魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより

東北の住民さんが、HSJでナイスフィッシュを釣って下さいました!!(喜!)

うおぉおおおおおおおおおお~~~~~~~~!!(感動)

魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_1123583.jpg


6/14に、地元リザーバーへ行ってきました。

フィールドコンディション↓↓↓
天候:晴れ
気温:24℃~20℃
水温:18.6℃~19.7℃
風:西寄りの風 風速1m~4m
水色:ステイン

この日は、PM16:00頃のスタートフィッシングとなりました。

先日届いた『デカビーツァHAPPY SMILE JAPAN』で、メモリアルなビッグバスを釣りたかったことから、夕方の短時間勝負ではありましたが、一発を狙って勝負して来ました。

シーズン的にポストスポーンであることが予想されたので、とある二本のクリークにエリア絞ってチェックしました。

そのエリアは、今年の4月に55cmクラスを二匹キャッチしたエリアなのですが、確実に同クラスのポストスポーナーがいるはずだと予想していました。

そのうえで、前日の夜に降った雨による適度な濁りが入っていれば、それらのビッグバスに口を使わせるチャンスであるとも期待していたのです。

先ずは、二本あるクリークのうち、透明度が低い方のクリークからチェックを開始しました。

水の状態やベイトフィシュの様子を観察しながら、デカビーツァを中心にチェックを進めて行くものの、予想以上に濁りが入っており、良い雰囲気は感じられませんでした。

魚の反応も無かったので、ここは早々に見切り、移動することにしました。

透明度が高い、もう一方のクリークへと入りました。

するとこちらは、平常時に比べると若干の濁りが入っている状態で、まさに狙い通りの状況といった感じでした。

こちらでは、透明度を考慮し、オチアユ君でチェックを開始しました。

上流側から入って、オチアユWP125FとオチアユWP125SSのローテーションでチェックを入れてみたのですが、思いのほか反応はありません。

しかし、充分な生命感が感じられたことから、クリークマウスへと向かい、徐々に釣り下って行くことにしました。

若干釣り下ったところで、川幅がチョークし、ボトムに岩が入っているスポットへと差し掛かりました。

ここでは、オチアユWP125SSを先発としてチョイスし、そのスポットに対して、ダウンクロスでアプローチしました。

持ち前の自走アクションを活かし、ストレートリトリーブで通すと…、岩陰から突如浮上して来たビッグバスが、バイト!!

しかし、ミスバイトでフッキングには至りません。

リトリーブを続けると、ビッグバスはそのまま岸際までチェイスしてきました!

その魚体は、おそらく55cmクラスと思えました。

チェイスして来たビッグバスは引き返し、再び岩陰へと戻って行きました。

辺りを見ても、そこが明らかに一級のスポットであったことから、そこに潜みベイトフィシュを待ち伏せていると思われました。

居場所は特定出来たので、スポットに対するトレースコースを変えて、再度アプローチしてみることにしました。

過剰なプレッシャーを与えない様に注意し、立ち位置を変え、オチアユWP125SSとオチアユWP125Fで交互にアプローチ。

それぞれに、同じルアーで同じコースを二度引いてしまわない様に、慎重にアプローチしましたが、反応はありません。

そこには間違いなく居るはずだと思われたので、そのビッグバスは、決まった方向から来るモノにしか反応しないのではないか?という考えが浮かびました。

ベイトフィシュの移動ルート、カレントの向き、風向き、岩に対するシェードの位置など、原因が何なのかは定かではありませでしたが…。

バイトを得た際の立ち位置へと戻り、先程のオチアユ君へのバイトが本気喰いではなかったことを考慮し、ここでデカビーツァへとルアーローテーションしました。

レンジを合わせ、デカビーツァのパワーとスピードでビッグバスのスイッチを入れる作戦です。

ここでのカラーは、HAPPY SMILE JAPANをチョイスしました!

バイトのあったコースへとアプローチし、着水後、高速リトリーブで一気に潜らせ、ボトムの岩にヒットさせます。

そして、デカビーツァが岩にヒットして弾けた瞬間、一瞬のキルを入れます。

するとその刹那!岩陰から凄まじい勢いで飛び出して来た黒い影が、弾け跳んだデカビーツァに猛然と襲い掛かったのです!!!

フッキングの瞬間からロッドは弧を描き、ビッグバスとのファイトが始まりました!!

水面が炸裂し、ビッグバスは大口を開けてエラ洗いを繰り返します!!

見ると、掛かっているのはリアフックのみです!!

抵抗するビッグバスの隙をつき岸に寄せ、急いで駆け寄り、その大きく開いた口の下顎を、無我夢中でガッシリと掴みました!!

キャッチした瞬間、余りの興奮に、我を忘れて叫びまくってしまいました。(笑)

魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_1145936.jpg

自身初となるHAPPY SMILE JAPAN FISHは、何と、54cm2050gのビッグバスだったのです!!!

まさか、このサイズがくるとは思いませんでした。(笑)

HAPPY SMILE JAPANに込められたチカラを感じずにはいられない、衝撃的なビッグバスとの邂逅となったのでした。

心底震えたのは言うまでもありません。

その後は、日暮れ時まで釣りを続けるも、特に何事もなく、PM19:00ストップフィッシングとしたのでした。

タックルデータ↓↓↓
ロッド:テクナGP69CMHJ
リール:メタニウムXT
ライン:シューター目探グリーン16lb
ルアー:デカビーツァ HAPPY SMILE JAPAN

以上、釣果報告とさせて頂きます!

尚、この時はチームトーホクTシャツを着て行ったのですが、HAPPY SMILE JAPANとチームトーホクTシャツのコラボだったからこそ、こんなかたちでビッグバスをキャッチすることが出来たのかもしれませんね!

本当に、素晴らしい感動をありがとうございました!!



東北の住民さん、ありがとうございました!!

HSJファーストフィッシュがまさかの54センチ!!(驚!)

しかもチーム東北Tシャツ!!

もうね、嬉しすぎて言葉になりません。(涙)


東北の住民さんは釣れた瞬間、我を忘れて叫びまくったらしいですが、僕もツイッターで釣果報告があった時に、我を忘れて叫びまくっちゃいました。(笑)

この1本には、色んな想いが詰まってて、たぶん、僕にとっても一生忘れられない魚になりそうです。

きっと東北の住民さんの気持ちが、このビッグバスを呼び寄せたんだと思います。

福島、最高すぎですね!!

東北の住民さん、素晴らしい魚を釣って頂き、本当にありがとうございました!!


一つでも多くの笑顔がフィールドに戻ってきますように!!


追記
HSJですが、まだ他にも何名かの方から釣果報告を頂いております。
HSJフィッシュ以外にも沢山の釣果報告を頂いているのですが、あまりにも時間が無さすぎて、ブログでご紹介させて頂くどころか、お礼のメールすらお送りできていません。(本当に申し訳ありません!)

この場を借りて、皆様に心よりお礼申し上げます!!(大感謝)
トラックバックURL : https://beatour.exblog.jp/tb/13865913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nishinelureworks | 2011-06-24 01:24 | from Michinoku | Trackback

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31