Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

キープキャスト・バックストーリー 最終話 Special Thanks!

キープキャスト・バックストーリー最終話です。

今回のブース出展で、ルアー以外にもロンTやメッシュキャップなどのアパレル関係やステッカーなどを販売させて頂いたのですが、それらのアイテムの準備を進めて下さったのがスタジオソラの越岡さんでした。

d0145899_0461229.jpg

白目を剥いて天を仰いでいるのがスタジオソラの越岡さん。(笑)

愛情たっぷりのコダワリの釣具達を取り扱いされているスタジオソラさんのオンラインショップをご利用されている方も多いかと思うのですが、この白目のニーチャン(オッサンか?笑)が、店主の越岡さんです♪

白目を剥いた写真ではあまりにも印象が悪いので、もう一枚。
d0145899_1291832.jpg

余計キモイがな。(笑)

ちまたでは、NLWとスタジオソラさんを混同されている感がありますが、全くの別会社で、スタジオソラさんには日本国内の出荷業務を委託しており、カナダからの遠隔指示に従って日本国内出荷をサポートして頂いております。
 
そんな越岡さんに全面的なご協力を頂き、キープキャストに出展する事が決まってからは、ほぼ毎日に近い状態でチャットや電話で打ち合わせ。
日本とオンタリオは昼夜が全く逆なので、深夜遅くまで続く打ち合わせは殆どスタジオソラさんの営業妨害じゃなかろうか?というレベルだったのですが(汗)、文句ひとつ言わずご協力下さった越岡さんにはただただ感謝するばかりです。(大感謝)

そして、出来上がった力作達♪

当日、お買い上げ下さいました皆様、誠にありがとうございました。m(__)m

d0145899_3352344.jpg

d0145899_3353984.jpg

d0145899_3355119.jpg

d0145899_336571.jpg

d0145899_3361517.jpg

一つ一つのアイテムに愛情たっぷり。何度も吟味を重ねて仕上げて頂きました♪

スタジオソラさんは、これらのアパレル関係やグッズ製作以外にも、ウェブサイト制作とか、オンラインショップ制作とか、印刷物のデザイン&手配とか、かなり色々可能なので(一体何屋だ?笑)、もしウェブサイトの制作や、オリジナルグッズ製作等でお悩みの方がいらっしゃいましたら、スタジオソラさんにお問い合わせしてみられるといいかもしれません。(親切丁寧に相談に乗ってくれると思います)

■ Studio SORA Website : http://studiosora.net/

と言う訳で、準備万端で臨んだキープキャスト。

開催日の2日間はNLWスタッフの皆さんに助けて頂きました。
d0145899_12323299.jpg

写真上段左から、越岡さん、バス依存さんこと浅沼さん、稲吉さん、力持ちのアンドウさん、ミツギじいちゃん、ナベちゃん、シンドラールアーの酒向君、ハーヤンパパさん。
写真下段左から、りかさん、石丸さん、ボク、酒向君の奥さんのMちゃん。

素晴らしい人達に恵まれている自分は本当に幸せ者だと思います。

そして、今回2日間に渡ってブースにお越し頂いた全ての方々に心よりお礼申し上げます。

次は何時また出展できるか、今の段階では全く未定ですが、何時かまた必ずやりたいですね。(^o^)v
それを実現できるよう、全力で頑張っていきたいと思います!

本当にありがとうございました!!
# by nishinelureworks | 2016-03-08 13:19 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その3 最強の助っ人軍団 山梨県民ズ

キープキャスト・バックストーリーその3です。

今回のキープキャスト出展に際して、中心人物としてプロジェクトを進めて行って下さったのは、スタジオソラの越岡さんと、友人のハーヤンパパさんでした。

ハーヤンパパさんと言えば、NLW裏日記の最高傑作とも言える爆笑釣果報告(←ムッチャ笑えます。笑)で爆笑の渦に巻き込んで下さったので記憶されている方も多いかもしれませんが、本業はトレーディング関係のお仕事をされており、とんでもない勢いで世界中を飛びまわられている超多忙なビジネスマンさん。

他業種ですが、展示会等への出展も頻繁に手掛けられているので、もうここはNLWブースの総監督として指揮を取って頂き、プロジェクトを進めて頂いたのでした。

出展申し込み手続き。
ビルさんからご提供頂いた古材や、展示品の輸送。
日本国内での資材調達。
搬入の段取り。
全体のスケジューリング。

・・・・等々、本当にサクサクと進行して行って下さり、心強い事この上なし!\(^o^)/

決断力、判断力、的確な行動等、全てが勉強になる事ばかりです。

僕からハーヤンパパさんにお伝えした事は一点のみで、”工房でお客様をお迎えしたい”、というブースイメージのみ。

あとは、ハーヤンパパさんに全てお任せして進めて頂いたのでした♪ (^o^)v


そんなこんなで迎えたブース設営日。

ハーヤンパパさんに全てをお任せしていた僕は、どんなブースになるのかもちろん全く知りません。(笑)

設営前、搬入トラックの待ち時間中に、NLWブース予定地でのんきに記念撮影♪
d0145899_615990.jpg

左からハーヤンパパさん、リカさん、スタジオソラの越岡さん、ボク、ミツギじいちゃん。。

ブース設営に使える時間は、朝の10時から夕方の5時までの7時間のみ。

いよいよ搬入トラックが到着し、設営開始です!

”西根さん、トラックが来ましたよ~!”

と、搬入口からトラックを誘導して来られるハーヤンパパさん。

が、そのトラックに絶句!!(滝汗)

”えええええ???!!!マジっすか??(汗)”

まさかの4トン車登場です!!(驚)
d0145899_6133674.jpg

ブースに横付けすると、トラックの方がブースよりデカいし!!

d0145899_1254458.jpg

2コマブースに4トントラックって。(汗)

そして、トラックの荷台を開けたら更に絶句・・・・。

d0145899_6175928.jpg

ミツギじいちゃんがこしらえてくれた棚とか台とかのブース什器が、4トン車の荷台一杯にギッシリと詰め込まれてます。

”とても2コマブースに収まりきる量じゃないと思うんですけど~~~。”

もしかして、前代未聞のお客さんが入れないブースが出来てしまうんじゃ?と、固まる僕。(滝汗)

そんな僕の心配をよそに、

”こういう場合は、横開きのトラックじゃないと荷卸しが大変なんですよね~~♪”

と、仰るハーヤンパパさん。(百戦錬磨すぎる。笑)

”わっはっは~、棚を作り過ぎちゃったかなぁ?”

と、仰るミツギじいちゃん。(とても70歳とは思えないパワー。笑)

本当に前代未聞のお客さんが入れないブースが出来てしまいそうな勢いです。(笑)

余談になりますが、ハーヤンパパさんとミツギじいちゃんは山梨県人。

今回の準備は山梨県某所のミツギじいちゃんの山の家で進めて頂いていたのですが、山梨県民パワーオソルベシです。(笑)

もちろんの事、トラックに積んできた荷物が自分達のブース前だけに収まる訳もないので、お隣のトラウトアンドキングさんのブース前にも置かせて頂きます。(快く置かせて下さったトラウトアンドキングのAさん&Kさん、ありがとうございました!!)
d0145899_1312982.jpg


と言う訳で、先ずは床張りから開始!!
d0145899_7413896.jpg

てきぱきと床材を施工していくミツギじいちゃんと、同じく山梨から助っ人に来て下さった力持ちのアンドウさん。

ミツギじいちゃんが仰るには、ブースに一歩足を踏み入れて頂いた瞬間、そのブースの世界に入って頂くには床はとても大事との事。

なるほど~と、勉強になる事ばかりです。
ご自身が住まれている山の家も、林を切り倒して開墾するところから始め、何年もかけて全て自力(しかも独学)で家を建てられたミツギじいちゃんにとっては、ブース一つ作るぐらい朝飯前なのかもしれませんが、ホント凄すぎです!!


あっという間に張られていく床。
d0145899_7582961.jpg


ちょうどその頃、シンドラールアーの酒向君も岐阜から駆けつけてくれ、ブース設営に参加してくれたのですが、酒向君のポテンシャルはすごく、メチャクチャ大活躍!!
手首を痛めてて重たいものが持てず、全く使えないオイラとは大違いです。(笑)
d0145899_81047.jpg

相変わらず、ナイスな奴です♪(さとし、ありがとー!!)

床が完成した後は、いよいよ壁の設置!

ここで、ビルさんから提供頂いた100年モノの古材を設置していきます。
d0145899_8111174.jpg

ようやく、オイラにも出来る仕事を見つけた~!\(^o^)/

そして、内装が完成したブースに、ミツギじいちゃんお手製の棚や台などの什器を運び込みます。

写真はNLWブースのランドマークとなったタワーの屋根を担ぎ上げるハーヤンパパさん。
d0145899_8153831.jpg

ミツギじいちゃんによると、このタワーを作る時にポクポクと木を叩いてたら、近所の人から木魚の音と勘違いされたらしい。(笑)

そして、シンボルとなったビッグマスキーの剥製を設置。
d0145899_8162010.jpg

この剥製はオンタリオの片田舎のアンティーク屋さんで見つけて、ハーヤンパパさんと二人して一目ぼれしたビッグマスキー君♪(体長116センチ)

もう一つのシンボルの看板は、ミツギじいちゃんの奥さんのマリばあちゃんの力作♪ (^ ^)
d0145899_8233482.jpg

ペンキで一字一字描いて下さったそうです。(大感謝)

ちなみにこの看板に使わせて頂いた板は、ミツギじいちゃんのお隣さんのSさんが提供して下さった板。
d0145899_8261597.jpg

Sさんとミツギじいちゃん。

ブース機材のトラック積み込みの時は、山梨県某所の村人の皆さん達が荷物の積み込みを手伝って下さったそうです。

もうホント、山梨県民ズの皆様の温かいご支援と、力強いご協力にはただただ感謝という言葉しか出て来ません。(大感謝)

山梨県、サイコ―!!\(^o^)/

そしてついに完成したブース!!
d0145899_8314992.jpg

完全に自画自賛になってしまいますが、最高にカッコいいブースに感動しまくりです。(感涙)

そして、このブースに花を添えて下さったのが写真家の秋田大輔さんの写真。
d0145899_8353914.jpg

HUNT誌の取材時に撮影して頂いたお写真をお借りして飾らせて頂きました♪

世界を飛び回って撮影活動をされている秋田さんですが、ご自身のウェブサイトに掲載されているお写真の素晴らしさにはただただ感嘆するばかりです。
■ 秋田大輔さんのウェブサイト


そして、最後にカナディアンフラッグを立ててブースの最終仕上げ。
d0145899_13373520.jpg

やっぱりこれがあると、カナダ感が出ますねぇ。(^ ^)v

本当に沢山の方々から頂いた愛、そして皆の想いが詰まったブースで、翌日からのキープキャストを迎える準備が完了したのでした。

つづく・・・
# by nishinelureworks | 2016-03-05 13:39 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

Voice From The Water ― NLW10周年

2016年3月3日。

お陰様をもちまして、本日NLWは10歳となりました。

この10年間、本当に沢山の方々に支えられ、この日を無事に迎える事が出来ました。

正直な話、10年間に渡って製作活動を継続できた事は奇跡以外の何物でもないと思いますが、その奇跡を起こして下さったのは、日頃、NLW製品をご愛用下さっている皆様、NLW製品をお取扱い下さっている問屋様と取扱店様、そして、友人や家族達、周囲で支えて下さっている全ての方々のお陰です。

お世話になっている全ての方に心よりお礼申し上げます。

d0145899_21472137.jpg

10年前の今日、BC州のバンクーバー近郊のメイプルリッジ市で産声を上げたNLW。
約5年半に渡って製作の拠点になっていたメイプルリッジの工房も地下工房でしたが、現在のオンタリオ州のセントキャサリンズの工房も相変わらず地下工房。(全然出世しとらん。笑)

セミの幼虫さんの如く(笑)、ひたすら地下にこもり、10年間もルアーを作り続けて来たのかと思うと、感慨深いものがあります。

10年後のNLWがどうなっているか、今の僕には全く想像できませんが、きっと今の生活の積み重ねの先に、未来があるのだと思います。

少しでも良いルアーを作れるよう全力を尽くしていく所存ですので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

本当にありがとうございます!!
# by nishinelureworks | 2016-03-03 22:41 | Voice From The Water | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その2 ビルさんからの贈り物

カナダに帰国するなり、時差ボケ&バタバタのWパンチでブログ更新がままなっておりませんが、キープキャスト・バックストーリーその2を書かせて頂きたいと思います!

今回のキープキャスト出展ですが、事の発端はいつもお世話になっているスタジオソラの越岡さんから頂いた一本の電話でした。

2015年、前田秀樹さんが主宰されているテッケルブースのお手伝い要員としてキープキャストに参加されたスタジオソラの越岡さんですが、キープキャスト終了後、メッセージ&お電話を頂き、そこから全てが始まったのでした。(詳しくはスタジオソラさんのブログをご覧ください)

”西根さん!来年のキープキャストにはNLWも絶対出展しましょう!自分に出来る事は何でも協力しますので、NLW出展しなきゃダメです!”


と、凄い熱意で語られる越岡さん。

その時は、幾らなんでもカナダからの出展は相当無理があると思ったので、”前向きに検討してみます。”とだけ言うのが精いっぱいでした。

が、その後、自分なりに考えた結果、出展経費や旅費等に関してはブースでの売り上げで何とか工面できそうだし、シンプルなブースなら何とか出展できるかも?と、出展の方向で気持ちが動き出したのが去年の夏ぐらいの事でした。

当初はそんな事もあり、スタジオソラの越岡さんにご協力して頂き、一番小さい一コマブースに机一つぐらいでの出展を考えていました。

そんな折、カナダや日本の友人の皆さんから次々と大変なお力添えを頂ける事になり、本当に沢山の方々のお力をお借りして、今回のキープキャスト出展が実現したのでした。

今回のブース材料に使わせて頂いた木材は、オンタリオの牧場に建っていた築100年の納屋(Barn)に用いられていた古材。

d0145899_0555363.jpg

素人目には廃材に見えてしまうかもしれませんが、実はオンタリオの古材はかなり貴重な素材らしく、日本のスターバックスコーヒーやポールスミス等のブティックの装飾に使われている古材は、今回NLWブースでご協力頂いた友人のビルさんが率いるセンチュリーウッドと言う会社から出荷されているものとの事です。

オンタリオのセンチュリーウッド社
d0145899_0595629.jpg


センチュリーウッド社のヤードにうずたかく積まれた古材達。
d0145899_103536.jpg

d0145899_123919.jpg


今回、古材についてビルさんに色々教えて頂いたのですが、古材にも色々なグレードがあるらしく、最上級グレードはシルバーグレーと呼ばれているグレードで、これはオンタリオやケベックなど、寒い地方のみに存在する古材との事。

d0145899_1142511.jpg

この写真の古材がシルバーグレーと呼ばれるグレードの古材なのですが、決して着色されている訳ではなく、オンタリオの厳しい気候に数十年間に渡ってさらされ続けた結果、独特なシルバーグレーカラーの美しい風合いに鍛え上げられていくそうです。

同じ材木でも、気候が温暖なアメリカではシルバーグレーではなくブラウンカラーにしかならないそうで、古材の奥深さに感心するばかりです。

100年以上前、未開地だったオンタリオに入植し、原生林を切り開き、切り倒した材木で自分達の開墾地にBarnと呼ばれる納屋を建ててていった開拓者達。

d0145899_1243527.jpg

この写真はセンチュリーウッド社のショールームに展示されているウッドフレームですが、使われている材木をよく見ると、斧で一本一本の材木が削り出されている事がよく分かります。

開拓者達、本当に凄い。。

ビルさん率いるセンチュリーウッド社の人達は、その材木全てに金属探知機を当てて古い釘を1本1本抜き取り、磨いたり製材したり、1本1本丁寧な処理を施して世界中に出荷されています。

今回NLWブースで使わせて頂いた材料は、まさにその超貴重なシルバーグレーと呼ばれる古材だったのですが、なんと、ビルさんの好意で、端材として残っていたモノを”ヒロシ、これ使え”と、無償で提供して下さったのでした。(大感謝)

貴重な古材を提供して下さったビルさんと。
d0145899_2391521.jpg

昨日、北の方にミーティングに行った際に、タイミングよくトロントのバスプロショップスでビルさんと待ち合わせができ、キープキャストが無事に終わった事や、大成功だったことを報告したら、大変喜んでもらえました。

素晴らしい人との出会い、そしてビルさんの気持ちにただただ感謝です。

To Bill,
I'm grateful to you for your help and very proud for having our booth with your woods at the Fishing show!

本当に沢山の方々に助けて頂いて実現したNLWキープキャスト出展。
次回に続きます。

■ http://www.centurywood.com/
# by nishinelureworks | 2016-03-02 03:36 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その1 嬉しかった事

今回のキープキャストでは、一つ覚悟を決めて臨んだことがありました。

それはルアーの展示方法。

d0145899_1830359.jpg

どのような展示方法にするか色々検討していた時に、一人でも多くの方にNLWルアーを手に取って頂き、実際に触れて頂きたいという強い願いがありました。

が、不特定多数の人達が出入りするブースでは展示方法によっては盗難等の心配もありますし、どうすべきか考えました。

盗難の心配をするならば、全ての展示品を額縁やショーケースの中に入れたり、釘やピンで固定したり、紐でくくりつけたり、色々な盗難防止策が考えられるかもですが、そんなの嫌すぎ。(汗)

で、悩むことしばし(たぶん5分ぐらい悩んだ。笑)、出た結論は、ある程度のロストがあったとしても、ルアー各種、プロトモデル、マスターモデル、カービングウッド、モールド、ドリームラッシュ・・・・その他諸々の展示品をそのまま全て剥き出し状態で展示させて頂く事にしました。(^o^)v

盗難とか心配するよりも、一人でも多くの方に手にとって触って頂ければと。。

と言う訳で、出来上がったのは万引きし放題のブース。(笑)

d0145899_1962559.jpg

d0145899_1963960.jpg

d0145899_1965839.jpg

d0145899_19715100.jpg

d0145899_1972849.jpg

d0145899_1974536.jpg

d0145899_197581.jpg

d0145899_1981242.jpg

d0145899_1982683.jpg

d0145899_1984027.jpg

d0145899_1985284.jpg

全てが剥き出しワークス。(笑)

こんな万引きし放題のブースでしたが、その結末は?

ロストゼロ!!

これを嬉しいと言わずして、何を嬉しいと言ったらいいのでしょう?(喜)
ブースを訪れて下さった皆様にただただ感謝するばかりです。

これが、北米とか他の国ならこうはいかなかったと思いますが、日本人って本当に素晴らしい民族ですね~!!(^ ^)

皆さん、本当にありがとうございました!!
# by nishinelureworks | 2016-02-27 19:54 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

The Keep Cast 2016 ありがとうございました!!

昨晩、無事にカナダに戻り、現在絶賛時差ボケ中のニシネジサボケワークスなワタクシです。(笑)

今回がフィッシングショー初出展となるNLW。

初出展と言う事もあって、始まるまでどうなることやらと心配していたのですが、本当に沢山の方にブースにお立ち寄り頂き、ただただ感謝の2日間でした。

d0145899_5172956.jpg

d0145899_5184547.jpg

d0145899_5185752.jpg

d0145899_5191488.jpg

今回、NLWブースにお立ち寄り頂いた方々にお話をお聞きしましたところ、名古屋周辺の中部地区を初めとして、関東地方や関西地方はもちろん、遠くは青森、福島、広島、愛媛から遠路はるばるお越しになった方もいらっしゃってビックリでした。(驚)

今回のショーでは、普段なかなかお会いする事の出来ないユーザーの皆様にお会いできるのをとても楽しみにしていたのですが、本当に素敵な方ばかり。
もう楽しくて楽しくて、本当にあっという間の2日間でした!(大感謝)

暖かいお言葉を掛けて下さる方。
手首の故障や健康を心配して下さる方。
使い込まれてボロボロになったルアーを見せて下さる方。
釣り上げられた魚のお写真を見せて下さる方。

カナダから旅立って行ったNLWルアー達が、皆さんの元で多少なりともお役に立てている事が分かって本当に嬉しかったです。

また、中には素敵なお土産や差し入れをお持ち下さった方が何人もいらっしゃり、まさかのお土産にビックリするやら嬉しいやらでした。お土産を頂戴しました皆様、本当にありがとうございました。m(__)m


今回とても印象深かったのは、ドリームラッシュ時代からお世話になっている名古屋のルアーショップオオノの、大野のおじさんに教えて頂いた事。
d0145899_652073.jpg
写真左から、大野のおじさんとおばさん、稲吉さん、ボク。

5年ぶりに大野のおじさんとおばさんとお会い出来てとても嬉しかったのですが、大野のおじさんのお話をお聞きして、涙が出そうになりました。

”西根さんのルアーをご注文されるお客さんは、本当に礼儀正しい人が多いです。
電話を頂くにしてもメールを頂くにしても、とても礼儀正しい方が多いですよ~。”


もうね、このお話をお聞きして、どれだけ嬉しかった事か・・・。

ホント涙が出そうになりました。(感涙)

そんな暖かいユーザーの皆様に支えて頂いている事を、この上なく幸せに思いますし、誇りに思います。

皆様、本当にありがとうございます!

皆さんから頂いた力をカナダに持ち帰り、これからも全力で製作に取り組んで行きたいと行きたい所存ですので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

まだまだ書きたい事は山ほどありますが、それは後日バックストーリーとして書かせて頂きますね。(^o^)v


最後になりましたが、ショー会場では至らぬ点も多々あったかと思いますが、キープキャスト会場に足をお運び下さった皆様、NLWブースにお立ち寄り下さった皆様、全ての方々に心よりお礼申し上げます。

そして、こんな素晴らしい場を与えて下さった中部プロショップ友の会様に心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!

■ The Keep Cast 2016
# by nishinelureworks | 2016-02-25 07:06 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャストでお会いしましょう!!

今回がフィッシングショー初出展となるNLW。

とにかく今回のキープキャストでは、ありのままのNLWを見て頂ければと願っています。

どんなブースになるか、お越し頂いた時の楽しみにしておいて頂ければと思いますが(実は僕もどんなブースになるか全貌を知りません。笑)、今までテストを重ねて来たテストサンプルや、工房に転がっているプロトタイプなどを一切合財日本に送ってありますので、それらをご覧頂ければと思っています。

昨年、当ブログにて【NLW開発ルアー暴露大会】というテーマで何度か書かせて頂きましたが、その続きと言うか、全て包み隠さず展示させて頂こうと思っていますので、是非ご覧頂けると嬉しいです♪ (^o^)v

と言う訳で、ブース&展示機材の準備が着々と進行中~!

現在マイブームのエッチング加工を施して手作りした真鍮製ネームプレート達。
d0145899_12455666.jpg

なかなかいい感じに仕上がってくれました♪ (喜)

テストサンプルやプロトタイプなどの他にも、全機種&全カラーとはいきませんが、NLWで製作してきた製品版ルアー達も実際に触って頂ける形で展示させて頂く予定です。


そして、肝心のブースですが、現在、山梨県某所にて友人のお父さんが手作りで製作して下さり中~!
d0145899_1251253.jpg

d0145899_12541570.jpg

d0145899_12542680.jpg

d0145899_13542219.jpg

d0145899_1354180.jpg

このブースを作って下さっているのはミツギじいちゃん♪

2年前の夏、カナダにいらした時に、冥土の土産になるようなバスを釣りたい!と、人生初のバスフィッシングに挑戦され、見事10匹のナイスバスをキャッチされたのですが、その時のお礼と言う事で、無償でブースを作って下さっております。(感涙)

その時の写真♪ ↓
d0145899_14103923.jpg
ミツギじいちゃん&スモールマウス47センチ&ドロップショットミノー3.4インチ@エリー湖!!

今回のプロジェクトは、全面的サポートを頂いているミツギじいちゃんやスタジオソラさんの他にも、本当に沢山の方々の想いや愛に支えられて育てて頂いています。

もうホント、感謝と言う言葉では全く足りません。(感涙)


今回の出展ではルアーをご覧頂く事はもちろん大きな目的の一つですが、普段なかなかお会い出来ないユーザーの皆様とお会いできるが本当に楽しみです。

たぶん緊張してしゃちほこばっていると思いますので(笑)、是非気軽に声を掛けてやってくださいね。
そして、是非皆さんのお話しを聞かせて下さい。

皆さんが普段どんなフィールドで釣りをされているかとか、どんなルアーや色が必要とか、NLWに対する要望とか、一人でも多くの方々のお話しをお聞きしたいです。

思い入れのこもったボロボロルアー自慢とか、釣果自慢とかも嬉しいですね~。\(^o^)/


当日はミツギじいちゃんの手作りブースに胸を張って立っていたいと思いますので、是非遊びに来て下さいね!

皆様とお会いできますのを心より楽しみにしております!!\(^o^)/


■ Nishine Lure Worksのブース位置
d0145899_14432353.gif

一つだけお願いがあるのですが、会場オープン直後は混雑し、場合によっては危険な状態もあると聞いております。
ケガをしたら元も子もありませんし、小さなお子様連れのファミリーの方やお年寄りも多いかと思いますので、どうか無茶はなさらないようお願い致します。m(__)m
会場までの道中も、くれぐれも気を付けてお越しくださいね~!

■ The Keep Cast 2016
# by nishinelureworks | 2016-02-14 22:23 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト告知その3 【キープキャスト仕様のルアー達】

キープキャストの告知その3です。

今回のショーに合わせて、特別カラーのハードルアー2機種を製作致しました!

■ スライドダート85F & スーパーチナイ95
d0145899_21484716.jpg

どんな色かはブースに来て下さってのお楽しみと言う事で、ここではあえて非公開とさせて頂きたいと思います。(^ ^)

価格はスライドダート85Fが3500円、スーパーチナイ95が3000円を予定しております。(税込価格)

普段のラインナップではなかなか作り辛い、手間が掛かる色を塗ってみましたので、どんな色か妄想しておいて頂ければ幸いです♪

ハードルアーに関しては製作数に限りがある為、お一人様各カラー1個ずつの販売となります事をご了承ください。

■ Dropshot Minnow 3.4inch
d0145899_2235837.jpg

現在製造中で、今の段階では間に合うかどうか微妙な状況なのですが、もし間に合いましたら販売させて頂きたいと思います。(もしかしたら、ブースでパッケージ詰めしながらの販売になるかもしれません。笑)

販売予定カラ―は、写真上から、ホワイト&ブルーパール、シャイナー、スモークパープルの3色です。

価格は800円(税込価格)となります。

もし製造が間に合わなくて販売不可となった場合も、小水槽にて実際にサンプルを泳がせて頂けるような形で展示させて頂く予定です。


と言う訳で、3回に分けてご紹介させて頂きました販売品特集。
今回のキープキャストの全販売アイテムは以上となります!(告知その1告知その2


ささやかではありますが、ご購入下さいました方にNLW缶バッジを進呈させて頂きたいと思いますので、是非お受け取り下さいませ~♪
d0145899_2249884.jpg


明日は、ブースについて書かせて頂きますね!

■ The Keep Cast 2016
# by nishinelureworks | 2016-02-12 23:23 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト告知その2 【ロングTシャツ&メッシュキャップ】

キープキャストの告知その2です。(告知1はコチラ

今回のショー出展に合わせて、ロンT&キャップを作ってみました~♪

d0145899_0395739.jpg

何時もの如く近所のビーチで撮影してみたのですが、体感気温マイナス22℃にぶち当たってしまい、寒すぎて全く笑えな~い。(汗)
しかも、上はロンTなのに、下は防寒用のシャカシャカパンツ&マイナス45℃対応のヘビーデューティー仕様の長靴と、このままでは街を歩けない恥ずかしさ。(笑)
さすがにロンT1枚ではあまりの寒さに耐えきれず、命の危険を感じて1分で撤収でした。(笑)

と言う訳で、スタジオソラさんよりご提供頂いた写真にてご紹介させて頂きますね♪

■ ロングTシャツ(コットン製)
d0145899_0464050.jpg

今回のロングTシャツはドライ素材ではなく、コットン素材。
クオリティーの高さは流石にカレントさんで、着心地も抜群ですよ~♪

色は白と黒の2色となります。

袖にはNISHINE LURE WORKSロゴ。
d0145899_052955.jpg

写真のロンTはサンプルの為、袖のロゴが天地逆になっておりますが、製品分はロゴが上向きになるよう配置変更になります。
魚を持って記念撮影された時に、ロゴが逆さまになってたらカッコ悪いだろうと、隅々まで心配りをして下さるスタジオソラさんには感謝感謝です。^^

■ メッシュキャップ
d0145899_0592049.jpg

NISHINE LURE WORKSロゴを配置したメッシュキャップです♪

若者は帽子のつばを曲げないでそのまま被るのが今風でしょうか?(ナナメ被りして、爽やかスマイルしたら舞木さん風ですね。笑)
オッサンなオイラはつばを真っ直ぐのまま被る勇気が無いので(笑)、ちょっとだけ曲げて被りたいと思います。(^o^)v

このメッシュキャップは写真の1カラ―のみとなります。

価格はロングTシャツが4200円、メッシュキャップが2500円となります。(税込価格)

明日は販売ルアーについてご紹介させて頂きますね~♪

■ The Keep Cast 2016
■ Studio SORA
# by nishinelureworks | 2016-02-12 01:25 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト告知その1 【NISHINE LURE WORKS ロゴステッカー】

いよいよ来週末、名古屋で開催されるThe Keep Cast 2016。

フィッシングショー初出展に向けてNLWも急ピッチで準備進行中です!

ってな訳で、告知その1です!

■ NISHINE LURE WORKS ロゴステッカー
d0145899_23273878.jpg

NISHINE LURE WORKSのロゴステッカーを販売予定です♪

NLW設立9年目(あと1か月で丸10年)にして、初めてステッカーを作ったという。(笑)

このステッカーですが、中サイズと小サイズの2タイプを販売させて頂く予定です。

■ 中サイズ(225mm x 65mm) 
d0145899_23315144.jpg


■ 小サイズ(150mm x 43mm)
d0145899_23371172.jpg

中サイズ&小サイズ共に防水仕様となっておりますので、タックルボックス他、車やボートなどに貼って頂いても大丈夫です♪ (^o^)v

価格は、中サイズが500円、小サイズが300円を予定しております。(税込価格)

明日はアパレル関係をご紹介させて頂きま~す♪ 

■ The Keep Cast 2016
# by nishinelureworks | 2016-02-10 23:49 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

ジャークベイト開発記 【0.5㎜のせめぎ合い】

昨日は、ジャークベイトの金型製作を依頼している会社に行って参りました。

目的はもちろんジャークベイトについての話合い。

d0145899_12265097.jpg

先日の開発記でも書きましたが、ジャーキング時のダート性能を最後の一滴まで絞り出せないか格闘中です。(前回の開発記はコチラ

現在、仮仕上げの金型で成型してもらったプラスチックパーツで中空プロトタイプを作製し、ビルド&テスト&スクラップを繰り返しているところなのですが、現段階の仕上がり具合は95%ぐらいと言ったところ。

色々とプロトモデルを作って検証して行った結果、残りの5%は、やはりボディー体幅の厚みに起因しているという結論に達しました。

ハンドメイドの完成モデルの体幅は14.0㎜。
成型プラスチックパーツで仕上げた中空プロトの体幅は14.5㎜。

ほんのわずかな誤差ですが、マスターモデルをスキャニング→3次元データ化していく過程で体幅に0.5㎜の誤差が生じ、狙っているアクションと少しだけ違った特性を持ったルアーになってしまっている事が分かりました。

で、現在はその0.5㎜を何とか修正出来ないか、金型屋さんと話し合っている最中。

d0145899_1256513.jpg

写真左:体幅14.5㎜のプロトタイプ
写真右:体幅14.0㎜の改良型プロトタイプ
(*どちらも中空モデル)

二つのプロトタイプを持ち比べてみても、ほぼ判別できないぐらいの差なのですが、この0.5㎜の体幅の差がアクションに大きな影響を与えているんですよね。

昨日は、この0.5㎜がどれだけ大きな意味を持っているか、それをエンジニアさん達に伝える為に走った往復400㎞の道のりでした。


今の段階では、技術的な問題が幾つかあり、それを解決できるかどうかはエンジニアさん達に掛かっています。
そして、仮に問題点を克服できたとしても、今ある金型を修正するとかいうレベルではなく、新しい金型を一から作るぐらいの大仕事になるという話。

性能を5%を伸ばす為に金型の作り直しをするのか?
コスト面等を考えると、そのリスクを取る事に意味があるのか?
そもそも、資金的にそれを実行できるのか?

でも、可能性がある限り諦めたくないです。

とにかく今、自分に出来るベストを尽くしていくのみですね!
# by nishinelureworks | 2016-02-06 14:07 | Jerkbait | Trackback

釣果報告 【琵琶湖で59センチ4000gフィッシュ!!- NLWフットボールジグ】

Satoruさんより、釣果報告を頂きました!!

琵琶湖にてNLWフットボールジグで59センチ4000gのビッグフィッシュをキャッチされたそうですよ~!

やった~~!!\(^o^)/

59センチ、4000gフィッシュ~~!!
d0145899_22395790.jpg

d0145899_22401190.jpg

d0145899_22402672.jpg

ド迫力~~~!!

他にもNLWフットボールジグでこのバス君もキャッチされたそうです♪
d0145899_22415943.jpg

d0145899_2242976.jpg


いやぁ、琵琶湖素晴らしいですね~!
そして、Satoruさん、凄すぎ!!

この日(1月28日)、5本の50UPをキャッチされたみたいで、その内2匹をNLWフットボールジグ+DEPS社のバルビュータ(トレーラー)でキャッチされたそうです♪

ウレシー!(喜)

SatoruさんはNLWフットボールジグを使い込んで下さっており、昨年はこんな凄い魚もキャッチして下さいました。

けっして簡単ではないと思いますが、こんな凄い魚がドカーンと出る琵琶湖の冬の釣り、タマランですなぁ。(興奮)

Satoruさん、素晴らしい釣果報告をありがとうございました!!\(^o^)/
# by nishinelureworks | 2016-02-01 22:53 | 釣果報告 | Trackback

ビーツァM7について

現在、沢山の方からお問い合わせを頂いているビーツァM7ですが、大雪が影響してか、日本国内に入ってからの動きがかなり遅れているようです。

大変ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

そして、この度のビーツァM7復活に際しまして、大変なご反響を頂いております事を心よりお礼を申し上げます。

d0145899_22363818.jpg

ビーツァM7の第2陣ですが、現在製作進行中で、そちらは3月出荷の予定です。

全力で製作に取り組んで行きたいと思いますので、何卒お時間を頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願いします。 

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
# by nishinelureworks | 2016-01-26 23:18 | 出荷情報 | Trackback

魂のビーツァ復活!!

かねてより進めておりましたビーツァシリーズの復活作業。
製作に大変時間が掛かり申し訳ありませんでしたが、先日ようやく第一陣が完成し、現在日本に空輸中です。

d0145899_19282034.jpg

ビーツァシリーズと言えばNLWの原点。

ビーツァの【鼓動】を復活させる事・・・・それはNLWにとって最も大切なルアーをまた再び世に送り出す事。

復活させるなら、このルアーをもっと改良する事はできないか?
正直、ビルダーとしてそんな気持ちもありました。

が、このルアーはこれ以上いじるところが無い超熟成域に到達している事もあり、変に手を加える事はせず、以前そのままの形&バランスで復活させる事を最重要課題としました。

今年の3月に10周年を迎えるNLWですが、10年前、BC州の海でクロソイ相手に開発を始めたビーツァが、その後熟成に熟成を重ねて、超熟成域まで到達出来たことにビルダーとして大きな喜びを感じます。


10年経っても20年経っても釣れ続けるルアーを作りたい。
それが自分の目標でもあるのですが、自分の孫が釣りを始めた時、

”ジーチャンはなー、昔このルアーで釣りまくったんだぞっ!” と、孫が使う最新鋭のルアーに釣り勝ちたい。

それが僕の夢の一つでもあります。(笑)


10年前、食い物にも困るような状態の中、試行錯誤を重ね、必死で完成させたビーツァと言うルアー。

BC州の海でクロソイにルアーを鍛え上げてもらった事・・・。
グシャグシャの牡蠣パイル相手にスナッグレス性能を研究した事・・・。
当時乗っていたピックアップトラックで山に入り、針葉樹林の真っ只中の山上湖でカットスロートトラウトを釣りまくった事・・・。
形になったビーツァを携えてバンクーバー島の湖に遠征し、スモールマウスを狙って凄まじい釣果を得た事・・・。

目を閉じると、そんな様々な光景を今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

そして、このルアーはその後、魚達との沢山の出会いはもちろん、沢山の人達との出会いも紡ぎ出してくれました。

沢山の出会いを作ってくれたビーツァに感謝、そして、このルアーを世に送り出した10年前の自分に感謝。
これからもそれに恥じないモノ作りを続けて行きたいですね。


今回の復活にあたって、どんな色に仕上げようかワクワクしながら作業を進めたのですが、せっかく久しぶりの製作なので今までビーツァに無かった色を塗ってみました。

■ Bluegill Male / オスギル
d0145899_1228539.jpg

d0145899_1229797.jpg



■ Alewife / アルワイフ
d0145899_12294912.jpg

d0145899_1230247.jpg


オスギルとアルワイフの2色!

塗ってみて思ったのですが、扁平ボディー系のビーツァには、やはりこの系統の色はかなりマッチしますね~♪ \(^o^)/

久しぶりのリリースとなるビーツァM7。
昨年末から続く手首の不調もあって、一時に沢山作れない状況にありますが、これから時間を掛けて製作し続けて行きたいと思います。

順調に行けば、今月末~来月頭には取扱店様に並び始めるかと思いますので、もうしばしお待ち頂ければ幸いです。

取扱店様および問屋様には、近日中にご案内を差し上げますので、何卒宜しくお願い致します。
# by nishinelureworks | 2016-01-23 20:56 | Beatour | Trackback

ジャークベイトプロトモデル、インジェクション化への道のり その2

明けましておめでとうございます!
本年が皆様にとって素晴らしい一年となります事を心よりお祈りしております。
本年も引き続き、何卒宜しくお願い致します。

さてさて、いよいよ明けた2016年ですが、NLWも3日から仕事開始。
今年の初仕事はジャークベイトのプロトモデル改良作業でスタートです♪

前回のブログで、007というモデルが出来上がった事はご報告させて頂いた通りですが、その後、テストを重ねて行った結果、ダートアクションに少しコツを要する事が判明。

それが最後の課題となっていたのですが、昨日遂にそれを克服することが出来ました♪(喜)

それがこのプロト015。
d0145899_19362179.jpg

タダ巻き時はウレタン製ハンドメイドモデルのレスポンスを超えるレスポンスを叩き出した007ですが、このプロト015ではタダ巻きレスポンスを少し落としてウレタンモデルと同等にし、ダート性能をアップさせていく方向でチューンを加えてみたところ、それが成功!

ちなみにNLWの場合のタダ巻きレスポンスの検証方法ですが、一定スピードで9m泳がせ、その間の振動回数(ロール&ウォブル)をカウントすると言う方法で計測しております。(何時もの如くニシネアナログワークス。笑)

で、その方法で計測すると、ウレタン製ハンドメイドモデル(ソリッドボディー)は9m泳がせると75~76回の振動を発生させます。

プロト007は同距離で79~80回と、振動回数(ピッチスピード)はハンドメイドモデルを上回るレスポンスを叩き出している反面、ダートのスライド幅やイレギュラーダートの発生率はウレタンモデルの8~9割程度。

このスライド幅&イレギュラーダートの発生率を何とか10割まで持っていけないかと試行錯誤して行った結果、出来てきたのがプロト015でした。

このプロト015の振動回数はウレタンモデルと同じ75‐76回。
そして、ダートアクションも見事にハンドメイドモデルと全く変わらないレベルの動きを見せてくれました♪(喜)

プロトテストではダーティングアクションその他を検証する為に、あえてコーティングしないでペイントが剥げやすい状態でスイムテストを行っているのですが、このプロト015はいい感じでボディーにフックがヒットした跡が残されています。

この部分にこうやってフックサークルが出来るのは、このジャークベイトの場合、とてもいいダート&スライドアクションが出ている証。(^o^)v
d0145899_19561578.jpg


昨年、ビッグマスキーをキャッチさせてくれたウレタン製アタリモデルも、015と全く同じ位置にフックサークルが出ています♪(その時の釣行記はコチラ
フロントフック回りのフックサークルは、おそらくキャスト時にできたものだと思われますが、ミドルフック回りに出来ているフックサークルはジャーキングアクションで出来たもの。
d0145899_1958561.jpg


問題は、この015の動きを再現するとしたら金型を大きく修正する必要があり(最悪の場合は作り直し。汗)、技術的&コスト的にそれは可能かという事。(^_^;)

言葉にすると、たった0.5㎜の修正なのですが、メジャーな部分に関わる修正なので大仕事になるのは間違いなさそうです。

正直、007でも製品として全く問題ないレベルに到達していると思うのですが、この015の動きは非常に魅力的。
特にスモールマウス狙いの場合はダート性能は重要事項ですし、メチャ悩むところです。

いずれにしても、今後も0.1g、0.1㎜単位での調整が続くのは間違いないですね。(^o^)v

d0145899_2034061.jpg

開発はまだまだ続きます!!
# by nishinelureworks | 2016-01-04 20:23 | Jerkbait | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31