Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

釣行記 【ジャークベイトオンリーで春のエリー湖に挑む!】

昨日はポールさんと一緒にエリー湖に出撃してきました。

今回の釣行のテーマはジャークベイト!!

ジャークベイトの完成に向けて、インジェクションモデルの釣果検証、バリエーションモデルとして考えているラトルインモデルやフローティングモデルやショートビルモデルの実釣テスト。
そして、ボディー、塗装、フック等の強度テスト等、ジャークベイトオンリーで春のエリー湖に挑みました。

最強の助っ人ポールさん。
d0145899_21144580.jpg

国境を越え、アメリカの水域にてテスト開始です。
今まで行ったことないエリアでのジャーキング。
ポールさんがどんな釣りを展開するかワクワクが止まらない!!

が、エリアに向かう道中、ポールさんが気になる一言・・・

”ヒロシ、今日は波もなくて最高のコンディションだ。でも一つだけ心配な事がある。2日前に大風が吹いて、この春初の濁りが入ったので、もしかしたらジャークベイトにはネガティブな要素になるかもしれない。”

ひ~、そうなんだぁ。(汗)
そっかー、やっぱり濁りはジャークベイトにマイナスの働くんだな。
でもまぁ、エリー湖だし、ポールさんだし、何とかなるっしょ。

と、僕はその時、その言葉を割と気楽に捉えていたのですが、その後、実際に釣りを始めて、まさにそのポールさんの言葉通りの展開に丸1日苦しめられる事になったのであります。(汗)

と言う訳で、最初に入ったスポットは、近くにスポーニング場を控えたハンプのブレイクショルダー。

アイドリングでスポットに接近しながら、サイドスキャン、ダウンスキャン、2D画面、GPSに画面を4分割したローランスを確認しながら慎重にスポットにアプローチして行くポールさん。

画面を見ながら、ほら、こことここがこうなっててとか、こういう場所に魚がポジショニングしててとか、これが魚とか、色々教えてもらい、目からウロコレベルで勉強になる事だらけ。

そして、ファーストスポットで釣り開始。
ボートポジションを水深4.5mぐらいにとり、ハンプトップに向けて投げて行きます。

すると、開始ほどなくしてボクにファーストフィッシュ!!

が、魚が違う~~~!なシルバーバスさん登場。(笑)
d0145899_2344349.jpg

狙っている魚とは違いますが、ファーストフィッシュは嬉しいもんです♪

そして、シルバーバスさんから針を外していたら、ポールさんが”俺にも来た!!”と。

振り返ると、こんなんなっとるし。(笑)
d0145899_2345856.jpg

”どーだヒロシ、羨ましいだろ!オレはゴビーを狙ってんだ。”

と、見せびらかせられまくります。(笑)


興味深いのはポールさんが使うジャークベイトにゴビーが引っ掛かって着た事&ボトムのコケを拾ってきている事。

16ポンドで使っている僕のジャークベイトは全くボトムをかすりもしないのに、12ポンドのフロロを使っているポールさんのジャークベイトはボトムにルアーが到達している模様。

そこで、糸の太さの差で潜行深度にどれぐらいの差が出ているか検証してみましたところ、キャスティングで使った場合、16ポンドではおそらく2m前後、12ポンドでは水深2.4mぐらいまで達する事が分かりました。

ちなみにドラッギングで使用した場合は12ポンドラインで4.5mぐらいのボトムを叩ける事が判明。

ウレタン製プロトよりも1段深い層に到達させられるみたいで、何がどうなってこうなったか分かりませんが(笑)、オープンウォーターでのスモールマウス狙いにおいて、より潜行深度が稼げることは非常に喜ばしい事です。

が、残念ながらスモールマウスからの反応は無し。(涙)

何か所か有望エリアを回ったものの、濁りの影響か、シャローに生命反応があまり感じられないので、現在バスがスクールしている沖のディープエリアの様子を見に行きます。

まさかのトローリング発動~!(笑)
d0145899_23582327.jpg

オモリを付けて、この前釣りしたぐらいのド沖エリアを流していきますが、ワンバイトあったのみでキャッチは無し。

つか、JPR65L(写真はプロトの66L)がトローリングに使われるとは、さすがのNFCの堀口さんも考えておられますまい。(笑)

おそらくですが、この日、釣果だけを最優先で行くなら、状況の安定しているディープでスクールしているビッグバスに狙いを絞るのが正解なのでしょうが、今日はジャークベイトのテストと言う課題があるので、早々に
ビッグバスが群れる沖のハニースポットを離れ、バッファローの市街地が隣接するエリー湖のショアラインエリアに移動。この時点で釣り開始してから2時間ぐらい経過しています。

そして、移動した先のスポットで、3ポンドぐらいのスモールマウスがヒット!!
d0145899_072761.jpg

釣り的にはやはり水深4.5mぐらいのボトムに居るバスを水深2m付近まで浮かせて食わせる感じ。
水がいつもより濁っているので、アピールを増強するべくラトルインタイプのプロトを使用したところ、バスが反応して来てくれました♪

3ポンドぐらいのアベレージサイズですが、メッチャ嬉しい~!(喜)

サイレントモデル中心に開発を進めてきたこのジャークベイトですが、ラトルインモデルの研究は、今後必須課題ですね。
とりあえず、ラトルインしてもサイレントモデルと変わらないアクションレスポンスを発生させられる事が分かりましたので、今後、ラトルのタイプや個数など色々なプロトタイプを試し、魚の反応を見ながら研究して行きたいと思います。(^o^)v

ショートビルのプロトタイプではシルバーバスさんをキャッチ♪
d0145899_0162779.jpg

このショートビルタイプは、まだまだどうなるか未知数ですが、何はともあれ魚が食ってきてくれたのは嬉しい事ですね♪(喜)

ポールさんはドラムをキャッチ。
d0145899_0205146.jpg

ヘイ!ヒロシ!ドラムが釣れたぜ!!やったぞ!羨ましいだろ!俺はドラムを狙ってるんだよ!はっはっは~!(さっきはゴビーを狙っているって言ってたのに。笑)

どんな魚が釣れても粗末に扱う事なく喜ぶポールさん、最高すぎです。^^

スモールマウスはなかなか釣れませんがシルバーバスは良く釣れて、その後5匹リミットを達成。(笑)
d0145899_0254333.jpg

何はともあれ、何か釣れてくれると嬉しいもんですね!

ちなみに、ポールさんにこの日の状況でジャークベイトにこだわる必要が無いなら、どうやって釣りする?
って聞いてみましたところ、

”沖のディープエリアで、DSミノーを使って魚探を見ながらシューティングする。今日はメチャクチャスローだわ~~。”

との返答。

が、今自分達がやっているのは、シャローでスピーディーな釣り。

全く真逆の事をやっている訳です。(笑)

しかも、バスが浮いてきてくれて初めて成立する釣りなのに、濁りが入っててバスを非常に浮かせ辛い状況という。(汗)

通常のクリスタルクリアーな透明度であれば、水深が5mぐらいあっても余裕で浮いてくるスモールマウス達ですが、この日の状況は水深1mのボトムがぼやけてあまり見えないぐらいの状態。

そりゃ、ムチャっつうもんです。(笑)

そこで、少しでも可能性のあるエリアを求めて、ランガン。

濁りの入った水の中で、少しでもアピールを高める為にラトルインモデルを使い、ロングポーズで魚が浮いてこられる間を長く取る事をイメージしながら釣り続けます。

そして、ポールさんが3ポンドぐらいのバスをキャッチ!
d0145899_0384314.jpg

シブい状況の中、辛抱強く粘り倒してひねり出した貴重な1本です。

ちなみにポールさんには今年の春からJPRのMLとLのプロトを貸し出して使ってみてもらっているのですが、素晴らしいジャークベイトロッドだね!と、かなり気に行ってくれている様子♪

快適にジャーキングできるし、ルアーをロングキャストできるし、フレキシブルなので魚がばれなくて最高だ!
との感想でした。

ポールさん的には、Lは巻きで使ってもいい感じだね。との感想で、これは僕も激しく同意。^^

ジャークベイト王国で育ち、今まで数えきれないほどの魚をジャークベイトで釣って来たポールさんをうならせる堀口さん&塚本さん、オソルベシ!

現在、ポールさんの手元にあるJPRのプロトロッドは、これから凄まじい数の魚をキャッチし続けて行く事になると思います。(^o^)v
d0145899_0475896.jpg
North Fork Composites J Custom 2.0 JPR65Series 詳細ページ

僕も同様の釣で3ポンドぐらいのスモールマウス君をキャッチ。
d0145899_0444873.jpg

完璧に外しているとわかっているパターンの中、少しずつアジャストし、わずかな可能性を求めて、ようやくたどり着いた魚だけに、嬉しさもひとしお。

結果の大小だけでは測れない大きな喜びがそこにはあります。

今回の釣行では、最終的にラトルインモデルのジャーキング&ロングポーズのパターンで15匹ぐらいキャッチ。
d0145899_121049.jpg

d0145899_123378.jpg

考え、悩み、ジャークし続けた1日。

そこには沢山の学びがありました。

色々な可能性が見えてきましたし、更なる改良に励みますぜ~~!!(^o^)v

この日釣れてくれたお魚さん達&ポールさん、ありがとう!

■ 使用タックル1
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール: シマノ・メタニウムMgDC7
ライン: ジャッカル・レッドスプール16ポンド
ルアー: ジャークベイトプロトサスペンドモデル(サイレント&ラトル)

■ 使用タックル2
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65ML
リール: シマノ・アルデバランMg7
ライン:レッドスプール16ポンド
ルアー:ジャークベイトプロトショートビルモデル、ジャークベイトプロトフローティングモデル
by nishinelureworks | 2016-05-28 02:16 | 釣行記 | Trackback

釣行記 【エリー湖のプリスポーンフィッシング - ディープウォーターの破壊力!】

先日、友人のテリーさんが誘ってくれて、今季初のエリー湖に釣りに行ってきました。

アライグマにボートを食われて釣りに行けないオイラに救いの神!!(喜)
去年は去年で、車を沈めて釣りに行けなかったオイラを釣りに連れて行ってくれたテリーさん。
ホント、いい友人に感謝です!!

d0145899_18433185.jpg

■ フィールドコンディション
天候 : 晴れ
風向 : 南西の風15㎞/h(秒速4m)
水温 : 約13℃

オンタリオ州はまだバス釣りが禁漁なので、国境を超えてNY州の水域での釣りとなったのですが、今季初のエリー湖は凄かった!!

結果から先に言うと、二人で50アップx4本(最大51センチ)、45アップを25本ぐらいキャッチ、トップ5本の推定ウェイトは26ポンドぐらい(約11.8㎏)と、もの凄い釣果に恵まれました。
もちろん、この釣果はエリー湖に精通するテリーさんの力以外の何物でもなく、本当に色んな事を学ばせてもらった1日となりました。

夜明けと同時にカナダから出船し、エリー湖を渡ってNY州の水域でスタートフィッシング。
最初の3時間ぐらいは手がかじかむぐらいの寒さで、バイトも全く無しな状況でしたが、テリーさんがメタルジグプロトでキャッチした2.5ポンドぐらいのファーストフィッシュが、この後の怒涛のビッグバス連発劇の始まりとなったのでした♪
d0145899_18563059.jpg

テリーさん的には、あれ?小さい?と意外なサイズのバス君だったみたいですが、それまで全くの不発状態で、もしかして今日はヤバい?って雰囲気満載だったので、嬉しい事この上なし!

そして、僕にもファーストフィッシュが!!

いきなり4.5ポンドぐらいのビッグフィッシュが登場!!
d0145899_20484346.jpg

ルアーはドロップショットミノー3.4インチのスモークパープル。
低活性だったのか、バイトは殆ど感じない状態。
ロッドティップにかすかな重みを感じてフックアップしたら、これもんでした!(笑)
d0145899_198392.jpg

やった~!\(^o^)/

テリーさんもスイムベイトで4ポンドぐらいのをキャッチ!
d0145899_19121429.jpg

体格が大きなテリーさんが持つとバスが小さく見えますが、かなりナイスフィッシュです。^^

その後もDSミノーで何本かの4ポンドクラスをキャッチする事に成功♪
d0145899_191535100.jpg

d0145899_19283093.jpg

d0145899_19284590.jpg

DSミノーのドロップショットリグに食ってくる魚は、どの魚もソフトバイトで、シェイクしてたらアタリが分からないので、ステイ&違和感を感じたら即アワセ!!

アタリは超微妙だけど、フックアップした後のファイトは強烈そのもの!
この静から動へのギャップの凄さがタマランですわ~!!\(^o^)/

ちなみに、水深は9mぐらい。
次の大潮で生むんじゃないか?ってな雰囲気なんですが、そんな段階でもこの水深がメインってのが驚きですね~。

今にも産みそうなパンパンのお腹。
d0145899_1922361.jpg

d0145899_20563659.jpg


船団。
d0145899_19225984.jpg


そして、日が昇って暖かくなり、風が出始めたタイミングで怒涛の連発が始まりWヒットとかも!
d0145899_19315529.jpg


テリーさんとセルフィー♪(笑)
d0145899_19322033.jpg


その後、風が強くなりDSミノーではボトムキープ&微細なバイトを取るのが難しくなったので、フットボールジグパターンを発動。

狙っている水深が9~12mと結構深いので、昨年の秋から開発&テスト中のNLWフットボールジグの3/4オンスプロトを用い、ボトムズル引きで狙っていきます。

すると!やはりフットボールジグに好反応を見せてくれるスモールマウス君達!!

プロトジグに5ポンド前後のビッグスモールマウスが食ってきた~!!
d0145899_19372515.jpg

ドロップショットミノーだとロッドティップに微妙な重みが乗ったり、リグの重量が一瞬消えたりみたいな微妙なアタリばかりでしたが、フットボールジグだと、”コン!”と明確にアタリが出るのが非常に興味深いです。

ミノー系を食っている時と、ゴビーを食っている時で食い方が明らかに違ってて面白い~!^^

ちなみに、このジグですが、3/4オンスの巨大なヘッドにオリジナルのNLWジグ12.5gモデルと同じ2/0サイズのスモールフックと、見た目は恐ろしくアンバランスなジグ。(汗)
d0145899_19442823.jpg

フックが小さ過ぎなんでね―の?フッキングするの?ってな心配が大いにあったのですが、今のところアタリを感知できたバスの殆どはフッキングに成功しているので、意外に行けそうな感じです♪(喜)

ヘッドはスモールマウス君のバイトマークだらけ。
d0145899_19464812.jpg


食ってくるバスは4ポンド後半~5ポンドぐらいのナイスサイズ!
フットボールジグ最高~~~~!!\(^o^)/
d0145899_19503834.jpg

d0145899_20173219.jpg

d0145899_1952462.jpg

こういう釣りに、ノースフォークコンポジットのPSR610MLは本当に最高です♪(^o^)v

と言う訳で、DSミノーのドロップショットリグ、フットボールジグのドラッギングとパターン化に成功したところで、ルアービルダーの虫がうずき出します。
いつもの事ではありますが、これで釣れるなら他のルアーはどうだろうか?と、色んな興味がむくむくと湧いてきて止まらない&止められない!(笑)

僕自身、釣りに行く時の最大のテーマは、最大重量記録を出す事でもなく、ビッグフィッシュを追い求める事でもなく(もちろん釣れたら嬉しいけど。笑)、一番大切にしている事は、ルアー開発に繋がるキーを探す事

それを知る為には、どんなに釣れるパターンであっても、同じ事をやっていたら新しい可能性は何も見つかりません。
たとえそれが、その日の最強パターン&ルアーであったとしても、それを何の躊躇もなく封印出来るのが自分の唯一の強みだと思っています。(どんな強みだ?笑)

てな訳で、新たなる可能性へのトライ!
テーマはもちろんハードベイト!!

水深9~12mのディープウォーターでハードベイトの可能性は無いのか?
持ってきたタックルボックスをほじくり返して、色々と試行錯誤してみます。

そして試行錯誤を繰り返した結果、一つの可能性を見つけた!!

水深12mでフックアップに成功したデンプシーテールフィッシュ!!
d0145899_20114559.jpg

やったぁあああああ~~~~!!!
d0145899_20122570.jpg

ヤバいぐらい嬉しすぎです。(喜)

リグは昔からやっていたキャロクラをベースにしたリグ。
重たいオモリをつけて、ドーンとボトムまでハードルアーを沈めます。(^o^)v

そして、ルアーをとっかえひっかえして試してみた結果、ブレードクランクでも!!
d0145899_20142253.jpg

ブレードクランクでもう一本追加!!
d0145899_2021390.jpg

水深9~12mのディープウォーターであろうと、ボトムをゆっくり泳がせるのにブレクラはとてもいい感じです♪

テリーさんがフットボールジグプロト、そしてオイラがブレクラでWヒット&セルフィーアゲイン。(笑)
d0145899_20274158.jpg

今回の結果を持って、ブレードクランクにゴビーカラーとイエローパーチカラーを猛烈に塗りたくなったアホビルダーなのでありました。(笑)

ってな訳で、大変収穫が多く、勉強になった今回のエリー湖釣行。

素晴らしい環境、ルアーに食いついてくれたバス君達、そして釣りに連れ行ってくれたテリーさんに心から感謝です。
d0145899_20302732.jpg

全ての事にありがとう!!

■ 使用タックル1
ロッド:ノースフォークコンポジットDSR68L
リール:シマノ・ステラFW2500
ライン:ジャッカル・レッドスプール7ポンド
ルアー:ドロップショットミノー3.4インチ(スモークパープル)
シンカー:1/2オンス

■ 使用タックル2
ロッド:ノースフォークコンポジットPSR610ML
リール:ダイワ#2500
ライン:ナノフィル10ポンド+レッドスプール12ポンド(5m)
ルアー:NLWフットボールジグプロト3/4オンス
トレーラー:ズーム・ファットアルバートグラブ

■ 使用タックル3
ロッド:ノースフォークコンポジットTCR610M
リール:シマノ・メタニウムXT
ライン:ジャッカル・レッドスプール16ポンド
ルアー:ブレードクランクM5R、デンプシーテール85S
by nishinelureworks | 2016-05-25 20:38 | 釣行記 | Trackback

NLWアウトレット 【FatBull0.5のご案内メール送信完了】

大変長らくお待ち頂いておりましたファットブル0.5ですが、本日、出荷準備が整いました。

d0145899_11143633.jpg

d0145899_11152848.jpg

納期が大変遅れました事を、心よりお詫び申し上げます。
本当に本当に申し訳ありませんでした。

先程、ファットブル0.5をオーダー頂いておりました皆様にご案内メールを差し上げましたので、お時間のある時にご確認頂ければ幸いです。
もし今の段階でメールが届いていないという方がいらっしゃいましたら、大変お手数で申し訳ありませんが、
outlet@nishinelureworks.jpまでご一報下さい。

その際に、メールの受信設定をご確認頂くと共に、迷惑フォルダーに振り分けられている場合もあるようですので、そちらの方もご確認頂けますようお願い致します。
特に、AU携帯(ezweb)およびicloudをご使用の方はメール未着のケースが頻発しておりますのでよろしくお願い致します。

ルアーの方はお振込みを確認させて頂き次第、順次発送させて頂きますので何卒宜しくお願い致します。

この度、ご注文下さいました皆様に大変ご迷惑をお掛けしました事をお詫びすると共に、心よりお礼申し上げます。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2016-05-22 11:24 | NLWアウトレット | Trackback

エリー湖の春 - スモールマウスに問答無用なルアーテスト結果を突きつけられる!

いよいよトップシーズンに突入したっぽいエリー湖。
ポールさんのガイド艇でも連日凄い釣果が出ています。

d0145899_23415741.jpg

おそらくこの10日間ほどは連日50匹以上、そしてウェイトもトップ5本で25~27ポンドぐらい(約11.3~12.2キロ)と、とんでもない釣果。

やはり世界一のスモールマウスフィールドと言われるエリー湖のポテンシャルは計りしれません!

こんなトップシーズンに、アライグマにボートを食われて釣りに行けないというマヌケっぷりを発揮しているオイラ(←アホすぎる)になりかわり、現在、ポールさんが色んなルアーを試してくれているのですが、これだけ釣れている状況だと本当に色んな事が分かって来ます。

よく誤解されている事で、”魚がいっぱい居て、良く釣れるフィールドなら、何を使っても一緒でしょ?”と思われがちですが、実は一概にそうとも言えなくて、魚が沢山居るからこそ、釣れるルアーと釣れないルアーの差や、コンディションにマッチしているルアーや、マッチしていないルアーで、残酷なぐらい大きな差が付く事が多いんですよね。

特にこれだけ凄い釣果が出る時って、スモールマウスが規模の大きいスクールを形成しており、かつ何か特定のベイトに狂っているような条件下な時が多く、そんな時って、ちょっとした違いで天国と地獄ぐらいの差が付く事があります。

そして、正解と思えるパターンでも1日中釣れ続けるわけではなく、プライムパターンは刻々と変化して行きますし、何かをきっかけにしてあっという間にスクールが移動して行ってしまいますので、それらの変化やバスの動きにきっちりアジャストする事ができて初めて、これだけの釣果が叩き出せるという事なのであります。

実際の話、エリー湖の最高レベルの釣果を出し続けているポール艇ですが、話を聞いてみると1日として同じ日は無く、毎日使っているルアーもカラ―もパターンも違うとの事。
いつもの事ながら、ポールさん凄すぎです。

んでもって、こんな状況下の中、試してもらっているプロトソフトベイトがあるのですが、もうそれはビックリするぐらいのぼろ負け状態継続中~~~。(汗)

同じタイプの名作ルアーで30匹以上釣れている横で、オイラのプロトはバイトゼロとか、そんな状況が続いております。(クッソ―!)

エリー湖から強烈なカウンターパンチをもらいまくっているプロトルアーですが、マジでエリー湖のバス君達、正直すぎというか、ホント強烈。

自分なりには結構可能性を感じているプロトなのですが、バスから明確に”NO!"を突き付けられ、悩みまくり中です。

ポールさんが”Fish tell us truth"とよく言いますが、本当の答えは現場にしか存在しません。

踊る大捜査線の青島警部も”事件は現場で起こってんだよ!”と、何時も言ってましたが、まさにその通り!(笑)

何とかこの借りを返す事が出来ないか、毎晩ベッドに入るとその事ばかり考えています。^^


ちなみにDSミノーは絶好調との事なので、それは何より。(^o^)v
上にもアップしたこの写真↓の日はDSミノーが炸裂しまくった1日で、キャッチ総数76匹、最大サイズは6ポンドを超えたそうです。今朝、ポールさんから入ったメッセージによると昨日もDSミノーが大活躍だったとの事♪
d0145899_23463024.jpg


この日↓はケイテックルアーが大活躍だったとの事で、ランディング総数84匹、6ポンドオーバーが2本、トップ5本のウェイトは27ポンドを超えたそうです。
d0145899_23424646.jpg

凄すぎるわ~!

この写真は2日分の釣果をまとめたコラージュ写真で、スーパーベタ凪(左半分)の24時間後(右半分)はこうなっていたという写真。
d0145899_23493247.jpg

荒れる事で有名なエリー湖。
先日、ポールさんに会った時に、この大荒れの日のボート走行動画を見せてもらいましたが、もう自分には10000%無理!と言い切れる驚嘆レベルとしか言いようのない大波走行。
高さ7~8ft(2.1~2.4m)の大波の中、走れるんや、釣りできるんやと、ただただド肝を抜かれるばかりでした。

カウンターパンチをもらいっぱなしのプロトソフトベイト、何とか改良してクロスカウンターを決めたいな~!
頑張るぞ!!
by nishinelureworks | 2016-05-20 00:30 | ルアー開発 | Trackback

超低水温リバーでスモールマウスを浮かせるアプローチ

ちょいと間が開いてしまいまいたが、前日の釣行記の続きです。

前回の釣行記、コールドウォータークランキング編はコチラ

クローズドエリアからの帰り道の途中、

”ナイアガラリバーで少しスモールマウス狙いをしてみよう!”

と提案してくれたポールさん。

なんと、まさかのラージマウス狙い→スモールマウス狙いのゴージャスプラン!!

もう、興味はマックスです!\(^o^)/

何たって、この水温が低い時期、強い流れのナイアガラリバー本流でどうやってスモールマウスを釣ったらいいか全くわからんどころか、何処にスモールマウスが居るかすらも分からん未体験ゾーンな釣り。

ポールさんが、この条件下でどんな釣りを展開するか、限りなく興味が湧いてきます。

そして、走る事5分ぐらいでスモールマウススポットに到着!

そのスポットは僕もたまに釣りをするエリアで、地形変化がかなり起伏に富んでおり、ハンプやレッジが沢山存在するエリア。
ポールさんが船を停めたスポットは、そんなエリアのまさに流芯とも言える強い流れの中でした。

正直、えっ?まさかここ?(汗)

流れはかなり強く、80ポンドのミンコタを70~80%ぐらいのパワーで回し続けてようやくボートをステイさせられるぐらいの図太い流れ。

魚探の水温計は水温6℃と表示しています。

このトルク満点の流れ+水温6℃!

もう、僕的には全く釣れる気がしません。
釣れる気がしないというよりも、魚がおるんか?というレベル。(笑)

イメージ的には、もっと流れが緩やかなディープにスクールしてるんじゃないかと想像していただけに、かなりビックリでした。

ってな訳で、スタートフィッシング!

最初のドリフトでは、船を流れに乗せて流しながらジャークベイトで狙っていきます。

が、何も釣れません。

流されながら魚探で確認すると、やはりかなり起伏に富んだエリアです。

そして、2度目のトライ。

今回はちょっと狙い方を変えてみると、ポケットからトローリングモーターのリモコンを取り出すポールさん。

狙いは水深1.5mぐらいから3.5~4mぐらいまで一気に落ち込むレッジ。

そのレッジ付近にボートポジションを取り、トローリングモーターのスポットロック機能を利用して、アンカリングします。

スポットロック機能と言うのをご存知ない方にご説明させて頂きますと、ミンコタ社のTerrovaやUlterraに搭載されている機能で、GPSと連動したトローリングモーターが自動操縦で定位置に船を留まらせてくれるという超かしこいシステム。(詳しい事はコチラの記事をご参照ください)

強い流れの中、普通のケーブルステアリング式トローリングモーターで一か所に留まり続ける事はかなり難しいですが、リモコンのボタン一つでアンカリングできちゃうテローヴァ、ホントに凄すぎです。

そして、ここでポールさんの指示。

”流れをクロスするように斜め45度下流方向に向けてジャークベイトを投げて、ジャークベイトを流れの中を横切らせながらゆっくりトウィッチしろ。”

普段から川の釣りをされている方ならピンと来るかと思いますが、そう!サクラマスとかスティールヘッドなどへのアプローチとまさに一緒のアプローチ!!

ただひとつ違うのは、バンクからではなくボートからそれをやってしまう事。

ポールさんのスキルと、テローヴァのスポットロック機能があって初めて成立する釣り方です。

なるほど!と目からウロコ!!

ダウンクロスでジャークベイトをトウィッチしながらレッジに流し込んで行きます。

このアプローチならメチャクチャ釣れる気がしてくるから不思議です。(^o^)v

すると!

やっぱり食ってきた~~~!!!

ナイスサイズのスモールマウスが連続ヒット!!

d0145899_18465018.jpg

d0145899_1847193.jpg

d0145899_18473157.jpg

d0145899_18474592.jpg

d0145899_18475879.jpg

ポールさん、凄すぎるわ~~!!

最初のドリフトで無反応だったのは、おそらくドリフトしながらでのアプローチだと、ジャークベイトが一瞬でスモールマウスの前を通り過ぎてしまい、スモールマウスが反応しきれなかったんでしょう。

活性の高い夏場なら、そんな早い釣りでもスモールマウスは余裕でアタックしてきますが、流石に水温6℃では難しかった模様。


ボートステイ&ダウンクロスにアプローチ法をチェンジした事によって、スモールマウスにスイッチが入る間と、浮いてこれるだけの時間を与える事が出来たのだと思います。

この日スモールマウスがスクールしていたのは水深1.5mから3.5~4mに落ち込むレッジの深い側。

おそらくプロトジャークベイトをダウンクロスで用いると深度2m強ぐらいまで潜っているはずなので、バス達は頭上をゆっくりと横切って行くジャークベイトに浮上&アタックする事が出来たんだと思います。

つか、スモールマウスさん達、水温6度の流芯ボトムから浮いてきちゃうのね~。(笑)

何度も何度も繰り返して同じスポットにクランクベイトを通す事によってスイッチが入ったラージマウスと相通ずるものがありますが、ちょっとしたアプローチの仕方の違いで大きな違いが出るという事を痛切に感じた釣行でした。

それにしてもポールさん凄すぎ!

この人の実力はホント底が知れません。(驚)


今回の釣行がジャークベイトの中空プロトの本格的なデビュー戦でしたが、お陰様で十分すぎるぐらいの手応えを感じることが出来ました。
まだまだ引き続きテストは必要ですが、一歩一歩着実に進めて行きたいですね!

d0145899_18471650.jpg

■ 使用タックル
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール : メタニウムMgDC7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : プロトジャークベイト115㎜
by nishinelureworks | 2016-05-13 19:44 | 釣行記 | Trackback

コールドウォータークランキング - 低水温のラージマウスにスイッチを入れる方法

完全に時期外れな投稿内容となりますが、コールドウォータークランキングについて書いてみたいと思います。

先日、ポールさんに誘ってもらって、今季初のアッパーナイアガラリバーにプロトルアーのテストに行ってきたのですが、その時のパターンの一つがコールドウォータークランキングでした。
思いっきり時期外れではありますが、来年の春の為にも、忘れないうちに書いとけ~と。(^o^)v

この日向かったのはアッパーリバーエリアの、とあるクローズドエリア。
このエリアは、ナイアガラリバーの強い流れから遮断され、かなり特殊な地形条件を備えており、決して広いエリアではないですが、おそらく多くの魚達が越冬場所として利用していると考えられるエリアです。

朝一、空が白み始めると同時に出船し、大雨の中、このエリアにエントリー。

水温は8℃ぐらい。

そこで、今年の冬に試作を進めていたプロトクランクでテストフィッシングを開始します。

しかし、水温は8℃ぐらいと、ラージマウス狙いをするにはかなり低水温な事もあり、当然の事ながら、なかなか釣れません。

そして、日が昇り、風が吹きはじめ、そのエリア内の風下のセクションに差し掛かった時、とあることに気が付きます。

このセクションだけ、水温が0.5℃ほど高い!

おそらく太陽が昇って水が温められ始めた事に加えて、表層の暖かい水が風下側のこのセクションに吹き寄せられているのではないかと考えられたのですが、魚探の水温計は8.5℃あたりを表示しています。

そして、岸べたではシャイナー達がピョンピョン跳ねており、生命感もある!

僅か30~50mぐらいのストレッチですが、非常に期待が持てる感じです。

が、やはり低水温には変わりなく、そう簡単にバイトは出ません。

そこでポールさんの指示。

”ヒロシ、同じ場所に何度も投げて、クランクベイトを通せ。理由は分からないけど、何度もクランクを通している内に、バスが食い始めるから。ボトムをこすりながら引くのがキーだ。”

このアドバイスを信じ、ポールさん、ボク、そしてこの日一緒に行ったテリーさん3人で、プロトクランクをボトムにこすり付けながら、ひたすら投げ続けます。

すると!

ホントに食ってきたぁ~~~~!!!

何度も何度もクランクを通したラインで、ラージマウスが食い始めたのです。

今の段階ではこのプロトクランクは露出NGとさせて頂きたいので写真は非掲載とさせて頂きますが、プロトクランクでラージマウスを連発するポールさん。

そして、テリーさんも、同じくプロトクランクでラージをキャッチ!!

そして、僕にも!

って、魚がちゃうがな。(笑)

d0145899_21134087.jpg

でも、うれしー!!

この魚はボウフィンと呼ばれる古代魚。
生きる化石とも言える魚で、実際に化石も見つかっています。

想像もつかないような長い時間の流れの中、生命のバトンを繋いできたボウフィン君に言いようのない敬意の念が湧いてきます。
そして、これから先も未来永劫に渡って、ボウフィン君達が命を育み続けられる素晴らしい川であって欲しいという願いが心の奥底から湧き上がって来ます。

それにしても、ポールさん凄すぎる!

ポールさんが何時も”Fish tell us truth"(魚が真実を教えてくれるよ)と口癖のように言っているですが、ホントにその通り。

このラージマウス君達は、暖かい表層水が吹き寄せられるシャローフラットの、ボトムの堆積物の上(枯葉などの黒い堆積物の上は水温が上がるのも早く、保護色にもなる)で、じっと水温が上がるのを待っていたバス達ではないかと思われるのですが、何度も何度もクランクを通す事によって、口を使い始めたのです。

そして、釣れてくるラージ君達は、まさにそれを証明するかの如く、冬眠明けのバスに良く見られる口の中が真っ赤な個体ばかり。

これは想像でしかないですが、何度も何度も繰り返してクランクを通す事によって、ルアーが出す音やフラッシングが魚のスイッチを入れたのでしょうか?
真実は魚のみぞ知ると言う感じですが、ポールさんが予言していた言葉通り、スローリトリーブで何度も同じラインをクランクを通す事によって、魚のスイッチが入った事は間違いなさそうでした。

で、その後、更なるアジャストを試みます。

ラージ君を連発で食わせる事に成功したプロトクランクですが、このクランクは本来そうした使い方を想定していない事もあって(もっとスピーディー&攻撃的な釣りを想定しています)、このプロトクランクが持つ最大のストレングスを発揮できていないと感じたので、別のクランクを試してみる事にします。

となると、NLWルアーではブレードクランクがベスト。

水深3ft(90センチぐらい)のボトムをゆっくり引け、デッドスローで巻いてもアピールできるワイドウォブル&ブレードのフラッシング。
実はブレードクランクは、ボトムクロールにかなり向いた特性を持っているんですよね~♪

で、試してみたらやはり効く!

スタジオソラさんに無断で作ったブレクラ・ソラブルー君で!(笑)
d0145899_2147554.jpg

d0145899_21483555.jpg


ポールさんはルアーショップおおのさんオリカラのビビットタイガーで!
d0145899_21504187.jpg

同じブレクラでも、オレンジ色が入っているのが非常に重要な感じでした♪(^o^)v

と言う訳で、非常に勉強になったコールドウォータークランキング。

絶対にココには魚がいる!という確信を持てて初めてやり通せる釣りだとは思いますが、クランキングの可能性ってホントに凄い!!\(^o^)/


そんでもって、この後、次々にアジャストして行くポールさん。

クランキングの次はジャークベイトで!

ブレイクの上にサスペンドするラージをジャークベイトで狙うパターン発動。
d0145899_21542491.jpg

d0145899_21544375.jpg


同パターンで、テリーさんがこの日の最大サイズとなった4ポンドぐらいのラージマウスをジャークベイトでキャッチ!!
d0145899_21584552.jpg

嬉しすぎるわ~!\(^o^)/

そして、ポールさんの勢いは止まりません。
普段はジャークベイトでなかなか釣れないドラムとか。(しかもデカい!笑)
d0145899_222184.jpg

d0145899_2203399.jpg


ボウフィンまでキャッチ!
d0145899_2234494.jpg


このボウフィン君はジャークベイトを丸のみ。
もの凄い掛かり方をしてて、針を外すのに苦労しましたが、元気にリリースする事が出来ました♪
d0145899_2245094.jpg

古代魚って、すごい存在感。
イカツイ中にも、どことなく可愛さが漂う風貌がタマランですね~。^^

で、ジャークベイトで探った後は、同じくサスペンドしているバス狙いで、ドロップショットミノーを用いたミドストっぽい釣りでラージマウスを連発するポールさん。
d0145899_22173772.jpg

d0145899_2217502.jpg


釣れるバス君は例外なくお口が真っ赤。
こういう口をしたバスって、琵琶湖とかだと2月ぐらいに釣れる事が多いですよね~。
d0145899_22182331.jpg


ちなみに、ポールさんが行っていたジグヘッドのスイミングですが、日本ではミドストとして誰もが知る釣りですが、カナダでこの釣りをやっている人はまず見た事がありません。

もちろん、ポールさんもミドストなど知ろうはずもありませんが、

”色々試してたら、この方法も良く釣れるという事に気が付いたんだ~。はっはっはっ~。”

と、言ってました。(笑)

なので、同じジグヘッドスイムと言っても、完全にミドストみたいな感じではなく、使っているヘッドはラウンドヘッドではなくダートヘッド。
泳がせ方もミドストみたいに綺麗にワームをロールさせて泳がせるのではなく、もう少しリアクション要素が入ったような独特な泳がせ方でしたが、よく釣ってはりました。(マネしたけど僕には釣れませんでした。笑)

誰に教えられたわけでもなく、魚に教えてもらった釣り。

まさに"Fish tell us truth"です。

と言う訳で、この日の釣りは驚きと勉強の連続。
本当はここで幕を閉じるはずだったのですが、この後、ラージマウス狙いの帰り道にちょろっと立ち寄ったナイアガラリバー本流で見せてくれたジャークベイトの釣りで、ポールさんは更にアホビルダーを驚かせてくれたのでした。

オソルベシ、ポールさん!!

・・・・つづく

■ この日の使用タックル
ロッド : ノースフォークコンポジットJPR65L
リール : メタニウムMG7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : プロトクランク、ブレードクランクM5R、プロトジャークベイト115㎜他
by nishinelureworks | 2016-05-09 23:12 | 釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31