Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ジャーキングロッド

先日、NWBさんもブログで書かれていましたが、皆さんはどんなロッドをジャーキングに使われていますか?

クリスマスプレゼントにご応募下さった方からもちょこちょこFDのインプレ希望ってお話を頂いておりますので、今日はこの2本をご紹介させて頂きますね♪


僕のジャーキングロッドは今のところこの2本。

d0145899_4251334.jpg

                   上:ファイナルディメンションTS-160L
                   下:ファーレンハイトTS166L


まさにNWBさんとモロに一緒の2本ですねぇ~。(笑)

この2本は、今まで自分が出会ってきたロッドの中でも最高レベルにジャーキングに向いていると感じる2本です。

NWBさんも書いてらっしゃいますが、

僕も以前はハリのあるパキパキの竿の方が鋭いジャークができて操作性にも優れていると思ってたんですけど、このロッドに出会ってから考えが完全に変わりました。

この2本のロッドは何れも、グラスコンポジット。

全然パキパキしてません。(笑)

と言うよりも、ホントにこれでジャーク出来るの?ってなぐらいのしなやかさ。

でもね、これで実際にジャークすると、ムチャクチャやりやすい!!

上手く表現できませんが、
パキパキの竿だとロッドティップでルアーを操作している感じなんですけど、
この2本のグラスコンポジットロッドでジャークすると、ブランク全体でルアーの負荷を受け止めて操作する感じ

ホントに上手く言えませんが、パキパキロッドのようにロッドティップでルアーを弾くのではなく、
バットでルアーの動きを受け止める感じです。(良くわからん表現ですね。汗)

なので、ジャークする時も、バットにルアーの衝撃を感じながらジャークするんですけど、
この感覚が凄い快感なんですよ。(笑)

初めてこのロッドを使った時、いきなりジャーキングが上手くなったのか?と思ってしまったぐらいビックリしましたもん。

感覚的には、バットにルアーの重みを乗せる感じで、トン!と軽く叩いてやると、あとは勝手にロッドティップが仕事をしてくれる感じです。

そして、何よりもいいのが、ジャーキングし続けても疲れが少ないんですよね~。

ロッドティップでルアーを弾かなければならないタイプのパキパキロッドだと、手首に掛かる負担が大きすぎて長時間ジャークし続けるのが辛いのですが、このタイプのロッドだと、腕全体でロッドを操作するせいか、ホントに疲れが少ないです。

あと、NWBさんも書いてらっしゃいますが、超繊細なティップのお陰で魚のノリも抜群ですし、ジャークベイトのみならずマキモノのノリも最高です。

で、僕的な使い分けですが、

TS160Lを使う時は、近距離のカバー等にドンドン撃ち込んでジャーキングしたい時など。。
特に、このロッドとSD85Fは最高の相性ですね~。
あと、ビーツァなどをトウィッチで使いたい時なども、超繊細なロッドワークが可能なので凄く按配が良いです♪

デメリットは、ショートレングスから来るキャスタビリティーですかね~。(これは仕方が無いっすね)
アキュラシーは抜群ですが、ロングキャストは苦手と思います。

メリットとデメリットを理解し、上手く使い分ける事が出来れば、最高のジャーキングロッドだと思います。
ジャーキングを極められたい方に超お勧めな一本です!!


TS166Lを使う時は、とりあえず何でも。(笑)
一応、カタログではジャーキングロッドって事になっているらしいですが、
もの凄く汎用性が高く、ホントにデキルヤツですわ~。(笑)

僕の場合は、ジャーキングはもちろん、クランキング、ワイヤーベイト、デンプシーテール等々、何でも使っちゃってます。
ルアーウェイトは完全に無視ですが、デカビーツァのクランキングや、オチアユWP125Fのデッドスティックなども普通にやってます。(爆)

ジャーキング一本勝負ならやはりTS160Lがベストバランスと思いますが、
TS166Lはジャーキングをかなり高次元でこなしつつも、上記のハードルアーも高次元で使えるので、オカッパリでハードベイト一本勝負ってな時はほぼこの1本で勝負する事が多いですね。

個人的には、何でファイナルディメンションではなくて、ファーレンハイトにラインナップされてるの?ってなぐらい超気に入っています。(笑)


話は少しずれますが、僕の大好きなクランキングロッドのTS1610MLFですが、このロッド、ジャーキングも意外に面白いですよー。

d0145899_5234270.jpg

基本クランキングロッドなので、流石にジャークベイトのタイプは選びますが、
ログとか、リップライザーとか、この手のロンググラスロッドで動かすとかなり艶かしい動きをしますよ~♪(ロッドが長いので少し疲れますけど)

ちなみに、TS1610MLFでのジャーキングは、SD85Fのように飛び回るタイプのジャークベイトには相性があまり宜しくないのであしからずです。(フロントフックが糸を拾ってしまう)


という訳で、もしジャーキングロッドでお悩みの方がいらっしゃいましたら、NWBさんのブログをご覧下さいませ~。(http://takaci4u.exblog.jp/13250703/



明日はオカッパリバサーさんに向いていると思うロッドをご紹介させて頂きますね!
by nishinelureworks | 2009-12-18 05:24 | シマノ | Trackback
トラックバックURL : https://beatour.exblog.jp/tb/10570299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31