人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ファイナルディメンションTS160L

先日、コチラでファイナルディメンションのTS160Lについて書かせて頂きましたら、

グラスコンポジットロッドでジャーク出来るんでしょうか?というご質問を何件か頂きました。

という訳で、動画を撮ってきました~♪

ヘタクソジャークでお恥ずかしい限りですが(汗)、
百聞は一見にしかずと言う事でご覧頂ければと思います。(携帯でご覧の皆様、2日連続の動画アップでスミマセン!)

TS160Lはグラスコンポジットでありながらも、かなりのシャープさを兼ね備えている事が少しでも伝わればと思うんですけど、如何でしょう~?



ご参考までに使用タックルは下記の通りです。

ロッド  : ファイナルディメンションTS160L
リール : アンタレスAR(左ハンドル)
ライン  : マキシマ16ポンド(米国規格なので、日本規格の20ポンドぐらいの太さに匹敵します) 
ルアー : ラトリンログ・ジムビッターモデル


ちなみに、この動画ですが、キャスト距離は10mぐらい、ログは水深50センチぐらいを泳いでいる感じです。

後ろで娘が意味不明な歌を歌っておりますが、そちらはお気になされぬよう。(笑)
しかも、後ろでウロチョロしてて危なくて、バックハンドキャストしかさせてもらえないという。(爆)


この動画では、日本で一番(というかたぶん世界で一番)ログを投げ込んでらっしゃると思われる
エルモさんに教えて頂いた方法を試してみたのですが、
ログなどのショートビルミノーに細かいジャークを入れる事によって、ログは痙攣しっぱなしと言う感じの動きになります。(僕のジャーキングが上手くできているかどうかは別にして、これは目からウロコでした!!)

上手く言えませんが、ルアーのスイムアクション(ロール)にプラスして、ジャークでもう1発ロールを追加する感じで動かすと、あらまビックリ!!
通常の棒引きでは1ロールしかしない距離で、2ロールするんですね~。(エルモさん、こんな感じで合ってますかね?)

魚を浮かせたい時とかに非常に有効な手段と思いました。

僕はまだまだヘタクソなので、今年の冬にみっちりと修行したいと思います~~。

ちなみに、スーパーチナイのハイピッチドッグウォークもこの動画ぐらいのスピードで、ルアーを止めることなくひたすらドッグウォークさせ続ける事が多いですね。

SD85Fをジャークする場合は、この動画の動かし方とはまた違って、
ロッドのベリーでズドンと引ききる感じの動かし方をすると、ハデに跳ね回ってくれると思います。

いずれにしても、引いた後のロッドの戻しがとても大切で、ラインスラックの使い方が最重要と思います。

あと、タックルを操作する時に、ロッドのグリップを握り込むのではなく、パーミングしているリールを握りこむイメージで操作するとやりやすい気がしますね~。

この冬、練習するど~~~。
by nishinelureworks | 2010-01-17 05:44 | シマノ | Trackback

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31