Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

最終ご案内 【エリー95SDスナップ送付のお申込み受付】

先月よりお申込みの受付をさせて頂いておりますエリー95SDのスナップ送付ですが、締切日の2月15日が近づいて参りましたので、最終のご案内をさせて頂きます。

最終ご案内 【エリー95SDスナップ送付のお申込み受付】_d0145899_08472693.jpeg

お申し込み方法等詳細は、下記リンクのページにてご案内させて頂いておりますので、そちらからお申込み頂ければ幸いです。


■ エリー95SDスナップ送付お申込み受付ページ


大変お手数をお掛けし申し訳ありませんが、2月15日いっぱいお申し込みをお待ちしておりますので、何卒宜しくお願い致します。
(*今回のスナップ送付でご入力頂きました個人情報は、スナップ送付後全データ削除させていただきます事をお約束致します)

この度大変ご迷惑をお掛けしております事を心よりお詫び致します。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.


# by nishinelureworks | 2020-02-13 03:34 | Erie Series | Trackback

なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】

琵琶湖でモギハノンが安定してビッグフィッシュをキャッチしまくってくれているスメルトヘッドを使ったスイムベイトの釣りですが、それでは溜池ではどうなの?

気になりますよねぇ~?

という疑問に、ナベさんからアンサーです!

溜池でもスメルトヘッドが武器になっているそうですよ~!


■ 溜池でもスメルトヘッドスイミング!

超お久しぶりです(汗) ナベちゃんでございます。

色々とドタバタ且つ制約だらけの中、あれやらこれやら手を使いながら、可能な限り釣り場には向かうようにしている今日この頃。

そんな中、1月中旬今期初釣りにて無事、今期初バスをキャッチ致しました。

サイズはぎりぎり40センチとそれほどではありませんでしたが、とりあえず真冬真っ只中行きたいときに簡単に釣り場に向かうことが出来ない私にとっては最高に貴重で嬉しい1匹!
なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00074320.jpg

岸際1m沖くらいのシャロ― 水中の障害物にあたったので少し置いているとプンッとラインが入っていくアタリでのキャッチでした。


ヒットルアーは連日琵琶湖でビッグバスが炸裂しまくっているスメルトヘッド! 

昨年3月に舞木ガイドにてその威力を体験して以降、こりゃあ琵琶湖だけでなく溜池でも使いこなせば、かなりの武器になるであろうということでずっと使い倒し、自分なりの溜池スメルトヘッドのセッティングを煮詰てきた中で、この真冬の厳しい季節に結果が出たということでほぼセッティングが固まってきたかなというところです。


あくまでも私個人のフィールドに合わせた自分流セッティングになりますが、現在のタックルをご紹介させて頂ければと思います。


まずメインフィールド池。

透明度は基本的に高くないところが圧倒的に多く、水深は深くても2mくらい? といった小中規模溜池が大半を占めております。

又、冬場はかなりの割合で減水している池が多く、一番深いところでも1m前後程度といった池が多くなります。

夏場になると菱藻に覆われるところもありますが、あまりそういったフィールドはセレクトせず、基本的には巻物がしやすくウィードも少ない浅い野池。 

浅い砂地ばかりの皿池系が多く、フィールドによってはウッド系や小さい石、岩がところどころにといったところが多いです。

メインになる使い方は、変化、障害物が少ないフィールドでは遠投してボトムまで落としたらボトムに軽くあてながらのスロー引き。
昨年3月に琵琶湖で舞木ガイドで御指導頂いた釣り方を、そのまま水深の浅い溜池用にアレンジしている形ですね。

当然ボトムの障害物等にちょこちょこ接触しますが、ラインを張ることなくテンション緩めで巻いて何かに当たった時に軽く揺すってやると、後ろに落ちる形でかなり高い割合で外れてくれるのもスメルトヘッドの特徴かと思います。

もう一つ最近多用している釣り方は、ボトムに変化や障害物が多いエリアでの斜め護岸にて、あえて少し高さのある場所から見下ろした形で釣りをし、ロッドの上下のさばきでボトムから水面直下までをくまなくスローに探る手法です。

フルキャストしてボトムについたらボトムにあてながらデロデロとスロー巻き。

高いところから見下ろしていると水中の障害物が影として見えるので、意図的にその真上を通し、引っ掛からないようにロッドを上げ下げしながら舐めるように巻いてくる釣り方(可能な範囲内でスローリトリーブ)でかなり成果を上げています。

この釣り方をするには、ある程度ロッドの長さがあった方が上下の捌き幅がとれるので、野池でも常に7フィートのロッドをセレクトしています。

高いところから見下ろす形だと、下記のような利点が多いので最近斜め護岸マニアと化しています。
・水面反射が少なく、水中を見やすい
・水中の障害物や、追ってきた魚も見え易い
・ラインの角度もつくので、根がかり回避をし易く、合わせのタイミングも図りやすい
・遠投も出来るし、掛かった魚を障害物から引き離しやすい
(但し濡れていると滑りやすく私もかなり痛い目に逢いまくっているのでお気をつけて)


■トレーラーに関して
琵琶湖でメインで使用したワームだけでなく、いろいろなトレーラーのサイズ違いも含めてかなりの種類・サイズ試してきましたが最終的に一番使用頻度の高くなったのは、ワンナップシャッドの4インチ と ゲーリーハートテールの3.5インチです。

溜池と琵琶湖と大きく違うのは水深と水の透明度ということかと思いますが、テールがハイピッチで細かくピロピロ動き水を細かく攪拌するところが、濁りの強い溜池の水質に合うのではと思っており、多用させて頂いております。

特にワンナップシャッドは止めて置いているときにもバイトが多いように感じており、一番多用させて頂いております。
両方とも比重があって非常に投げやすいですが、どちらも素材が柔らかくズレやすいのでトレーラーロックは昨季半ば以降必須になりました。

スメルトヘッドのウエイトに関しては、メインとして秋から冬場は1/8oz。
梅雨以降は状況次第で2/7ozが加わるといったところです。

と、いうのも水深が夏の満水時で2m前後 秋から冬期 減水時だと1m未満となるフィールドが大半なので一番軽いウエイトが丁度良い感じです。
なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00093265.jpg


■タックルに関して
ロッドは遠投性能とフッキング性能を両立したロッドとしてノースフォークコンポジットNFX C70M。

スイミングジグヘッドは遠投して巻いて巻いてと基本は巻きの要素が強いですが、フッキング時はしっかりしたシングルフックを強く突き刺したいのでこの両立は非常に重要視しております。

1/8ozの軽めのウエイトに3〜4インチのトレーラーというのがメインのコンビなので、若干軽めのルアーでも上手く乗せて遠投出来る柔軟性&ルアーを押し出す反発力とフッキング時の張りとパワーを両立したこのロッドが手放せない状態です。

なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00080889.jpg

リールはあえてベイトフィネス系のスコーピオンBFSを合わせています。

このリールにNFX C70Mのコンビだと、ワンナップシャッド4インチだと浅溝とはいえスプールが余裕で見えるところまで軽くぶっ飛んでくれますし、ワンナップ3インチでも余裕で扱えるので、それぞれのフィールドの魚の平均サイズに合わせてトレーラーを使い分けています。

あくまでも、私の良く行くフィールドに合わせたセッティングですので、皆様それぞれでフィールドに合わせたセッティングを見つけて頂ければと思うところですが、昨年のフィールド条件の悪化や気象状況でかなりコンディションが悪く、難易度の高くなった状況下でも50アップも含め安定的にバスを連れてきてくれたスメルトヘッドスイミング。

今期もガンガン使い倒していきたいと思います。

なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00095332.jpg
なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00100808.jpg
なべちゃんレポート 【溜池でもスメルトヘッドスイミング!】_d0145899_00103491.jpg

ナベさん、ありがとうございました!

日本でスメルトヘッドが使えるの?という問いにモギハノンが琵琶湖で使える事を証明してくれたかと思ったら、溜池でも使えるという事をナベさんが証明して下さり嬉しい限りです。(日本のテスターさん、本当に頼りになります。^^)

琵琶湖では効く可能性はあるかもな?と少しは想像してましたが、溜池でスメルトヘッドは正直な話、全く予想外。

なべさんのあくなき探求心とチャレンジ精神に心から感謝したいと思います。

なべさん、貴重なトライ&フィードバックありがとうございます!

今年もナイスフィッシュをいっぱい釣って下さいね~!\(^o^)/




# by nishinelureworks | 2020-02-06 01:03 | なべちゃんレポート | Trackback

ブラッシュ様動画 【釣〜る宅急便 − スメルトヘッドはないとダメなの?】

先日、ブラッシュ様からモギハノンの釣行動画がアップされましたがご覧になられましたでしょうか?

その釣行動画のフォローアップ動画が昨日ブラッシュ様より公開になりました♪

ブラッシュ様動画 【釣〜る宅急便 − スメルトヘッドはないとダメなの?】_d0145899_05254228.jpeg
今回の動画では、スメルトヘッドについてモギハノンが更に突っ込んだ話をしてくれています。

ジグヘッドって、針にオモリが付いているだけの単純な構造なので、わりと軽視されがちなんですけど、実際は非常に奥深くディープな世界。

その特性を知っているか否かで、結果が大きく異なる事も多々あるかと思います。

そんなスメルトヘッドの勘所をモギハノンが語ってくれていますので、是非ご覧になってみてください♪




■ 実釣動画





# by nishinelureworks | 2020-01-29 05:22 | 動画 | Trackback

ビーツァM5 復活!!

いよいよこのご報告をできる日がやって参りました。

ビーツァM5の復活!!

ビーツァM5 復活!!_d0145899_04315375.jpeg
モールドが寿命を迎えてしまい、長らく製造休止となっていたビーツァM5ですが、いよいよ長い眠りから目覚めます。

ビーツァM5と言えば、NLWが世に初めて送り出したルアーで、NLWの魂とも言えるルアー。
沢山の方から再販のご希望を頂いていたにも関わらず、なかなか復活できなくて申し訳ありませんでしたが、ようやくその日がやってきました。

と言う訳で、まずはビーツァM5のスペックをご紹介させて頂きますね。

スペック

ボディーサイズ : 70mm

ウェイト : 9.7g(#6フック装着時)

潜行深度 : 1.5m(5ft)

推奨フックサイズ : #6番(フックは付属しません)

希望小売価格(税抜) : 2990


今回のリリース分は下記2カラーとなります。

■ オスギル(Bluegill Male)
ビーツァM5 復活!!_d0145899_04422876.jpeg
ビーツァM5 復活!!_d0145899_04425977.jpeg


■ パープルバックアルワイフ(Purple Back Alewife)
ビーツァM5 復活!!_d0145899_04441447.jpeg
ビーツァM5 復活!!_d0145899_04443523.jpeg
ビーツァM5 復活!!_d0145899_04451705.jpeg

ビーツァM7の復活時にも採用したオスギルカラーとアルワイフカラーですが、今回のビーツァM5では少し変化を加えてみました♪

オスギルカラーはストライプ模様を子ギルっぽい感じに。
アルワイフカラーは本来はブルーパールバックなのですが、最近パープルパールの有効性を感じる事が多い事から、気分でパープルパールバックに塗ってみましたw

アーカンソーシャッドやブラッディーシャッドなどの既存カラーも今年順次製造して行きたいと考えておりますので、そちらの方はお待ち頂ければ幸いです。

今回のビーツァM5ですが、ハンドメイドで製造数に限りがある為、以前からNLWハンドメイドルアーをお取扱い下さっております取扱店様および問屋様のみの販売とさせて下さい。
当方の都合で誠に恐縮ですが、何卒ご理解ご容赦頂ければ幸いです。
(取扱店様および問屋様には数日中にご案内を差し上げます)

と言う訳で久しぶりのビーツァM5。
現在日本への輸送中で、順調に行けば2月初旬頃には出荷できるかと思いますので、何卒よろしくお願い致します!🙇



# by nishinelureworks | 2020-01-27 04:26 | Beatour | Trackback

ブラッシュ様動画 【真冬の琵琶湖のスイムジグの釣りーモギハノン】

過酷だからこそチャレンジ精神を掻き立てられる。。
簡単ではないからこそ1匹の魚との出会いの感動も大きい。。

そんな冬場のバスフィッシングの魅力に魅せられ、フィールドに足を運ばれている方も多いんじゃないでしょうか。

年間250日湖上に浮いている琵琶湖のプロガイドのモギハノンも、たぶん(というか間違いなくw)そんなアングラー。
そのモギハノンが冬場得意にしている釣りが、スメルトヘッドを使ったスイムベイトの釣りです。

ブラッシュ様動画 【真冬の琵琶湖のスイムジグの釣りーモギハノン】_d0145899_13315051.jpeg

このスメルトヘッド・・・五大湖のスモールマウスやウォールアイをターゲットにして作り上げたスイムベイト用ジグという事もあって、実は日本での発売は当初全く予定してなかったのですが、その秘めたる力をモギハノンが見つけ出してくれました。

ブラッシュ様動画 【真冬の琵琶湖のスイムジグの釣りーモギハノン】_d0145899_13535201.jpeg

昨年の冬から琵琶湖北湖を中心にモギハノンがテストをしてくれていたのですが、モギハノン&ガイドを受けられたゲストさん達がコンスタントにビッグフィッシュをキャッチし続けているのは、モギハノンをフォローされている方ならご存じではないかと思います。

そんな琵琶湖で最もスメルトヘッドを投げ込んでいるであろう男の釣りがブラッシュ様の動画にて公開になりました。

撮影当日、朝は雨、そして一日中強風が吹き荒れた過酷な日だったとの事なのですが、見事スメルトヘッドでナイスフィッシュをキャッチしたモギハノンの姿を見て、ワタシャ泣きそうになってしまいました。(感涙)
もしまだご覧になられていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ御覧になってみてください。

この日の釣りでキーになったことや、タックルセッティング等、モギハノンがブログでも補足説明してくれていますので、リンクを貼り付けておきますね。

厳冬期の感動フィッシュとの出会いをお祈りしております!😊🎣


# by nishinelureworks | 2020-01-24 13:22 | 動画 | Trackback

エリー95SD スナップ送付ついてのご案内

先日のエリー95SDのスナップ未装着の件につきまして、スナップ送付方法が決定しましたので、本日のブログにてご案内させて頂きます。

エリー95SD スナップ送付ついてのご案内 _d0145899_08472693.jpeg
■方法1 ー 専用ページよりお申込み
お申込み頂きました皆様に、後日郵送にてお届けさせて頂きます。

お申込受付期間 : 2020年2月15日締め切り

スナップ送付時期 : 2020年2月末頃
*どのぐらいのお申込みがあるか予想出来ない為、発送まで少しお時間の余裕を頂ければ幸いです。

送料 : 弊社負担

お申込み専用ページ : https://www.nishinelureworks.com/pages/snaps
*お申込みページに必要事項をご記入下さい。(写真必要)
*ご入力頂きました個人情報は、当目的以外には利用致しません。


■方法2 - キープキャストブースにて手渡し
キープキャストの弊社ブースにてスナップをお渡しいたします。

ご準備頂きたいもの : ルアー個数をご確認させて頂ける写真、もしくはレシートなどをお持ち下さい。

キープキャスト開催日 : 2020年3月14日-15日

キープキャストウェブサイト : https://www.thekeepcast.com/


■対象ルアー : エリー95SD
エリー95SD スナップ送付ついてのご案内 _d0145899_08422173.jpeg
エリー95SDをご購入頂きました全ての方が対象となります。

当スナップの件につきましてご質問等ありましたら、お取扱店様ではなく下記メールアドレスまでお問合せ下さい。
*取扱店様にご迷惑をお掛けするのを避けたいので、どうぞよろしくお願い致します。

お問合せメールアドレス : info@nishinefishing.com


■ お申込み専用ページ

大変なご迷惑とお手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.





# by nishinelureworks | 2020-01-16 02:38 | Erie Series | Trackback

エリー95SDについて重要なお知らせとお詫び

いよいよ2020年が始まりましたね。
旧年中、お世話になりました全ての方に心よりお礼申し上げます。

さて本日のブログですが、昨年末に出荷させて頂きましたエリー95SDにつきまして重要なお知らせ、およびお詫びをしたく、ブログにてご報告させて頂きます。

エリー95SDについて重要なお知らせとお詫び_d0145899_08422173.jpeg

このエリー95SDですが、出荷後、スナップが装着されていない事が判明しました。

エリー95SDについて重要なお知らせとお詫び_d0145899_08444292.jpeg
本来であれば、このような形でスナップが装着された状態で出荷されていなければならなかったのですが、手違いがあり、スナップ無しでの出荷となってしまいました。

この度、製品に不手際がありました事をご報告させて頂くと共に、ご購入下さいました全ての方に深くお詫び致します。

エリー95SDについて重要なお知らせとお詫び_d0145899_08472693.jpeg
現在、ご購入頂きました皆様にスナップをお届けする方法を検討し、準備を進めております。

準備が整い次第、改めてご案内させて頂く予定ですが、お届け出来るまでの間、エリー95SDをご使用される場合はチッパワに装着されているスナップか、市販されているスナップの#2サイズでご使用頂ければ幸いです。

スナップ送付の準備が整い次第、当ブログにてご案内させて頂きますので、その説は何卒宜しくお願い致します。

この度は大変ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありません。

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.



# by nishinelureworks | 2020-01-06 07:41 | Erie Series | Trackback

NLW VLOG #59 【レイクガンダーズビルを目指せ!】

先週はアメリカのアラバマに行って来ました。

メインの目的地は長年憧れ続けていたレイク・ガンダーズビル!

NLW VLOG #59 【レイクガンダーズビルを目指せ!】_d0145899_23204010.jpeg

ただ車で走っているだけでバス釣り熱を感じる土地アラバマ。
そんなアラバマにあって、全米でナンバーワントーナメントレイクと言われているレイクガンダーズビルとはどんな湖なのか?

今回の旅は、そんな全米屈指のフィールドで現役FLWツアープロと釣りをするというスペシャルな旅となりました。

NLW VLOG #59 【レイクガンダーズビルを目指せ!】_d0145899_23252303.jpeg

そんな旅の道程を動画にてまとめてみましたので、もし宜しければご覧ください♪

■NLW VLOG #59 【レイクガンダーズビルを目指せ!】





# by nishinelureworks | 2019-12-03 23:17 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #58 【新製品】エリー95SDとは?

いよいよリリースが近づいてきたエリー95SD。
今日はそんなエリーさんについてご紹介させて頂きたいと思います!

NLW VLOG #58 【新製品】エリー95SDとは?_d0145899_04341637.jpeg
長い長い開発期間を経て、ようやくここまで漕ぎ着けたエリー95SD。
もう、感無量でございます。(感涙)

詳しいルアー説明は当記事最後に貼り付けてある動画をご覧頂ければと思いますが、まずはスペックをご紹介させて頂きますね。

■ルアースペック
モデル名 : Erie 95SD
サイズ : 95mm
ウェイト : 10.9g
潜航深度 : 1.2m
フック : イチカワカマキリ#6番
価格(税抜価格) : 1800円


■カラー(全8色)
NLW VLOG #58 【新製品】エリー95SDとは?_d0145899_04522454.jpeg


このエリー95SDの最大の特徴ですが、
より深く、より沢山のアングラーにジャークベイトフィッシングを楽しんで頂きたい。
そんな想いを込めて作りました。

ジャークベイトって釣れそうだけど、動かし方が難しくて使いこなせません・・・みたいな話をちょくちょく耳にするのですが、そんなジャークベイトに苦手意識をお持ちの方でも簡単な操作でご使用頂けるようなルアーを目指しました。

とりあえずロッドをチョンチョンして頂くだけで動くように作ってありますので、投げてチョンチョンしてみて下さい♪😊👍

順調に行けば12月中旬から下旬ぐらいには取扱店様に並び始めるかと思います。

バスに限らずシーバスやトラウトなど、様々な対象魚にご使用頂けるルアーに仕上がっているかと思いますので、ぜひ試してみて頂ければ幸いです!

■ NLW VLOG #58 【新製品】エリー95SDとは?

取扱店様および問屋様には近日中にご案内を差し上げますので、どうぞ宜しくお願い致します。🙇




# by nishinelureworks | 2019-11-25 04:31 | NLW VLOG | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【そろそろ巻物シーズン】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!

KB105DR(プロトタイプ)でナイスフィッシュが釣れたとの事ですよ~!!👍
琵琶湖TEST釣行記 【そろそろ巻物シーズン】_d0145899_00412209.jpg
【そろそろ巻物シーズン】

こんにちは。
11月3日の琵琶湖(南湖)釣果報告。
朝、夜は気温も低くなり、秋らしくなってきました。
私の大好きな巻物シーズン到来です。
いつもなら、KB105DR(4mモデル)が活躍してくれるエリアも琵琶湖の水位が+3cmと高めなので、
KB105DR(5mモデル)など4.5~5mくらい潜ってくれるクランクがベストマッチ。
色々なエリアで、ディープクランクをメインにフォローでライトリグを投入。
KB105DR(5mモデル)をボトムに軽く当てながら引いていると「ドン」という気持ちいいバイト。
48cmをキャッチ。(巻きまくった結果であり、価値ある1本です!)

他の当日の釣果は、
・マッドペッパーマグナムで、30cm位と25cmくらい。
・カットテール4inchのネコリグでは、30cm~38cm位を5本、25cm以下を10数本。
・スイングインパクト3inch+オカシラジグヘッド1/16ozで、25cm以下を6本。
巻きとライトリグを試してみましたが、まだライトリグに歩がある感じでした。
現在、水温は17~18℃くらいなのでもう少し水温が下がってくれば、クランクなど巻物への反応が良くなってくると思います。
今年から導入しているクランク用ロッドのFNC-76MH+(マグナムドライバー)は、10tカボーンの超低弾性ロッドのため、ノリがすごくよくバラシも少ないいいロッドなのでクランク好きにはお薦めかと。
チッパワクラスからマグナムクランクまで引くことができますよ。
それでは!


◆◆タックルデータ◆◆
ロッド:FNC-76MH+(マグナムドライバー)
リール:スティーズ A TW 1016H
ライン:R18フロロリミテッド 16lb
ルアー:KB105DR(4&5mモデル)、マッドペッパーマグナム、カスカベルDC-400、コンバットクランク400&480、イヴォーク4.0、など



稲吉さんによると色んなクランクを8時間投げ続けてキャッチできた価値ある一匹だったとの事です。
色んな名作クランクの中、KB105DRに食いついてくれたバス君ありがとうw

良いタックルはメーカー関係なく使われている稲吉さんがお勧めされているFNC-76MH+というロッド、気になりますね~♪

稲吉さん、ありがとうございました!


# by nishinelureworks | 2019-11-14 00:50 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8ozでGOODサイズキャッチ】

稲吉さんから琵琶湖TESTレポートを頂きました!

琵琶湖のオカッパリにて、スメルトヘッドでビッグフィッシュが釣れたそうですよ~!👍

スメルトヘッド1/8ozでGOODサイズキャッチ

こんにちは。
10月14日の琵琶湖(南湖)釣果報告。
出船前に行ったボートのメンテが予定より早く終わったので、マリーナ内でプチ陸っぱり。
スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナー3.5inchを投入。

フォール後のステイ中にバイト。

琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8ozでGOODサイズキャッチ】_d0145899_01304396.jpg
52cm(2420g)をキャッチ。

出船してからは、スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナー3.5inch で1本、BIGサイズを掛けたけど、痛恨のラインブレイク。(西根さん、バス君ゴメンナサイ)

天気予報がはずれ、雨がかなり降った日でした。
寒いと感じる状況だったため、TOPやクランク系などには反応がなく、スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナー3&3.5inchやカットテールワーム4inchのネコリグにはよく反応してくれ、15~38cm位までをたくさんキャッチ。

少し前の夏のような暑さも一気になくなり、ウイードも減少してきているので、スメルトヘッドの釣りがしやすくなってきました。

ミドスト用に1/16ozのスメルトヘッドが欲しいかな。
フックサイズも1/0とか2/0で。
西根さん、検討ください。

クランクも引ける所が多くなってきたので、チッパワRBブレード、チッパワDDやKB105DRなどのへの反応
も良くなってきそうです。
それでは!

◆◆タックルデータ◆◆
【ライトリグ用】
ロッド:スティーズ 681MLFS-SV
リール:イグジスト LT3000S-C
ライン:R18フロロリミテッド 6lb
ルアー:スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナー3&3.5inch、カットテールワーム4inchのネコリグなど


稲吉さん、ありがとうございます!

前回の釣行記で、スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナーは、タイミングさえ合えばGOODサイズをキャッチできると確信しています。とおっしゃってましたが、そのお言葉通り、サクッと予告ホームラン。👍
(前回の釣行記はこちら→https://beatour.exblog.jp/27793513/

稲吉さんはやっぱ流石ですね~!

以下、稲吉さんに業務連絡になるのですが、ラージサイズのフックのミドスト仕様モデル、既に着手してますので少々お待ちくださいませ~♪

ってか、稲吉さん、なんで僕がやっている事をご存じなんでしょうか?w
もしかしてエスパーかも?w

というのは冗談ですが、同じくスメルトヘッドをご使用頂いている北米各地のガイドさん達からも軽量モデルにラージフック仕様も欲しい!とリクエストを頂いており、開発に着手しています。

稲吉さんとか北米各地のガイドさんから、こういう話が出るのは全くの偶然ではなく、エキスパートの方々の最終到達地点は一緒という事なんでしょうね。

稲吉さん、大変貴重なフィードバックありがとうございました!

# by nishinelureworks | 2019-10-25 01:48 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】

いよいよ日本国内販売が秒読み段階となって参りましたニシネフィネスフットボールジグ。

今日のブログでは、ニシネフィネスフットボールジグとはなんぞや?というテーマで書かせて頂きますね♪

NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_21583945.jpeg

このニシネフィネスフットボールジグですが、以前NLWアウトレットで何度か販売させて頂いたハンドメイドモデルが原型になっています。

ルアーの性質上、何時でも補充可能でなければあまり意味がないルアーなのですが、ハンドメイドという事でそう簡単に作る事もできず、今まで再販の声にお応え出来ずにおりました💦🙇

今回の量産化は、もう悲願達成と言うか感無量です。(感涙)

という訳で、まずはスペックをご紹介させて頂きますね〜!😊
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22135224.jpeg
■ スペック
重量 : 1/2オンス(14g)
フック : #2/0(オーナー社製)
価格 : 680円(税抜価格)

■ カラー
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22503595.jpeg
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22505548.jpeg
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22511465.jpeg
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22513265.jpeg

詳しい話は下の動画をご覧頂ければと思いますが、このジグの量産化を非常に難しくしていたのが、このワイヤー式トレーラーキーパー。
NLW VLOG #57 【ニシネフィネスフットボールジグとは?】_d0145899_22593408.jpeg

時には1〜2kmのスーパーロングドリフトでスモールマウスを狙って行く五大湖の釣りで鍛え上げ、完成したのがこのワイヤーツイスト式トレーラーキーパーです。

釣りの最中、ジグに装着しているソフトベイトが少しでもズレると、その長いドリフトが無駄に終わってしまいかねない為、確実にソフトベイトをホールドできるトレーラーキーパーは絶対命題なのですが、これを量産モデルで実現させようとすると非常に困難を極めました。

1個2個なら作れても、安定した品質で数千個数万個作ろうとすると普通に考えたら無理がありすぎて、それが大きな課題となっていたのですが、最終的にそれを実現させてくれたのは機械でも何でもなく人の手。
中国工場の圧倒的な人海戦術により、ミッションインポッシブルが可能になった次第です💪

このトレーラーキーパーを採用できない限り量産化はあり得ないと思っていたので、今も工場でワイヤーを巻き巻きして下さっている工員の方々に感謝するばかりです。

このニシネフィネスフットボールジグ。
予定通り進めば11月初旬には店頭に並び始めるかと思いますので、ぜひ試してみて頂ければ幸いです。

というわけで、詳しい話は動画をご覧下さいませ〜!😊🙇

■ 【動画】ニシネフィネスフットボールジグとは?

# by nishinelureworks | 2019-10-21 21:52 | NLW VLOG | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】

稲吉さんより、琵琶湖TEST釣行記を頂きました!!

スメルトヘッド1/8オンスが琵琶湖で調子いいみたいです♪
ヤッタァ~!

スメルトヘッド1/8oz

こんにちは。
9月の琵琶湖(南湖)釣果報告。
(8/31、9/15、9/28の3回分)
南湖ではI字系ルアーが流行っていますね。
私も色々と試していますが、ワカサギやハスなどメインベイトが小さいからか、細長く小さいルアーにはバスの大小に関わらず良く反応してくれる感じです。
小バスをたくさん釣りながらGOODサイズが混じってくる感じで楽しんでいます。
スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナーはスイミングやズル引き、リフト&フォール、ミドストなど色々な使い方で毎回、たくさんのバスをキャッチ。(笑)
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_21592034.jpg

小バスを狙っているわけではないのですが、小バスはどこにでも居るため選んで釣ることが難しい感じです。

9/28には、43cmをキャッチ。
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22003947.jpg
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22003071.jpg

スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナーは、タイミングさえ合えばGOODサイズをキャッチできると確信しています。
また、シーズンを問わず色々なワームと組み合わせできそうなので、楽しみです。

I字系では、ジジルやアイシャッド、リバイバルシャッドでGOODサイズ&数釣り。
1本、ロクマルクラスにジャンプされバラしてしまったことは残念ですが・・・。

カットテールワームのネコリグやサタンワームのDSなどでもGOODサイズ&数釣り。(写真はその一部です)
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22014510.jpg
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22015724.jpg
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22021115.jpg
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22022402.jpg

小さなベイトを追っていないエリアでは、オチアユ125WPでもキャッチ。
琵琶湖TEST釣行記 【スメルトヘッド1/8オンス】_d0145899_22031285.jpg

これから、オチアユ125WPへの反応はどんどん良くなってくると思います。
それでは!


◆◆タックルデータ◆◆
【ライトリグ用】
ロッド:スティーズ 681MLFS-SV
リール:イグジスト LT3000S-C
ライン:R18フロロリミテッド 6lb
ルアー:スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナー3&3.5inch、カットテール4inchのネコリグ、アイシャッド、リバイバルシャッドなど

【ライトリグ2用】
ロッド:おおの アリヴェール69ベイトダンス
リール:SS AIR 8.1L
ライン:R18フロロリミテッド 8lb
ルアー:サタンワームのDS、ジジルなど

【オチアユWP用】
ロッド:スティーズ 731MRB-LM
リール:スティーズ SV-TW 1016SV-H
ライン:R18フロロリミテッド 14lb
ルアー:オチアユ125WPなど


稲吉さん、ありがとうございます!

ブルーギルが減り、メインベイトがコアユやワカサギやハスッコなどの小さいベイトに変化していっているとの噂を聞いたのですが、まさにそんな状況変化を感じる琵琶湖TESTレポートです。

そして、スメルトヘッド1/8oz+イージーシャイナーは、タイミングさえ合えばGOODサイズをキャッチできると確信しています。という稲吉さんのコメント。

サラっと書いて下さってますが、ワタシャ見逃しませんよ~w

稲吉さんがこういう事を書かれた時は、ほぼほぼ100%の確率でビッグフィッシュキャッチの知らせが届くというのがNLWの伝統となっておりますので(どんな伝統だ?w)、楽しみに待っていたいと思います♪

なんせ、フィネスな釣りでビッグバスを釣りまくられている稲吉さんの元でスメルトヘッド1/8オンスが活躍し始めているのは本当に嬉しい限りです。

稲吉さん、ありがとうございます!


# by nishinelureworks | 2019-10-04 22:18 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

海でスメルトヘッドの可能性あり!?

先日、日本国内販売を開始させて頂きましたスメルトヘッドですが、早速凄すぎる釣果報告を頂きました♪

海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12273429.jpeg
海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12281509.jpeg
海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12283905.jpeg
地磯でドーンと98センチのシーバス!!

磯なのでヒラスズキかと思いきや、まさかのスーパーサイズのマルスズキさん。

もう腰が抜けるほどビックラこきましたw
こんなすごいシーバスがいるんですね〜!

このスメルトヘッドの開発時、フックの選定には慎重に慎重を期したのですが、フックが持ち堪えてくれたみたいでホント良かったです。😊💪


そして、釣果報告その2は山陰地方在住のいとこのよしやくんからキジハタの釣果報告!
海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12344462.jpeg
海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12351507.jpeg

う、うまそうなキジハタくんですなぁw

スメルトヘッドは海で可能性がありそうな気はしていたのですが、実際に釣れる事が分かり嬉しい限りです♪(嬉)

なんせ海が無い土地で作ったルアーなので、僕自身、海でのスメルトヘッドの可能性を全く把握出来ておりませんので、もし使えそうなシチュエーションがありましたらドンドン試してみて頂けると嬉しいです。🙇

そして、もし何か発見があったりとか、魚が釣れたりしましたら教えて頂けると小躍りして喜びます♪😊

海でスメルトヘッドの可能性あり!?_d0145899_12412661.jpeg

海スメルトヘッド、是非試してみて頂ければ幸いです!🙇

スメルトヘッドについての説明は下記動画でご説明させて頂いておりますので、もし宜しければご覧下さいませ〜!


# by nishinelureworks | 2019-09-21 12:26 | 釣果報告 | Trackback

NLW VLOG #56 【新製品】 スメルトヘッドとは?

Youtubeにニシネスメルトヘッドの説明動画をアップ致しました♪

NLW VLOG #56 【新製品】 スメルトヘッドとは?_d0145899_21252671.jpeg

今回の動画では、スメルトヘッドの特徴や特性やソフトベイトをより強固に装着する方法等、ご使用頂く上でキーになると思われる事をお話させて頂きました。

ありそうであまり無かった90度フックを使用したスイムベイトヘッド。
今年の春はモギハノンに琵琶湖でナイスフィッシュ釣らせてもらいました。

NLW VLOG #56 【新製品】 スメルトヘッドとは?_d0145899_21333456.jpeg
NLW VLOG #56 【新製品】 スメルトヘッドとは?_d0145899_21354359.jpeg
これから水温が低下していくに従って出番が増えて行くルアーだと思いますので、是非お試し頂ければ幸いです!😊🙇



# by nishinelureworks | 2019-09-16 21:24 | NLW VLOG | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29