交通事故みたいなパターンだなぁって言ってましたが、あの状況下でこれを再現しろって言われても、ほぼ無理。(笑)
やっぱPDBさんはミラクルですねーー!!

と言う訳で、その後は何事も起こる事無く終了でした。

DAY2の模様はまた明日~!
by nishinelureworks | 2013-09-26 01:20 | 釣行記 | Trackback

新色のご紹介 『オチアユ125WP』

近日発売予定のオチアユ125WPのカラーをご紹介させて頂きます!!

今回は2色の新カラーリリースを予定しております。

■ カラーその1
d0145899_019183.jpg
                    メスオイカワ/Female Oikawa

リリースカラーその1はメスオイカワカラー!

皆さんご存知かと思いますが、オイカワって水面スレスレのところを泳ぎ回っている事って多くないですか?
それってまさにオチアユ君が泳ぐレンジだと思うんですよね~~。

オイカワ105WPとか作ったら面白いかな?とか思うのですが、それには開発に多大な時間が掛かるので、オチアユ君にオイカワカラーを塗ってみました!(笑)

オイカワのメスってわりと銀っぽいので、オイカワ模様の上にシルバーマイカーを吹いてみたら、かなり艶めかしくなりましたよ~♪
この色って、ケタバスにも近いと思いますので、ケタバスを追いかけているような場所でも是非試してみて下さい。

個人的にかなり溺愛している色で、カナダにはオイカワはいませんけど、何故か良く釣れますよ~!(笑)

■ カラーその2
d0145899_0204123.jpg
                 チャートリュースバック/Chartreuse Back

そして、カラーその2はチャートリュースバック!!

背中がチャートで非常に視認性が高い色です。

この色を作った理由もまさにそれが理由!!
もうね、メッチャクチャ良くルアーが見えますよ~♪

オチアユWPって重量が34gほどあって、ミディアムヘビー以上のロッドでフルキャストするとメチャクチャ遠くまで飛ぶのですが、この色を使えば決してルアーを見失う事がありません。(笑)

チャートリュース系の色が魚に効果的な理由は諸説紛々語られてますが、オチアユ君の場合は「ルアーが見える」って、もの凄い便利な事なんですよね~。

遥か彼方を泳ぐオチアユ君が急にふら付いたりすると、おっ!魚がちょっかい出して来ているなってわかりますし、ストライクに至らなくとも、「ルアーを見失わない=追いかけてきている魚を発見しやすい」という特典があるんですよね。(どんな特典だ?笑)

エリー湖とかの場合、追いかけてきてテンションが上がったスモールマウスにドロップショットリグ等を投入すると一発で釣れる事が多いので、そういう釣りをする時もこの色は重宝しています。

特にローライトコンディションの日とか、マズメ時になればなるほど手放せない色ですね~。


d0145899_243274.jpg

と言う訳で、以上2色が今回リリース予定のオチアユ君です!

■ 価格
税込希望小売価格/4935円 (税抜価格/4700円)


輸送や通関等で何事もなければ、9月末頃~10月初旬には店頭に並び始めるかと思いますので何卒宜しくお願い致します!(今回のオチアユWPはネット販売ではなく、店頭販売となります)
by nishinelureworks | 2013-09-21 02:23 | Ochiayu | Trackback

オチアユWPと格闘中~!

FacebookのNLWファンページの方ではちょこちょこご報告させて頂いているのですが、オチアユWPのリリースを目指して現在奮闘中のニシネ地下工房ワークスです!

d0145899_1345392.jpg

このオチアユ君、図体がデカい&装着パーツが多いので、塗装も大変なら、パーツ装着も大変。(汗)

バリ取り用のラジオペンチ
ヒートン閉じ用プライヤー
石名さんお手製のプロップ曲げ用巨大ペンチ
フック装着用のスプリットリングプライヤー
カップワッシャーを組み込む時に使うピンセット

・・・・と、もう工房中のプライヤー総動員といった感じです。(笑)

ペイントで痛めかかった手首をダマシダマシやってるんですけど、オチアユ君はもう殆ど腱鞘炎製造機に近いものがあるかも~~~。(汗)

そんな感じで、なかなか作業がはかどっておりませんが、2日以内には日本に向けて発射できる予定です。

今回リリース予定カラーの詳細は近日中に裏日記にてご紹介させて頂きますね~!
by nishinelureworks | 2013-09-17 01:43 | Ochiayu | Trackback

from Michinoku 『SCスメルトで4目釣り&秋元湖でFBシリーズが炸裂!』

舞木さんより釣果報告を頂きました!

なんと!SCスメルトで4目釣りされたそうですよ~♪

d0145899_21565365.jpg

SCスメルト11gと、FB1、FB8での釣果報告をお送り致します!

まずは、地元リザーバーさくら湖で、SCスメルト11gのシューティングにより四目達成することが出来ましたので報告致します!

フィールドコンディション↓
9月2日/さくら湖
天候:曇り一時雨
気温:22℃~27℃
水温:25℃~27℃
風:南西の風 1m~2m
水色:ステイン

この日は、友人のHさんとポンツーンで出撃しました。

さくら湖ではエレキやエンジンなどの動力の使用が禁止されているので、もちろんオールと足ヒレのみで出たのですが、ポンツーンの想像以上の機動力には驚きましたね!

西根さんもポンツーンでの釣りが大好きだとおっしゃっていましたが、想像以上に釣りも快適に出来 て、本当に面白かったです!

さて、オカッパリでは通い慣れたさくら湖での釣行ですが、せっかくポンツーンで出たということで、 オカッパリでは狙っていなかったスポットを狙うことにしました。

そこで、SCスメルト11gが活躍したのでした!

魚探を見ていると、水深6m前後に多くの魚影を捉 えていたことから、そのレンジに合った岬回りのストラクチャーやハンプを探っていきました。

ドロップオフやスタンプ、岩の周囲に魚影を確認し、SCスメルト11gを投入してみました。

d0145899_21574565.jpg

d0145899_21583689.jpg

d0145899_21585149.jpg

d0145899_21593630.jpg

すると、バス、ニゴイ、ヘラブナ、ブルーギルの四種目をキャッチしました!(笑)

SCスメルトは、本当に色んな魚が釣れますね~! (笑)

この日、SCスメルトで良いサイズのバスをキャッチすることは出来ませんでしたが、色んな魚を釣ったことによる多くの発見があり、本当に面白かったです♪

ちなみに、この日はスタンプもSCスメルトで狙ってみたのですが、やはり非常に難易度が高かったです。

というのも、スライドフォール時に根の奥へ入り込んでしまうことがあり、そうなると回収不能でした。

岩であれば、コンタクトした際に無理にロッドを煽らなければ、ほぼ回収出来たのですが。

スタンプ等の複雑なカバーを狙う際は、魚探でSCスメルトを映して水深を確認し、コンタクトさせずに狙うのがベターかもしれませんね。

あと、魚からの反応も、操作感も、やはり軽めのジャークが良いですね。

これからのシーズンにおいて、SCスメルトがますます活躍しそうなシチュエーションが思い当たるので、とても楽しみなところです!

SCスメルト11gタックルデータ↓
ロッド:6.6フィート、レギュラーテーパー、ミディ アムアクション
リール:メタニウムMg7
ライン:フロロカーボン14lb
※SCスメルト登載フック:ST-36#6リアフックのみ



つぎは、裏磐梯湖沼群の一つ、秋元湖で、ファットブル1とファットブル8が活躍してくれましたので、御報告させて頂きます!

フィールドコンディション↓
9月7日/秋元湖
天候:曇りのち雨
気温:17℃~19℃
水温:21.5℃~22.5℃
風:東北東の風 2m~3m
水色:クリア

この日は、友人のSさんのボートに同船させて頂き出撃、久し振りの秋元湖だったので、朝は巻物でチェックしていくことにしました。

湖東側に広がるウィードフラットからチェックを開始したのですが、所々でウィードが水面まで伸びており、トップウォータープラグでもウィードを拾ってしまう状態でした。

しかも、そのウィードも良く見えない状態。

そこで、ここぞとばかりにファットブル1を投入しました。

思った通り、ウィードをすり抜けて来ます。

時折掛かってしまっても、ロッドワークで切れるので、ストレス無くクランキングすることが出来まし た♪

そして、流していくと、ブレイクショルダー(水深3. 5m前後から2m前後への上がり)に位置するウィード パッチでヒット!

d0145899_2204230.jpg

いきなり、43cm1050gのナイスフィッシュをキャッチしました!

これぞファットブル1ならではの魚!といった感じで痺れました♪

その後、シャロー側(水深3.5mから浅い側)を流していくも、Sさんが一匹をキャッチしたのみ。

ファットブル1でキャッチしたスポットの沖側へ入りました。

水深3.5mより深い側には水面まで伸びるウィードが 無く、その入ったスポットは、水深3.5m~4mくらいまで良い感じのカナダ藻ベッドとなっている様でした。

ここでファットブル8を投入し、時折引っ掛かるウィードをロッドワークで切りながらリトリーブしてくると、ヒット!

d0145899_2212795.jpg

40cmには届きませんでしたが、ナイスフィッシュを2匹連続でキャッチしました♪

ファットブル8へのバイトが途絶えたので、ネコリグを入れてみると、サイズダウンしてしまいまし た。

ここで、一旦他のエリアも見て回ることにしました。

バンクやハンプ、シャローからディープレンジまで チェックしてみましたが、良い反応を得ることは出 来ませんでした。

午後になり、雨が近付き、気圧が下がってきたことから、再びクランキングへシフト。

ファットブル8で連発したスポットへと入ると、またもファットブル8にヒット!

d0145899_222690.jpg

43cm950gのナイスフィッシュをキャッチすることが出来たのでした!

ここで、雨が本降りになってきたことからストップフィッシング。

秋の訪れを感じずにはいられない、楽しいクランキングを満喫することが出来たのでした♪

ファットブル1&ファットブル8タックルデータ↓
ロッド:6.6フィート、レギュラーテーパー、ミディ アムアクション
リール:メタニウムMg7
ライン:フロロカーボン14lb

これから秋も深まり、ますますハードベイトの釣りが面白くなりますね!



舞木さん、ありがとうございました!

SCスメルトで4目釣り!!すげーですね!
しかも、この4目釣りを二日続けてされてましたから、これは完璧にパターンですね~!!(わははは)

そう言えば、りょうさんも先日近所の川でSCスメルトを試したら、80センチオーバーの巨ゴイさんが食ってきたとか。。

5gモデルをリリースさせて頂いた時も色んな魚の釣果報告を頂きましたが、もう何でもアリですね!(笑)

11gモデルもそろそろお手元に届き始めた頃だと思いますので、何か釣れましたら是非教えて頂ければ幸いです!


そして、秋元湖のファットブルパターン!

ウィードエリアでFB1、そしてその沖のエリアでFB8が炸裂ですか!

桧原湖でもFBシリーズが調子良いようですし、裏磐梯とFBシリーズの相性はいいのかも~♪(喜)


舞木さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!!
(お魚さん達の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-09-12 22:14 | from Michinoku | Trackback

SCスメルトフィードバック 『SCスメルト5gを渓流で使ってみた!!』

高校時代からの親友、椋ちゃんからSCスメルトレポートをもらいましたのでご紹介させて頂きますね!

シングルフックを装着したSCスメルト5gがイワナ君相手に活躍してくれているみたいですよ!!

d0145899_0563395.jpg

SCスメルト5gを渓流で使ってみた!!

NLWのルアーにしてはチョー小型のSCスメルト。個人的にすごーく待ち望んでいたサイズでした。
用途は渓流のトラウト。

始めたのはここ数年で、ミノー主体にさまざまなルアーを買っては試してと遊んできました。
もちろん、渓流で使えるNLWルアーは無く、すべて他社のルアー。
NLWファンとしては、「いつかはNLWのルアーで渓流を釣ってみたいなー」と、
思っていたのです・・・。

しかしっ!思いとはうらはらにNLWのルアーは巨大化傾向!?

そんな中、SCスメルトの発表!歓喜しましたよ~。
ブログを見ると、メイン用途は「縦の釣り」。渓流で使えるのかどうかわからない。
でもっ、NLWのルアーを渓流で使えることだけですでにかなーり満足してました。届く前から。

ルアーサイズには少し不安がありました。いつも使ってるミノーは50mmくらい。
SCスメルトは62mm。約1.2倍長い!

しかし、届いてから見てみると、マッタク問題ないことがわかりました。
ヘビーシンキングミノーの50mmは幅や高さがあるのに比べて、SCスメルトは非常に細身で、
見た目のボリュームは、ほぼ同等という感じですね~!

もともと取り付けられているフックはテールに1本で、渓流に使うには太いため細軸に交換。

問題は、フロントをどーするのか?

最初はトリプル付けてみました。即却下!!下手したら1投でロストしそうです。

結局、シングルフックにして針先をボディに向けてセット。
明らかに「掛かりが悪そう」ですが、貴重なルアーをロストしたくないっ!!

フィールドに出てから、サカナを狙う前にひととおり動きを試してみます。
真下でチョンチョンはレスポンス良く動きます!本来の使い方ですからね~。
高速リトリーブにも追従するということで、瀬の逆引き。
ストレートに引くのはもちろん、トゥイッチを入れても飛び出しません。

実釣では、SCスメルトが得意な「縦の釣り」に近いことがやり易そーな落ち込み下や、エグレなど
深いとこに投入することにしました。
このような場所はヘビーシンキングを使って狙っていたのですが、
下手っぴゆえにルアーがすぐに浮いてしまい、しかも一瞬でポイントを過ぎてしまう苦手な場所だったのです~。

使い方はフォールさせて、ロッドを揺らしながら流れに乗せてリトリーブです。
ミドストするのに近い感じですね!

ヘビーシンキングでいつもやってる釣りはドンドン巻いてバンバントゥイッチという、SCスメルトの使い方とは「真逆」のやり方です。

「こんなスローな釣りで、サカナにルアーガッツリ見せてホントに釣れるかいな・・・」と、自分で決めてやってる釣り方なのに、思いっきりマイナス思考です~。

だがしかし!!サカナの機嫌が良かったのか?NLWマジックなのか?

すぐにイワナがヒット~!「掛からないのでは?」と心配したフロントフックに
バッチリ掛かっています!

d0145899_10046.jpg

その後もSCスメルトとヘビーシンキングをチェンジしながら、数匹のイワナをキャッチ。

そのなかには、マイレコード(29.5cm。あと5mm・・・)も含まれていて、奴はSCスメルトにヒットしたのでした~!ウレシ~!!

SCスメルトにヒットしたイワナは、すべて「根掛り回避優先」でセットしたハズのフロントフックに掛かっていました。

しかも、想定していた「仮にアタリがあったとしてもほとんど掛からないのでは!?」ということもナシ。
5cmにトリプル2本セットされているミノーと同等に掛かる感じです。

d0145899_114268.jpg

d0145899_121561.jpg

頭から飲み込む勢いで食いついてるんでしょーか!?

今シーズンは釣り行く機会が少なく、SCスメルトはチョットしか使えませんでした。
それでも、サカナを釣ることができ、とても充実したイイ気分です!!

11gモデルも追加されて、出来ることも増えそうで次の釣行が楽しみです~!!
(でもっ次の釣行は来シーズンになりそうな気が・・・ウワーン!!)

※参考までに使用ラインは高比重PE0.6号、リーダーはフロロ1.5号、フロントフックは♯8です。



と言う訳で、椋ちゃんレポートによると、日本の渓流でもSCスメルトが効果あるとの事!!

いやぁ、ホント嬉しい~~!!(喜)
そして、釣れるイワナ君全部がシングルフックにフッキングしているって、物凄い意外ですね!!(驚)
しかも上向きセッティングにも関わらず高確率で掛かるって、完全に頭めがけて食ってきているっぽいですね~!!

いやぁ、目からウロコとはこの事。。

もしかしたら、イワナに限らず、ショートバイト対策でフロントシングルフック搭載というのはアリかもしれませんね!!

渓流でSCスメルト5gをミドストするという何とも斬新な釣り方ですが(笑)、実際の話、5gモデルを巻きで使った時のアクションレスポンスって非常にいいので、すごく理にかなってるかも。
もしかしたら、巻きは5g、落とし込みは11gという使い分けパターンもありかもしれませんね~♪

もし皆さんも、何かSCスメルトで気が付かれた事とかありましたら、是非是非教えて下さいね。

椋ちゃん、貴重なフィードバックありがとさんでした!!
日本に帰った時は渓流釣りに連れて行っておくれ~~!!
by nishinelureworks | 2013-09-10 01:14 | SC-Smelt | Trackback

NLWアウトレット 『SCスメルト11gのご案内メール送信完了致しました』

この度、SCスメルト11gをご注文下さいました皆様にご案内メールを送信させて頂きました。

もし、ご注文頂いたにも関わらず、現段階でご案内メールを受信されていない方、もしくは受信メールが文字化けしている方がいらっしゃいましたら、大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご一報頂ければ幸いです。

ルアーは、ご入金を確認させて頂き次第順次出荷させて頂きたいと思いますので何卒よろしくお願い致します。

この度、ご注文賜りました皆様に心よりお礼申し上げます!!

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2013-09-09 09:59 | NLWアウトレット | Trackback

NLWアウトレット 『SCスメルト11gのご予約受付を終了させて頂きました』

先ほど、午前0時をもちましてSCスメルト11gのご予約受付を締め切らせて頂きました。

この度は沢山のご注文を頂きました事を心よりお礼申し上げます。

出荷準備が整い次第、ご注文頂きました皆様にご案内メールをさせて頂きたいと思いますので、その節は何卒宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました!

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2013-09-05 00:09 | NLWアウトレット | Trackback

NLWアウトレット 『SCスメルト11gご予約受付残り3時間半!!』

現在、ご予約受け賜り中のSCスメルト11gですが、残り時間3時間半となりました。

本日いっぱいご予約を受け付けさせて頂いておりますので、もし宜しければご検討頂ければ幸いです。

ご注文方法はコチラ


西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2013-09-04 20:38 | NLWアウトレット | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30